遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:00年代( 3 )

映画『delhi-6』-2009 評価したげてインド人(^^;)

 インドではあんまし評価されてない気の毒なAbhishek Bachchan アビシェーク・バッチャンだが(親父と嫁が凄すぎてw)彼はそんなに言うほど役者として悪くはないぞ(^^;)a0308487_15490571.jpg 狂気系のトリッキーだったりガチでシリアスすぎる役柄は彼に似合わないだけで、何気ない青年やコメディなら彼はいいキャラしてるからなぁ…色気は無いけどw 彼にそういうのを求めても無理だし(酷w)。
 大衆とメディアの一番アカン部分は「情報煽動と思い込みに弱い」って点が、時々とんでもない優秀作を低い評価にしてしまう点だよな(^^;) サルマンのマッチョもシャーの色気もアッキーの万能さも、確かに彼には無く華すら無いかもしれないが(やっぱり酷w)、親父抜きで普通に彼を評価したらそこそこ及第点だせてるイイ役者だと思うんですが彼。そこ評価したれよ…_(^^;) という、そんな作品を一本ご紹介。

「Delhi -6」-2009 Wikipedia IMDb Trailer

//-----------
ストーリー:米国在住だった優しいRoshan(=)は、病気の祖母が生まれ故郷のデリーで過ごしたいという願いを聞いてデリーの故郷に戻る。戻ったデリーのTVでは黒い猿の噂などがニュースになるくらい迷信や慣習がアメリカとは全く違う文化や社会がひろがり、一癖も二癖もある親戚や隣人や社会やコミュニティがあり、多少面喰いながらも気軽に楽しんでいるRoshan。近所のおじさんの娘、美しいBittu(=)もそんなコミュニティの住人で結婚を望まず親に隠れてこっそり女優や歌の訓練をする日々。祖母や親せきやAli叔父さんや、子供たちやBittuたちと街を満喫し祖母とのこんな暮らしも悪くないと思い始めるRoshan。ある時、子供のいたずらでRoshan車が暴走して観劇会場に突っ込んでしまう。警察から子供たちを庇ってRoshanの咄嗟の機転で「黒い猿」(という幽霊のような存在?)の仕業だと誤魔化す。警察やテレビ、地域社会を巻き込んで「黒い猿」の噂が日々大きくなりながら、この地域社会をめぐる癖のある住人たちの群像劇が繰り広げられていく。彼らのドラマが進行していくことで、やがてこの「黒い猿」が元の社会コミュニティが持っていた元々の問題点の不安の種を芽吹かせてしまい、それは地域を巻き込んだ大きな火種となる…。
-----------//

<ベテラン・オールな映画>
 これ、無茶苦茶よかった…(^^;)UTVの映画で私ハズレって思ったことほとんどないわぁ~!_(^^;)
 映画製作者の質の高さ、出てる脇役のベテラン・オールキャスト、A.R.ラフマーン他のずば抜けてクオリティの高い音楽、映像編集の見せ方がインド流に拘らず欧米のハイセンスな映画見せるような切り口で、a0308487_15485881.jpgそれでもストーリーがインド流は貫き、あまりの出来に最初の30分で監督名みたら、あれ?Rakeysh Omprakash Mehra監督だ(^^;)と気づき(2006 Rang De Basantiや2013 Bhaag Milkha Bhaag 邦題「ミルカ」の監督)、しかも彼の作品は最新作(Mirzya -2016)も含めて、私は彼の作品をこれまで3本も見てるのに、そしてそのうち2本は名作とかメディアやインド映画ファンがガンガンいう作品でありながら、私の心は「まぁそこそこ優秀な作品だったよね(^^;)」っていうくらいで、いうほど他の人ほど心動かされなかった監督の作品なんですが、私が見た4本の中では彼の監督作品の中でこれが一番!!いい映画だと思うぞ(^^;) 自分のそういう見る眼はワシは信じてるので、これに異論は認めないw(笑) 確かに映画の内容が、インド人基準ではなかったのかもしれないけれど、これは欧米基準なら好きになる映画だと思うし、時々描いてる絵コンテがとてもいいのがよくわかる。そしてそれがインド映画にありがちな過度に押し付けではなく淡いロマンス映画をみてるような淡々さがあって、アビーの個性の強烈でもない何気ない気弱な優しい青年像を映像としても踏襲してて、ひじょーーにいい感じの映画なんですわ(^^;)
a0308487_15493352.jpg


UTVさすがだわ(^^;)
by AkaneChiba | 2016-12-24 17:44 | 00年代 | Comments(0)

『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』映画評 (Om Shanti Om)

a0308487_233108.jpg この映画に一番ハマった癖に、ちゃんと映画評を書いてないことを気づいて書いてみます。一年越しの映画評です。というか、この映画に出会った衝撃でこの映画に恋に落ちてしまったら(笑)、そのまま、一直線にインド映画に突っ走ってきてしまって、ようやく冷静になれたのが・・・今くらい。。。という・・・なんだかよくわからないくらい恐るべき一本かもしれない(^^;)。

