遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:まとめ ( 68 ) タグの人気記事

2018年12月 インド映画日本上映

 12月年の瀬にラナ・ダグバティ氏来日というビックイベント。先日新ピカ12/3の本人降臨チケット争奪戦も瞬殺でしたね(^^;) 12月はなかなかインド映画も目白押し。


<コミコン+ラナさん本人降臨絶叫上映>
 関東でのチケ争奪戦も終わりましたねw 2018/12/3に、東京コミコンに「ラナ・ダグバッティ氏来日!!」のファン狂騒曲がTLなかなか賑わせていただいています。皆様は無事にチケットお取りになられましたでしょうか?
 皆様からの熱いTLを是非、11/30~12/3までの間、じっくり観察させていただきたいと思います。
 そして、どうしても行けなかった方!こういうものもございます!

是非録画ってください。実家ムービープラス見れたっけ???確認しなきゃwww


<一般上映>
 インド映画は一本、12月封切り。一本、デジタルリマスターが大阪は12月

★「パッドマン 5億人の女性を救った男
 (原題:Padman) 2018 ヒンディ
日本版トレーラー↓



▶「ムトゥ 踊るマハラジャ4K&5.1chデジタルリマスター 大阪12月~ 
大阪、テアトル梅田、12/15~ 遅い…( ̄▽ ̄;)


<映画祭情報>

▽IFFJ 2018 in大阪
大阪は12月15日から、今年はテアトル梅田
https://ttcg.jp/theatre_umeda/movie/0527100.html
 っていうか、IFFJの公式さん、やっと情報出ました。



▽ICW 2018 アンコール上映
シネ・ヌーヴォ 12月12月23日(日)~28日(金)

えっと、大阪のマサラ民を殺しにかかってる?ww ちょっとまって、体力もたねぇwww それと、メルサルがソフトマサラだと!!ヴィジャイの映画は賑やかに楽しむのがベストな映画だから、是非!盛り上がって欲しい。


▶「Lingaa リンガー」マサラ上映 
 シネ・ヌーヴォ 12月22日
 おおお!!やったー!この映画2017年のICW一本ですからね。それにアンコール上映でもあるんでしょうか?国旗シール配りに行くぞーーー!(><、) 


@@情報が増えましたら順次掲載していきます。




来年2019年1月以降~
by AkaneChiba | 2018-11-25 03:20 | インド映画全般 | Comments(0)

印活 インド映画の音楽が、日本のカラオケにw

 インド映画の音楽がカラオケに入るような快挙がおきた!!マジで!( ̄□ ̄;)
今までインド映画の曲で日本で唯一歌うことができる曲はTata Youngの「Dhoom Dhoom」だけだったんですよっ!それなのに、バーフバリの曲ががっつりアルバムごと!!ってだけでなく、20曲も新旧取り混ぜたボリウッドソングのカラオケがっ!日本で歌えるんですよ!!(≧∇≦) 一体何が起きたんだっ!!!

最初っから説明しようww

 インド映画の音楽なんてのはまず日本では知られていないので、またインド映画の音楽の基本はサントラBGMではなくほぼ歌詞の入った劇中歌なんですね、その映画のストーリーとかを表したりする映像と一緒なんで、実はその一曲飛ばすと話が分からなくなるっていう映画も無いわけではなく、最近はダンスシーンをカットして編集しても話がつながるように作られてる映画も増えましたが、インド映画に音楽は不可欠なんです。加えてそれらの音楽は映画の封切られる前に、宣伝を兼ねてミュージックランチで紹介され、街中にラジオにTVにと流れてきます。そのため映画の音楽と言いつつ歌謡曲的なテイストも強いので、曲が大ヒットすると映画の興行もかなり良くなったりなどします。
 インドにももちろんカラオケはあるので、インド版のこの手のカラオケ曲は映画の劇中歌のヒットソングってのであります。(ただカラオケ文化がどの程度インド映画上映圏で浸透してるかはよくわからないの何とも言えませんがw)
 日本はほぼインド映画上映圏内に入ってきたのは、ここ最近のことですんで、もちろんヒットソングなどどこにもありません(^^;) (昔インドの映画音楽を少し考えたAvexさんがいたようですが、ミモラへの手の出し方を日本式にし過ぎて失敗して日本のインド映画ファンにこっぴどく嫌われてしまいましたねw)
 
 ところがですね、一曲だけTata Youngというタイの女性シンガーが東南アジア方面で売れまして(日本でも2004年に紹介され)、彼女の曲として日本のカラオケ曲に入ったんですね。それが「Dhoom Dhoom」その曲です。タタ・ヤンだったら知ってる世代も結構いるかな?

▶YouTube 映画「Dhoom」より「Dhoom Dhoom」

 インド映画曲としてカラオケ入りしたわけではなく、人気女性シンガーの曲として日本のカラオケ入りしてたわけで、ファンの間では長い間、唯一、これだけがインド映画曲として今まで大事にされてきていました(笑) それでも13年前かw

 バーフバリの人気は、ついにJOYSOUNDにバーフバリのカラオケを日本に入れることとなり、そしてつい先日、かの名作DDLJ他日本でも上映された映画の数曲が、
 
2018年5月

2018年10月
DAM Stadium 20曲も!
☆映画「Diwale Dulhania Le Jayenge」1995
 (邦題「シャー・ルク・カーンのDDLJラブゲット大作戦〜花嫁は僕の胸に」1999)から

☆映画「Kal ho naa ho」2003
 (邦題「たとえ明日が来なくても」2008

☆映画「Om Shanti Om」2008
04. Aankhon Mein Teri (Ajab Si)

☆映画「Rab ne bana di Jodi」2009
(邦題「神が結び合わせた二人」~映画祭上映のみ)

☆映画「3 Idiots」2009
 (邦題「きっと、うまくいく」2013)

☆映画「Ra.One」2011 (邦題「ラ・ワン」2012)より

☆映画「Yeh Jawaani Hai Deewani」2013
 (邦題「若さは向こう見ず」~2014映画祭上映のみ 日本版DVD販売有)

☆映画「pk」2014 (邦題「pk」2016)より

☆映画「Happy New Year」2014(日本未公開)

☆映画「2 STATES」2014(日本未公開)
19. Offo

☆映画「Dil Dhadakne Do」2015(日本未公開 映画祭上映有)

また、元のオリジナルの映画の動画はまとめてくださってる方がいます
▶「旅するカエルもち」ブログ ”ボリウッドソング in LIVE DAM STADIUM”

MV映像まとめようかと思ってたら、先にやってくださってる方がいて感謝感激♪(^人^)

