遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:観客参加型 ( 69 ) タグの人気記事

「バーシャ!」デジタルリマスター上映 マサラシステム 2/25 at 布施ラインシネマ

 報告だいぶ遅くなりました!(仕事なんかくそくらえーー!) 行ってまいりました「バーシャ!」デジタルリマスター上映 マサラシステム 2/25 at 布施ラインシネマ!!(>▽<) 黄色いタオル振り回してきましたよっ!

<前日まで>
a0308487_00445529.jpg ラジニ様への愛が詰まってる印映友のOSさん、日に日に高まるテンションの高さをメールで見ながら、どんだけネタ仕込んでるんですかいっw ワシも頑張って負けてられねえぜ、でも仕事の合間に時間突っ込んでられねえぜ(^^;) とか言いながら、せっせとネタになりそうな準備をコツコツw ってか新聞紙切ってるくらいしか時間ねぇ~~~(><、) 
a0308487_00445511.jpg  やはり紙吹雪は、お金に模した新聞紙はいい材料のような気がしてきた(^^;)暇がナイナイ!とか言いながら、細かいところに凝ってみたり→するこの何?エネルギー間違った方向に使ってんだ、オレ(^^;)
 ツイッターやブログで、合言葉「娘の結婚資金が足りなくて…」をゆってくれる人がいるだろうか(^^;)などとwとかくだらないことを考えてチョキチョキする日々ももうすぐすべてチャラになる…(惑乱)
 友人OSさんとまず私の家で、着替えや準備。OSさんはいつも手作りな素敵なインド服。私は本日の衣装(違w)のインド警官服を身にまといw早速出発です!!
 布施ラインシネマに到着すると、リクシャが飾られていましたっ! 
a0308487_00445494.jpg
<受付>

 作った紙吹雪の束の重さと、嵩張る太鼓wを引っ提げて、友人とわりとのんびり受付開始の10分前を目指した。友人は「急がないと、並んでますって!(><)」と促されたが、なんだか割と高をくくってた私(^^;) 
 到着したら、がっ!やはりラジニファンは熱かったw。なんだかんだと人が受付にいる。主宰者の皆様は受付に並ぶ小道具も並んでるものも、愛に溢れた小道具がならぶ。久々にお会いした映画友と、歓談したり挨拶したり。
 まもなく受付が始まり、私たちで8-9番目!いや上映一時間前ですぜ(^^;)。知り合いもゴロゴロいるその中で、久々にAさんのお会いし、Aさん「娘の持参金が…」ゆってくださいまして、ありがとうございます!!そのAさん、なんと名誉ある一番乗りのチケットをゲットなさっておられましたっ!(>▽<)
 私たちも熱い思いのグッズを配る私たちww OSさんの作ったラブリーなグッズ数々がすんばらしいっ!(>▽<) 愛の溢れるゴム版によるお手製紙吹雪と、青い福利に入った宝石!!!www 映画ネタの踏襲、お見事でございます、いつも脱帽でございます(^^;) 物々交換(笑)でいただいたバーシャ・シールも、どうせならどこかに貼りたいでももったいないっ!!ww
 たぶん20人分くらいの「持参金w」をつくっていっている私、あちらこちらに、持参金を配りまくりました(笑) 

 黄色いタオルもゲットしましたが、ラジニ売店ではインドフーズも食べたい、バーシャのチロルチョコもゲットだ!あーリクシャー・ミニカーも!!と目移りするも、お客さんが後から並んでるのを邪魔してはならんと、KabaliのCDだけゲットして開場を待つことに。そこで友人がチロルを一つくれた。ワーイ♪とポッケにしまう。
 会場からはギターによるリハーサルの音が。OSさんはインド服(自分で作ったりするんですよ!!)と、自家製の楽器!!(鳴りませんw)を見せてくれて、いつもながらに彼女の細やかさに脱帽(^^;) 記念写真など撮ったりで始まる期待でテンション高い高い!

<開場会場>
 席をどこにするか迷いながら、ど真ん中の席を選ぶ。理由はやっぱり紙吹雪を巻き散らかしたいからと小ネタ披露の為(笑) 座った席にオープニング用に特別にOSさんが作ってくれたクルクル回るウチワwを準備。とにかくそわそわと落ち着かない私たち(^^;)

a0308487_00445431.jpg やがて、てつのすけさんの司会で「ナマシュカール」のあいさつと共に、既に会場にどよめきが起こります(笑)。クラッカーも紙吹雪も指笛も全部まず巻き散らかされます!
 この日のゲストは、サニー・フランシスさんのトークに、チチ松村さんのインド映画曲ユニットと、何と超豪華!!!サニーさんのいつものボケトーク(笑)、チチ松村さんユニットのラジニ様曲の演奏でも、盛り上がる盛り上がる。
 てつのすけさんのいつも行ってくれる予行演習は的確でわかりやすく、プレゼンの鏡のような司会です。バーシャが画面に映るだけで、タミル人の盛り上がり、私たちも大盛り上がり、観客の息もぴったりですわ!ここでクラッカーに紙吹雪を使い果たすわけにはいかないと調節、自重するも、ワクテカ感が止まりません!

<本番>
 いよいよ映画の始まりです!!既にOPで盛り上がってます。小道具のごそごそしながら、まずはクルクル回るウチワの前に!!!あ!映画の始まる前の献花のあの絵!!作ってきた人がいたっっww(>▽<)細けぇーーー!すげーー!w
 紙吹雪やら黄色いタオル振り回すやらクラッカーやら、あれもこれもネタりたくてしょうがありません!ww 映画が始まって、そしてマニカム=バーシャの登場です!(≧▽≦) どよめきと声援と、黄色いタオルとなんだかわからないものすべてが、布施の会場の空間に、すべて投げ込まれ巻き散らかされますっ!!!

 OSさん!!しっかりココナッツ!タイミングバッチシで投げてるっ!!(>▽<)
ロウソク(電動式)まで用意してる。写真の父に反応して「アッパー053.gif」の掛け声に、タミル人にうけるwww まだ映画始まったばかりですwwテンション高いですww
 a0308487_00445463.jpg 私の横でOSさん!まさかのセリフが完璧に覚えてますやん!w( ̄□ ̄;)w しかも本人曰くヒンディもタミル語も出来ないと仰るww 嘘だ、嘘だ、すぐあなたなら喋れるようになりますって!この愛の深さっ!!!
 お手製の楽器や、踊り子さんのボンボンもバッチシ、ともすロウソクだけでなく、ケーシャバのいらいらしながらライトのカチャカチャにあわせたライトも登場。ライトつけたり消したりタイミングもバッチシw
 何故か沸き起こるケーシャバ!!コールww
けれど一番盛り上がるのは、何といっても、バ-シャ・コール!

「バーシャ!バーシャ! バーシャ!バーシャ! 
  バーシャ!バーシャ! バーシャ!」\(≧▽≦)/

 あたしたち、はしゃぎすぎてます(^^;) テンションMAXですっ!!
 
 途中インターミッションの休憩の間に、記念撮影や水分補給、インド警官服も私も一緒に写真を何人かとっております。警官服珍しいかww サルマン・ダバングの時つくっといてよかったw いろんな映画に使いまわせる楽しさあるな、但し日本に限るw(本国じゃ着れねぇw) 今回はネームプレートはチュルブルパンディではなく「おとうと」w

 後半もはじまると、映画の内容に思わずくいついてみてしまいまして、やっぱりあのコールのところでは大盛り上がりです。
「バーシャ!バーシャ! バーシャ!バーシャ! 
  バーシャ!バーシャ! バーシャ!」\(≧▽≦)/

 大騒ぎの映画館で、持ってきた紙吹雪もクラッカーも使い尽くして!!楽しい上映が大団円を迎えました。 


<終了後 お片付けまでがマサラシステム>
a0308487_00445498.jpg 紙吹雪の量も大量に巻き散らかし大騒ぎしても、ここでお片付けをするのが、このマサラシステムの生みの親の、皆様のお約束!!
 OSさん、とりいだしましたるお掃除道具のゴミ袋!!!
 な、な、なんですかーーー!その愛に溢れたゴミ袋はぁーーーーー!!o(≧▽≦)o
 捨ててしまうゴミ袋にもったいなくも描かれた愛らしい手作り「バーシャ」の絵柄!!! 次から次へと映画の中味に合わせたネタの最後のとどめがこのゴミ袋っ!!やめて!捨てるの勿体ないっ!!勿体ないっ!!
 なんでも前回の某上越のマサラ上映の時もこの手のポリゴミ袋を作って、ごみを集めて老いていったのだとかっ!! うぉ~~~~ぉ~~~!勿体ないですぅ~~~!
バーッシャーバーシャ!バーシャバーシャ!!(@@;)
 a0308487_00445583.jpg 山のように積み上げられた紙吹雪のゴミの山の上に、此の素敵なゴミ袋を鎮座させておりますと。。。それを眺める一人の御方が…あの音楽家の方も、このOSさんのゴミ袋をしげしげと感心して眺めて、褒めてくださいました。さすが芸術がわかる御方、違いが判る男(コーヒーの古いフレーズか?w)。OSさん!!あなたの才能本当に!!勿体ないですっ!!!

