遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:インド映画 ( 202 ) タグの人気記事

マッキー、塚口マサラ上映 11月9日

もうすでに知っておられる方も多いと思いますが、あの塚口サンサン劇場さんが、またマサラ上映をやってくださるようです。というか、今年関西で一番弾けてる尋常じゃないレベルの上映館さん!(笑)

11月9日(土)『マッキー』20:00の回にて、マサラ上映会をいたします
http://ameblo.jp/t-sunsun/entry-11649083210.html

http://ameblo.jp/t-sunsun/entry-11661127163.html

懐かしの映画への愛も半端なく、昔の日本映画の懐かしいフィルムを、このところ特集で上映してくださってたりと、映画好きにも、これまたたまらない上映をしてくれています。当時の映画ニュースとかはいったままのフィルムとかね(^^)v。

出来れば、この間のパシフィックリムのように爆音上映会もなさったようですので、インド映画に大事の「音の良さ、音大きめ」だけは、宜しくお願いします~~~~(>人<、)

建物の構造上、なかなか大きな音にすると低音とかが別のスクリーンに響くという難点を抱えていらっしゃるのは、どことも上映館の悩みでもあると思うのですが、できますれば、何卒、何卒っ!よろしくお願いいたします<(_ _;)> 

マサラネタ・・・・何を思いつきますかね? とりあえず小道具としては、ハエ叩き、クラッカー、殺虫剤というわけにはいかないから、パーティースプレー缶か(中味のでない)スプレー缶か(笑) 羽根とかコスプレ?w マッキーが元ネタにしてダンスしてるシーンの役者とかのお面とか?紙吹雪とか?(^^;)

考えるのが難しい~~~でも考えるの楽しい~~~(≧▽≦)


   @@音の問題だけ日常的にクリアできれば、
      あんな理想的なイケてる上映館はなかなか他にないですねw
by AkaneChiba | 2013-11-01 01:49 | マサラ上映 | Comments(0)

移動映画館 2013 - 原題 Touring Talkies

IFFJ 大阪で 「移動映画館」2013 - 原題 Touring Talkies を観てきました。
a0308487_1152697.jpg

ちょっとこれ推しさせてくだされ。あたくし、これ「推し」です。
IFFJの 25日、最終日、最後の上映となってます。是非、お見逃しなく!

頭の中にいくつかのシーンが張り付いてあるいは焼きついて離れない・・・。
決して強烈では無いのに静かに頭の中にふわっと映像が浮かぶ、そんな心に焼きつき方。

本当はいろいろ書きたいのですが、まだ後一回みれるので、内容について書くのはやめときます。(後日にでも)
姐さんっ!カッコよすぎますぜっ!なんてオトコマエwwな姐さんwww
また、このポジションのキャラってなかなか出てこないだけに、欲しかったキャラでもある。
あの拡声器のおいちゃんが、またいいんだわぁ~(笑)

FacebookやOfficialページありますが、なんの予備知識も無しに観に行ってください。

それと私はマラーティ語?どころかインド言語については、まーーたくっ!わかってませんが、言語の妙がセリフにあるなら私にはお手上げですが、ストーリーも芝居も、プロットも、「単館上映とかでいい映画好きとか言ってる映画好きが、これを気にいらないわけないでしょう!」的な、単館上映向けな、いい映画。ミニシアターな映画館で観る映画だよね。(京都や元町さんあたりでやらんか?ってな感じの・・・)

今回、IFFJでは、フェラーリがなかなか評判がいいみたいですが、出てる顔は演技派のベテラン有名どころなので安心して観れる確かな脚本なのかな?と思ってます。(行く時間あるかなぁ・・・ ^^;) 
そういう観点から行くと、この Tourring Talkeis は、これ上映するに至った映画への審美眼・選定眼で、IFFJさんに、拍手送りたいと思います。これまだ今年4月の作品なんだよ~~(驚) 

