遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

タグ:スター ( 94 ) タグの人気記事

Ⅳ. 続・Khal NayakとSanjayのAK-74

<Sanjay Dutt 一人祭り中 その4>
前回までの続き Sanjay Dutt一人祭り中 その3 -Khal NayakとSanjayのAK-56 その1-
----------------------------------------------
☆続・Khal NayakとSanjayのAK-56☆
さて前回に続きそんな中での、サンジューのプライベートな時間と映画の関係を並べてみます。

 サンジューは一度目のデビュー時(81年)に母を亡くしています。何本かの映画の後麻薬でつかまり、米国の更生施設に父Sunilに突っ込まれます。米国での麻薬更生施設から戻ってきたサンジューは、86年、復活。 87年最初の結婚をしています。88年には娘を授かり89-91ごろは波に乗って、映画もブレイク中、忙しく撮影をこなして余すところなくその魅力を映画の中で披露してくれています。(備考:82年には父Sunilはムンバイの首長の任に着きます。)

a0308487_2101059.png
 最初のデビュー時80年初頭では細い兄ちゃん風でまだ体も頼りない感じでしたが、復活のころには鍛え上げられた体になっています。理由は、麻薬と手を切るために医者に薦められてのワークアウトトレーニングだということです。そして80年代後半~90年代で、誰よりもいち早く素晴らしい肉体を見せたあの時代のスターの一番のりが、サンジューだったそうです。 上半身素晴らしい筋肉で、しかも足が長くほっそりしているところがバランスがよく、彼の映画のアクションは、足わざアクションが面白く、結構、それナイナイ~~wwっていう両足飛び蹴りとか、伸びきらない回し蹴りとか、カンフーとは違うインド風アクションを楽しめます(笑) 

続き・・・
by AkaneChiba | 2014-05-13 03:43 | 俳優 | Comments(0)

Ⅲ.Khal NayakとSanjayのAK-56 その1 

<Sanjay Dutt 一人祭り中 その3>
 サンジュー祭りが覚めない中で、ワタクシ完墜ちした映画をDVD購入で再見。その3ということで、mixiで書いたものを再掲。あれからさらに10本くらいは順調に観ていますのでいっぱい書きたいことが増えてます。
<前回までのあらすじはここ↓>
▼ Sanjay Dutt 一人祭り中 ▼ Sanjay Dutt 一人祭り中 その2

-----------------------------------------
☆Khal NayakとSanjayのAK-56 その1 ☆

a0308487_29157.jpg 画像は、サンジューが今まで映画で(リアル社会ででも・笑)手にした銃の一覧皮肉画像です(笑)こんなのつくっちゃうところが、インド、おもしれぇ~w(^^;)w
 この辺でサンジューの銃不法所持に関して、そろそろ事情がだいぶわかってきました。それを知るということは、やっぱり映画の世界は黒いwってことを知ることでもあります(どこの国でもそれいっしょ・笑) それと同時に、インドの過激派と宗教対立そして政治活動における泥沼戦を考慮しなければ、このサンジュー話はかけらも理解が出来ないことに気が付きました。

