遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2015年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

XIII.Sanjay Dutt 一人祭り中 その13 映画  Policegiri とそして再度収監、そしてpk

過去のSanjay Dutt 一人祭り中はコチラ
-------------------
<Sanjay Dutt 一人祭り中 映画  Policegiri、そして再度収監、pk>

☆Policegiri 収監前最後の主役
 さて、サンジェイの大きな仕事としてやり遂げたビックタイトルは、2013のAgneepath。おそらく撮影は前年の2012。
 サンジューは2008年頃には、訴えを起こされた裁判で引き続き係争中であり(ここで2008年に、彼は3度目の結婚をし、その後、男女二人の子供を授かります。子供は一度目の結婚(死別)の時の長女が一人成人済み。それから長い時間が経っての子授です)、その裁判が実に5年の時間を得て裁判の判決が出るわけで、その少し前のサンジューの2012年に撮影をしていたこととなります。(2007秋には量刑でてたようですが、反訴しまして2012秋には判決の見通しが出たようです。) そして2013年5月に裁判所はサンジューの有罪が最後最高裁で確定します。a0308487_43919.jpg 90年代の一度収監されて刑期を終えた事件での再度の控訴(この辺はかなり法律的に複雑な様相になってるようなので、一丁両端に何もかも悪いとは言い難い側面もあるようです。)ですから、同情される境遇ではありました。しかし判決が確定しそして2015年現在収監中。もちろんこういうスターは特別待遇なので、模範囚としてもインドのお正月時期?とかには家に帰ることが出来てるみたいです。このあたりのインドの事情がわからんのでなんとも言えませんが。 2013年は5月の判決以降、サンジューは収監されるまでの間、駆け込み的に映画に出ます。一本は彼の主役。他脇役出演など、その駆け込み映画の一本が彼の主演の『Policegiri』でした。

収監前の彼の主役の映画はFlop
by AkaneChiba | 2015-06-19 22:56 | インド映画スター | Comments(0)

Coming Soon--才能の南インド2 音楽家Ghibran  

今一人、南インドの才能を、ここで紹介しておきましょう。音楽の話
---------------------------------
インド映画の音楽有名なのはA.R. Rahmanは日本でも知られる(コンサートやってる)、a0308487_2203129.jpg南インド出身のインドを代表するミュージシャンです。
 他にもヒット曲を飛ばす才能ある存在は北からも多く排出され、インドのヒットチャートを飾ることと映画の成功は表裏一体になっています。Music Lunchなる音楽だけ映画より先に発表する宣伝方法などもインドでは一般的な宣伝でもあります。 ただ歌詞のあるヒット曲要素が強く、フルスコアなBGMをあまりCDアルバムなどで作らない評価しないことをずっと残念に思っていまして(映画賞とかで功績をたたえることはしていますが)、フルサウンドトラックも含めて世界的に名前の通っている存在はやはりA.R. Rahman以外に存在しないでしょう。


変調変則コードの才能 Ghibran
 先日、Uttama Villainが日本でも上映され、私がこの映画に大きく食いついた理由は、何よりも音楽の素晴らしさにその才能にノックアウトされたからです。a0308487_152534.jpg映画の中で作曲家の壮大な音楽は、カタカリ舞踊の劇中劇の中で存分に発揮されカタカリ舞踊を語り歌う Kamal Haasanの芝居を観ている側に唸らせる良い映画になっていました。
 忙しくしててその作曲家のGhibranという人の他の作品を聴いてる暇が無かったのですが、Kamal の新作映画のトレーラーがひっかかってきて、BGMがやたら壮大でGhibranと気がつきまして。

『Papanasam』 トレーラー (2015 July公開)


Ghibranって?
by AkaneChiba | 2015-06-17 02:34 | 新・インド映画音楽 | Comments(0)

Coming Soon--才能の南インド1 『Baahubali』 

ちょっとだけ、今年の南インド映画の先取りをしてみようと思います。、もちろんインドでの話です。
------------------
 あたしは今のところボリウッド中心に観ていますが、もちろん他の地域の映画も大好きです。日本人だからどこの地域とか拘らないで、よかったらどんどんウケ入れちゃうのよね(笑) で、日本でも上映してくれた「マッキ―」「あなたがいてこそ」S.S.Rajamauli 監督の次の作品が、物凄いらしい~~~!!とインド人の妄想に妄想が膨らんで(笑)、やたらめったら派手なプロモーションが繰り広げてられいます(笑)。この監督の作品は、一作品ごとに監督の力量がどんどん大きくなっていって、今回の映画は3年かけてCG遠慮なくつかって、大スペクタクル歴史巨編という趣の映画になっております。

