遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

番外.Sanjay Dutt 一人祭り中 サンジュー出所!

 昨日今日はボリウッド・クラスタのニュースは、これ一色だったと思います(笑)
Sanjay Dutt Emotional Speech after Releasing from Jail

 サンジェイ・ダットの愛称は「Sanju」(サンジュー)とか「Baba」(ババー)とかなので、記者たちから呼ばれています。 

 サンジェイ・ダットという俳優が何故、収監されていたかについては、私も、サンジューについて多くのアーティクルを書いてますので、そちらをご覧ください。→Sanjay Dutt 一人祭り中 URLまとめ  このその3~その5、そしてXIIIのところで、この収監の件についてまとめてあります。 
a0308487_25435100.jpg 今はこういうタイプの役者は日本では見なくなりましたが、昔は勝新みたいな困ったヤツなんですがそれが魅力となるような破天荒な役者が沢山日本にもいました。サンジューもそういう破天荒な困ったタイプのスター(笑)なのですが、サンジューの足跡を知ることはボリウッドの大きな断面を知る、特にインド映画の歴史ごとその足跡とインドの社会を知る大きな大きな手掛かりになる存在でもあります。 役者としての技量そのものよりも、そういう彼の人生そのものが映画のストーリーになり、また善悪や清濁で紋切り型にストーリーを展開できるような話では無いところに位置する存在でもあります。
 以前にもいいましたが、サンジューの軌跡を知らねば、pkは理解が出来ない映画でもあります。 ともあれ、5年の刑期も(2013年秋収監)、以前の収監歴との差し引きと模範囚だったことから3年弱(2年半?)で出所したわけですから、特別待遇ではあるのかもしれません。まずは自由の身でゆっくり過ごしてのち、落ち着いたら映画の撮影に復帰してほしいと、ファンの一人として願います(^^)/ 
おかえりなさい、サンジュー!お努め御苦労さんです!ww
a0308487_25549100.jpg


サンジェイの映画?
by AkaneChiba | 2016-02-25 03:23 | インド映画スター | Comments(0)

2月13日 クリッシュ 重低音ガラムマサラ上映 報告

 なんて雨だ・・・・・この雨では今日の任務に支障が出やしないか心配だ。
 キングスマン・エージェントたちは2/11の塚口サンンサン任務は遂行したようだが、もうひとつさらに重要なコアな任務2/13に同じ塚口サンサン劇場にあることに気づいていただろうか。そうだマサラ上映の元祖、インド映画による上映だ・・・。任務に一つの漏れもあっては命取りだ。キングスマンのスーツ萌えだけにうつつぬかしているのでは片手落ちだ・・・。英国がかつて植民地にしていたインドでは映画文化が根付いて花開き、百年を越えて今や世界を席巻するインド映画市場をグローバル展開しており、世界の映画界にとっての大きなビッグビジネスになっているのに、日本だけがこのことを知らず世界から取り残されている実態があり、調査がしっかりできていない。国際エージェントは広い視野を持たなければ命取りになるものを・・・。キングスマン・エージェント諸君はヴァレンタイン(Samuel L. Jackson)の胸に光るペンダントに気付いたであろうか。世界の洋画市場でも広く知られたインド映画好きのバズ・ラーマン監督だけでなく、このキングスマンのマシュー・ヴォーン監督もインド映画のファンではないかと疑ってかかっていいことに気付いたエージェント諸君は、優秀なエージェント諸君は、少なからずいるはずだ。
a0308487_031282.jpg いや、もう、ごたくはいい。他の任務で忙しかった者は別として、2/11に引き続き、2/13の塚口サンサン潜入のダブルマサラを経験した者は、少数だったことをここで伝えておく。キングスマン・エージェント候補生は、映画に国境も垣根もないことを、国際エージェントとしてしっかり自覚してもらいたいものだ。

