遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2018年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

番外2.0. Sanjay Dutt 一人祭り中 復帰作品とBioPic

復帰作も出てきたことですし、久々に、サンジューについて書きましょう。過去の彼についての記事のURLまとめはこちら→Sanjay Dutt 一人祭り中 URLまとめ
-----------
 2016年、5年の刑期を約3年で出所してきたサンジェイ・ダット。しばらくはのんびりしながら家族とゆっくり過ごしていたようです。時々、どこかのボリウッドのモデルショーのゲスト出たりとかそういうのはありましたが、目立って表立った活動はしていませんでした。Twitterとかが時々動いてたかな?
 5年の間にチェックかけたファンサイトとか、どこかに消えてしまったりと、リンクが切れてるものも多くてなかなか修正もかないません。そんなこんなで、2013年より580本からのインド映画を見て来た私ですが、サンジューのクレジットのある作品150本弱ほど既に出てるのですが、私はそのうち半分の80本弱位は見たと思います。(ゲスト出演モノとかがやはりあんまり見てないかな?)中味の無い90年代のが割と好きで、00年代はコンスタンスにいい作品にも出ますが、大方リメイクが多くて色気ムンムンな恐面その筋の人…風貌がメインすぎて話に中味は無いんですよw。名作はムンナバイシリーズまで待たねばなりませんでしたね。あれほどのヒットはもう今のサンジェイには叶わないと私は思っていますが、それでもファンは追いかけ続ける所存です(^^;)

a0308487_21421659.jpg<「Bhoomi」2017年復帰作>  
 さて2017年映画の復帰作「Bhoomi」で俳優復帰。その後も沢山の映画に名前をクレジットさせており、今後それぞれ映画が出てくるはずです。彼の映画は売れる映画というのではありませんが、現在は古くからの熱い一定ファンのいるスターですから、そういうファンに向かって映画を作り続けるでしょう。またボリ映画の中でも特にセクシーな女性を使う傾向が強いので、さてそういう言う点でも最近の映倫事情に対抗できるかどうかも気になります。(2018年既に他2本発表されてるのに上映がなされてないのがある??マジ?(^^;)上映できずにいるのか、映倫ひっかかってるのか?それともまだ上映がないのか?) そういや彼のツイッター復帰第一声はこの「Bhoomi」の宣伝ポスターでしたね。このポスター他の写真のがなかなかの迫力の一枚がありまして…ってかやっぱり怖いぞ、サンジューの顔って(^^;)  参考→SanjayDutt Twitter

a0308487_21422265.jpg 「Bhoomi」では、年齢に応じた役どころ、しかも娘を守る父親という彼の年齢に応じたポジションの映画でした。興行成績はさほどあげてはいませんし、今は100crではなく200cr~300crなどというボリウッドのトップスターで興行収入を上げる世界ですから、アミタブ・ジーと、サンジュー・ババあたりの古い世代のベテランズだと、コンスタントに映画を継続的に出してそこそこ稼げたら御の字という域には入っていますので、そこまでの売り上げがありません。また彼ら世代は、自分のネームバリューで若手支援(俳優だけでなくスタッフ含めて)もしているので、大ヒットを目的にはしていないのでしょう。