 1~18の曲までは、わりと日本人には納得のラインナップなのですが、19、20は日本ではまだ映画祭上映くらいしか紹介されてない主演の二人の映画でして(アルジュン・カプール、ランヴィール・シン、Gundayコンビの二人ですね)、インド映画ファンとしてはひじょーーに嬉しいです。映画も紹介されてないですしね(^^;)
 19の「2States」は音楽好きで私も映画見た瞬間全曲DLゲットしましたね(これはほんとにミニシアター向けでいい映画だねと言ってもらえて評判になる映画だから是非どこか中堅どころの映画を愛してくれる配給さん買って欲しい。理由:原作は「きっと、うまくいく」の原作の方の小説で、インドの結婚や社会ってのがわかりにくい海外の私達には特にピタっとくる映画でもある。)。でも映画の中の曲では私は「Locha E Ulfat」の方が好きです(笑)(なんぼほどわしボリ音楽に課金しとんだか( ̄▽ ̄;))
 20の「Dil Dhadakane Do」のこのGallan Goodiyaanがカラオケに選曲された理由はわかりませんが、これ映画見るとわかるんですが5分くらいのMVシーンで、ワンカット映像なんです!そう!カット無しのミュージカル、しかも個人一人じゃなくシーン固定なんぞされてない流れる映像による群舞なんですよっ!!!これはほんとにお見事ですよ、カマラマンさん!!(≧∇≦) 
 「カメとめ」とかまぁ大騒ぎになった日本でしたが、この手のワンカットといやぁ、昔はハリウッドミュージカルはそれが当たり前の時代でしたが今はどんどんなくなり、近年ではハリウッドで印象的だったのはニコラス・ケイジの「8mm」オープニングでやったなぁ~と思ってたら、その後踊る大捜査線のTVスペシャルなんかでもやってましたね。2016年には「ヴィクトリア」とかいう140分ワンカットな映画なんかも話題になりましたが。編集技術が進んだおかげで、ミュージカルそのもののワンカットシーンが無くなってしまっている現状はさみしい限りです。わりと最近そのことが気になってる俳優さんや監督演出家も少なくないのかして、インドではシャールク映画では結構そういうどこまでMVでワンカットシーンをできるのか果敢に挑戦してみたりしてるんですよね(気づいてました?)。それでも一人を対象としたワンカットシーンって、わりと何とかなるんですが、群舞系となると大変でして、このGallan Goodiyaanには、そういう価値のあるMVシーン(映画で見てね♪)となってます。 カラオケに向いている曲というノリというより、ワンカット5分群舞ミュージカルシーンという価値のある曲ですわw
 19,20とも勿論私はDVD持ってます(^^)v 他ほぼ全部持ってるけどw(若さ~だけは手を出してない…理由はこのブログに既に記載してます)

 というわけでカラオケに行くことがあったら、是非その曲などリクエストしてトライしてみてくださいね(^^)v


あら??
by AkaneChiba | 2018-11-05 17:23 | 新・インド映画音楽 | Comments(0)

IFFJ 2018 今回関東だけ?+大阪


インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン 2018 
 期間:2018年10月6日(土)~10月26日(金)
 会場:東京 シアターイメージフォーラム

 今回関東だけですね。大阪と名古屋もやると主宰者はFBでは宣言はしてますが、未定です。 時期がいつかわからないのは、関西など各シアターは予定が詰まりすぎてて、なかなかかけてもらえないんだろうと思います。

//--追記
 やっと告知が出ました。12月15日~28日 大阪 だそうです。場所の表記がCine Umeda ?どこじゃw シネリーブル梅田かな?今までもあそこだったし。ちゃんと日本語表記できる協力者いないのか?(笑)
--//

 映画好きの皆さんでもあまりご存じないのだけど、年間に紹介される映画数に対して、上映ができる上映館のキャパ数/時間枠が少なくて、どことも予定いっぱい…っていう日本のシアター事情があるのご存知ですか? なので、映画祭などの特別上映などの時は、そのキャパをどこにどうやってとるのか、相当しっかり営業かけて準備して…としなければならず、そういう事情をしっかり知って考えない配給や主催者は、まぁまず生き残れません。大手の配給はいいんです。上から命令でやっとけ上映しろと系列上映館に押し付けるだけで済むので、たとえガラガラの人気の無い作品でも、大手シネコンでそういうのがスクリーンを独占してるのが日本の大手の事情です。
 けれど、そんな枠にはまり切らない多くの上映されない映画があり、小さな配給さんは上映してもらうために、営業行脚するのは当然のビジネス行動であります。また映画が好きな製作者の側が、そういう地方のミニシアターなどを設立して、その運営に当たったりなどしています。
 意外にあるのよね…映画の業界人がかける小屋の無いことを知ってて、映画雑誌の編集者の人が立ち上げたミニシアターとか、監督が立ち上げたミニシアターとか、地域の映画振興やってるNPO団体で立ち上げたミニシアターとか。そういうのが日本には結構いろいろあるんですよ。あなたが何気なく行ってるそのミニシアターは、そういう設立経緯があるかもしれませんよ(^^)v
 ま、そういうわけで日程が決まってないのは、「シアター事情をしっかり調べ、計画的に営業かけてって企画するビジネス」が出来てるのかどうか?って話ですわw つまりは日本の映画上映興行の事情勉強してから映画祭とか主宰してくれって話なんですよw
 まぁあんまり主宰者運営には期待せずに、映画そのものには罪はありませんので、近隣の方は見れる機会を楽しんでください。

<何見ていいか迷ってる方に>
 RAIDと、BlackMail、Sonu ki titu ki sweety あたりがオススメかな?わざわざ関東まで遠征する価値あるかどうかは…私は何とも言えません。ヒンディなら日本語字幕なくともかなり丁寧な英語字幕がつくのでネットで見ればいいかなと思いますので。追記:アヌシュカちゃんのフィッローリ Phillauri は、インド映画初心者向けにはお勧めの映画です。コアなインド映画見倒したタイプの方には「Mubarakan」あたりは理解できるでしょうけど、知らずに見られた方にはインド映画のドタバタコメディドラマの教科書のような作品が理解できますでしょうか?難しいところだw 今闘病中のイルファン・カーンなので、その応援も兼ねて「ブラックメール」Blackmailは、是非足運んでいただければと思います。頑張れ、イルファン!(><、)

 大画面で見る価値があるようなアクションとかみせてくれるのは、アジャイさんの映画かな? 他、Naam Shabanaは私は個人的なツボな俳優でてるというだけでDVD買いましたがw スピンオフ作品で前回の「Baby」が素晴らしかったので、それが面白かった人にはツボかもしれません。タップシーのアクションは見どころ。
 近所にお住まいなら見る価値はあるでしょうが、遠方の方は遠征費出してまで見るならその分を、東京国際とか大きな映画祭に資金に回す方がいいかもしれませんね。


