遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

日本はインド映画で、2014の秋も熱い?!!ww

<関東はアーミルで熱い!チェイスで熱い!>
記者会見や舞台あいさつ後、各インタビューをこなし、東京について3日間は仕事三昧だったご様子。ご苦労様です。しかもアーミルの番組 Satyamev Jayate の何かしら放送も日本からするらしく、家族は東京満喫しているでしょうけれどアーミル本人は大忙しの模様。東京動けない理由もわかります。たぶん滞在最終日近くに東京ディズニーランドとかに行ってるんじゃないかと、ファンが妄想してたりするのが、ツイートがまた面白くて(笑)浅草とかスカイツリーとかいってるよなーーって勝手に妄想中(笑)アーミルでこんなに「日本のファンが萌え~vv」になるとは、予想してなかった(笑)東京楽しんで行ってくださいね、アーミル御一行様!!(^^)/

実際には、忍者レストランとか、カラオケとか、YRFの方や監督が一緒に来日してるので、ツイッターに時々差し障りのない程度に写真が流れてます。習字の「国宝」とアーミルに書かせたのは、日テレさんらしいので、映画「チェイス」の上映前には、どこかで放送してくれるのではないかと思います。

そのアーミル来日関連のニュースや動画がでてきました。

▼NAVERの関連まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2141449944974886101
http://matome.naver.jp/odai/2141459628272278501

▼アーミルの来日記者会見、日活の記事です。
http://www.nikkatsu.com/report/201410/001869.html

▼御大先生のブログで、記者会見の詳細が掲載されてます
http://blog.goo.ne.jp/cinemaasia/e/5899524f09fb43f10c53034a89fb76de

▼ニコ動、記者会見の模様
【ニコニコ動画】10/29(WED)特別招待作品『チェイス』Dhoom: 3 記者会見
http://www.nicovideo.jp/watch/1414722377

そうそう、本日までですね、ボリウッド・フェスティバル 渋谷上映は。
いかがでした?「クリッシュ」や「チェンナイ・エクスプレス」の魅力を存分にわかっていただけましたでしょうか?(^^)/


<塚口サンサン劇場は、いつも熱い!>
 現在、塚口サンサン劇場で、続々と今年のインド映画が上映されております。
☆スタンプラリー!インド映画で?
http://ameblo.jp/t-sunsun/entry-11944712969.html

私は昨日、5度目の「バルフィ!人生に唄えば」を観賞。今年日本に来たインド映画の中でもこれが一番の珠玉の作品だと私は思っています(映画祭作品は除く)。DVDメディア化されるでしょうから、そのとき、wowow等で放送があったら、再度必ず「ガッツリ(TДT)号泣」する人が出てくると思うので、その頃には、他の上映されるだろうインド映画の認知度で、注目して気がついてくれる人も増えてるのではないかと思いたいのですが。

 さて、塚口サンサン劇場さんは、15日にマサラ上映を2本立てでなさいます。
「あなたがいてこそ」と「ダバング 大胆不敵」と。

☆塚口サンサン劇場 マサラ上映 2014/11/15 
夕方16時くらいから 「あなたがいてこそ」
レイトショー 「ダバング 大胆不敵」
 となってるようです。

どちらもお客さんに喜んでもらえるイベントとして、塚口サンサンさんの「気合」の入りようが素晴らしいので、楽しんでくださいね(^^)/  特に「あなたがいてこそ」は関西初!のマサラ上映なので、是非!みなさんに楽しんでも貰いたいですね。時間も早いのでお子さん連れて家族連れでマサラ上映初体験で映画館に!と言うのはどうでしょうか?(^^)v ストーリーも複雑では無いのでわかりやすいですし、きっと小さなお子さんでも楽しめると思いますよ。

バードシャーも後日、マサラ上映するつもりでおられるようなので(ツイッターとかで仄めかしてた)、発表を今しばらく待ちたいと思います(^^)。 発表がされましたね!

