遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

印活 ネタなのかww

今日はネタな話をww

<その1 ネタかマジかスターなのか?>
 というのも、アニール兄貴の娘(ソ-ナム)の結婚で盛り上がってたついこの間。美人女優が既婚者になっちゃったかぁ~~とか言いながら、アニール・カプールの繋がりで式披露パーティーのゲストがむちゃくちゃ豪華で、ナイスミドルのアニール兄貴の横で、シャールク踊ってサルマンやら、ソーナムのそばにアーミル一緒に写真映ってたりと。従兄のアルジュン・カプールや、また従兄のランヴィール・スィン等、ボリウッドが全部引っ越してきたか?ってくらい賑やかだった結婚パーティーw
 で、久々にアルジュンネタ探しをしてたら、そのアルジュンのアイテムソングが今日発表されてて、なんでも従兄のHarshvardhanの2作目映画でアイテムソングで出るらしい。
 Harshvardhan Kapoorとは(ハルシュヴァルダンと読むらしいw)、2016年「Mirzya」でデビューしたボリウッドの御大Mr.Indiaこと、アニール・カプール兄貴の息子。そしてアニールの娘のソーナム・カプールの弟にあたる顔はイケメン新人俳優です。
 で、ツイッターで話してたら『主役のHarshvardhan、踊ってなくね?w』って話になって、確かに彼デビュー作の「Mirzya」(2016)でも彼、踊ってなくって、しかも主役なのに、セリフがほとんどなくってww イケメンなのにどうなのよっ!ww (しかも、新人で金掛けた割には興行あたらんかったしw)って突っ込み満載のアニールの息子w
 顔はいいけど『踊らねぇ、喋らねぇ、当たらねぇ!!』って大丈夫か?wwと思ってたんだが、ようやっと2本目の映画を、この5月末に出すらしい。Bhavesh Joshi Superheroというシリアス?なヒーローもの映画。Teaserを見てみたら
「主役、顔、映ってねぇっ!!www」
壮大に草が生えたww

Bhavesh Joshi Superhero (2018)
 

 一応、トレーラーでは、ちゃんと顔写ってましたがww 何故か微妙ww しかも、なんとなくキャラがデッドプール風なデザインなのに紙袋キャラw でも監督はお笑い路線ではなくいつも超シリアスの人www 

 ハルシュヴァルダンの踊らない疑惑wwが持ち上がったんで、先日の姉の結婚式にはさすがに踊っているだろう…とソーナムの結婚パーティー映像の中を探すんだが、シャールクやらランヴィールやら他の目立つスターばっかり目が取られて(っていうか父ちゃんアニールが一番大はしゃぎだったわなww)、ソーナムはもちろんいるが、弟!!オーラ無いから見つけられないっ!!!!!!wwwww
 結局、踊るのか、踊らないのかわからないまま、封切り楽しみにしたいと思いますw きっと見る価値は言うほど無いかもしれんけど、そういうネタに食いつくのは私は大好きw いや久々に「ネタ」になりそうなイジりやすそうな空気のような存在のイケメン俳優って、どうよw
 従兄のアルジュンはよくネタにされてて、デブだのキモオタだのイジリがいがあるキャラ立ちしたタッパも横にも太さにも存在ある俳優なんですがw (どんだけ馬鹿にされてても存在感あるんだよ、アルジュンは)、まさかそれ以上にオーラの無い空気なイケメンが、ネタ要員だったなんてw(違) 空気ハリシュの存在、しっかと見てみたいですww



インドでもデッドプール2公開するそうな
# by AkaneChiba | 2018-05-15 03:16 | インド映画スター | Comments(0)

番外2.0. Sanjay Dutt 一人祭り中 復帰作品とBioPic

復帰作も出てきたことですし、久々に、サンジューについて書きましょう。過去の彼についての記事のURLまとめはこちら→Sanjay Dutt 一人祭り中 URLまとめ
-----------
 2016年、5年の刑期を約3年で出所してきたサンジェイ・ダット。しばらくはのんびりしながら家族とゆっくり過ごしていたようです。時々、どこかのボリウッドのモデルショーのゲスト出たりとかそういうのはありましたが、目立って表立った活動はしていませんでした。Twitterとかが時々動いてたかな?
 5年の間にチェックかけたファンサイトとか、どこかに消えてしまったりと、リンクが切れてるものも多くてなかなか修正もかないません。そんなこんなで、2013年より580本からのインド映画を見て来た私ですが、サンジューのクレジットのある作品150本弱ほど既に出てるのですが、私はそのうち半分の80本弱位は見たと思います。(ゲスト出演モノとかがやはりあんまり見てないかな?)中味の無い90年代のが割と好きで、00年代はコンスタンスにいい作品にも出ますが、大方リメイクが多くて色気ムンムンな恐面その筋の人…風貌がメインすぎて話に中味は無いんですよw。名作はムンナバイシリーズまで待たねばなりませんでしたね。あれほどのヒットはもう今のサンジェイには叶わないと私は思っていますが、それでもファンは追いかけ続ける所存です(^^;)

