遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:インド映画 ( 196 ) タグの人気記事

映画『Ek Tha Tiger』(邦題:タイガー 伝説のスパイ)-2012

タイガー 伝説のスパイ Ek Tha Tiger
Official Site http://www.ekthatiger.com/

タイガー 伝説のスパイ [DVD]

Happinet(SB)(D)

スコア:


ボリウッド4の4作品で、うち2作品が「Yash Chopra製作」の映画だ。つまり金出してますってこと?
インド映画における「製作」の位置づけがまだわからんのだが、資金引っ張ってきたよってことだよね?企画から何からもしましたってことなのかな? 命ある限りは、監督本人の遺作となってしまった。タイガーは、アディティヤ・チョプラ製作になってる。監督は カービル・カーン。その辺のスタッフ、資金、事務所?事情とかもいろいろと面白そうだなぁ。誰かその辺解説かいてないかしらん?というか私はまだそういうのが、ボリ知って半年ではわからなさすぎる(^^;) 

 あたしがChopra一家が気に行った理由に「背景の映像がいつも雄大で素晴らしい」というのがある。
撮影隊がしっかり映像を撮ってくるので。でもまぁインド映画にはブルースクリ-ン前でスターが撮って、映像合成してるのも仰山あるんだけど、その合成具合がお笑いなのもまぁわりとあって、映像技術の発達と、「どこまで本人がそこでやるか」ってのは、今の映画の良しあしのバロメーターにもなってる。そこを量りながら観るのにうってつけな一本でもあるのが、この映画ともいえるかもなぁ。
 詳細は探し出せてはいないのだが、大阪で見た時に、初日ちょっとイベントやってて(この日は立ち見になった)、この映画を紹介してくれた在阪領事の方かな?が、「この映画はいろんな点でインド初!なことを盛り込んだ映画なので堪能して下さい」みたいなことを仰っていた。 アクションもそうだが、映像の編集も最近のインド映画によくみられる短いカットつないで展開させちゃう手法で、目がチカチカする人もいるかもしれないが。ロケーションの数が膨大なようで、あちゃこちゃ行ってるのは羨ましいし、観る側を楽しませてくれるぞw。金かけてるなぁ~~~(笑)なんて見ながらおもっとったんだが・・・・

 あれ?サルマンの映画って、確か・・・やっぱ父ちゃんとこのカーン一家んとこの映画つくり中心なことやってるよね。カーン一家の2世タレントだが、3カーンで一番映画稼いでるのは彼じゃないか?もしかして?と思う。(TVとかはギャラ別にして) ひじょーーに出てる作品が大衆的なので数、たくさん出てるので追いきれてないが。 プレームと言われるちょっと甘い役だというが、筋肉むっきむきなんで、育ちの良さもあって3カーンの中では一番スポーツできるんじゃないの?と思うんだが、ぼっちゃんなんで基本あんま努力してるようには見えない困った奴でもあるんで問題もいっぱい起こしてる、よくある2世3世俳優なんかにありがちなカワイイ男かもしれない(失礼か・笑)  芝居はいまいちな彼だが、キャラ立ちはしてるので、人気の理由もそこにあるか。

Dabangg (2010)の警官キャラいいよねぇ~。 あれはキャラ立ってて見た目だけで彼、当たり役だと思うので、甘い役ヒーロー路線より演技力もっと磨いて灰汁のある芝居を見せてほしい。顔、姿かたちは、これがボリウッド基準か!と見せてくれるところが良いんだわ。

 他にもあの手の風采だったら画面の中に映るアクシャイ・クマールとかもわたしゃ姿かたち好きだが、まだアクシャイいうほど観てないので、それをああだこうだと言いながら早く評価できるようになりたいわww

何が初?なのか知りたい・・・
by AkaneChiba | 2013-10-01 04:42 | Bollywood | Comments(0)

闇の帝王DON ベルリン強奪作戦(原題:DON2) -2011

闇の帝王DON ベルリン強奪作戦  原題 DON2 2011
Official Site →http://www.don2thefilm.com/

 インド映画はミュージカルなのでそこがなかなか世界に受け入れられにくいといわれてたようじゃが、最近のボリウッド映画は欧米化して時間も短くなって音楽を減らし、見やすい映画を作っている。これはそういう映画の一つである。
2012ベルリン国際映画祭招待作品になったのは、前作DON (2006)の欧米でのヒットや、欧州でボリウッドファンがしっかりいることが下地にもなっている。