「Bhoomi」2017 Facebook Twitter IMDb Wikipedia


 のっけから女性の拉致現場からです。話は重そう暗そう(^^;) 父親役ですので、この手の話ですとパターンわかります。その娘の苦悩を父ちゃんどんな復讐するんやろ?ってな。復帰作の出来不出来は、ご覧になってみてください。
 ちょっと特筆すべきは、この映画にボリウッドで活躍する中原圭子さん名前がクレジットされてましたので、(Additional Cinematographerとして)そこは書いておきますね。
 人の親としてのサンジューには、成人した最初の妻の娘、そのあとは3回目の結婚の子供が10歳未満で男女二人おりまして全部で3人。スニール・ダットの長男としてようやっと、まだ幼少ながらサンジェイは息子をもったので(その間3年ほど収監中w)、本人もそれは嬉しかったようです。スニール家の不肖の長男サンジェイ(他、女姉妹は優秀な様子、政治家になった者も)は、齢50台を超えて(現在58)60に近くなろうかというここで、ようやっと安寧の人生を送れているように思えます。今の嫁はんがしっかりしてる印象あるなぁ(笑)。さすがにもうヤンチャはしない年齢だろうし。
 最初の結婚の娘は、母のアメリカ病院暮らしでそちらの暮らしが長かった様子で、娘への愛情という点では彼も人の親ですから最初の子供は目に入れても痛くないくらいかわいがっております。娘を持つ親としての彼は、それはそれでそれらしい表現になってる映像ではないかと。今の現在のご夫婦の件はさておき、サンジェイの結婚生活の波乱は、最初の結婚の妻の病床に倒れて長い治療期間があったことで(死別)というセンシティブな側面があったため、映画の撮影で女優と浮名は派手に流していても、彼の子供に関するプライベートに関する話はあまり見かけず、もちろんダット家の長男の娘ですから父娘でカメラの前に立つこと写真はいくつかありましたが幼少の頃の後は、ほぼ成人してからの写真しかみませんね。サンジューがスニールとナルギスの家の子供としての一家写真はたくさんネットで見るのですが。(あら娘さんNYでニュース司会者?とかちょっと派手な業界にいるようですね。ってか昔少しかわいらしい感じだったのに、整形?化粧?なのかして顔細くなっとるw しかも胸それでかずぎww) 
 今は、新しい家族と幸せな日々を静かに送れていることを、ファンとしても喜びたいと思います。

<実は、ボリウッド今年半ばの期待作>
by AkaneChiba | 2018-04-26 00:24 | インド映画スター | Comments(0)

2018年 5月 インド映画日本上映 

さて、4月下旬5~6月のインド映画情報ですかね。(いつもこのブログは関西中心です)
-------------------------------
<バーフバリで監督が!>
 バーフバリが以前絶好調で、とうとう4月26日ラジャマウリ監督まで来日するらしく、鎧身につけて東京まで行きたくてしょうがない!!(笑) 2013年「マッキー」(Makkhi/Eega)の日本興行がこけてる(豪泣)って思いながらも映画の面白さと監督の才能に心酔し、盛り上げるべくマサラ上映に駆けつけTV局の今頃な遅い取材wでZIPでデカデカTVに顔晒し恥もかいても応援し、翌年の「あなたがいてこそ」(Maryada Ramanna) ガラガラシネマート心斎橋5回も通って!その後も他の映画館で見て回った監督の映画応援してきたラジャマウリ監督万歳!!ないちインド映画ファンな私としては、監督に是非とも一目会いたい!!o(><o) (会ったら絶対ダンスマニュアル押し付けたいwとかあほなこと考えるw)ってか見る目無さすぎるぞ!日本の映画ファン!ラジャマウリ監督の凄さ気付くのに5年もかかるなんてっ!(T_T)
 ラナ君がお忍び来日してた時は、情報が表に全然出なかったので悲しかったんですが、京都ヒストリカにはバーフバリのプロデューサー氏が来てくださったので、それは何をおいても駆けつけて良かったと思ってるのです。が、この手のイベントが東京発!だとなかなかそのチャンスにありつける気がしない…(実際チケ瞬殺でむりじゃった…orz)。思えば京都ヒストリカに揃ってた面々は、(ここまでのブームになる前の)インド映画ファンとしても知られたどっかで見たことのある面々でしてコアだった(笑)のが、今や日本の映画界を大ブームに巻き込んでる一本ですから、新しいファンの方々もざっくざっく押し寄せるでしょうし、そうなると地方民の付け入るスキは全く持って皆無ですしお寿司(イミフ)。 ってか、ラジャマウリ監督!!絶叫上映だけでなく!2013年からあなたの映画を支えてきたインド映画ファンは、キネカ大森(東京)や塚口サンサン(兵庫)にいるんだーーー!!(≧◇≦)!!(と絶叫報告wしたい位だw)
 ラジャマウリ監督、一週間位日本で遊んで、京都辺りまで遊びに決まへんか?(^^;) よろしくおたの申します。


