遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:まとめ ( 54 ) タグの人気記事

「インドカレー屋のBGM デラックス」全曲の元の映画

 いや、映画を見に行こうと思ったんだけど、体調崩してどこにもいけずしょうがないのでヤケになって下記のアルバムで紹介されてる映画がどれなんだと、全曲探し出した。オレは、ヒマなんか?(^^;) <作業小一時間弱

 ほとんど映画の曲です。日本でインドカレーの店でかかってる音楽は、あるいは店のTVで流れてる踊ってる映像は、ほぼ間違いなく映画のダンスシーンなので、謎でもなんでもないのですが(笑) インドは謎っぽいイメージで日本はカテゴライズしてしまうのですね(^^;) しかも今回これ「空耳」(^^;) ヒンディ習ってる人にしたら日本語には聞こえないんですけれどね(^^;)

インドカレー屋のBGM デラックス全曲トレーラー

https://www.youtube.com/watch?v=iUh7FvZf2nI

お求め先:http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/-/VICL-64645.html

ま、興味があったら、ぜひどうぞ(^^)/ ちなみに私はどこの回し者でもありませんww


-------------
1.Radha Rani  
映画「Chaar Din Ki Chandni」(2012)から
https://www.youtube.com/watch?v=MsJszwN3lWw
https://www.youtube.com/watch?v=fs2khSNtSu0

2.Naino Mein Sapna

古い映画の元の曲: Naino Mein Sapna - Jeetendra, Sridevi, Lata, Kishore, /
映画 「Himmatwala 」(1983)から
https://www.youtube.com/watch?v=1XXVw9skvXs

新しくリテーク: Naino Mein Sapna | Ajay Devgn & Tamannaah
映画「HIMMATWALA」(2013)から
https://www.youtube.com/watch?v=-UKivKSxo0A

3.Taki Taki | Ajay Devgn | Tamannaah
映画「HIMMATWALA」(2013)から
https://www.youtube.com/watch?v=Or8ZVXB0AXo

4.Kisne Pehchana - June Banerjee
映画「Gumshuda 」(2010) から
https://www.youtube.com/watch?v=u6zxnR8_1h4

5.Main Nahi Rehna Tere Naal Soniye | Eijaz Khan, Kulraj Randhawa
映画「Lucky Kabootar」(2013)から
https://www.youtube.com/watch?v=rv94Wzbtv5E

6.Bill Gates Ki Poti
映画「Le Gaya Saddam」(2014)から」
https://www.youtube.com/watch?v=NleGfEkZ1S4

7.Udd Jaa Udd Jaa
映画「Satrangee Parachute」(2011)から
https://www.youtube.com/watch?v=eNxyI9VorJg

8.Chaar Din Ki Chandni (Club Mix) - Shaan - Sunidhi Chauhan -
映画「Chaar Din Ki Chandni」(2012)から
https://www.youtube.com/watch?v=f4RU7LSoWrw

9.Chandni O Meri Chandni (House Mix) - Parichay - Nindy Kaur
映画「Chaar Din Ki Chandni」(2012)から
https://www.youtube.com/watch?v=9jpHOckz2jM

10.Tanha Rahien - Gumshuda (2010) Full Song
https://www.youtube.com/watch?v=O9zy1s_66XE
Sunidhi Chauhan 選曲なラインナップか?

11.Haal Da Marham Qawwali | Eijaz Khan & Shraddha Das
映画「Lucky Kabootar」(2013)から
https://www.youtube.com/watch?v=IoNrWbaKIRg


 ほぼ、新しくカヴァーされたMVシーンがずらり。というか新しく作り直した映画3-4本くらいからチョイスして並べた感じ?「Chaar Din Ki Chandni」「Gumshuda」「Himmatwala」「Lucky Kabootar」の4本からテキトーに引っ張ってきた感じ?どの映画も興行的に大したことなかったあたりの楽曲を引っ張ってきた話じゃろな(笑) Ajay Devgan やTusshar Kapoorあたりの映画はスターの顔がわかるけど「Lucky Kabootar」って映画なんか、この主役誰?ってくらい誰かわからんww すまんww 

 映画もたいしたことないんで、音楽の良さげなの持ってきて、日本語の空耳にするしかなかった…ってなような範疇の企画かしらね、担当さん(笑) 



見つけたMVシーンだけ集めました↓
by AkaneChiba | 2016-09-22 22:49 | 新・インド映画音楽 | Comments(0)

IFFJ 2016 ラインナップ その2

 IFFJ 2016 映画は全部で14本だそうで。文字数の関係で2回に分けて紹介 前回、その1はコチラ→ ラインナップ その1 ~シリアス編 スケジュール表は、コチラで確認できます→http://www.indianfilmfestivaljapan.com/en/schedule.html
---------------
<ラインナップ その2 ~ハッピードラマ編~> 順不同
 やっと明るい作品の紹介になってきた(笑) 2015年の作品からの紹介です。2015年は映画の質が、ボリもテルグ、タミル他…も非常に良い作品が出ています。加えて興行収入もうなぎ上りで、その競争合戦が尋常ではないレベルになってきた年でもありました(^^;)。ので、スター映画を買うのはかなり高いかも?と思われるタイトルが2015には集まってます。(だから2016年前半はトーンダウンしたわけです。)

★「Ki & Ka」-2016 ヒンディ語 Wikipedia

https://www.youtube.com/watch?v=B2fxtycjf_I
//-------
 やっとコメディな一本がw インドの価値観から見た男女の役割を逆転させたラブ・コメディ。カリーナも、アルジュンも最近スタイルがまた元の昔のデブだったころに戻りかけています(^^;)ので、リバウンド俳優wと元祖リバンド女優wによるカップリングは見る側にどういう印象を与えるでしょうか?(笑)。カリーナはサイフとの結婚4年目にしてこの間妊娠が発表されまして、それならしばらくぽっちゃりさんになっててもまぁそんなものかと思います。しばらくは表舞台に戻ってこないでしょうし。俳優業としては大先輩の国民的女優カリ-ナの相手役を務める遅咲きの若手アルジュンとしては、こういう相手と仕事するのはどんな風に思いながら仕事してるのでしょうね(笑)まぁ見てるこちらがあまりときめくようなカップリングではなかったように思います(笑) どっちのキャラも、というか役者もインド映画ファンには「ネタ路線」の二人ではあります(^^;)
 映画の中味は、小気味よい男女の役割逆転のドラマ。インドの概念から見た女性の地位や男性の概念で、セリフでクスッっとさせたり辛辣に皮肉ったりというものです。ちょっとボリ・ゴシップな時事ネタなんかもさらっとセリフに入ってるので、そういうこともわかると楽しいドラマだと思いますよ。
 見終わった後には、一家に一台いや一人あのクマのようなアルジュンを家に連れて帰りたくなるかもしれません。でもでかいから、やっぱり邪魔だろうかww しかしこの監督だか脚本家だかも鬼畜なSですなww アルジュンのプライベートストーリーを知ってるファンには露悪的な設定にしてる辺りが、ボリってなんでもネタにしよるな…(^^;)と思ったのが私の印象。アルジュン・カプールについては、ランチンさんとともに、このブログでもかなり取り上げているので、今後に期待してみてくださいね。さて、アルジュンはちゃんと痩せてまたかっこいい彼に戻ってくれるのか?!
------//