 以下、その塚口サンサン劇場 2/13 『クリッシュ』「重低音ガラムマサラ上映」のレポートを報告する。エージェント候補生の諸君は、これらを参考にして、後の「キングスマン以外の任務」にも映画館に足を運んでいろんな映画を見るという自発的行動で自主訓練もしくは任務を遂行してほしい・・・・。なんでも関東の雄「キネカ大森」で「キングスマンL&G上映」が2/27に行われるらしい。エージェント諸君の活躍を期待する。この日は塚口サンサンでは2/27と3/5に『ガールズ&パンツァー 劇場版』マサラ上映が行われるらしい。客層のクラスタがまったく持って違うらしく塚口サンサンさんではマサラ上映のハウツーを紹介してくれている。キングスマン・エージェントやインド映画マサラーには基本の内容だが、クラスタの違う客層の反応も知ってみたいところだが、どうやらチケットは即完だったらしい(さすがアニオタ・クラスタww)。なんにせよ、マサラ上映のノウハウを知りたい方は、これらのエージェントたちが報告するレポートを参考に、今後のキネカ大森や塚口サンサンのイベント上映の潜入調査に役立ててほしい。

 そしてエージェント諸君には、必ずこれだけは忘れてはならないことがある・・。
 合言葉は「後片付けまでがマサラシステム♪」
a0308487_03309.jpg紳士の国のエージェント諸君も、ガルパンで初のマサラ上映をする諸君も!上映後のこの任務を漏らすことなく少しでも巻き散らかしたゴミを片付けるのを手伝ってほしい。みなで手伝えば10分かからず片付く それが最近のキネカや塚口サンサンのスピーディーな掃除等につながり、また劇場の人が「みなさんが手伝ってくださるなら次のイベント上映も何か考えちゃおうっかな♪」という上映館側をその気にさせる重要なテクニックであることも、キングスマン・エージェント諸君なら承知のことであろう。あるいはガルパンの戦車道を極めた礼節のある、淑やかで慎ましく、凛々しい大和撫子/日本男子であるからして、その精神をしっかり守ってくれことと信じる。

 さて、2/13の報告の件に戻ろう。今回の任務は映画「クリッシュ」(原題:Krrish3)における『カールの世界』への潜入だ。場所はインドではなく塚口サンサン劇場。インクレディブル・インディアといわれるほど、カオスの未知の国、マサラの本場、カレーの国についてのフィルムの調査だ。その為の準備はさらに慎重でなければならない。小生(=エージェントE)は、いまだキングスマン・エージェントの癖が抜けきっていない。ここでインド映画潜入の為に一般人モードに切り替えることにする。身分がばれてはならない。以下、通常一般人モードでレポートする。
//-----------

一般人モード、スイッチ・オン!
by AkaneChiba | 2016-02-24 03:19 | マサラ上映報告 | Comments(0)

塚口マサラ 2/11「キングスマン」 2/13「クリッシュ」

<マサラ上映のお知らせ>関西

また!塚口サンサン劇場さんマサラ上映があります(>▽<)!

☆2/11(祝) 映画『Kingsman』
   Ladies and Gentleman上映
 15時30分~17時45分

 詳細はコチラ → http://ameblo.jp/t-sunsun/entry-12123772975.html

☆2/13(土) 映画『クリッシュ』
   重低音ガラムマサラ上映
 19時45分~22時20分

 サンサンのブログはこちら→http://ameblo.jp/t-sunsun/entry-12126469319.html
 ツイッターの告知はコチラ→https://twitter.com/sunsuntheater/status/690481607480770562

詳細は、直接、塚口さんにお問い合わせください。
塚口サンサン劇場 Webサイト→ イベントニュースはコチラ
 http://www.sunsun.info/news/
キネプレさんのところでも、塚口サンサンのイベント紹介がなされています。
http://www.cinepre.biz/archives/19405

------------------
 昨年のキングスマンの大騒ぎ上映は、みなさんスーツ姿で大盛り上がりの関西、そして関東も盛り上がりましたが、関西はこのところずっとずっと!!インド映画のマサラ上映が出来ないでいました。(/_;),クスン・・・ しかし、やっと!やっと!!関西で『クリッシュ』でやってもらえます!ヽ(>▽<)/

 きっとキングスマン上映は大勢のお客があつまると思うのですが、いえいえマサラシステム上映といえばインド映画が元祖!!みんなで楽しく映画見るなら、やっぱりインド映画だーーー!!!