☆翌週23日(日)も「ダバング」「バードシャー テルグの皇帝」と2本連続マサラ上映!
23日は「マダム・イン・ニューヨーク」「ダバング」を買い付けた大向敦さんのトークイベントもあり!
https://twitter.com/sunsuntheater/status/528188904923344896



<元町映画館も熱い!!>
塚口サンサン劇場だけでなく、元町映画館が、インド化する様子・・・・
というか昨年春の元町映画館のマサラ上映が無ければ、関西中でもこんなにインド映画がガブリよつな観客が増えるキッカケにはなりませんでした_(^^;) その着火点が塚口さんに伝染して、どちらもインド映画に熱く燃えている~メラメラ~火の用心~~という、熱い映画館になっているのは羨ましい限りでございます。頑張れ大阪・・・・orz  兵庫や京都の方が頑張ってるぞww

▼元町映画館「秋のインド映画祭り」11/15~11/21
http://www.motoei.com/sakuhin.htm
しかもこの宣伝映像作成の本気度!ワロタww(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=6aWGwJhotiQ&feature=youtu.be

上映スケジュールはこちら!!!
http://motoei.blog.fc2.com/blog-entry-646.html

特筆すべきは、「アシュラ」!!そしてデリーへ行こうをやってくれること!!
デリーへ行こうを見逃した方は、是非っ!観に行ってください。今年の春に来たものの、宣伝が手間がかけられてなかったので、知らない方には残念すぎると思いますので、ぜひ、今一度ご検討ください。この映画も心が暖まる一本となっております(^^)/

そして「アシュラ」は昔に日本で上映された一本。あの時の宣伝の仕方があまりにも酷いタレントの使い方したので、私は今でも恨みに思ってる宣伝会社・・・という一本(個人的な勝手な恨みやなw)。美しいマドゥリ(彼女はダンスの名手なので)と、若いシャールク(しかもこの頃彼の役はしつこいハンサムだけど悪役やストーカー役)とを、これでもかーー!!と堪能する「昔の突然踊りだすとか言われた時代のインド映画」です。映画館で観る懐かしのインド映画を見てみるのも、今の時代との違いがわかって堪能できると思います。(またこのシャールク悪い奴なんだわwwええ表情しまっせぇ~~ww)
他にも『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』も画面と良い音響で観れるのは、至福の時ですね。

15日は、マサラ上映で、塚口ガブリよるので、行けませんが、アシュラの上映はなんとか仕事休んでいく!!(>▽<)


<神戸で懐かしの「ボンベイ」が観れます!>

☆神戸映画サークル協議会―11月例会― 「ボンベイ」 1995年作品
2014年 11月 21日 22日 一日3回上映
http://kobe-eisa.com/modules/pico/index.php?content_id=147

ボンベイは、インド映画を見始めたなら、必ず観るべきである一本ですよね_(^^;)
これを大画面で観れるのは、ラッキーかもしれない・・・やったー!

  @@うわぁ~~~~忙しすぎて、チョイスがしんどい~~~(@@;)
    しかも何故、兵庫ばっかり?(笑)秋は神戸がぶっちぎり独走ですか?
by AkaneChiba | 2014-10-31 19:18 | インド映画全般 | Comments(0)

Welcome to Tokyo! Aamir sir!!!

a0308487_17315765.jpgWelcome to Tokyo! Aamir sir!!!
Japanese fans , we are very happy to visit Aamir.
so, Twitter timeline is very interesting about "Aamir".
Aamir in Japanese I write with " アーミル".
its Japanese words copied&pasted , please try to search on Google or Twitter.

In the past few years , finally , in Japan began noticed that Indian cinema is interesting and amasing. Marketing and advertising is still necessary in Japan, but one step at a time , Indian movie has been accepted by the Japanese people.

That Indian movies are continuously screened in Japan , the Japanese fans are sincerely hoping . Thank you for coming to Japan . 