 概要を私がわかる範囲で調べた範疇で解説してみたいと思います。 当時ヒンドゥー教過激派とイスラムの対立が、モスク破壊というテロ事件に繋がり、中流~高級住宅街ですら治安に不安を覚えたヒンドゥー至上主義の過激派による事件がインドのボンベイに大きな影を落とすことになります。(1995のかの名作 『ボンベイ』はこの時のことをテーマにして映画にされた名作です。)  父Sunil(当時政治家、ヒンドゥ教徒)が妻Nargisがイスラムだったこともあって、イスラム擁護の発言をしたことで、ヒンドゥ過激テロ組織から脅迫をうけることになります。Dutt一族は政治闘争とそれらのテロ行為から身を守るため私兵を持ちます。こうなるとモロに「一家」です(笑) どこの親分さんって話になりますが(笑)、このあたりの価値観がお国違えば中味も過激、対抗手段としての禁止武器の所持(AK-74?54?と手榴弾)をすることになります。アンダーグラウンドから手に入れその武器を所持したのです。また彼は銃収集のマニアでもあったとも言われています。ですので、裁判では家族を守るための銃購入といういいわけが通じたようで、実際には個人的趣味だけの問題か、彼の周辺を巡る政治的状況の問題かについては少々グレーゾーンではあるようですが、一応、裁判ではイイワケが通じたようです。しかし、先にも紹介した「ボンベイ」の映画のように、実際にその地域を守ろうとした市民たちの自警も、実際にあったので、彼が銃の不法所持に至った理由としては、単に金持ちの坊ちゃんの道楽とは、言いにくいとも思えます。(金持ちのおぼっちゃんらしいLP収集、オーディオマニアでもあり、時計収集、車も好きという実に殿方らし~~いしかも金持ちのボンらしぃ~~趣味人でもあります・笑)
 さて、この銃の入手先が、このヒンドゥのイスラム弾圧アーヨディア事件に端を発した、その報復として、ISIの支援を受けたといわれるイスラム過激派の報復が、ボンベイ連続爆破事件となり、それ用にテロ集団が密輸した入手したものと同じものだったことがわかり、テロ幇助罪の容疑がかかります。彼はこの映画撮影後収監され15ヶ月の拘留となります。この武器が後々まで彼を20年後の現在に至るまで付きまとう過去の痛手となるのです。

続き・・・
by AkaneChiba | 2014-05-13 03:32 | 俳優 | Comments(0)

実はシャールクについて書いてない

a0308487_19432075.jpg 実はシャールク本人については、他のサイトが山のようにあるのでここでは書いておりません。ワタクシごときが書くまでもないくらい充実している優秀サイトが様々ございますので、どうかそちらをご覧ください・・・という気がしているので、あえて避けております。ですがアタシの中でのなんばるわんは、後にも先にも別格で彼です(^^;)

 ニワカなわりには、気がつけば日本で存外放送されてるインド映画と知らずに見ていたものもありまして、「あれ?ラジューこれ放送してたのみたことあるぞ?」と、昨年になってようやく気がついております(^^;) あの時、NaNa Partikar を、仲代達也みたいないい役者だなぁ~~~と、アイロンかけしながら見てた記憶が鮮明に残っています。(NHKだかで放送があったらしい。)
a0308487_19332161.jpg


続き・・・
by AkaneChiba | 2014-04-06 02:20 | インド映画スター | Comments(0)

Ⅱ. Sanjay Dutt 一人祭り中 その2

a0308487_18152221.jpgちょろっと出も併せて、20本ほどをSanjay見ていることになります。作品をかなりの数追いかけるのが大変ですが、若い頃のデビュー作もようやっと観、そっからこっち、頭の中で彼のプライベートと映画の撮影との時間系列が整ってきました。
  驚くべきは、インド映画って数を撮影してるので、80-90年代のスターたちって、ワーカーホリックでないとアレこなせないよね??っていうくらいやたら撮影している(^^;) アイテム化しているカメオ出演や曲のところだけとか、撮影場所がものすごく狭いのかもし知れないが、それにしても忙しいだろう。Sanjayより若い頃はロケが多いみたいだが。


続き・・・
by AkaneChiba | 2014-03-24 18:44 | 俳優 | Comments(0)

Sanjay Dutt 一人祭り中

 映画を一年インド映画観てきて、ハート持っていかれまくりの別格扱いのShahrukhは別にして(そっちは山ほどブログなり世界中にファンサイトあるので・笑)、それ以外に私がツボってしまったスターに Sanjay Duttがいる。そこいきますかーーオレ(笑) きっと、殿方のファンは幾ばくかいても女性ファンは、日本にゃ少数だろうな(笑) だって、どっからみても、「その筋の人!」(笑) いや、オレそういうの好きなわけではないんだが(笑) 案外、アクシャイやアジャイ・デーブガンとか、そっちの方に自分の好みも流れるかと思ったら、もっと濃い方にながれましたわ(笑)
a0308487_1375547.png


