遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:マサラネタ ( 31 ) タグの人気記事

「バーフバリ」見てきた&続編日本は買い決定

a0308487_03115047.jpg 『バーフバリ 伝説誕生』が封切られてから頭の中がとにかく「バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!」なってしまった貴兄諸君ww、心配しないで大丈夫です。後編インドでは今年2017年4月28日から封切られ、日本でもいつの上映になるかはわかりませんが買ったという話が聞こえてきました!!(>▽<)

Baahubali :The Conclusion
   Baahubali Official Site(インド)   トレーラー日本語字幕付
 ▶『バーフバリ 伝説誕生』日本公開前に早くも期待の声多数でPART2=完結編の買付が決定!
 っていうか2015年のあれだけ世界中で話題になったあの時点で、この映画を前後編両方買わないとかそんな映画バイヤーいたらプロ失格だろっありえないだろっ!と思うのが、国際市場の映画を見てる人の思うところです。日本は映画産業の内部の人がかなり歪んでるので(広告商社に篭絡されすぎ)、なかなか国際感覚持ってないのが実情ですけどね…_ノ乙(、ン、)_ でも南アジア映画には造詣が深いツインさんに買っていただけて、そこは安心していいかもしれません。変な日本語訳には絶対ならない監修いるでしょうから。

 映画を見て頭の中がバーフバリで一色になってしまったインド映画初めての貴兄には、同じ監督さんが撮った映画が2本も日本で紹介されています。レンタルDVDで見れます。「あなたがいてこそ」「マッキー」と。良かったら両方ご覧ください。どちらの作品にもバーフバリに出てる役者さんがいますよ(^^)v 特に「あなたが~」は誰かわからない人もいるかもww この「バーフバリ」は「マッキー」の後の次作品で3年の年月をかけた作品で本国では2015年に封切られました。それから2年かかってようやく「Baahubari 2」が本国インドだけでなく世界中で4/28に封切られます(日本はいつものように蚊帳の外(^^;)) 
 そしてこの監督の前作、前々作のどちらの映画を見ても!この監督の力量が並ではないことに驚かされると思います。マッキーはこの監督がヒッチコック監督を崇拝してる様(『鳥』とかw)がとてもよくわかりますし(他『ザ・フライ』ネタとかもあるしww)、「あなたがいてこそ」はバスター・キートンの映画が下地になってます。私はこの「S.S.ラジャマウリ監督」インド映画界のティム・バートン!と呼んでます。でも今のラジャマウリ監督の方が才能豊かかもしれません。(一度でいいので彼のような監督を招聘できるハリウッドであってほしいですが、根底がレイシズムに溢れてるキリスト教圏の白人社会ではそれは無いだろうなぁと思っています。またラジャマウリ監督もインドで世界に席巻する高い志をお持ちのようなのでそれも応援したいです。)
 そういう才能に支えられたインド映画界であること、インド映画界は100年からの歴史を持つこと(これは中国/韓国より古いんです。英国支配下にあった経緯で)、そして今、経済状況の勢いのあるインド国内の後押しを受けて映画業界が花盛りになって素晴らしい作品を生み出してることと、さらに「ハリウッドを追い抜いてやるぞ」という気概に溢れた映画業界全体が持っている…ということが、今のインド映画の躍進に繋がっています。これらのことが映画から感じ取れて、映画好きの皆様に理解していただけると、映画ファンとしてはとてもうれしく思います。(ハリウッドに追いつこうじゃダメなんですよ、ハリウッドを追い越せ…この気概は本当に大事)
 中国や韓国は今後映画に余裕がなくなります(国際経済状況から明らかです)。そこを歴史文化の下地のあるインド大国が、芸術やサブカルチャーな映画の方面で2008年以降(リーマンショックを受けなかった国)、国際的に大躍進している様は国際舞台にいる人なら知らない人はおりません。そしてインド映画と言えば北のボリウッドと呼ばれるヒンディ語中心でしたが、南のインド映画の躍進も2010年代はいってから素晴らしくそのトップクラスの才能の一人が、この「S.S.ラジャマウリ」という監督なのです。その監督の結実した超大作であるこの「Baahubali」が今後世界の映画界でどのような位置づけになるのか、私は今もワクワクしながらその時を待っております(^^)v。  
 というわけで、世界に遅れること2年後の上映な日本となりましたが、是非っ!今からでも遅くないので『バーフバリ 伝説誕生』の上映に、特に!!上映環境が整ってる愛知の皆様っ!!!お友達をお誘いの上で!!この機会を逃さないで欲しいと心より願います…(-人-;)
 
<上映機会、上映時間>
 さて「バーフバリ 伝説誕生」上映一週間前くらいになると、インド映画クラスタの皆さんざわつき始めましたが、上映回数や時間が気になるところです。まだどこもそれを発表していなかったのですが、上映4-5日前になってようやく上映時間が発表された途端!インド映画ファンクラスタが、怒涛のようにギャーギャー言い始めました(笑)。そりゃそうでしょ、だって東京/大阪とも!夜の一回上映しかないのですからっ!!(><、)
 さすがにこれはインド映画ファンも凹んでしまい、そんなに遇されてないのかとツイッターなどのSNSなどでみな「バーフバリ」を宣伝し始める「自主広報活動w」を始めました(笑)。一日に3-4回上映があるのは「コロナシネマ系列」だけでこちらは「愛知県」等…というインド映画がなかなか根付かないで苦戦している中部地地域で一日3-4回上映で、インド映画ファンがいるだろう東京/大阪で一日一回上映という日本上映は一体何考えてるんだ?(^^;)状態になってるこのタイトル…。インド映画の認知度がそれでもなかなか進んでいない日本とはいえビジネス戦術としてもこれでいいのか?と言いたくなるような扱いにファンは戦々恐々となりました(^^;)
 インド映画の面白さがなかなか日本で根付かない理由は様々にありますが(映画やCM業界の日本の視野の狭さの問題が一番大きな理由だと思いますが、これは日本の全体の問題にも連動してますね)、それでもそのインド映画の面白さが、掛け値なしに一人でも多くの人に伝わる社会が来てくれればと願います。ファンとしては面白ければどこの国の映画でもいいんですが、現在インド映画は、経済成長背景にしたその勢いがものすごくあって、それに注目しないというのは愚の骨頂でしかありませんっ!日本だけがこんなところでガラパゴスになってはいけないっ!っていうのが、こういう産業を見るときの大切な視野なのです。たった一人でもいいから、インド映画の面白さに新たに一人気づいてもらえるでしょうか?そんな思いを胸にインド映画ファンは、この危機的上映状況に大騒ぎを始めたのです(笑)