a0308487_21421659.jpg<「Bhoomi」2017年復帰作>  
 さて2017年映画の復帰作「Bhoomi」で俳優復帰。その後も沢山の映画に名前をクレジットさせており、今後それぞれ映画が出てくるはずです。彼の映画は売れる映画というのではありませんが、現在は古くからの熱い一定ファンのいるスターですから、そういうファンに向かって映画を作り続けるでしょう。またボリ映画の中でも特にセクシーな女性を使う傾向が強いので、さてそういう言う点でも最近の映倫事情に対抗できるかどうかも気になります。(2018年既に他2本発表されてるのに上映がなされてないのがある??マジ?(^^;)上映できずにいるのか、映倫ひっかかってるのか?それともまだ上映がないのか?) そういや彼のツイッター復帰第一声はこの「Bhoomi」の宣伝ポスターでしたね。このポスター他の写真のがなかなかの迫力の一枚がありまして…ってかやっぱり怖いぞ、サンジューの顔って(^^;)  参考→SanjayDutt Twitter

a0308487_21422265.jpg 「Bhoomi」では、年齢に応じた役どころ、しかも娘を守る父親という彼の年齢に応じたポジションの映画でした。興行成績はさほどあげてはいませんし、今は100crではなく200cr~300crなどというボリウッドのトップスターで興行収入を上げる世界ですから、アミタブ・ジーと、サンジュー・ババあたりの古い世代のベテランズだと、コンスタントに映画を継続的に出してそこそこ稼げたら御の字という域には入っていますので、そこまでの売り上げがありません。また彼ら世代は、自分のネームバリューで若手支援(俳優だけでなくスタッフ含めて)もしているので、大ヒットを目的にはしていないのでしょう。

「Bhoomi」2017 Facebook Twitter IMDb Wikipedia


 のっけから女性の拉致現場からです。話は重そう暗そう(^^;) 父親役ですので、この手の話ですとパターンわかります。その娘の苦悩を父ちゃんどんな復讐するんやろ?ってな。復帰作の出来不出来は、ご覧になってみてください。
 ちょっと特筆すべきは、この映画にボリウッドで活躍する中原圭子さん名前がクレジットされてましたので、(Additional Cinematographerとして)そこは書いておきますね。
 人の親としてのサンジューには、成人した最初の妻の娘、そのあとは3回目の結婚の子供が10歳未満で男女二人おりまして全部で3人。スニール・ダットの長男としてようやっと、まだ幼少ながらサンジェイは息子をもったので(その間3年ほど収監中w)、本人もそれは嬉しかったようです。スニール家の不肖の長男サンジェイ(他、女姉妹は優秀な様子、政治家になった者も)は、齢50台を超えて(現在58)60に近くなろうかというここで、ようやっと安寧の人生を送れているように思えます。今の嫁はんがしっかりしてる印象あるなぁ(笑)。さすがにもうヤンチャはしない年齢だろうし。
 最初の結婚の娘は、母のアメリカ病院暮らしでそちらの暮らしが長かった様子で、娘への愛情という点では彼も人の親ですから最初の子供は目に入れても痛くないくらいかわいがっております。娘を持つ親としての彼は、それはそれでそれらしい表現になってる映像ではないかと。今の現在のご夫婦の件はさておき、サンジェイの結婚生活の波乱は、最初の結婚の妻の病床に倒れて長い治療期間があったことで(死別)というセンシティブな側面があったため、映画の撮影で女優と浮名は派手に流していても、彼の子供に関するプライベートに関する話はあまり見かけず、もちろんダット家の長男の娘ですから父娘でカメラの前に立つこと写真はいくつかありましたが幼少の頃の後は、ほぼ成人してからの写真しかみませんね。サンジューがスニールとナルギスの家の子供としての一家写真はたくさんネットで見るのですが。(あら娘さんNYでニュース司会者?とかちょっと派手な業界にいるようですね。ってか昔少しかわいらしい感じだったのに、整形?化粧?なのかして顔細くなっとるw しかも胸それでかずぎww) 
 今は、新しい家族と幸せな日々を静かに送れていることを、ファンとしても喜びたいと思います。

<実は、ボリウッド今年半ばの期待作>
# by AkaneChiba | 2018-04-26 00:24 | インド映画スター | Comments(0)

2018年 5月 6月 インド映画日本上映 

さて、4月下旬5~6月のインド映画情報ですかね。(いつもこのブログは関西中心です)
-------------------------------
<バーフバリで監督が!>
 バーフバリが以前絶好調で、とうとう4月26日ラジャマウリ監督まで来日するらしく、鎧身につけて東京まで行きたくてしょうがない!!(笑) 2013年「マッキー」(Makkhi/Eega)の日本興行がこけてる(豪泣)って思いながらも映画の面白さと監督の才能に心酔し、盛り上げるべくマサラ上映に駆けつけTV局の今頃な遅い取材wでZIPでデカデカTVに顔晒し恥もかいても応援し、翌年の「あなたがいてこそ」(Maryada Ramanna) ガラガラシネマート心斎橋5回も通って!その後も他の映画館で見て回った監督の映画応援してきたラジャマウリ監督万歳!!ないちインド映画ファンな私としては、監督に是非とも一目会いたい!!o(><o) (会ったら絶対ダンスマニュアル押し付けたいwとかあほなこと考えるw)ってか見る目無さすぎるぞ!日本の映画ファン!ラジャマウリ監督の凄さ気付くのに5年もかかるなんてっ!(T_T)
 ラナ君がお忍び来日してた時は、情報が表に全然出なかったので悲しかったんですが、京都ヒストリカにはバーフバリのプロデューサー氏が来てくださったので、それは何をおいても駆けつけて良かったと思ってるのです。が、この手のイベントが東京発!だとなかなかそのチャンスにありつける気がしない…(実際チケ瞬殺でむりじゃった…orz)。思えば京都ヒストリカに揃ってた面々は、(ここまでのブームになる前の)インド映画ファンとしても知られたどっかで見たことのある面々でしてコアだった(笑)のが、今や日本の映画界を大ブームに巻き込んでる一本ですから、新しいファンの方々もざっくざっく押し寄せるでしょうし、そうなると地方民の付け入るスキは全く持って皆無ですしお寿司(イミフ)。 ってか、ラジャマウリ監督!!絶叫上映だけでなく!2013年からあなたの映画を支えてきたインド映画ファンは、キネカ大森(東京)や塚口サンサン(兵庫)にいるんだーーー!!(≧◇≦)!!(と絶叫報告wしたい位だw)
 ラジャマウリ監督、一週間位日本で遊んで、京都辺りまで遊びに決まへんか?(^^;) よろしくおたの申します。