「強制捜査~インド国税局より~」
(原題:RAID) 2018 wikipedia IMDb  Trailer
//アジャイ・デーブガンもっと日本で知られて欲しいですが、「ミモラ」以降何か一般上映で映画紹介されてるのかな?インド人コミュニティの為の上映会でとかなら日本でもやってますが…。アジャイさんの映画のアクションは面白いので、そういうところは期待してもいいかも?アクション映画というのとは違うけど、コレ。//


「あなたのスールー」
(原題:Tumhari sulu) 2017 wikipedia IMDb Trailer
//ヴィディヤと言えばDJスタイルなのか?(ムンナバイですっかりそっちのイメージ?w) ちょっと気になるトレーラーだなw//

「SKTKS~お見合い大作戦~」
(原題:Sonu ki titu ki sweety) 2017 wikipedia IMDb Trailer
//インドのお見合い事情のコメディは面白いですね、どれ見ても(笑)//


「ブラックメール」(原題:Blackmail) 2017
 wikipedia IMDb   Trailer  おまけ:Juke-Box
//現在、ガンで闘病中のイルファン・カーン。見ることでイルファン応援になるかな?//


「アイヤーリー~戦場の奇術師~」
(原題:Aiyaary) 2017 wikipedia IMDb Trailer

//マノージさんでてるので期待しそうですし、Neeraj Pandy監督なので、期待しそうなのですが、何故か評価は低い。豪華出演陣なんで、是非そこもツボってください//


「フィッローリ~永遠の詩(うた)~」
(原題:Phillauri) 2017 wikipedia IMDb Trailer
//アヌシュカちゃん、女優業絶好調~♪ インド版居酒屋幽霊?か?(笑)さてどんなドラマだろ?w//

「ムバーラカーン」

(原題:Mubarakan) 2017 wikipedia IMDb Trailer
//インド映画らしい~~コメディドラマw 私はアルジュン大好きなので、アルジュンが頑張ってるのがよくわかる映画は好きです。この映画頑張ってますよ、彼。アニール兄貴は文句なく、こういう軽快なジャンクっぽいコメディお見事ですけどねw 楽しく賑やかにインドドタバタコメディ見たい人へ。コメディベテラン監督による若い世代へのドタバタドラマの教科書のような映画でした。//



「六人と一間」
(原題:Theen aur adha) 2017  IMDb Trailer Facebook
//見てませんので、何も書けません(^^;) ですが映画祭にかならずあるだろうタイプの地味な映画かな?そういうのは良質な作品が多いので期待!//


「シャバーナーと呼ばれる女」
(原題:Naam Shabana) 2017 wikipedia IMDb Trailer
//アクシャイ・クマール主演の「Baby」に出演してた、タップシー主演のスピンオフ・エピソード。配役はほぼ前回のメンバー一部被ってます。「Baby」には今を時めくラナ・ダグバッティ君出てましたね。女性のアクションメインな映画を作ろうとしてる一本でもあります。私は悪役でここに出てくるプリトヴィラージ君の、ちょっとタラシなボス風情に複雑な心中w//


上の様子でございます。皆さんお近くの方は楽しんでくださいね。

@@情報入り次第更新します。



どうなったんだろう?あのタイトルは?
by AkaneChiba | 2018-10-06 00:20 | Bollywood | Comments(0)

2018年10月 インド映画日本上映 

気が早いですが、10月以降のインド映画紹介をしてみましょう。
追記:いろいろ変更出てるので、順次アップしていきます。
-------------------
『あまねき旋律(しらべ)』 10月公開
『あまねき旋律(しらべ)』公式 http://amaneki-shirabe.com/


 インド映画のドキュメンタリーものは、山形のドキュメンタリー映画祭だけでなく他でもわりとコンスタントに出されています。インド映画の国際的な評価としては、こういうドキュメンタリー部門は高く評価されておりまして、地味ですが中国のような言論統制の共産圏ほどに規制の厳しくない一応民主主義のインドの環境でのドキュメンタリー映画…ですから、その多様な文化を内包している一端をみることができるのは嬉しい限りです。

 超娯楽スターのインド映画だと権利料もお高いですが、こういうしっかりしたドキュメンタリーだとそうはお高くはないでしょうから、良い作品はコンスタントに日本で一定数紹介されていますので、こういうものもあると知っていただけると、ダンスが~とかいうことの無知も取れるのではないかと思います。
 ただ、インドのドキュメンタリ映画は、小難しくて地味すぎて、ほんとにコアなマニアしか見ない…という難点はあるかもしれませんね(^^;) 実際私もドキュメンタリーまでは追いかけ切れておりません。


「ガンジスに還る」10月より公開
(原題:Mukti Bhawan 英題:Hotel Salvation) 2017年 ヒンディー語
 トレーラーあちらの載せときました。
というか日本の公式やアチラ本国のWeb媒体とか貼っときますので、比較してみてください。
それと、インドのタイトル、英語のタイトル、日本語のタイトルと、どんだけ主旨が違うんやww と言いたくなるような、ばっらっばらさは笑えるw 欧米にはインドと言えば=ホテルっていうイメージついちゃってるんやね、日本にとってもインド=ガンジス川 っていう(笑)
名優揃いの名作映画なので、マニアな静かに見たい人にはオススメですね。
というか、アディル・フサインさんじゃん主役。ちょい老けた役してますが、素敵な渋いおじさまでして「マダム・イン・ニューヨーク」の主人公の夫役でも出ておられる方ですよ。
 10月から日本で公開だそうです。 
  

<塚口サンサンインド化計画>

<IFFJ 2018>
 10/6~26日まで 東京 イメージフォーラムにて
 詳細な内容は、公式サイトにて確認を↓
 
 うちのブログでは、Wikipediato,IMDb、トレーラーリンク張ってます
 


<ムトゥの4K!!>


<12月公開>
『パッドマン 5億人の女性を救った男』 2018 ヒンディ
  東京国際映画祭枠に入ってます!この映画!!!(≧∇≦)


日本公式サイト出来てたw https://padmanjp.tumblr.com/ padman.jp→ 転送先 https://padmanjp.tumblr.com/ になっとるwちょっとまてよww 記事はいろいろ出来てるんですが、URLとかちょっといろいろ矛盾してるので、まだ宣伝体制が整ってないうちに情報出たのかしら?(笑)

ま、なんでもいい、この映画いい映画なので、しっかりした翻訳で公開されますよう願っています。配給SONYのとこみたいですね。


<来年1月公開>
『バジュランギおじさんと、小さな迷子』
  (原題 Bajrangi Bhaijaan) 2015 ヒンディ Wikipedia

 この映画については、このブログで解説書いてませんがいつか書こうと思ってたのでそのうち書きますね。名作なので、しっかりした配給さんにお願いしたいのですが、そこの点が一抹の不安です(苦笑)

@@情報上がれば順次公開します




再上映?
by AkaneChiba | 2018-09-02 02:10 | インド映画全般 | Comments(0)

2018年9月 インド映画日本上映

9月のインド映画上映情報を別に分けました。映画祭の季節ですので
---------------------
高崎電気館 インド映画特集 9/14~28 
▶ラインナップ 
『バー フバリ 伝説誕生』 『バーフバリ 王の凱旋〈完全版〉』
『Lingaa リンガー』 『PK』 『親友の結婚式 Veere Di Wedding』

おおおお!!これはっ!!Lingaa やPK、Veer~とか迄ある!!
 