 と、ここで、荷物をがさごそしだす…OSさん、突然焦りだす「スマフォがない!!!」(><、)
 え?w( ̄□ ̄;)w マ・ジ・デっ!!!

 大慌てでOSさん、スマフォを探す探す、私たちもアレコレコレアレ荷物の中を引っ張り出して探す探す(^^;) Mさんがスマフォに心当たりないかと、SNS拡散してくださったり、映画館の人のも探してくださったりと、残ってたお客さんも皆さん探してくださいますが、どーーーしても見つかりませんっ!電話を何度掛けるも、どこのゴミからも音が聞こえてこない。
 あれだけこのマサラでキラキラ輝いてたOSさん…まさかの大ショック…。楽しいマサラに最後に少し「神様は善人に試練を与える」ってことだから、この後きっといいことあるよ!と…のさっき見た映画のバーシャのセリフを噛みしめながら、その後楽しい食事に足を運ぶことに…。空いた腹にインド料理を詰め込んで、OSさんと共に帰宅しました。

<ちょっと追記>
a0308487_00445459.jpg S男さんお誘いありがとうございました。皆様とも楽しい時間過ごせました。ともかくも御礼申し上げます<(_ _)>(ぺこり)

<荷物の整理>
 家路につく。OSさんは本日うちで泊まる。何しろバーシャ上映館の駅にはむちゃくちゃ近いところに住む私(^^;)
 一段落つくも、やっぱり気になるOSさんのスマフォ。
 まずは荷物の整理をしたらどこからか出てくるのか出てこないのか?とか言いながら、探せども探せども、出てくるのは山盛りの紙吹雪(この話はまた後程…笑)にがっかり。 今日の話をいろいろしながら、スマフォのことも話しながら、やっぱりまったりしながら、ネットでラジニさま映画を見る時間ww
 さて、着替えようとコスプレ衣装を脱ぐと、ポッケに油シミが…あ、チロル…やってもた…_ノ乙(、ン、)_ ペッチャンコww 貰ったチロルを後で食べようと思ってポッケに入れたものが、バーシャ堪能の熱気でポッケの中で溶けておりましたがなww

 写真は、本日の戦利品。黄色いタオルに、合格しましたシ-ルをおでこに貼って(ありがとうございます!) OSさん手作りの紙吹雪はいつもラジニさま愛に溢れる手作りスタンプ、さらにっ!!ダイヤの袋までっ!!(><) もぉ~いろいろと幸せいっぱいお土産いっぱいな楽しい一日となりました!!
「バーシャ!バーシャ! バーシャ!バーシャ! 
  バーシャ!バーシャ! バーシャ!」\(@▽@)/

a0308487_00445535.jpg



スマフォ紛失談
by AkaneChiba | 2017-03-10 00:01 | マサラ上映報告 | Comments(0)

南インド映画 上映のためのクラウド・ファウンディング

 えー、ちょっとお知らせです。
 昨年、日本にシンポジウムで来日してくださった高名な女優でタミル、テルグ、マラヤラム等でご活躍されるRohini Molletiさんが、2014年の監督作品「Appaavin Meesai」を作られまして、その映画上映のためのクラウド・ファウンディングについてのお知らせをしています。
 南の映画をご存知の方なら、Rohiniさんのことはご存知の方も多いと思われます。2017年夏日本でも公開の世界に旋風を巻き起こしたテルグ映画「Baahubali :The Bigining」(-2015)にも出演なさっておられる方です。インドは女性の監督の活躍も目覚ましく、その活躍をどうか知っていただければと思います。
 ご興味のある方は、是非、以下の彼女のメッセージを一度拝読してください。

<ご本人のWebサイトからのメッセージ>
こちらは、RohiniさんのFacebookでのお知らせ




<英語が苦手な方に↓>

 上の英語が苦手だという方には、日本語訳と言いますか、彼女の来日シンポジウムでご尽力なさった大学の先生の御紹介文Facebookと、ガイダンスがありますので、英語が苦手な方には、そちらの方もご参考になさってみてください。

  @@こういう上映支援などの方法も、世間にはあるんですね。映画の世界はクラウドファウンディングは盛んにおこなわれている様子です。
by AkaneChiba | 2016-12-16 04:23 | 他地域インド映画 | Comments(0)

あの国民的怪獣映画までイベント上映?ww 他マサラ上映

イベント上映、マサラ上映情報です。

<シン・ゴジラまでマサラか?!>
『シン・ゴジラ』発声可能上映 2016.8.15 19:00の回 新宿バルト9 
なんと!あの『シン・ゴジラ』で、『声だしOK!コスプレOK!サイリウム持ちこみOK!」な「発声可能上映」とはっ!!( ̄□ ̄;) 日本に広がるプチマサラ風上映の輪?ww(違っw) 

詳細はコチラ→ http://wald9.com/information/index.html#info24968

 こりゃ、チケットもうすでになくなってそうだな(^^;) 当日券があるのかな? どこまでどんな風に楽しんでいいのかは、劇場にお問い合わせの上、楽しんでください。クラッカーはさすがにダメっぽそうなので、ゴジラが出たら、どんな掛け声とかがかかるのかしら?それとも、ワーーキャー逃げろーーーとかいうのかしら?(笑)好きな俳優出てきたら声がかかるのかしら?ゴジラ出てきたら、野村萬斎!ってツッコミいれるのかしら?むちゃくちゃ気になる…(^^;)

・・・これ・・・関西でマサラ上映とかせんかな?・・ぼそっ・・・
ゴジラの遠吠えにかけて「あんぎゃー!マサラ上映」とかなんとかいってさぁ・・・
なんでもそれをしたいと願った島村和彦先生の要望を庵野監督がどうたらこうたら・・・ってことで実現した発声可能上映…ということらしくってさぁ・・。だったら先生、関西には某塚口みたいな太っ腹な映画館があって、好き勝手に楽しめたりするんだけど、15日が無理ならこっそりこちらにきませんか?ってか、某塚口さんやってくれないかなぁ・・・(チラッ・・・(チラッ・・・



<マサラ上映>
テアトル新宿で9/3~16まで
「観ずに死ねるか!傑作音楽シネマ88」出版記念上映会
http://www.ttcg.jp/theatre_shinjuku/comingsoon#i103041 
がありましてその中で、「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」のマサラ上映があります。

9月15日 恋する輪廻オーム・シャンティ・オーム マサラ上映 
詳細はコチラ→ http://music.mizushine.com/schedule#sc13

チケットはすでに発売されてるのかな?皆さまどうぞ楽しんでください(^^)/


@@イベントがいっぱいある関東はさすがにうらやましいww

by AkaneChiba | 2016-08-09 01:44 | マサラ上映 | Comments(0)

7月 インド映画 日本上映 2016

 まだ6月も始まっていないのに、7月の話をするのは気が早いですが、ちょっとイベント情報があったので。 初出5月30日アップ。7月5日改訂。
 ここは一応、インド映画メイン、関西メインで情報書いてます。マサラ上映で最近ではインド映画以外でも上映されるようになってますが、私はなかなか映画館に行ける時間見つけるのが大変なので、あまりインド映画以外のマサラ上映などは、情報を掲載していません。そこはご了承ください。
 ただマサラ上映という方法は、インド映画に限ったことではなく、映画を楽しく見ようというイベントなので、マサラ上映のネタや方法とかについての紹介した記事へのアクセスは、何かの参考になればと思っています。 楽しく映画を見るのに、決まったルールはありません。映画館が許す範囲で、自分だけじゃなく、他のお客さんも一緒に楽しいと思えるようなアイデアや、楽しみ方は、皆さんで案を出し合って楽しんでくださいね(^^)/