<インド映画引き続き上映中>
「ダンガル きっと、つよくなる」 公式サイト  Twitter 日本語トレーラー

 もお説明するまでも無いアーミル・カーンの大ヒット作です。 Dangal Wikipedia IMDb 
とにかく、スポ根ですが是非とも楽しんでください!!アーミルの映画はほんとに上映権料が高いので、こんな大ヒット作をよく持ってきてくれました、と配給さんにありがとうというしかないっす(^^;)
 こっち↓もはっとくw

 



「バーフバリ 王の凱旋 完全版」
現在も上映中。
「バーフバリ 伝説誕生」も併せて上映中のところをお見逃しなく!!
そして、なんと!カットシーン無しの 6/1から完全版も上映!

「バーフバリ 王の凱旋 完全版」



劇場はコチラ↓日本公式サイトから確認してください!!
http://baahubali-movie.com/sp/theater2.html

 何ちゅーか、このブームに興行収入どこまで行ってるんですか?とすんごい!!疑問が驚いています(惑乱イミフ)。まぁ世界中の熱狂を考えたら、日本だってこうなるのはわかってはいましたけどね。日本は、インド映画などの映画は2年遅れが常なので、しょうがないっちゃーしょうがないですが、それでも世界のトレンドに1年遅れレベルででも頑張りましたよ、今回。ツインさんありがとう!! ハイテンションなりすぎてますが次インド映画買うときは、博打打たない良い作品にあててくださいませ(懇願)


☆「マッキー」
 こちらも上映権が今年の6月で切れるので、ぼつぼつやってくれているところがあります。



<マサラ上映 5月>

☆塚口サンサン劇場 5月4日 「バーフバリ1,2」二本連続マサラ上映!

 まぁねぇ、こんな「観客の体力を思いっきりHP Lifeゼロ」にする気満々の、イベント上映するところなんて、塚口サンサンしかありません、はいありません(^^;)なんでも今回は2シアターも開けるとか何とか云ってたので、たぶんチケット瞬殺でないことを心の底から祈ります!!
 思えば、マサラ上映連続…というのをやる塚口サンサンさんにて、OSOやムトゥとかだけではないですが、「マッキー」も「あなたがいてこそ」と、ラジャマウリ監督の映画日本上映時に、両方ともイベント上映やった映画館なんて、ほとんどないだろうに(^^;) アッパレすぎて体力ついていかねぇ~~ww でもどっちもオレ行ってるんだよ!!ww馬鹿だ馬鹿だww



他のアジア映画
# by AkaneChiba | 2018-04-24 19:01 | インド映画全般 | Comments(0)

Intermission 映画と立件と法廷

 さて、先日からインド映画のことで話題になってるニュースがあります。
 そうです。3カーンの一人として有名なボリウッドきっての悪童スター、サルマン・カ-ンの裁判沙汰です。
 スターにスキャンダルはツキモノではありまして、過去には私もここで取り上げたサンジェイ・ダットも悪童スターでして、日本でもその昔の俳優さんと言えば、破天荒なスキャンダラスな話でメディアを騒がせる方々も多ございました(勝新のような)。ハリウッドでも今でもそういうのは変わることなく、麻薬・暴力の俳優やら異性スキャンダルなど、そういうネガティブな話も宣伝材料とばかりにゴシップ記事も盛り上がります。もちろん法に触れると、どこの国でも掴まりますが、法のシステムがスピーディで早い国家では、すぐにニュースになり、すぐに判決が出、すぐに映画界に復帰…ってなことが出来ますね。
 ところが!インドの裁判は、何故だかとんでもなく!!時間がかかるものも少なくなく(^^;) サンジェイの話も、この今回のサルマンの話も、十数年前のお話…のところで、裁判の判決がようやくどうのこうの…というかなり謎な話になっております(^^;)

 で、この事件はいつのことかと言いますと、1998年!!!(20年前じゃん!!)映画の合間の休暇で、禁漁区に狩りに入ってしまったというお話です。たしかこの時2週間ぐらい留置場にサルマンは入ってるはずです。この時一人ではなく、他の共演者のスターたちも一緒のハンティングだったので、もちろん彼らも罪に問われかけたのですが、女性陣が多かったのでその女性スターたちを庇い、男性スターのサイフはお家柄が凄い人なので家名に傷つけさせるわけにはいかないと、『サルマン一人が全部罪を背負って!!』留置所入りしたのは、非常に有名な逸話です。漢だね!!(><) サルマンがインド中でひじょーーに人気のある理由は、こういう兄貴気質な側面がありまして(漢気のある男の中の男の代名詞でもあるスターともされてます)、映画の出来不出来関係なく!サルマン・カーンの人気は、悪童でありながら魅力的な男らしい人物として、絶対的な地位にあります。
 でもまぁその昔、当時恋人だったアイシュへのDV疑惑なんちゅーのもあったりして(笑)、つきあった後別れた別の女優には「友達としては最高なんだけど、恋人としてはダメだ」というようなことを言われたことのあるくらい、男性上位な(笑)ちょっと典型的な(今の時代だと問題になる傾向あるかな?w)な『男らしい男?』でもあります(笑)