その上 バーフバリ応援上映も!
 9/14 伝説誕生で応援上映!!!



<アラヴィンダン特集>川崎市民ミュージアム 
アラヴィンダン特集 ~開館30周年記念・所蔵作品名品集~
川崎市民ミュージアム 映像ホール / 2018年09月01日-2018年09月16日
https://www.kawasaki-museum.jp/cinema/12206/

監督アラヴィンダン映画の特集をしてくれるそうです。うらやましい…

上映映画
「魔法使いのおじいさん」 1979
「サーカス」 1978
「黄金のシーター」 1977
「エスタッパン」  1980

どれも古い映画ですが、こういういい映画を日本は注目してきてるので、是非。



<ICW Japan 2018> 2018年9月8日~10月8日

 昨年2017年9月にも行われたICWJapanですが、今年も行われるようです。
 東京、大阪、名古屋、福岡とで上映だそうです。
 各会場、スケジュールはこちら




 ICWJapanについてはこちらのブログでも 特集ページを別に作成しています。


<インドの神話アニメ>
「ラーマーヤナ ラーマ王子伝説」アニメ(1993 日本初1998)
(原題;RAMAYANA: THE LEGEND OF PRINCE RAMA)Wikipedia  IMDb
『25周年記念上映委員会』なるものが、再上映企画しているようです。
 allcinema の解説、なるほどぉ~と。え?日印合作なのにオリジナルバージョンは英語なのww まぁ何でもいいので、ラーマヤナのお話は、インド映画全般にわたってメタファーとして投影されるモチーフになることがひじょーーに多いので、是非、基本の内容を知っておくのは大事だと思います。

Ramayana trailer



<9月は映画祭の季節>
 実は9月は映画祭の季節でして、各地域の映画祭で、必ずと言っていいほどインド映画が入ってたりしますので、是非、そういう映画もチェックしてみてくださいね(^^)/ こちらも情報見つけ次第、順次掲載していきます。

<アジアン・フォーカス 福岡国際映画祭>

こちらからは、インド映画は今回は一つだけですね。

「腕輪を売る男」(原題:Balekempa) 2018年/インド/103分

監督 : イーレー・ガウダ

https://www.imdb.com/title/tt7838150/


 福岡は伝統的にいいインド映画持ってきてくれてたんですが、このところは完全に地味な国立フィルムセンター的な作品ばかりになってきてしまいました。ちょっと前まではもうちょっとエンタメな映画もやってくれたんですけどねぇ… 昨年はそれでもシャールクのFANまでいったのにねぇ…。

 金儲けに走った本国も、たぶん国内のインド人主催の団体も、映画祭の価値をだんだん外してしまってるのなら残念ですわ。福岡の映画祭は、ファンは皆さんそこまで見に行かれますんで重要なんですが、インド人には、その意味がわからないのかもしれませんねぇ。

 これだけバーフバリ旋風が吹き荒れた今、チャンスだったんですがね。




まだまだ上映中
by AkaneChiba | 2018-09-01 01:15 | インド映画全般 | Comments(0)

ICW Japan 2018 映画紹介トレーラー

映画紹介 トレーラー集 紹介していきます。WikipediaやOfficial Siteなんかもあればチェックしますね。(順不同)
ICW Japan 2018
インディアン・シネマ・ウィーク 2018 上映作品

----------------------------
「アルヴィ」 (原題:Aruvi) 2016 タミル 
 Official site→ http://dwp.in/m-aruvi.html 

<一口メモ> タミル2017-18年の評判の一本。2018年のあちこち南インド映画賞各候補にこの映画は軒並み入っています。初出が2016年の上海の映画祭にて、その後、2017年12月封切という、低予算良質の一本。今回の映画祭の日本初の中で、ICW側が一番のおすすめはコレなんだと思います。私もこれ見たいです。



「マジック」(原題:MERSAL)2018 タミル

<一口メモ> タミル人気スターVijayの贈るポンガル祭時期に封切られた豪華な「Vijay エンターテイメント マサラ ムービー」。とにかく群舞の豪華さはタミルはほんと!大勢!!(笑) もちろん製作費もかかってるわ、音楽もARラフマーンだわ、金掛けた映画は楽しいー!っていうそういうヒーローな映画です。Spacebox上映会にて2月に一度上映されてまして、その時は英語字幕で難しくなく話が分かりやすかったので(笑)、単純にヒーローエンタテイメントを楽しみたい人向け。こういうのはマサラ上映向きの映画ですけどねw



「ならず者たち」
(原題:GUNDAY)2014 ヒンディ
<一口メモ> YRFが若手二人を大プッシュしたブロマンス・マサラ・エンターテイメント。IMDb評価が悪いのは、映画に上映に際して宗教政治集団に根も葉もない言いがかりをつけられてネガティヴキャンペーンを貼られIMDb評価をその団体が投票しまくった結果の評価(IMDbは欧米主眼なので案外インド映画や第三国映画には偏見な評価することでも知られていますので、この映画の評価が是正されないままになってます)。けれど、それとは裏腹にこの映画、日本のインド映画ファンの間では、絶大な人気が有ります。理由?主役の二人、ランヴィールとアルジュンの若さや筋肉やブロマンスwだけじゃなく、ヒロイン、プリヤンカ・チョープラ、敵はイルファン・カーン!と配役も超豪華!!!イケメンあるいはとびっきりの美女も渋いおじ様も見たい!という方には必見の超エンターテイメントですよ。この監督も実は若くYRFから育った傑出した監督で、この後サルマンの映画の監督を2本も監督しています。 イルファン、今ガンで闘病中なので気になりますね そうそう、バーフバリで兄弟愛憎悪で頭が腐になって勢いついて同人誌なんぞ書かれてる方には、格好の材料のネタになる映画…でもあることを付け加えておきますw そんなこというと気難しいファンには怒られそうかな?(^^;)女性だったらこの映画必見ですよw Sholay好きならこれ好きだよw