続き・・・
by AkaneChiba | 2014-03-18 18:08 | インド映画スター | Comments(0)

映画 『Challo Dilli』 (邦題:デリーに行こう) -2011

 さて、インド流ロードムービー、原題は Challo Dilli (ヒンディ表記はまだ私には出来ん、そりゃネットからコピペするだけなんだが、文字読めるようになるまでお預けということでww) 
チャロ~ = Go, Go Ahead, Let's go とかそんなときに使う言葉ですね。これはスグ覚えました。しょっちゅう手振り付きで出てくる言葉なので。こういう短いフレーズで耳に飛び込みやすい言葉がlいくつか聞こえてくると楽しくなりますね。

日本では今順次周ってまだこれから大阪でも公開ですので、楽しみにしています。http://www.bollywoodeiga.com/

http://www.youtube.com/watch?v=khRB85bwj-8

 

続き・・・
by AkaneChiba | 2014-03-17 18:31 | Bollywood | Comments(0)

映画『神さまがくれた娘』(原題;Deiva Thirumagal)

映画『神さまがくれた娘』 原題; Deiva Thirumagal

前評判がとても良いので観に行ってまいりました。大阪はアジアン映画祭期間中なので、そっちに人とられるかなぁ?と思ったが案外、人は言ってました。昨年2012年の大阪アジアン映画祭で賞とった映画です。(すいません一年間違ってました、まだ2013年気分が抜けない)

噂にたがわず、オススメ映画です!!!

公式サイト 「神さまがくれた娘」 http://www.u-picc.com/kamisama/
原題; Deiva Thirumagal http://www.imdb.com/title/tt1857670/

いつもと全然違う役どころをやってる名優ヴィクラムさんを見たくてがっつり気分で行って、
a0308487_1205358.jpg


続き・・・
by AkaneChiba | 2014-03-17 01:39 | 他地域インド映画 | Comments(0)

インド映画感染記 防備録

 インド映画感染記 忘備録 更新まとめのリストURLはコチラ  
----------
 昨年2月末にアムリッシュプリーのワンシーンからOSOトレーラーにたどり着き、そこから怒涛のインド映画ラッシュなワタクシ、ここまで1年で120本!よぉ~がんばった!ちゅーか、まだ醒めそうにもないっ!(笑) ついでにエキストラまで参加してくるこの狂乱っぷりったらば・・・

王道なシャールクから(シャー様だけは別格ww)、自分でも、どの方向のスターに目がいくかしら?と思ってたが、男っぽい人に弱い私としては、案外、アクシャイやアジャイとかの方向に好みが行くかと思ったら・・・・シャー様の90年代を見たい~~と掘ってるうちに、往年の名スター、ラージ・カプールから、ナルギスを経て、現在息子のサンジャイ・ダットの若い頃に夢中www どこへ行くねん、オレwww (蠍座のセクシー男か、獅子座の男っぽいのに、あたしゃ弱いわぁ~・笑) 汚れない人より汚れた人の方が好きです、人間らしいので。汚れを身の内に取り込んで吸収してる方が好きですわぁ~。

この辺で、一年分のみたインド映画のメモ残しておくことにする。mixiでは120本分感想書いてますが、そのうち選りすぐりとか、こっちでも紹介しようと思います。その前にこの間のマサラ報告2つあげなきゃ・・・

防備録120本 リストはコチラ・・
by AkaneChiba | 2014-03-16 01:08 | インド映画全般 | Comments(0)

Youngistaan  / 2014 March 

これから公開のインド映画。昨年秋にJackkyさんが、日本にロケに来ていまして、その時の日本の風景が入っている映画です。
印度での公開は、この3月だそうです。
http://www.bollywoodlife.com/news-gossip/youngistaan-song-suno-na-sangemarmar-arijit-singhs-special-gift-for-valentines-day/


http://youtu.be/el5n252fAsg

ストーリーは、若い頃に堕落していた青年が(東京とかで遊びまくって・笑)、立派に立ち直って若い政治家になったっていうようなお話らしいです。http://en.wikipedia.org/wiki/Youngistaan