備考:ベルリンでの上映についてPDF

Amitabh Bachchan の人気作品 DON 1978  を、90年代後半以降のインド映画スター、シャー・ルク・カーンで2006に製作。これがあたり2012に DON2ができたというわけだ。DONの2006は、インド映画らしい~少々冗長な展開ながらも、ダンスもてんこ盛りなので、ひじょーーに「インド映画らしい~~インド映画」となっているアクション娯楽映画だ。(でも面白いっすよ~) そのインドっぽすぎる部分を大幅に欧州スタイル化し、脚本・編集・音楽・ロケーション等のスタイルをスッキリさせて続編化した映画なので、「インド映画は踊らなくちゃ」と言うコテコテマニアな人にはわりと不評なDON2(笑) しかし、インド映画がそういうものだと知らないインド映画初心者には、「誰~~~このオトコマエっっ!!」と食いつく映画でもある(笑) ララもプリヤンカも美人だしねぇ~(笑) プリヤンカの美女っぷりはなかなかこの世代超える女性はいなかったともいわれてる(最近ようやく次の美人でてきたが)。

 DON2の内容は、スタイリッシュなアクションクライムムービーとなっている。
実はこの映画も、ひじょーーーに音響が面白いのだが、残念ながらそれに気づいた上映環境を提供してくれてる映画館は関西ではかなーーりなかった。というかこの00年代からのインド映画は、どれも素晴らしい音響、サウンドクリエーターの手による演出なされてるのだが、日本上映館はどうにも、その辺がすっきり理解できないらしく、ボリウッド4を素晴らしい音で聴きながら上映見れた人がいるのなら、それはあなたは幸運だったという他ない。とにかく近畿各地は、大手以外はほぼ全滅に近かったので・・・(ミニシアターでは元町さん、最高っ!)。この映画も、あまり理解はされてなかったなぁ・・・(落涙)。

 日本のキャッチコピーは、インドのルパン三世とかいっとったが、今回の主演のシャールクには、三枚目要素はない。DONというキャラをシャールク流にキャラ化できてるところは、アッパレである。 ひたすらモデルのようにかっこいい~~~~のは、インドでは映画俳優はファッション誌のモデルも兼任しているので、彼の映画は、ファッション見本市みたいな側面もある。というか、バス降りたとこのモデル歩きにはワロタがなww
(個人的には、シャールクファッションはなかなか見てて、面白いんだよねぇ・・・ツッコみたくなることやってるんだけど着こなしてるのが面白くてww)

 この映画の一番の売りは、やはりベルリンのブランデンブルグ門前のカー・アクションのロケだろう。ベルリンは外国映画にはロケの許可が降りにくいらしく、それができた幸運な俳優は、トムクルーズと、このシャールクだけと言われている。他にもさまざまなドイツロケ地がたっぷり詰まってるのも見どころで、サッカーファンの私には「おおおおおおお!ヘルタベルリンの本拠地!ドイツワールドカップの決勝戦やったスタジアム!」と、よだれたらしながら眼福しておった(笑) これどこの場所だろう?とか言いながらドイツを眺めるのも楽しかろうて。  そう、この映画はその背景を読む力も観客に要求される映画でもある。

 なので、この映画の日本での評価が上がらないのは、その一番のオチというか、キモに気がつかない観客も結構いるからかもしれないと、日本がまだまだ世界を知らない・・・からかもしれないと思わないでもない。

え?オチ/キモわからなかったって?そりゃダメだろう(笑) ちょっと映像一部背景覚えてネットで調べてみ?(^^)v

ここからはネタバレすぎあり
by AkaneChiba | 2013-10-01 02:01 | Bollywood | Comments(0)