  力の入れようが半端ないこの『Baahubali』 (英題;The One With Strong Arms)。正式名称は『Baahubali ~ The Beginning』 となっていて、え?ビギニングゥ~~?(ー▽ー;)。もしや続きもの?インド映画ではなっからこういう続ける気満々で作られる作品なんですか?こういうのは実は初めてなんじゃない?でもコケたら次は無いわよ・・・ほんと大丈夫かしら・・・一抹の不安・・・・ 
 インド映画で、ボリウッドの大手でも無けりゃぁWebサイトがあるとかあんまり見ることも無いんですが、この映画はOfficial Siteをしっかり作っておられます。Eegaも当時あったんだよね。テルグ語のまるっこい字が並ぶサイトでかわいかったんだよ(^^;)  Official Web http://www.baahubali.com/  しかも今回既にグッズ・ショッピングまであって(驚)どんだけ力入れてるんだよぉ~~~と、目を丸くしている(@@;) だ、だ・・・大丈夫ですか?(笑) テルグ映画いま力あるなぁ・・・(^^;)

『Baahubali』  S.S.Rajamouli監督 -2015


観客の期待感が妄想膨らみ過ぎ?
by AkaneChiba | 2015-06-16 04:24 | Tollywood | Comments(0)

映画『Raanjhanaa』 (-2013) (ラーンジャナー)

 さて、インド映画入門編のところをうろちょろしてても、時々とんでもない名作にぶつかることがあるもので、Bollywood作品はわかりやすさやきらびやかなスターを使うのですが、商業ベース過ぎて社会性が強すぎたり深い映画・・・となると他の地域の映画に軍配が上がることは少なくないです。
 カンナダやベンガリ映画なんかも小難しいそうですが、タミル映画も小難しさ半端なくラジニ映画で日本では有名ですが、彼の映画は娯楽性が強いですが(歌の歌詞とかとても深いけど)、タミルのもう一人の大スター、カマルハーサンの映画は小難しいなぁ~とこの間観に行った時にも思いましたがその後に、2000年の別の映画(「Hey Ram」)を観てちょっと衝撃受けまして・・・・。ボリウッドまでで終わっときたかったんですが(資金と時間が・・・・苦笑)、楽しみたい半面、沼の深さにこれ以上足を踏み入れるのをためらいますwww そのタミルの深淵を覗く一本がタミルの若い才能で2013年にヒンディで映画化されています。

映画『Raanjhanaa』 (英題:Beloved One) 2013
https://www.youtube.com/watch?v=ER9vmhxFucg

 2014年のIFFJで紹介されたタミル映画の若き哲学者Dhanushのヒンディ進出映画「Raanjhanaa」。2013年の映画ですが、Dhanushについては彼のタミルでのデビューまもない時の映画を2年ほど前に人に紹介して頂き、若いのに難しい映画をする人だなと感嘆したのですが、そのデビュー頃から+10年、ヒンディでも彼のデビューとなったのが、この映画となります。Dhanushの経歴は、こちらでも確認できます。多彩な才能の持ち主であることは知られていましたが、インドの地域性の複雑さが私にはわからないので、ヒンディ映画デビューという扱いになってるのに、ちょっと驚きました。なんちゅーか難しいのね、インドの世界(^^;)

タミルの若き哲学映画人 Dhanush
by AkaneChiba | 2015-06-14 16:24 | 10年代 | Comments(0)

映画『Dilwale Dulhania Le Jayenge』 勇者は花嫁を連れていく(-1995)

みんぱくで上映が決まり、インド映画ファンがざわざわとしています(笑) それを前に、今更する必要もないかもしれませんがインド映画初心者の方の為に、この映画の紹介をしときましょうか。インドの慣習他に基づいた深い専門的はお話は、他のブログもこの映画については日本語だけでなくさまざま言語でも沢山あるので、探してみると面白いかもしれません。

a0308487_1749194.jpg インド映画最近ファンになった方には、これを知らなくしては、現在のいろんな作品の意味もわからないというくらい、インドの代表的映画史に残る金字塔の一本でもありますので(インド中の人が知ってる) 世界のシャールクファンが知らないわけがない、まだ一度も見たことがない方や日本語字幕で観れてない方、大画面で観れてない方に今度のみんぱく上映会は是非っ!足を運んでいただきたいと思います。中には遠方から関西まで遠征する人もいそうだよね、この映画だったら(^^;)

