遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:まとめ ( 54 ) タグの人気記事

インド映画感染記 忘備録2 2014年

インド映画感染記 忘備録 更新まとめのリストURLはコチラ  


<2014年>
------11-12月末まで---------
227. Ek Villain -2014 ★ やっと日本語字幕有で観ました。音楽いい。 
226. 2States -2014 ★2014年のインドでも誰も予想してなかった一番意外なロングランヒットに繋がった佳作
225. apna asmaar イルファン・カーン出演。障害を抱える子供の話
224. Youngistaan -2013  昨年、京都のエキストラに行ったので友人も私もどこかに映ってますw やっとDVDをゲットしましたのでじっくり観賞。生ボリスター様を目の前2メートルのところで見たのは良い思い出(笑)
223. Luck by Chance -2009 
222. チェイス(Dhoom:3) ★-2013 アーミル日本に来てくれてありがとう!
221. Keemat -1998 サイフ若いとムチャクチャ顔、綺麗(笑)お馬鹿映画
  ex. Dilwale Dulhania Le Jayenge  1000週記念に再観賞
  ex. グレース・オブ・モナコ ウダイの名前とキッドマン見るためだけに(笑)
  ex. チェンナイ・エクスプレス ~愛と勇気のヒーロー参上~ 日本語訳はオリジナルとは別物 
  ex.  クリッシュ(Krrish3) 日本語版。年末はお家マサラ観賞。おかしかったぁ~ww
220. aisha
219. I AM
------------9-10月末まで↓--------------------
ex. Barfi! さらに1回劇場で。計5回劇場で。
218. Patiala House  -2011
217. Zindagi Na Milegi Dobara  -2011 ★ ロードムービーな青春群像の名作
216. KHILADI 
215. JAAGRUTI 
214. Son of Sardaar -2012 日本でもやった「あなたがいてこそ」のヒンディリメイク
213. マドラス・カフェ Madras Cafe 2013 ★スリランカ内戦に関わるスリラー
212. ”ロメオ”ラージクマール R...Rajkumar 2013 ★ 
211. 略奪者 Lootera 2013 ★
210. Raanjhana 2013 ★この映画に出会えて私は幸せです。ダヌーシュに完敗w(^^;)w
209. pied piper 2013 ★これはイイ映画。単館ミニシアターでじっくりみたい
208. DON 1978 ☆アミタブ・ジーのDON
207. Yeh Jawaani Hai Deewani 「若さの向こうみず」2013 ★
206. Ramaiya Vastavaiya 「ラームが村にやってくる」 2013 ★
205. Yaariyan  2014 みてもた・・・なんやこれ?
204. Yaariyan 2008 https://www.youtube.com/watch?v=tU-cNjnfCCY
203. No Plobrem  2010 ☆これはギャグ的にツボったorz 親父ーズ世代のファンの為の一本
202. Department -2013 
201. Special26 -2013 ★ この監督が2015に「Baby」をします
200. Mughal-E-Azam ★インド映画史が誇る大河ロマンスペクタクル 
199. BOSS -2014 
198. BODYGUARD -2011
  ex. Ra One 英語版再観賞
  ex. KARAN ARJUN DVDゲットしたので再観賞
197. Tere meri kahaami
196. Daag:The Fire
195. Paath Shaala
194. Sadak (1991)
193. Rudraksh  2004
192. Tathastu  2006 この辺はリメイクものやな。
191. Plan 2004
190. DUS 2007
189. Sarhad Paar : The New Dawn 2007 秀作 
188. Zila Ghazibad 2013 ☆この辺、ずっと一人Sanjay祭中でそればっかw
187. POLICEGIRI 2013
186. Zanjeer 2013
185. Jai ho 2013
184. 7 Khoon Maaf 2011 ★
183. EMI: Liya Hai To Chukana Padega  2008
  ex. Mission Kashimir るんばば るばぁ~ るる ばば るばぁ~♪
  ex. Agneepath  やっぱこれは何度見ても腰抜かすわ(^^;)
  ex. INFERNAL AFFAIRS 久々に引っ張り出して来た。
------------7~8月末まで↓--------------------
  ex. BARFI ! 4回も劇場で観賞しました
  ex. MAHAANTA
182. めぐり逢わせのお弁当 The LunchBox 2013 ★
181. Barfi! 2012 ★
180. Dhoondte Reh Jaoge 2009
179. Grand Masti  馬鹿だーーー(笑)www 
178. Shootout at Lokhandwala ★
  ex. JUNG 話はパクリだが、とにかくカーチェイスのところがカッコよすぎるサンジュー。
177. Highway 2013 ★ 良佳作でしたね!
  ex.  バードシャー テルグの皇帝 実は昨年ネットで1回、大阪アジアン映画祭で1回、今回1回
176. あなたがいてこそ Maryada Rammanna 2009 ★ これ、4回映画館に、1回家で
  ex.  ダバング 大胆不敵 2010 まぁ何回もみました。★
175. マダム・イン・ニューヨーク Engilish Vinglish ★
174. Dhoom2 ★ リティック堪能~
173. Dhoom ★
172. Krrish3 ★ 笑ってくださいww
171. Ram-Leela -2013 ★ さすがYRFんとこ・・・・・・天晴れw(^^;)w
  ex.  Ek Villain -2014 ★ 字幕なしで観たので番外扱いに。 
170. Humshakals  http://www.imdb.com/title/tt3036740/
169. All The Best  -2009  映像の色は綺麗だったな。
168. Sholay  -1987 ☆ 機関車シーンはお見事
167. Mr.India  ☆
166. Bombay to Nagoya
  ex. DEWANA 再観賞 DVD手に入れて
------------5~6月末まで↓--------------------
  ex. Sahibaan 再観賞
  ex. THANEDAAR 再観賞
165. GUNDAY 2014 ★
164. Vishnuvardhana 2011 ☆
163. Jeans 1998
162. 1947 ★
  ex. DAUD  再観賞
  ex. Dabangg  日本語字幕で大画面で観賞
  ex. Student of the Year マサラで再観賞何回?(笑)
161. Fire
160. Water ★
159. レッドマウンテン
  ex.  My name is KHAN  大画面再観賞。やっぱ大画面で見る意味あるわぁ~(^^;)
  ex.  家族の四季 再観賞
158. NEHLLE pe DEHLLA 2007公開 ☆
157. モンスーン・ウェディング 2001 Monsoon Wedding ★
156. ミモラ 心のままに 1999 Hum de Chuke Sanam ★
155. LAGAAN 2001 ★
  ex.  アナと雪の女王 (日本語吹き替え)
  ex.  舟を編む
-------------3月~4月末まで--------------------