 2013年の春の上映時、映画会社は宣伝を打ってたが、世間の反応は映画マニアしか反応してないくらい地味な反応で(それでも人は入ってた?)、私はようやく仕事が手を離れて上映二十日を過ぎようとしたころにやっと映画館に駆け込む。当時、映画評としても、沢木耕太郎氏が紙面で褒めていたので映画好きには話題になってたのは覚えている。・・・そして・・・・この映画を見た時の衝撃は忘れられない・・・・。人生を一変させてしまった衝撃だった。
a0308487_314118.png


映像の意味を読み解く力
by AkaneChiba | 2014-03-21 05:04 | 00年代 | Comments(0)

何故?OSOにハマったか?2

マサラにいったときにカメラが来てて「何故?こんなにその映画に?」と聞かれたことがありましたが、あの時マサラ直後頭沸いてる状態で(笑)は うまくは答えられませんでしたが、今なら冷静に答えられます。
単に 「この映画が。素晴らしいからです」 つまんない答えかもしれないけれど、それしか一言では表現できません。演出やらがわかりやすい、ツッコミをかけやすいという楽しさもありますが、それ以外にも「何度観ても新しく発見できることがいっぱい詰まってる」というのは、資金もかけられてるってことでもありますが、製作する人たちが細部まで漏らさず映画を愛する気持ちやオマージュ、映画へのリスペクトをいっぱい詰め込まれているからで、それが画面から伝わってくる・・・というのは、そう滅多にあるものでもありません。映画への愛がいっぱい詰まっている映画に出会える楽しさは貴重でもあります・・・・。小道具一つでも拘ってる映像みると、ファンも楽しくなったりするもんです。

あと、日本の上映方法そのものにもいろいろ思うところがありましてインド映画の上映方法の扱いのされ方に興味を持ち、ミュージカルなので音楽が、音響の良い映画館で映画が上映されることが、どれだけ大事なのか?を、私はこの映画で改めて感じた・・・orz ・・・というのもある。どこの映画館でもなかなか良い音響システムで・・・というわけにはいかないもので。ミニシアターさんの苦戦ぶりは、少々気の毒でもありました。大手シネコンは素晴らしいシステム設備あるのに、資源の無駄遣い(アニメか子供のものばかり・・・)のその上映内容のどうしようも無さに・・・愕然もしたんですわ・・・(^^;) 関東は知りませんが、他の都道府県は別にして、大阪はいろいろと思うところがありました・・・シネコンレベルの音響で映画をインド映画で見れた方は、幸運だったと思います・・・orz。

劇場でおそらく私は十数回超えて(もう数えられないくらいww)、この映画を観ましたが、今までそんな映画の観賞の仕方したことが無い私です(何度もビデオやDVDでは観ることはあっても)。『劇場で観たい』と思うものにそんなに出会ったことが無く、大画面で観る映像と音響とを改めて意味があることを私に教えてくれた映画でもあります。何度観ても、いろんな発見が出来ます。
インド映画がその実力に見合った上映館で上映されてるかと言えば決してそれはなく、むしろ不遇の上映方法や館が大方です。そのことが返って、日本で映画産業の上映の問題をずっとずっと疑問に思い続けてきていたことを20年くらいしてやっと何が問題なのかわかった気がします。(今の映画全般が抱えてる問題点でもあるけど・・) 実際いろいろ調べたら、やはり日本は島国・・・映画界だけでなく観客も含めていろんな視野が狭いのだと痛感しました・・・orz。何より日本の映画業界の配給や興行?の仕方にかなり問題があることを痛感しました。小屋問題は不動産屋と同じレベルな価値観である以上、日本の映画は絶対に浮上しません・・(泣)。そこが切り崩せたら少しはマシな日本映画も誕生する土台も生まれるでしょうが・・・

ま、そんなこの映画の細かい部分で、私が「!」と思ったツボをちょっと紹介。ネタバレになるので、まだ観てない方はまわれ右してください(^^)v 

More
by AkaneChiba | 2013-09-27 02:14 | 00年代 | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

宝塚星組「オーム・シャンティ..
at 2017-07-25 00:30
印活 日本の記事や、現地の記..
at 2017-07-16 18:53
マサラ上映7月『バーフバリ ..
at 2017-06-24 00:47
映画『Amen』 -2013..
at 2017-06-13 00:31
今夜のRanveer CL決..
at 2017-06-03 01:12

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52
> ふんさん コメント..
by AkaneChiba at 13:10
あなたが誤解を招く文章書..
by ふん at 12:10
> 高田世界館スタッフ・..
by AkaneChiba at 00:14
akane様 初め..
by 高田世界館スタッフ・西山 at 16:53
「熱い解説を!」さん(で..
by AkaneChiba at 19:33

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