もう出てきたw
# by AkaneChiba | 2018-04-09 22:45 | Intermission | Comments(0)

microSDが読まないので

ずっと大事な楽しかったマサラ上映の報告がブログ更新できていません。(3/20のリンガーと、3/31のOSO分)

デジカメデータの写真保存中に、microSDのエラーが出て以来、壊れまして…(泣) うんともすんともアクセスできなくなりました…何故!?(≧_≦、)

(microSDとかの外部メモリのちっこいのは、こういうエラー起きやすいのは知ってましたが、さすがの私もこればっかりはお手上げ。論理障害だけならまだ何とかなるんだが…号泣)

で、データ救出のサルベージをするにしても、なかなか高額で(データ救出ってマジで高いんです・泣)お安いところが見つけれずにいまだ復元が叶わず、写真がのせれない!(≧_≦、)と、ヒジョーーに困っているところです(@@;)。(どっかお安いところご存じないですかね?5~6万超えたらわたしにゃ無理です、3万くらいまででないもんか・苦笑)

テキストはほぼ完成しているのですが、写真が無いと…なので…今しばらくお待ちください。m(_ _;)m


@@写真無しのブログアップしちまった方がいいのかしら…しくしく(T_T) それにしてもデータサルベージはマジで高い…_ノ乙(、ン、)_

--追記 2018.4.12現在---
いまだSD回復してません…(泣) さていつになるやら…トホホ…_ノ乙(、ン、)_ 

--追記 2018.4.13現在---
いまだSD回復してません…(泣) でもLingaaのマサラの時のデータの一部だけは別口で写真復活!やっぱり問題は3/31のOSOマサラが戻ってないです…トホホ(泣) 
# by AkaneChiba | 2018-04-02 00:30 | そのほか | Comments(0)

2018年4月 インド映画日本上映 

 バーフバリの絶好調は、イベント上映を増やしてもおります。大丈夫か?ノウハウわかってる方をお呼びしてるところは心配ないが、そうでないところも皆さん盛り上がってくれることを心から望みます。

<バーフバリ通常上映>
 通常上映に、シネリー梅田まで増えてる(^^;) どうしたんだ一体… 
上映劇場の情報は公式サイトから↓

☆シネリーヴル梅田 「王の凱旋」上映です (伝説のほうやってたっけ?)

☆シネヌーヴォー 3/31~4/6 こちらは「伝説誕生」と「王の凱旋」の2本一挙上映

☆MOVIX堺 4/5~4/8 爆音映画祭  4/5は絶叫上映 前説有りです!

☆バーフバリ1.2連続 絶叫上映 MOVIX堺  
日時: 4月5日 「バーフバリ伝説誕生」16:20~ 「バーフバリ王の凱旋」19:15~
https://theriver.jp/baahubali-bakuon/

☆バーフバリ伝説誕生 神戸松竹 マサラ上映
神戸松竹で 3月31日(土)に続いて
 4月4日(水)19:00~21:30  「バーフバリ 伝説誕生」マサラ上映
https://www.smt-cinema.com/site/kobe/news/event/detail/009968.html

 っていうか、松竹系さん…絶叫上映とマサラ上映は違うので、マサラ上映後のお片付けする客層が集まってくれますよう心より祈っておりますが…3/31はその日は塚口サンサンにそういう層が取られるのではないかと… まぁ大手とそうでないところの話なので、また関西は関東程映画の集客人数多くないないので、皆さんで楽しく盛り上がって下さいますよう、祈っております。
 
 ってか、なんか増えてる(笑)

 
 それにしても、どうした神戸国際松竹さん(^^;) 4/7も喫緊にはっぴょうされてたし、4/14,15ってww マサラの面白さにハマったのか?神戸国際松竹!!!(≧▽≦)


<絶好調、バーフバリの上映はまだまだ全国爆進中!>
「バーフバリ 絶叫上映」の情報はこちらでゲットできますよん↓(^^)v 


<インド映画新作>
4月6日全国公開
「ダンガル きっと、つよくなる」 公式サイト  Twitter 日本語トレーラー

 2016年年末のアーミル・カーンの大ヒット作です。 Dangal Wikipedia IMDb 
 中国で売れたことで、その興行成績はとんでもない数字になってます。
この年リオのオリンピックで、メダル有望なインドの女子レスリングの選手がいて(実際、銅メダル獲った)、それを聴きつけていた映画界がこの年、実にレスリング競技映画を数本発表しています。そしてそのオオトリを、アーミルの映画で王道に世間に出した…という感じでしょうか?(2016年12月公開されている)。久々のインド映画の新作が「ダンガル」だったのは、興収から言えば順当だったのではないかと思いますが、きっと、たかくなる(^^;) ・・・とそのお値段を懸念してたファンから見ると、ちょっとポスター騒動他、大手上映ですんで、フルバージョンではないようで(試写会参加者によると)、配給さんも少ない予算の中で、こんなお高い映画をお買いになられて、大丈夫だろうかと心配もしています。 でも作品に力があるので、是非皆さん、足を運んでいただきたいです。
 スポ根映画ですが、インドにおける女性の地位の概念や、インド親父の無茶苦茶頑固さなんかを、この映画を通じて感じていただけるといいかなと思います。音楽も非常に良いので、日本語に訳されてる歌詞を見ながら、映画を楽しんでくださいね。
アーミルの映画は社会派のものも多く、いわゆるなんでもエンタメものを突っ込んだマサラムービーではありません。なのでしっかりじっくり見る映画なので、あまりイベント上映には向いていません。(ボリウッドの大スター映画で、そういうマサラ要素の強い俳優はサルマン・カーンとか、アクシャイ・クマールとか、他の俳優です) なんでも応援上映なるものをするようなので、レスリングシーンなどで声出して応援できるの?と どんなになるのかその様子をまた知りたいと思います。V8さんついてるなら大丈夫だねぇ~、そだねぇ~