    ――With love from India movie fans of Japan
by AkaneChiba | 2014-10-31 17:43 | Visit to Japan | Comments(0)

ちょっと安心した(笑)

どうでもいい内容の話ですが・・・・・

ボリウッド・フェスティバル 東京上映始まってます>

「チェンナイ・エクスプレス」は、レイトショー興行でも心配してなかった。
だってあの映像、大画面で見たら色彩素晴らしいので、誰が見ても満足して帰るのはわかってたので。

しかし「クリッシュ」の方は、果たして日本のお客さんの反応はどんなになるだろう~~(@@:)と、ちょっと心配していた。パロディ路線ものが、やたらめったら突っ込んで映像作られてる、しかもかなりの資金かけて映像作ってる様とかは、日本の「リティックが初めてのお客さん」には、どう映るんだろう・・・と。
 リティックものは、大作もの日本では映画祭での上映しかやってくれてないので(つまり日本でリティック観る機会は今までもあまりに少ない)、普通上映初公開となるお披露目がよりによって、この「クリッシュ」だったので、心配してたんだよな・・・。でもまぁ、タイムラインみると、心配なかった。レイトショー枠でも観に行こうとしてくれるお客さんだったので、ぶっ飛び感は面白いと感じてくれたようだ(^^;)

あとは、「チェイス」!東京国際映画祭の舞台挨拶に29日でるのだから、是非是非!!東京の方は堪能してきて!というか、アーミルが来てくれるって、ものすごいことだから!!是非!このチャンス逃さないでっ!!(><)

<Happy New Year>
 シャールクの新作、「Happy New Year」が、インドの正月に当たるDiwali祭(10/24)に世界同時に封切られ最初の興行で、自身の昨年の「Chennai Express」の1st Day興行成績を抜いた。
 とかいってるうちに、Weekendで、あっさり100crore越えた。<175crore 
http://www.boxofficeindia.com/Details/art_detail/happynewyear175croreworldwideweekend#.VE5t-BZfaVo
しかし、昨年のDhoom3の192crore には、一歩及ばず・・・。

それでも、やっぱりシャールクのマーケティング力は、すげぇなぁ・・・と感心しておる(^^;)

あー、早くみてぇ・・・・・

難しいこと考えずに正月映画だ楽しんじゃえ―――!!(≧▽≦)って映画だそうだ。インド人まみれのどっかの映画館での大騒ぎの上映写真が、むちゃくちゃ面白かった(笑) しかも、大画面っぷりが半端なく、そこにシャールクのあの8?10?Packの筋肉が映るのだwww
きゃぁ~~~~~~~~~!!!ヽ(≧▽≦)/ 絶対あたしは叫ぶだろうな、こりゃ(笑) あーーーーー、一度でいいからそんなインドや香港とかの中に紛れて私も映画観賞したい・・・・

☆Happy New Year - Official site http://www.hny.co.in/

え?上映前に?CD写真がって?もちろん手に入れてますよ(笑)このところこればっかり聴いてます(^^)v
a0308487_1551724.jpg

by AkaneChiba | 2014-10-28 02:02 | Bollywood | Comments(0)

IFFJ 大阪 その3

IFFJ大阪 3日目。私は本日木曜のここで、観了。明日、大阪と高崎楽しんでください。特に私の今回の一番のオススメは、「ラーンジャナー」は大阪でも金曜一番目であるので、是非、深い映画を堪能して下さい。私にとっての今回のNo.1です。
-----------------
感想その1と、感想その2で、今日は3つ観賞~。簡単な、感想評を

「略奪者」 Lootera

a0308487_412394.jpg 私のお目当てはランヴィール・シン。物静かな青年のランヴィールをみたくて。これを見て、その後の「オレ様、何様、ランヴィール様(笑)」な他の映画や映像みてるので楽しいです。ソナクシが、愛に裏切られて精神的にドロドロになるところが、ひじょーーに不細工すぎて(笑)メークさん!芝居させすぎよっ!って思わないでもなかった。ストーリーは、哀しいラブロマンスです。ランヴィールが、役に合わせて喋る声というか、そういうのもかなり変わるのだなぁ~ってのはちょっと驚きましたね。インドの映画の切り口の「最後のxxx」ですね。それは見てのお楽しみということで。ボリウッドらしいラブロマンスでしたので。ほぼ満足。