若い世代の台頭ということもテーマになってるみたいで、インド自体もそういう若い活躍政治家なんかがでている様相なので、そういうところもインド映画らしい~筋立てになってるのかもしれません。

トレーラーしか見てませんが、Jackky Bhagnani さんの魅力いっぱいの映画になってることを楽しみにしています(^^)v


   @@さてどうしてこの映画を取り上げたのかのワケは、後日・・・
by AkaneChiba | 2014-02-16 18:32 | Bollywood | Comments(0)

北も南も、日本は見分けつかん1

 そういや先日、NHKでキネカ大森のマサラの様子がしっかり放送されてたみたいだ。ここでは関西から遠征してたマサラ仲間の方がしっかり取材されてた様子(あたしもこの春お会いしたばかりですが、マサラるたんびに一緒に楽しんでおります ^^v)。元町映画館、塚口サンサンや、横浜ジャック&ベティの様子とかみたら、日経もNHKさんもぶっ飛んでたかもしれないのだけどなぁ~(笑) (なぜかそんな感じの様子をフジが持ってる・・・)
 どうやら日本では、インドの南の方の話については、すんなり取材やら宣伝やらまだわりとしてくれてるみたいなんだが、昔からの南映画の固定ファンもいる「ワールドスタンダードでは無い基準の日本」なので(ワールドスタンダードは北基準)、南の方の映画とかがこのところ撮影とかきてたりと。南のインド映画のスターのVijayが、日本に撮影にきてて、ついこの間までは、京都の太秦映画村あたりで撮影もなされていたようで、こういう交流が増えるのは、あたしゃひじょーーに嬉しい限り。新宿ロボットレストランで、インド映画の撮影とか行われてたみたいだし。北海道での撮影だかの映像はすっかりもうネットでみれて、まだまだ、しばらく日本ではインド映画撮影隊がやってくることになりそうだ。日本の撮影するならここがいいよ――なんて場所がいっぱいあるんだが、日本はロケするのに許可がかなりいるので、急に決めて急に動くのにどれだけ対応できるのかしら?ってのは心配。ボリ映画らしく、京都の撮影ではエキストラ募集たまたま偶然見て、ちょっと急遽覗きに行ってきた。いや面白かった・・・人生初のロケ弁・・・一生の思い出だわ(^^;)
  日本の撮影が増えるってことは、インドだけじゃなく、インド映画が出回ってる地域インドシナとかの方面の観光客もくるってことなんで、お料理の問題を理解しておく飲食店も増えて欲しいと願うところだ。なんか今そういう取り組みに向けて業界全体でハラールっていう、お肉を扱うところは特に注意が必要な話が、ニュースなんかでもみたな。これは実はTPPに繋がる話でもあったりするので、プラス面の効果として日本国内が世界を知る一つだと知ってほしいかもしれん。観光産業で成り立つ地方の方が、こういうことは必死で学ぶかもしれない。(どこか特定地域に偏ることなく)いろんな国について学ぶのは大事なことなんだけどね。大企業とかは世界に出ていってそこで生活してるのにその価値観や交流とかを、イマイチ国内に還元出来てない。国内の誤解も多い日本。なんで?

続き・・・
by AkaneChiba | 2013-11-29 23:51 | 映画全般 | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

映画「Lingaa」2014..
at 2018-02-18 02:39
「恋する輪廻 オーム・シャン..
at 2018-02-11 02:42
「バーフバリ王の凱旋」Baa..
at 2018-02-08 03:45
Intermission 映..
at 2018-02-06 03:32
初春・ご挨拶 2018
at 2018-01-01 21:18

検索

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

こんにちわ、腹ペコさん。..
by AkaneChiba at 01:01
初めまして。 バーフバ..
by 腹ペコ at 21:22
> あかん人さん ご無..
by AkaneChiba at 17:48
ご無沙汰しております。 ..
by あかん人 at 19:33
this looks v..
by rajesh at 20:33
युकिकोさんブログ..
by AkaneChiba at 23:51
その節は、お声をかけてい..
by युकिको at 15:00
> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