<マサラ上映情報 関東>
「恋する輪廻 オーム・シャンティー・オーム」 が、埼玉川越スカラ座で1週間上映があります。
 7月16日(土)~7月22日(金)
 http://event.k-scalaza.com/?eid=1264429

 7月17日(日) マサラ上映決定


クラッカーや紙吹雪用意して、楽しんでみてくださいね(^^)/

まだ、この映画のマサラ上映の楽しみ方がわからないけどどうしたらいい?という方には、こちらでマサラマニュアルやダンス・マニュアルを紹介しています。よかったら、ご参考に~(^^)/
http://osolove.exblog.jp/18314164/

「恋する輪廻 オーム・シャンティー・オーム」は、インド映画の中でも稀に見る極上のエンタテイメントの一本ですので、是非!登場するスターたちの名前や顔を覚えて、あるいは、映画をみて、楽しんでみてください(^^)/

----------------------

<SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016>
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016(7/16-24)での上映です
★(英題)「The New Classmate」(邦題:ニュークラスメイト) -2015
映像ホール上映日 7.17(日)14:00 多目的ホール上映日 7.20(水)11:00
http://www.skipcity-dcf.jp/films/films09.html

▼原題:Nil Battey Sannata -2015 IMDb Wikipedia

https://www.youtube.com/watch?v=rGrhXaVyltc
 
 映画祭上映で、昨年2015年の素敵な佳作が一本きます。ひじょうに評判のいい作品で、そういう映画は海外の映画賞に出されたりしますが、インド映画は、毎年そういう映画をいくつも世界に向けて輩出しています。特に女性監督の多さは目を見張るものがあり(日本はそこだけはほんとにダメ・・・邦画界はほんとに視野が狭い・・・最近かなりマシにはなってきてはいますが)、世界に名前の知られた女性監督を既に1980年代には輩出してきています。また女性監督の方が社会派な視点でモノを作る才能が優れているのも、インド社会を半面を映しているのではないでしょうか?とても評価の高い作品なので、是非、お近くの方は脚を伸ばして御覧になってみてください。

------------------------------
<インド人コミュニティのための上映会から>
 以前より何度かここでも紹介させていただいている「日本在住のインド人コミュニティのための上映会」の一つであるSpacebox Japan さんが、サルマン・カーンの新作をどうやら上映してくれるそうです。
 あまりにビックタイトルなので!ちょっとご紹介させていただきます。いわゆるビックタイトルなので、ちょっと驚いてます(;^_^A あの!サルマン・カーン アヌシュカ・シャルマの話題作!!「SULTAN」です!!

☆「SULTAN」 トレーラー

 詳細はコチラ↓で確認して申し込んでください。 7/9 で川口で2回 7/10 えびな といづれも関東です。 
http://www.spaceboxjapan.com/movie_details.aspx?Movie=9
 こちらの上映会さんはわりと、一般ウケするビックタイトルをゲットされる傾向にあるようで、日本でのインド映画初心者向けには拝見しやすいかもしれません。(日本の皆さんにも見てもらいたいという上映会さんのようです。)
 ただこういうミーハーなビックタイトルな映画は、日本の配給大手ともかち合う競争にもなりかねないので、あんまりビックタイトルだと、二度と日本語字幕では日本は買わなくなるかもしれないというところとのバランスが難しいので、この映画だったら日本に絶対来ないから見に行こうとか、そういうことを推測して見に行くバランスは必要かもしれません。

7/31も追加されたみたいです。詳細は、SpaceBoxさんのサイトまで。
http://www.spaceboxjapan.com/movie_details.aspx?Movie=9

 それとは別に他にもインド人コミュニティ向けの上映会は、面白いものをやってくださってて、上映会ごとに内容が違います。私は関西住まいなので、関東の上映会にいけてませんが、他の上映会では気になるすごくいい映画・・・ってのをいくつもやってまして(24とか見たかった・・・orz)、タミルやテルグ、最近ではマラヤラムとか、スリランカ?の映画なんかも立ち上げてる団体さんがいます。
 こういう映画は絶対に日本に来ないからなぁ~っていうような地方の映画は、インド人コミュニティ上映会では、かなり映画好きには見に行く価値があると思います。しかも最近、質の高い作品をインドの各地域はどんどんだしてるので、映画マニアにはそういう上映団体さんを探し求めて、映画を見る方がいいと思います。
 このような「(ウケ狙うとかじゃなく)日本にいるインド人仲間に いい映画を届けたい・・・」という団体さんは、在日インド人の方たちの場が荒らされるのも困るでしょうから、私はできるだけそれらの団体さんの上映については、ここでは書かないようにしています。あなたがインド映画を好きになってくれたのなら!ネットさえあれば!必ず自分でそこにたどり着くことができるので、関東で行われている彼ら向け上映会はご自分の力で、それらの情報をゲットしてみてくださいね(英語は必須ですが、ネットで翻訳できる時代ですからなんとかなりますよ ^^)

 今回は、多くに日本の方にも見てもらいたい・・・という団体さんなのと、あまりにビックタイトルなのに驚いて、ご紹介させていただくことにします(^^)/

 きっとサルマン人気あるから、彼が登場するだけで印度人塗れな、指笛のなるにぎやか上映になると思います。(日本のようにおとなしくみるような観賞ではないこと付け加えておきます)

----------------------------------

<インド映画女優が出てる米国制作ドラマが!>
インド映画ではおなじみのワールドワイドに活躍の実力派美人女優 プリヤンカ・チョープラ Priyanka Chopra が、アメリカのTVドラマに主演で出ておりまして、昨年から話題になっておりましたが、それが日本でもBSのTV放送で見れますのでお知らせしておきます。
 日本はインド映画に関してはあまりにも僻地すぎるのですが、欧州や北米ではインド映画俳優は、しっかり認識されてそのステータスも認められています。古く大ベテランは「インディ・ジョーンズ」故アムリッシュ・プリーや今でも活躍するナッスルディーン・シャーや、少し前、中年男性では「ライフ・オブ・パイ」や「ジェラシック・ワールド」等イルファン・カーンは日本でもファンがしっかりおり、「スラムドック・ミリオネア」や「ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル」ではアニール・カプールなど、ハリウッド映画に出演する俳優もこのところよく見かけます。
 その中でも最近では、女優としてこのプリヤンカ・チョープラは、2000年ミス・ワールドの覇者でもあり、ユニバーサル・ミュージックとも契約しているシンガーでもあります。もちろんそのシンガー枠で日本でも紹介されたことがあります。音楽方面のラジオで何度か彼女の音楽を聴いたことがありますが、そのDJの方たちには、彼女が女優であることは理解ができてなかったようで、日本の世界のエンタメに関する知識の無さには、いつもながら笑うしかない様相になっています。(広告会社が宣伝するものしか電波にのせない日本だからね。)
 そんなWorldwideに活躍中のプリヤンカ・チョープラの主演海外米国ドラマ「クワンティコ」が、2016年7月16日から、Dlifeで放送されます。

☆ Dlife 「クワンティコ/FBIアカデミーの真実」サイト 
 Qiantico Trailer

 トレーラーは吹き替えになってますが、彼女の声はちょっとハスキーで色っぽいくかっこいいので、できれば字幕あるなら英語放送で見てあげてください。
 またこの数年、プリヤンカのキャリアもパフォーマンスもトップレベルにあるので、彼女のボリウッド映画のダンスシーンなどは、それを見てるだけでも殿方なんかは目がハート(笑)になっていますね。
 日本でも彼女映画はいくつも紹介されていて、「クリッシュ 」、「闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 」、「バルフィ!人生に唄えば 」、「ラ・ワン」等、美人なヒロインや演技派な彼女を、どうか堪能してみてもくださいね(^^)/
----------------------