「”ロミオ”ラージクマール」 R..Rajkumar
a0308487_3565166.jpg
 シャヒドの魅力がなかなかわかってなかった私には、ようやくシャヒド君の良さが伝わった映画。これも、ヒロイン、ソナクシー・シンハー。ここでようやくソナクシーが、「怒って不機嫌な顔してる時が彼女は一番美しい?」と、映画を撮ってる監督(プラブディーヴァ監督 映画内にちょっとだけ出演してましたよ)さんが、ソナクシの個性も、シャヒドの個性も、そしてソヌさんの個性も、よくよく理解して撮ってる一本だなと、ダンスもアクションも、お笑いツボも、申し分のない一本でした。 
 a0308487_43474.jpg そうそう、この映画や、「ラームが村にやってくる」でもでてた、ソヌ・スードさん、、、いつからこんなにヤル気満々の役者になってたんでしょうかね?(笑)だいたい、イケメンの悪役ポジションが定番になりつつあるのだが、素晴らしいボディ肉体美は、眼福でございますが、ダンスはあまりしない人だったのですが、最近はなんだかんだとチラリと踊ってくれてます。私は彼で一度、スーツで決めまくった、エリート層の芝居を見たいと思ってるのですけれど、肉体を見せるので田舎の実力者みたいな役が多く・・・。キメキメの三つぞろいで、キレる弁護士役なんかが実は見たいとつねづね思っております。
 一番、面白さも、ドラマも、ダンスも、翻訳も、アクションも、編集演出も、バランスの取れた作品だったように思います。それにしても、ヒンディもので、南テイストの映画(人材の交流もなのだが)が、ボリを席巻してるよねぇ・・今。


「マドラス・カフェ」 Madras Cafe

a0308487_3591095.jpg この映画は、別格で世界にだす映画ですね。これ見て確信しました、ちかいうちにボリウッドはハリウッドを抜きます。これまでもリアリティ社会派風の映画もわりとみたのですが、まだなかなか演出/映像/技術他、面白いのはあるのですが、完成品の見ごたえあるものがなかなか観れていなかったのですが、これはインド映画の「リアリティ社会派風」映画の中でも、ほぼ完ぺきに近かったのではないでしょうか?
 歌も踊りも無いリアリティっぽい作品でしたので、そしてこのような画面の中にあるジョンの方が、私は断然イイと思いました。今まで観た、ジョン・エイブラハムの中で、これが一番私は気にいりましたね。(waterって名作もいいよぉ~) ジョンは顔立ちもインドっぽくないので、ハンサムだし体格も素晴らしいし、インド映画の枠にいるタイプじゃないと思っています。特にダンスが・・・・・orz  むしろ、ハリウッドなようなところで活躍するようなタイプの役者だと思います。 ボリスターのうちの誰よりも、彼がそこに足を踏み入れた感じがする。(ダンスが出来ないとだめなのでオーバアクティング気味の映画が多いインド映画という事情があるので、そこの空気とは違う、私たちが良く知ってる西欧的な映画なので。)この映画はジョン本人もプロデューサーとして名前連ねております。
a0308487_359774.jpg

 しかし、演出や脚本、編集や構成とか、政治モノ社会モノ(スパイの話なんですが)、製作側のスタッフが、この10年くらいの間にものすごく進化しましたよね。それをしっかり感じさせてくれた一本でもありました。
 ジョン、一つ、なんか、突き抜けたね(^^)。