あ、IMDbじゃactor扱いになってる(笑) いや、女優だってばっww

  @@この女優さん、すっげーっすわ。他の映画でのあの体重の役作り、どこまで太ったの?
by AkaneChiba | 2013-10-21 01:18 | 他地域インド映画 | Comments(0)

RKといえば・・・

 イン活生活(※1)を始めて半年を超え、観てる映画も70本超え。半年で100本超えるかと思ったらそこまで無理やったな(笑)。OSOとボリ4と、同じ映画を何度もあちこちに観に行ってたってこともあるが(笑)  時間的なものもそうだが、入手困難なことも手伝って、ここまでインド映画観てていまだアミターブ様の主演作が一本も観れてない・・・・・orz なにやってんだか(笑)。(ついつい後回しになっちゃうんだよ、いつでも観れるだろうって。) なのに、7月にはアタクシったらば、Old Movieなものに手をだしてしまい 一気に1950年代www。
※1・・・インド映画好きがそれを追いかけて活動することをイン活というw もちろん造語w
 SRKちゅーたらあたしらはシャールクになるけど、あのロゴ風は、SDJとかのパクリがあって、その前の時代のインドの話じゃ、RKちゅーたら、Raj Kapoor で。その辺の混在さカオスなネタなんすかね?そう、Raj Kapoor の Shree420 を7月に観て、おおお!って。しかしRK落ちとか、古すぎやろっww

 なんでも孫のランビル映画が日本でも公開される?噂が聞こえとるのだが、Barfi!ですか?Yeh Jawaani Hai Deewaniディピカと共演のですか?それらトレーラーをチェックしたついでに、そのじいちゃん(=Raj)の映画をチェックしIMDbチェックしたんが運のつき。(ちなみにBarfi!のCDは、ひじょーーに良いと音楽店の店長に勧められた。まだ映画観てないんで後回しにしてるけど)でも、まだ彼の映画は一つもみれてない?

さて、7月にここに出会ってしまった↓
by AkaneChiba | 2013-10-18 22:33 | 俳優 | Comments(2)

昨日の日経MJにしんゆり他

しんゆりのみなさんのご報告、mixiやツイッターではお聞きしてました。
そう!六連発クラッカーバトミントンのディピカーお面は衝撃的でしたww
マサラは確実に進・化・し・て・い・る・!(≧▽≦)

日経さん、取材してたのは知りませんでした。まぁ同じマサラについてTVでもワーサテで放送してたもんね。
どうせ取材してるのなら、なぜ横浜にこない?(笑)ちゅーかあんな伊勢崎町なところに人が集まるなんて発想無かっただろうなぁww

さて、昨日の日経流通経済新聞で、裏面結構な紙面割いて、マサラ上映の紹介と映画上映の在り方を取材なさってたみたいです(^^)v。
a0308487_011236.jpg

横浜のマサラでお会いしたみなさまが、後ろ姿でもわかるww!写真が掲載されております!
a0308487_0105992.jpg

誰かわかるところが、愉しい~~~www (いや皆さんと横浜で一度お会いしただけですが ^^;)

ちなみに、6連発ブースター最初の発案者はこのお方です(笑)。心斎橋シャールクの方が横浜でも、十三でも、6連ブースター作っておられましたww。

さらに・・・
by AkaneChiba | 2013-10-11 02:04 | マサラ上映 | Comments(0)

ボリウッド4の各映画について

 今年ボリウッド4は大盛況だったようでようやっとインド映画も日本で日の目を見るかもしれない年になったらしい。あたしも今年開眼したもんなぁ・・・ってかどーしてこんなになるまで知らなかったんだっオレ!っていう後悔の方が山のようにあるって、これわからんじゃろぉ・・・orz 都会に生きてないってっそういうことなんだよな(遠い目)