<バーフバリというビックタイトル>
 バーフバリの本国上映は2015年。これについてはコチラでブログでも何度も紹介しています。日本で公開されるのは2年越し。それでも!バーフバリが日本で最初に上映されたのは、2016年11月3日「京都ヒストリカ映画祭」でした。いわば特別上映です。既にこの映画の凄さについてはインド映画ファンには知らない人はいない作品だったので「京都ヒストリカ」に映画を見に集まってた映画ファンクラスタは、見事にインド映画関連で知った顔だらけだったりしましたww 何しろこの映画のプロデューサーが来るというので、インド映画ファンがあんなに日本全国から駆け付けた京都…という状況は(東京や福岡、大阪はあるが)むちゃくちゃ珍しい機会かもしれない(笑)(プロデューサーのTW
 それでも、みな思い思いに『インド映画を日本で盛り上げたい』という思いを持ってるインド映画ファンクラスタ。私も「とにかく日本にもインドに負けない熱いファンがいる」ことを、なんとかアピールせねばっ!!という思いで、a0308487_01111192.jpg何かファンアートっぽいなんちゃってなものを作っていくことにした。 あちらのプロデューサーさんが来るということで、いつもの似顔絵師様の主役プラバース君の似顔絵や、クッキーやら、テルグ語でTシャツやら、ウチワやらとそういう同じ思いのファンが他にも溢れていた。実際、それだけの熱い思いを注ぎ込むに足るだけのものすごい作品でもある。私もとにかく『なんちゃってな範疇』でいいから作ると決めた。3日前に100円ショップでテキトーなおもちゃを購入し、盾やハンマー武器を作ってみた。 
 おかげでプロデューサーさんの目にもとまり、写真をツイッターでアップもしていただけた。そういうファンが日本にもいることをインド側にアピールすることで、他に映画関係者も日本に目を向けてくれるかもしれない、そしたらインド映画の上映機会が少しでも増えるかもしれない…。ひたすらそう繋がることを夢見て、この日は出かけて行ったのだ。

 
バーフバリ自前VR作戦せねばっ!
a0308487_01334656.jpg が、京都の上映終わってからの日本での情報の少なさにやきもきし、小出しなネットニュースくらいしか、この映画の情報が無い!ファクターが少ない!!予告編だけでも映画館で流れてるといいのだが、実際上映される映画館でのチラシが全然っ減ってないわ、宣伝もどうもなされてないわ(泣)、やる気ないだろっ配給会社ーーー!(><)とファンはかなりやきもきしていた。
a0308487_01335541.jpg このままでは危ない、マジでなんとかファンであるワシらで盛り上げねば!!と思っても!私も忙しさMax!にて、ずっとずっと計画を練ってた『バーフバリ自前VR作戦!』(テキトーw)に時間が割けないっ!(><) 私も本当はもっと早くにこのファンアートをするさまをブログとかにアップさせたりして盛り上げたいと思いながら、とてもじゃないけど忙しくてなかなか時間が取れないままに、上映3週間くらい前になった(T_T)。
 
a0308487_01351191.jpg ネットで見つけた鎧ダンボールがあって、初めはそこにテキトーに描いたものを印刷して貼りつける程度のつもりだったんだが…とにかく材料だけなんとかせねばと、家にあった適当なダンボールを解体し、細工のしやすい発泡スチロールを買ってきた。丁度お手頃な丸いボール状のもの見つけてしまった( ;≧ω≦)。しかし!本当に買ってきただけでさらに10日が過ぎる…_ノ乙(、ン、)_ 
 上映一週間前には最低でも製作取り掛からねばならないだろうと、ようやっと仕事の合間に重い腰を上げ、3月29日-30日辺りから準備を始める。かけれる時間は本当に少ない。どこまでの出来・クオリティになるかわからん…(ーー;) しかもこの手の造形モノは初めてw

<鎧の作り方?>
a0308487_01340657.jpg まずは、プリンターでサイズ測った拡大した写真を印刷する。それを元に、鎧型に切った段ボールに、折り目をつけて立体感を出す。その上に発砲スチロ-ルを張り付けるが、折り目のところには斜めに切ったもので埋める。こいつがかなりてこずった。a0308487_01341389.jpgそしてボンドを乾かすこと一日。
 翌日その上から、プリントアウトした紙を発泡スチロールの上に置いて、合わせながらテキトーにおおざっぱな線を書いていく。
 おおざっぱにざっくりとスチロールを凹凸の出る形に面で切り落とす。あとはひたすらやすり!紙やすりで削るべし!削るべし!削るべし!!(><) 粉塗れになろうがなるまいが関係なしにとにかく削ること半日。エイプリルフールの一日は実はこれでほとんど時間が消えたのだ。やってるうちにそれらしい形になってきた。ここまでくればあとは着色だけ!ここでその日は就寝w 
a0308487_01345855.jpg  着色の段階になってあまりろくでもない塗料しか持っていないことに気づくも(サッカーの段幕つくりに使って余った)ポスターカラーが家で眠ってることに気づく。黒白あればなんかなるぞぃ!!テキトーに絵の具を混ぜてグレー(ちょっと青混ぜて)にしてから塗る。しかしなんちゅーか、下手な筆遣い!!(ガキの頃元美術部・恥)
 ようやっとそれらしく見えてきて、ゴールドのラインを入れるころには、あとはどうやってテカリを出そうかと悩む。調べると木工用ボンドを薄めて使って塗ればいいとのこと!!
 ここまでで二日!早い!安い!荒いっ!!(@▽@;)正直時間が無いので仕事の合間にやってるので、これ以上は時間をかけれませんでした…orz
a0308487_01351779.jpg しかしそれでも物足りない私は、丸い発砲スチロールを凝視…。家の中をゴゾゴゾ探すと使ってないタオルかけの金属棒を見つけてしまう…。
 うーむ…この丸発砲スチロールは削るのは無理???a0308487_01361947.jpgそう判断したので、フィギア用石膏粘土を取り出す(←なぜそんなものがある?しかも一度も作ったことがないのにww)。丸い発泡スチロールに薄く薄くこいつを張り付けていく。凸凹な雰囲気まで作ってる余裕が無いので、またもテキトーに写真見ながら、丸いぶつぶつをつけていく。ほんとにここまでかなりテキトーw一晩おいて乾かす。
 しかしこいつは着色に苦しんだ。銀スプレーがあるも油性なのでスチロールは溶ける!粘土コーティングがうまい具合にあいまって何とか銀スプレーと黒とでごまかすが凸凹までやってる余裕はない。
 そしてようやっと、兄弟ライバル役の鎧とこん棒セットの出来上がりとなった。

<目的は映画盛り上げ隊>
 これでネットに出してみよう多少は反響があるはずだ。そしたら映画の宣伝にくらいなるのではないか?
 …の努力むなしく反応が薄い…_ノ乙(、ン、)_ そこまでこの映画について世間は注目してもらえてないのか…orz  それとも私の造形の腕前がへたっぴ過ぎたのか?何しろこの手の大物造形なんぞ初めてのことだし…。
 確かに主役の衣装じゃないから反応はさらに薄いかもしれないとは思ったが、反響以前にそれ以前にやはりこの映画への宣伝が全然進んでないので、コアなインド映画ファンしかチェックかけていないのだ(泣)。まぁ写真を投下する時間帯も真夜中な私が悪いのだが…。やっぱりインド映画は日本じゃ本当に相手にされてないのか…しくしく(/_;),と思ってしまった。
 
<おひとり様VRはイヤダw>
 ライバル役の甲冑コスプレを作っても、そうはいっても一人でこれを着るのはさすがに恥ずかしい(恥なんてあるのかオレに!w)。だったら誰かを巻き込んでしまえっ!!(笑)と、主役のプラバース君の鎧を簡単に作ることにする。こちらは発泡スチロール削るような大事ではなく、手で簡単に描くだけでなんとかなりそうだ。
a0308487_02201506.jpg 鎧ダンボールという商品があって、こちらも既に入手出来ていたので、そこに紙を貼り色を塗るだけだ。 胸のマークだけは印刷から起こして金色スプレーで紙貼ればそれらしくなる!おおこりゃ簡単だっ!しかもこっちの方が見栄えがいいぞ?ラナさま鎧より強度はないけど簡単だっ!さすが主役のコスプレはそういうもんだろっ!(悔w)
 よっしゃ!lこれで誰かを道連れに一緒に写真撮れれば!!恥の上塗りは一人じゃないぜっ!!(≧▽≦)