◇ 4/13 「ダンガル きっと、つよくなる」 応援上映 TOHOシネマズ 日比谷
応援上映は、V8@Japanさんで情報出てますので、是非ツイッターの方も併せてチェックしてみてね。


塚口サンサン劇場はいつも熱い!!
# by AkaneChiba | 2018-03-29 02:58 | マサラ上映 | Comments(0)

「Lingaa リンガー」マサラ上映報告 3/20 京都みなみ会館

 デジカメデータSDカード突然の破損の為、ご報告遅れまして申し訳ございませんっ!!ひらに平にぃ~~ご容赦をぉ~<(_ _;)> 2018.04.13
----------2018.03.23記--------------
a0308487_01545953.jpg 久々のマサラ上映の報告です。いやぁ~楽しかった♪ 2018年3月20日京都みなみ会館 「Lingaa リンガー」マサラ上映に行ってきました。

<上映準備と打ち合わせ>

 というのも、このインド映画を支援したくて友人と祭壇設置とかお手伝いしていましたら(上映元や配給に自分たちから有志として自ら連絡してるわけでして)、a0308487_01543220.jpgマサラ上映したいんで前説をどうか?というお話をいただきました。というのも、私過去にも有志として京都みなみ会館さんとは過去にもご縁がございまして、ワタクシ2度程マサラ上映の前説をさせていただきましたので、まぁそういうご縁でお話しいただいたので、張り切って支援させていただくことになりました。(大体私のところにこの手の話がくるときはボリ映画か、マサラ関連で有名な人が忙しくて日本にいないだろう時?かしらん?と勝手に思ってます。もちろん面識は何度もあるので、SNS経由でご挨拶はさせていただきましたよ ^^)
 みなみ会館さんはあと少しで一時閉館となってしまいます(3月31日まで)。その最後の時に、華を添えるイベント上映をさせていただくのなら一所懸命務めねば!!と、お手伝いいただく友人Sさんと一緒に案を絞り出し、a0308487_01520575.jpg前回塚口サンサンの先行上映でもやった国旗シールや、祭壇に映画内のネタほおりこんだり、どうやったら来てくれるお客さんがわかりやすくて喜んでもらえるか?を短い期間で考えたり作ったり(笑) おそらくは映画も初めての人も多く、そしてマサラ上映も初めての人も多いでしょう。京都みなみ会館さんは、いろんなイベント上映をやっているものの、映画の内容に対してはファン層がかなりマニアックで、ジャンルごとに来る客層が全然違うのだそうです(^^;)まじかぁ~w そういや祭壇設置しに行ったときもそれをやってるのを横目に見ていくお客がいるかと思ったんですが、これが大阪アタリならやじうまの一人は必ずでてくるんですが、まったくもってするーっとスルーして映画館に出入りするお客を見て、ここは正直大変だ(^^;)と内心思っておりました。


<上映開始前>
 が!心配は杞憂に終わった当日w。京都みなみ会館のお客さんって、予約とるより当時来る方が断然多いっていう予測不可能な集客傾向(^^;) まじで2時間前には「お客さん来てくれるかなぁ~」と内心ドキドキしてましたが、蓋開けてみるとそんな心配必要ございませんでしたっ!(≧▽≦) 映画やみなみ会館を愛してやまないお客さんが、しっかりそこに根付いているのです。もちろん!先日の塚口サンサンでの先行上映で来てくださった人もいましたし、いつもマサラで見る顔もいました(^^)v なんだかんだとその日のお客さんは見る見るうちに会場を埋め尽くし…(^^;)

a0308487_01570178.jpg 俄然!ここで、私もせっかく作った投げ銭を配りまくり(50セットすぐなくなりました)、お手伝いいただいたSさんは金貨チョコを配りまくり、一応司会なるものをするために、みなみ会館館長には、技師のコスプレ(映画を見た人にはわかったかなw)をしていただき(何事かと思った方すいません(^^;))、私はリンゲシュワラ藩王風の赤い布を体に巻きw、今回お手伝いいただいた近江のソナクシさんは、インド衣装の上にスーツジャケットと帽子とグラサンのヒロイン衣装と…あれ?気が付いたら現代服がいないww a0308487_01520534.jpg全部過去の回想部分の衣装だw いやまぁそれだけ過去の回想部分がハートに来るわけで(^^;) その手のコスプレや、みなみ会館の人も頭にダムかぶってくれたり、とコスプレ勢も数名。インド服の女性はやはり美しいもんですな。

上映スタート!!
# by AkaneChiba | 2018-03-23 04:52 | マサラ上映報告 | Comments(0)

Intermisssion 映倫検閲基準は国によって違う

前回の上映権利についての補足で、日本の映倫基準について考えてみましょう。
何故日本ではインド映画は、フルバージョンで大手が上映してくれないんだと思いますか?