「ドゥルガー~女神の闘い~」
(原題:KAHAANI2:Durga Rani Singh) 2016 ヒンディ
<一口メモ> 前作「Kahaani」2012 (邦題:女神は二度微笑む 日本初2014)では、あっと驚くスリリングな展開に翻弄された人も多かったはず。その続編では無いですが、モチーフ変えずにミステリースリラーとして、前作監督 Sujoy Ghoshの再度の敏腕ぶりを楽しんでください。前作見てなくても、話しの繋がりはないので、これはこれで単独で見れます。


「同意」(原題:Raazi)2018 ヒンディ
<一口メモ> アーリア・バット主演のスパイ工作潜入サスペンスドラマ。インド映画でニキータ作ったら、インド流になりました…ってな話ですかね?IMDB評価が高いのは、アーリア人気と何より「愛国心大好き」過ぎる国民性もあると思います。ちょっといろいろツッコミたくなるようなシーンも無きにしも非ずw でも、アーリアのお芝居は非常にいいので、アーリアファンにはお勧め。


「神が結び合わせた2 人」
(原題:Rab Ne Bana Di Jodi)2008 ヒンディ
<一口メモ> 語るまでもないキング・オブ・ロマンス、シャールク・カーンと、この作品がデビューとなったアヌシュカ・シャルマのコメディラブドラマの名作。この映画は日本でも映画祭で何度か紹介されてますし、この映画が大好きなファンも多いです。私もこれは映画館で見れるなら映画館の大きなスクリーンで見たいので嬉しいです。(皿盤もってるのだけど、これは大画面で見たい) ほのぼのしたでも純情一路なとっぽい普通の男を演じるシャールクの魅力と、デビューしたてのアヌシュカのまだどこか垢ぬけなさが、絶妙にマッチしてる一本です。この映画まだという方は、絶対!必見です


「銃弾の饗宴」
(原題:Goliyon Ki Raasleela Ram-Leela)2013 ヒンディ 
<一口メモ> 巨匠サンジェイ・リーラ・バンサーリ監督が贈る、インド版ロミオとジュリエットバンサーリ監督の超豪華な建設セットや派手なダンス演舞、スター主義な配役と、音楽監督もこなす、万能才能の監督です(オペラを総合監督したことも有る芸術家です。) 日本でいえば映画のタイプは市川崑みたいなタイプのエンタメな演出の王道監督ですかしら? この映画での主役は、恋する輪廻のディーピカ・パドコーンが、初めてインド映画界で主演女優賞をとることにもなった記念すべき一本でもあります。相手役のランヴィール・シンはこの映画でまだデビュー3年。しかも映画を3本とっただけのど新人なのにこの巨匠監督映画での大抜擢で、撮影時はまだ2012年で出演作はまだ二本。その2013年用に作られたボリウッド100周年記念のオムニバスBombay Talkiesでは、ラストエンディングで他の並みいる面々たる俳優に挟まって歌っていたので、インド映画ファンの間では「ええ?そんなまだ売れてないよね?七光り?w」とまで言われてたのですがw、どっこい!!このRam-Leelaで一躍彼の今後の地位と方向とを形づける一本となりました。映画祭上映はされてますので見た方はいるかもしれませんが、まだ全然インド映画を見ていないという方には、必見の映画です。


「マヘーシュの復讐」
(原題:Maheshinte Prathikaaram)2016 マラヤラム

<一口メモ> それまでは小難しいけど南インドの製作費の少ないもっさりしたタイプの映画だったマラヤラムですが、近年の特に2010年代はいってからのマラヤラム映画の作風は、ニューシネマブームと呼んでも過言ではないくらい脚本や映像演出の技術の向上をスッキリ遂げた高品質映画を作り上げています。製作費は多くはないのですが、元々インテリの多い高学歴の地域のケララから、監督、脚本や演出など傑出した才能を生み出す土壌になっています。その中でも脚本の素晴らしい作品に出ている Fahadh Faasil主演のコメディドラマ。アメリカでも賞頂いてますね。つい先ごろケララは大洪水になっており今も大変な状況が続いてるニュースも流れていましたので、少し興味持っていただけると幸いです。滅多に見られないマラヤラム語映画は必見だと思います



「レディース・オンリー」
(原題:)2017 タミル 
<一口メモ> タミル映画も女性の時代反映してか、今回の映画の女性パワー感じるのは気のせいではなさそうなのですね。残念ながら私はこれを拝見してませんので、上映を楽しみにしたいと思います。Nassarさんがサポートででてくれてるそうですよ。音楽がGhibran!!この方まだそこまで名前が日本じゃ知られていませんが、今後タミルだけでなく南インド映画を牽引する旗手となる方ですので、是非音楽も注意して聞いてみてください。


「親友の結婚式」
(原題:Veere Di Wedding)2018 ヒンディ
<一口メモ> ヒンディ映画版、女性の赤裸々トークSATCというところか?インド映画は女性が性的なトークや描写を軽やかでもすることは非常に厳しい検閲があるので、またそういうものを受け付けない社会観もあるので、IMDb評価が低くなってしまっているのかもしれない。インドにおける結婚についての女たちの本音トークのドラマを、大人として楽しんでください。IMDb評価はあてにならんので相手にしないようにw(Spacebox上映会にて5月に一度上映されてます(英語字幕)。翻訳者の脚本力の腕次第で面白くなるならないの映画かもね?


「吹き渡る風に」
(原題:Kaatru Veliyidai)2017 タミル
<一口メモ> あら製作費もそこそこあって、タミルで100cr作品!?それは凄い。そりゃそうだ、監督マニ・ラトナムだw 音楽A.R.ラフマーンだw トレーラー見る限りは、インド版、時代の古いトップガンってとこじゃろかw愛と青春の旅立ち?どっちじゃろw ロマンスです、そしてKarthiは南インドは知られてる俳優ですが(Karthiかっこいいと思ったことは無いがwこの映画の彼はなかなかのイケメンw)、ヒロインのAditi Rao Hydariは、ヒンディ中心に活躍してる女優さんです。昨年はBhoomi 今年はPadmaavat にもでてましたね。


「キケンな誘拐」
(原題:SOODHU KAVVUM)2013 タミル
<一口メモ> 昨年ICW Japan 2017 で東京だけで上映された作品が、今年は大阪で見れます。そのうちの一本。タミルのブラックコメディ。誘拐事件のドタバタ…ということですから、なんとなく想像つきそうですねw これ昨年見れなかったので今年は是非大阪で見れるを喜びたいと思います。あほそうな誘拐犯っぽい話?w この映画面白かったと見えて、テルグやカンナダ、ヒンディでもリメイクされてまして、パキスタンでもリメークされてるみたいです。