 ここまでが、映画封切前日である。この辺りでネットでは映画を知ってる人たちが危機感を感じてTLで各々個人で宣伝にバズっていたし、盛り上がっていたが、中にはネタバレしすぎてる人もいて(笑)、相当にファンも危機感を持ってる上に、上映館も回数も一日一回しかない少ない都心でみなワーワー喚き散らすしか他に手だてがなかったのだ。気持ちがわかる(^^;) 
 そして私は、夜中にSNSに製作した主役バーフバリの鎧の写真を落として眠りについた。ああ、また反応が薄いのかなぁ…(・・、) 全然宣伝にもなってないのか…と、これ見た人が一人でいいので、映画館に映画を見ようとしてくれるといいなぁ…と布団の中にもぐりこんだ。


2,3日前のTLから
by AkaneChiba | 2017-04-10 03:33 | Tollywood | Comments(2)

マサラ上映「バーシャ!」準備 at 布施ラインシネマ

「バーシャ!」マサラ上映
  準備はできましたかーーー!(≧▽≦)/


a0308487_02115537.jpg「隊長!紙吹雪、投げ銭準備できました」
「足りん!3千万分位しかないではないかっ!10倍の3億、いや100倍の30億くらいの束をつくれ!」
「無理です!3000万実際見たことないのに(><)、量がわかりません!(泣)」
「私が一回ゆったら100回言ったも同じだ、100倍だ100倍だ!」
 2月25日「バーシャ」用準備。
 先日、休日となったので、一日頑張ってつくってたけど、全然、投げ銭(新聞紙)、こんなの足りる気がしません!_(^^;)。 あと二日くらいは時間かけれそうだから、チョキチョキ切るかぁ~。阪急デパの紙袋(ローカルw)いっぱいくらいにはなるか?
 インド人、毎回どんだけ作ってきてるんだw ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
今回グッズ持っていくものいろいろ考えると、紙屑ばっかりそんなにかけていられないし。
太鼓持っていくこと考えると、あんまり荷物ふやせないよなぁ・・・(^^;)
https://twitter.com/Rajini_Japan/status/830294348914839552 
 あ、歌の練習もあるーー!!(><)

 わけわかんない様相で友人と盛り上がっております!何しろ「マサラシステムの先駆者!」様の企画する、しかも日本初のマサラシステム上映のその時と同じタイトル、ラジニSirのタイトル「バーシャ!」での上映!!
a0308487_22451447.jpg 既にデジタルリマスターで拝見された方が、デジリマの効果を感動してネットでは伝えられています!私も楽しみです!!!(≧▽≦) バーシャ!バーシャ!バーシャ!バーシャ!
 そしてガンガン、明日の布施ラインシネマでの新たなマサラ上映の聖地誕生!!に今から胸ドキx2、wktkです!!(すいません、若いっこぶりっ子して慣れない言葉を使ってます・惑乱) バーシャ!バーシャ!バーシャ!バーシャ!

 

 たぶん私は、バーシャの弟の格好wをして当日向かいますので、うろついて大きな荷物持ってるやつを見かけたら、「うちの娘が結婚する持参金が足りない…」と合言葉をおっしゃっていただけると、バーシャから預かった「例のブツ」をお渡しします(笑)。気軽に声かけてくださいね!

 明日は、紙吹雪、巻き散らかすぞぉ~~~~!\( ̄▽ ̄)/ 
a0308487_23211977.jpg
 @@ああ!ダンスの振り付けがわからない!!(><)
   そこまで練習してる時間がないっ!!( ̄□ ̄;) 

by AkaneChiba | 2017-02-24 23:25 | マサラマニュアル | Comments(0)

2月25日「バーシャ」インド風紙吹雪の作り方?!

<「バーシャ」関東でも、先に上映>
a0308487_03213339.jpg Space Box Japan さんの上映枠が、関東地区2月18日19日26日とおこなわれます。こちらは普通のいつものSpace Box Japanさんが行う上映形態。
 詳細は→「コチラ」から! (関東、実はリティックの「Kaabil」も18日、19日であるらしい(^^;)。スケジュールかさなるーー!と印映友人、嘆いてはったよ(^^;) )

★「バーシャ」(原題:Baasha) -1995  タミル語(今回、日本語翻訳あり)
 デジリマ版特報予告 Wikipedia IMDb


 さて、2月25日バーシャ」が大阪・布施の上映(マサラシステムで!)という話でひじょーーに今からwktkしていますww 
 さて、この際!せっかくですから、本場インドの初日上映の大騒ぎ模様がどんな様子かをここでも以前掲載していますが、新しいところの模様を見ながら、紙吹雪の話なんかしてみようと思います。


<マサラシステムは日本が起源?>
 まず、マサラシステム/マサラ上映という呼び方は日本だけの呼び方です。a0308487_23190787.jpgマサラ上映好きな方でそれを知らない方はよもやおられないと思いますが、簡単に説明だけ。
 インドでは、プレミアム上映/初日上映などに特にインド大スターなどを中心に、大騒ぎに騒ぎまくってお祝いする上映があり、それを日本に持ってきた方がおられて(それがラジニjpの方々)その有志の方々が名付けたマサラシステムでの上映が、そのまま日本での呼び名になったわけです。あちらインドでは普通に初日上映(プレミアム上映)として大騒ぎしていますし、映画が大ヒットしていますと楽しいヒット曲があると、初日でなくともその楽曲の時にはスクリーン前で踊ってたりする人がぎょーさんおります(笑) さすがインドww 最近ではインド以外の地域でも、欧州なんかや香港/東南アジアなどのインド映画上映でも、人気スターは大変な盛り上がりで上映されていますし、いつぞやは欧州滞在中だったボリウッドのスターが、欧州で(自分とは違う主役の)ボリスター映画の上映で他の観客と一緒になって壇上上がって踊ってたwお茶目さんもいました(笑)a0308487_23193489.jpg  先日も北の映画でもシャールクの新作の映画でも初日から3日間くらいは上映館での大盛り上がりを見せてまして、そのことはこのブログでも大騒ぎ模様の様子URLを紹介しましたよね(笑)。

 大体には南インドの映画のスターでの盛り上がりがその中心で、その時の盛り上がり様は、ネットでも様々見つけることが出来ます。最近ではSNSなどでこの手の画像が見つけられまして [映画のタイトル]+「reaction (in theatre)」「crazy / craze reaction」「FDFS」(多分First Day Festival's の略だと思います 1st Day 1st Show 初日初回の意味ではないかとお教えいただきました。Mさんありがとうございます ^^)などの用語やハッシュタグで検索すると見つけることが出来ます。ちょっとだけその盛り上がりの映像を集めた動画見つけましたので紹介。
 
 各スター様ごとに集めた映像集いいですね(笑)プラバス君のバーフバリ予告トレーラーでも盛り上がるインド観客ww
 2017年1月早々には、久々のChiranjeeviの10年ぶりの復帰作ということで「Khaidi no 150」の 映像もはいってるのかな?相当に賑やかでしたし、下のは昨年2016年のPawan Kalyanの「Sardaar Gabbar Singh」の時の映像で、紙吹雪の舞い方に笑ってしまいますww  Ram Charanの2016年の12月の「Dharva」でこのリアクションww(≧▽≦)。ついこの間は、タミルだと人気タイトルSuriyaさんの「Singam 3」でも盛り上がってて、もぉ~なんだか羨ましくて羨ましくて(笑) 感情表現が素直に出来て、お祭りになって、ってとても楽しい社会ですよね(笑)


「バーシャ」日本初!だった映画
by AkaneChiba | 2017-02-16 02:45 | 小道具・衣装 | Comments(0)

マサラ上映情報 新潟 兵庫 2016年10月 

<マサラ上映 情報 2016 10月>
 なんと、今年は「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」のマサラ上映があちこちで再復活しております!2013年の日本でのインド映画ブームの立役者でもあるこのインド映画の最高傑作の一本が、あの時それに立ち会えなかった方々にも、是非、今一度、キラキラ光る極上のシャンパンを飲んだような気分になれる映画「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」で、マサラ上映を体験してみてください(^^)/

 10/22(土) 高田世界館 
10.22(土) インド映画『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』(マサラ上映)詳細
http://takadasekaikan.com/archives/3417





10/29(土) 塚口サンサン劇場 重低音ウーハーマサラ上映
 
 あの!塚口サンサン劇場さんで、1日限定「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」を重低音ウーハーマサラ上映決定!(しかも塚口サンサンさんでは、インド映画「チャーリー」もこの日から封切り決定!!)