 @@新しいインド映画が昨年から今年は前半は全然!来ないので、数年前の映画ばかりがイベント上映されてますね。ちょっとかわったところで、今、「あなたがいてこそ」とかをマサラ上映すると、それはそれで新しく知った方が楽しんでくれるかもしれませんね(^^)/
by AkaneChiba | 2016-06-10 00:55 | マサラ上映 | Comments(0)

「バン・バン!」マサラ上映報告 2016年4月29日 at シネ・リーブル梅田

4月29日 「バン・バン!」マサラ上映報告 at シネ・リーブル梅田 です。手元の仕事が終わらず遅くなってしまいました・・・_(__;)
----------------------------------
<『バン・バン!それなっ!』マサラ上映 シネリーブル梅田>
 キーワードは「それなっ!」
 今回、実はお恥ずかしくも前説MCをさせていただきました。a0308487_4245370.jpgので、そういう方面からの切り口でマサラ上映報告させてもらいたいと思います。いつもだったら、盛り上がり風景とかそういうのを写真撮りまくってるのですが、今回は自分のMCとダンスレクチャーのことで頭がいっぱいww うまく皆様に伝えられるかどうかばかりが私の頭を支配しておりました。いろいろ届かぬ至らぬ部分ありましたらどうかご容赦を・・・(-人-)  ダンス難しかったね~(笑)

<マサラ準備?有志に声かけてみる>
 以前、これまたインド映画の「スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙えNo.1」のマサラ上映の時自前のマサラマニュアル紹介していただいたその時のご縁でシネリーブル梅田さんから電話がありました。「インド映画のマサラ上映を考えているのですが・・・」と!!w(・o・;)w。もぉ~~喜びいさんで駆けつけまして(笑)インド映画やマサラシステムについての愛を一人滔々と語らせていただきました(笑)。その浮かれまくった思い込みもとい熱意にほだされてくださったのでしょう…きっと(^^;)。MCで説明してダンスできる人相談してみることとなりまして、それから準備をはじめることとなりました(^^;)
 というのも、わたくし別にタレントでもこれ専門でやってる人ではありません(笑)単なるファンでして、ファンの有志によるイベント上映のお手伝い・・・というわけでございます。 実はこういう時プロに頼めばいいという方もいるかもしれませんが、プロのダンサーの方だと料金の発生する場合もありますし、プロの方がプロのダンスをコピーすると(著作権?)問題の出ることがあるので、その通りにダンスするのはお断りなさる方もおられます。そこで今回お知り合いのダンスの方に相談し「アマチュアのダンスをなさっている方」を紹介いいただきまして、前に立っていただきました。
 加えてダンスは難しいですが、なんとかわかりやすく伝えれないか?この映画を見て何カ月も前にダンスマニュアルを書かせていただいたのですが、絵を描いても私にダンスは難しいのは踊れません(笑) 自分が完ぺきに出来ないことを口頭で伝える難しさは、かなり私には高い山でした(苦笑) リティックダンスは超絶過ぎるので、いつもみててホレボレしちゃいます(^^;)が、今回はマサラ上映です。わかりやすく伝えなければ・・・。

a0308487_425479.jpg ダンサーの依頼をし、マサラ上映の時にマサラレクチャーの折り本をつくる方とお友達でしたので、その方にマサラ上映の折り本原稿を依頼してみました。 マサラ上映レクチャーの折り本/ダンスマニュアル/ダンサー手配・・・よっしゃ!人間の方は何とかなったっ!次は当日何喋るか?ってのを練らないとっ!!!(><、) 仕事の合間に悩む日々。

マサラ準備をするワタシ・・
by AkaneChiba | 2016-05-10 00:04 | マサラ上映報告 | Comments(0)

4/17 インド映画同好会 例会 関東があるようです

先日、ツイッターみてましたら、こんなツイート発見しました。研究上映会の話です。

インド映画同好会
非営利団体インド映画同好会4月の例会 in 東京 ●4月17日(日)研究補助作品:シェークスピア3部作 ①オムカラーOmkara②神に選ばれし者ーMaqbool ③獅子ーHaider プロによる字幕 ●研究報告:カシミールと法 ゲストをお迎えする予定 ●10時~19時 ムーブ町屋
https://twitter.com/indoeigadokokai/status/711195967882592256
 
 これは、インド映画ファンなら、がっつりチェックな作品群ですね!
 そうなのです。もちろんインド映画でもこういうシェークスピアもの」をインド流にリメイクする試みは行われています。シェークスピアは、なんというかストーリーの原点みたいなものでもありますし、英国の影響を色濃く受けたインドが、それを題材にしないという手はあり得ません。私は上記の作品のうち2本は拝見させていただいています。こういう研究会での上映会ですと、社会事情などのわからない点も論議できますので勉強になります。
 また、題材はシェークスピアであっても、インドの社会事情の反映もされてる3作品なので、この3作品に焦点を当てた監督 Vishal Bhardwajwikipedia)が、何に拘って作品を生み出しているのかを、知ることもできます。インドが抱える大きな社会事情抜きにはこの3作品は語れないので、多分今回の上映会ではその方面の専門家をゲストにお呼びして上映されると思います。
 また、こういう映画を見る人は、シェークスピア作品を大体何本か知った上で見てるものですので、それを頭に入れて監督たちは作品を作って来ているというのも有ります。作る側の力量も古典に挑むわけですし、見る側にもそういう知性教養も試されるのは、なんと知的な好奇心の贅沢さか(本当の贅沢とは、命の時間を無駄に過ごすことと、もうひとつ対極は、知的好奇心を満たす状況や空間を手にすることと私は思っておりますww)。インドの社会事情で真っ先に頭に浮かぶのは「カシミール事情」、これは鉄板ネタ。それらを頭に少しインプットした上で見に行くのも、素晴らしい機会のようにワタクシなぞは思います。(ってか、関東なかなかいけねぇ~~~orz)
 関東の方には是非!この機会を逃さず、Bollywoodが切取るインド社会とシェークスピアへの投影を楽しんで見てください。この3本は絶対!損にはならない重厚で濃厚な一日となると思います。
 それと、この監督は「音楽監督も兼任」する監督です。インド映画のとても重要なファクターである音楽に造詣が深い監督・・・という才能が他にもゴロゴロいるインド・・・って、こればかりは大したもんだと感服致しますです、はい(^^;) 歌詞を書くのでそうなるのでしょうね。

 あああ!どれも古いのでトレーラーが見つけるの大変!(><、)
  注)役者名の後の小文字は、日本で紹介された映画です。DVD等中心。あんまりな作品しか紹介されてない方は、映画祭で紹介された映画も含めてます

Omakara  -2006  (オセロー より)
https://en.wikipedia.org/wiki/Omkara_%282006_film%29
https://www.youtube.com/watch?v=DCM46Ytt2yw

a0308487_1527899.jpg Ajay Devgn(映画祭「ターバン魂」、ミモラ~心のままに レッド・マウンテンSaif Ali Khanインド・オブ・ザ・デッド エージェント・ヴィノッドたとえ明日が来なくても Vivek Oberoiクリッシュ プリンス Kareena Kapoor Khanエージェント・ヴィノッドきっと、うまくいくラ・ワンスタローンinハリウッド・トラブル 他)と、スター勢ぞろい。それぞれの役者が一番トップレベルのパフォーマンスで芝居が円熟しだした頃を使っていますので、そこもおいしく眺めてほしいと思います。あまり日本では人気のそれほどないカリーナ・カプールですが、このシリアス映画のカリーナは必見だと思います。サイフも素晴らしいし、アジャイさんもいいし、ヴィヴェクも中二病じゃないし(笑)、全員がシリアスに挑んでるので必見でもあり、インド映画の歴史のエポックになっている一本でもありますので、どうかお見逃しなく。
 今気づきましたが、日本で一番紹介されてるインド女優ってもしかしなくても、カリーナ・カプール?メディアスルー含めてですが、アイシュワリヤやジュヒー、カジョル等は販売メディア数が日本では少なく、映画祭などで紹介されてる映画で換算すると、古くはマドゥリや新しくはプリヤンカや、カトリーナ・カイフの出演タイトルは多く紹介されていますが、日本でのメディア販売ものとなると、カリーナ・カプールということになるみたいですね。その割には、いまいちファンが日本では少ないですね、彼女は(笑)