「今日・昨日・明日」
(原題:INDRU NETRU NALAI)2015 タミル

<一口メモ> インド映画はSFが苦手でしてw それでも「Krrish」みたいなアメコミキャラ風なものをつくってみたり、ラジニ様の「ロボット」もSFなわで、2016年には「24」というものすごいシナリオの映画を一本生み出してました。が、これは純粋に理論的なSFというよりも、タイムマシンでなら過去にさかのぼれるなら、そういうインドが描けるってわけで(笑)そういうインドを書いた、タイムマシンで、コメディドラマw CG部分はお金かかってると思いますがそこそこ良い出来。南インドの映画でもこのレベルになってきたのはウレシイ限りです。 あら?ゲスト出演にAryaさんがいてるわ♪


映画の見どころ?
by AkaneChiba | 2018-08-28 05:36 | インド映画全般 | Comments(1)

ICW Japan 2018 リンクで揃いました

ようやっとここ数日詳細が出てきました。
-----------------------------


☆ICW Japan → Twitter Facebook  Website https://icwjapan.com/
 スケジュールや詳細は、WebSiteで確認できます。
 情報が一番早いのは、どうやらTwitterのようですので、Twitterチェックは必須ですね

▽東京/キネカ大森  9月8日~21日 10作品



▽名古屋/シネマスコーレ 9月15日~21日 3作品



▽大阪/シネヌーヴォ 9月20日~10月8日 13作品



▽福岡/イオンシネマ大野城  9月8日~9日 4作品



 作品の紹介については、別アーカイブにします。


@@個人的お勧めは、Aruvi (今年度、タミル大評判の一本) と Gunday(不当な嫌がらせで評価に傷つけられるもボリウッド映画ファンの間で人気の作品、日本初上陸)、 MAHESHINTE(なかなか翻訳者がいないが、高クオリティ脚本やプロットのマラヤラム映画のけん引役俳優が出演) 



追記
by AkaneChiba | 2018-08-28 00:55 | インド映画全般 | Comments(0)

2018年7月 インド映画日本上映  関西中心

7月のインド映画の情報です。バーフバリ強いですね。さて大阪では一般上映の「Lingaa リンガー」が来ます。先行上映だけでお待ちだった方、やっとです!

--------------
<バーフバリ 変わらず快調> 
バーフバリが快進撃してます。いろんなところでイベント急遽やったりと。
先日、橿原とかは絶叫上映の上映情報が急遽4日前過ぎて、全然情報追いつけれませんでした。

☆7月6日 マサラ上映 神戸国際松竹
 しばらく、この勢い止まりませんね。6/29にはクマラ様来日ですし、まだまだ大騒ぎは続きそうです。


<『Lingaa リンガー』上映>
7/7(土)~7/20(金)大阪九条シネ・ヌーヴォ
 そして、シネ・ヌーヴォ2週間一般上映です
 ∇ツイッター → https://twitter.com/_cinenouveau_

7月7日 マサラ上映 7月14日 声出し応援上映 だそうです。
 シネ・ヌーヴォ、マサラ上映お初ですね。
 注意事項アナウンス出てました、こちら。
 スクリーンが座席に近いものね。火薬系は危ないと思われたかな?しょうがないので、人間には手足口があるじゃぁ~ないかぁ~( ̄ー ̄)ニヤリ と忖度w


7/21(土)~7/27(金)神戸 元町映画館
 ∇Webサイト → http://www.motoei.com/index.html
 ∇ツイッター → https://twitter.com/moto_ei
 ∇Facebook → https://www.facebook.com/motomachieigakan
 こちらも応援上映なるものが。
 7/21(土)・22(日)応援上映 
  (紙吹雪・クラッカー無し、声援・鳴り物踊り・合唱の応援上映)

 マサラーな皆様には、鳴り物とかどの範囲まで自由があるかとかは、もちろん直接、上映館に問い合わせてくださいね(^^)v 楽しみを皆さんと共有するためには、大人のたしなみ忘れずに(^^)/


@@他、順次情報入り次第お伝えします。

by AkaneChiba | 2018-06-27 02:37 | インド映画全般 | Comments(0)

6月16日 名古屋シネマスコーレ『Lingaa リンガー』マサラ上映報告

a0308487_00575647.jpg  インド映画やマサラ上映、未踏の地…名古屋…。果たして皆様は楽しんでくれるのか?内心ドキドキしながら名古屋に向かいました。そのご報告です(^^)/ ツイッターに発表した写真と一緒に補足踏まえてご報告。(写真提供してくださいました皆様、ありがとうございます~~~ <(_ _)>)
--------------
<前日まで>
 前日までの準備。マサラ未踏の地では盛り上げるためにはこれくらいはせんとと、よなよなカッター使いの日々。一枚~二枚~三枚~~~・・・・・足りないぃ~~化けて出る~~ って(違w) 夜中にやるのでへんなテンション、番町皿屋敷?w 果たしてこんな未踏の物、貰ってくれるんだろうか?(^^;)


 ここまでしっかり映画ネタぶッこんできてますw 映画を見た方には後でも楽しんでもらおうと、ストーリーバレにならないように、ツイコメ落とすのは毎回頭を悩ませますw
 

<名古屋へGO!道中>
 私は大阪在住なので、どうせなら時間があるからと近鉄で普通の急行だけで3時間かけて名古屋に向かいました。「3時間あったら、前説の練習ができる!(><、)」と意味不明の独り言をぶつぶつロマンスシートに一人で座りながら、練習してる怪しかった奴はそうです私ですww 電車空いてるうちは練習できたけどねw(通報されずによかったw・違) そうカートの中味は↓ほぼ(お札風)紙吹雪とクラッカー(銃型のも有)ですので、不審者として荷物検査でもされたら、まず引っかかって説明しても帰してくれないやばいさかもしれません(苦笑)

 


<到着!祭壇設置!!>
 さて、早速現地入りしてシネマスコーレに直行。マサラの女神様こと近江のアヌシュカさんと、ラジニポスターしっかり写真に撮ってから、まずは『Lingaaリンガー』映画にちなんだリンゲシュワラ藩王祭壇の設置です。
 いつものように大きくは作れませんが、せっかくですからほかの方にもお供えしていただけると嬉しいなと、密かに思っておりましたら、早速お供物バナナをいただきました!