映画『Dilwale Dulhania Le Jayenge』 -1995 勇者は花嫁を連れていくの意味 The Big Hearted Will Take the Bride だそうで、なんとWeblioにもその項目、映画のタイトルごとあった!ワロタww
http://ejje.weblio.jp/content/Dilwale+Dulhania+Le+Jayenge
a0308487_17492234.jpg
20年前の映画ですが、ちゃんと今Official Siteがあります。今もDVD等売れ続けている1本でもあります。Official な情報発信サイトは、Official FacebookOfficial Twitterが存在していて、このビックタイトルが今の時代に並々ならぬセールス網をもっていることを示してもいます。 こちらでもその数カ国語Wikipediaも相当数Wikiがあるということはその国のファンの人がいるということですね。IMDbはコチラ
 

20年経っても色褪せないみずみずしさ
by AkaneChiba | 2015-06-14 15:29 | 90年代 | Comments(0)

インド映画無料上映が二つ 東京と大阪で

えっと、IFFJを主宰なさってるところの方の講演+インド映画を・・・という形で、過去に上映されたインド映画が2本の映画が上映されます。どちらも素敵な映画なので、見逃した方は是非!足を運んで観てください。(事前申込制)

----------------
大阪がどうも日にちが月曜ということで、レスポンスが少ない模様なので順序入れ替えて推し(いい映画なので是非!観に行かれてみてください(^^)/)
-------------
★大阪 「デリーに行こう」 (原題 Chalo Dilli)
6月29日(月) 学校法人ビジュアルアーツ専門学校大阪 講堂

<詳細>
https://www.facebook.com/events/856789107734925/

<申込みはコチラ>
http://www.eventbee.com/event?eid=132330873


https://www.youtube.com/watch?v=OwYeupaoMzw

映画の紹介: これは2013のIFFJ紹介された映画です。旅のアクシデントでロードムービーとなるこれもまた素敵な一本となっています。ララダッタ美人ですし、Vinayさん、コメディアンの方はお芝居いいですしね。これは予備知識無しで是非観ていただきたい(笑) ってか言えない(笑) インド映画ファンになって何本一通りみてるとそこが楽しいよね(笑) そして私はこの映画、過去にこのブログでも紹介していますよ(^^)v インド映画のイの字も知らないうちの親父は、これをイイ映画と、評価してくれましたね。もし!見逃しているのなら、是非っ!足を運んでみてください。

--------------
★東京 「ラームがまちにやってくる」 (原題 Ramaiya Vasthavaya
6月28日(日) JICA地球ひろば 2F 国際会議場 (懇親会 2F J’s cafe)

<詳細>Facebookに詳細が。
https://www.facebook.com/events/783797495067196/

<申込みはこちら>
http://www.eventbee.com/event?eid=182630471


https://www.youtube.com/watch?v=fVAaYZQ31TE

映画の紹介: この映画が何故印象にのこるかというとぉ・・・Rrabhu Dheva監督ってところがミソなんですね(^^)v 役者、振付師、監督というキャリアの方ですから、アクション面白いわ、ダンスシーンはさすがお見事!だわ、そういう一本ですね。プラブディーヴァの映画は他にもいろいろあるので探してみてください。この方が10年代以降の今のボリウッドの南テイスト風味は彼が火付け役になった(Wanted等、)ようなものなので。タミル、テルグでキャリアを重ねた方です。
 この映画のヒロインはカマル・ハサンの娘でございます。ちなみにこの映画、音楽にはあの「インド・オブ・ザ・デッド」(Go Goa Gone)のSachin-Jigerが参加しています。 素敵なコミカルなラブストーリーになっていますよ(^^)v

   @@宣伝費がかけれないので見逃してる勿体ない映画ってのがあるもんで、この2本はそういう映画ですね。見逃した方は是非!!!これを機会に(^^)/
by AkaneChiba | 2015-06-13 19:55 | インド映画全般 | Comments(0)

シネマート六本木 閉館上映 でマサラ上映あるらしい

シネマート六本木さんが、閉館するらしく、ダバングのプレスマサラ上映でお邪魔しました一年ほど前、いい思い出・・・)、その閉館上映の一つに「きっと、うまくいく」で、マサラ上映してくれるらしい。

http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/topics/20150604_12682.html

a0308487_2321099.jpg
★ 「きっと、うまくいく」(原題:3idiots) マサラ上映
2015年6月13日(土) 14:00~ シネマート六本木にて 
 前売りは発売されてるそうです、お早めに。

 ▽紙吹雪をつくってみよう!  