  ex.  Paheli   再観賞
154. MUNNA BHAI M.B.B.S 2003 ★
153. Chalo Dilli (邦題:デリーに行こう) 2011 ★
152. Saajan 1991 ★
151. Mahaanta 1997 マドゥーリとサンジャイの最後の共演
150. Lamhaa  2010  http://en.wikipedia.org/wiki/Lamhaa
149. Dandupalya 2012
148. Kambakkht Ishq (邦題:スタローン in ハリウッド・トラブル)2009 ★
147. Hindstani (邦題;インドの仕置き人)1996 ☆ http://en.wikipedia.org/wiki/Indian_%281996_film%29
146. Khoobsurat http://en.wikipedia.org/wiki/Khoobsurat_%281999_film%29
145. Chandni Chowk to CHINA 2009 ★ http://en.wikipedia.org/wiki/Chandni_Chowk_to_China
144. HUM KiSiSE KUM NaHin 2002 ☆http://en.wikipedia.org/wiki/Hum_Kisise_Kum_Nahin_
143. MISSION KASHIMIR 2000 (邦題:アルターフ 復讐の名のもとに) ★
142. Agent Vinod 2012 (邦題:エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ) ★
141. Mallanna 2009 Tamil版 Kanthaswamy ★http://en.wikipedia.org/wiki/Kanthaswamy
140. Namak  1996
139. Naam 1986
138. Blue 2009  『Into The Blue』2005 のリメイクです
137.  Sutudent of the year 2012 早速見た。★
 ex. Youngistaan 2014 
136.  Taxi No 9211 http://www.imdb.com/title/tt0476884/
135. Musafir (2004 film)
134. Kaadhal Kondein 2003  http://en.wikipedia.org/wiki/Kaadhal_Kondein
133. Mera Haque  1986  サンジュー祭、続行中(笑)
132. Amaanat 1994 サンジュー&アクシャイ ☆
131. Naam O Nishan  1987 http://www.imdb.com/title/tt0361941/ 
    http://www.youtube.com/watch?v=V3F9Ov30jb4
130. Aladin 2009 ★アミタブ・ジーとサンジャイ・ババでの リテイシュ映画
129. Sahebzaade 1992 http://en.wikipedia.org/wiki/Sahebzaade
128. Rocky 1981 Sanjay デビュー作 http://en.wikipedia.org/wiki/Rocky_%281981_film%29
127. Shabd 2005 ★http://en.wikipedia.org/wiki/Shabd_%28film%29
    http://ia.rediff.com/movies/2005/feb/01leena.htm
126. Shorts 2012 http://www.youtube.com/watch?v=3-ALmZhYeg8
    http://en.wikipedia.org/wiki/Shorts%28Bollywood_film%29
125. Thanedaar  1990 http://en.wikipedia.org/wiki/Thanedaar
124.  Do Matwale 1991 http://en.wikipedia.org/wiki/Do_Matwale
  ex.  Sanjay Dutt DHAMAKA 映画ではありません サンジューのSongクリップ集
123.  Insaaf Apne Lahoo Se 1994  http://www.imdb.com/title/tt0349618/
    YouTube https://www.youtube.com/watch?v=F0zi09drPwc
122. Anthony Kaun Hai 2006 YouTube http://www.youtube.com/watch?v=X4CRITAnguk
121. Hum Tumhare Hain Sanam 2002 ☆ちょっとカーンさんたちに戻った(笑)
120. Kanoon Apna Apna 1989 ☆http://en.wikipedia.org/wiki/Kanoon_Apna_Apna
119. Vaastav  1999 ☆http://en.wikipedia.org/wiki/Vaastav:_The_Reality 
118. Daud 1997 ☆http://en.wikipedia.org/wiki/Daud_%28film%29
118’. 50/50  上のDaudのテルグ題が このタイトルだそうで。両方みたので敢えて「’」で
117. Garv 2004 http://en.wikipedia.org/wiki/Garv これは、サルちゃんの一本。
116. Hathyar 2002
115. Khal Nayak 1993 ★ http://en.wikipedia.org/wiki/Khalnayak
114. JUNG   2000 ☆このサンジャイかなりかっちょよいっすよ。悪い役ですが。
113. Safari 1999 ジュヒーとサンジャイ クロコダイル・ダンディのサンジャイ版
112. Aatish: Feel the Fire (1994) ☆http://en.wikipedia.org/wiki/Aatish:_Feel_the_Fire
111. Kartoos  (1999) Nikita(邦題:ニキータ)のインド版サンジャイ・ダット
110. 「神さまがくれた娘」 http://www.u-picc.com/kamisama/ お勧めですよ! ★原題; Deiva Thirumagal http://www.imdb.com/title/tt1857670/
  ex.  American Desi (2001) ☆アメリカのインド若者をテーマにつくられた米国映画
------------1~2月末まで↓--------------------
  ex. Time Bandett 1983 古いビデオひっぱりだし 
109.Parzania (2005) 印・米合作  http://en.wikipedia.org/wiki/Parzania
  ex. Precious 2009
108. Chamatkar 1992 ☆ http://en.wikipedia.org/wiki/Chamatkar
107. Hum 1991 ☆アミタブジー、ラジニ、ゴヴィンダと超豪華な80年代名残の一本
106. Bombay to Bangkok  2008 ☆http://www.imdb.com/title/tt1159917/
105. Trimurti 1995 ☆http://en.wikipedia.org/wiki/Trimurti_%28film%29
104. Anjaam 1994 ☆http://en.wikipedia.org/wiki/Anjaam
103. Maya Mesaab 1992  
102. Yes Boss ☆1997
101. Bombay Talkies 2013 ★インド映画百周年記念に向けてつくられたオムニバス
100. The Dirty Picture 2011 ★