 設置後、先に食事を済ませることに。私たちはかなり早い時間に行ったにもかかわらず、でもチケ整理券すでに40番!!まじかっ!( ̄□ ̄;) (スコーレのキャパ座席数は50ほど、補助席出すパターンになると+20~30くらいになるそうですが)
a0308487_00575617.jpg ここで皆さんとお会いできる時間がワイのワイのと面白く、インド映画情報の交換や、話題の映画の話など、お喋りが楽しかったです(^^)v
 チケット買いに駆け付けたほかのお客さんに、ばら撒かない食べれるお札に、マサラマニュアルに、上のお札紙吹雪や見るときに胸につけていただくと楽しいシールなどを配ったりしながら、、斜め前の「cafeスコーレ」さんで、お着替えさせていただきました。

 私の今日のテーマは、インド映画ということで簡単に着てみた初サリーでしたが、実は映画の中に出てくるネタ某「大丈夫」さんにもしたくて…ちょっとコスプレ欲張りすぎましたw マサラの女神近江のアヌシュカさんは、ばっちし!モナ・ガソリーナ曲に合わせたコスプレ!というか、あの髪飾りどこで見つけてきた!!(^∇^;) 衣装細かいところがいつも手作りで感動です。 
a0308487_00575600.jpg そしていろいろ配りながら、お客さんが集まってくるのですが、素敵なサリーやパンジャビ着てきてくださる方もいて感涙(T^T) そして手渡しした紙吹雪お札が、時折手羽先やらどて焼きやらに変わります!ってか紙幣として通用するのか?のか?ww(違w お土産頂きありがとうございます(^人^))


<いよいよ開場です!> 
 ホントに満席頂きましてありがとうございます。この日がマサラ上映だと知らずに来られた方もおられまして、びっくりなさったかもしれません。こういう楽しみ方もあるということを知っていただけて楽しめていただけてると幸いです(^^)v

a0308487_00575717.jpg さらにお供えも他の方がじゃがりことか備えてくださって増え、祭壇にダム帽子にも皆さん楽しんでくださって写真に撮ってくださいます。他には、ラジニ様登場ダンスシーンのOh Nambaの曲の後ろのバックダンサーコスプレの方まで!!ありがとうございます!ってか私は腹が出せない~~w
 お客さんにコスプレで配りものしてたんで、そういう皆さんがワイのワイの集まってる写真があまり取れて無いのが残念なんです。私あんまり写真撮れてなかったんですが、皆さんから後から写真提供いただきました本当にありがとうございます、感謝感激雨霰でございます<(_ _)>


<前説でマサラ上映の説明です。> 
 名古屋の皆さんには、まだあまりこういうイベント上映は根付いておられないとお聞きしていましたので、a0308487_00575606.jpgレクチャーはどうしても必要だと思いました。皆様にはその説明とご協力をお願いしまして(決して強制ではない)、こういう前説をしました。今回はわかりやすくするためのフリップ芸ですwこれ以上大きなフリップ用意できなくてごめんなさい。(いらすとやさんありがとう、助かりますw)マサラ上映の説明と、初めての方に映画の見どころ/騒ぎどころの紹介です!
-
 マサラで上映中の映像はもちろんありませんw それはもちろん禁止事項。映画を個人で撮ってこっそりアップしたら違法ですからね(笑)。
 また、マサラ上映ってどういうのだろう?というのは、参加してみなければわかりません。名古屋で初の皆様には、「こういうものだったんだ」と楽しんでいただけたでしょうか?(^^)/ 劇場でクラッカーの鳴らすタイミングが揃ったりなんかすると、何故か痛快だったりするんですよねww
 マサラ上映といわれるスタイルは、通常、クラッカーや楽器などの鳴り物可、紙吹雪可、立ってダンスも可、と、フリーダムです(笑) フリーダムなんですが、皆さん大人の対応で行動してくださいますので、フリーダム過ぎて映画の上映の邪魔になるようなことにはなりませんし、そこはさすが日本です。(インドのプレミアム上映だともっと大騒ぎバカ騒ぎで映画の話なんか分からないですw)

 映画の中味に関わる場面では、お配りしたシールが観客席に意外な効果をもたらします。これを私、名古屋で4度目ですが、いつも観客の皆様の反応がグッときます。このアイデアを一番最初に披露してくださった近江のアヌシュカさんには頭が下がります。すんばらしい!!!
 そうこうするうちに楽しい映画は終わりを迎えます。というかこの映画本当に話がよくて、過去編部分で涙なしには見れないストーリーになってるんです。私この映画何度も見てるわけですが、毎回同じところで胸が熱くなる映画で、マサラ上映でスター様を称えて大騒ぎでも、またじっくりゆっくりとでも、何回でも楽しめる作りになっています。
それらの様子は、Twitterで「#シネマスコーレ」「#リンガー」「#マサラ」などのタグで探すと、楽しんでいただけたお客様のツイートが見られます。是非ともその様子を覗き見てくださいね(^^)

 

<終演後>
  終演後は、辺り一面紙吹雪の山ww またこの映画、紙吹雪の巻き散らかしどころが多くてそれも楽しいですw わかりやすく言えばマサラ上映とは自前で行う4D上映ですね(笑) 映画の中でガンファイトがあればクラッカーの音が会場内から聞こえてくると自分もそのガンファイトの中にいるような臨場感が味わえます。インド映画は祝福の場面で花をまき散らすこともあるので、紙吹雪でその代わりをしたりしています。元々はスターの映画封切りのお祝いで大騒ぎしたインドの上映のスタイルを一部日本流に変化させてきたものなのですが、気が付けば自前で4D体験できる上映スタイルというのも、面白い話です。

 いつもマサラ上映の後は、皆様にご協力いただいて、散らかしたごみを片付けております。皆さんのご協力がありますと、本当に早く終わります。そして早くしっかり片付くと、劇場さん側も「次もやってもいいかな?」と思ってくださったりもするので、こういう皆様のご協力無くしては、今までマサラ上映のようなイベント上映は続いてこなかった…ということを、どうか知っていただきたく存じます。次の楽しみのために、自由は大人の責任を知った者に与えられる行動ですからね(^^)v
 名古屋シネマスコーレお客様皆さん協力的で、ものの15分であれだけの紙吹雪が片付きました!
本当にご協力いただきありがとうございました<(_ _)>
 紙吹雪の片づけののち、皆様には、再度祭壇でも楽しんでいたり、ダム帽子で記念写真などしていただけたようで、映画とマサラ上映を楽しんでいただけてたのなら、名古屋まで駆けつけた甲斐があるというものです。本当に皆様、楽しい時間を一緒に作っていただきまして、心よりお礼申し上げます(^人^)。



有志の力で繋がってきたマサラ上映
by AkaneChiba | 2018-06-22 00:00 | マサラ上映報告 | Comments(0)