 さておき、盛況だったにもかかわらず、何が気にいらないかっていうと、広告打ってるのが「きっと、うまくいく」ばっかりで、うるさいくらいだった。いい映画だけどあれを最頂点にされると、インド映画人が怒るとオレは思う。というのも「きっと、」は2008製作だからだ。他にもこの時代特にリーマンショックで世界中が吹き荒れる前までは、お金をかけた素晴らしい映画をいくつも輩出してるからだ。半年の間インド映画を20年分くらいを駆け足で70本近く見てきたが、そんな私でもインド映画へのイメージ固定化させられるのはゴメンだと思うくらいに、広報が下手だったと思っている。また、その後の時代にも素晴らしい作品進化して出してるのに、5年も前を頂点にされたら、そりゃちょっと文句も言いたくなる。

 なので、他のボリ4の映画のいいところも、ここで紹介することにする。他の映画の扱われ方があまりに上映も宣伝も理解されてなくて、インド映画好きになったものとしては、これは辛い・・・

続き・・・
by AkaneChiba | 2013-10-02 00:54 | Bollywood | Comments(0)

映画『Jab Tak Hai Haan』(邦題:命ある限り) -2012 

命ある限り Jab Tak Hai Haan 
http://www.yashrajfilms.com/microsites/jthj/fullpage.html

命ある限り [DVD]

Happinet(SB)(D)

スコア:


これは文句なく!背景観る映画です!!
とにかく背景映像が、雄大で素晴らしいっっ!!!!
思わず「ラダックってどうやっていくの?」と一応ネットで検索したがなー!検索だけww (金無い暇ないから無理w) レーについての解説はブログ検索すると、日本語でも、その地方を観光として案内してくれてるサイトは見つかりますので、映画を観た後にでも、検索してみてちょ(^^)v

カトリーナ・カイフが、美人で若くて波にのっててダンスもセクシィ~♪と、そういう眼福さは、ラブロマンスというと敬遠しがちな殿方にも、堪能してほしい。ちゅうーか日本の殿方、そういうとこ話の筋で好き嫌いでどうこういうのではなく、ラブロマンスも数観て勉強してほしいもんだ。
 そういや後から知ったが、カトリーナは、映画の中ではパンジャビ語が出来ないの・・だが、、ヒンドゥ語が苦手なの・・・って地で行く話だった(NRIという存在っす。母国語喋れない人増えてるらしい)とは、ちょいと驚きです。(今は彼女もそんなことないみたいですが)

それと、これを飛行機の中で観た人はお気の毒・・・カットされまくりだったようで、その扱いは一体なんなの?とは思う。気の毒に、ちゃんとした作品を見せてもらえないカットされまくる理由は、やっぱり国際事情に配慮してるストーリーになってるからか?その辺の社会を読む人であること大事で、彼の映画はそこ読む意味でも、殿方には偏見持たずに実は観てほしいよねぇ。美男子に釣られる女性ばかりにクサする人も結構いるけど、そうじゃないよねぇ(笑)。

 それに、そんなことに囚われてると、インド映画の「音」の良さを「聴き逃す」し(笑)。

こっからネタバレあり
by AkaneChiba | 2013-10-01 23:18 | Bollywood | Comments(0)

映画『Ek Tha Tiger』(邦題:タイガー 伝説のスパイ)-2012

タイガー 伝説のスパイ Ek Tha Tiger
Official Site http://www.ekthatiger.com/

タイガー 伝説のスパイ [DVD]

Happinet(SB)(D)

スコア:


ボリウッド4の4作品で、うち2作品が「Yash Chopra製作」の映画だ。つまり金出してますってこと?
インド映画における「製作」の位置づけがまだわからんのだが、資金引っ張ってきたよってことだよね?企画から何からもしましたってことなのかな? 命ある限りは、監督本人の遺作となってしまった。タイガーは、アディティヤ・チョプラ製作になってる。監督は カービル・カーン。その辺のスタッフ、資金、事務所?事情とかもいろいろと面白そうだなぁ。誰かその辺解説かいてないかしらん?というか私はまだそういうのが、ボリ知って半年ではわからなさすぎる(^^;) 