------------------
<マサラ上映 初心者向け>
 塚口は言うまでもなくマサラ上映のいつもの達人がいらっしゃると思うのですが、果たして高田世界館はどうなるのか?初めての試みとおっしゃるようなので、もしよかったら、こちらにマサラ上映のマニュアルとかおいていきますね(^^) というか、その通りにしなくても、映画は心の底から楽しめばいいので、そういうのがちょっとしにくいシャイな方々向けの参考程度にどうぞ(^^)/

▽紙吹雪をつくってみよう!マサラグッズ他・・・http://osolove.exblog.jp/19890696/

▽OSOマサラ上映用自作アイテム一覧・・・http://osolove.exblog.jp/18314164/ 
 こちらでは、ダンスマニュアルや、初心者向けマサラマニュアルのダウンロードができます。
 ご自由にDLして楽しんでね(^^)/


  @@高田のあそこでやるのは行ってみたい・・・・

by AkaneChiba | 2016-09-22 23:57 | マサラ上映 | Comments(2)

7月 インド映画 日本上映 2016

 まだ6月も始まっていないのに、7月の話をするのは気が早いですが、ちょっとイベント情報があったので。 初出5月30日アップ。7月5日改訂。
 ここは一応、インド映画メイン、関西メインで情報書いてます。マサラ上映で最近ではインド映画以外でも上映されるようになってますが、私はなかなか映画館に行ける時間見つけるのが大変なので、あまりインド映画以外のマサラ上映などは、情報を掲載していません。そこはご了承ください。
 ただマサラ上映という方法は、インド映画に限ったことではなく、映画を楽しく見ようというイベントなので、マサラ上映のネタや方法とかについての紹介した記事へのアクセスは、何かの参考になればと思っています。 楽しく映画を見るのに、決まったルールはありません。映画館が許す範囲で、自分だけじゃなく、他のお客さんも一緒に楽しいと思えるようなアイデアや、楽しみ方は、皆さんで案を出し合って楽しんでくださいね(^^)/


<マサラ上映情報 関東>
「恋する輪廻 オーム・シャンティー・オーム」 が、埼玉川越スカラ座で1週間上映があります。
 7月16日(土)~7月22日(金)
 http://event.k-scalaza.com/?eid=1264429

 7月17日(日) マサラ上映決定


クラッカーや紙吹雪用意して、楽しんでみてくださいね(^^)/

まだ、この映画のマサラ上映の楽しみ方がわからないけどどうしたらいい?という方には、こちらでマサラマニュアルやダンス・マニュアルを紹介しています。よかったら、ご参考に~(^^)/
http://osolove.exblog.jp/18314164/

「恋する輪廻 オーム・シャンティー・オーム」は、インド映画の中でも稀に見る極上のエンタテイメントの一本ですので、是非!登場するスターたちの名前や顔を覚えて、あるいは、映画をみて、楽しんでみてください(^^)/

----------------------

<SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016>
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016(7/16-24)での上映です
★(英題)「The New Classmate」(邦題:ニュークラスメイト) -2015
映像ホール上映日 7.17(日)14:00 多目的ホール上映日 7.20(水)11:00
http://www.skipcity-dcf.jp/films/films09.html

▼原題:Nil Battey Sannata -2015 IMDb Wikipedia

https://www.youtube.com/watch?v=rGrhXaVyltc
 
 映画祭上映で、昨年2015年の素敵な佳作が一本きます。ひじょうに評判のいい作品で、そういう映画は海外の映画賞に出されたりしますが、インド映画は、毎年そういう映画をいくつも世界に向けて輩出しています。特に女性監督の多さは目を見張るものがあり(日本はそこだけはほんとにダメ・・・邦画界はほんとに視野が狭い・・・最近かなりマシにはなってきてはいますが)、世界に名前の知られた女性監督を既に1980年代には輩出してきています。また女性監督の方が社会派な視点でモノを作る才能が優れているのも、インド社会を半面を映しているのではないでしょうか?とても評価の高い作品なので、是非、お近くの方は脚を伸ばして御覧になってみてください。

------------------------------
<インド人コミュニティのための上映会から>
 以前より何度かここでも紹介させていただいている「日本在住のインド人コミュニティのための上映会」の一つであるSpacebox Japan さんが、サルマン・カーンの新作をどうやら上映してくれるそうです。
 あまりにビックタイトルなので!ちょっとご紹介させていただきます。いわゆるビックタイトルなので、ちょっと驚いてます(;^_^A あの!サルマン・カーン アヌシュカ・シャルマの話題作!!「SULTAN」です!!

☆「SULTAN」 トレーラー

 詳細はコチラ↓で確認して申し込んでください。 7/9 で川口で2回 7/10 えびな といづれも関東です。 
http://www.spaceboxjapan.com/movie_details.aspx?Movie=9
 こちらの上映会さんはわりと、一般ウケするビックタイトルをゲットされる傾向にあるようで、日本でのインド映画初心者向けには拝見しやすいかもしれません。(日本の皆さんにも見てもらいたいという上映会さんのようです。)
 ただこういうミーハーなビックタイトルな映画は、日本の配給大手ともかち合う競争にもなりかねないので、あんまりビックタイトルだと、二度と日本語字幕では日本は買わなくなるかもしれないというところとのバランスが難しいので、この映画だったら日本に絶対来ないから見に行こうとか、そういうことを推測して見に行くバランスは必要かもしれません。

7/31も追加されたみたいです。詳細は、SpaceBoxさんのサイトまで。
http://www.spaceboxjapan.com/movie_details.aspx?Movie=9

 それとは別に他にもインド人コミュニティ向けの上映会は、面白いものをやってくださってて、上映会ごとに内容が違います。私は関西住まいなので、関東の上映会にいけてませんが、他の上映会では気になるすごくいい映画・・・ってのをいくつもやってまして(24とか見たかった・・・orz)、タミルやテルグ、最近ではマラヤラムとか、スリランカ?の映画なんかも立ち上げてる団体さんがいます。
 こういう映画は絶対に日本に来ないからなぁ~っていうような地方の映画は、インド人コミュニティ上映会では、かなり映画好きには見に行く価値があると思います。しかも最近、質の高い作品をインドの各地域はどんどんだしてるので、映画マニアにはそういう上映団体さんを探し求めて、映画を見る方がいいと思います。
 このような「(ウケ狙うとかじゃなく)日本にいるインド人仲間に いい映画を届けたい・・・」という団体さんは、在日インド人の方たちの場が荒らされるのも困るでしょうから、私はできるだけそれらの団体さんの上映については、ここでは書かないようにしています。あなたがインド映画を好きになってくれたのなら!ネットさえあれば!必ず自分でそこにたどり着くことができるので、関東で行われている彼ら向け上映会はご自分の力で、それらの情報をゲットしてみてくださいね(英語は必須ですが、ネットで翻訳できる時代ですからなんとかなりますよ ^^)