★「Monchora」 -2016 ベンガル語 Wikipedia

https://www.youtube.com/watch?v=6hym-xDQl1I
//----------
 なんとベンガル語の映画ですな。というか古いベンガル語の映画は、日本でもサタジット・レイで紹介されているので芸術的な文学的なイメージの方もおられると思いますが、最近の映画はどのようなものなのでしょう。私の印象としてはやっぱり多少小難しい映画を今も作っている印象がありまして。しかしベンガル語の翻訳者だってそんなに日本には数はいないだろうと思うので楽しみですね。評判は上々の映画です。監督はSandip Rayは、あのサタジット・レイ監督のご子息で、やはり現在相当ベテランの監督さんです。
 ベンガリの映画の制作環境や市場としてはあまり大きなものではないので、制作費などはかかってないタイプなのは差し引いてみてください。こういう映画こそ、映画祭の中でのマニアックな醍醐味の一つだと思います。
------//

★「Prem Ratan Dhan Payo」 -2015 ヒンディ語 Wikipedia

https://www.youtube.com/watch?v=Vd4iNPuRlx4
//----
 おおお!これ持ってこれたのは素晴らしい!今回紹介されてる映画の中でも、一番華やかで、Premがいて美女がいて、アクションに、ファミリー愛に、エンタテイメントに、見るも美しいダンスに、と・・・とことん!!インド映画の骨の髄までインド映画らしぃ~~インド映画。とても丁寧にインド映画の基本中の基本な映像を作っているインド映画の王道映画なので、私はこれは好きです。ストーリーも複雑ではない、本当に単純でシンプルな話で、またPrem=プレーム 役どころのサルマン(昔のサルマンははつらつとした明るい甘いハンサムでした)の原点回帰でもあります。そしてアクションもしっかり今の骨太いサルマンの様相で見せてくれていますし、ヒロインのソーナム・カプールの美しさも際立つお嬢様/お姫様な役どころでした。
 古い香りの時代のインド映画を大好きならば、絶対この映画は好きになれます。また監督の手腕だと思うのですが、ベテランの腕でインド映画らし~インド映画をとても丁寧に作っているので、華やかに楽しくハッピーエンドな一本を楽しんでください。
 監督はSooraj Barjatya監督は「Hum Aapke Hain Koun..!」(-1994)の監督で、インド映画の映画史に位置付ける「インド式結婚映画」としてのポイントを作った作品でもあります。2015年はSalman Khan Yearでもありまして、前年の長い審議になってた交通事故案件で判決が下りたので、その翌年の2015にはサルマンの位置づけを社会にプラス方向に残すイメージ作戦としては大成功だった「Bajirangi Bhaijaan」でコテコテに世界中を感動の渦に引き込み、そしてその後、楽しい華やかなサルマンらし~い映画な「Prem Ratan Dhan Payo」で、両方で興行収入がダブルで1000cr越をした2015年のサルマンでした。
 今回のIFFJラインナップで私が一番オススメするなら、このサルマンの「Prem Ratan Dhan Payo」ですわ。ベテランが王道を作るとこうなるっていう部分も垣間見れたので、複雑さ小難しさを求める人には「Neerja」や「FAN」をオススメしますが、映画の華やかさを楽しさを堪能できるのは、この「Prem Ratan Dhan Payo」がピカイチだと思います。 へー、この話、原作小説あるんだ。映画にもなってるよハリウッドで。The Prisoner of Zenda をベースにしてインド流にリメイド映画ってことですね。ちなみにタイトルが「プレーム・ラタン・ダン・パヨ」って長くて言いにくいので PRDPと略すかあるいは「パヨ」とだけ呼ぶかになってます、ファンの間ではw
-----------//

★「Gabbar Is Back」 -2015 ヒンディ語 wikipedia

https://www.youtube.com/watch?v=T95zFC4Z2pY
//------------
 これはハッピー映画というにはちと違いますが、社会派というのでもないのでこっちに入れました。アッキーらしいエンタメなアクション映画です。これはタミル映画「Ramanaa」(2002)のリメイクだそうです。
 アッキー映画を2本も持ってこれるのは、理由は何だ?安いのか?(^^;) まぁアッキーはもっと日本で紹介されて評価されるべき方とは思いますが、そして大量生産型の人なので、作品の出来や脚本の質はばらつきあるので、必ずしも興行成績と面白さが比例するわけではないのでそれを見分けるのは難しいです。監督が誰であるかを知って作品を見に行くと、アッキー映画の作品の質は事前に理解できるかもしれません。気兼ねせずにシリアス・ドラマやアクションとかのインド映画らしいアッキーの骨太さで楽しめます。
 ヒロイン役に、Shurti Haasan。美人でしょ?名優カマル・ハーサンの娘で、実力派でもあります。作品に恵まれていないのが残念でして、歌えるしダンスもいいし美人だし・・とゆうことないんですけどね。歌う方ではLive活動もやってるみたいです。ヒンディ映画ではイマイチ脚光浴びてませんが、彼女はそのキャリアも立派なものでして、勿体ないのでテルグやタミルだけじゃなく、しっかりヒンディでももっと注目されてほしいと願います。 
---------------//

<この一本はキャンセルとなりました→コチラそのIFFJ発表>
★「Size Zero」 -2015 テルグ映画 Wikipedia
https://www.youtube.com/watch?v=Qz_TznvtY-M
//------------
 アヌシュカ様があんなに太って!!!(><、) テルグ映画のトップ女優のAnushka Shetty主演のラブコメ。テルグ映画の女神さま、アヌシュカ・シェッティが、おデブさんになってのラブコメです。そうでなくとも南の映画の女性は少々ふくよかな腹具合が美の基準になってますし、彼女も西洋風スレンダーというわけではないですが、さらにこれでこんなたっぷたっぷのボディ(笑)あれ、どこまで太ったんだ?!っていうその驚きに満ちてますわ(^^;)。豊満な色気がお好きな方にも是非(笑)
 テルグ映画のコメディらしいドタドタ感と、アヌシュカのプロっぷりを堪能するににも。「Baahubali」ではとても芯のある強い役やってましたが、この映画の日本上映の噂はどうなった?2015年の珠玉の一本なBaahubaliでも重要な役どころで存在感がっちりで出ておられます。
-----------//


★「Housefull 3」 -2016 ヒンディ映画 Wikipedia

https://www.youtube.com/watch?v=TlZM9kuqw38
//------------
 またまた出ました、売りに出されるお屋敷だからそこで映画を撮ってしまえ!ってので始まったこの映画、宣伝するためだけに映画撮影となったお屋敷プロモート映画の第一弾から続く、今回第3弾!2と同じく3もお屋敷宣伝用なのでしょうか?(笑) というかこんなものシリーズ化するとは思わなかったよ(笑) ストーリーなんか無きに等しいものww インド流ドタバタコメディなのでインド映画好きには笑えるネタも、インド映画初心者には「なんで笑うのかわからなぃ~~(@@;)」というのがインド流コメディにあります。でも意味わからなくても、笑わせるコメディは満載なので、当節話題になってる女優がずらり並んで、なんだかほっとした息抜き向けにはいいかも。今回が1~3の中では一番マシに面白いかもしれない。インド・コメディ見慣れてる方には及第点では?。 俳優はアッキー先頭にリテーシュやアビシェイク、コメディさせたらピカイチの顔ぶれ。ヒロインたちには、当節絶賛売り出し中のトップ頭ジャクリーン・フェルナンデス、リサ・ハイドン、ナルギス・ファクリとこれまた目にも鮮やかな美人ぞろい。今回の見どころは、マダムタッソー蝋人形館のとこだろな(笑) チャンキィ・パンディその仮装…ww おれはあそこで一番笑ったよww 
----------//

★短編作品「Muftiya
 これは映画の情報がネット検索してもゲットできませんっ!(><)ので、Twitterの発表を載せときます。ハッピーなのかシビアなのかもわかりません(^^;)  

