遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:女優( 3 )

「クワンティコ」の美人の名前は『プリヤンカ』Priyanka Chopra

 そういや、ここではあんまり女優さんについて触れてませんね。インド女優の美しさは本当に古くから、半世紀以上前から折り紙付きです。が、せっかくですから今、キャリアが世界レベルでトップパフォーマンスにある女優を紹介しましょうか。
a0308487_22322283.jpg 日本でも米国のABC製作ドラマ「クワンティコ FBIアカデミーの真実」が始まりまして、主人公の美人女優はだれ?めっっちゃ美人や!とお思いの方もすでにいろいろネットで検索なさってることと思います。

 今はやりのインド映画の女優さんなんだねと、おっしゃる方もおられるようで。インド映画のみならず、いろんな場面ですっかり貫禄のトップ女優/歌手でもある国際派スターPriyanka Chopra(プリヤンカ・チョープラ)といいます。
a0308487_22323240.jpg 美人ですよね。それもそのはず、20歳の時に2000年のミスワールドの覇者でもあります。そら、美人でっせ(笑)。
 日本でもインド映画をお好きな方はすでに彼女のことはご存じで、そのセクシーな美貌に参った殿方のファンのみならず、映画好きな方には彼女のダンスや演技の力量を買っている女性ファンも多く人気の実力派女優です。
a0308487_01032809.jpg ミスワールドで一年のお役目のあと、2002年にインドの映画界に、2003年ヒンディ映画デビュー。数年ののち2008年には映画「Fashion」でFilmfare主演女優賞を受賞。日本で紹介されてる映画では、「クリッシュ 」「Agneepath -火の道(←東京l国際映画祭上映のみメディア無)バルフィ!人生に唄えば 」「ラ・ワン」「闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 」「DON ドン -過去を消された男- 」と実は結構沢山紹介されています。


続き・・・女優そしてシンガー
by AkaneChiba | 2016-07-20 01:56 | 女優 | Comments(0)

大阪アジアン映画祭開催中 インド映画一本

現在、大阪アジアン映画祭が始まりましたが、アジアの映画を楽しみの方は足を運ばれることと思います。

昨年は、インド映画2本予告があったのですが、一本はお蔵入りしましてでもこの一月の公開となった「ミルカ」でして、公開されてよかったよかった(笑) もう一本は、「バードシャー テルグの皇帝」でした。

今年はインド映画は一本「Finding Fanny」(邦題:ファニーを探して) が、10日と15日に上映されます。
a0308487_312456.jpg
主演は、ディピカー・パドゥコーン。 「恋する輪廻ーオーム・シャンティ・オーム」のヒロインで、今日本でも販売中の「チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ 」のヒロインでもあります。

a0308487_15529100.jpg 実は「ミルカ」の主演のファラン・アクタルは「ミルカ」で2013年の主演男優賞ほか2013年の賞レースを獲った男性俳優ですが、2013年という年はその賞レースの事実上制したのは、男優の方ではなく女優の彼女「ディピカの年になった2013年」でした。彼女にとっても、名実ともに、インドのトップ女優の地位を確固たるものにした年になったのが2013年なのでした。その同年2013の名作の「Ram-Leela」については、ここブログで何度も紹介させていただいていますね?

 2013年まで猛突進してきた彼女も、2014年はペースダウンをし本数はあまり撮りませんでしたが、いわゆる海外向けに出すつもりでつくっただろう一本として、この「ファニーを探して」に主演という映画でもあります。a0308487_1553230.jpg日本はインド映画のブームがようやっと一昨年、昨年となんとか波に乗ったばかりですので知名度もまだ弱いかもしれませんが、欧州では知られてる存在ですんで、チャンピオンズリーグのカップを触ることが出来る栄誉にあずかっております。サッカーファンには、この杯に触れる方が、ごく限られた人にしか触れないこともわかっているので、彼女の知名度や存在がどういうものかも理解も納得もいく話でしょう。 類まれなる美しい容姿、スタイルから、モデルを経て、映画界に入った人材です。彼女の父親はインドでも有名なバトミントン・プロ選手。デビューは2006年カンナダフィルムを経て2007年ボリウッドの「恋する輪廻」で一躍脚光を浴びましたが、モデル時代からサルマン・カーンに映画界に入るべきだと薦められていたという噂もあります。サルマンは、彼の後押しで映画にスクリーン・デビューするという話は他にもありまして、この「Finding Fanny」のディピカの相手役を務めているアルジュン・カプールは、そのサルマンにお墨付きをもらって、2012年に「Ishaqzaade」でデビューした元!キモオタ君でもあります(笑) 映画名門カプール家軍門に名前を連ねる映画クルーとして2003年頃からアシスタント・ディレクターとして映画界にいましたが、今や若手スターに名前を連ねている存在です。このFinding Fannyで5本目。この前に出ていた「GUNDAY」や「2Stetas」もどちらも面白い良い映画でしたので、彼も今後の活躍が楽しみです。ちなみに、ディピカはここまでで二十数本映画のキャリアを重ねています。どちらも二人とも年は変わらないのですけれどね。(アルジュンの方が一つ上?) 