 今回は、多くに日本の方にも見てもらいたい・・・という団体さんなのと、あまりにビックタイトルなのに驚いて、ご紹介させていただくことにします(^^)/

 きっとサルマン人気あるから、彼が登場するだけで印度人塗れな、指笛のなるにぎやか上映になると思います。(日本のようにおとなしくみるような観賞ではないこと付け加えておきます)

----------------------------------

<インド映画女優が出てる米国制作ドラマが!>
インド映画ではおなじみのワールドワイドに活躍の実力派美人女優 プリヤンカ・チョープラ Priyanka Chopra が、アメリカのTVドラマに主演で出ておりまして、昨年から話題になっておりましたが、それが日本でもBSのTV放送で見れますのでお知らせしておきます。
 日本はインド映画に関してはあまりにも僻地すぎるのですが、欧州や北米ではインド映画俳優は、しっかり認識されてそのステータスも認められています。古く大ベテランは「インディ・ジョーンズ」故アムリッシュ・プリーや今でも活躍するナッスルディーン・シャーや、少し前、中年男性では「ライフ・オブ・パイ」や「ジェラシック・ワールド」等イルファン・カーンは日本でもファンがしっかりおり、「スラムドック・ミリオネア」や「ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル」ではアニール・カプールなど、ハリウッド映画に出演する俳優もこのところよく見かけます。
 その中でも最近では、女優としてこのプリヤンカ・チョープラは、2000年ミス・ワールドの覇者でもあり、ユニバーサル・ミュージックとも契約しているシンガーでもあります。もちろんそのシンガー枠で日本でも紹介されたことがあります。音楽方面のラジオで何度か彼女の音楽を聴いたことがありますが、そのDJの方たちには、彼女が女優であることは理解ができてなかったようで、日本の世界のエンタメに関する知識の無さには、いつもながら笑うしかない様相になっています。(広告会社が宣伝するものしか電波にのせない日本だからね。)
 そんなWorldwideに活躍中のプリヤンカ・チョープラの主演海外米国ドラマ「クワンティコ」が、2016年7月16日から、Dlifeで放送されます。

☆ Dlife 「クワンティコ/FBIアカデミーの真実」サイト 
 Qiantico Trailer

 トレーラーは吹き替えになってますが、彼女の声はちょっとハスキーで色っぽいくかっこいいので、できれば字幕あるなら英語放送で見てあげてください。
 またこの数年、プリヤンカのキャリアもパフォーマンスもトップレベルにあるので、彼女のボリウッド映画のダンスシーンなどは、それを見てるだけでも殿方なんかは目がハート(笑)になっていますね。
 日本でも彼女映画はいくつも紹介されていて、「クリッシュ 」、「闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 」、「バルフィ!人生に唄えば 」、「ラ・ワン」等、美人なヒロインや演技派な彼女を、どうか堪能してみてもくださいね(^^)/
----------------------

 @@新しいインド映画が昨年から今年は前半は全然!来ないので、数年前の映画ばかりがイベント上映されてますね。ちょっとかわったところで、今、「あなたがいてこそ」とかをマサラ上映すると、それはそれで新しく知った方が楽しんでくれるかもしれませんね(^^)/
by AkaneChiba | 2016-06-10 00:55 | マサラ上映 | Comments(0)

「クリッシュ」(Krrish3) マサラ上映マニュアル

クリッシュ(Krrish3) マサラ・マニュアル

クリッシュ Fullマサラマニュアル--Ver 15.01.15 
a0308487_414563.jpg
ダウンロード→PDF 1.04mb
・・・Ver 16.02.12 4ページ程のマニュアルです。ツッコミどころを思いだす用(笑) ダンスマニュアルひとつつけました

クリッシュ マサラ上映ガイド
a0308487_4135376.jpg
ダウンロード→PDF 2.3Mb

・・・ マサラ上映初心者向けのガイドです。A4で裏表に印刷して半分に切ってお友達に渡してあげましょう。


Krrish Paper Mask・・・ 厚紙に貼って、作ってみて(^^)/ 
a0308487_21375569.jpg
 コツは、マスクの裏側に、強化のために裏地のバネ(クッション)を貼ることで空間が出来るので目にあたりにくくなります。かなり試行錯誤して、紙マスクいくつも作ってみて、型を描いてみたので(製作期間は10日程・・・実質時間3日?)、及第点にはなってるかしらね(笑)

a0308487_2323524.jpg ▼印刷サイズはA3用紙 230Kb
 → ダウンロードPDF A3
   ・・・・ データをUSBに入れて、
A3で印刷できる機械でどうぞ(^^)/
 ▼A4サイズ 220KB
 → ダウンロードPDF A4 
    ・・・ A4でコピーして、コンビニでA3に拡大。
 A4→B4だとお子様サイズ?


☆おまけww
<ペーパーマスクの組み立て方解説>・・・裏地のバネ(クッション)の作り方がわからない人に。

http://youtu.be/Yph8kavncEo

クリッシュ ダンスマニュアル--Ver 16.02.12 
a0308487_4213813.jpg
ダウンロード→PDF 522kb
・・・Ver 16.02.12 ダンスマニュアルだけ別印刷するならこちらからDL A4
ダンスの映像はコチラ↓ 簡単でしょ?
 

@@是非!マサラ上映「クリッシュ」が観たい!(>▽<)
こんなツッコミ三昧出来る映画もそうそう近年なかったですよっ!!(笑)
by AkaneChiba | 2015-01-15 02:22 | マサラマニュアル | Comments(0)

11/23 マサラ上映 たぶん関西は今年最後のマサラ上映かも?

たぶん関西は今年最後のマサラ上映かも?

みなさーーん!!11月23日の準備はバッチシですか?
おそらく関西では、今年最後のマサラ上映。何しろ2週に渡ってダブルマサラ、計四回!!とか無茶苦茶ダイエットしたいんですか?したいんですか?と言いたくなる塚口サンサンの企画・・・
ムチャしやがって・・・AAを貼りたい!!けどそんなことしてる暇がありませんっ!
紙吹雪製作に時間がかかっているからでっ!!

----------追記-------
a0308487_21325460.jpg

いつものごとく、私を上映前にみつけてくださった方には、マサラセットを先着10名様にお渡ししています。
「ダバング」や「バードシャー」上映前にワタクシを見つけてみてください~(^^)/
多分大体おそらく開放された休憩室に早い時間からいると思います
---------------------
<神戸映画館三連動企画>
神戸で懐かしの「ボンベイ」が観れます!
☆神戸映画サークル協議会―11月例会― 「ボンベイ」 1995年作品
2014年 11月 21日 22日 一日3回上映
http://kobe-eisa.com/modules/pico/index.php?content_id=147
 
  →2014/11/22 終了しました。

<11/23  「ダバング」「バードシャー」マサラ上映>
耐久マサラ上映 塚口杯 http://ameblo.jp/t-sunsun/entry-11954706118.html
▽この日は その前に普通上映のダバング 上映もあるよ。

▼14:30~16:00「マダム・イン・ニューヨーク」「ダバング 大胆不敵」を買われた脱サラリーマン大向さんのトークイベント!
ダバングのあんな話や、こんな話の裏話!!を聞いた後に、マサラ上映(こちらのチケットはトークイベントと連動企画)
▼16:35~16:45 「ダバング 大胆不敵」マサラ上映 (トークイベント込みの企画、詳細は劇場に)