何故?OSOにハマったか?2

マサラにいったときにカメラが来てて「何故?こんなにその映画に?」と聞かれたことがありましたが、あの時マサラ直後頭沸いてる状態で(笑)は うまくは答えられませんでしたが、今なら冷静に答えられます。
単に 「この映画が。素晴らしいからです」 つまんない答えかもしれないけれど、それしか一言では表現できません。演出やらがわかりやすい、ツッコミをかけやすいという楽しさもありますが、それ以外にも「何度観ても新しく発見できることがいっぱい詰まってる」というのは、資金もかけられてるってことでもありますが、製作する人たちが細部まで漏らさず映画を愛する気持ちやオマージュ、映画へのリスペクトをいっぱい詰め込まれているからで、それが画面から伝わってくる・・・というのは、そう滅多にあるものでもありません。映画への愛がいっぱい詰まっている映画に出会える楽しさは貴重でもあります・・・・。小道具一つでも拘ってる映像みると、ファンも楽しくなったりするもんです。

あと、日本の上映方法そのものにもいろいろ思うところがありましてインド映画の上映方法の扱いのされ方に興味を持ち、ミュージカルなので音楽が、音響の良い映画館で映画が上映されることが、どれだけ大事なのか?を、私はこの映画で改めて感じた・・・orz ・・・というのもある。どこの映画館でもなかなか良い音響システムで・・・というわけにはいかないもので。ミニシアターさんの苦戦ぶりは、少々気の毒でもありました。大手シネコンは素晴らしいシステム設備あるのに、資源の無駄遣い(アニメか子供のものばかり・・・)のその上映内容のどうしようも無さに・・・愕然もしたんですわ・・・(^^;) 関東は知りませんが、他の都道府県は別にして、大阪はいろいろと思うところがありました・・・シネコンレベルの音響で映画をインド映画で見れた方は、幸運だったと思います・・・orz。

劇場でおそらく私は十数回超えて(もう数えられないくらいww)、この映画を観ましたが、今までそんな映画の観賞の仕方したことが無い私です(何度もビデオやDVDでは観ることはあっても)。『劇場で観たい』と思うものにそんなに出会ったことが無く、大画面で観る映像と音響とを改めて意味があることを私に教えてくれた映画でもあります。何度観ても、いろんな発見が出来ます。
インド映画がその実力に見合った上映館で上映されてるかと言えば決してそれはなく、むしろ不遇の上映方法や館が大方です。そのことが返って、日本で映画産業の上映の問題をずっとずっと疑問に思い続けてきていたことを20年くらいしてやっと何が問題なのかわかった気がします。(今の映画全般が抱えてる問題点でもあるけど・・) 実際いろいろ調べたら、やはり日本は島国・・・映画界だけでなく観客も含めていろんな視野が狭いのだと痛感しました・・・orz。何より日本の映画業界の配給や興行?の仕方にかなり問題があることを痛感しました。小屋問題は不動産屋と同じレベルな価値観である以上、日本の映画は絶対に浮上しません・・(泣)。そこが切り崩せたら少しはマシな日本映画も誕生する土台も生まれるでしょうが・・・

ま、そんなこの映画の細かい部分で、私が「!」と思ったツボをちょっと紹介。ネタバレになるので、まだ観てない方はまわれ右してください(^^)v 

More
by AkaneChiba | 2013-09-27 02:14 | 00年代 | Comments(0)

マサラシステムについて(^^)

マサラシステムというのは、プレミアム(特別な、スペシャルなお祝い)上映のインド流のお祝いの仕方があまりに面白いために、なんでもOKなカオスぶりを日本流にアレンジして「マサラシステムと名付けて」やっているのだそうです。向こうでは爆竹→日本ではクラッカー みたいな、ソフト路線ね。
 (日本で、爆竹使えるのは、さすがに場所は限られてるだろう・笑)
何でもかんでもマサラにしたら人が来るってわけでもなく、また、製作側がじっくりと観てほしいと思ってる映画もあれば、製作側が「みんなで楽しんでくれ!」と思って作ってる作品もあるわけで。インド映画そのものも、都会の映画では大人しく映画を見ているのが普通だそうで、インドの南の方のスーパースターの映画だとプレミアム上映で大騒ぎになるらしい。

それにマサラシステムはなんでもありっていわれてるけど、当然、日本じゃ法に触れることはしません(^^;)