私の個人的オススメ
by AkaneChiba | 2016-08-23 23:24 | インド映画全般 | Comments(0)

8月 インド映画 日本上映 2016

 今年はほんとうにインド映画が、ちーーとも!こない・・・orz 2013-14の怒涛が過ぎて、その波に乗れなかった人が、レンタルなどでようやっと2015-16あたりにインド映画の良さに気がついてきた・・・のに、その年に、ここまで上映がない・・・というのは、日本の映画界が如何に何にも展望なしのビジネス敷いてるかがとてもよくわかる様相になってますわ・・・orz

さてインド映画ではありませんが地域的に西アジアの方面の映画ということで紹介したいと思います。

ソング・オブ・ラホール」(Song of Lahore)日本トレーラー
 アメリカ映画 -2015 日本公式サイト 日本Facebook 日本Twitter

https://www.youtube.com/watch?v=fSepumfQkd4
 8/13~ ユーロスペース で公開。

 パキスタンがその政治体制下で、芸術が賛美されにくくなった本国で、芸術のプロフェッショナルが、音楽職人たちを集めて楽団“サッチャル・ジャズ・アンサンブル”を結成し、ジャズ演奏を。そしてその映像がネットやBBCで取り上げられると、またたく間に反響を呼び、ついにはNYでウィントン・マルサリスと演奏が叶うまでに!というドキュメンタリー映画。音楽、ジャズファンにもうれしいウィントン・マルサリスとの共演というのも、音楽ファンにも見に行って欲しい映画となっています。

以下は本家、米国側のトレーラー 他
Song of Lahore Official Trailer
  Official site Wikipedia IMDb
https://www.youtube.com/watch?v=reMlqvb_WAA

 一昨年は、聖者たちの食卓というインドの黄金寺院の無料配給所を取材したベルギー製作のドキュメンタリーが紹介されましたが、欧米から見て切り取った「(キリスト教以外の)イスラム他宗教文化圏」の文化を紹介するドキュメンタリー等が、評価されて日本にも入ってきています。この「ソング・オブ・ラホール」もそういうドキュメンタリーです。 


<インドとパキスタンの国境を越えて・・・>
 インドのムンバイ映画が「Bollywood」と呼ばれるの対し、パキスタン映画では「Lollywood」(ロリウッド)と呼ばれるパキスタンのラホールで作られる映画のことです。パキスタンとインドは犬猿の仲ですが、映画などでは同じ文化圏の価値観の芸術や文化を有するので、映画の世界では時に交流があったりすることもあります。映画は国境を越えて上映されたりDVD映像がでたりもします。また有名なところでは、パキスタンの俳優でシンガーのAli Zafer 君は、ボリウッド映画に出演していたり、今度シャールクの映画「Raees」でも、パキスタン女優との共演がなされます。(私はこのAli Zafer君がお気にいりでもあります)
 こういう取り組みがなされていることも、知っていただければと思います。

----------------------
★ 追記
またも「SpaceBox Japan」さんが、今年のこれから上映される「Rustom」を日本に持ってきてくれます。主演は、アクシャイ・クマール。こちらは英語字幕。本国封切り2日後でしょうか?
 ▽8月13日 スペース汐留FS、8/14 イオンシネマ蛯名 詳細申し込みはコチラ


再追記:8月21日 イオン市川妙典 でも上映だそうです。

 アクシャイ・クマールのサスペンス・スリラーでしょうか。アクシャイについては私はここで取り上げていますので、よかったらチェックしてみてください。アクシャイは年に3~4本の映画を必ずだしていて、お国万歳、スリラー、超娯楽、他コメディ等・・と毎年そんなパターンで映画を出しています。最近はお国万歳系な映画がひじょーに興行収入が好調なんですが、私は彼のサスペンススリラーはずっと好きでして、この映画はそのパターンの映画のようです。個人的にはアッキーのこの近年での面白かったのはHoliday(2014)とBaby(2015)辺りではないかと思うのですが、今年のはちょっとジェイホー!という匂いがちょっときつ過ぎた「Airlift」から始まって、そのあとかなりのおバカコメディ「Housefull 3」のあと、今度がサスペンススリラー路線の「Rustom」となったようです。軍服が似合う人なので(警官より軍服の方が彼はいいよねw)、こういう話はいいかもしれません。ハリウッド映画なんかにもよくあったこういう軍服なサスペンスな話とか、わりとありますよね?そのタイプかな?アッキーは米国風サスペンス・スリラーを若いころ相当インド流にしたのをやってきていますので、脚本の当たりはずれはありますが、インドにあまりないカテゴリーなものをインドに持ち込んできて作っているのだと思います。
 アッキー・ファンには、シリアスに楽しめる今年の一本ではないかと思いますよ(^^)/ しかし同日封切りのリティックのモヘンジョダロも気になる私ww

------------------------
<再々追記>
 SpaceboxJapanさんが持ってきてくれるそうです、ってか、すごすぎない?ペース(^^;)大丈夫か?
まぁ、こちらは元々インド人コミュニティのための団体様なので、英語字幕しかありませんし騒々しく指笛も笑い声も飛び交う上映です。一回~数回きりの「貸館上映」(プライベートな団体な貸切り上映)なので、映画祭や一般上映とは意味合いが変わるので、その地域に近い映画マニアしか足を運べないですけれどね。(しかしこんだけボリウッドの人気作が「貸館上映」で次々くると、日本でやってる映画祭とかで引っ張ってこれる映画タイトルの争奪戦になってるやろなww)

 A Flying Jatt 8月28日 申し込みはコチラ

https://www.youtube.com/watch?v=1J9Z0qhKZqo

 これは私も見たいです!こういうおバカコメディは、インド映画の本領としてパクりで積み上げてきた技量や気質で、パロディ積み上げる能力もピカイチなので、私は大好きです。ヒーロー・コメディにしてるので、子供から大人まで楽しめる話の作りでしょうし、英語字幕あろうがなかろうが、映像だけで話わかるでしょうし(笑) 今年私も楽しみにしていたお気楽ものの映画の一本ですね。
 主演のタイガー・シュロフは、芝居・演技ははまだ一歩足りない(滑舌がなぁ…)新人ですが、ダンスとそのアクション、そしてその容姿に体格の水準はずば抜けてものすごい人材なので、彼のダブル回し蹴りアクション(テコンドーや空手をかなりやってるらしい)は必見です。
 気兼ねせずにゲラゲラ笑って楽しめる一本なので、お近くの方は足を運んで楽しんでみてね(^^)/



  @@日本の米国に準じた放送業界やエンタメの価値観だけで、西/中央/南アジアを理解するのではなく、欧米というキリスト教文化圏以外の、他の宗教の文化圏を知るには、こういう文化圏の映画は非常にわかりやすい重要なツールになっているので、そういうものを通じて中東から東にまで通じるアジアの世界を知ってみてください。何度も言いますがアジアというのは、日本と特亜ではありませんよ(日本と特亜=極東アジア)、中東から西アジア~中央アジア~南アジア、東南アジアに至る広範な範囲を指す言葉ですからね。
by AkaneChiba | 2016-06-10 17:08 | インド映画全般 | Comments(2)

個人的メモ 改訂

 個人的に気になった映画の、URLコード、タグの為の、メモなのです。memo ........( ..)φ メモメモ。いつものブログ更新では無いです。 -2016.6.30改訂
------------------------
<ちょっと、独り言>
 インド映画はリメイク/リメイドものが山のようにあるんですが、他にも同じような設定でマッシュアップさせたり、同じキャストや役柄で、設定だけ引き摺って別の映画にしたりとか、そういう似て非なるもの  A≒A' のようなものや A∋B A≧B っていうような映画を作ったりする傾向があります。その過程がそこらに落ちてる見ることができるというのも、面白い現象かも。

 監督で映像を見る・・までになかなか至っていませんな。有名どころ監督をようやっと認識した程度。古い作品がわからないのが結構ネック。このURLラインナップは、監督に焦点を当てた・・・ラインナップってところだろうか?
 