<インド映画引き続き上映中>
「ダンガル きっと、つよくなる」 公式サイト  Twitter 日本語トレーラー

 もお説明するまでも無いアーミル・カーンの大ヒット作です。 Dangal Wikipedia IMDb 
とにかく、スポ根ですが是非とも楽しんでください!!アーミルの映画はほんとに上映権料が高いので、こんな大ヒット作をよく持ってきてくれました、と配給さんにありがとうというしかないっす(^^;)
 こっち↓もはっとくw

 


☆「きっと、うまくいく」特別上映 
 塚口サンサン劇場で 5/31まで http://www.sunsun.info/schedule/
うーんと、「ダンガル」支援の意味もあるのかな?アーミル好きの方には是非どうぞ。



「バーフバリ 王の凱旋 完全版」現在も上映中。
「バーフバリ 伝説誕生」も併せて上映中のところをお見逃しなく!!
そして、なんと!カットシーン無しの 6/1から完全版も上映!

「バーフバリ 王の凱旋 完全版」



劇場はコチラ↓日本公式サイトから確認してください!!
http://baahubali-movie.com/sp/theater2.html

 何ちゅーか、このブームに興行収入どこまで行ってるんですか?とすんごい!!疑問が驚いています(惑乱イミフ)。まぁ世界中の熱狂を考えたら、日本だってこうなるのはわかってはいましたけどね。日本は、インド映画などの映画は2年遅れが常なので、しょうがないっちゃーしょうがないですが、それでも世界のトレンドに1年遅れレベルででも頑張りましたよ、今回。ツインさんありがとう!! ハイテンションなりすぎてますが次インド映画買うときは、博打打たない良い作品にあててくださいませ(懇願)


☆「マッキー」
 こちらも上映権が今年の6月で切れるので、ぼつぼつやってくれているところがあります。



<マサラ上映 5月>

☆塚口サンサン劇場 5月4日 「バーフバリ1,2」二本連続マサラ上映!

 まぁねぇ、こんな「観客の体力を思いっきりHP Lifeゼロ」にする気満々の、イベント上映するところなんて、塚口サンサンしかありません、はいありません(^^;)なんでも今回は2シアターも開けるとか何とか云ってたので、たぶんチケット瞬殺でないことを心の底から祈ります!!
 思えば、マサラ上映連続…というのをやる塚口サンサンさんにて、OSOやムトゥとかだけではないですが、「マッキー」も「あなたがいてこそ」と、ラジャマウリ監督の映画日本上映時に、両方ともイベント上映やった映画館なんて、ほとんどないだろうに(^^;) アッパレすぎて体力ついていかねぇ~~ww でもどっちもオレ行ってるんだよ!!ww馬鹿だ馬鹿だww



他のアジア映画
by AkaneChiba | 2018-04-24 19:01 | インド映画全般 | Comments(0)

Intermission 映画と立件と法廷

 さて、先日からインド映画のことで話題になってるニュースがあります。
 そうです。3カーンの一人として有名なボリウッドきっての悪童スター、サルマン・カ-ンの裁判沙汰です。
 スターにスキャンダルはツキモノではありまして、過去には私もここで取り上げたサンジェイ・ダットも悪童スターでして、日本でもその昔の俳優さんと言えば、破天荒なスキャンダラスな話でメディアを騒がせる方々も多ございました(勝新のような)。ハリウッドでも今でもそういうのは変わることなく、麻薬・暴力の俳優やら異性スキャンダルなど、そういうネガティブな話も宣伝材料とばかりにゴシップ記事も盛り上がります。もちろん法に触れると、どこの国でも掴まりますが、法のシステムがスピーディで早い国家では、すぐにニュースになり、すぐに判決が出、すぐに映画界に復帰…ってなことが出来ますね。
 ところが!インドの裁判は、何故だかとんでもなく!!時間がかかるものも少なくなく(^^;) サンジェイの話も、この今回のサルマンの話も、十数年前のお話…のところで、裁判の判決がようやくどうのこうの…というかなり謎な話になっております(^^;)