▼19:20~22:05「バードシャー テルグの帝王」 関西初!マサラ上映
a0308487_227545.jpg

---------------------
<マサラ上映用、こんなのあると面白いよ、アイテム>

紙吹雪作ってみよう
ダバングマニュアル
バードシャー・マニュアル
 (+ 11/21付けで 追加で、紙吹雪を紹介しています)

よかったら、ご参考に(^_-)/


   @@今年おそらく関西で最後のマサラ上映になると思うので楽しんで(^^)v
a0308487_226947.jpg

by AkaneChiba | 2014-11-21 17:34 | マサラ上映 | Comments(0)

11/15塚口サンサン「耐久マサラ 塚口杯」 あなたがいてこそ、ダバング 2本!

a0308487_18165343.jpg 本日は、塚口サンサン劇場 「耐久マサラ上映 塚口杯」の2本のマサラ上映に行ってきました!!。
テルグ映画
「あなたがいてこそ」と 
ヒンディ映画
「ダバング 大胆不敵」
 どちらも、マサラ上映でわいのわいのと大騒ぎするには、バッチシの映画です。たぶん用意したクラッカーの数は180個くらいは手元に用意した気がします。

<始まる前に、マサラマニュアルミニ本>
 ワタクシこのところ、稚拙ながら簡単マサラ上映前MCダンスレクチャーなんかをさせていただいております。一本目の「あなたがいてこそ」でダンスレクチャーとかやってきました。
この日、特筆すべきはじゃじゃーーん!!a0308487_1817547.jpg
このマサラ上映マニュアルのミニ折り本です!!マサラ友人の「ヤマニンさん」が、作ってくださったのをご紹介させていただきました。
 MCに関わるようになりまして、私自身も映画のファンだっただけの素人(最近喋って踊るイラストレーターになってますが ^^;)ですので、マサラ上映やインド映画のファンの方に、他にこんな素敵なファンのかたがいるよ~(^^)と、ダンスのお手伝いいただいたりとかして、お声をかけさせていただいています。それまでにも、インドスターのチョコや似顔絵がガム・・とかの方も熱いファンがおられましたが、他にもSOTYの時には、彼女がいると必ずマサラが盛り上がると関東のファンからもお墨付きの『マサラの女神様 シャンティさん』に京都では舞台に引っ張り上げご降臨いただき、ダバングの京都ではサルマンのお面で登場いただいた『お面芸人マサラー、Mさん』もご紹介させていただきました。 マサラ上映の大ファンの方々で、彼女らが昨年の心斎橋のこの一枚をきっかけに、この2年のマサラ上映ブームの大きなキッカケになったのは大きなマサラの財産だと思います。MCの機会を戴きました時にはいつかどこかでその才能/タレント/遊び心満載の感性のファンを、紹介出来たらなぁ~と常々思っておりましたのでその機会がめぐってきて嬉しいです。
 さて、そんな中で素敵なマサラーさんの今回は絵を描かれる方として、上記のわかりやすいミニ本を作成してくださったヤマニンさんの作品も紹介することができ、インド映画ファンが、こんな風に熱い思いを持って映画ファンがいるんだよ~ってことが伝えられるといいなぁ~(^^)v と思っております。インド映画のファンの方は熱い何かを持っている・・・ことが、配給会社やバイヤーの方々に伝わって、良作の作品が、日本でも公開してもらえるようになるといいな・・と心より願っております。(ゴールデンアジアさん!Happy New Yearを是非とも買ってくださいっ!切望!)

<さて、一本目、「あなたがいてこそ」>
a0308487_18172516.jpg 塚口サンサン劇場さんは上映前にファンに休憩室を開放してくださってて、インド風衣装にお着替えとか、わいのわいのしながらカレー食べたりなどができます。私はMCのこともあり、15時過ぎに塚口入りをしまして、パンジャビ風衣装に着替えてスタンバイ。頭の中は、この日のMC内容について予行演習でいっぱいいっぱいです(^^;)
a0308487_18352018.jpg  珍しくこの日は女性もの衣装で行った私。いつもは男性俳優スターのコスプレっぽいですが、この映画はキュートなヒロインも魅力の映画ですので、パンジャビ風衣装にお着替え。 インド映画がキッカケでお知り合いになった方々が続々来られまして、挨拶して回ったりと、一体私は何をここでしてる?(笑) しかもこの日は2本目の「ダバング 大胆不敵」にTV取材が入るということで、この段取りでお願いしますとか番組の人にお願いされてたこともあって、結構ワケのわからない状態のままで、マサラ上映に突入しました(^^;) いつもだったら、「マサラセットいる人いますか?」とかいってわいのわいのとその方たちと喋ったりとかしたりするんですが、あんまりそれをやってる暇がなかったですね(苦笑) だから今回とことん写真が無いんですよ。いつも上映前とか記念撮影とかしてるんですが・・・

 この日はやはり、2本とも上映を見に来る人が大半でして、マサラー達人ばかりかしら?と思っていたのですが、上映前にお聞きしましたら、半数弱くらいの方がやはりマサラ上映初めてだったようで、それでもすごく盛り上がった上映になりましたね(笑) 関西のお客さんはノリがいいのかもしれません。
 あんまり上映前に休憩室解放されてることは知られていなかったのか?地下の入り口に行ったときに集まってるお客さんの風と、休憩室でわちゃわちゃやってたお客さんの層が、全然違ってたと感じたのは私だけでしょうか?もし、次もマサラ上映にお越しになられるのでしたら、是非とも!解放されてる休憩室で、30~40分くらい前に来て、楽しく歓談していただくのも、塚口サンサン劇場ならではの、マサラ上映の楽しみ方かもしれません(^^)v

 さて、初めてのこの映画でのマサラ上映が、どんな風になるかは、いつもちょっとドキドキ(*^_^*)。
簡単にマサラ上映の説明をし(噛み噛みですいません ^^;)、この日はマサラシステム上映の始祖元祖、てつのすけさんがお越しになられていたので、その場で立っていただいてご紹介させていただき、このミニ折り本の製作者のヤマニンさんも紹介させていただき、彼女にお手伝いいただき「テルグの娘」の「てるがんまぁ~いぃ」のフレーズのところをダンスレククチャー。みなさま完璧に踊って下さいました!準備はOKです!!

a0308487_18183194.jpg ワタクシこの映画を既にもう4回以上みてるのでしっかりと、紙吹雪に「インド車」を仕込んで行き、ラームの自転車用パフパフもしっかり!(チリンチリン♪はなかったのよ・・・)。太鼓はバッチシ携帯。この映画の音楽は南の映画の音楽って太鼓ってわりとポイントになってまして、それも合わせたかったんですよね。a0308487_18174430.jpg あと、ラジャマウリ監督の名前が出てきた時に、クラッカー鳴らしたかったんですが、バタバタしてるうちに監督のところで逃す・・・orz しかーっし!ラームが自転車ふらつかせて最初のミュージックダンスシーンで、クラッカー炸裂!!!紙吹雪ぶっとび!!!
 私もインド車紙吹雪全部まき散らかし!!!!!(>▽<) 映像自体もここでクスクス笑いの起こるシーンでもって、ちょっと緊張がほぐれていきます。
 キレッキレのダンスをするラーム(Suneel)に合わせることが出来なくても、手拍子だけでもノルことができます!といいつつ私は友人となんか既にノリノリになっておりましたが(笑)。