----------------

 @@忘備録1 2013年はこちら 
by AkaneChiba | 2015-05-27 16:28 | 映画全般 | Comments(0)

インド映画感染記 忘備録1 2013年

インド映画感染記 忘備録 更新まとめのリストURLはコチラ  


<2013年>
-----------12月末まで--------- 
99. Chandramukhi 2005 ★http://en.wikipedia.org/wiki/Chandramukhi
98. Sivaji2007 http://www.imdb.com/title/tt0479751/ http://www.masala-movie.com/sivaji/
97. Muthu 1995 ★再度15年の時を18年の時間を越えてスクリーンで。
96. Netaji Subhas Chandra Bose: The Forgotten Hero 2005 http://www.imdb.com/title/tt0349878/
95. Ram Jaane 1995 ★http://www.youtube.com/watch?v=8rJBiBpolKM
94. Puthiya Theerpu 1985
93. Singh vs Kaur 2013 http://www.imdb.com/title/tt2714664/
92. Guddu 1995 http://www.imdb.com/title/tt0172519/
91. Dushman Duniya Ka 1996 http://www.imdb.com/title/tt0116153/ http://www.youtube.com/watch?v=5LC_46b9tpE&feature=share
90. Rang De Basanti  2006 ★http://www.imdb.com/title/tt0405508/
89. JOSH 2000 ☆http://www.imdb.com/title/tt0151150/
---------10~11月末まで--------------
88. FAUJI 1988 SRK出演 TVドラマ 全13話
87. Force 2012 ★ジョン・エイブラハムのアクション
86. Makhi -Eega- 2012 ★ 日本題「マッキー」 
85. Chennai Express 2013 ★
84. Magadheera  2009 ★http://www.nthwall.com/te/movie/Magadheera-2009/8291803849
83. フェラーリの運ぶ夢 2012 Ferrari ki Sawari ★http://www.imdb.com/title/tt2122340/
82. テーブル21番  2013 Table No.21 ★http://www.imdb.com/title/tt2229842/
81. ワダラの抗争 2013  Shootout of Wadala ★
80. HouseFull2   2012 http://www.imdb.com/title/tt1980986/
79. 魔女伝説 -Ek Thi Dayan-
78. 移動映画館 2013 - 原題 Touring Talkies ★
77. Aag 1948 http://en.wikipedia.org/wiki/Aag_%281948_film%29
76. Billu 2009 ★
75. Chalte Chalte ★
74. Chaahat 1996 ★
73. Shadow 2013 http://en.wikipedia.org/wiki/Shadow_%282013_film%29
72. Straight 2009 ★Vinay Pathak 主演
71. Bheja Fry 2  2011 ★ http://www.imdb.com/title/tt1939654/
70. KOYLA 1997 ★
--------9月末まで Devdas凄すぎてしばらく他の映画観れなくなった----- 
69. Krrish 2006 ★http://www.imdb.com/title/tt0432637/
68. Baadshah 2013 ★ NTR Jr. の今年?早いっww
67. Devdas 2002 ★
66. Shakti - the power - 2002 ★ 
65. Khamosh Pani 2003 ★ 英題: Silent Waters 仏独印パ共同製作。http://www.imdb.com/title/tt0357283/
64. Koi... Mil Gaya 2003 ☆英題:I... Found Someone
63. Delhi Belly 2011 ★
---------8月末まで ちょっとマサラ上映で時間無かった-------------
62. Kahaani 2012 ★http://www.imdb.com/title/tt1821480/
  ex. La Tulipe noire 1964 (邦題:黒いチューリップ)
  ex. zorro 1975 (邦題:アランドロンのゾロ)
  ex. WHO AM I? (1998 原題: 我是誰) ★
61. Border 1997 ☆
60. スタンリーのお弁当箱 2011 ★公式サイト http://stanley-cinema.com/
59. Paredes 1997 ☆http://www.imdb.com/title/tt0119861/
---------7月末まで↓ ここがシャレになってない数やな ---------
58. Lage Raho Munna Bhai 2006 ★http://www.imdb.com/title/tt0456144/
57. Shree 420  1955★ http://www.imdb.com/title/tt0048613/?ref_=fn_al_tt_2
56. 火の道 2012★ Agneepath  公式サイト http://agneepaththefilm.com/
55. RACHA 2012  http://en.wikipedia.org/wiki/Racha_%28film%29
54. Baazigar 1993 ☆http://www.imdb.com/title/tt0106333/
53. Prince 2011 ★http://www.imdb.com/title/tt1455816/?ref_=fn_al_tt_9 
  ex. Life of Pi 2012 http://www.lifeofpimovie.com/
52. Rock On (2008)★ http://www.imdb.com/title/tt1230165/
51. Phir Bhi Dil Hai Hindustani 2000 ★
50. Kabhi Haan Kabhi Naa 1993 ★http://www.imdb.com/title/tt0110222/
49. Fool N Final 2007 http://en.wikipedia.org/wiki/Fool_N_Final
  ex. 華麗なるギャッツビー Great Gastby 2013 アミタブ見るためだけに3Dにて(笑)
47. DAVID 2013 ★タミル映画
46. Karz  1990 ★リシー・カプールの。
45. DOR 2006 ★シュレーヤス・タルパデ出てますね
------------6月末まで↓--------------------
44. Peepli [Live] 2010 ★
43. Tere Bin Laden 2010 ★こんなんまでつくっとるんやっ!(笑)
42. Kaal 2005 (←C級底辺映画。さすがいろんな映画作られてるw)
41. Gajini ★http://en.wikipedia.org/wiki/Ghajini_%282008_film%29
40. Swades 2004 ★ http://www.swades.com/index1024.html
39. Arundhati 2009 ☆http://www.imdb.com/title/tt1361809/
38. Dabangg 2010 ★http://www.imdb.com/title/tt1620719/
37. Jodhaa Akbar 2008 ★ インドの威信をかけた超大作 リティック&アイシュ
36. Rab Ne Bana Di Jodi 2008 ★ダンスでつなぐ夫婦の切ないラブストーリー
35. Chak de!India 2007 ★女子ホッケー監督のシャールク
  ex. Inside Man 2007 ★スパイク・リー監督NY映画 OPにDil Seの「Chaiyaa Chaiyaa」が使われてる。
34. Veer-Zaara 2004 ★
33. Mohabbatein 2000 ☆
32. Karan Arjun 1995 ☆
-------------5月末まで↓---------------------
31. Dil To Pagal Hai 1997 ☆
  ex. Phantom of the PARADISE
  ex. Love Actually
30. Ashok 2006 ☆
29. Darr 1993 ★
28. 3idiots 2009 ★邦題:きっと、うまくいく
27. Pather Panchali 1955  ★邦題:大地の歌
26. Salaam Bombay! 1998 ★
25. Sikandar 2009 ★
24. Paheli 2005 ★IMDb
23. Deewana 1992☆
22. Bombay ボンベイ 1995 ★
21. Raju Ban Gaya Gentleman ラジュー出世する(1992)★
20. Jab Tak Hai Jaan 命ある限り 2012★
19. DON2 闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 2011★
18. Ek Tha Tiger タイガー 伝説のスパイ 2012★
17. Kabhi Alvida Naa Kehna さよならは言わないで 2006★
16. Kuch Kuch Hota Hai なにかが起きている 1998★
-------------3月~4月末まで--------------------
15. ディル・セ 心から Dil Se…(1998)★
14. インド国産アニメ映画 『Hanuman』 (2005年・ヒンディー語)
13. ONE 2 KA 4 2001★
12. Baadshah(2001)☆
11. DUPLICATE ☆
10. Asoka 「アショカ大王」2001 ★
9.  Main Hoon Na 2004 ★
8.  My Name is KHAN「マイ・ネーム・イズ・ハーン」(2010)★
7.  Kabhi Khushi Kabhi Gham「家族の四季 愛すれど遠く離れて」(2001)★
6.  ROBOT 「ロボット」 2010 ★
5.  KAL HO NAA HO 「たとえ明日が来なくても」 (2003) ★
4.  DON 2006 ★
3.  Dilwale Dulhaniya Le Jayenge 「シャー・ルク・カーンのDDLJラブゲット作戦」 (1995)★
2.  RA・One 「ラ・ワン」 (2011)★
1.  Om Shanti Om 「恋する輪廻」(2007) ここがインド映画熱の出発点!!★
-----------
0. Mr. India (1987) ☆http://www.youtube.com/watch?v=ZRNR7y-Mo60
00. ムトゥ踊るマハラジャ(ここで時間止まってたよ、15年ww)★
--------------//
by AkaneChiba | 2015-05-26 16:30 | 映画全般 | Comments(0)