 あたしがChopra一家が気に行った理由に「背景の映像がいつも雄大で素晴らしい」というのがある。
撮影隊がしっかり映像を撮ってくるので。でもまぁインド映画にはブルースクリ-ン前でスターが撮って、映像合成してるのも仰山あるんだけど、その合成具合がお笑いなのもまぁわりとあって、映像技術の発達と、「どこまで本人がそこでやるか」ってのは、今の映画の良しあしのバロメーターにもなってる。そこを量りながら観るのにうってつけな一本でもあるのが、この映画ともいえるかもなぁ。
 詳細は探し出せてはいないのだが、大阪で見た時に、初日ちょっとイベントやってて(この日は立ち見になった)、この映画を紹介してくれた在阪領事の方かな?が、「この映画はいろんな点でインド初!なことを盛り込んだ映画なので堪能して下さい」みたいなことを仰っていた。 アクションもそうだが、映像の編集も最近のインド映画によくみられる短いカットつないで展開させちゃう手法で、目がチカチカする人もいるかもしれないが。ロケーションの数が膨大なようで、あちゃこちゃ行ってるのは羨ましいし、観る側を楽しませてくれるぞw。金かけてるなぁ~~~(笑)なんて見ながらおもっとったんだが・・・・

 あれ?サルマンの映画って、確か・・・やっぱ父ちゃんとこのカーン一家んとこの映画つくり中心なことやってるよね。カーン一家の2世タレントだが、3カーンで一番映画稼いでるのは彼じゃないか?もしかして?と思う。(TVとかはギャラ別にして) ひじょーーに出てる作品が大衆的なので数、たくさん出てるので追いきれてないが。 プレームと言われるちょっと甘い役だというが、筋肉むっきむきなんで、育ちの良さもあって3カーンの中では一番スポーツできるんじゃないの?と思うんだが、ぼっちゃんなんで基本あんま努力してるようには見えない困った奴でもあるんで問題もいっぱい起こしてる、よくある2世3世俳優なんかにありがちなカワイイ男かもしれない(失礼か・笑)  芝居はいまいちな彼だが、キャラ立ちはしてるので、人気の理由もそこにあるか。

Dabangg (2010)の警官キャラいいよねぇ~。 あれはキャラ立ってて見た目だけで彼、当たり役だと思うので、甘い役ヒーロー路線より演技力もっと磨いて灰汁のある芝居を見せてほしい。顔、姿かたちは、これがボリウッド基準か!と見せてくれるところが良いんだわ。

 他にもあの手の風采だったら画面の中に映るアクシャイ・クマールとかもわたしゃ姿かたち好きだが、まだアクシャイいうほど観てないので、それをああだこうだと言いながら早く評価できるようになりたいわww

何が初?なのか知りたい・・・
by AkaneChiba | 2013-10-01 04:42 | Bollywood | Comments(0)

闇の帝王DON ベルリン強奪作戦(原題:DON2) -2011

闇の帝王DON ベルリン強奪作戦  原題 DON2 2011
Official Site →http://www.don2thefilm.com/

 インド映画はミュージカルなのでそこがなかなか世界に受け入れられにくいといわれてたようじゃが、最近のボリウッド映画は欧米化して時間も短くなって音楽を減らし、見やすい映画を作っている。これはそういう映画の一つである。
2012ベルリン国際映画祭招待作品になったのは、前作DON (2006)の欧米でのヒットや、欧州でボリウッドファンがしっかりいることが下地にもなっている。