 
Maqbool  -2003 (マクベスより)
https://en.wikipedia.org/wiki/Maqbool

ドイツ版トレーラーです。

a0308487_15273985.jpg Irrfan Khanめぐり逢わせのお弁当ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日ジュラシック・ワールド他)TabuPankaj Kapur映画祭「ファニーを探して」ガンジー、他)Om Puriダバング 大胆不敵、ガンジー他、多数)Naseeruddin Shahモンスーン・ウェディング、クリッシュ、リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い他、多数) こちらは、インド映画ファンでなくても国際派スターががっつり!!名作にふさわしいレベルの大ベテラン俳優がずらりと並ぶラインナップ。パンカジはシャーヒドの父ちゃんです。こっちは並んでる俳優の顔ぶれだけでも、相当に重厚感が凄すぎます(笑)。この監督はTabuを使うのがお好きなようで、2016年最新作のFitoorでも、Aditya Roy Kapur主演で、ヒロインKatrina Kaifでしたが、キーパーソンにTabuお使いになっておられますね。カシミールといえば退廃の象徴の女性としてTabuを使うっていうのはもしかしてインド的な定番なのかもしれません。



Haider  -2014 (ハムレットより)
https://en.wikipedia.org/wiki/Haider_%28film%29

https://www.youtube.com/watch?v=xakmvJ0WPa4
a0308487_15295592.jpg こちらは当節若手でも、リティックの後を追う実力派 Shahid Kapoor(映画祭「ロミオ..ラージ・クマール」他) の彼がその実力と家柄とにふさわしい作品をさせていただいた一本。父はパンカジ、先のMaqboolでこの監督でやっていますね。芸術家一家Pankaj Kapurを父に持つShahidのご家庭(義母はRam-Leelaのあの恐いボス母のあの方です。実母はNeelima Azeem)。彼自身もチャラい映画も出てますが、本人はこういう「売れないだろうけど地味な玄人向け作品」がやりたくてしょうがないタイプと理解しています。実際、キャラクターも相当に内面が小難しい様子ですので、人気のほどはミーハーファンが付きにくい傾向にあります。実力あるし甘いルックスなのにね(笑)。この作品は彼の実力他も含めてその地位を確固たる足固めにした一本でもあります。2014は彼の賞の年でもありました。
 もちろんこの監督といえば、Tabu・・・ということでハムレットの禁忌(タブー)な母役で。Kay Kay Menon、そしてIrrfan Khan・・・と脇もがっつり実力派。ヒロインはShraddha Kapoor
 この映画は、日本のバイヤーが買ってミニシアターで興行してもおかしくない作品なんですが、眼の無い日本の配給会社には、この作品は届かなかった様子ですね。ちなみに、先の2作品はインド音楽っぽいのがメインになっていますが、このHaiderの音楽は珍しくハード・ロック系です。インドが切取ると禁忌はどう表現されるかも、ひじょーーに見ものです。ラストシーンの画は圧巻。


 3作品とも、このVishal Bhardwaj 監督の世界を堪能できる、重厚感あふれる作品となっていますし、古典解釈ですのでDVDなどで英語字幕でこれを見るのは言葉の壁やその難しさから辛い方には、この機会に日本語字幕で見れるのは二度とない機会と思いますので、是非!足を運んでインド版シェークスピアの世界を堪能していただきたいと思います(^^)/
a0308487_18331023.jpg

  @@この監督の関わった映画は、昨年は、Drishyam で音楽、Talvarで、ストーリー脚本、音楽、プロデューサーで関わっております。Talvar(Irrfan主演)は、昨年2015年作品としてやはり様々な賞にノミネート/受賞している一本となっています。
by AkaneChiba | 2016-04-02 18:38 | Bollywood | Comments(0)

マサラ上映 4月予定 関東 関西

 インド映画でマサラ上映が、4月に二つあるようです。
 ・・・というか、インド映画以外でも、こういうイベント上映が増えています。私も気が付いたらチェックしていますが、基本、関西住まいで合間を縫ってのブログ更新なので、インド映画を中心のサイトですので、他のイベント上映までは手が回っていません。情報漏れはご容赦を・・(-人-)
 
<マサラ上映、関東 >
 シネマート新宿 10周年記念特別上映のお知らせ 
http://cinemart.co.jp/theater/10th_anniversary/shinjuku/
日程:4月2日(土)~4月15日(金)
 マサラ上映他イベント上映は、上記サイトにて、詳細をお確かめ下さい。

4月3日「きっと、うまくいく」 マサラ上映 
※ こちらは、4/2~のシネマート新宿10周年の特別上映の一環の一つに4/3 14:40~「きっと、うまくいく」でマサラ上映をやってくれるみたいです。 

4月15日「ロッキー・ホラー・ショー」(パフォーマンス)上映 
  ※またこの特別上映の最終日4月15日の21:15~「ロッキー・ホラー・ショー」でもイベントしてくれるようです。
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/topics/20160322_13354.html
 
 マサラ(システム)上映という言葉が今でこそ日本でついていますが、その大元は「ロッキ・ホラー・ショー」を楽しくワイワイいいながらパフォーマーでてきたりして楽しんだ米国での上映スタイルが、マニアの間で話題になりました。(現在、米国では相当レベルの高いパフォーマンスをする上映スタイルになってしまいましたがw) ライスシャワーとかは、あとの掃除が大変なので禁止項目になってますが、昔は日本でもライスシャワーやった上映も会ったそうです。マサラ上映の元はインドの一部のスター映画のプレミアム上映ですが、それよりもさらに以前の元祖の前だと始祖?(違っw)なパフォーマンス上映を(これ名前がついてないんですよね、たしか・・)、是非!覗いてみてください(^^)/


<マサラ上映 関西 >
春のインドWeeeeeK@シネ・リーブル梅田
 日程:4月16日(土)~4月29日(金)
http://www.ttcg.jp/cinelibre_umeda/comingsoon
 インド映画特集の最終日に、マサラ上映をするようです。上記サイトにて詳細をお確かめ下さい。

4月29日「バン・バン!」マサラ上映19:30~
  リティック&カトリーナのアクションロマンス。「それなっ!」のポーズでインド映画で盛り上がってください。

※おまけ:「バン・バン!」マサラマニュアル、ダンスマニュアルはこちら→ダウンロードできます。良かったらご参考にどうぞ(^^)/
a0308487_1445585.jpg

  @@春になって企画がいろいろでてきましたね(^^)/  
by AkaneChiba | 2016-03-25 22:17 | マサラ上映 | Comments(0)

2月13日 クリッシュ 重低音ガラムマサラ上映 報告

 なんて雨だ・・・・・この雨では今日の任務に支障が出やしないか心配だ。
 キングスマン・エージェントたちは2/11の塚口サンンサン任務は遂行したようだが、もうひとつさらに重要なコアな任務2/13に同じ塚口サンサン劇場にあることに気づいていただろうか。そうだマサラ上映の元祖、インド映画による上映だ・・・。任務に一つの漏れもあっては命取りだ。キングスマンのスーツ萌えだけにうつつぬかしているのでは片手落ちだ・・・。英国がかつて植民地にしていたインドでは映画文化が根付いて花開き、百年を越えて今や世界を席巻するインド映画市場をグローバル展開しており、世界の映画界にとっての大きなビッグビジネスになっているのに、日本だけがこのことを知らず世界から取り残されている実態があり、調査がしっかりできていない。国際エージェントは広い視野を持たなければ命取りになるものを・・・。キングスマン・エージェント諸君はヴァレンタイン(Samuel L. Jackson)の胸に光るペンダントに気付いたであろうか。世界の洋画市場でも広く知られたインド映画好きのバズ・ラーマン監督だけでなく、このキングスマンのマシュー・ヴォーン監督もインド映画のファンではないかと疑ってかかっていいことに気付いたエージェント諸君は、優秀なエージェント諸君は、少なからずいるはずだ。
a0308487_031282.jpg いや、もう、ごたくはいい。他の任務で忙しかった者は別として、2/11に引き続き、2/13の塚口サンサン潜入のダブルマサラを経験した者は、少数だったことをここで伝えておく。キングスマン・エージェント候補生は、映画に国境も垣根もないことを、国際エージェントとしてしっかり自覚してもらいたいものだ。