 タミル映画といえば、日本では、ラジニ様か、カマル・ハーサン、ヴィクラムさんが紹介されてるけど、Vijayは日本に撮影で来日したことある。 Vikramさんも大阪アジアン映画祭で来日。 タミル映画は、日本では古くからのインド映画ファンには、コアにマニアックに愛されてる。小難しい映画も多い。

 若い監督も育ってきてるインドがうらやましい~~

個人的メモURL他
by AkaneChiba | 2016-06-05 19:38 | イベント | Comments(0)

個人的メモ 2

 個人的なメモです。トレーラーとか集めたURLとか メモその2です。
------------------------
 シャールク映画の トレーラーとか、そういやあんまり触ってなかったわね(笑)古いのって探すの大変なんだけど、シャールクあたりだと見つけやすいわね。

個人的なURLメモ その2
by AkaneChiba | 2016-06-05 18:46 | Bollywood | Comments(0)

6月 インド映画 日本上映 2016

えー、そろそろ来月の話を。(2016.5.16初出-2016.5.28追記)

 今年、2016年は残念ながら、インド映画に関しては、目新しい作品の上映は、「インド人コミュニティが主催する上映会(基本は英語字幕、運が良ければ日本語あり)」くらいしかございません。
 残念ながら、新しい映画が入ってきてないのです。
 ですので、過去に上映された映画を特別に上映するとかのイベントなどでの上映とかになってる所が多いですかね?私はこういう情報は、関西に中心おいて、情報見つけたら掲載してます。関東まで手が届かない場合はご容赦を・・・(^人^;)

//--------------------
京都みなみ会館 オールナイト上映
★ きみたちオンナノコ&ぼくたちオトコノコナイト
<雨を跳びこせ!ナイト><あの頃、ナイト>
 http://kyoto-minamikaikan.jp/archives/26983
オールナイト上映のうち一本 6/18深夜 (19日 3:15~) 「きっと、うまくいく」 

うーむ・・・・オールナイトで、眠たくなってるあの時間に、これか・・・(^^;) 眼が覚める?かしらん?いい映画館なので、あそこの画面で見れるのは魅力です。(おばちゃんのあたしはちと辛い・・・orz) 学生さんとか是非、他の2本もいい映画なのでよかったら足を運んでみてください。
---------//

//--------------------
一般配給とは別の インド人コミュニティの上映の場合

 最近、残念ながら、2015-2016は日本に入ってきてるインド映画は、ちょっとお休みしてしまった感があります。ので、新しいインド映画を見ようと思うと、インド人コミュニティの為に主催されてるような上映会とかで無いと、新しいインド映画とかが、観れなくなってるこの1~2年になってしまっています。

 上記インド人コミュニティが主催する上映会は、英語字幕は「本国の作品が作られる時に作っている」ので、字幕の精度もプロレベルのものですが、こちらで日本語上映される場合の翻訳字幕は、一定の翻訳レベル技術・・・の水準に達してるどうかは保証できません。それを御理解いただいた上で、その御了解のもとに、足を運んでください。

 少しそのことを付け加えておlきます。字幕翻訳は、職業翻訳なさってる方々のお仕事の一つですから、もちろん専門職です。日本におけるインド言語の翻訳者・・・となると、そうそう数がいるわけではなく、また言語がやたら多いので、あまりにマニアックな言語になると、研究機関や大学などの人材紹介無しには訳せない言語もあります。「単にその地域に住んでた」レベルの人に訳せるものではなく、深いその地域の研究や文化や考察が必要になってくるものも少なくないのです。また翻訳だけでなく、字数制限があるのが字幕世界なので、字数制限+少ない文字数でそれを見る側が理解できるだけの「脚本作成能力」も、必要になってきます。そういう訓練を受けた人でないと、難しい世界でもあります。単にストーリーの意味を知るだけなら、DVDなどの英語字幕でも理解できる映画も数多くなりますが、地域の文化の特色を知った上で翻訳して+脚本作成能力・・・となりますと、相当に専門の技能が必要になることは、伝えておこうと思います。

 ちゃんとした中堅~大手映画会社が、しっかり配給してくださる作品でしたら、まぁまぁその辺の心配はないですが、中には3カーンレベルの映画でも酷い日本語翻訳になってしまった映画チェンナイ・エクスプレスの翻訳の人はちょっと気の毒だった・・・あれは本人のあずかり知らんところでなんかあったパターンですわ。映像見たら素人の私でもなんかあったな・・・と予測できるので・・・ ^^;)も、日本ではまだまだありますので、インド人コミュニティで上映する映画の翻訳に、中堅~以上の翻訳の技能の「質」があるかどうかは、別の問題になるので、あくまでも映画のストーリーを理解できる「目安となる」くらいの翻訳で理解いただけるといいですね。普通は翻訳者名が表記されますので、その時にはその翻訳者名をチェックして今後の映画をみる参考にしてみてください。
 面白いもので、パンチのある映画が得意の人、恋愛映画が得意の人、社会派な映画が得意な人・・・ってな風に、傾向がでますよ、案外(笑) 言語の専門家については、レアな言語に関しては専門職が少ないので、その方々がその言語の専門家であることを祈りますけれど・・・。そういう上映会で、そういう人材を見つけてきているかどうかは別の問題なので。(そこまでの人材をちゃんとどこでもマッチングできてるくらいなら、中堅~大手でどんどんインド映画が日本で配給上映されてそうな気はしますけど・・・まだそんな時代がやってきてるとは思えませんので・・・ ^^;)

 ま、上記のことを頭に置いて、インドの複雑さや、日本の現状などを知り、それぞれの翻訳を眺めるのも、映画の楽しみ方の一つですね(^^)/ 
---------------
 さて、他に、6月にはどんなインド映画がきますやら・・・・

 実は、「Housefull 3」(英語字幕)をSpaceBox Japan(インド人コミュニテ団体)さんが、どうやら大阪でもやってくださるようです。
 http://www.spaceboxjapan.com/movie_details.aspx?MovieName=Housefull3
 但し!これ・・・Housefull シリーズを過去に観ている「インド人」にはどっかん笑い!でウケるでしょうが、日本でのインド映画ビギナーには、ネタがわからない、インド流なスラップスティック・コメディなので、出ている俳優のファンで無い人には、なんでインド人が笑ってるか理解できないかもしれません(^^;)
 中味は総じて、ジャンク・コメディなので、ギャハハハ笑って楽しめる作品ではあると思います。

 実は、過去のHaousfullって・・・売りたいお屋敷物件を使ってスター様使ってコメディ映画を撮って・・・っていう裏事情のある映画なんです(笑) 「Housefull」 も 「Housefull 2」も(笑) 「Housefull 3」については、そこのところ事情はわかりませんけれど、1,2とも、主役はお屋敷w のプロモに映画撮ってみましたwwっていう、なんともインドらしい~~~一本になってます(笑) こういう映画は、音楽がよくないと客が入りませんので、スターと、楽曲は、楽しく見せてる映画となってます。 
 