--------------------
3本とも全部趣の違う映画でしたが、本日も大満足で家路につきました(^^)v

今回公開作品のうち、7本をみたことになるのですが、私はどれ一つとしてハズレはありませんでした。私にとっての今回IFFJ作品で、来年もってこれる作品があるなら「ラーンジャナー」を是非!みたいです。今年の「めぐりあわせのお弁当」よりも、いいです!というか、深いっ。そう!深い作品(><)!さすが思想哲学の歴史の中味が全然違うわ・・・この国は・・・・と、ダヌーシュの映画の「深淵」を、日本のマニアックなミニシアター上映で堪能してもらいたいと思いましたね。 
a0308487_3591812.jpg

 大手が買うなら、「若さのむこうみず」 Yeh Jawaani Hai Deewani か、”ロミオ”ラージクマール R..RajKumarになるのかしらね?大手がRaanjhanaa買ってくれるくらい度量見せてくれる日本だと、アッパレって言いたくなるのですけどね。

  @@昨年の移動映画館(原題 Touring Talkies)をもう一度見たいのですがどこか上映しませんか?
by AkaneChiba | 2014-10-24 04:14 | インド映画全般 | Comments(0)

IFFJ 2014 大阪 その2

前回のIFFJ 大阪一日目の感想コチラ
------------
 私はさすがに全部観に行く時間はありません。今回は7本行く予定にしています。既に、これまでに見たことのあるものは2本省いていますので、今回の上映されたうちの9本消化予定。

 さて、私の2日目。ロバ男 と、ラーンジャナー。簡単評を。

「ロバ男」 pied piper
a0308487_2362918.jpg  いろんな映画で脇役をこなしているRajpal Yadavが主演になるような映画、こういう脇役がわざわざ主役になるような映画だったら・それなら、まず間違いなく話か脚本がイイに決まってる!っと、勝手なカンと思い込みで、これは観に行くと決めていた。 アタリですやん!_(^^;) こりゃ深いっ・・・。社会風刺の効いたセリフやストーリーな、なかなかの作品でございました。これはDVDで見ても英語字幕だと、音楽の歌詞がその感性で理解出来ないので、日本語で見て良かったと思います。単館ミニシアターで、小難しい映画が好きな人には、見たがるタイプの映画でした。


「ラーンジャナー」Raanjhanaa
a0308487_2312643.jpg 今回の私個人の一番の目当ては、この「ラーンジャナー」。既に数カ月前に観た人から大絶賛うけてた映画だったので。
 というか、一本でもダヌーシュ映画を見てると彼の力量にガッツリ食いつきますから、絶対に見ないわけにはいかない映画だと楽しみにしていました。 主役のダヌーシュは、タミル中心で映画に出てる人物で、タミルの小難しい映画に出てる人です。アクターとしても素晴らしいだけでなく、監督として、シンガーとしても、他いろんな才能を持ってる人材(ラジニの娘の婿だしw)。この映画上映はヒンディでしたが、タミル版ももちろんあります。音楽はいうまでも無く、ラフマン。ダヌーシュ、ラフマン、ソーナムで悪い映画であるわけがない。歌詞もむちゃくちゃいいしなぁ~。
a0308487_2285926.jpg

 で、ダヌーシュ君の深淵に捕まるとだな、インド映画の小難しい哲学的なところの沼にハマってしまうので、今の私はできるだけそんな時間もないので、ミーハー路線のボリで足を踏み留めているのだが・・・今回、この映画、ガッツリ首を羽交い絞めに掴まれてずるずる映画の中に引き摺りこまれたような気分だよ・・・(^^;)
 涙腺崩壊(TДT)しながら、出来が良すぎるこの映画を今年インド映画を見て100本目にこれを見れたのは、アタシャ幸せだよぉ~~。
 話は、陽気なボリとか、すっきりボリ映画じゃございませんので、そこはあしからず。ダヌーシュ映画にそんな映画なんか無いよな。いやあるのか?まだそんな数見てないけどね(^^;) 前半の音楽と映像の洪水、後半のストーリーの展開も、演技も演出表現も、ありきたりの質感じゃ表せない映画でしたので。
 しかし、深い・・・・

