人気ブログランキング |


遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

印活 祝い事他

 11月半ばから、ずっとインド映画を見れてません(^^;) 映画見るよりインド映画の情報をネットで追いかけてるというこの矛盾w a0308487_16415056.jpgというのも、映画を見ているようなため息のでるほど美しいディピカちゃんとランヴィールの結婚式で、盛り上がっておりました!!w(≧∇≦)w おめでとーー! 映画見てるような二人の姿やら、バンガロールでのお披露目、ムンバイでのレセプションと、2週間以上に渡るイベントになっててw(しかもインドの結婚式は正式にするとむちゃくちゃ長いというが、最近は現代風に短くなってるそうで。それに逆行するかのようなスター二人の派手な結婚式+披露宴長いっw) それ見てたら映画なんかみなくってもなんだかハッピーエンドの映画を見たような気になってしまうというww
 さて、久々にインド関連雑談w

<その1 ビックスターの結婚式>
 ディピカ&ランヴィール の結婚式!
結婚式まではかなりシークレットだったようで、結婚式を、互いの宗教の文化習慣に則った挙式を交互に上げ、それが終わってから!!同時にその時の写真が、彼らのOfficialのSNSで公開されました。それまで結婚式の様子が知りたくてしょうがないパパラッチなんかに湖畔などボートチャーターして駆けつけられてましたが、完全シークレット状態なのでした。なんでこんなに秘密にするんだろう?と思ったんですが、二人の写真同時公開を見て得心!
 お互いの宗教形式に則った結婚式を挙げてそれを同時に公開することで、お互いの存在、お互いのバランス、お互いの社会的地位をしっかり同じ位置に、社会に示したわけです。これはとても重要な話。宗教は基本争いのたねになることでもあり、インドも相当複雑です。これを男性上位な社会のランヴィール側の結婚様式に合わせてその模様を発表すれば、ディーピカちゃんの文化宗教形式が疎かにされたとわめく心無い馬鹿が現れるかもしれない。その逆も然り。そういう水を差されることのないよう、練りに練った結婚計画を立てたなぁ…という印象があります。
 というのも、まだ記憶に新しい「Padmaavat」の映画の撮影時に暴漢が乱入という事件があり、ディピカちゃんは別の場所にいて無事でしたが、その後もかなり神経とがらせて伏せて伏せて撮影したにもかかわらず、公開前には、どっかの馬鹿な政党が政争の具にしようとして、チンピラに監督はもちろんですが、シャーヒドやランヴィールよりも、ディピカちゃんを脅迫対象にされたというとんでもない騒動になりました。そうでなくてもデビューから突っ走ってきたディピカちゃんの殺人的スケジュールで、彼女は一時パニック障害を患ってしまうということにもなっていましたし。2013年ごろの映画の少し手前(2012~3年の頃)のことですが、思えばチェンナイ・エクスプレスの撮影の時、ランヴィールが自分も忙しいのに彼女の撮影場所にすっ飛んで行ってディピカちゃんに会いに行ったんですが、その頃がいちばん目まぐるしかった時期だと思います。その時に彼は彼女をしっかりサポートし、寄り添ってたんですね。
 そしてネ-ムバリューで地位がディピカに追いつかなかったまだだったランヴィールも、その後確実に足場を固め、ようやくディピカの横に並ぶことが出来たのは2015年のFilmfare賞をとったあの時。その勢いで結婚するか?と思ってたのですが、更に足場を固めるのにランヴィールが2年かかりました。
 その2017年に、乱入事件。私はあの事件を「ディピカの色っぽいシーンでも見れる」と考えたのかもしれん町の有力者的なチンピラが下世話な目的で乱入し、失敗し、その後、そのいいわけを歴史を改ざんするしないなどという勿体ぶった言い訳にすり替え、そのまま騒ぎは政治利用されかかり、極右保守政党の馬鹿が「世界に名前の通じるワールドアイコンな自国の女優を脅迫する」という「インドは女性蔑視する最低男性しかおらんのか?そんなのが保守政党(与党側)とかふざけんなよ、民主主義が根付いてるってんなら製作内容にデモするってんなら、監督やそのキャラクター(あの映画の場合ランヴィールが演じた配役)の俳優を、脅迫するなら百歩譲ってまだわかる、それでも!!インドの男どもは映画が気に入らないとかこつけて、自国の女性を守るどころか脅迫するのか、この大馬鹿野郎!!!(怒)」と、ファンを怒髪天にさせてしまった事件でした。結局結果は、映画の内容よりそれを政治利用しようとした連中の株が大暴落しまくって事態は収束したという…w 当たり前だwザマみろw
 美人ですし名前がありますし、ボディガードを雇ってるとはいえ、映画業界も余計ないらぬ迷惑なお誘いもあったかもしれず、(それでもディピカは親がネームバリューがあるのでそう酷いことにはなりにくいでしょうがw) しまいには映画でケチつけるのに、女優を脅迫することを言論の自由と謡う政治政党デモ集団?!では、ランチンさんとしては、彼女の置かれた状況を見ているだけでも気が気じゃなかったと思うのです。が、その上、自分の社会的地位もコンセンサスもディピカレベルに上げねばならないという中で、よくまぁここまで数年本当によく頑張りました(^人^;)8888888
 ディピカちゃん、これで結婚して何を言うても人の嫁になった以上、上のような邪な輩は二度と手を出せない!でしょうし、もし少しでも輩が人の嫁に邪なことでも云う・しようものなら、不埒者はぶっ殺されたって文句言えない社会ですw インドの社会で人の嫁になるというのはそういうことです。これは社会的にも、男性にも絶対的な保護を受けることもできるのということでもあります。結婚することでディピカは守られるのです。ランチンさんの男としての見せどころでもありますねw
 この結婚式+お披露目に関しては、本当にしっかり良く練られた計画であると同時に、ディピカちゃんの名誉を一切傷つけることなく!幸せな理想的な、そして文化も宗教も超え、男女対等でもある現代的なカップルを、インド社会に輩出した形となりました。
 この二人の素晴らしいカップルが、いつまでも幸せでいられますよう、インド社会はマイナス面をプラスに変えて、彼らの結婚の在り方を眺めているのなら素晴らしいことと思うのですが。お二人さん、本当におめでとうございます!!(≧∇≦)
a0308487_16414284.jpg

