遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:映画全般( 18 )

4月 インド映画日本上映2017 「バーフバリだろっ!」

 あああああ!!ゆってるうちにもう四月っ!( ̄□ ̄;)
映画どころじゃなくって、全然っ!!情報漁ってないです…orz
でも!でも!!!4月は絶対!大スクリーンで見ないと、一生後悔するインド映画が、とうとう日本にも上陸です!!!!(>▽<) まってたーーーー!!!2年越しーーーー!!
------------
<2017年4月8日公開!新宿ピカデリー/なんばパークスシネマ他…>
★「バーフバリ -伝説誕生-」(原題 Baahubali :The Beginning) 2015
日本Trailer 日本公式サイト 日本Facebook Twitter(映画会社ツイン)
劇場はコチラ→東京/大阪以外も、神奈川、宮城、愛知、岐阜、福井、長崎も
本国Trailer 本国Official Site Wikipedia IMDb 
(本国SNSは既に続編の「Baahubali2」を告知中:Facebook Twitter )


<映画を知らない人のために少しだけ解説
↓>
Baahubali:The Biginning」(2015) 邦題:「バーフバリ~伝説誕生~」2017年4月8日新宿ピカデリー、なんばパークスシネマ愛知他にて1~2週間上映予定。
 2015年夏、3年の月日をかけて当時インド史上最高額の巨費を投じて作られたファンタジー抒情詩の超大作。発表と同時に世界中で「Baahubali旋風」を巻き起こしインドのみならず、北米BoxOfficeでは最初の週は9位、翌週ベスト6位にもランキングされた作品。世界中でも順次封切られどの地域でも観客を熱狂させ、封切られていない最後の砦は日本だけという。昨年11月3日京都ヒストリカ国際映画祭にてプレミアム上映あり。
 2012年の「Eega」(邦題「マッキー」2013日本公開)の監督S.S.ラジャマウリ監督が、ITの世界的企業AMDの大型投資を受けて作られたこの作品は、インドIT工業の地「ハイデラバード」を中心とする映画産業、テルグ語映画が近年インド映画の技術躍進に大きく寄与し、世界レベルに達するハイクオリティ映像を打ち出し人気を博している背景があってのこと。
 そのインドの才能の現在トップの実力のあるSS.ラジャマウリ監督による歴史物語風ファンタジー巨編の前編として2015年夏に公開された映像は、その桁違いのスケールやアイデアCG映像とストーリーテラーとしての才能の本領を発揮。2015年当時公開されたときは、インド人が口々に「これだけの映画をみれたことを、インド人として誇りに思う」と誰もが「誇り」を口にした。この映画の背景にある、インドが近年大国としての世界での存在を大きく示す成長国として経済発展を遂げていて、その自信の表れの結果が映画産業のような部分で表している作品ともいえる。
 世界公開のInternational版はオリジナルのテルグ語ではなくヒンディ語。欧米以外でも東洋圏では中国・韓国・台湾ではすでに公開済み。唯一ドイツでのみオリジナルのテルグ語版が公開されたらしい。 追記--日本での上映は、映像はインターナショナル版、テルグ語上映です。--
 この映画の続編Baahubali2:The Conclusion」は2017年4月28日にインド他ワールドワイド公開予定で、今年前半のインド映画の一番の目玉作品。

<とにかくこの映画凄い!と喚きまくり>
 チラシにはインド映画として初めて全米映画興行収入Top10とあるが、北米では既にリティックやシャールクの映画がTop10入りしてる過去があるので、全米?南北米ということなのか、テルグ語映画としては確かに初めてTOP10入りだとも思うので、その辺のチラシに書かれてる文章の基準がわからですな(^^;) 
 記事もいろいろあるんですが、日本は宣伝費がないのかして、なかなかわかってもらえないで苦しんでます(^^;) http://natalie.mu/eiga/news/220729
 でも私はこれについてはずいぶん前から書きまくってます!!本国封切り前から書きまくってます!封切られてその後メディアを手に入れてからも我慢しきれずブルーレイで観まして興奮しまくって書いてます(^^;) 映画解説(感想)の方はこちらで↓ご参照を。
 この映画のVFXの凄さはギネスにも載りました。それだけのVFXを作成したその理由は、こちらの経済記事「なぜインド映画産業にAMDが入れ込むのか」2014/9/29~ PCWatchより~でも紹介されています。既に2014年の時点でこのAMDとの連携で、この映画の製作について触れられています。先の私の映画の感想のところででも、AMDと協力しているIT関連記事(英語記事)なども紹介しています。
 この2015年作のこの映画の大ヒットのち、続編のBaahubali 2ではVRにも参入し VRによる実験的な試みやプレゼンや宣伝も行われていて、VR体験で映像のMakingの一部が見れるなどが、FacebookやTwitterなどで、情報が公開されているのです。