備考:ベルリンでの上映についてPDF

Amitabh Bachchan の人気作品 DON 1978  を、90年代後半以降のインド映画スター、シャー・ルク・カーンで2006に製作。これがあたり2012に DON2ができたというわけだ。DONの2006は、インド映画らしい~少々冗長な展開ながらも、ダンスもてんこ盛りなので、ひじょーーに「インド映画らしい~~インド映画」となっているアクション娯楽映画だ。(でも面白いっすよ~) そのインドっぽすぎる部分を大幅に欧州スタイル化し、脚本・編集・音楽・ロケーション等のスタイルをスッキリさせて続編化した映画なので、「インド映画は踊らなくちゃ」と言うコテコテマニアな人にはわりと不評なDON2(笑) しかし、インド映画がそういうものだと知らないインド映画初心者には、「誰~~~このオトコマエっっ!!」と食いつく映画でもある(笑) ララもプリヤンカも美人だしねぇ~(笑) プリヤンカの美女っぷりはなかなかこの世代超える女性はいなかったともいわれてる(最近ようやく次の美人でてきたが)。

 DON2の内容は、スタイリッシュなアクションクライムムービーとなっている。
実はこの映画も、ひじょーーーに音響が面白いのだが、残念ながらそれに気づいた上映環境を提供してくれてる映画館は関西ではかなーーりなかった。というかこの00年代からのインド映画は、どれも素晴らしい音響、サウンドクリエーターの手による演出なされてるのだが、日本上映館はどうにも、その辺がすっきり理解できないらしく、ボリウッド4を素晴らしい音で聴きながら上映見れた人がいるのなら、それはあなたは幸運だったという他ない。とにかく近畿各地は、大手以外はほぼ全滅に近かったので・・・(ミニシアターでは元町さん、最高っ!)。この映画も、あまり理解はされてなかったなぁ・・・(落涙)。

 日本のキャッチコピーは、インドのルパン三世とかいっとったが、今回の主演のシャールクには、三枚目要素はない。DONというキャラをシャールク流にキャラ化できてるところは、アッパレである。 ひたすらモデルのようにかっこいい~~~~のは、インドでは映画俳優はファッション誌のモデルも兼任しているので、彼の映画は、ファッション見本市みたいな側面もある。というか、バス降りたとこのモデル歩きにはワロタがなww
(個人的には、シャールクファッションはなかなか見てて、面白いんだよねぇ・・・ツッコみたくなることやってるんだけど着こなしてるのが面白くてww)

 この映画の一番の売りは、やはりベルリンのブランデンブルグ門前のカー・アクションのロケだろう。ベルリンは外国映画にはロケの許可が降りにくいらしく、それができた幸運な俳優は、トムクルーズと、このシャールクだけと言われている。他にもさまざまなドイツロケ地がたっぷり詰まってるのも見どころで、サッカーファンの私には「おおおおおおお!ヘルタベルリンの本拠地!ドイツワールドカップの決勝戦やったスタジアム!」と、よだれたらしながら眼福しておった(笑) これどこの場所だろう?とか言いながらドイツを眺めるのも楽しかろうて。  そう、この映画はその背景を読む力も観客に要求される映画でもある。

 なので、この映画の日本での評価が上がらないのは、その一番のオチというか、キモに気がつかない観客も結構いるからかもしれないと、日本がまだまだ世界を知らない・・・からかもしれないと思わないでもない。

え?オチ/キモわからなかったって?そりゃダメだろう(笑) ちょっと映像一部背景覚えてネットで調べてみ?(^^)v

ここからはネタバレすぎあり
by AkaneChiba | 2013-10-01 02:01 | Bollywood | Comments(0)

何故?OSOにハマったか?2

マサラにいったときにカメラが来てて「何故?こんなにその映画に?」と聞かれたことがありましたが、あの時マサラ直後頭沸いてる状態で(笑)は うまくは答えられませんでしたが、今なら冷静に答えられます。
単に 「この映画が。素晴らしいからです」 つまんない答えかもしれないけれど、それしか一言では表現できません。演出やらがわかりやすい、ツッコミをかけやすいという楽しさもありますが、それ以外にも「何度観ても新しく発見できることがいっぱい詰まってる」というのは、資金もかけられてるってことでもありますが、製作する人たちが細部まで漏らさず映画を愛する気持ちやオマージュ、映画へのリスペクトをいっぱい詰め込まれているからで、それが画面から伝わってくる・・・というのは、そう滅多にあるものでもありません。映画への愛がいっぱい詰まっている映画に出会える楽しさは貴重でもあります・・・・。小道具一つでも拘ってる映像みると、ファンも楽しくなったりするもんです。