 で、この事件はいつのことかと言いますと、1998年!!!(20年前じゃん!!)映画の合間の休暇で、禁漁区に狩りに入ってしまったというお話です。たしかこの時2週間ぐらい留置場にサルマンは入ってるはずです。この時一人ではなく、他の共演者のスターたちも一緒のハンティングだったので、もちろん彼らも罪に問われかけたのですが、女性陣が多かったのでその女性スターたちを庇い、男性スターのサイフはお家柄が凄い人なので家名に傷つけさせるわけにはいかないと、『サルマン一人が全部罪を背負って!!』留置所入りしたのは、非常に有名な逸話です。漢だね!!(><) サルマンがインド中でひじょーーに人気のある理由は、こういう兄貴気質な側面がありまして(漢気のある男の中の男の代名詞でもあるスターともされてます)、映画の出来不出来関係なく!サルマン・カーンの人気は、悪童でありながら魅力的な男らしい人物として、絶対的な地位にあります。
 でもまぁその昔、当時恋人だったアイシュへのDV疑惑なんちゅーのもあったりして(笑)、つきあった後別れた別の女優には「友達としては最高なんだけど、恋人としてはダメだ」というようなことを言われたことのあるくらい、男性上位な(笑)ちょっと典型的な(今の時代だと問題になる傾向あるかな?w)な『男らしい男?』でもあります(笑)

もう出てきたw
by AkaneChiba | 2018-04-09 22:45 | Intermission | Comments(0)

microSDが読まないので

ずっと大事な楽しかったマサラ上映の報告がブログ更新できていません。(3/20のリンガーと、3/31のOSO分)

デジカメデータの写真保存中に、microSDのエラーが出て以来、壊れまして…(泣) うんともすんともアクセスできなくなりました…何故!?(≧_≦、)

(microSDとかの外部メモリのちっこいのは、こういうエラー起きやすいのは知ってましたが、さすがの私もこればっかりはお手上げ。論理障害だけならまだ何とかなるんだが…号泣)

で、データ救出のサルベージをするにしても、なかなか高額で(データ救出ってマジで高いんです・泣)お安いところが見つけれずにいまだ復元が叶わず、写真がのせれない!(≧_≦、)と、ヒジョーーに困っているところです(@@;)。(どっかお安いところご存じないですかね?5~6万超えたらわたしにゃ無理です、3万くらいまででないもんか・苦笑)

テキストはほぼ完成しているのですが、写真が無いと…なので…今しばらくお待ちください。m(_ _;)m


@@写真無しのブログアップしちまった方がいいのかしら…しくしく(T_T) それにしてもデータサルベージはマジで高い…_ノ乙(、ン、)_

--追記 2018.4.12現在---
いまだSD回復してません…(泣) さていつになるやら…トホホ…_ノ乙(、ン、)_ 

--追記 2018.4.13現在---
いまだSD回復してません…(泣) でもLingaaのマサラの時のデータの一部だけは別口で写真復活!やっぱり問題は3/31のOSOマサラが戻ってないです…トホホ(泣) 
by AkaneChiba | 2018-04-02 00:30 | そのほか | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

2018年8月9月 インド映..
at 2018-07-30 23:08
7月21日「Linagaa ..
at 2018-07-25 00:10
7月7日「Lingaa リン..
at 2018-07-15 17:47
『Lingaa リンガー』マ..
at 2018-06-27 03:33
2018年7月 インド映画日..
at 2018-06-27 02:37

検索

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

情報ありがとうございます..
by AkaneChiba at 23:35
もうご存知かと思いますが..
by パルシネマでインド映画祭り at 22:37
こんにちわ、腹ペコさん。..
by AkaneChiba at 01:01
初めまして。 バーフバ..
by 腹ペコ at 21:22
> あかん人さん ご無..
by AkaneChiba at 17:48
ご無沙汰しております。 ..
by あかん人 at 19:33
this looks v..
by rajesh at 20:33
युकिकोさんブログ..
by AkaneChiba at 23:51
その節は、お声をかけてい..
by युकिको at 15:00
> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