 まだ、大阪は、金曜日にもう一回見れます。高崎は本日水曜が鉄壁デーじゃないですか?どうぞ私のように、映画に羽交い絞めにされて引き摺りこまれてくださいませ(笑)
-----------------
 
 今日は、2本見ましたが、二本とも、インド映画のその深さの沼に羽交い絞めで引き摺りこまれてしまった気分にさせられた映画でございました・・・(ー人ー) おそらく今回のIFFJの私がNo.1というのは、この「Raanjhanaa」じゃろな。
 
  @@サンジュー!!っておれも叫びたいぜ、Saajan、またみようっと。
a0308487_2301976.jpg

by AkaneChiba | 2014-10-22 03:22 | インド映画全般 | Comments(0)

関東マサラ上映 10/25「ダバング」 11/1「バードシャー」 横浜ジャック&ベティ 

関東のマサラ上映情報です。

横浜シネマ ジャック&ベティ さんで、2回マサラ上映があります

☆2014年 10月25日 「ダバング 大胆不敵」 18:45〜21:00
http://www.jackandbetty.net/cinema/detail/420/

☆2014年 11月1日 15:20〜18:10  「バードシャー テルグの帝王」
http://www.jackandbetty.net/cinema/detail/422/
なんと!映画の日じゃないですか!!!
a0308487_1283743.jpg

----よかったら、ご参考に~(^^)/ ---

▽ダバング 大胆不敵 マサラマニュアル 
http://osolove.exblog.jp/19832395/
・・・初心者簡単レクチャー用、完全マニュアル、ダンスフライヤー2種、ダンスマニュアル・・と、ダバング関連はやたら紙モノ増えてます(^^;) お好きなのをお選びください(笑)なんでこんな仰山作ったんだオレww いやコスプレ警官服まで作ったけどな(^^;)

▽『バードシャー テルグの帝王』 マサラ上映用簡単マニュアル  
http://osolove.exblog.jp/20077958/

▽紙吹雪をつくってみよう!マサラグッズ他
http://osolove.exblog.jp/19890696/


/*/*/*/*/*/*/*/*/*/

----過去に、一度だけ、横浜マサラ上映にお邪魔した時の記録はコチラ
---この間の京都のダバングマサラの様子はコチラ
--夏の心斎橋ダバングマサラの様子はコチラ


  @@関西マサラ情報は、次は、11/15 塚口サンサン劇場さんです
a0308487_18373215.jpg

by AkaneChiba | 2014-10-22 01:31 | マサラ上映 | Comments(0)

アーミルが来る!TIFF 映画『チェイス』(原題 Dhoom:3)

a0308487_22543812.jpg
さて、アーミル・カーンが!
東京にやってくるっ!!(≧▽≦)
▽アーミル・カーン来日予定のニュース記事
http://news.ameba.jp/20141016-120/
http://www.cdjournal.com/main/news/aamir-khan/62223
http://okmusic.jp/#!/news/56716
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=22497
http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=7457
http://www.zaikei.co.jp/article/20141016/218177.html
http://news.mynavi.jp/news/2014/10/16/085/

あたしは仕事で東京まで観に行けませんぇ~~(/_;), どうか関東のファンの方、前日28日空港に張り付きに行ってください~~~(/><)m 滞在期間がひじょうに短いそうですが、是非!29日の舞台挨拶を堪能してきてください~~~(/_<)

インドでの絶大な影響力のある3カーンの一人、アーミル・カーンに、日本の良さが少しでもわかってもらえたら、絶対に!日印の今後のビジネスにもプラスになること請けあいますので、是非!是非!超セレブ待遇でアーミルもてなしてください、よろしくお願いしますぅ~~~(/≧≦)