a0308487_2324135.jpg この「ファニーを探して」映画の中味は、南欧風テイストな、英語メインで作られた一本でして、上のメインの二人以外の脇役にベテランをずらりと並べた堅い一本になっている様を見ると、海外の映画祭などを意識して作られたのではないかと?私は思っております。ナッスルディーン、パンカジ、ディンプル・・・と、インド映画観てきた人には、こんだけベテラン揃ったら、しっかりした映画と考えるのかどうでしょうか?まぁ興行的にウケるのは、難しい映画ではなく中味の無い大衆映画なので、その辺の具合もこれはそこを目標に意図して作られてないので、じっくり風景と映像と彼らの演技を楽しみにしたいと思います。
  そうそう、この映画には、ちょっとばかしカメオ出演で「おっ!」という人物が、ディピカのプライベートと被ってほしいような設定で出ておりますね(笑) インド映画スター事情を知っておりますと、ニヤニヤ出来てしまうあたりが、インド映画のファンにとっても、またあけすけなおおらかなインド映画界を見ることが出来るのは、楽しいかもしれませんね(^^)v

映画のトレーラーhttps://www.youtube.com/embed/5O86FUOrlkY

大阪アジアン映画祭での上映は、3/10 と 3/15 まだチケットはあるようですので、興味ありましたら、お早めにチェックなさってみてください(^^)/


  @@余談。この映画のBGMに参加しているミュージシャンが一人奇才な方がいます。メインはSachin-Jigarと映画畑の音楽担当の方ですが、参加ミュージシャンにMathias Duplessyがクレジットされてますので(今回地味にシンガーとして挿入歌唄ってますが)、彼のミュージシャンの才能は彼のサイトなどでご確認を。
a0308487_1484399.jpg

by AkaneChiba | 2015-03-07 03:20 | 女優 | Comments(0)

シュリデヴィ来日!!!

とにかく、嬉しい~~~!!!!!(>▽<)
あいち国際女性映画祭が昨年あって、そこで大好評だった「English Vinglish」(日本題:「マダム・イン・ニューヨーク」)この映画。その前からも海外から評判がよく話が伝わってきていて、いまかいまかと心待ちにしている。

ナマステボリウッドさんとこで記事があって
http://www.namast-e-bollywood.com/info/14593.html
そこの文言にあった、正式プロモーションとしては初の快挙みたいなことが書かれてた。

 というのは、今までにも日本に来てくれたビックスター結構いるのに、国際映画祭みたいなゲストとかではまぁ別としても(それらに関わる日本のマスゴミの質が・・・・orz)、日本の無理解で、みなさん、あんまりいい思いしてなくて帰って行ってしまわれてる方もいたんですよっ!!(その代表格が、シャールク・カーンだという・・(/_;), アホやろ、日本の会社・・・・特に商社筋、しっかりせんかいっ、世界の事情知るのは商社マンの勉めやぞっ)
 そんなビックスターをちゃんと遇することが出来なかったからか(特に日本の記者の質問が酷かった逸話が残ってる・苦笑)、インドの側にも「日本市場はダメだ」と思わさせてしまったその「マスゴミ日本側の功罪」はあまりにも大きい・・・。その次の道が開けるまでに、ここまでかかった。やっぱり前の政権が中国に依り過ぎたからだろうか?
 
 さて、あいち女性映画祭の時に、ガウりー・シンディー監督が来日してくださり、あいちのスタッフも、日本で彼女たちを呼んでこの映画を買った人 も、きっときっと、心からの丁寧な熱いもてなしをなさってくれたのでしょう。映画を愛しているのなら当然の心づくしのおもてなしで彼女らを遇したに違いありません。その下地あっってこそ、この「初の快挙」に繋がったのではないでしょうか?(^^)v

 そうそ、モディ首相も決まった、インドの選挙で、今日読んだ日経の記事
インド・モディ氏圧勝で最大の敗者となる中国 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2800V_Y4A520C1000000/?df=2

 風向きは変わってきたのはウレシイことだ。
あとは、その風向きが波に乗って、日本もインドも、両方、win-winとなれるよう、交渉事には非常に難解な難しい相手ではあるけど、日本も相手を理解しようと一所懸命務めることで、道は開けると思う。例えば、映画とかなんかで、あちらの事情も多少はちゃんとこっちが理解して! 商社マンだの人材交流だのの会話の中にさ、こういうスターのビックタイトルを見ておくことは、会話が弾むきっかけになるかもしれない・・・・

 
以下妄想(笑)・・・・・・・・・・・・・

以下妄想(笑)・・・・・・・・・・・・・
by AkaneChiba | 2014-05-30 17:44 | 女優 | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

印活 日本の記事や、現地の記..
at 2017-07-16 18:53
マサラ上映7月『バーフバリ ..
at 2017-06-24 00:47
映画『Amen』 -2013..
at 2017-06-13 00:31
今夜のRanveer CL決..
at 2017-06-03 01:12
6月 7月 インド映画 日本..
at 2017-05-15 00:30

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52
> ふんさん コメント..
by AkaneChiba at 13:10
あなたが誤解を招く文章書..
by ふん at 12:10
> 高田世界館スタッフ・..
by AkaneChiba at 00:14
akane様 初め..
by 高田世界館スタッフ・西山 at 16:53
「熱い解説を!」さん(で..
by AkaneChiba at 19:33

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