 しかしまだ一部のお客さんは様子見な感じの空気が無いわけでは無かったのですが・・・・。電車のシーンになり、実は発砲スチロールや風船でココナッツなんかを作って持っていって投げてみたかったのですが、この日はそこまで準備やってる余裕が全く無くて・・・。映像の面白さに笑いがおこります。そんな緊張のほぐれた中、2曲目のところで友人がすくっとたちあがり・・・3次元アパルナが出現!!!a0308487_2305895.jpg思わず紙吹雪で声援、贈っちまいましたがなぁ~(全然これは私、友人の行動を予想してなかった・笑)。  これはウケたww!!(>▽<) この様子を、上映中の撮影が出来ないのが残念で残念でなりませんっ!!o(≧_≦、)o しかも、かつて私もOSOで似たような三次元化にトライしてこけて失敗した苦い思い出のある者としては、この友人の三次元化の完成度に、唸ってしまった(大拍手・笑) 
 ここで多分お客さんも一気に緊張がほぐれたのではないかと思います(笑)
そして、テルグの娘のシーンでは、手拍子やダンスの振り付けで楽しんでもらえた様子で、振付が簡単なのでみなさんがその部分を踊ってる時は手拍子の音が減るのがわかるんですよね(*^-^*) 楽しんでいただけましたか?

 またこの映画は、映画の内容そのものが自然とお客さんが主人公を応援するだろう映画になってますので、案の定そういう声援が飛びかったのは嬉しかったですね。お笑いツボも相当あるので、そのツボに声を出して笑いが起きますし、主人公が追いつかれそうになると「あーーー!」とか「逃げろ――」とか(笑) そういう楽しみやツッコミができるのは、マサラ上映でしか体験できません。

a0308487_18405496.jpg 映画は大団円のハッピーエンドを迎えるころには、主人公たちの行動に「おお~!」と歓声も上がり、やっぱり映画の魅力そのものがお客さんに通じたのではないかとも思います。エンディングの音楽と一緒にNG集が流れるのですが、それも面白いので声が出て笑いが起きると言うのもいい感じでしたね(^^)v 手拍子で盛り上がったりもしますし。ちなみに私はこの映画の主人公は、自転車ではないかと思っております(笑)

 関西初マサラだった「あなたがいてこそ」の上映が終わり皆さんにこやかな笑顔でしたが、このあとすぐ、塚口サンが、バードシャーの予告上映をしたら、そのままマサラ上映のノリで、トレーラーで大盛り上がり!!(笑) それはなかなか、他に見ることのない塚口サンサン劇場さんの粋な計らいだったかもしれません(笑)
「あなたがいてこそ」の関西初マサラは、とても初々しい感じの素敵なマサラ上映になったような気がしました。初見のお客さんも多かったのかな?
映画「あなたがいてこそ」は、普通上映でも何回見ても楽しい映画ですので、是非!じっくり普通上映でもご鑑賞いただければと願います。私は今年の一番の推しは、この映画です。インド映画は、一度見たくらいじゃいろんなことがわからない何度も見ることでわかる点がいくつも伏線散りばめられているのはお見事ですよ(^^)
a0308487_1840511.jpg


<インターバルがございませんっ!映画にも、観客にも!ww>
a0308487_22134193.jpg さて、紙吹雪の量もまき散らかされた様子をもっと写真に撮りたかったのですが、ワタクシこの日は、2本目にMCやら取材やらありまして、大急ぎで衣装を着替えにトイレに駆け込みました(><;) そうです、サルマンの警官衣装にお着替えです!ホントはもっと皆さんのマサラ上映後のうれしそうな顔観たかった・・・(/_;)
 一本目と2本目の間の休憩時間が30分しか無いのもかなーり!キツうございました(/_;)。カレー食いたかったよ・・・orz もちろんこの時点で時間が押してますのでバタバタしてます。そしてこの時間の合間にTV局やら、タレントやら、カメラやっら、ダンスやらが入りこみます。エライ大慌てのドタドタ状態ドリフのBGM音楽が聞こえてきそうです(笑)


<そのまま突入 2本目 ダバング>
 大胆不敵なのはもしかしたら、塚口サンサンさんなのかもしれませんっ!!(>□<;) 2本続けてのマサラ上映に我らマサラーは右往左往!一本目の興奮も冷めやらぬのに体力が持つのかおれらっ!
 この日は、なんと、塚口サンサンさんのヒーロー「ロード」キャラクターまでサリーをまとって参戦していたそうです!!み損ねたーー!(>_<)

a0308487_18184465.jpg さて着替えが終わって軽く上映前に、浪速のサルマンさんに登場いただき、ざわつく中で、ダラダラと簡単にマサラ上映の説明をします。このダバングでもヤマニンさんのミニ折り本「ダバング編」
a0308487_18185623.jpgの紹介と彼女にその場に立って挨拶していただいた後、Tera Mast Mast Do Nain の一部ダンスのフリだけレクチャー。

その後、本日のメインイベント、プロのインド舞踊家によるダバング「Hud Hud Dabangg」のダンス披露がございました。さすがにカッコいいです!プロのダンスは違います!(>▽<)

a0308487_19402729.jpg この日は取材がはいっていまして、関西の地方のお笑い番組でした。放送日がまだわかりません。クイズ形式で関西の面白いものを吉本の芸人さんで紹介して行くような番組だそうです。私はその取材の中で、レポート役の芸人さんが、いろいろ質問をしてくるのを、受け答えするという大役をいただきまして、ちゃんと素人の私でも無理なく簡単なように「台本を書いてくださってるTV局のスタッフさん」がおりまして、マサラ上映に沿うような中味を考えてくださったようです。さて、放送日にはどれだけ使えますでしょうか?(笑)その辺のこぼれ話は最後に少しだけ紹介しときます。放送まで内緒にしときたいものもあちらの都合であるでしょうから、番組観終わってからここクリックして頂く方がいいかもしれません

 メインは私はマサラ上映を盛り上げたいのが中心だったので、最初のうちは取材でその席を動けないでいたのがものすごーーく最初キツくって・・・(>_<)。やっぱ、オレの自由は奪うなww 太鼓や紙吹雪とか、狭い席で自由に動けなかったのはキツかった・・・orz
 でも、お客さんは既にもうノリノリだったので、そこは心配することなく盛り上がった上映でした。というか、2本目もそのままマサラ上映に参加してくださってるので、皆さん要領わかってノリノリです!(笑)
 そのうち席を移動し(最初だけこの席にいてくれと言われてたのですがその後は自由でいいですと言ってくださってたので)、ようやくいつものノリノリ観賞スタイルになりまして。
 Peeni hai のダンスも、HoHo!とかHeyHey!とかの掛け声も、お客さんが反応して声が聞こえてきたり、スカーフぶんまわして、Tera mast~ で 指パッチンダンスもバッチシ!!曲に合わせて手拍子も聞こえてくるし、銃撃戦では鳴りまくるクラッカーと、心配することなくお客がノリノリです!!ヽ(≧▽≦)/
a0308487_18215527.jpg  この日のダバングの盛り上がりの部分で、やっぱ「ムンニー姐さん」のダンスシーンは、相当ノリノリだったように思うのですが、どうでした?(笑) 京都みなみ会館でのダバングもノリノリでしたが、関西はお客さんのノリがいいので、その辺は関東とは一味違うテイストな上映になってるようではありますね。この手の掛け声聞こえてきたのは今回だけ?いやそんなこと無かったっけ?京都もだっけ?写真はヤマニンさんからいただいたムンニー姐さんダンスのフライヤー!