というか、映画関係者が多分いろいろインタビュー申し込んでるはずなので、是非とも!インド映画に詳しい方々をシッカリ補助につけて、ちゃんと勉強して取材して来てくださいませ。。。日本のマスコミさん、お願いします。ここでアホメディアがアホ質問しないよう、3カーンの一人に日本が気にいってもらえると、今後の日本の経済活動に絶対にプラスになるので!!逃した魚が大きくならなよう、短い滞在を喜んで帰ってもらえるよう、気を配っていただきたいと心より願います(懇願)。そういうのは商社筋の海外営業の人の方が良く知ってるはずなんですがね。彼レベルのインドスターってのはそんじゃそこらの人ではなく、インドの国の外交特使のような存在と思ってもらえると、アホ芸能記者は駆逐できると思いますので。外交官に失礼なことをするようことはよもやしませんよねぇ?(と牽制しておく・・・)

さて、映画『チョイス』
by AkaneChiba | 2014-10-20 18:01 | Bollywood | Comments(0)

IFFJ 大阪一日目

IFFJ 大阪、シネヌーヴォに行ってきました。時間の関係上、2本だけ。ちょっとだけ感想。
------------
『ラームが村にやってくる』

王道でしたが、とても丁寧に演技指導してることがよくわかるイイ映画でした。演技の演出がいいのね。
ヒロイン、シュルティ・ハサンが、彼女が良いなぁ~と芝居出来るしダンスも素晴らしいしと、よくよくみたら、カマル・ハサンの娘?!そりゃ~英才教育だわな(笑) 脇役も、しっかり名脇役揃えたイイ映画でした。ヴィノッド・カンナー、いい駅長さんだ(/_;)

それと、ソヌさん、いるから絶対にアクションなんだな(笑)と、ちょっと最後笑いそうになったけど、ソヌ萌えには眼福でしたわ(はぁと) そうそう、監督、映画の中で踊ってたね(笑)

関東で見た方曰く、他の前評判のいい映画に埋もれてるけど、隠れた逸品イイ映画だったんじゃないかと仰ってましたね。背景もいいし、ヒロイン美人だし♪

この映画はオカワリしたくなるイイ映画でした~(^^)v

------------
『若さの向こうみず』

さすがに満員御礼(笑)!!バルフィ!も今年公開されましたし、ランビール・カプールと、ディピカー・パドコーンの良さを楽しむ映画でもあります(やけぼっくい?とか言われてたよね(笑)この撮影中ww ホントか?^^;)
隣の方もランビール踊りうまいと気にいったご様子。ってか観客殆ど女性ばっかり!インド人もいたよ(^^)v 

終わった後に観客から満足のほぉ~という溜息が聞こえてきたような気になった映画でございました(^^)v

セリフ/脚本が物凄く良かったのは、さすが、カラン・ジョハルの映画って唸って帰途につきましたが。

あっちで会った映画仲間の友人が「どうして日本の配給会社は、これを買わないんだっ!」と熱く語ってくださいました(笑) そういいたくなる気持ちわかるよぉ~_(^^;) 

二本とも、イイ映画でございました(^人^)


 @@ま、簡単な感想だけ。上記2本とも、まだ上映あるので、是非堪能してみてね(^^)/
by AkaneChiba | 2014-10-18 22:30 | インド映画全般 | Comments(0)

11/15 塚口サンサン劇場 マサラ上映2本立て?!

とんでもないことがわかりました・・・・・

11/15 塚口サンサン劇場さんが、マサラ上映を、2本立てでするそうです!!マジかっ!( ̄Д ̄;)
▼ツイッターの記事→ https://twitter.com/DABANGG_movie/status/520482964044808192
▼Facebookの記事→https://www.facebook.com/dabangg0726/posts/855144857838172

その上映映画ですが、特徴を書いておきましょう。
あなたがいてこそ・・・物語に惹きこまれ自然と主人公に声援や拍手を送りたくなるマサラな映画
「ダバング 大胆不敵」・・・銃撃戦でクラッカー鳴らして、全部で5曲+エンディングで踊れるマサラな映画