あと、日本の上映方法そのものにもいろいろ思うところがありましてインド映画の上映方法の扱いのされ方に興味を持ち、ミュージカルなので音楽が、音響の良い映画館で映画が上映されることが、どれだけ大事なのか?を、私はこの映画で改めて感じた・・・orz ・・・というのもある。どこの映画館でもなかなか良い音響システムで・・・というわけにはいかないもので。ミニシアターさんの苦戦ぶりは、少々気の毒でもありました。大手シネコンは素晴らしいシステム設備あるのに、資源の無駄遣い(アニメか子供のものばかり・・・)のその上映内容のどうしようも無さに・・・愕然もしたんですわ・・・(^^;) 関東は知りませんが、他の都道府県は別にして、大阪はいろいろと思うところがありました・・・シネコンレベルの音響で映画をインド映画で見れた方は、幸運だったと思います・・・orz。

劇場でおそらく私は十数回超えて(もう数えられないくらいww)、この映画を観ましたが、今までそんな映画の観賞の仕方したことが無い私です(何度もビデオやDVDでは観ることはあっても)。『劇場で観たい』と思うものにそんなに出会ったことが無く、大画面で観る映像と音響とを改めて意味があることを私に教えてくれた映画でもあります。何度観ても、いろんな発見が出来ます。
インド映画がその実力に見合った上映館で上映されてるかと言えば決してそれはなく、むしろ不遇の上映方法や館が大方です。そのことが返って、日本で映画産業の上映の問題をずっとずっと疑問に思い続けてきていたことを20年くらいしてやっと何が問題なのかわかった気がします。(今の映画全般が抱えてる問題点でもあるけど・・) 実際いろいろ調べたら、やはり日本は島国・・・映画界だけでなく観客も含めていろんな視野が狭いのだと痛感しました・・・orz。何より日本の映画業界の配給や興行?の仕方にかなり問題があることを痛感しました。小屋問題は不動産屋と同じレベルな価値観である以上、日本の映画は絶対に浮上しません・・(泣)。そこが切り崩せたら少しはマシな日本映画も誕生する土台も生まれるでしょうが・・・

ま、そんなこの映画の細かい部分で、私が「!」と思ったツボをちょっと紹介。ネタバレになるので、まだ観てない方はまわれ右してください(^^)v 

More
by AkaneChiba | 2013-09-27 02:14 | 00年代 | Comments(0)

マサラシステムについて(^^)

マサラシステムというのは、プレミアム(特別な、スペシャルなお祝い)上映のインド流のお祝いの仕方があまりに面白いために、なんでもOKなカオスぶりを日本流にアレンジして「マサラシステムと名付けて」やっているのだそうです。向こうでは爆竹→日本ではクラッカー みたいな、ソフト路線ね。
 (日本で、爆竹使えるのは、さすがに場所は限られてるだろう・笑)
何でもかんでもマサラにしたら人が来るってわけでもなく、また、製作側がじっくりと観てほしいと思ってる映画もあれば、製作側が「みんなで楽しんでくれ!」と思って作ってる作品もあるわけで。インド映画そのものも、都会の映画では大人しく映画を見ているのが普通だそうで、インドの南の方のスーパースターの映画だとプレミアム上映で大騒ぎになるらしい。

それにマサラシステムはなんでもありっていわれてるけど、当然、日本じゃ法に触れることはしません(^^;)

某まとめでツイッター少しだけ回ってて、撮影OKとか書いたのみたけど、それはインドの話あるいは他の国(たぶんどこの国でもアカンとは思うが)であって、日本では『上映中の映画の撮影はダメ』で、そこはくれぐれも、お忘れなく・・・・。