<映倫って重要なの?>
 映倫=映画の上映許可と、誤解してる人がいるような話も見かけましたが、これは全く別物です。
 上映権は配給さんなり映画を買った人なりが持つ権利ですが、映倫はその映画のタイトルそのものにつけられるものであって、配給会社などが申請するので混同されがちですが、極端な話、映画を買った人が映倫通した後何らかの事情で上映できなくなって、他の配給さんがその契約を引き継いで上映することもあるでしょう。日本国内での上映権利と、映画につけられた映倫審査は、まったく別個のものです。
 映倫を敷いている大手な上映館さんは、どんなタイプのお客の(例えば子供とか)誰にでも安心して見せれる映像ですよということを一応、映倫で担保しているものでして、そういう映画は大手の上映館さんが上映する映画となります。

 しかもその映倫などは日本の基準による審査でして、日本の基準映倫他…と他の国の映倫や検閲の基準全く持って異なります。当たり前ですね(笑) 国が違えば文化も考え方も違うのですからw
 このあたりの違いを日本の映画業界もハリウッドなどと埋めようと近年努力なさっておられますが、他の地域の国々とはまだそんな話になるほどにも、映画が日本に来てないので難しい点も多々あります。
 ですが、映画は何も日本の映倫基準にすべて合うものだけが上映されてるわけでもなくそういう括りの無い洋画も沢山存在します。そういう映画は日本では、ミニシアターなど中心に上映されています。日本の基準世界基準というわけでは無いことは、当たり前だと思ってください。
 確かに日本では映倫を通すと、かけれる上映館の範囲は大手さんに広がって見れる観客が増えることは確かですが、上映内容のカットや修正などをされたくない映画がもしここにあったとして、それをそのままお客さんに見せたいと思ったら、さてどうしますか?
 そういやちょっと前、デヴィッドボウイ逝去後に関西の映画館が昔の映画の上映権をとられましてあちこちで上映されていましたが、全部ミニシアターでしたね。そりゃそうでしょデヴィッドボウイのあそこが丸出しになってる映画ですもん、あんなの映倫一発で通るんですか?(笑) もしあなたが映画が好きである映画が見たいと思った時、それが何らかの検閲で規制が入ったりしたのを見たいですか? まぁ子供に見せる範囲の映画ならそういうレーティングなどはとても大事ですが、そういう映画の話じゃありません。でも映画好きの大人がその判断をしてみる映画でしたらば、関係が無い話ではないですか?映画の上映権を買う側も、誰もがそこまでその映画にいろんな方面の資金と時間を使うことができるでしょうか?
 こういうマニアックな映画は大手が買うものではなく、大きなビジネスにならないことを分かった上で、マニアに見てほしいと願う会社の予算の無い部門や、小さな配給さんが上映権を買うわけです。ですから、まず資金が無い買ってから映倫通すまでに数か月の間は上映が止まる+その上カットや修正があると、オリジナルそのままを観客に提示できなくなる…わけで、ニッチな配給さんからすれば、そんな時間の無駄に手を取られて上映稼働時間を短くするような真似をするでしょうか?上映権取得したと同時に、その契約期間中に上映興行の稼働させてしまうのは当然のビジネスでもあるわけです。その数か月も無駄にあそばせておくわけにはいきませんもの。(ミニシアターで稼働させながら映倫申請して、その後大手上映館でもかけてもらえるというやり方もあるでしょうが、それはほぼ稀ですね)

 ここにインド映画事情を少し加えたとしましょう。
 インド映画は長いものは長いです。ほぼ3時間近くあるのはざらにあります。インドの国の映倫/検閲はもちろん通ってるから、上映権を世界で販売しています。インド映画の映倫検閲は、日本なんかと比べ物にならないくらい厳しいです。日本のような性器丸出しか否かや言葉狩りとかそういうチマチマした方向ではなく、インドの社会的な内容や宗教文化、女性の性的な表現(かなり厳しく女性は裸にほぼなれません)が、国内の騒動になって国内の政治的火種になるので、ひじょーーに厳しく慎重なのです。また日本と比べ物にならないくらい審査をする人たちには、権威もあります。
 ましてやインド映画はイスラム圏にも出される映画も多いので、日本なんかと比べ物にならないくらい検閲側の知的知識が必要で、相当の厳しさになるのです。言い方変えれば、インドの厳しい映倫基準通った映画なんだから、自由な日本では通らないってのはまず無いんじゃないでしょうか?(^^;)(性器が見える見えないなんて日本の基準とは程遠くて、女性の胸が出ようものならそれだけでも大騒ぎですがな(^^;) ベッドシーンも無いわけでは無いですが、日本の昼メロドラマをインド人に見せたら卒倒するんじゃないか?ってくらい厳しい。日本の昼メロクラスでも、がばっと検閲カットされっちまいますわw)