某まとめでツイッター少しだけ回ってて、撮影OKとか書いたのみたけど、それはインドの話あるいは他の国(たぶんどこの国でもアカンとは思うが)であって、日本では『上映中の映画の撮影はダメ』で、そこはくれぐれも、お忘れなく・・・・。

皆、ルールの範囲で、知恵絞って、楽しんでるんで、そのことを、忘れないで楽しんでください(^^)/


---------// ここは余談↓ //----------------------
 というか、大阪が、都会のなのに、若者(?)に面白くない場所なのかっていう話になると、ちょっと腹が立つ話があって、クラブイベントとかが軒並みダメになった理由に、風営法の関係があると言われています。文化的なことや、サブカルから伝統芸能みたいなものまで、軒並み大阪は今面白くない状況にあるのは確かです(T^T)
 この間なんか、理由が分かんないんだけど小さな町の奉納能とかまで無くなってたので、なんで?と嘆くばかり。行政の切りつめで一番真っ先にやられるのが、その手の芸術文化系なんですよね・・・orz また末端のサブカルチャーまでこんなに凹んでるというのもちょっと驚きではありますが・・・。

でもね、そういう場所のイベントを主催する企画の人たちは真面目にやってて、一方でサブカルも含めて文化芸術を支えてる人たちがいるのに、一方で特にサブカルな底辺な裾野では楽しいイベントに見えるちょっと危なそうに見える場所をつかって悪さをする逸脱してた輩が時々ムチャクチャして事件になってしまうために、ガンガン規制が敷かれてしまっています。風営法の影響はかなり大きいようで、一段と厳しくなったのではないかと思っています。(お陰で大阪、ナイトシーンがボロボロでつまらないよね(T^T) そこは、自分で自分の首を絞めてしまった関西人なのか・・・とかなり、ガックシ・・・orz
 
 関東はそういうところは、さすがに羨ましいですね、キャパあるんで。例の2011年震災以降確かにCoolなかっちょよいイベントは、日本そのもの全体で減ってるとは思いますが(この辺は、長期逗留や、在住の欧米系な外国人が減ったとか、その辺も関係してそう・・・)、それにしても大阪・・・本当にいろいろ自由も面白さもなくなったって思うことが多い。大阪ホンマに、いろいろナイトシーン・イベントさみしい(;_;)  ライブハウスしかノリノリになれないのもなぁ・・・場所限られてるし、そんなところは一回イベント代高いし・・・orz    

なんというか、法に触れないのは当たり前のこととして、みんなが気兼ねなく楽しくなれる機会を、演出できることが出来る街、大阪・・・にはなってほしいんですよねぇ~~(^^;) 基本は、居住者年寄りの街だから、一部スラムな地域を覗いては、のんびりしてるところと(世の中の流れにはのれてないけど・笑)、楽しい場所とが混在するちょうどよい移動距離の出来る街ですけどね(^^)v

-----------// ここまで余談↑  //----------------------


それでも、みんなが楽しめる、しかも全然っ健全なイベント!なところが、私はマサラシステム気に入ってもいますので、インド映画を封切り日にお祝い特別上映でとか、私は経験してませんが万博マサラ?がものすごく特別だったらしく、その時のような楽しみ方が、誰もが享受できるよう、楽しいイベントとなりますよことを願って(^^)/


 楽しいしい映画だと一人でも知ってもらえると!
インド映画の認知度があがると、上映する映画が増える、機会が増える..かもしれない! 
 そして、是非そうなってほしいですし、そう、心より願っております(^^)/  

  埋もれてる名作/良作もいっぱい大画面で観たいよね~~(^^)v
by AkaneChiba | 2013-09-19 00:07 | イベント | Comments(0)

大阪十三シアターセブン9月20日 マサラ上映準備OK?