 アッキーも、リティーシュも、アビシェークも、三人とも好きなので、またこの3人は、こういうコメディさせたら相当に面白く楽しく映画作るので、そこを見に行くにはいいかも?(^^;) ちゅーか、現時点での370本インド映画を見たワタシのインド流コメディへの耐性がどのくらいあるか、それを確認しに行く測り具合になる気はしますが(笑)  もちろん、ベタなコメディなので、インド流を知らなくても気軽に楽しめるとは思います(^^)v そうとう!難易度高いジャンクすぐるレベルのコメディなので、会場の雰囲気だけで笑ってください。スターの出演してるインド映画のネタがわかるインド人レベルに映画見てる人なら楽しいと思います。 誰でもわかるツボは、ろう人形辺りですかね?(笑) なんちゃってヴィクラムさんww
 
-------------------//
 
//------------
みんぱく上映会

 今年は、中央/北アジアの映画が来るようで、インド映画ではありませんが、こちらはなかなかに興味深いラインナップになってます。
映画で知る 中央・北アジア 6/12~7/18
http://www.minpaku.ac.jp/museum/event/fs
 チラシダウンロード→PDF 3.26MB
 他でやってて見損ねた一本、クルマンジャンをやりので、私はこれが楽しみですね~(^^)v

----------//

//---------2016.05.28追記---
<チャーリー 6/19>
 5月にも、関東で行われた「Charlie」 -2015 マラヤラム語映画、Celluloid Japan / DOZO Films による日本語字幕付き上映が、6/19にも イオンシネマ市川妙典で再度上映されます。 
 いま、本土でも名作を立て続けに生み出している、とても快調なマラヤーラム映画(マラーヤラム語)の2015年12月封切りの一本です。非常に評判のいい映画ですね。マラヤーラムという地方映画で40coreの興行収入というのは、とてもというか大ヒットしている一本ですね。『Charlie』 -2015 Wikipedia
 
★CELLULOID Japan - 「チャーリー」特別追加上映 
 6/19(日)ご予約フォーム
 →http://www.celluloidjapan.com/ja/movies/latest/1036

▼Charlie Songs JukeBox 見つけたので良かったら(^^)/

https://www.youtube.com/watch?v=K0eSCmqjp8M&index=2&list=PLMGbWqXdEZYNoxoC8_j0rTVDTuzdJX5G4

 関東の方にはチャンスが多く羨ましい限りですが、そのチャンスが活かせるのなら是非、いろんな言語のインド映画に触れてみてください(^^)/
--------------------//

//-----------------
ちょっとドキュメンタリーの御紹介。
これは、昨年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で優秀賞を受賞した仏シリア合作のドキュメンタリー映画。

「シリア・モナムール」
(仏題:Eau argentée, Syrie autoportrait 英題:Silvered Water, Syria Self-Portrait)
 6/18~順次公開 公式サイト http://www.syria-movie.com/

 イスラム圏の話は、政治や国際情勢も、理解するのは難しいのですが、見るのが辛いドキュメンタリー映像からでも、その断面を読み取ってもらえる手掛かりにはなります。 しかし、これは見慣れない人にはちょっとキツイ映像だわね(^^;) Live Leaksなんかのサイトを見て回ってるくらいのネットヘビーユーザーな人には、見慣れた映像かもしれませんが。
 夢ばかりの世界では無い、現在の現実の状況を覗いてみて、たまには頭をシェイクするのもいいかもしれません。

 それにしても、どうして!日本の邦題にすると、そんなタイトル表記になるんだ?「銀の水 シリアセルフレポート」でいいじゃないか。いい加減、広告会社、映画のタイトルに関する何か利権でもあるんか?やめようよ~~(^^;) どーしても!日本の映画業界の慣例が、全く持って時代に合ってないだけでなく、時には作品の質まで歪めてしまうのだけは、ほんとやめてほしい・・・orz 業界が邦画をダメにしてる自覚無さすぎるわ・・・。
-------------// 

他にも情報見つけたら、常時更新していきますね(^^)/
by AkaneChiba | 2016-05-28 16:34 | 映画全般 | Comments(0)

グローバルだからか?インドだからか?(ちょっと事件)

 ちょっと2ヶ月前くらいの騒動について書いてみましょうか(笑)
 インド基準のパクりあい・・・ってのは、映画の世界でなかなか大変な様相で、いまでこそかなりオリジナルや著作権やら、そういうものを大事にするようになっていますが、昔の香港映画とかですと、台本作ったら盗まれてしまうので、台本が無かったといわれるように、インド映画もそんな世界が存在しています。今はかなりマシになったようですが、それでも著作権のようなものに関しての価値観は大変ルーズ・・・とそういうお国柄でもあります(^^;)
 私はDVDやCDメディアを良く買うのですが、まだまだ型抜きの技術の精度が低いことやら、バリ取りなんて言葉があちらにはないかも?(笑)と思うようなプラケース製品なんかで届いたりするのは、わりとしょっちゅうです(笑)。そういう精度はまだまだ未熟なお国柄でして、そこを了承して付き合う必要があります。いいように言えばおおらかですが(笑) そのおおらかさ?からかもしれませんが、ちょっとした事件が先日起こりました。

 ある有名スターのファンのことについて書いた本が、発売されました。もちろん!大手ネットサイト密林でも紹介され、スター様本人もその本について、某SNSのご自身のアカウントでそのことに触れ、世界中のそのスターのファンや、もちろん!日本のファンもその本について興味を示しました・・特に!!日本のファンはこの本に関して、ひじょーーに大きな興味をことのほか示しました!!

その理由は!!!
by AkaneChiba | 2016-05-26 02:02 | そのほか | Comments(0)

インド映画ビギナーの方へ

インド映画ビギナーの方の為の、簡単なまとめです。

 インド映画の面白ろ映像に食いついた方々に、知って欲しいインド映画のアレコレ基本編。インドは広いので、これがインド映画だっ!と全部ひとつにまとめてしまえないくらい、多種多様な「カオスww」であることを知っていただけると、映画の観る目もかわるかな?(^^)/ 
 ここはあくまでも入り口レベルをノックしたところくらい?。
 インド映画に詳しいブログや、インドの文化や政治歴史に詳しいブログなどは、専門家の方が沢山書いておられますので、そういうお詳しいサイトで、知識を深めてみてくださいね(^^)/ 

★(1)Interval 「ムトゥの呪縛」の日本
  http://osolove.exblog.jp/22765563/
・・・日本は長い間インド映画といえば決まったイメージに縛られて…

★(2)「あなたがいてこそ」Gif動画 の反響
  http://osolove.exblog.jp/22777029/
・・・2013年~日本はインド映画ブーム、ボリウッド再・元年の後のテルグ映画「あなたがいてこそ」

★(3)インド映画は 北と南がキーワード
  http://osolove.exblog.jp/22784708/
・・・ボリウッドはインド映画の総称ではありません。北と南でこれだけ違う?

 映画の宣伝にマスコミやら雑誌やらでも、解説で上記のブログで書いたような混乱をしている人も多くいます。実は日本の記者はあまり他国の文化を詳しくしっかりかける人が少ないので・・・。政治は書けても文化音痴なんです。文化も政治の一部なんですが・・・。 私も専門家では無いので書いてて整理するのに相当かかりました。出来ることなら、そういうマスコミやメディア媒体ですらいい加減な混乱や固定観念が蔓延ってる事実を払拭すべく、様々な方がインド映画について書いてますので、そういうお詳しい方のブログを参考に、インド映画をより知ってもらえればと願います。インド映画は、こうにちがいない!なんて思いこんだら、ものすーごーーーーーーっく!後悔するハメになりますよ。それを常に裏切っていくインド映画の面白さを知ってくれたら!あなたはすっかりビギナー卒業?