 しかも、この『クリッシュ』(原題:Krris3は、子供から大人まで、みんなでたのしんでくれーーー!が満載に詰まってるアメコミ風ヒーロー映画!。賑やかに楽しんでくれっ!を想定して作られてる映画なのだよ。主役のリティックの父ちゃん監督ーーー!ありがとうーーーーー!!(>▽<)
 この映画、アクション部門は実はあの程小東監督(「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」とか、「少林サッカー」のアクション担当などのあの方)にを招聘して作られてる映画でもあるんです。この映画はひじょーーにワールドワイドにも成功した映画で、このトリビアはネット調べるといくらでも出てきます。ので(もちろんインドのサイトだけでなく他の地域でもでてきます、東南アジアとかでも相当興行収入よかったですし、欧州でもよかったよね・・・)、違法ダウンロードNo.1とかいう記録まで(笑)インドで作ってしまったほど!超超超!!大人気作となった映画でした。

 Krrish 3 Official Trailer

https://www.youtube.com/watch?v=MCCVVgtI5xU

 日本の上映ではおそらくDVDスルーがメインのビジネスで、箔付け上映みたいな上映で東京と大阪で1週間づつしか(そのうち3回づつ)上映してもらえなかった・・・のが、ひじょーに!残念で残念でなりませんでしたが、本当なら一般上映しても、若い客が入ったんじゃないかと思っております(レンタルDVDの稼働率結構いいんだよ、これってww)。定年超えた観客はこういうアメコミ系は馬鹿にするでしょうが、若い世代は、こういう面白い映画で声出して笑いたい気持ち満載にありますので、そういう「映画を楽しむ世代差」が配給会社さんに伝わると、このような映画の魅力も伝わるのではないかとずっとずっと思っております。
 日本にもきた「チェイス」(原題:Dhoom 3)と同じ年2013年の興行成績の2番目が、これだったんです。
 大阪で観たときは普通の上映館だったので思うように声も出せずに、面白いところで笑いたくても声が出せずに堪えて堪えてガマンして腹筋釣りながら観賞しましたが、その時、私の前の席の人も、小刻みに肩を震わせて笑いを堪えていた光景を私は忘れることはできません(笑) ですので、是非!!!声を出して笑っても許されるマサラ上映で!大スクリーンでこの映画を楽しんでいただければと、願ってやみません(-人-)
  
 ちなみに、この映画は関西では、神戸アートビレッジで2日間、計4回、字幕2回+日本語吹き替え2回の上映がなされています。詳細はこちら http://osolove.exblog.jp/21448108/ リティックへの愛で!個人の熱意で日活さんを口説き落として、特別上映にこぎつけた・・・というツワモノの方がおられまして、世界でもいろんな逸話を作った映画でもありますが、日本でも、そういうトリビアな逸話を作った映画ともいえると思います。

主役、リティック・ローシャンのダンス見れるシーンはこちら!
 

 『クリッシュ』 解説はこちらでも2回に分けて書いてます(^^)/
http://osolove.exblog.jp/20215069/
http://osolove.exblog.jp/20709512/

 この映画をいろんな人に楽しんでもらいたかったので、マサラマニュアルと、あのクリッシュのマスク!!を一所懸命、型からおこしてペーパーマスクを自分で作ってみましたので、もしよかったら合わせて、あなたも私もクリッシュになってみて、「あぁ~あぁ~♪あぁあああ~あぁ~あぁ~♪」とクリッシュ・ブレスで、腕を振ってみて楽しんでみてください(笑)

a0308487_2494993.jpg☆マサラマニュアル、クリッシュマスク 他ダウンロードできますので、良かったらチェックしてみてください。(右写真これ)
http://osolove.exblog.jp/20648551/

もちろん!マサラ上映ですから、紙吹雪巻き散らかして楽しむのもOK!!
<参考>紙吹雪をつくってみよう!
http://osolove.exblog.jp/19890696/
風船なんかも飛び交うと楽しいかもしれないですよね、除幕式のシーンとかね(^^)/

 もちろんもちろん!関西のお客さまは、Manner Makes Man・・・って違ったそっっちはキングスマンですね(笑) 前回のキングスマンの上映の時も、みなさん!上映後もお片づけしていただいてましたし、今度もそうなる塚口サンサン劇場さんのイベント上映!!元祖マサラ上映のインド映画も負けてはいられません(^^)v
あと片付けまでがマサラシステム(^^)
合言葉
に思い思いに皆さんで楽しんでいただけますよう~と願っております(^^)/
a0308487_373547.jpg