<! 余談-- インドは社会事情が相当複雑なので、その内容の難しさでレーティングが高くなる可能性はあります。もし日本の基準を当てはめるなら、そこに伴う言葉狩りとかの可能性はありますね。カースト問題も多いインド映画ではどんどんそれについていいも悪いも両方表現します。日本基準の意味不明のインテリジェンスにも基づかない言葉狩りには遭いそうな気はしますね。(私は日本の言葉狩りはクソ以下だと思ってます。ポリコレ極まりない今の現状は、勉強不足のサヨクの責任)どちみちインテリジェンスや科学的根拠伴うものではなく感情優先の言葉狩りしてる今の日本のメディア関連の基準なんぞ、その正体やその基準が全然見えない不可思議な「謎の基準」でしかなく、考えようによっては映画業界に支払うみかじめ料くらいのもんじゃないかとすら思うこともありますよ。悪名高きJ●SR●Cくらいにすら思ってますね、今の日本では。(昔はそんなことなかった日本も風俗紊乱どうのこうの~な時代もありましたけどねw) 例えばフランス語習ってるといろんな慣用句に差別的な用語が無茶苦茶多くて辞書引いて笑っちゃったことがあるんですが、そういうのには日本はケチつけないんですから、日本の言葉狩りの基準は、全くもってインテリジェンスとは無縁の基準だなと思うことも多いですよw -->


<日本の大手は長いの嫌う> 
 さて、日本では大手上映館は長い映画を嫌います。インド映画でたとえフルバージョン映画を上映権取得したとしても、大手配給だと間違いなく!カットされたバージョンでしか上映してくれないでしょう。それが大手のビジネスです。
 あなたがもし好きな映画をフルバージョンで見たいとお思いなら、さて今の日本の現状で大手の上映館さんは、インド映画をフルバージョンで興行してくれると思いますか??

 その環境もなかなか揃わない日本の上映環境で、見たい映画をフルバージョンで上映権さえしっかり取得出来ているのなら、日本の価値観の映倫にこだわる必要は全くありません。別にどんな劇場であろうとも、ミニシアターでも全編流してくれるならそれで十分なんです、私達ファンにとってはね。どうせ日本の大手は今まで手を出さなかった映画なんですから、今後だって手を出すことはありません。そういうのを中堅や小さな会社が買うんです。
 その洋画の上映権を日本国内ではどなたが持っているか?なんてことは、自分でその海外の配給に英語で問い合わせたら、契約の詳細は教えてもらえなくとも、どこが権利もってるかくらいは教えてもらえるでしょう。こういうのは、少しでも疑問に思ったら自分がその映画の本国に問い合わせればいいんです。
 映倫ってのも日本の基準ってだけです。本国の基準では本国基準で通ってるから海外に出してます。しかも日本よりも厳しいです。そして長い映画は日本の大手は上映しません。大手が買わないものを、わざわざ大手の為に小さな会社が大手基準にする必要があるんですか?
 そりゃぁ~誰だって大手でフルバージョンの掛かる上映を好きな映画で見たいですけど、実際はそうなってないのは、日本の映画産業の構造そのものが、他の国と一緒というわけでは無い違いからくるものであって、日本の映倫通してないからって、それは日本だけの問題であって、ビジネスで買う側には関係のないことなんですよ。ましてや今の時代に正規の買い付け無しに上映なんて、日本じゃ皆無に出来ません(第三国ではあるのかもしれませんが)。何にもわかってないで自分で調べもしないファンも結構いますが、今の時代自分でいろんなことが調べられる手段があるということは、お伝えしておきますけれどね。

 私は、フルバージョンで正規で見れるインド映画を見ることができるなら、細かいことにはこだわりません。私にはそれで望外の喜びでございます。ましてや私どもは関東のように毎回いろんな映画に接する環境を持ってない地方住まいですから、少ない上映機会を逃すようなことはしたくありません。地方の上映の邪魔はされたくはありませんね。そんなことをする権利は他の誰にも無いのですよ。


他の映画、ダンガル騒動を見てて…
# by AkaneChiba | 2018-03-20 01:36 | Intermission | Comments(0)

3月20日 京都みなみ会館「Lingaa リンガー」マサラ上映準備中

我々「リンガー追っかけ隊」は、先日塚口サンサン劇場の「祭壇任務」を無事に撤収を終え、次なる目標を探していた。a0308487_00531936.jpgそこで塚口25日上映が終わるとすぐに、京都みなみ会館での3月20日「Lingaaリンガー」マサラ上映の一報を聞きつけ、わが隊も、それに向けて抜かりない準備をする次の指令を各隊員(約一名w副隊長)に出した。

<祭壇設置>
副(小生)「隊長!今回も【リンガー祭壇】設置!京都みなみ会館さん、任務完了いたしました(/_)ビシッ!」
隊長「うむ、ご苦労だった、ところで、今回はわす…」
a0308487_00541320.jpg「ぜ、前回よりパワーアップしております!涙のプットゥの設置もございます!」
隊長「うむ、あの美味なるプットゥか…。前回、忘れたさつまいもは?」
「そちらは、他のファンの方がきっと前回同様持ってきてくださると信じております!」
隊長「ありがたいことだ。この映画や主演ラジニ様を愛する熱烈なファンがいるからこそ、今の日本のインド映画の礎はあるようなものだからな」
「はい、隊長のそのお話は何度聞いても胸に迫るものがございます!まるでこの映画同様に!」
隊長「祭壇の方は抜かりはないな」
「はっ!完璧です!」
隊長「例の胸のシールの件は・・・」
「そちらも、劇場側と打ち合わせ済みでございます!」
隊長「京都みなみ会館の、さよなら興行に向けて残り10日程、その一つとして有終の美を飾れるよう、我々「リンガー」組も、頑張ろうではないか!ファイナルに相応しいイベントなのだから」

<チケットの準備>
隊長「では、我々は次は、当日マサラ上映用の準備をせねばならんな」
「はい、もちろんです。チケットは絶賛発売中で、こちらからお申込みいただけます」
チケットのご予約はコチラ https://peatix.com/sales/event/356685/tickets
隊長「チケットなど当たり前の準備のことじゃない、そうだ例のブツだ、例の。」
a0308487_00531643.jpg