追記:マサラシステムは、なんでもありっていわれてるけど、当然、法に触れることはしません(^^;)
NAVERのまとめでツイッター少しだけ回ってて、撮影OKとか書いてるけど、
日本では『上映中の映画の撮影はダメ』です。くれぐれも、お忘れなく・・・・。
------------------------------
大阪の十三は、14日のマサラ上映はどうやら初見の方が多く、残念ながら静かだったようです。それとも、みんな20日に焦点あててるのか?残念ながら告知が十分に出来てないことと、マサラに駆けつけるだろう方々が、他の休日のイベントと重なってしまったみたいで参加できなかった様子です(^^;) インド映画関連重なりすぎ(泣)。(しかも特別なイベントが福岡や神戸、関東などで行われてた様で・・・)

a0308487_111457.jpg


元々、大阪でそれをマサラシステムを主導された方々がお忙しくなっている様子もあるようで、なかなか、そういう方が主導出来ない様子です。あと、大阪は映画に限らず、エンタテイメント方面全般が、ことごとく風営法だかの範疇で、ダメになってる現実がありまして(不法すぎるむちゃした馬鹿いたんだろうなぁ~って予想はつく・・・ ^^;)、クラブノリのノリノリな盛り上がりは、大阪市内は下降線の一途をたどっているようです・・・まじか・・・orz

でも!これはあくまでも、健・全・な・っ・!!ww子供から大人まで楽しめるマサラムービー!!
危ないことなど、どこにそんなものありましょうか?!
間違いなく、怒涛のような感動の渦に巻き込まれること請け負います!
だって、映画そのもの出来が良いのですから!普通上映でも素晴らしいのです!それがさらに楽しいマサラ上映ですよっ!!一度や二度みたくらいじゃわからないくらい、物凄く良く出来上がってる映像だって、観てる人なら知ってますっ!絵を描くとは、まさしくこのことです。映画に投じてる資金も桁違います!(くっそーって思うがそこは素直にリスペクト・・・ ^^;) しかも、この映画2007年なんですよっ!!!つまり今の2013年のインド映画はもっと進化しているわけですww 私ら観客側がそれについていってないくて、進化せずにどうします!!何しろ世の中、倍返しだーー!!がウケルご時世!そんなもの、とっくの昔に映画化してるぞ、凄いぞインド!100年の映画の歴史は伊達じゃない!日本だって日活は100年だぞ!だからボリウッド4だそうだぞっ!そうだ、100年の倍返しだっ!!いや、100年っ100倍返しだーーーー!!(意味不明)

もし、この映画で危ないものがあるとするなら、イケメン美男子の6Packにくらっくらっ!になってしまって前のめりに気を失うくらい(笑)か、シャールク以外にも、続々イケメン登場に黄色い声援飛ばし過ぎて息切れか脱水症状になるくらいしか、あり得ませんっ!!ヽ(>▽<)/ 

もちろん!イケメン好き女性向けだけではありません! 理想の女性を探し中の殿方も、あまりの絶世の美女に息を呑みます。イケメン美男子に息を呑む殿方も、全然っ!自由にOK、全部ウエルカム!ちゅーか、ブラックレインの舞台にもなった十三なんでもありだろうっ!Yeahーー!!!!(⌒▽⌒)/゜・:*【ネ兄】*:・゜\(⌒▽⌒)

ゲフゲフ・・・・・・いえ、ちょっと騒ぎすぎましたか?(^^;) でも嘘は言ってませんよね(笑) クラブノリでこの映画の音楽に反応しない人はどこにもいないでしょうし、実際世界中ではインド映画の音楽のラインナップは、日本が知らないだけで、一定層ファンしっかりつかんでて、しかも世界の人口に占めるインド人の割合大きいですからファンがぎょおーーさんいてます(^^;) 本当に日本が、エンタ方面、特に音楽やリズムものはガラパゴス過ぎただけのことで・・・

大人だからこそできる「楽しみ方」というのも、この世の中にあること、そして「ただ意味なく心の底から無条件に楽しむ映画・・・なんてものがある」ってことを、また、この「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」は、そういう盛り上がり方を想定して製作されている「ひじょーーに素晴らしい映画」であることを、9月20日、大阪十三シアターセブン さんにて、一緒に体験してくださいっ!(^^)/