<11月29日怒涛のTL始まるw>
 一.いよいよ待望の「2.0」の封切り日


一.ラナさん来日 
 
 一.上のランヴィールとディーピカのムンバイでの披露宴、
 一.バーフバリサウンドトラック発売日w
 
お陰でツイッターのTLが無茶苦茶インド映画関連だらけだww

 ついでに、ロイヤルアルバートホールで、バーフバリが演奏されるそうだ!そのチケ発売も11/29~だそうだw 
 ほぼ一年前じゃんwwクラッシックの世界はこれだからw


<コミコン2018>
a0308487_16420010.jpg ラナさん来日で、ツイッター一時期トレンド一位獲ったらしいwどんだけ短期間でみんな検索掛けとんねんw
 成田第一ターミナル組ご苦労様です。 
オープニングステージでの隣り合わせたダニエルベイビー抱っことかの萌え映像まで流れてくるツイッタータイムラインが楽しすぎw この狂乱は12/3(翌日)まで続くと思うので、むちゃくちゃ楽しみにしてます。

 ついでに、ムービープラスのブースで、ラナさん来日番組の放送予定と、ラナさん出演映画の放送予定紹介がなされていて、来年2月~3月、放送があるらしい。アヌシュカ主演の「Rudhramadevi」 (これキャストは豪華よ。)と、マラヤラム映画の超秀作のリメイク「Bangalore Naatkal」を放送予定。両方タミル語版で日本語字幕付きの放送かぁ…

 正直「Rudhramadevi」は…面白いとは口が裂けてもいえん…(^^;) キャストは豪華なだけで、バーフバリ効果をの余波を狙ってバーフバリっぽい映画にすれば稼げるかも?レベルでビジネスひいて、アヌシュカ主演で一本取りましたー!wっていうような作品(^^;) 「アヌシュカは女神様です神様です」のインド野郎ズ熱烈ファンには、女神さまが降臨だー!というくらい上映時にはファンが騒いでたみたいですが(笑) 大概インドの俳優ってファンって「xx命!」みたいなファンがつくのだけど、それってほぼ男性俳優にばかりなのよね。けどインドって女優でそこまでのファンはなかなかなくて…。アヌシュカ・シェッティは、そういうファンを抱えてる稀有な存在の女優さんでもございます。(昔は豊満な肉体で男性ファン獲得してきてはいるのですがw)。まぁそういう商売映画も世の中にはあるので、そういう範囲でみてくれると頭使わず気軽に楽しんでくれるっかなぁ~w と大きな期待せずに楽しんでね(^^)v

 「Bangalore Naatkal」は、オリジナルのマラヤラムの「Bangalore Days」が素晴らしい作品でした、はいw(これは普通に日本でも、ミニシアターで配給ついてもおかしくなかった出来栄えの映画でしたよ。) リメイクされたラナさん版、私まだみてねぇw オリジナルのデュルケル君(「Charlie」上映日本でもありました)のポジションが、このタミル版ではAryaさんというw こりゃまたラナさん以外のインド俳優の筋肉イケメンっぷりにノックアウトされる日本人ファンが増えるんじゃねえか?ww オリジナルは超秀作でして、今の南インドの洒脱な演出のオシャレな映画の源流は「マラヤラム語映画」のニュージェネレーション世代の監督や製作者がいまして、その人材がタミルでも活躍してます。タミルがそういうマラヤラムの潮流を取り入れようとしてたりして、巨匠監督なんかが真似しましたがそっちはこけてましたねw
 他にも何かラナさん出演映画で放送あるらしいんですが、正直ラナさん、出演本数少ないので、彼の主演の映画はかなり限られますw それでも楽しみして放送待ちましょう。
a0308487_16420045.jpg