皆、ルールの範囲で、知恵絞って、楽しんでるんで、そのことを、忘れないで楽しんでください(^^)/


---------// ここは余談↓ //----------------------
 というか、大阪が、都会のなのに、若者(?)に面白くない場所なのかっていう話になると、ちょっと腹が立つ話があって、クラブイベントとかが軒並みダメになった理由に、風営法の関係があると言われています。文化的なことや、サブカルから伝統芸能みたいなものまで、軒並み大阪は今面白くない状況にあるのは確かです(T^T)
 この間なんか、理由が分かんないんだけど小さな町の奉納能とかまで無くなってたので、なんで?と嘆くばかり。行政の切りつめで一番真っ先にやられるのが、その手の芸術文化系なんですよね・・・orz また末端のサブカルチャーまでこんなに凹んでるというのもちょっと驚きではありますが・・・。

でもね、そういう場所のイベントを主催する企画の人たちは真面目にやってて、一方でサブカルも含めて文化芸術を支えてる人たちがいるのに、一方で特にサブカルな底辺な裾野では楽しいイベントに見えるちょっと危なそうに見える場所をつかって悪さをする逸脱してた輩が時々ムチャクチャして事件になってしまうために、ガンガン規制が敷かれてしまっています。風営法の影響はかなり大きいようで、一段と厳しくなったのではないかと思っています。(お陰で大阪、ナイトシーンがボロボロでつまらないよね(T^T) そこは、自分で自分の首を絞めてしまった関西人なのか・・・とかなり、ガックシ・・・orz
 
 関東はそういうところは、さすがに羨ましいですね、キャパあるんで。例の2011年震災以降確かにCoolなかっちょよいイベントは、日本そのもの全体で減ってるとは思いますが(この辺は、長期逗留や、在住の欧米系な外国人が減ったとか、その辺も関係してそう・・・)、それにしても大阪・・・本当にいろいろ自由も面白さもなくなったって思うことが多い。大阪ホンマに、いろいろナイトシーン・イベントさみしい(;_;)  ライブハウスしかノリノリになれないのもなぁ・・・場所限られてるし、そんなところは一回イベント代高いし・・・orz    

なんというか、法に触れないのは当たり前のこととして、みんなが気兼ねなく楽しくなれる機会を、演出できることが出来る街、大阪・・・にはなってほしいんですよねぇ~~(^^;) 基本は、居住者年寄りの街だから、一部スラムな地域を覗いては、のんびりしてるところと(世の中の流れにはのれてないけど・笑)、楽しい場所とが混在するちょうどよい移動距離の出来る街ですけどね(^^)v

-----------// ここまで余談↑  //----------------------


それでも、みんなが楽しめる、しかも全然っ健全なイベント!なところが、私はマサラシステム気に入ってもいますので、インド映画を封切り日にお祝い特別上映でとか、私は経験してませんが万博マサラ?がものすごく特別だったらしく、その時のような楽しみ方が、誰もが享受できるよう、楽しいイベントとなりますよことを願って(^^)/


 楽しいしい映画だと一人でも知ってもらえると!
インド映画の認知度があがると、上映する映画が増える、機会が増える..かもしれない! 
 そして、是非そうなってほしいですし、そう、心より願っております(^^)/  

  埋もれてる名作/良作もいっぱい大画面で観たいよね~~(^^)v
by AkaneChiba | 2013-09-19 00:07 | イベント | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

東京国際映画祭の中のインド映..
at 2017-10-14 23:21
ネットで日本語で見れるインド..
at 2017-10-11 02:06
ネットで 日本語で見れるイン..
at 2017-10-11 02:04
IFFJ 2017 映画紹介..
at 2017-09-30 03:35
IFFJ 2017 映画紹介..
at 2017-09-30 02:57

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

> あかん人さん ご無..
by AkaneChiba at 17:48
ご無沙汰しております。 ..
by あかん人 at 19:33
this looks v..
by rajesh at 20:33
युकिकोさんブログ..
by AkaneChiba at 23:51
その節は、お声をかけてい..
by युकिको at 15:00
> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