この映画の、マサラ上映に一人でも参加して、一人でも多くクラッカーなり、紙吹雪なり、飛ばしてくれたら、それだけで、この映画を観た価値が出来ると思います~~。

ちなみに、どこまでの範囲がOKなのかは、私は個人的にちゃんと十三シアターセブンさんに確認とっています。この映画でマサラを望む方々は、皆さん「大人ですから」ちゃんと自分で行動して内容確認問い合わせていますし、また、マサラシステムというのは、上映後、観客がお片づけを手伝うことまでが、マサラシステム であるということも、ご存知ですよねっ!大人だからこそ責任もって楽しめることを、決して忘れてはいけませんよ(^^)/  (遅い上映だと帰りの電車もあるでしょうから、もちろん!自分が出来る範囲!まででOKですよん ^^v)

しかも、このところ、マサラ進化してて、お片づけまでやると面白かったりするネタ仕込まれてるよねww
------------------------

いまさら、マサラシステム、マサラ上映について、解説することはしませんが、念の為、参考URLを。

「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」 マサラ上映用自作アイテム一覧
http://osolove.exblog.jp/18314164/
マサラ上映について関連URL その2
http://osolove.exblog.jp/18491795/

皆さん、よかったら、一緒に盛り上がってください!!(>▽<)


   @@個人的には、新ネタ披露~で大阪凱旋・・・とネタ思いつかない・・・
    横浜でお披露目したネタを凱旋?でいいよね?ね?(^^;) 協力者希望ww
    紙吹雪を手元扇風機やうちわでヒラヒラさせてくれる方、いませんか?か?(^^)
by AkaneChiba | 2013-09-16 01:02 | マサラ上映 | Comments(0)

インドなイベント 盛りだくさん

明日14日は、大阪十三シアターセブンで、『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』のマサラ上映(9/20も)。
他にも、9/14KOBE Bollywood NIGHT と名打った、インドなイベント、福岡ではアジアフォーカス福岡国際映画祭9/13-9/23(ここは、インド映画とかアジア映画への理解が深いそうです)・・・と、イベント盛りだくさんでございます。 福岡の映画祭の「血の抗争」と「聖者の谷」は観てみたいなぁ~と思ったので、大阪近辺でもやってくれませんかね?あ、シャンハイはトレーラーみたらインドらしぃ~映画となってた(笑)

3連休になるので、いろんなところがイベントやってますので、重なるのはしょうがないのですが、私は神戸のイベント覗きに行こうと思っています。インド系な音楽の生演奏を聴きたい・・・という渇望の方が、今回優先されてしまいました(^^;) (シタール演奏をちょろっとぐらいしか聞いたこと無いのですよ・・・) 太鼓をどっかで習いたくてまだ何もはじめれていませんが買ってもいませんが、とりあえずヒンディ語入門の本とかは買ってみた。ページ進んでないけど(笑) メラ ナーム アカネ ハイー まだそこ(^^;) 字がなぁ~~慣れないので難しすぎる・・・まだ3つしか書けない・・・orz

関東では、マサラ上映もあちゃこちゃでやるみたいで、羨ましい限りです。
ブルーレイやら発売記念冠してあの「踊るマハラジャ」で、キネカ大森ではマサラ上映するみたいです。それなら是非それを広めた有志の方々の大元の方にリスペクト込めてゲストに呼んであげてください・・・と願うのですが、無理かそりゃ(お忙しいでしょうから)。 その時は是非、お札のような大きな紙束を撒き散らすマサラシステムでお願いしますと思ったりも・・・。クラッカー鳴らすのは日本流なのかな?たぶんインドだと「爆竹」になるよね(^^;) 日本で爆竹はさすがに無理ww 長崎や横浜中華街での祭りぐらいでしか見れないだろうなぁ・・・爆竹なんて。

 10月のインドなイベントで有名なのは、ディワリ・イン・ヨコハマ http://www.diwaliyokohama.org/ でしょうか?