 以下、その塚口サンサン劇場 2/13 『クリッシュ』「重低音ガラムマサラ上映」のレポートを報告する。エージェント候補生の諸君は、これらを参考にして、後の「キングスマン以外の任務」にも映画館に足を運んでいろんな映画を見るという自発的行動で自主訓練もしくは任務を遂行してほしい・・・・。なんでも関東の雄「キネカ大森」で「キングスマンL&G上映」が2/27に行われるらしい。エージェント諸君の活躍を期待する。この日は塚口サンサンでは2/27と3/5に『ガールズ&パンツァー 劇場版』マサラ上映が行われるらしい。客層のクラスタがまったく持って違うらしく塚口サンサンさんではマサラ上映のハウツーを紹介してくれている。キングスマン・エージェントやインド映画マサラーには基本の内容だが、クラスタの違う客層の反応も知ってみたいところだが、どうやらチケットは即完だったらしい(さすがアニオタ・クラスタww)。なんにせよ、マサラ上映のノウハウを知りたい方は、これらのエージェントたちが報告するレポートを参考に、今後のキネカ大森や塚口サンサンのイベント上映の潜入調査に役立ててほしい。

 そしてエージェント諸君には、必ずこれだけは忘れてはならないことがある・・。
 合言葉は「後片付けまでがマサラシステム♪」
a0308487_03309.jpg紳士の国のエージェント諸君も、ガルパンで初のマサラ上映をする諸君も!上映後のこの任務を漏らすことなく少しでも巻き散らかしたゴミを片付けるのを手伝ってほしい。みなで手伝えば10分かからず片付く それが最近のキネカや塚口サンサンのスピーディーな掃除等につながり、また劇場の人が「みなさんが手伝ってくださるなら次のイベント上映も何か考えちゃおうっかな♪」という上映館側をその気にさせる重要なテクニックであることも、キングスマン・エージェント諸君なら承知のことであろう。あるいはガルパンの戦車道を極めた礼節のある、淑やかで慎ましく、凛々しい大和撫子/日本男子であるからして、その精神をしっかり守ってくれことと信じる。

 さて、2/13の報告の件に戻ろう。今回の任務は映画「クリッシュ」(原題:Krrish3)における『カールの世界』への潜入だ。場所はインドではなく塚口サンサン劇場。インクレディブル・インディアといわれるほど、カオスの未知の国、マサラの本場、カレーの国についてのフィルムの調査だ。その為の準備はさらに慎重でなければならない。小生(=エージェントE)は、いまだキングスマン・エージェントの癖が抜けきっていない。ここでインド映画潜入の為に一般人モードに切り替えることにする。身分がばれてはならない。以下、通常一般人モードでレポートする。
//-----------

一般人モード、スイッチ・オン!
by AkaneChiba | 2016-02-24 03:19 | マサラ上映報告 | Comments(0)

塚口マサラ 2/11「キングスマン」 2/13「クリッシュ」

<マサラ上映のお知らせ>関西

また!塚口サンサン劇場さんマサラ上映があります(>▽<)!

☆2/11(祝) 映画『Kingsman』
   Ladies and Gentleman上映
 15時30分~17時45分

 詳細はコチラ → http://ameblo.jp/t-sunsun/entry-12123772975.html

☆2/13(土) 映画『クリッシュ』
   重低音ガラムマサラ上映
 19時45分~22時20分

 サンサンのブログはこちら→http://ameblo.jp/t-sunsun/entry-12126469319.html
 ツイッターの告知はコチラ→https://twitter.com/sunsuntheater/status/690481607480770562

詳細は、直接、塚口さんにお問い合わせください。
塚口サンサン劇場 Webサイト→ イベントニュースはコチラ
 http://www.sunsun.info/news/
キネプレさんのところでも、塚口サンサンのイベント紹介がなされています。
http://www.cinepre.biz/archives/19405

------------------
 昨年のキングスマンの大騒ぎ上映は、みなさんスーツ姿で大盛り上がりの関西、そして関東も盛り上がりましたが、関西はこのところずっとずっと!!インド映画のマサラ上映が出来ないでいました。(/_;),クスン・・・ しかし、やっと!やっと!!関西で『クリッシュ』でやってもらえます!ヽ(>▽<)/

 きっとキングスマン上映は大勢のお客があつまると思うのですが、いえいえマサラシステム上映といえばインド映画が元祖!!みんなで楽しく映画見るなら、やっぱりインド映画だーーー!!!

 しかも、この『クリッシュ』(原題:Krris3は、子供から大人まで、みんなでたのしんでくれーーー!が満載に詰まってるアメコミ風ヒーロー映画!。賑やかに楽しんでくれっ!を想定して作られてる映画なのだよ。主役のリティックの父ちゃん監督ーーー!ありがとうーーーーー!!(>▽<)
 この映画、アクション部門は実はあの程小東監督(「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」とか、「少林サッカー」のアクション担当などのあの方)にを招聘して作られてる映画でもあるんです。この映画はひじょーーにワールドワイドにも成功した映画で、このトリビアはネット調べるといくらでも出てきます。ので(もちろんインドのサイトだけでなく他の地域でもでてきます、東南アジアとかでも相当興行収入よかったですし、欧州でもよかったよね・・・)、違法ダウンロードNo.1とかいう記録まで(笑)インドで作ってしまったほど!超超超!!大人気作となった映画でした。

 Krrish 3 Official Trailer

https://www.youtube.com/watch?v=MCCVVgtI5xU

 日本の上映ではおそらくDVDスルーがメインのビジネスで、箔付け上映みたいな上映で東京と大阪で1週間づつしか(そのうち3回づつ)上映してもらえなかった・・・のが、ひじょーに!残念で残念でなりませんでしたが、本当なら一般上映しても、若い客が入ったんじゃないかと思っております(レンタルDVDの稼働率結構いいんだよ、これってww)。定年超えた観客はこういうアメコミ系は馬鹿にするでしょうが、若い世代は、こういう面白い映画で声出して笑いたい気持ち満載にありますので、そういう「映画を楽しむ世代差」が配給会社さんに伝わると、このような映画の魅力も伝わるのではないかとずっとずっと思っております。
 日本にもきた「チェイス」(原題:Dhoom 3)と同じ年2013年の興行成績の2番目が、これだったんです。
 大阪で観たときは普通の上映館だったので思うように声も出せずに、面白いところで笑いたくても声が出せずに堪えて堪えてガマンして腹筋釣りながら観賞しましたが、その時、私の前の席の人も、小刻みに肩を震わせて笑いを堪えていた光景を私は忘れることはできません(笑) ですので、是非!!!声を出して笑っても許されるマサラ上映で!大スクリーンでこの映画を楽しんでいただければと、願ってやみません(-人-)
  
 ちなみに、この映画は関西では、神戸アートビレッジで2日間、計4回、字幕2回+日本語吹き替え2回の上映がなされています。詳細はこちら http://osolove.exblog.jp/21448108/ リティックへの愛で!個人の熱意で日活さんを口説き落として、特別上映にこぎつけた・・・というツワモノの方がおられまして、世界でもいろんな逸話を作った映画でもありますが、日本でも、そういうトリビアな逸話を作った映画ともいえると思います。

主役、リティック・ローシャンのダンス見れるシーンはこちら!
 