5/9 塚口サンサン劇場 インド・オブ・ザ・デッド

a0308487_22447100.jpg 前回5/5の元町に続いて、5/9の塚口サンサン劇場にて インド映画芸人3idiots(違っ)で参戦!!
------------------
a0308487_157149.jpg 塚口サンサンではイベントはなかったのだが、実は近所のカレー屋さんで「インドゾンビの惨劇サンド」を食べると、1000円に割引してくれるのだっ!!a0308487_1572960.jpg おおお!川越スカラ座の出来たてのナンを持っていったら割引してもらったみたいな、あんな感じで割引なのか?!マジカ?!!とばかりに店に向かう。店の入り口(右の写真→)には、塚口サンサン名物の映画紹介ポスターが貼ってある!(>▽<) ここで、持ち帰り用の惨劇サンドは別にして、食事を済ます3idiotsのオレら。オレらはこの時点で好き勝手な想像満載。もしかして、このナンサンドをホカホカの状態で受け付けに見せたら割引してくれるんじゃないかっ!!!と、お持ち帰り体制に。
  いざっ!ホカホカの惨劇サンドを受付けにっ!!
a0308487_1573466.jpg
おお!さすが塚口サンサンのチケット売り場は一味違うっ!
 ホカホカのサンドを目の前にしながら心の中でチクショー腹減ってるのに旨そうなもの見せやがってこの客・・・などと 動じずすっきり割引にっ!(≧▽≦)!!!
 ・・・・って嘘です(笑) ほんとは惨劇サンド買ったらお店で、塚口サンサン特製のインドオブザデッド映画用の引換券を渡してくださいます_(^^;)それを渡すと割引料金で映画観賞できます(笑) チケット売り場の若くて心優しい美しいお姉様が、ハイテンション私たちのお馬鹿にお付き合いいただきました(^^;) ありがとうございます~~~m(_ _)m

続き・・・・寸劇タイム サン3idiots
by AkaneChiba | 2015-05-21 03:59 | マサラ上映報告 | Comments(0)

「ダバング 大胆不敵」 チュルブル収監?!

a0308487_22454691.jpg もうみなさんゲットされました?(^^) ダバング 大胆不敵 [DVD] GWに発売されてましたので予約してた方は手元に映像届いていると思います~。(私はまだ都合で受け取れてない~~ ^^;)届いた!ウレピー!(^▽^) なんでもミュージックチャプターつけて下さってる日本版ですので!!!それも楽しみ♪ 昨年はこの映画で存分に映画館で楽しみまくりました。マサラ上映も山ほど楽しんで行ってきました。またこのブログでも何度もこの映画については取り上げています。
 たぶんこの映画、サルマン・カーンという子供から大人まで大人気のスターのことを考えて、子供が見ても面白がって喜ぶ映画で作ってるので(それ見越して、インド映画にしては血があまり派手で無い方向で作られてる。アクション暴力シーンはあるけど・笑)、ダンスシーンとか、一緒になって家マサラとかで、踊って楽しんでみてくださいね(^^)v
-------------------
 そしてそこで、せっかくなので、この映画の魅力の解説補足としてその主役サルマン・カーン Salman Khanについて書いてみましょう。というのもこんなニュースが飛び込んできました。
インド映画スターのサルマン・カーンに禁錮5年、飲酒ひき逃げで
 ありゃ、あかんじゃん、サルマン、チュルブルなにやってんのっ!!と言いたくなるところですが、実はこれ2002年の時の事件で、この2015年5月にようやっと判決が出た・・・という案件なんですね、13年、長っ!(^^;)。「ダバング」は2010の作品つまり、ずっと審議中(あるいは先延ばし?)だった間に彼はせっせと仕事してたので、まぁようやっと出た判決でインド中(のみならずサルマンの映画が届く国々全てで)で、「あの事件の件はどうなった?」首を長くして待っていた運命の日がこの2015年5月6日だったというわけです。

a0308487_23332135.jpg 若い頃のサルマンは映画の名門の家に生まれて、ハンサムで奔放な明るいプレームという甘い役どころロマンティック・ヒーローでしたが、映画業界の家の子弟たち・・・ってヤンチャさんがズラズラいて(笑)、サンジュー筆頭に(^^;)、サルマンもそういうヤンチャな子弟の一人・・・というわけです(^^;)
 その衝撃の一番の事件が、この2002年のケースでした。(その前にアイシュとのいざこざあったっけ?)。事件は2002年の9月、酔っ払い運転でサルマンは家にかえる時道の端に突っ込んでしまい、インドでは路上で寝てる人が多いこともあって、ホームレスの方を何人か轢いてしまい(一人死亡)・・・という事件でした。その後も、女性との揉め事で暴力とか、2006には禁猟区でサイフ達と狩りをしてしまいこっちは(彼らの分の罪も全部自分が被って)数週間?ほど収監されてました。 他にももろもろいろんなスキャンダルに事欠かないスター。こういう人生の良いも悪いも両方の華やかさを持つのはスターの証拠でもあるかもしれません。日本の役者さんだって昔の銀幕のスターの私生活のムチャクチャなことったら(笑) 人というのは何も綺麗で美しい善良なものだけを愛するわけではありません。泥臭い人間臭い清濁併せ飲む泥まみれになっている部分すらも魅力に感じる人も多く、サルマン・カーンというスターは、そういうタイプのスターだと知っておいてもらえるとよいかもしれません。日本でいえば、勝新とかがいた時代のタイプの俳優さんですね(^^)。日本もあの時代の銀幕のスターたちってムチャクチャだけど豪快で面白かったよね(笑)

5/6~世界中大騒ぎ
by AkaneChiba | 2015-05-07 20:32 | インド映画スター | Comments(3)

レンタルできるインド映画 2015 暫定版

GWなので 2015年に借りれそうなレンタルDVD インド映画 タイトルだけ列記。レンタル屋で探してみてください。詳細な映画の内容についてのコメントは一部こちらで紹介しています。まだまだ、現在上映中についてはコチラ。というか、2016はまだ残念ながらインド映画は新しいのがたいして追加されてませんね。
---------------

<GW レンタル/ネット販売されてるインド映画 2016 暫定版>追記あり 5月
▼マルガリータで乾杯を ▼希石(原題:Arputham) ▼あっぱたん ▼咲いて咲いて野花たち ▼チェイス、▼バルフィ、▼女神は二度微笑む ▼チェンナイエクスプレス、▼クリッシュ、▼ミルカ、▼インド・オブ・ザ・デッド、▼めぐり逢わせのお弁当、▼マダム・イン・ニューヨーク、▼あなたがいてこそ、▼バードシャー -テルグの皇帝、▼恋する輪廻-オーム・シャンティ・オーム、▼神さまがくれた娘、▼ダバング大胆不敵、▼マッキー、▼スタンリーのお弁当箱、▼きっと、うまくいく、▼スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙えNo1、▼命ある限り、▼タイガー伝説のスパイ、▼闇の帝王ドン-ベルリン強奪作戦、▼ムトゥ踊るマハラジャ、▼チャンドニーチョーク・トゥ・チャイナ、▼スタローン in ハリウッド・トラブル、▼ラ・ワン、▼マイ・ネーム・イズ・ハーン、 ▼アラジン-魔法のランプと魔人リングマスター、▼エージェント・ヴィノッド、▼ロボット、▼ボス その男シヴァージ、▼プリンス、▼家族の四季 -愛すれど遠く離れて、▼たとえ明日が来なくても、▼インドの仕置人、▼ラガーン、▼モンスーン・ウェディング、▼アルターフ 復讐の名のもとに、▼チャンドラムキ 踊るアメリカ帰りのゴーストバスター、
(▽若さの向こう見ず 入手はIFFJルートのみ?)