うぎゃぁ~~クラッカー100個越えどころじゃないな・・・(@@;)
詳細は、しばらくしたらいろいろ発表があると思いますので、以下をサイトをチェックしてみてください。

塚口サンサン劇場 ブログ ▽ツイッター Facebook

▽ダバング大胆不敵のFacebook  ▽ツイッター


---------------------------
よかったら、ご参考に(^^)/
ダンスフライヤー&マサラマニュアル ダバング編
ダンスフライヤー  「あなたがいてこそ」編
by AkaneChiba | 2014-10-15 02:10 | マサラ上映 | Comments(0)

10/4 京都みなみ会館「ダバング 大胆不敵」 マサラ上映報告

2014年10月4日 京都みなみ会館にて、「ダバング 大胆不敵」 マサラ上映のご報告でーーーす!!この日はお天気もあまりよく無い中、沢山のお客様にお越しいただき、ありがとうございますぅ~~ヽ(>▽<)/

<上映前、ロビーが大変なことにっ!>

a0308487_1821128.jpg  なんと!始まる前までは、京都みなみ会館のロビー(あまり広くない ^^;)に人が混雑です。整理券が発行されてましたので、開場前には皆さま並んで階段の外までずらっとお客様満員御礼でございます~~~うひゃぁ~!!(@▽@;)


a0308487_18531450.jpgさらにこの日の京都みなみ会館さんの力の入れようは「このつかみどり紙吹雪にも現れております!!笑いが取れれば一発OK!その楽しませよう精神に溢れた映画館は、チュルブル・パンが、ナマス~~~といって紙吹雪つかみどりですぜ、つ・か・み・ど・り・!(この写真はネットから拾ってきました)。 とどまるところを知らないこれがさすが世界の観光の都、京都の お・も・手・な・し・! 
a0308487_1823015.jpg もちろん、いつも通りワタクシ、紙吹雪セット作ってきましたが、十数個、すぐに消えました。100斤とかで買う、鉄砲型爆竹や、クラッカーはあたしは、ゆうに70個くらいはもっていってましたし、このところ、紙吹雪に凝ってるよりも、前に立つことの方に神経とられてることがなぜか多い(^^;) マサラ仲間の友人がこの日につくってきてくれたミニ折り本!!!これが、すんばらしいっ!!!ヽ(≧▽≦)/ a0308487_1841822.jpg 
みてっ!見て、みてみてみて!みてちょーだいっ!(←通販宣伝風)
 このクオリティのミニ折り本の素敵さ!チュルブル・パンデーも喜んでるぜっ!「上等じゃないかっ!」 相当じゃないかっ!マサラやらないかっ!うほっ(違っ ここに阿部さんはいないww) 
あまりの盛り上がりように、ワタクシ本日司会者、ハイテンション脱線そのまま突っ走ってるぞー!
 
/*/*/*/*/*間もなく上映開始です・・・・↓/*/*/*/*/*/

イベント開始です
by AkaneChiba | 2014-10-11 04:20 | マサラ上映報告 | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

5月 インド映画日本上映 2..
at 2017-04-23 02:27
違いのわかるムービー:初心者..
at 2017-04-14 02:42
『バーフバリ 伝説誕生』(=..
at 2017-04-12 00:49
「バーフバリ」見てきた&続編..
at 2017-04-10 03:33
南インド映画祭 SIFFJ ..
at 2017-04-05 03:48

検索

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52
> ふんさん コメント..
by AkaneChiba at 13:10
あなたが誤解を招く文章書..
by ふん at 12:10
> 高田世界館スタッフ・..
by AkaneChiba at 00:14
akane様 初め..
by 高田世界館スタッフ・西山 at 16:53
「熱い解説を!」さん(で..
by AkaneChiba at 19:33
ありがとうございました!..
by 熱い解説を! at 23:31
どもども(^^) 悪役..
by AkaneChiba at 00:17

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