☆「きっと、うまくいく」マサラマニュアルを作る時間は無いので、簡単にマサラポイントだけ
えー、アーミル映画は、マサラムービーなモノは多くなく(それだけ社会派な作品が多いということ)、ちょっとこの「きっと、うまくいく」映画も、無条件に手放しで大騒ぎするにはシリアスなドラマなんで騒ぎにくいんですよね(^^;)。 それでも、騒ぎどころをちょっと紹介。

<マサラポイント>
0. まずは、手始めに、、、校長のお話。卵シーンでクラッカー?(笑)
1. 各お目当ての役者が登場したとき、お祝いクラッカーや紙吹雪は基本。
2. おぱんつシーンや、最初の感電シーンwww は軽く手馴らしかしらね?

3. ダンスシーンは騒げます。
a0308487_2323434.jpg
 All izz well ・・・指笛/手拍子みなさんでご一緒に!!ダメなら体育指導笛?! 一緒に「オール・イーズ・ウェーール♪」って謡うのもあり!ツワモノはドローンを飛ばすか?!(もちろん、劇場に許可もらってね!)飛ばせないなら、ドローン型の棒つけただけの模型もあり?!ww

a0308487_23225174.jpg4. 大学での Chatur 'Silencer'の下品お笑い講演は、クラッカーやら終わったら紙吹雪やらブーイングからお好きに楽しめます。
コメディーシーンはいろいろあるので。全編通してさがしてみてね。

5. ヒロインの妄想ダンスシーン。 Zoobi Doobi
 これが一番明るいこの映画でマサラなにぎわい楽しめるシーンです。

妄想ダンスシーンは、手拍子や紙吹雪、風船とばすとか、ダンスも簡単。小道具にミニ傘廻すのはあり?(通路の方とか危なくない場所で?) カップルのラブラブっぷりは冷やかしてあげてください! 
a0308487_23225485.jpg
6. ああラジュー!!(>_<、) ラジュー回復!で紙吹雪!やったー!
7. 就職決まって親友二人、ズボンを・・・ でクラッカー!もいいかも(笑)

8. 出産成功シーン、そして子供が泣いたところで、クラッカーや紙吹雪、指笛。
7. 校長のペン 拍手?お祝い。 卒業式、お祝い。 学校で感電シーンは?

9. 最後、ハッピーエンドのラブラブシーンは、紙吹雪もクラッカーも盛大に!ランチョーいじられほっぺ叩かれ等でもクラッカーどころいいかも?それともランチョーの正体がわかったところがいいかしら?
10. エンディング音楽、で指笛、紙吹雪、手拍子などなど。 一緒に「オール イズ ウェーール♪」と唄ってもいいかも?

 まだこの映画を観たこと無い人向けに、詳細は書いてませんが、大きく騒ぎどころポイントは此処だろうというのを紹介。観たことがある人なら、そのタイミングはバッチシ??ww

 実はこの映画、All izz well あと、シリアスでなんでやりにくいですが・・・・あの例のシーンで「チーン」ってなるベルがありかなぁ・・・と(酷っ)。それくらいのシャレがわかってもらえる観客の時はありかな?(^^;) ストーリーに絡む重要なシーンなのでそういう理由で映画をじっくり見てください・・・って映画なのでマサラマニュアル作らなかったんだよねぇ・・・・(^^;)

 それでも、シネマート六本木さんのご厚意で最後の「マサラ上映」なので、せっかくなので、みなさん是非!楽しんでくださいね~(^^)/ 
 
  あ、この映画小学生でもみてるんだ!(笑)


a0308487_2329797.jpg   @@この「きっと、うまくいく」の監督が、2014「pk」前人未到のインド映画興行収入ダントツぶっちぎり様々な記録を作った監督です(賞レースは監督賞など今回いただいています。内容がセンシティブなので各賞レース選定側がかなり大衆側に配慮した感じ?にはなりました)。一見して人の良さげな物静かに見える人だけど、世相を斬り込むシャープな反骨心とそのその誇りは一級特別クラスのハート持っている方なのが作品に現れてますよ。
by AkaneChiba | 2015-06-08 23:33 | マサラ上映 | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

祝!バーフバリ2 12月29..
at 2017-09-23 03:30
10月 インド映画日本上映 ..
at 2017-09-15 00:59
ICW Japan 9月23..
at 2017-09-12 19:48
『カンフー・ヨガ』は12月 ..
at 2017-09-03 00:45
9月 インド映画日本上映 2..
at 2017-08-29 01:24

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

> あかん人さん ご無..
by AkaneChiba at 17:48
ご無沙汰しております。 ..
by あかん人 at 19:33
this looks v..
by rajesh at 20:33
युकिकोさんブログ..
by AkaneChiba at 23:51
その節は、お声をかけてい..
by युकिको at 15:00
> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