  @@ちょっとどうでもいいトリビア。主役のリティック・ローシャンは筋肉も半端ないイケメン殿方で、欧米でも知られた俳優です。この映画のプロモも兼ねて、またこの映画の興行成績の良さもあって、CNNのインタビューにも番組で宣伝されており、インド映画の一つのエポックともなった一本だったこともお伝えしておきます。もっとどうでもいいトリビアは、リティックは離婚しましてこの映画の悪役の女性と噂ありましたww イケメンだから許すぞ俺はっ!!(笑) どうでもいいトリビア3、悪役のヴィヴェク・オベロイですが、リティック・ローシャンと同じ有名演劇学校の出身で、一番の出世頭がリティック、その後の期待のといわれたのが、ヴィヴェクでした。そしてその学校の後輩に、現在快進撃中のランヴィール・スィンがいるという・・。どうでもいい話でした~ww
by AkaneChiba | 2016-02-05 03:17 | マサラ上映 | Comments(0)

Intermission 100カロールクラブ その1

インド映画には、この近年ですが、100カロール(ルピー)という興行収入を挙げた映画に対して、100crore Club(=100カロール クラブ)と称して、そのビジネスの成功を祝う評価があります。

 背景にはもちろん彼らの映画産業の販路拡大と、2000年代のインド経済成長の支えによる貨幣価値の高くなったことなどもあり、90年代の古臭いタイプの映画から00年代に向けて映画のクオリティを上げる努力をして、しっかりいいものをつくりビジネスをしてきたことによって、上のような基準が出てきたようです。

 ちなみに、100カロールのカロールとはインドの数の単位です。1カロール・ルピー=1000万・ルピー。100カロール・ルピー=10億ルピー ということですか。

 1ルピー =1.78513399円 (2016.02.01現在) ですから、100カロールだと、大体17~8億円ということですね。2009年ごろだと、1ルピー=2円ぐらいだったそうです。ドル換算になるとこの判断はまた変わってくるので、あくまでもインド国内の指標として、スーパーヒットした映画・・・の基準として考える一つの名誉あるビジネスの評価の仕方だと、理解してもらえるといいですね。この辺りは、Box Office等ではドル換算で興行収入をしっかりデータを集めていますので、そちらを参考に、当時のレートを比較して考えてもらえると良いかもしれません。

a0308487_1705568.jpg さて、その100カロールクラブ入りした順番にリストになっておりまして、
http://www.indicine.com/boxoffice/india/100-crore-club/
https://www.bollyarena.net/bollywood-100-crore-club-movies-list/
どうやらそのリストを見ますと、アーミル・カーンの「Ghajini」(-2008)がそこへ一番乗りをしたようです。一応、このいい方は世界規模の販路を持つBollywood映画 =Hindi Movieに捧げられている称号です。でも他の言語の映画でも、xxカロールクラブとか言ってる所もありますね。2010年代に入っては、TeluguもTamilもとても良い成績を上げてWorldwideに興行収入を上げる映画が続々と出ています。
※参考資料 List of highest-grossing Indian films -wikipedia
本当はBoxoffice Indiaからの資料の方がよいのですが(ログインしないと見れないデータがあるので)、みなさんが手軽に見れるのはWikipediaの方なので、それを参考にさせてもらっていますので、少々の間違いなどはご勘弁を。
 おおむね、100カロールクラブという言い方をする映画は「Bollywood」つまりHindi film のことをいいます。(各地域のご当地言語映画には地域によって40crクラブとかそういうのいい方してる所もあるみたいですね) 

さて、そこでさっきの100カロール・クラブのBollywood映画のリストList of highest-grossing Indian films中心に見ていきましょう。

売り上げたから面白いかどうか?
by AkaneChiba | 2016-02-01 19:22 | Intermission | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

宝塚星組「オーム・シャンティ..
at 2017-07-25 00:30
印活 日本の記事や、現地の記..
at 2017-07-16 18:53
マサラ上映7月『バーフバリ ..
at 2017-06-24 00:47
映画『Amen』 -2013..
at 2017-06-13 00:31
今夜のRanveer CL決..
at 2017-06-03 01:12

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52
> ふんさん コメント..
by AkaneChiba at 13:10
あなたが誤解を招く文章書..
by ふん at 12:10
> 高田世界館スタッフ・..
by AkaneChiba at 00:14
akane様 初め..
by 高田世界館スタッフ・西山 at 16:53
「熱い解説を!」さん(で..
by AkaneChiba at 19:33

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