 『クリッシュ』 解説はこちらでも2回に分けて書いてます(^^)/
http://osolove.exblog.jp/20215069/
http://osolove.exblog.jp/20709512/

 この映画をいろんな人に楽しんでもらいたかったので、マサラマニュアルと、あのクリッシュのマスク!!を一所懸命、型からおこしてペーパーマスクを自分で作ってみましたので、もしよかったら合わせて、あなたも私もクリッシュになってみて、「あぁ~あぁ~♪あぁあああ~あぁ~あぁ~♪」とクリッシュ・ブレスで、腕を振ってみて楽しんでみてください(笑)

a0308487_2494993.jpg☆マサラマニュアル、クリッシュマスク 他ダウンロードできますので、良かったらチェックしてみてください。(右写真これ)
http://osolove.exblog.jp/20648551/

もちろん!マサラ上映ですから、紙吹雪巻き散らかして楽しむのもOK!!
<参考>紙吹雪をつくってみよう!
http://osolove.exblog.jp/19890696/
風船なんかも飛び交うと楽しいかもしれないですよね、除幕式のシーンとかね(^^)/

 もちろんもちろん!関西のお客さまは、Manner Makes Man・・・って違ったそっっちはキングスマンですね(笑) 前回のキングスマンの上映の時も、みなさん!上映後もお片づけしていただいてましたし、今度もそうなる塚口サンサン劇場さんのイベント上映!!元祖マサラ上映のインド映画も負けてはいられません(^^)v
あと片付けまでがマサラシステム(^^)
合言葉
に思い思いに皆さんで楽しんでいただけますよう~と願っております(^^)/
a0308487_373547.jpg

  @@ちょっとどうでもいいトリビア。主役のリティック・ローシャンは筋肉も半端ないイケメン殿方で、欧米でも知られた俳優です。この映画のプロモも兼ねて、またこの映画の興行成績の良さもあって、CNNのインタビューにも番組で宣伝されており、インド映画の一つのエポックともなった一本だったこともお伝えしておきます。もっとどうでもいいトリビアは、リティックは離婚しましてこの映画の悪役の女性と噂ありましたww イケメンだから許すぞ俺はっ!!(笑) どうでもいいトリビア3、悪役のヴィヴェク・オベロイですが、リティック・ローシャンと同じ有名演劇学校の出身で、一番の出世頭がリティック、その後の期待のといわれたのが、ヴィヴェクでした。そしてその学校の後輩に、現在快進撃中のランヴィール・スィンがいるという・・。どうでもいい話でした~ww
by AkaneChiba | 2016-02-05 03:17 | マサラ上映 | Comments(0)

10/10塚口サンサン キングスマンLadies&Gentlmen上映報告

a0308487_17265741.jpgエージェントE(=Estancia)からの報告だ。
 各国を主にインド(映画)方面を飛びまわるのに忙しいエージェントEは、先月、極東アジア方面の10月10日 『「キングスマン」 Ladies & Gentlemen 上映 』 at 塚口サンサン劇場の潜入に成功しその状況報告が届いた。

既にくだんの件の報告書は、3通、
   ・塚口サンサン劇場ブログ
   ・映画のミライ会 Facebook 
   ・キネプレ報告
を、諸君たちには目を通してもらっていると思うが、エージェントからの潜入報告も参考にし11月8日 角川シネマ新宿  「キングスマン」 Ladies & Gentlemen上映 by 塚口サンサン劇場プロデュースに、備えてもらいたいと思う。

 尚、この報告書は今後も大騒ぎ上映潜入捜査の参考資料として、今後も公に開示するものとするが、いわば表向けのダミーだ。最新最重極秘事項トップシークレットにはアクセスできない。知りたいものは11月8日角川シネマ新宿に潜入することだが、チケットは既に完売配布済みだ。この特殊パーティー会場では、装備を怠ったものは人が楽しんでるのを指加えて眺めるだけの楽しさ半減の映画の命を落とすので、洋装(=スーツ、傘)装備(=クラッカー、紙吹雪、モデルガン、ミニ掃除用具、等)をしっかり準備して、潜入することを忘れないでくれたまえ。


https://www.youtube.com/watch?v=ohOnGe6Cha8

<上映mission開始前>
a0308487_17201183.jpg この日はインディアン・メーラーなるイベントに、居並ぶ美しいセクシーな民族衣装の溢れる会場の中、場違いなリクルートスーツジェントルマンスーツで簡単な調査とインド料理を腹に収める任務を一つ終え、友人と、仲間のエージェントY等と共に、阪急塚口の駅に降り立つ。潜入先、塚口サンサン劇場は歩いて1分。用意周到な気の早いエージェントたちが数人、すでに劇場入りをしていた。
 エージェントEは潜入上映前に隣接するショッピングセンターの100円ショップに、装備の不足分を調達に向かった。そうだ、エージェントのロンドンでの装備品高級紳士服テーラード「Kingsman」店で調達できるが、極東アジア支部では、エージェントの装備のご用達店は「100円ショップ」で賄うことができる。どんなものでも揃う様は本国と何ら変わりなく何でも揃う。エージェントEは、おもちゃのを手に取りその性能をチェックする。もちろんクラッカー手榴弾弾薬も予備を携帯しておかねばもしもの備えに困ることなきよう数を確認する。他の見知らぬ顔の一目見てエージェントとわかる二人が装備の調達の為、ネクタイのコーナーでどれが紳士に相応しいか吟味していた。 せっかくのエージェント仲間だ、親近感を覚えつい声をかけ「キングスマン上映行きはるんですか?(^^)」とあくまでも穏やかに一般客を装って二言三言世間話をしてした。早々にエージェントEは、装備をかごにとりレジに向かい店を後にし、他のエージェントが待機する塚口サンサン控室に向かった。
 
a0308487_17382345.jpg さきほどより、エージェントの数は続々と増えて集結しており、キングスマン・エージェントが続々集まる中、その殆どがスーツ姿のエージェントであるが、中には、他映画エージェントであるオースティン・パワーズも潜入、同じ英国エージェントではあるがオースティンはかつらで髪の色が明らかに違ったので米国CIAからの出向かもしれない。アディダス・ジャージのエグジー(タロン)もいる。エージェントの一人は合言葉「おせんべちょうだい」を唱えたものに、キングスマン紙吹雪を渡していた。どうやら、敵方のヴァレンタインの手先キングスマンに扮装SIMカードを仕込んだ紙吹雪を、配っていたらしい。SIMカードは決して装備してはいけない。決して装備してはならない。
a0308487_17425377.jpg なぜかグレースーツの紳士は少なく、大方が紺のスーツ(=リクルートスーツ)が大半である。極東のエージェントは目立たぬよう紺か黒のスーツになる方が黒髪にまぎれていいようだ。エージェントのたまり場だと一般人に気づかせてはいけない塚口サンサンエージェント控室は、就職面接説明会場にしっかり偽装されている。塚口サンサン、極東の基地とはいえ抜かりはない見事なフェイクだ。

a0308487_1843133.jpg 就職面接説明会場エージェント控室では、さまざまに入念な身だしなみの青●やユ●クロで買ったリクルートスーツ高級紳士スーツモデルガン、100均おもちゃのクラッカー弾薬紙吹雪、風船、お面各種装備のチェック、紳士のたしなみペットボトルウイスキーボトル、立ち居振る舞いのチェックをスマフォで写真を撮ってまで確認(キングスマン武器陳列棚特大ポスター前で記念撮影)する念の入れよう。今回の任務には、シガレットケースライター必要がない(=場内禁煙)だ。中にはエグジーやハリーの紙お面団扇に写真を張り付けたのを持ってきたエージェントもおり、何故か眼鏡をかけたにわかせんべいのお面を装着するエージェントも(この眼がなんとなく映画の出演者に似ているらしい・・・)。
 エージェントEも、入念に装備を確認するが、本日の任務にはマーリンが用意したレベルの銃装備が必要となり、いつものスタイリッシュなアタッシュケースというわけにはいかなかったが、必要なものは揃っているはずだ。前日夜中に急にこのネタを思いついてかばんを押し入れから引っ張り出したことは、私だけの秘密だ。少々連日の任務で疲れがたまって行動は鈍いが、(もっと早くにネタ仕込んどけよ、オレ ^^;)準備だけは怠ってはいけない。