 またこれら、インド映画に関する、映画夜話や閑話休題みたいな雑談話は、こちらのブログでは「Intermission」という項目で、インド映画ビギナー向けに、映画夜話的なものを書いています。現在16記事(3記事、執筆保留中)

Intermissionのリンク集
    http://osolove.exblog.jp/i39/#

Intermission 知ってると、もっと楽しい?
http://osolove.exblog.jp/22823250/
・・・ インド映画を見る上で、これらの作品を見ておくと、オマージュやネタがわかったりするという作品タイトルです。

 Intermission(インターミッション)とは映画や芝居などの「幕間」のことです。昔の映画は長編も多かったので(インド映画だけじゃないよ?ハリウッドも日本も長かった・・・ww)、インターミッション方式の上映があったのですけれどね。
by AkaneChiba | 2016-05-14 00:33 | 当ブログについて | Comments(0)

Intermission 100カロールクラブ その1

インド映画には、この近年ですが、100カロール(ルピー)という興行収入を挙げた映画に対して、100crore Club(=100カロール クラブ)と称して、そのビジネスの成功を祝う評価があります。

 背景にはもちろん彼らの映画産業の販路拡大と、2000年代のインド経済成長の支えによる貨幣価値の高くなったことなどもあり、90年代の古臭いタイプの映画から00年代に向けて映画のクオリティを上げる努力をして、しっかりいいものをつくりビジネスをしてきたことによって、上のような基準が出てきたようです。

 ちなみに、100カロールのカロールとはインドの数の単位です。1カロール・ルピー=1000万・ルピー。100カロール・ルピー=10億ルピー ということですか。

 1ルピー =1.78513399円 (2016.02.01現在) ですから、100カロールだと、大体17~8億円ということですね。2009年ごろだと、1ルピー=2円ぐらいだったそうです。ドル換算になるとこの判断はまた変わってくるので、あくまでもインド国内の指標として、スーパーヒットした映画・・・の基準として考える一つの名誉あるビジネスの評価の仕方だと、理解してもらえるといいですね。この辺りは、Box Office等ではドル換算で興行収入をしっかりデータを集めていますので、そちらを参考に、当時のレートを比較して考えてもらえると良いかもしれません。

a0308487_1705568.jpg さて、その100カロールクラブ入りした順番にリストになっておりまして、
http://www.indicine.com/boxoffice/india/100-crore-club/
https://www.bollyarena.net/bollywood-100-crore-club-movies-list/
どうやらそのリストを見ますと、アーミル・カーンの「Ghajini」(-2008)がそこへ一番乗りをしたようです。一応、このいい方は世界規模の販路を持つBollywood映画 =Hindi Movieに捧げられている称号です。でも他の言語の映画でも、xxカロールクラブとか言ってる所もありますね。2010年代に入っては、TeluguもTamilもとても良い成績を上げてWorldwideに興行収入を上げる映画が続々と出ています。
※参考資料 List of highest-grossing Indian films -wikipedia
本当はBoxoffice Indiaからの資料の方がよいのですが(ログインしないと見れないデータがあるので)、みなさんが手軽に見れるのはWikipediaの方なので、それを参考にさせてもらっていますので、少々の間違いなどはご勘弁を。
 おおむね、100カロールクラブという言い方をする映画は「Bollywood」つまりHindi film のことをいいます。(各地域のご当地言語映画には地域によって40crクラブとかそういうのいい方してる所もあるみたいですね) 

さて、そこでさっきの100カロール・クラブのBollywood映画のリストList of highest-grossing Indian films中心に見ていきましょう。

売り上げたから面白いかどうか?
by AkaneChiba | 2016-02-01 19:22 | Intermission | Comments(0)

インド映画感染記 防備録4 2016年

インド映画感染記 忘備録 更新まとめのリストURLはコチラ  
-------------------------
<2016年>
2016.12.27…今年ボリウッドは大不作。2016後半お勧めは「Shivaay」。帳尻合わせに南の映画見まくったら、南インドは大豊作の年!その中でも特筆すべきは2016年の「24」タミル映画!!2015年にはマラヤラムで「Permam」とこれも監督の傑出した才能が凄い!個人的にはマヤララムのスターPrithvirajにハマってしまい、ひたすら個人的マニアック路線にひた走るのと、メジャーどころとのバランスが微妙(笑)
2016.8.15…7月で400タイトル達しました。今年のうちに500行くかしらね?2016年前半はNeerja以来あまりいいなぁ~と思う映画がない感じ。2016年後半に集中ってところかしらね?
2016.3.29…やはり一か月に10本ちょっとくらいしか観れないもので時間つくるの大変です。ネットやメディアで見るのもお金かかりますし・・。2016年本国映画は1~3月までなかなかの良作秀作揃いのようです。2016今のところお薦めは「Neerja」。ソーナムこれで賞取るんちゃうか今年。
2016.2.29…私がインド映画を意識して見始めたのは、2013の3月からなので、一年の区切りを何本っていうのは、3月~翌年2月に設定してます。それでも丸3年で350本越えってところでしょうか?インド映画は見るのが本当に大変ですね・・・(^^;)