<入手が困難かも?見つけた人はラッキー♪ 案外VHSかも?>
▼ジーンズ-世界は二人の為に、▼ミモラ 心のままに、▼ボンベイto ナゴヤ、▼ザ・テロリスト 少女戦士マッリ(マッリの種)、▼女盗賊プーラン(バンデッド・クイーン)、▼カーマスートラ愛の教科書、▼ナラヴァサ、▼大地の歌 他サタジット・レイ シリーズ ▼渇き 他 グルダット・シリーズ、▼アーリャーマンEpisodeⅠ帝国の勇者、▼インディラ、▼歌う色男、愛・ラブ・パラダイス、▼レッドマウンテン、▼アショカ王、▼地獄曼陀羅アシュラ、▼ヤジャマン 踊るパラダイス、▼アルナーチャラム 踊るスーパースター、▼バーシャ 踊る夕陽のビックボス、▼パッダヤッパ いつでも俺はマジだぜ!、▼ヴィ-ラ~踊る One More NIGHT、▼シャールクカーンのDDLJラブゲット作戦、▼ディル・セ 心から、▼ラジュー出世する、▼ボンベイ、▼DONドン-過去を消された男


<インドにまつわる映像が見れる映画です>
▼しあわせへのまわり道(米国) ▼ガンジー(英映画)、▼スラムドックミリオネア(英映画)、▼その名にちなんで(米映画)、▼ミリオンダラー・アーム(米映画) ▼マリーゴールドホテルで逢いましょう(米映画)  ▼インド夜想曲(仏映画)


  @@まぁ簡単にツイッターで呟いた分をまとめました。
by AkaneChiba | 2015-05-02 23:39 | 映画全般 | Comments(0)

インド映画考 2014年 in 日本

2013-14年のインド映画関連の簡単に考察をしましょうか。日本でのインド映画の扱われ方や概念がどう動いたかも併せて所感を述べてみます。その2、2014年編。 その1 2013年はコチラ

/**------------
<2014年日本で公開>
 昨年の「恋する輪廻」のマサラ上映旋風と(日本での)インド映画『再元年』の余韻を引っ張って春、「スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!」が、マサラ上映旋風を引き続き巻き起こす。アンプラグドさんの面目躍如!というか日本でインド映画への理解がしっかりあるのは、アンプラグドさんではないでしょうか?とファンの間では言われている。だから最初、この映画が上映される話が聞こえてきた時、名前も売れてない新人を起用している「スチューデント~」が、今までのインド映画ファンには「売れる映画」には到底思えず(笑)、マサラ上映旋風がなければ、ワタシも完全に1-2回いってそこで終わってた映画でしたわ(笑) まんまと宣伝戦術にのせられて(^^;)、この映画だけで5回以上映画館に足を運ぶハメに(笑) 今はそのハメにハマってよかったと思ってます(笑)。何しろそこで活躍した新人君達、今ヒンディ映画の中でも快進撃しておりまして、その新人発掘に目を向ける力のある「カラン・ジョハール」という人の「プロデューサー力」や「先見の明」には、脱帽致します(-人-)。目利きのカランは、この00年代~今後のインド映画を知る上でも重要なファクターなので、みなさんも、カラン・ジョハルの名前は覚えてくださいね(^^)v 



 SOTYが来る春前には、まず冬、DVDスルーになる前に1週間だけ東京だけで上映の「エージェント・ヴィノッド」は宣伝もなかったので、客の入りは散々だった模様(この映画の主演のサイフ・アリ・カーンは日本に来日したことがあります)。実はこの時期に勿体ないことにDVDスルーで一本未公開のまま映画が出ていまます「アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター」これは本当に勿体なかった!!今からでも映画館で観たい一本です!(>_<)どっかやらんか?是非!インド映画がどこ目指してるかを日本の人にも知ってほしい一本だった・・・。 大阪アジアン国際映画祭で2年前に来た「神さまがくれた娘」を2月に上映。ミニシアター系で上映。インド映画の波がまだ火が小さいことは感じる。春にはIFFJが買い付けた「デリーに行こう」が上映される。こちらも宣伝が行き届かず知られていないマニアックな上映となる春だった。そして、マサラ上映で盛り上げたスチューデント~(=以下、SOTYと略す)で、インド映画を知らない若い観客層の取り込みを狙う。これは功を奏した模様。
 露時には「マダム・イン・ニューヨーク」が上映され、また主役のシュリデヴィの来日が実現し、こちらは評判も上々、年配層への宣伝アピールが功を奏し銀座で立ち見が出るほどとなる。その後、宣伝が功を奏した「めぐり遭わせのお弁当」も評判を獲り続ける。感動ドラマや小難しいタイプの映画は、年配層が足を運ぶも、年配層は何度も同じ映画を観に行くようなことはしない・・・。それとは対照的に「SOTY」は若者層を狙ったイベントありきの上映で、同じ映画に何度も足を運ぶ傾向が強かった。他、太秦のインド映画祭とばかりに「ダバング 大胆不敵」「バードシャー テルグの帝王」「あなたがいてこそ」で、強行スケジュールのマサラ上映を敢行ww ついて行くのも精一杯なくらい混沌=カオスな、まさしく何でもありなマサラ状態が。しかし関東の入りは知りませんが、関西は足が重く、関東より遅れる上映や、評判が浸透するのに時間がかかる状態(上映館の環境が大阪市内は極端に良くないので・・・)。京都や兵庫のマサラ上映のような若者対象のイベントなものには足が向いていた。
 夏にようやっと昨年のインド映画がwowow等で放送され、ここで一気に全国区。認知度がかなり変わる。ツイッターやブログなどのアクセスなどが変わってくる。雑誌やTVメディアなどの文言が、昨年よりもかなり「ポジティブに前向きに評価」され、昨年無知だった評論家たちも、今年は一気にその考えを改めることとなる展開になる。(それでも5月くらいまでは厳しい様子だったけれどね・・・)。それら大きな夏のインド映画の波が去る一番最後に登場したのが「バルフィ!人生に唄えば」夏休み期間が終わってからの上映なのでどれだけの人が足を運べたかはわからずじまいだが、今年の感動映画の票の上位には入っている(当然っ!それだけのクオリティの作品だもの・・・)。相変わらず映画宣伝に関しては、TVメディア周りなどが酷いディスり方をしていたが・・・。また、大手シネコン上映なのも喜ばしかったが、映画本来の出来の良さをしっかり気がついた映画ファンが出たと思われる。秋には東京国際映画祭の一番のイベントになったのは、アーミル・カーンの来日であった。インド映画の大スター(国賓級の人材)を一年に二人も来日に成功した意味では、ようやく広告会社などもまともに商売をする気になった?(それをインド側にしてもらえるだけの力が日本の広告代理店に今まで力が無かった・・・と考えるべきか?)割には、相変わらず直前のプロモでくだらないタレント使って酷いプロモをするいつもの広告会社の手口に辟易。インド映画に恨みでもあるんか?広告会社! 