番外2.0. Sanjay Dutt 一人祭り中 復帰作品とBioPic

復帰作も出てきたことですし、久々に、サンジューについて書きましょう。過去の彼についての記事のURLまとめはこちら→Sanjay Dutt 一人祭り中 URLまとめ
-----------
 2016年、5年の刑期を約3年で出所してきたサンジェイ・ダット。しばらくはのんびりしながら家族とゆっくり過ごしていたようです。時々、どこかのボリウッドのモデルショーのゲスト出たりとかそういうのはありましたが、目立って表立った活動はしていませんでした。Twitterとかが時々動いてたかな?
 5年の間にチェックかけたファンサイトとか、どこかに消えてしまったりと、リンクが切れてるものも多くてなかなか修正もかないません。そんなこんなで、2013年より580本からのインド映画を見て来た私ですが、サンジューのクレジットのある作品150本弱ほど既に出てるのですが、私はそのうち半分の80本弱位は見たと思います。(ゲスト出演モノとかがやはりあんまり見てないかな?)中味の無い90年代のが割と好きで、00年代はコンスタンスにいい作品にも出ますが、大方リメイクが多くて色気ムンムンな恐面その筋の人…風貌がメインすぎて話に中味は無いんですよw。名作はムンナバイシリーズまで待たねばなりませんでしたね。あれほどのヒットはもう今のサンジェイには叶わないと私は思っていますが、それでもファンは追いかけ続ける所存です(^^;)

a0308487_21421659.jpg<「Bhoomi」2017年復帰作>  
 さて2017年映画の復帰作「Bhoomi」で俳優復帰。その後も沢山の映画に名前をクレジットさせており、今後それぞれ映画が出てくるはずです。彼の映画は売れる映画というのではありませんが、現在は古くからの熱い一定ファンのいるスターですから、そういうファンに向かって映画を作り続けるでしょう。またボリ映画の中でも特にセクシーな女性を使う傾向が強いので、さてそういう言う点でも最近の映倫事情に対抗できるかどうかも気になります。(2018年既に他2本発表されてるのに上映がなされてないのがある??マジ?(^^;)上映できずにいるのか、映倫ひっかかってるのか?それともまだ上映がないのか?) そういや彼のツイッター復帰第一声はこの「Bhoomi」の宣伝ポスターでしたね。このポスター他の写真のがなかなかの迫力の一枚がありまして…ってかやっぱり怖いぞ、サンジューの顔って(^^;)  参考→SanjayDutt Twitter

a0308487_21422265.jpg 「Bhoomi」では、年齢に応じた役どころ、しかも娘を守る父親という彼の年齢に応じたポジションの映画でした。興行成績はさほどあげてはいませんし、今は100crではなく200cr~300crなどというボリウッドのトップスターで興行収入を上げる世界ですから、アミタブ・ジーと、サンジュー・ババあたりの古い世代のベテランズだと、コンスタントに映画を継続的に出してそこそこ稼げたら御の字という域には入っていますので、そこまでの売り上げがありません。また彼ら世代は、自分のネームバリューで若手支援(俳優だけでなくスタッフ含めて)もしているので、大ヒットを目的にはしていないのでしょう。

「Bhoomi」2017 Facebook Twitter IMDb Wikipedia


 のっけから女性の拉致現場からです。話は重そう暗そう(^^;) 父親役ですので、この手の話ですとパターンわかります。その娘の苦悩を父ちゃんどんな復讐するんやろ?ってな。復帰作の出来不出来は、ご覧になってみてください。
 ちょっと特筆すべきは、この映画にボリウッドで活躍する中原圭子さん名前がクレジットされてましたので、(Additional Cinematographerとして)そこは書いておきますね。
 人の親としてのサンジューには、成人した最初の妻の娘、そのあとは3回目の結婚の子供が10歳未満で男女二人おりまして全部で3人。スニール・ダットの長男としてようやっと、まだ幼少ながらサンジェイは息子をもったので(その間3年ほど収監中w)、本人もそれは嬉しかったようです。スニール家の不肖の長男サンジェイ(他、女姉妹は優秀な様子、政治家になった者も)は、齢50台を超えて(現在58)60に近くなろうかというここで、ようやっと安寧の人生を送れているように思えます。今の嫁はんがしっかりしてる印象あるなぁ(笑)。さすがにもうヤンチャはしない年齢だろうし。
 最初の結婚の娘は、母のアメリカ病院暮らしでそちらの暮らしが長かった様子で、娘への愛情という点では彼も人の親ですから最初の子供は目に入れても痛くないくらいかわいがっております。娘を持つ親としての彼は、それはそれでそれらしい表現になってる映像ではないかと。今の現在のご夫婦の件はさておき、サンジェイの結婚生活の波乱は、最初の結婚の妻の病床に倒れて長い治療期間があったことで(死別)というセンシティブな側面があったため、映画の撮影で女優と浮名は派手に流していても、彼の子供に関するプライベートに関する話はあまり見かけず、もちろんダット家の長男の娘ですから父娘でカメラの前に立つこと写真はいくつかありましたが幼少の頃の後は、ほぼ成人してからの写真しかみませんね。サンジューがスニールとナルギスの家の子供としての一家写真はたくさんネットで見るのですが。(あら娘さんNYでニュース司会者?とかちょっと派手な業界にいるようですね。ってか昔少しかわいらしい感じだったのに、整形?化粧?なのかして顔細くなっとるw しかも胸それでかずぎww) 
 今は、新しい家族と幸せな日々を静かに送れていることを、ファンとしても喜びたいと思います。

<実は、ボリウッド今年半ばの期待作>
by AkaneChiba | 2018-04-26 00:24 | インド映画スター | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

番外. Sanjay Dut..
at 2018-12-12 02:19
印活 祝い事他
at 2018-12-03 02:15
2018年12月 インド映画..
at 2018-11-25 03:20
映画『I』(2015) 日本..
at 2018-11-14 01:46
アクシャイ・クマール(Aks..
at 2018-11-10 23:26

検索

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

> ぱやしさん ご訪問..
by AkaneChiba at 00:38
まさにラナさんファンのも..
by ぱやし at 22:24
> PaneerDosa..
by AkaneChiba at 00:30
Akshayのご紹介あり..
by PaneerDosa at 22:44
わかります、インド映画見..
by AkaneChiba at 00:32
またまた丁寧なご回答あり..
by アヒージョ at 09:18
Rab ne~は人気映画..
by AkaneChiba at 00:13
IFFJは主催/運営がイ..
by AkaneChiba at 00:11
ご回答ありがとうございま..
by アヒージョ at 23:59
こんにちわ、アヒージョさ..
by AkaneChiba at 00:52

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