2016年
---12月末-----
456. James & Alice 2016 くっそーーー、泣かされた(T^T)年末に号泣する映画見せられたわ。
455. Sairat 2016 いい話かな~と思ったら(^^;)マラーティー映画。昔の大映やな(苦笑)
454. Hero 2012 プリトヴィ君の魅力全開の一本。映画の中の映画劇。アクションスタントマンがヒーロー
453. Vishwaroopam 2013 御大カマル.Sirの骨太いアクション テロ話。続編2は2017公開予定
452. Anwar 2010 プラカーシュラージさんだーw(>▽<)w テロリスト潜入エージェントのプリトヴィ君
451. Amar Akbar Anthony 2015 有名タイトルもじったマラヤラムコメディ。楽しいコメディと思ってみてたけど伏線がスリラーで、でもって途中展開酷い。ほんまに彼の映画は、終わってももやり感半端ないorz
450. Picket 43 2015 プリトヴィ君いたらそんだけでドラマになるのでお見事!一人芝居風映画
449. Indian Rupee -2011 いやー、これでやっとプリトヴィ君の映画の傾向理解したわ(^^;)
448. Paavada -2016 酒に溺れたお笑いな男たちが断酒施設で知り合って・・・ 最後は感動話?
447. 24 -2016 Suriya様の今年の評判の一本。もの凄いものを見た。インド既に始まってる… _ノ乙(、ン、)_
446. Thodari -2016 ダヌーシュ主演のアクション、ラブコメ?タミル版『暴走特急』 これむちゃくちゃおもろいやんかっ!VFX金がないのでイマイチと思われたんか知らんけど決してこれ悪くないぞ(^^;)
445. Mumbhai Police -2013 面白いスリラーですがそのオチw プリ君の映画ってこんなのばっかしか?(^^;) 観客が悩むわww 
444. Pokkiri Raja -2010 マサラム-ビー マンモッティとプリトヴィのダブルスターによるお祝い映画ってとこかしらね(笑) あほでやったわ、プリ君ww アッキーのBossのオリジナル
443. Drishyam -2013 マラヤラムのオリジナル。最初の40分ぐらいの家族の風景は地方映画の間延びパターンでしたが、途中からは全く一級スリラーです。ヒンディ版がオリジナルまんまでした。
442. Premam -2015 むちゃくちゃ凄いもの見た(^^;) どっかの映画祭で何か賞とってないかこれ 
441. Ennu Ninte Moideen -2015 すっごいイイ映画なんだけ!酷~~(T^T)マラヤラムってこんな映画ばっかなの?(^^;)
440. MS Dhoni The Untold Story ハンサムだけど、クリケット知らないしかもお国の英雄に思い入れの無い日本人には、これはフツーの映画でした(^^;)
439. Anarkali 2015 私のツボにハマりまくってる内容の映画wしかも酷っwその方法ww
438. Kabali 2016 ラジニさまのギャングモノ。ファイトシーンの映像が良くてスローモーションだらけなんですがその分丁寧に映像描いてた感じはしました。奥様役が気になってるRadhikaさん。
ex. Quantico 1st Season 全22話 プリヤンカが主役でインド映画ではなく、アメリカABC製作の連続ドラマ。面白かったですよ(^^)v
437. Celluloid 2013 話も淡々としててよかったですね。ラストが気に入らない人もいるでしょうが、マラヤラムらしい終わり方かもしれません。芝居も彼らしい一本。
436. Ivide 2015 重い刑事ものそこそこ及第点。これはプリ君全編アメリカオールロケっていう意味がある一本。プリ君垂涎ものの濡れ場もGJ(笑)
435. The Thriller 2010 英語字幕で一度見ただけじゃわからん(^^;)いやまぁ事件が解決するのだけはわかるんですが(^^;) マラヤラムアクションってこの基準あるなら、凄い面白いんですけど。
---11月末-----
434. Ae Dil Hai Mushkil 2016 すまん、とことん!!面白くないっ!(^^;) アイシュが美しかったわぁ~で終わったクソ映画やの(^^;) カランジョハルの知恵の泉は枯れたのか?(^^;)
433. Dear Zindagi 2016 アーリア演じるの自分探しの映画。きっとファンには楽しいのだろうが、これはパターン過ぎて飽きた。彼女はUdataや2Statesとかの方がよかった、Highwayでその実力知ってる人には、どう映ったんだろう?
432. Force2 2016 しっかりお金のかかったアクションスリラー。ソナクシもよくやってた。今年のジョンは平均以上。相当アクション監督いいぞ!ゲーム画像視点の銃撃ファイトシーンはお見事でした
431. Banjo 2016 リテーシュかっこいいシンプルなサクセスストーリーな映画。マラーティー映画のスタッフをヒンディ映画側に引っ張ってくる狙いもありそうです。音楽が珠玉!CD買ったぜっ!
430. Shivaay 2016  アジャイ主演・監督・プロデュースの雪山アクション・スリラー。ひたすら!アクションの連続の映画で、すっげーーーーー!映画でした。日本どうかこれ買って(懇願)
429. Police 2005 お熱あげてるPrithviraj君の刑事もの。兄貴と二人で刑事もの映画撮ってます。
428. City of GOD -2011 構成がものすごく面白い映画だけど、理解がついていきにくいむずかしさ。
427. Vargam -2006 悪徳警官がなぜか最後改心して仲間だった悪やっつけてるPrithviraj君の映画。とても24歳と思えないおっさんぶり(^^;)悪徳警官の表情がむちゃくちゃいい。
426. delhi-6 -2009 むちゃくちゃプロフェッショナルな一本やないかっ!w( ̄Д ̄;)w これ凄いよかった!しかもこの監督のほかのどの作品よりもこれ珠玉やん!!_(^^;)
425. Bhoothnath Returns -2014 アミタブジー幽霊が選挙に出たら?これは面白かった。子役の子はGundayに出てた子だわw
424. Love Aaj Kal -2009  いやぁ~これはとても良いラブロマンスだったわ(><、)
423. Urmi -2011 プリトヴィラージの王道歴史もの。ヒロインがなんと!リテーシュの嫁ですわ(^^;)
422. aiyyaa -2011 こんなの買うやつ日本じゃ俺しかいねえだろって買ったらアタリだった(^^;)
---10月末-----
421. Charlie -2016 マラヤラム映画。映像がすごく良い映画。チャーリーに惚れそうになったぜww
420. ABCD2 -2015 ダンス好きには楽しいw 話を見る映画じゃないからw
419. Monchora 私が恋した泥棒 -2016 こういう映画は映画祭に必要
418. Bombay Velvet -2015 金掛けた映画は良い!興収で判断するべからずだな(^^;)
417. Tutak Tutak Tutiya 2016 ソヌさん萌え映画w 盤でたら買うw ソヌさんの筋肉の為だけに買うw
416. Mirzya 2016 映像がひじょーーに美しい!がアニールの息子にしゃべらせてないぞw
415. ソング・オブ・ラホール インド映画ではないですがあの地域の映画ということで 
---9月中-----
414. Once Upon ay Time in Mumbai Dobaara!  そういやまだ見てなかった!おもんない!w
413. Gabbar is Back -2015 まぁアッキーだからあんなもんでしょって映画。
412. Baar Baar Deko -2016 カトちゃんはかわいいけどシドつかえねえなぁ(^^;)
411. Akira  -2016 この監督が良い、フラグの使い道は想像ついたwHolidayやGhajiniの監督さん。ソナクシは、及第点+15%ってとこかな?
410. Rustom -2016 面白くないわけじゃないが厚みがない。アッキーの法廷スリラードラマ。
409. A Flying Jatt -2016 むちゃくちゃ面白かったwww この監督すげぇ~ww 
---8月末----
408. Mohenjo Daro -2016 監督が何がしたいのかがずっとわからなくて、終わりの方でようやっとわかったけど。リティックは悪くないけど、映画は…日本じゃだめだウケない(^^;) 
407. Aligarh -2016 暗い・・・暗すぎて、しんどかったわ(^^;)
406. Azad -2000 テルグ版「怪傑ゾロ」 あれ?シルパ・シェッティがでてるww 
405. Verayutham -2010 偶然手に入れたVijayのDVD。テルグ版ゾロ「Azad」2000のリメイク
404. Subjit 2016 バイオピクだそうですが、アイシュと弟役ランディープの重い映画。重い…
403. Jor Jar Mulluk Tar  ベンガリ版Okkudo うーん・・・主役がなぁ・・・(^^;)
402. Great Gran Masti -2016 2の方が面白かったよ。ちょっとイマイチやったなぁ~
401. Sultan -2016 サルマンとアヌシュカ案外ペアで絵になる。サルちゃんが悲哀感背負って年齢に合うサルマン祭な映画。
---7月末----
400. Woh Lamhe カングナ美人だけど、いつもそうだが破滅するあるいは破滅させる女だなw
399. Pithamagan ヴィクラム祭な一本。ほんとこんな役やらせたら右に出るものいない。Suriyaさんも素敵♪
398. Manjhi-The Mountain Man -2015 ナワズさん一人芝居風映画。インド現代聖人譚映画。
397. Sangharsh -1999 しまった!変なのに手を出してしまったw インド版羊たちの沈黙?ww
396.  Udta Panjub -2016 重いっ・・・こりゃ重いわ・・・どこがコメディ?
----6月末-------
395. Kaho Naa Pyaar Hai -2000 リティックのデビュー作。新人として桁外れ。
394. Kaante -2002 豪華出演陣で、どうしてこんな映画を作ろうと思ったか?アクションが凄い!と思ったら案の定ハリウッドスタッフつかってた・・・。つまり訓練兼ねてるパターンなのか。
393. Jung -1996 アジャイさんの映画。これは笑えるw 消防車またぎw
392. Saala Khadoos 2015 (英題 The Snob) タミルは Irudhi Suttru (意味 Final Round)
391.  FAN -2016  やっと観た。こんな映画を作れるスターや監督がいるインドがうらやましい。
390. Kya Kool Hain Hum 3 -2016 お下劣バカエロコメディ。映画パロ満載で以外に面白いw
389. Mard 1985 アミタブ、パレスホテルでロケしてたというので見てみた。
388. Housefull 3 2016 もう見たww これは金だしては絶対にみないわww 
387. Bandhana 1984 カンナダ映画らしい。とある豪華パレスホテルのロケ地映画と知って見てみたら・・・確かに映ってたけど豪華なパーティールームだけだった。話は古くてしんどかった
386. Mugamoodi (英題: The Mask) i -2012 これはツボった!バッドマンとロビン足して2で割ったようなキャラなんだが、そこに至るまでの過程も含めて、Jiiva君断然!ファンになったわww
385. Aradhana -1969 Neerjaを見たのでやっぱみとかんとと思いしっかり見たら眠かった。一昔前過ぎて、さすがに辛いですわ(^_^;)
384. Attarintiki Daredi -2013 アクションがそこそこ面白かったわね。これUTVなの!へぇ~
383. Raana (Ranna) -2015 但しHindi版。声がやっぱり違うのは辛い。でも最初のアクションでがっつりワロタwwわww 最初のそれだけで、なんかもう満足した私ww
----5月末-----
382. Tamasha -2015 映像もラブストーリーも悪くないのに、私はちーっとも面白くなかった。多分、この手のドラマありきたりに見てきてるのもあるんやろうなぁ。普通すぎて面白くなかった?
381. Wazir -2016 アミタブ・ジーの存在感あっての映画ですね。すまんワシストーリーずれしてるんで、オチは途中でわかってしもたけどね(^_^;) 
380. Drishyam -2015 一級のスリラーですね!これは演出もいい!オリジナル是非みたい!
379. Azhar -2016 八百長疑惑掛けられたクリケット選手の話。イムランよりララ・ダッタが気になるw
378. Baaghi  -2016 話は単純ですがタイガーのアクションむちゃくちゃ見ごたえある!!
377. Baahubali : The Begining -2015  とにかく凄かった・・・・_ノ乙(、ン、)_
376. Mere Brother Ki Dulhan -2011 イムランよりアリ君に目が行く、カトちゃん可愛い映画
375. Jaane Tu -2007  イムランの青春映画?
374. Salaam-e-Ishq: A Tribute to Love  2007 ラブアクチュアリーボリウッド版、長すぎた。
373. Jai Gangaajal 2016 いやまぁ、そこそこでしたけどね 
372.  Sanam Re 2016 https://en.wikipedia.org/wiki/Sanam_Re  別に見なくていいww
-----4月末-----
シネリー梅田でのIFFJアンコール上映メインで、新しい映画見てる暇あまりありませんでしたわ
371. Main Tera Hero 2014 これは出来の良いインドコメディの教科書のような映画でした
370.  Ki & Ka 2016 アルジュンがかわいかった。監督はスパイシーな鬼畜かもしれないw
369. Kapoor and Sons 2016  ドラマ。いい話
368. Fitoor 2016 カトちゃんのラブロマンス。「大いなる遺産」翻案
------3月中-----
367. Rocky Handsome 2016 ジョン・エイブラハム主演。韓国映画「アジョシ」のリメイク。
366. Murder 2004 イムランは90年代のスニール・シェッティのような枠になってきた。
365. Ghayal Once Again 2016 サニー・デオルのアクション。監督も兼任。映画祭の一本とかで見たいですね。
364. Prem Ratan Dhan Payo 2015 インドらしい~~サルマンらしい~これはインド人はみんな見に行くなぁ~っていう一本。クオリティ高い。Bhajirangi Bhaijaan より映画のつくりは私はこっちの方のスタッフ好きかもw ソーナムの美しさもバッチシ!
363. Mastizaade 2016 レオネ姐さん登場シーンのスタッフの気合の入りようは面白かった。エロバカコメディ。100か所以上、検閲に引っ掛かってしまったちょっと気の毒な作品。
362. Neerja  2016 実話再現のアタリ映画です!ソーナムの美しさは実話そのもの!
361. Dilwale 2015 おもんなかったぁ~ ベタベタすぎて。何がしたかった映画かわからんw
360. Airleft  2016 アッキーさんのシリアスドラマ。良い話でしたよ。
359. Laila Majnu 1976 リシーさんの若いころの王子っぷりがなかなか。悲恋のペルシャ物語
358. Prem Rog 1982 リシーさんのラブロマンス、ラージ父が監督の一本
357. Bhagwaan Dada 1986  いろんな意味で興味深い一本でした。