 急遽、ボリウッドフェスティバルと称して、DVDスルーの作品を特別上映がなされることとなる。「チェンナイ・エクスプレス」「クリッシュ」「きっと、うまくいく」。 地方では、ここにきてインド映画の評判が安定して評価されてきたこともあって、特別上映祭を企画したり、昔のインド映画などの再上映等の上映会などが行われたりし始める。大阪では民博の上映会で「My Name is KHAN」を上映。「アシュラ」(原題:Anjaam)と「ボンベイ」の特別上映は特筆すべき。他にも「デリーに行こう」も春先には集客があまり叶わなかったが、ちらほらと地方で上映されるところも出る。現在12月は「チェイス」が大手シネコン系で上映中。
 というか個人的には、今年は怒涛のようにインド映画がやってきて、その波に完全に溺れてしまいました(白目)。ようやっと、この夏を皮切りに、インド映画への全国レベルでの評価ががらりと変わった潮目が来た模様。日本は世界の波に2年遅れるブームになるのが常だが、映画に関しては3年以上スパンが遅れることを痛感したのが、このインド映画だった。とにかく頭が固い日本の映画興行・・・orz

 福岡や東京にまで観に行く力は私には出来なかったけれど、ずっと以前から映画祭等では力作が紹介されていたので、それが日本でも上映されるといいなと思いながら、力作を上映するそこまで太っ腹な配給会社はまだ少ないようだ。小さな上映会レベルのものは実は盛況で(但し関東だけインド人コミュニティ向けだったりする)、Vijayの映画や、今年は年末にラジニのLingaaが川口のスキップシティで上映された。一日キリだが大盛況である。

IFFJも3年目。今年の映画は前評判の良い素晴らしい作品が何本のあったので、一本を除いてかなりクオリティはそこそこあったラインナップとなる。人気は「若さは向こうみず」(原題:Yeh Jawaani Hai Deewaniだったが、私のピカイチ・オススメは「Ranjaanaa」。これを日本がしっかり買うことが出来るなら、今年の「マダム~」や「めぐりあい~」に匹敵、いやそれ以上に「評価が高い」作品になることは間違いない(この翻訳は別の人に変えてほしかったが、向き不向きがあるよね。社会的なのがうまくても恋愛モノは苦手な人もいるww)。果たして日本の観客にそこまでついて行ける層がどれだけ存在しているだろうか?小難しいのや社会派でなきゃ映画じゃないよと言いたげなタイプにこれが通じるか?哲学的な深さが通じるのなら、日本の感性はも死んでやしないと言えるのだが。音楽もあのラフマンゆえ、是非ともその素晴らしさごと日本で配給にこぎつけてほしいものだ。大丈夫日本はこういう映画を好きな評価できる人たちがしっかりいるから、売り込む方もキチンとしたビジネスをして欲しい。補足としては、噂で「Ram-Leela」上映の噂が出たが、どこか大手が買った?。未だ情報は前に出てこず(こういう情報が表に出て来にくい時は大手っぽいんだがな・・・)。



<2014所感>
by AkaneChiba | 2014-12-20 00:16 | インド映画全般 | Comments(0)

インド映画考 2013年 in 日本

2013-14年のインド映画関連の簡単に考察をしましょうか。日本でのインド映画の扱われ方や概念がどう動いたかも併せて所感を述べてみます。まず2013年まで

<~2012年までの前提>
 過去今まで~2012年までの日本のインド映画の扱われ方を簡単に概略。大まかこういう流れだろうという範疇です。コチラクリック

<2013年>インド映画100周年。
カンヌ映画祭が、インドの100周年を記念して招待国として招待。これに向けてプロモーションをかけていたインドでは、予算も十分に割かれ、内容の詰まった作品、名作など、次々とこの年に向けて気合入れてつくられた作品が、2012、2013と目白押しに生まれる。

日印友好関連の後押しもあって、「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」の日本公開が、2013年2月後半からはじまる。(スラムドックミリオネアの原作者と言われる外交官が日本大阪に在住していた。任地を移動することになったので、その後押しもあったという話。) 配給宣伝主導で、関東でマサラ上映によるプロモが組まれ、マサラ上映旋風のきっかけになった映画となる。いやーーこの映画の素晴らしさにも参りましたが、そこにマサラ上映を毎週のように引っ張ったプロモには、完全にノックアウトされてしまいました、アッパレですっ!あたしこの映画だけでも劇場で、十数回以上通うハメになりました・・・_(^_^;)
 またカンヌがインド映画100年の招待も兼ねているので、日本でも様々な外交交流の後押しになって、日活も100周年であり、「きっと、うまくいく」が、ボリウッド4として紹介されロングラン。同時に、前年のインドでの2012のヒット作の、サルマン、シャールク作品も日本に紹介され、通常上映がなされる。「闇の帝王ドン ベルリン奪還作戦」(2011) 「タイガー 伝説のスパイ」(2012) 「命ある限り」(2012) 3カーンを日本にしっかり紹介する映画でもある。

 久しぶりに興行収入が億超えた、アジア洋画になったのが「きっと、うまくいく」(-2009)だった(この映画は下コメ映画祭で既に日本では紹介されていた経緯もあった)。ようやっと日本でも、ボリウッド元年となる基点が出来た年は2012-13年となる。プロモーション宣伝も、右往左往と模索している中、億の興行収入いった「きっと、うまくいく」は快挙かもしれない。但し、都会の上映はあっても、インド映画への偏見はまだムトゥで止まったままの意識の日本であり、映画誌面やメジャーなマスコミ・メディアですらも偏見にまみれた無知なコメントを残すものも少なくなく、特に日本で韓流ビジネスにがぶりよつなメディア連ねる人材などは、露骨にインド映画をディスっていた事実には、あまりの業界の視野の狭さに一観客としては驚くしかなかった。(調べてみ?笑うくらい露骨だから・笑) 映画に客が足が向かわない理由を、客やネットのような文明のツールのせいにして、業界全体が「何に取り組むべきか」をビジョンが無い/弱い事を、観客/消費者の目から見て痛感した広告/メディアだった。高い金獲って宣伝するのなら、その金に見合う効果を挙げないで、金だけ持って行ってメディアでディスる・・・という消費者を商売を馬鹿にしている広告メディア業界に向かって、商品供給側も、そして消費者も、本気で怒っていいとも感じた一年だった・・・orz  とにかくメディア周りの広告は糞だ、単なる金詐欺泥棒だorz。一所懸命映画を見てもらいたくて配給さん側の努力を踏みにじってる、大手メディアや大手映画上映館のヤリ口に、辟易しながら、小さなミニシアターや地方シアターにせっせと通う方がストレス無くていいと感じた一年でもあった。地方シアターを馬鹿にしてる東京中心の大手の姿勢は、地方観客/上映館側から突き上げて文句言ってもいいとさえ思ったからな・・・orz 東京は日本の代表なんだから、もうちょっと地方を先んじる「ノブレス・オブリッジ」的な意識を持ってくれ。それが中央の義務でもあると大手企業側には問うてみたい。

 (配給側の地味な努力のプロモの)マサラ上映旋風や、ボリ4に、スター作品の一挙公開も手伝って、日本でのインド映画の裾野が一気に広がる。「マッキー」(-2012)は時期が10-11月と、微妙だったことでその波に若干のれなかったが(NHKとかでも宣伝してたらしいが・・)、シネコンでも上映対象になってくれた(映画内容からいえば当然なんだが)。ただプロモに成功してるとは言えず「きっと、うまくいく」だけが目立った感となる。(しかしアンプラグドさんのリベンジは2014年にやってくる)。このあたりもかなりメディア周りの酷いコメントや宣伝、抵抗がインド映画に対してあって、宣伝すると見せかけてディスるTVメディア等側のインド映画への偏見や抵抗に、首をかしげながら映画館に通う一年にもなった。ネットなんかによる地道な宣伝が効果を上げたのは「きっと、うまくいく」だけだったのではないだろうか?