 しんゆり映画祭では、OSOをマサラ上映するらしいですが、クラッカーや紙吹雪が禁止事項になってて、ファンの間で「え?(・o・;)」とどよめきが起こっております。中味のでないクラッカーぐらいなら許可でるかでないか、事務局側も検討中だそうです。 えー、映画祭スタッフさんが上映館に掛け合ってくださったようで「エアークラッカー」のみOKとなっています。音だけ中味でないクラッカーOKだそうです、エアークラッカーだけでも許可ありがとうございます(^^)。 というか、紙吹雪無しってマサラ上映/マサラシステムとは言わない・・・(ーー;) 紙吹雪なくして何がマサラ上映なんだろうか・・・・orz  上映館側とのお話もあるようなので無理は言えないのかもしれませんが。 紙吹雪無しのマサラは、さっきまで冷たかった気は抜けてないけどぬるいコーラ・・・ということになりませんよう(^^;)みなさまの盛り上がりっぷり!で、映画館さん側が「これは面白いかも?次は紙吹雪やってもいいかも?」と思っていただけることを、切に期待します~(^^)/  (2013.09.19 一部変更改訂)

マサラってスパイスのことを言うんですが、そのなんでも混ぜてるカオスっぷりな詰め込んでるスパイスな感じを、日本の方がその上映方法に冠してつけたナイス!なネーミングなので(向こうでは、単にプレミアム上映というらしい)、マサラ上映と冠するからには、その混ぜこぜになったスパイスな「なんでもあり感」がなかったら、マサラとは言わないと思うんですよねぇ。声援や指笛OKなら、鳴り物類もOKなハズですから、その範疇になるものは認めてあげてほしいと思います。爆竹じゃぁ~ないんだからさぁ・・・。日本のクラッカーはわりと安全すぎて地味ですが。

ところで、ロッキーホラー・ショーは声援とコスプレとライスシャワーあっても、クラッカーや紙吹雪は無い?太鼓のような鳴り物やらは?

そうそう、横浜のOSOマサラでは「鳴り物系がもうちょっと欲しかったよねぇ~」と、その点は私も思いましたね。鳴らない太鼓ww持ち込んだ本人が言うのもなんですが(絵を描いた上に皮だから湿気高いと鳴らない)、ホイッスルや、パフパフ~~とか、鈴の音とか、そういうのはあると面白いですね。鳴らし所はわかってるよね?(^_-)=☆

私は関西なので、もう関東には「行けません」が(そんな何回も旅行できない ^^;)、大阪周辺のインドな催しは、ちょこちょこ覗ける範囲でいってみようかと思います。

そうそう、今年もIFFJ10月です。NAVERのまとめもあったな。 何観に行く?やっぱスター様揃ってるコメディがよいのかしらん?ジョニーレバーや、リシーカプールとか、定番の安心の脇いる(ワタシの選択そこかっ!笑) Housefull2あたりかなぁ~?軒並み顔揃ってる映画だけどね。

なんでも2012のIFFJが凄かったらしく あのDevdas は、昨年やってたのか!!(驚) これこの間見たんですよ。・・・声無くしちゃってあまりの豪華さにあんぐりしながらみた・・・_(^^;) お陰でしばらく名作モノ観る気はしない。しばらくの間、お馬鹿ものしか見れなくなっちゃった・・orz

それにしても、KOBEイベント、view数、回ってないな~(笑)。
 
宣伝がFacebookオンリーなんで、ちょっと心配~~。

皆さんも、映画以外のイベントなんかもちょっと試してみてはいかがでしょう?(^^)v

   @@生演奏音楽やダンス観れたら、たぶん個人的には満足できると思う。太鼓の音が聴きたい。
by AkaneChiba | 2013-09-13 03:07 | イベント | Comments(0)

大阪で現在OSOが観れます

大阪で「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」がシアターセブンで観れます。
http://www.theater-seven.com/2013/movie_koisuru-rinne.html

大阪のマサラ上映/マサラシステムは、
9月14日(土)18:00~20:49 、
9月20日(金) 19:00~21:49 とあります。
大阪発祥?のマサラシステムを堪能できるこの時間はなかなか貴重だと思いますので、まだマサラ体験してない方も!足を運んでみてはいかがでしょう?