 もちろん!「ダバング」マサラ上映は、ノリノリの盛り上がりで最後エンディングを迎えましたーー!大成功~~~ヽ(>▽<)ゞ そして、やはりこの後も、バードシャーのトレーラーを塚口サンサンさんは流してくれます!!と!!大盛り上がり(笑) 最後は塚口サンサン劇場さんの記念撮影で、映画を終えました(^^)。

 この耐久マサラ上映 塚口杯は、11/23にもございます。ので、是非!そちらでも大いに盛り上がっていただけたらと思います。(多分今度はガッツリのダンスレクチャーもしますよ ^^v)  そして、バードシャーの関西初マサラ。これはもぉ~ディスコかクラブかここはどこだ?!映画館でノリノリあり得なぁ~~~いい!!になれること請けあいます!そういう音楽ばかり揃ってる映画でもある(笑)この映画についての紹介は後日するとするか・・・
a0308487_18193069.jpg
 そして、もちろん!!後片付けも、みなさんにご協力いただきました。いつもありがとうございます~~m(>▽<)m こんなに沢山の紙吹雪となりました。
a0308487_18192696.jpg


 2本耐久マサラ上映・・・・体力勝負と、取材と、(私は個人的にMCと・・・ ^^;) 劇場も、スタッフも、ダンサーも、テレビ局も、大忙しのマサラ上映なりました。 もしかして、昨年の12月のムトゥマサラ上映の紙吹雪量を上回ったかも知れませぬ・・・
  
a0308487_18192357.jpg


 塚口さん・・・2本続けてマサラる時は、間40~50分ほど時間を空けていただけると・・・観客が一息つけます(^^;)・・・30分は短かった・・・(白目)

取材こぼれ話・・・
by AkaneChiba | 2014-11-17 22:59 | マサラ上映報告 | Comments(0)

マサラ上映情報 9/27 横浜 10/4 京都 

<秋のマサラ上映情報>
------------------------
--------関東-------

a0308487_23352653.jpg★9/27 横浜ジャック&ベティ マサラ上映 19:45〜「スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!」 
http://www.jackandbetty.net/cinema/detail/459/

・・・この映画で、マサラ上映は、もうおそらく最後かしら?ダンスレクチャーの赤いドレスのお姉さんが出没?!この映画をみてから、秋に10月から開催されるIFFJで、是非ヴァルン君の映画もチェックしてみたください(^^)v

→ ▽「スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!」マサラマニュアル
http://osolove.exblog.jp/19778090/

-------------------------
-------関西----------

★10/4 京都みなみ会館 「ダバング 大胆不敵」 マサラ上映 15:35~http://kyoto-minamikaikan.jp/archives/17073

a0308487_23255276.jpg・・・京都みなみ会館さんは、この日お祭りです。おいしいパン食べて、Boxフリマがあって、マサラ上映とお祭りです!! ダバングを良く知る「あの方」が登場という噂も!!


→▽ダバング 大胆不敵 マサラマニュエル 、ダンス・フライヤー 新しく改訂したバージョンのもあります。http://osolove.exblog.jp/19832395/


@@番外:紙吹雪をつくってみよう http://osolove.exblog.jp/19890696/

a0308487_23394174.jpg

by AkaneChiba | 2014-09-24 23:41 | マサラ上映 | Comments(0)

マサラマニュアルをつくってるワケ

以前にも私はここで細かなところに織り交ぜて書いたと思うけど、どうしてマサラマニュアルを作ってるかについて、再度書いておくね。

 私自身はマニュアルとか作ってるけど、自分で作りながら「結構こんなの無粋だよな(笑)」と思いながらつくってもいる(笑) そういうものは無くっても、各々が楽しめればいいからだ。だから、他の誰にも強制はしないし、楽しみ方がわからないで困惑してる一部のシャイな方の為に、手助けになるものを・・・と思って作っている。そういう点では、私自身は、マニュアルなんかなくっても、自分でいくらでも楽しめちゃうタイプの人間なんだが(笑)、誰しも私と同じようなではないわけで(笑)、私は何かのキッカケになればというポイントに立ってるのだ。

 そして以前にも、ここの後半でも書いたが、マニュアル作りのキッカケになったのは、それを喜んでくれる人がいたからだ(^^)v そしてなかなか自分の感情を素直に表すことのできないシャイな日本の観客には、こういう手助けは必要かもしれない・・・と考えたからでもあるのだ。

 海外の映画館や、子供だらけの映画の上映などに行けばわかることだが、人は自由に笑ったり泣いたり歓声を上げたりしている。子供の映画などは、子供が小さければ小さいほど「ワァーーーッ!」っていう歓声を上げたりするのが面白くて、たまにそういう光景を味わいたくて子供の映画に足を運ぶこともある。映画の本質は、見て楽しんでくれるお客さんがいるそのことが、映画にとっての幸せだと、こういう光景をみると嬉しく思うのだが、大人になるとどーしてもそういうことが出来にくくなってしまう。素直に映画を見て気兼ねせずに声を出して笑うくらいはしたいなと思うのだけれど・・・。昔の映画館はにぎやかで騒がしかったもので、映画館では不埒な迷惑行為をするような輩もいたことがあったので(私の子供の頃でも痴漢レベルとかいたからな。)いろんな規制を作って映画館でのマナー向上に努めた、国民のマナーレベルが改善されたらそんなおかしな迷惑行為はほぼ無くなっていったのは良いことだが、生活の多様化も進み観客が少なくなっていくと、逆に笑い声一つでも気にかけながら映画をみないといけないような空気が生まれてしまった。現在は素直にそういう感情表現を表しにくい上映中の雰囲気もある。
a0308487_3585415.jpg

 ただそれって、やっぱり見てくれるお客さんが一定以上いて他にも一緒に声を出して笑ってくれるから一緒になって気兼ねせずに笑える話であって、微妙な人数の映画観賞では変に気をつかって素直に感情表現が出来ない空気も同時に抱えてしまった・・・。この何年か業界全体が頑張って映画館に観客が戻ってきてくれるよういろんな試みがなされているが、まだまだ道が遠いのも事実だ。加えて日本の上映問題=施設と音について書いた時も、上映小屋のキャパが足りない話なんかも書きましたが、映画における見る側も上映する側もその環境が整っているようで、実は整っていないことを改めて感じ、人が映画館に行なければ、何にもならない・・・ってことを痛感したからなのだ。 私はそのことを、インド映画をキッカケに、もっとインド映画をみたいよと思ったら、それがひじょーーに困難な日本であることを知り、次にインド映画の質に見合うだけの上映環境を手には出来ていない不遇さの原因は?と調べまくって、見て回って、結局は、人が映画館に行ってないんでいろんな上映の選択肢を広げることが出来ない映画の上映産業なんだ・・という、そこの結論戻ってきてしまったのだ(^^;)。

普段から映画館に行かない人もいる・・・
by AkaneChiba | 2014-09-10 06:08 | ワケ | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

祝!バーフバリ2 12月29..
at 2017-09-23 03:30
10月 インド映画日本上映 ..
at 2017-09-15 00:59
ICW Japan 9月23..
at 2017-09-12 19:48
『カンフー・ヨガ』は12月 ..
at 2017-09-03 00:45
9月 インド映画日本上映 2..
at 2017-08-29 01:24

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

> あかん人さん ご無..
by AkaneChiba at 17:48
ご無沙汰しております。 ..
by あかん人 at 19:33
this looks v..
by rajesh at 20:33
युकिकोさんブログ..
by AkaneChiba at 23:51
その節は、お声をかけてい..
by युकिको at 15:00
> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