ひとつ、「スタンリーのお弁当箱」という映画は夏に公開。これはわりと丁寧に宣伝をしていた気がする。

IFFJは2年目。大物映画は少なかった。予算の都合か?1年目が豪華過ぎたのか(笑)。ヒンディ映画だけではなく、いろんな地域の映画の紹介がなされると言う多彩なラインナップ。


<2013年のおまけ>
 インド映画が、日本に今年2013にもロケに来ています。他映画祭に来られた2014年公開された「デリーに行こう」の主演のヴィナイ・パタクさんは秋に来日していますよ(仕事なかったらマジで会いに行きたかった~ ><)。秋に来てた、Samantha Bellamkondaのテルグ映画「Production No.4」、Vijayの「Jilla」映画や、ボリ映画の Yougistaan とか、日本でどうやったら観れるか?ってので、DVD発売されてるのを、チェックできました(笑)エキストラとしてロケにいってきたので、記念パピコww に書いときます(笑)

   @@その2、2014年編はコチラ

//--------------


2012年までの前提はこちらに
by AkaneChiba | 2014-12-19 18:57 | インド映画全般 | Comments(0)

10/4 京都みなみ会館「ダバング 大胆不敵」 マサラ上映報告

2014年10月4日 京都みなみ会館にて、「ダバング 大胆不敵」 マサラ上映のご報告でーーーす!!この日はお天気もあまりよく無い中、沢山のお客様にお越しいただき、ありがとうございますぅ~~ヽ(>▽<)/

<上映前、ロビーが大変なことにっ!>

a0308487_1821128.jpg  なんと!始まる前までは、京都みなみ会館のロビー(あまり広くない ^^;)に人が混雑です。整理券が発行されてましたので、開場前には皆さま並んで階段の外までずらっとお客様満員御礼でございます~~~うひゃぁ~!!(@▽@;)


a0308487_18531450.jpgさらにこの日の京都みなみ会館さんの力の入れようは「このつかみどり紙吹雪にも現れております!!笑いが取れれば一発OK!その楽しませよう精神に溢れた映画館は、チュルブル・パンが、ナマス~~~といって紙吹雪つかみどりですぜ、つ・か・み・ど・り・!(この写真はネットから拾ってきました)。 とどまるところを知らないこれがさすが世界の観光の都、京都の お・も・手・な・し・! 
a0308487_1823015.jpg もちろん、いつも通りワタクシ、紙吹雪セット作ってきましたが、十数個、すぐに消えました。100斤とかで買う、鉄砲型爆竹や、クラッカーはあたしは、ゆうに70個くらいはもっていってましたし、このところ、紙吹雪に凝ってるよりも、前に立つことの方に神経とられてることがなぜか多い(^^;) マサラ仲間の友人がこの日につくってきてくれたミニ折り本!!!これが、すんばらしいっ!!!ヽ(≧▽≦)/ a0308487_1841822.jpg 
みてっ!見て、みてみてみて!みてちょーだいっ!(←通販宣伝風)
 このクオリティのミニ折り本の素敵さ!チュルブル・パンデーも喜んでるぜっ!「上等じゃないかっ!」 相当じゃないかっ!マサラやらないかっ!うほっ(違っ ここに阿部さんはいないww) 
あまりの盛り上がりように、ワタクシ本日司会者、ハイテンション脱線そのまま突っ走ってるぞー!
 
/*/*/*/*/*間もなく上映開始です・・・・↓/*/*/*/*/*/

イベント開始です
by AkaneChiba | 2014-10-11 04:20 | マサラ上映報告 | Comments(0)

関西、秋のインド映画祭、他、マサラ上映等

映画の秋到来です!
 恒例のIFFJの映画祭も、東京、大阪、群馬の3つにまたがって上映がありますし、他の映画祭も秋はてんこ盛りですよね? アタクシ個人的には、IFFJと、ラテンビート映画祭に絞ってます。というかIFFJは何日通い詰めれるか今から算段しています(笑) 東京国際映画祭では、「チェイス」(原題 Dhoom:3)が上映されますし、主演のアーミル・カーンが日本に来る噂もあるので(まだ噂の段階ですが)、東京国際映画祭のレッド・カーペットをアーミル歩いてくれるなら、ちょっとは日本も世界に近づいたかな?と(^^)v

 さて、夏に「マダム・イン・ニューヨーク」や「めぐり逢わせのお弁当」、そして今も絶賛上映中の「バルフィ!人生に唄えば」と、感動系のインド映画しか見てない方には、あるいは感動以外のインド映画を見逃した方には、秋から、関西では、再びインド映画のラインナップが、各ミニシアター系上映館などで、映画がご覧いただけます(^^)v ちょっとだけ、見逃した方の為に、インド映画の上映情報まとめてみました。


a0308487_0175958.jpg<京都みなみ会館>さん
★「ダバング 大胆不敵」・・・10/4(土)-10/17(金) 10/4(土)マサラ上映!情報ここ!
★「あなたがいてこそ」・・・10/12(日)-10/17(金) 
★「バードシャー テルグの帝王」・・・10/12(日)-10/17(金)

<塚口サンサン劇場>さん http://www.sunsun.info/movies/
★「ダバング 大胆不敵」 11/15~
★「あなたがいてこそ」 11/15~
★「バードシャー テルグの帝王」 11/22~
  ----塚口サンサンさんも、マサラ上映の噂があります。
  まだ関西でやってない「あなたがいてこそ」や「バードシャー」なんかでやってくれると嬉しいですね(^^)v

<元町映画館>さん も http://www.motoei.com/sakuhin.htmダバングとか予定してるみたいです。

 宣伝が行き届いているのは「めぐり逢わせのお弁当」や「マダム・イン・ニューヨーク」ばかりですので、大手の宣伝にそちらは任せるとして、「マダム~」をお買いになられた方一番の目的は「ダバング 大胆不敵」を日本に知らせることであったことは、出来れば知っていてほしいと思うのですが。

この夏のインド映画、3作品もまだまだしっかりチェックですよ!
by AkaneChiba | 2014-09-20 01:28 | インド映画全般 | Comments(0)

秋のインド映画のお祭りが

今年は、インド映画の公開も他に何本公開されるんでしょう?とかいってるうちに、もうすぐIFFJの季節になりましたね。今年は、各映画祭でインド映画は、あんまり本数がありませんねぇ。まぁちょろっとそんなのメモ代わりにまとめときます。

//-----9-10月映画祭関連 社会派みたいなものばかり?-----
★なら国際映画祭でやるインド映画。社会派のみたいだ。9/15
PAPILIO BUDDAhttp://nara-iff.jp/2014/niff2014/program/special-invitation-film.html#film01

★これはアジアン・フォーカス 福岡国際映画祭
SIDDHARTHhttp://www.focus-on-asia.com/lineup/film14_06.html