・・・つづき
# by AkaneChiba | 2018-03-16 23:58 | マサラ上映 | Comments(2)

インド映画 マサラ上映情報 2018年3月 in 関西

大好評のバーフバリも、爆音上映などのイベント上映が各地で起きてまして、これはもうなんちゅーかインド映画のブーム再び?!と私なんぞは大喜びでございます(≧▽≦)
 関西は今大阪アジアン映画祭が本日から始まり、しばらく映画ファンはそっとに足を運ぶこととなりますが、それが終わってからの春に向けた映画イベントが、各上映館で進行中です。その中でも関西でのマサラ上映の情報が!!春になってきたんで映画ファンも動き出した?(違っ)


☆「Lingaa リンガー」マサラ上映
 3月20日(火) 17:45~(マサラレクチャー有) 18:00~上映開始 京都みなみ会館 


☆チケットのご予約はコチラ↓
  https://peatix.com/sales/event/356685/tickets

a0308487_00391319.jpg 実は、先日、マサラ上映の情報を聴いて、塚口サンサンで飾ったあの「祭壇」(と国旗シール配布)を、再び再現できないかとご相談させてもらいに行きました!京都みなみ会館さんには快くご承諾いただきましたので、近いうちに設置してまいります。京都みなみ会館さんありがとうございます!!!(≧▽≦)
 
a0308487_00391627.jpg というのも、私個人的にも、京都みなみ会館さんにはひとかたならぬ思い入れがありまして…。京都みなみ会館さんという上映館さんは、いろいろと伝説な上映を行ってきた、本当に映画マニア好きするイイ!劇場さんなのでございますが、悲しいかな今年度3月末日をもって一時閉館の運びとなってしまいました(/_;),...
 
a0308487_23373288.jpg わたくしも実はここの映画館でインド映画のマサラ上映なるものに参加させていただくことが数回ございまして(調子こいてマサラの前説などもさせていただいたりしたことも(^^;))、この間はカナザワ映画祭も開催していたので、そちらでも2本映画見たところです。ですので、この三月閉館の一報を聞いたときのショックときたら(泣)。
 でも最後までラストスパートするその姿を楽しめればと思っていたら!!なんと!その中に「Lingaa リンガー」のマサラ上映が!!!w( ̄□ ̄;)w 

 これは何が何でも、京都みなみ会館さんの応援に駆け付けねばっ!!と、是非とも!ラジニ様祭壇設置をさせていただけるようお願いしてきました。その際お話聞きましたら、なんでも、この日はオールナイトのカナザワ映画祭の一本前!がこの「Lingaaリンガー」でしてw ちょっとまて!!リンガーの後にそっちも見たいぞっ!!!マジで!(><) 21日は、いわば(マサラシステムの元祖となる)イベント上映の元祖!ロッキーホラーショー!も!熱いぞ!熱すぎるぞ京都みなみ会館!!Lingaaのマサラで体力使っちまってるのに、さらにこれでも持ってかれちまうのかオレはっ!(惑乱)
 でも京都みなみ会館さんの、3月末までの爆走フィナーレの一つに、インド映画、それもラジニカーント映画で(京都みなみ会館さんでは過去にラジニ映画でオールナイトマサラという企画もあったそうです。)そのフィナーレ爆走中の一つに入れていただけたのは、インド映画ファンとしては、とても嬉しい限りです。ラジニ様祭壇のご利益ございますよう、関西の映画ファンの皆さんも、この唯一無二の機会!どうかどうか!逃すことなく一緒に突進しようではありませんか!!!\(≧▽≦)/


☆「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」
マサラ上映 3月31日 塚口サンサン劇場



 こちらも、私をインド映画の沼にどっぷり引き込んでくれた伝説の一本!が興行権が切れるその3月31日に、あの塚口サンサン劇場さんで!!胸が熱くなるような話ばかりがこの3月には舞い込んできています。
 20日のリンガーにも、31日のオームシャンティオームにも、両方駆けつけてやるぜっ!!と、今から意気込んでいるところです。
 (ロッキーホラーも行きたい…おれ体力もつかな(^^;))
 

 どちらも何かしら一つの節目に、立ち会える嬉しさ半面、寂しい気持ちも、なんでもかんでもないまぜになって、この3月は私、悲喜こもごもと、惑乱・錯乱しながら映画爆走しそうな予感がしますです。はい(^^;)


絶叫上映関東では情報はこちら
# by AkaneChiba | 2018-03-10 00:54 | マサラ上映 | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

印活 ネタなのかww
at 2018-05-15 03:16
番外2.0. Sanjay ..
at 2018-04-26 00:24
2018年 5月 6月 イン..
at 2018-04-24 19:01
Intermission 映..
at 2018-04-09 22:45
microSDが読まないので
at 2018-04-02 00:30

検索

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

情報ありがとうございます..
by AkaneChiba at 23:35
もうご存知かと思いますが..
by パルシネマでインド映画祭り at 22:37
こんにちわ、腹ペコさん。..
by AkaneChiba at 01:01
初めまして。 バーフバ..
by 腹ペコ at 21:22
> あかん人さん ご無..
by AkaneChiba at 17:48
ご無沙汰しております。 ..
by あかん人 at 19:33
this looks v..
by rajesh at 20:33
युकिकोさんブログ..
by AkaneChiba at 23:51
その節は、お声をかけてい..
by युकिको at 15:00
> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