◎OSOマサラの楽しみ方、アイデアの端っこが知りたい方はコチラ
http://osolove.exblog.jp/18314164/

◎マサラシステムについてのネットで拾ったURLまとめはコチラ
http://osolove.exblog.jp/18491404/
http://osolove.exblog.jp/18491795/

よかったら、ご参考に~。

皆さん、用意はいいですか?Are You Ready?ジー、ハーン!(^^)v

  
 さて、あたし時間をどうやってやり繰りして行くか・・・だよなぁ・・(^^;)
20日はなんとかなるが、14日は無理・・・・

by AkaneChiba | 2013-09-09 01:55 | 上映館 | Comments(2)

66本目この3月から

 インド映画感染記 忘備録 更新まとめのリストURLはコチラ  
----------------
 この3月から5カ月で、映像熱に火がついて80本以上映画をみてる羽目に(^^;) インド映画を、66本(3月下旬~9月頭で)と、映像の専門家でもない癖に見倒しております。その防備録をメモっています。
 インド映画以外も時々入ってますが、インド映画側がオマージュってたりする(あるいは拝借してたりする)そういう映画なんかも、元ネタとしてちょこちょこ入れてたりします。全然関係ないタイトルのも入ってますが、普通に録画して観れてない映画がまだ50本くらいあり、それを消化していってるってのあるけど、あんまりそっちを消化する気にならず、印度映画ばかりを観ているという・・(^^;) やばっ普通の映画が物足りなくなったら、どうしよう・・・って、もぉ~なってる。
 まぁ半分くらいが英語字幕ですが(いや私は英語殆ど喋れませんが読むのはなんとかなるので、ダメならネットでし調べりゃいいし、便利な時代になった・・・)、インド映画は言葉わからなくても話わかる映像つくるし、なんとかなるものです。

<防備録 メモ 9月6日現在>・・・あくまでも観ただけの分。ex はインド映画以外
66. Shakti - the power - 2002 
65. Khamosh Pani 2003(英題: Silent Waters )
64. Koi... Mil Gaya 2003 (英題:I... Found Someone )
63. Delhi Belly 2011   

続き・・・
by AkaneChiba | 2013-09-07 03:30 | Bollywood | Comments(0)

なんでフライヤーつくったの?な理由

マサラ上映に先駆けて、いろんな小物をつくることになったのは、何よりも「真似してみたい!」と思うダンスや芝居の身振り手振りのすーーっかり!心を奪われてしまったからなのですが、何もマサラ上映があるから、そうなったわけでもありません。

この映画そのものが、クリエイティブなことをしてる人とか「妙な創作意欲」のツボを刺激されてしまうハイテンションさがこの映画にはあります。実際、映像を何度見てもそこかしこにツボになるような「作りこみ」がなされているのは実に見事で!一度や二度みたくらいじゃぁ~ネタ追い切れない!_(^^;) っていう映画の作りになっています。 お陰でインド映画に全く無知だった私も(踊るマハラジャは当時観に行ったけど15年?も前で覚えてもいないww)、どういうネタが散りばめられてるのか、さまざまな元ネタな映画を見倒しています。が、まだ追い切れていませんっ!(^^;) 特に古いインド映画のはわからん(>_<) でもみるぞ!後からでもみるぞwww

続き・・・
by AkaneChiba | 2013-07-08 23:40 | ハートに直撃 | Comments(0)

元町マサラ、写真がないww

mixi より、再掲載  2013年04月28日
---------------------

昨日、元町映画館で、マサラシステムで、大盛り上がりしてきましたーー!(^▽^)
今回はデジカメ写真ありません!!前日からのハイテンションでもっていくの忘れました!
きっと他のどなたかが撮ってくださってるに違いないっ!(ひとまかせw)
-------
追記:映画ご一緒した方提供の写真です。一応加工してあります。
紙ふぶき
a0308487_231994.jpg


続き・・・
by AkaneChiba | 2013-04-28 23:12 | マサラ上映報告 | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

8月 インド映画 日本上映 ..
at 2017-08-02 23:47
宝塚星組「オーム・シャンティ..
at 2017-07-25 00:30
印活 日本の記事や、現地の記..
at 2017-07-16 18:53
マサラ上映7月『バーフバリ ..
at 2017-06-24 00:47
映画『Amen』 -2013..
at 2017-06-13 00:31

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

this looks v..
by rajesh at 20:33
युकिकोさんブログ..
by AkaneChiba at 23:51
その節は、お声をかけてい..
by युकिको at 15:00
> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52
> ふんさん コメント..
by AkaneChiba at 13:10
あなたが誤解を招く文章書..
by ふん at 12:10

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