<入場、レッツ、パーーーリィィィーー!!>
a0308487_17422476.jpg 控室を出て、エージェントたちがみなパーティー会場に吸い込まれていく。一階の塚口サンサン劇場の入り口もぎりでは、ずらりと老若男女黒服の行列が並ぶ。みな雨も降らない天気の良いこの日黒傘は必携のようだ。 なかにはペットのJBを連れてきていた御仁もいるようだ。JBといえば、ジェームスボンドでも、ジェイソン・ボーンでもない。そういえばさきほどのエージェント会場には、ジェームス・ブラウンのPV環境音楽として流されていたエージェントE私の世代はJBといえばこちらなのだが私は少々古いのだろう。スクリーンの彼は24時間の世代なのだ。

a0308487_18263483.jpg 一番前の騒ぎ放題な特等席、最前列に、パーティー会場のフルコースを用意セットし準備は万端だ。後はヴァレンタインによるパーティ開始の合図を待つのみだ。ほどなくして、塚口のサミュエル・L・ジャクソンこと戸村支配人が、手に麦茶の香りがするダルモアのグラス片手に、本日のパーティー会場の演説を始める。
 気の早いエージェントは、紙吹雪やクラッカーで彼を迎え、拍手、指笛、喝さいの中、「パーーーリィーーー!!」と映画の上映が始まった。

a0308487_18215453.jpg  既にこれらの類似ミッション・マサラ上映を経験している一部エージェントたちは、既にタイトルロールで、クラッカー弾薬を炸裂させている。重苦しいアクションシーンから、軽快なアクションまで、気持ちのいいくらいの展開で映画がとんとんと進み、アクションが決まるところで、クラッカーの音も場内に響き渡ると快感でもある。しかしここで、弾薬を使い果たしては最後まで乗りきれない。アクションの打撲音よりも、確実に一人づつ殺ッたときに鳴らすほうが、最後まで弾薬は持つかもしれないなどと、どうでもいいことを考えてる間もなく、映画にどんどん引き込まれる。うっかりしていると、100均おもちゃ銃の火薬の装填を忘れて見入ってしまいがちだ。
 
 そして、紳士ハリー(コリン・ファース)とエグジー(タロン・エガートン)のPubシーン。チンピラどもがPubの中に入ってくるシーンになって、映画の音響とは別に、会場内から暗闇の手元のなかから何かを取り出すごそごそした音が、あちらこちらから聞こえてくると同時に場内に暗黙の了解のうすら笑いが幽かに漂うww。うむ、エージェントたちの準備は万端だww。そしてハリー決め台詞「Manners Maketh Man」のすぐ後傘によるビールジョッキがチンピラの頭に飛んだ瞬間、会場内から弾薬の音がタイミングよく炸裂。これがタイミングが一斉に合うと気持ちがいい爽快感がたまらない。軽快にスピーディーにチンピラどもを片付ける間もクラッカーはなり続け、Pubを後にしたコリンファースの姿萌えを感じるとは夢にも思わなかった、エージェントE。いや、そんなこと後回しだとにかく任務は続く。

 Pubシーンのアクションのクラッカーポイントが気になる諸君は、上記YouTubeのOfficial公開されている映像で、ポイントを確認して予習するのも良いだろう。

a0308487_18571774.jpg 映画の中では繰り広げられる内容に、時に笑ったり、時に声をだして掛け声をかけてエグジーを応援したり、みな思い思いに映画を気兼ねせずに楽しんでいる。今頃気づいたのであるが誘拐されたあの教授は、SWのあのマーク・ハミルだったことにいまさら気付いたエージェントEは、少々調査不足だった未熟さを感じる。若いころのマークをリアルタイムで知っている者としては、老齢の教授が似合う歳になったのを観て感慨深くエージェントEも歳を感じる。

 映画の見せ場の教会惨殺シーン(BGMがGive It Up - KC & The Sunshine Bandとは胸熱っ)、そしてパーティー会場でのエルガーの誰もが知ってるあの曲で容赦なく持ってる弾薬をいくらでも使い果たせる紙吹雪が舞う仕込んだ風船を、ひとつづつ割っていく。なんでもカオスになっていく様は、自由にしたい放題できるエージェントの腕の見せ所だ。しかし、ここでも映像をみいってしまう可能性も高く、そして、ゲラゲラと声出して笑える場面でもあり、エージェントたちも大いに盛り上がったことだろう。パーティー会場で首相役の彼が吹っ飛んだときに、クラッカー弾薬が炸裂すると、満場一致のあまりのそう快感に、日ごろのうっぷんが消し飛んでしまうようだ。・・・はっ!いけないけない・・・エージェントとして訓練された者として、理性を失ってうっかり余計なことをこれ以上ペラペラと喋ってしまうと、後の育成されるエージェントに影響が出てしまう。あとは、君たちが会場に潜入することでそのリポート報告書をあげてくれることを期待している。
a0308487_17421181.jpg あたり一面、パーティー会場のごとく紙吹雪、クラッカーが散乱し、エンディングには風船が乱れ飛び、 大盛況のうちに塚口サンサン「キングスマン Ladies & Gentlmen上映」は終わりを迎え、エージェントたちはみな満足げにスクリーンに惜しみない拍手を送り続けミッションを成功させるのであった。


<Manners Maketh Man. ~みんなでお片づけ>
最後のミッションも忘れてならない。
a0308487_1653352.jpg 塚口サンサン劇場でも毎回恒例になっている「後片付けまでがマサラ上映」という合言葉とともに、大騒ぎ上映の後は、必ず自分たちの身の回りの散らかした屍(=ゴミ)を、自分たち自身で片づける。 本物の紳士は自分の楽しみだけ考えるような真似はしない。自分が倒したクラッカー、紙屑を処理することも、安定した社会秩序を守るために課せられたエージェントの責任だ。立派な精神で鍛え抜かれた大人の諸君には、毎年のハロウィン後の惨状をニュースで見るにつけ恥ずかしく、紳士がこの社会にいなくなったことを嘆いているはずだ。
a0308487_1443659.jpg もちろん!私たち紳士は、後片付けの為のお手軽お掃除用品も、この上映にも、ミニ箒チリトリ手にゴムのついた軍手ウチワなど、毎度手軽に携帯できる100均ショップ等のミニ掃除道具を持って、これら大騒ぎ上映には参加をしている。諸君たちの、出発前の装備に是非、これらのものを一品加え、みなで、パーティー会場の後片付けを手伝ってもらいたい。
Manners Maketh Man. マナーで紳士は作られる。
キングスマンの諸君には思いっきり騒いだ後は節度ある大人の行動を期待する。


<後片付け終了後>
 後片付け終了後、劇場の人に楽しませていただいたお礼をいい、劇場の外に出ると、劇場入り口チケット発売所がキングスマン仕様になっていたww  さすが、塚口サンサンエージェント。最後まで観客を楽しませようとするその心意気がにくいっ!にくいよっ!お大尽っ!!ゞ(≧▽≦)/ a0308487_17422217.jpg みな思い思いに個々のその前でも興奮冷めやらぬ記念撮影。
 一緒にいった友人は、パグを連れてきてる人に上記写真のパグを「あげます」といわれ連れて帰ることに。私たちエージェントE他このチームは、黒スーツの人々の波にと夜の帳の闇にまぎれて任務を終えてすがすがしい顔で、帰路につくのであった・・・。

------------
 ・・・以上が、その10/10塚口サンサンでの報告だ。新米エージェント諸君!11/8の角川シネマ新宿で、君たちも思う存分、そして紙吹雪を仕込む、風船やクラッカーを、そして身だしなみ紳士スーツに傘を携帯の上、「キングスマン Ladies & Gentlemen 上映」に駆けつけてくれたまえっ!
 健闘を祈る!!
a0308487_17421557.jpg


さらに 何を仕込むかまだ悩んでいるのなら
by AkaneChiba | 2015-10-23 23:30 | マサラ上映報告 | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

5月 インド映画日本上映 2..
at 2017-04-23 02:27
違いのわかるムービー:初心者..
at 2017-04-14 02:42
『バーフバリ 伝説誕生』(=..
at 2017-04-12 00:49
「バーフバリ」見てきた&続編..
at 2017-04-10 03:33
南インド映画祭 SIFFJ ..
at 2017-04-05 03:48

検索

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52
> ふんさん コメント..
by AkaneChiba at 13:10
あなたが誤解を招く文章書..
by ふん at 12:10
> 高田世界館スタッフ・..
by AkaneChiba at 00:14
akane様 初め..
by 高田世界館スタッフ・西山 at 16:53
「熱い解説を!」さん(で..
by AkaneChiba at 19:33
ありがとうございました!..
by 熱い解説を! at 23:31
どもども(^^) 悪役..
by AkaneChiba at 00:17

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