------2月末-----
356. Namastey London -2007 カトちゃんが美人なのとアッキーハートブレイク映画
355. Golmaal3 2010 ミトゥンが楽しそうにコメディしてるのだけが良かったが・・・
354. Heyy Babyy -2007 ダンスシーンが一つツボですね。
353. Singam2 2013 あたった一本の続編。そこそこ面白かったです
352. Singam 2010 タミル、Suriyaのオリジナルの方を見ました。こりゃ当たるわww
351. Singham 2011 returnsの方を先に見てましたが、こっちの最初の方が数倍面白い。
350. Aurangzeb 2013 アルジュンの映画と思ってみたらPrithviraj Sukumaranの映画かも。マラヤラム映画中心の人なので、よく脇役では他の映画でも顔見ます。Raavanのもう一人の警官役やってた人。これ面白かったよ。各役者が芝居しかkりするのを組んでた映画だったので。
349. Puli 2015 製作費かかってるってのは、出演者スター集めたから?スディープ様かっこいいけど、それ以上にSurideviの迫力のあやしい美しさにアッパレww シュルティハサンは気に入ってるのですが、あんまり出番は無かったな
348. Jodi No.1 2001  サンジューとゴヴィンダの詐欺師ドタバタコメディ。驚くことにこの映画スーパーヒットしてるんだよね。音楽がキャッチーだったかな? 
------1月末-----
347. Bajirao Mastani この映画は難しいぞ!一見してそこわからないだろうけど難しいエンタメだ
346. Elaan -1994 主役はアムリッシュ様だなww
345. Haatim Tai -1990 Jeetendraのとんでも無い映画を観たww 腹が痛いw o_(>∀<、) フラッシュゴードンと死霊の盆踊り足してインド版ファンタジーにしたら、これになります。オタが食いつくカルトムービーですねww
ex. Bajrangi Bhaijaan 日本語観賞。あの寺院はインド側のカシミールのムスリム寺院だそうです
ex. Ladies vs Ricky Bhaul -2011 Tug le の曲やランチンさんのダンスがみたくて
ex. Dil Dhadakne Do  新しいのを見てる余裕がなくリピート。何度見ても芝居に味わいがあるので
----------------

インド映画見始めてから丸3年で大体、350本くらいでしょうかね?350本も見たらやっと近年の人気作は大方追いついた?かもしれません。4年目で150本足せたら500本。目指すか500本?(^^;) 

  @@忘備録3 2015年はこちら
by AkaneChiba | 2016-01-29 02:07 | インド映画全般 | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

10月 インド映画日本上映 ..
at 2017-09-15 00:59
ICW Japan 9月23..
at 2017-09-12 19:48
『カンフー・ヨガ』は12月 ..
at 2017-09-03 00:45
9月 インド映画日本上映 2..
at 2017-08-29 01:24
8月 インド映画 日本上映 ..
at 2017-08-02 23:47

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

> あかん人さん ご無..
by AkaneChiba at 17:48
ご無沙汰しております。 ..
by あかん人 at 19:33
this looks v..
by rajesh at 20:33
युकिकोさんブログ..
by AkaneChiba at 23:51
その節は、お声をかけてい..
by युकिको at 15:00
> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