☆そういやKahaaniをまたどっかで上映するとかいってたな。ストーリーが面白いです。音楽がむちゃくちゃカッコいいので、そこもオススメ。(ただしストーリーずれしてしまってる私は半分位でオチ気づいてしもたという・・・orz)

☆インド映画じゃないけどインドについての映画、まもなく9月27日から公開です。
「聖者の食卓」(ベルギー映画)http://www.uplink.co.jp/seijya/

//--------インド映画ばっかりの映画祭--------
★そして、今年もあります、Indian Films Festival Japan IFFJhttp://www.indianfilmfestivaljapan.com/

なんでシャヒード祭りになってるのかわからないがシャヒード君の作品2本はいってますが(笑) ちょっと選定者の人の個人的趣味入ってるとか(それはないかっ・笑)。どうせなら、今年2014のシャヒード君は注目したいので(Haider)その手前への印象付けかしら?(笑)

R..Rajkumar  シャヒード、ソナクシー、あ、ソヌさんがやっぱり敵役w
http://youtu.be/yCrNoy5OeOI

Phata Poster Nikla Hero  ・・・警官モノな、ラブコメな、ヒーローな シャヒード君。https://www.youtube.com/watch?v=yCrNoy5OeOI

気のせいでしょうか?ソナクシー・シンハーがむちゃくちゃ入ってませんか?今回の映画の選定に。今回IFFJは、ソナクシー・シンハーを強力に推したい人がいるというのが、今回のテーマということですか。まぁあれだけの横に広がってた彼女が、ここまで美しく大変身したあとの女優として花開いた後の勢いは、確かに見事だと思いますが(笑)。いろんな美女も見たいので、予算に合う範囲が、ソナクシ映画だったのか??さて?
あと、ソヌ・スードも推し?もしかして(笑) ちゅーか、ソナクシ推しはわからんことは無いんだが・・・。ソヌさん推すなら、Arundhati(-2009)くらい強烈なん持ってきてほしかったりして・・・古いからならないかもしれないけど、映画祭向けには良いチョイスっぽいよね(笑)。

一番!気になるのは、やはりこれが一番の目玉!!
Yeh Jawani Hai Deewani 
・・・2013年 Hindi Box Officeの3位が確かこれ。間違いなく!人気の一本!ディピカー、ランビール・カプールも、すっかり日本でも知られてるはずなので。
誰かがつけてた日本語訳トレーラーをみっけ。おそらく自主でつけてる日本語訳
https://www.youtube.com/watch?v=r_Dh2CchheE

https://www.youtube.com/watch?v=II2EO3Nw4m0


そして、なにより、ダヌーシュ君のこれも!!これ観た人の評判、抜群にいいんですわ~(^^)v 
Ranjhanaa 
https://www.youtube.com/watch?v=ER9vmhxFucg
芝居も、歌もダンスも巧いですが、あんな細い体でブルースリーなアクションもこなしちゃうというタミル映画のマルチ才能ダヌーシュ君と言えば、あのラジニ様の娘の婿でもあります。(日本にも昨年来てましたね。)

Lootera ・・・ランヴィール・シンと、ソナクシー・シンハー。何よりあたしゃランヴィールお目当て。「オレ様ランヴィール」が、こんな繊細な青年役もしっかりこなすのは必見。
https://www.youtube.com/watch?v=0TExCF0YE4s

Mai Tera Hero・・・ダンスのうまいヴァルン君。これは彼の一族一家のとこによるホームプロダクツなのか?
https://www.youtube.com/watch?v=aOWB0yGTrNY

Ramaya Vastavaya・・・ ここでもソヌさんでてらww
https://www.youtube.com/watch?v=fVAaYZQ31TE

Madras Cafe ・・・もちろん!ジョンエイブラハム目当てです(笑)ジョンってだけでしっかり映画観れると思うのでこれはチェックかけとくつもりです。
https://www.youtube.com/watch?v=hnkKI01I0Ac

大物映画は単価が高いのかもしれませんけどね。

Once up on a time in Mumbai dobara 2 
・・・アッキーとか出演者とか豪華です。これもソナクシ(笑) これは例のインド映画界に影響与えたD Companyの関連に連なるところらしく、そういうインドの裏社会事情がわかると・・・という映画らしいのですが。評判は結構普通でした。このところインド映画は、仁義なき戦いのようなマフィア映画がガンガンつくられてる模様。ここにも、ソナクシ。ソナクシ祭りすぎやぞ(笑)
https://www.youtube.com/watch?v=dj9UXzyDsOA
評価も微妙http://www.imdb.com/title/tt1891884/
どうせアッキーもってくるなら、これくらい持ってくれば面白かったのに・・・予算合わなかったのかな?http://www.imdb.com/title/tt2377938/

Shadi Ke Side Effects ファラン・アクタルね。ミルカの日本公開前に、ファランアクタルを一本ってとこでしょうか?
https://www.youtube.com/watch?v=Iu18_rNpTA0


Lekar Hum Deewani Dil
・・・https://www.youtube.com/watch?v=ZV2knGdIJNI

Ragini MMS 2 ホラーやサスペンス?
https://www.youtube.com/watch?v=MyqnZhIfzWU

Yarriyan
https://www.youtube.com/watch?v=w3yJS4MB85Q

他、◇Pied Piper(これは興味あり) / ◇Between Yesterday and Tomorrow


個人的に興味のあるのは、大文字にして、スターな映画は、緑色にしてみました。
ってか、ソナクシばっかり(笑) ソーナム・カプール とかもでてるのもあるけど、なんでこんなにソナクシー・シンハーばっかりなんですか?カトちゃんやら、ディピカは高いのでしょうか? せっかくRam -Leelaするかも?といってたのに、どうやら大手が買ったという噂があるので、絶対、しっかり大劇場でやってくれないと、私は絶対暴れます(^^;) ってか、早く見せてくれぇ~(><;)正月あたりにみたい・・・・2年遅れは辛いんですよ、正直・・・orz

映画祭が見本市になるというのなら、これらの作品の中で、今後の上映にふさわしそうな一本っていうのなら、YJHD、、、Ranjhanaa か、Lootera あたりやろなぁ・・・え?シャヒド君が何故無いって?だってあたし色気ない男は物足りないもん(笑) (どんな味付けにもなる)こんにゃくな男は、好みじゃないので・・・。昔のオバサンが思い描く優しげな男性像とかも私はパスだし(笑) こればっかりは、好みの問題(笑)

 
  @@なので、2014のこれから公開される Haiderのシャヒドはちょっと楽しみですけれど(^^)v
by AkaneChiba | 2014-09-14 01:23 | インド映画全般 | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

多忙にて
at 2017-11-22 22:55
東京国際映画祭の中のインド映..
at 2017-10-14 23:21
ネットで日本語で見れるインド..
at 2017-10-11 02:06
ネットで 日本語で見れるイン..
at 2017-10-11 02:04
IFFJ 2017 映画紹介..
at 2017-09-30 03:35

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

> あかん人さん ご無..
by AkaneChiba at 17:48
ご無沙汰しております。 ..
by あかん人 at 19:33
this looks v..
by rajesh at 20:33
युकिकोさんブログ..
by AkaneChiba at 23:51
その節は、お声をかけてい..
by युकिको at 15:00
> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