<プリヤンカ姐さん>
 あと、プリヤンカ姐さんも結婚式をあげた?らしい。まだか。15日がどうのこうのと言ってたが。
a0308487_16421353.jpg
 プリヤンカ姐さん、婚約からこっち、浮かれてる写真しかみねぇなw 
何でも彼女の地元で花火が上がったらしい。彼女の結婚でw 
こっちの事情はちゃんとチェックしてないので、また後日。
他の情報追いかけるのに忙しすぎて、プリヤンカ姐さんまで手が回ってないですww


@@マヒシュマティ臣民の大騒ぎは明日ももう一日ある。
それはそうと、こんなおめでたいときのですら、ボリウッドゴシップは、プリヤンもランチンも結婚したのに…とアルジュンネタにしていじっておったな(^^;) アルジュンどうやらマライカ姐さんと付き合ってるらしいのだが、振れ幅広っ!!っとまだまだ人生遠回りしてるあるじゅんをファンとしては生暖かい目でゆっくり成長見守ってるぜw

by AkaneChiba | 2018-12-03 02:15 | そのほか | Comments(5)
Commented by ぱやし at 2018-12-09 22:24 x
まさにラナさんファンのものです。
インド映画初心者なもので、興味深く拝見させて頂きました!ムービープラスでのラナさん映画、12月は名古屋でも3本インド映画を見ることができるので楽しみです!これからもブログ更新楽しみにしています^ ^
Commented by AkaneChiba at 2018-12-16 00:38
> ぱやしさん
ご訪問ありがとうございます(^^)/ 私もムービープラスの番組は楽しみにしています。名古屋もインド映画3本もあるんですか?それは重畳!!名古屋はインド映画がなかなか一般上映されにくい地域だったので何よりです!是非楽しんでくださいね(^^)
Commented by かおりん at 2019-01-20 22:00 x
ディピカちゃんとランヴィールシン様が最近好きになってこちらのblogにたどり着きました。
(以前はサナヤイラニやアシシシャルマが好きでした)
事件のことなどネットで読んだりしていたのですがいまいちわからなかったのですがこちらのblogを読んですっきり!そういうことだったんですねぇ、詳しくありがとうございます!
インドゴシップもなかなか細かいことわからないことが多いのでぜひこれからもいろいろなこと教えてください!
これからもblog楽しみにしています!
Commented by AkaneChiba at 2019-01-28 00:03
かおりんさんこんにちわ(^^)/ インドゴシップって私もわけわからなくていつも困ってますwしかも本当のことは誰も書かないしw ただ映画の封切りはよく政争の具にするには過激派政党にとっては格好のアピール材料となってます。中にはそれでデモが起こるのが民主主義を体現してると心棒するインド事情に詳しいという日本人も時々いますが、そういう方は判官びいきも強くて、正確な情報を出せる人も少ないです。パドマの件は明らかに毎回ケチつけられてるSLB監督の映画のターゲットで、女性の彼女が標的になった(過去にアイシュワリヤも標的になってる)という、インドの恥ずべき男尊女卑的なマイナス面が表に出た結果だと思います。どうせ脅す奴等が脅すなら監督やランヴィールが脅迫を受けるべきでしたのにね。マスゴミが騒ぎ過ぎたというのもあるんでしょう。か弱い女性が標的になる方が誌面が売れますから(;^_^A 私もあまりわかってはいませんが、問題の本質は政治的な具にしようとした連中がいるということだけはわかりましたので、それが本質だったのでしょう。インド人でも本質わかってなくてもし彼女を責める奴がいたら、守るべき自国の女性を脅す政党なんかをあなたは支持するの?と反論すれば黙ってしまう話だと、今でも思っています。まぁこの一件で株を下げた保守政党ってところが、オチでもありましたねw 私もよくわからないけど追いかけていきますので、一緒に情報探していってくださいね♪(^^)/
Commented by かおりん at 2019-01-28 17:21 x
お返事ありがとうございます!
そうなんですねぇ、やっぱりインドはカオス…
確かにインドは映画をみてても男尊女卑が強いですがそのなかでランヴィール様のディピカちゃんに対する態度…
ホントに大事に大事にしてるんだなぁってこちらまで嬉しくなってしまいます。
政治関係なく日本ではインド映画が楽しめるのがいいですよね
ありがとうございました!

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

秋は映画祭の季節
at 2019-09-02 03:00
ネットの話をしましょうか
at 2019-08-31 23:50
2019年10月 11月 イ..
at 2019-08-03 15:56
2019年8月 9月 インド..
at 2019-07-23 23:00
雑記 エンタメは所詮飛ばし記..
at 2019-07-22 02:30

検索

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

 (続きです)→映画を観..
by AkaneChiba at 23:42
ともさん、お返事ありがと..
by AkaneChiba at 23:41
最新記事のコメント欄がな..
by とも at 10:47
> tiyokoさん ..
by AkaneChiba at 23:26
> 誠さん  お返事あ..
by AkaneChiba at 23:11
通りすがりのファン様、コ..
by AkaneChiba at 00:54
この人のインド映画評や知..
by 通りすがりの映画ファン at 23:44
何のこと言ってるのかフェ..
by tiyoko at 20:11
正直あなたのよく言う迷惑..
by 誠 at 11:18
できますれば、メールでお..
by AkaneChiba at 03:34

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