 とにかくIT関連の人も、映画技術関連の人も、普通の観客の人も、経済関連に興味ある人も、ゲームなんか作ってる業界なんかの人も!、とにもかくにも!!!足を運んでほしい(^^;) 映像に関わる人がこれを見ないで世界で映像について語るとかなんてするなら愚の骨頂ですぜ(^^;) とにもかくにもエンターテイメントなインド映画の彼らが見ているその先…にハートが奪われてしまいます。
 この超ド級の映像を大画面、大音響で観ない聞かないなんて、人生の最大の機会をどぶに捨てるようなものです(^^;) 上映期間が短そうなので、何が何でも!一週間内に足を運ぶことをお勧めします!!

 また、最近では「あなたがいてこそ」のGIFがネットでずいぶんもてはやされていますが、あの映画を作った監督さんなので、日本では「マッキー」や「あなたがいてこそ」が日本公開されており、DVDなどでレンタルでも見ることが出来ます。この監督の並外れた稀有な才能を先に知りたい方は、是非!日本語で手に入る映画ですから、両方ともご覧になってみてください。そちらを見てると「バーフバリ~伝説誕生~」の小ネタにツボれますよ(笑)。

 @@他にインド映画の情報については、順次掲載していきます。とにかく!この「バーフバリ」を見ないなんて、映画好きだけじゃなく、アニメ好きでも、オタ系の人でも、MAD映像好きでも、そいう人でもこれを知らぬは世界についていけなくなる損!!!っていうような映画なので、是非足を運んでください。


<追記>
『バーフバリ 伝説誕生』4月14日 絶叫上映!
 なんと!!!2017年4月14日(金) 18:40開場 新宿ピカデリーにて、絶叫上映を行うとのこと!!!関東羨ましいっ!!(>_<)
 詳細は、新宿ピカデリーのお問い合わせください。
http://www.smt-cinema.com/site/shinjuku/news/detail/s_414.html
 でも、関西は、なんばパークスシネマで見れるのは、なかなかかもしれません!インド映画がなかなか大手上映館では扱ってもらえないことを思うと、その良さを分かってもらえる上映設備のスクリーンで見れることを、心の底から願ってやみません…(-人-)


<インド映画ファンには足向けてほしい一本>
 既に映画ファンの間ではご存知の伝説のマレーシア映画が一本、三月から上映されています。
タレンタイム 優しい歌(Talentime) 2009
   日本公式サイト 日本Trailer 日本Facebook 日本Twitter Wikipedia IMDb 

//---
 ヤスミン・アフマド監督の遺作となってしまったこの作品(2009年急逝51歳)。マレーシアという多文化共生社会における混在をヤスミン・ワールドで映した傑作。実に6言語がこの映画の中で使われています。マレー語、英語、タミル語、広東語、ヒンディ語、官話(Mandarin)もう一言語上げるとするなら手話。インド映画や南アジア映画ファンクラスタが足を運ぶべき丁寧な逸作です。音楽がサントラ買いたくなっちゃいますので、是非見にってたしかめてみてね
---//
 インド映画を見てる人にはおなじみのタミル語やヒンディ語が、セリフや音楽から聞こえてきますよ、挿入歌に使われた「O Re Piya」はマドゥリ映画の曲でしたね。上映期間が長くないので、どうぞ良質の映画を見たい方はお早めにどうぞ(^^)/ 大阪4月21日までですよん。


南インド映画祭???
by AkaneChiba | 2017-03-24 04:28 | 映画全般 | Comments(0)

3月 インド映画 日本上映 2017

 ちょっと気の早い3月ですが、情報が増えてきましたので2月とは切り分けました。というか大阪アジアン国際とかの季節なんだけどね。

<インド映画に関係のある上映>
「汚れたミルク あるセールスマンの告発」
(原題:Tigers -2014) 印・仏・英合作 2017年3月4日~ 新宿シネマカリテ
Wikipedia  IMDb  日本語オフィシャル・サイト Trailer

映画『汚れたミルク/あるセールスマンの告発』予告編

 ▽大阪テアトル梅田3月18日 各地順次巡回

 こちらは2014年サン・セバスチャン国際映画祭で上映された映画だそうで。ダニス・タノヴィッチ Danis Tanovic 監督(ボスニア・ヘルツゴヴィナ出身)の作品。日本でも初公開ですが映画祭公開以外では、世界でも初公開となるそうです。トレーラーを見るからに骨太なシリアス社会派ドラマとなっている様子。キャスティングには、イムラーン・ハシミ Emaraan Hashmiアディル・フサイン Adil Hussain などインド俳優も実力国際派な配役を据えたタイトルとなっています。
 イムランは日本でインド映画ファンにはおなじみですが、日本で公開されてる映画はあまりないかな?インド初のエロティックスリラー「Murder」(2004)なんかの路線で作品に出ていますね。Murder2とか、Raaz 3Dとか、インドあんまりこういう路線のスリラーは無かったのをBattファミリーがインドに持ち込み、その映画一族の一員として渋めの路線で映画に出ている30代半ば過ぎのとても良い俳優です。映画祭上映で「Ek Thi Daayan」や「Once Upon a Time Munbaai」くらいならあるかな?ネットなどで見るなら「The Dirty Picture」(2011)とかあたりなどお勧めですよ。
 アディル・フサインは「ライフ・オブ・パイ」(原題:Life of Pi)とか「マダム・イン・ニューヨーク」(原題:Einglish Vinglish)で、主人公の夫役やっていたのでなじみのある方は多いと思いますが、ひじょーーに渋い脚本の選んだ作品に出ていて従来のボリ俳優とはスタンスが全く違いますね。ヒンディ映画中心ですが、英語圏の映画にもかなり出てるので、しかも映画祭とかに出すような映画とかその手のが多い、渋過ぎな俳優ですな(^^;) そういう骨太な配役で印仏英合作映画としての一本、ちょっと楽しみですね。関西見れるのかなぁ?…こういうのって関西で回ってくるのは、きっと数か月後~半年後くらいに九条や十三辺りのミニシアターってとこやろなぁ…(^^;)はテアトル系で上映です

<ゆうばりファンタスティック映画祭2017>

 なんと!ゆうばりで南インド映画でゾンビ映画が来るそうです。
3月2日~6日 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭

★3/3上映「ミルサン」(原題:Miruthan)2016 タミル語 ゆうばりHP Wikipedia IMDb 


 タミル映画初のゾンビ映画ということらしいが、タミルの映画ってフツーに昔から幽霊物はやってきてるよなぁ~、つまりホラーは古くからある。しかも血だらけ過ぎだよねっ(^^;) ゾンビが無いのかな?ゾンビ映画はヒンディでも作ってたし、最近ヒンディはロマンティック・ホラー/スリラー路線ってのでインドでのジャンル確立してる。ちなみに、ホラー路線はインド各地で作られてるのは知ってるけど、あんまり成功はしてない?のかしらね? 普通の映画の残虐シーンがふつーに恐いんで、ホラーにする必要がないのか?(^^;) インド映画タミルでのこの手の映像だと、今南インドの映画はとても勢いがあってアイデアいっぱいで面白いと思うので、楽しんでください。107分?タミルで?短い!w(^^;)w まだまだ他の映画のようには予算がそこまでいかないか?



<イスラーム映画祭2> ▼公式サイト ▼Facebook ▼Twitter
 一月に渋谷と名古屋でやってた映画祭が神戸(3/25-3/31元町映画館に来ます。
ラインナップ
『私たちはどこに行くの?』 2011年/フランス=レバノン=エジプト=イタリア
『敷物と掛布』2013年/エジプト
『泥の鳥』 2002年/バングラデシュ=フランス
『蝶と花』1985年/タイ
『改宗』2008年/タイ
『バーバ・アジーズ』2004年/チュニジア=ドイツ=フランス=イギリス
『マリアの息子』1999年/イラン
『十四夜の月』1960年/インド
『神に誓って』2007年/パキスタン
『ミスター&ミセス・アイヤル』2002年/インド
  ●渋谷ユーロスペースの映画祭の時のチラシは コチラからダウンロード
 
 元町映画館からの情報はでてます。「神に誓って」が必見!!


トランシネマ第5回上映会
2017年3月20日 せんだいメディアテーク 7階スタジオシアター 詳細はこちら http://peatix.com/event/208156?lang=ja

「移動映画館」(原題:Touring Talkies -2013)
  マラーティー語映画 Trailer Wikipedia


 既に2013年のIFFJや高崎映画祭などで紹介されている「移動映画館」(Touring Talkies)です。このほど仙台で上映がなされるそうなので、二度とこれを映画館で日本語付きで見る機会が訪れるかどうかは疑問ですので、まだの方は是非足を運んでください。映画の匂い香り立つ隠れた名品!ですよ。「ニュー・シネマ・パラダイス」みたいな映画が大好きな人にはツボる逸品ですね。映画を愛するのに国や人種や製作者がだれであろうと、そんなことはどうだっていい話です。インド映画を固定観念で紋切り型に見る人も多い日本で、この映画は、そういう紋切り型の視野の狭さを、しっかり打ちのめしてく、そして映画を愛する気持ちを大事にしたくなる宝物を見つけた気分にさせてくれる一本ですので。またインド映画は、地方映画がこのところ特に傑出したドラマを生み出しており、マラーティー語というそれまた日本で翻訳できる人が貴重/寡少な言語でもありますので、この機会を逃さないで欲しいと思います。
 私はこの映画に惚れこみまして、チャンス少なく計3回しか見ることが適いませんでしたが、鮮明にワンシーンワンシーンが脳裏に焼き付いており、このブログでも何度もテーマにして(→「映画愛って?3 -プロの愛って?-」等)取り上げさせてもらっています。さすがにオフィシャルサイトはもうなくなってしまいましたが、貴重なこの機会をどうか逃さないで欲しいと願います。


大阪アジアンは一本だけ
by AkaneChiba | 2017-01-28 16:46 | 映画全般 | Comments(0)

ちょっと 休憩 2016の日本事情

 たまには雑談でも・・・018.gif

 今年もそろそろ秋の映画シーズンのラインナップを気にする方が、インド映画の何が来るのかをあれこれ願望をネットのコメントでみました。 団体にもよりますが、長く歴史ある映画祭でのラインナップを見る限りだと一昨年あたりからあまりビックタイトルはないので、本国側が日本のブームを嗅ぎ取って単価を上げてきたんじゃないかと危惧しています。 またとある団体では今年も『また』翻訳家探してた告知をみたので「こぉ~何年も特殊言語のインド言語で、次々翻訳家募集するとか、なんかおかしいやろっ…(^^;)」と素人の私ですら容易に想像がつくレベルで心配と危惧をしています(笑)。

<2016年前半は本国も日本も不作>
 英語字幕があるから支障はない…っていうものでもなくインド映画などの文化圏の場合は英語翻訳すればいいってそういうものでもありません。やっぱり!その国の文化や言語を理解しない人が翻訳するとファンとしては暴れたくなるようなひどい訳になってしまうので、英語ができればいいだろう…というものではない「特殊言語」というのが世界にはあるのを理解するのは大事だなぁ…と私は思います。そのラインナップに並ぶ、情けなくはない素晴らしい作品をしっかりした品質でどこまで日本に引っ張ってこれるかが気になっております。
 正直2016年前半ボリウッドは不作です(他の地域はそうでもないですが)。名前の知られたスターの並ぶビックタイトルは単価が高いでしょうし、インド人コミュニティによる上映会で関東中心に行われていて、わりとスターものの上映は済んでますし。また興行成績がトップセールスにあるスター映画はそれはさすがに値段が高すぎてゲットできないと思いますし、映画祭などでは日本ですでに紹介されてないそれ以外のタイトルという話になるでしょう。昨年や今年の範囲に拘らず、年数を7-8年拡大すれば良い作品はいくつも出てるので、その範疇で良い作品が来るといいのですけどね、新しいのに拘るのでしょうか、今年前半は本国ヒンディは暗いのが多いよ(^^;)。

 さて、今年は日本では全体的に無い・・のと、本国でも2016年は地味なものであまり情報がお届けできません。本国が去年がすごすぎたので…。しかしその去年の凄さが、みじんも感じられない日本の上映状況には悲しい思いをしています。一縷の望みは今年秋の「PK」の全国公開ロードショーくらいなものでしょうか?(監督の来日も先日ありましたので) 「PK」はいろんなレコードを作ったGJ作品なので皆さんも期待して映画館に足を運んでくださいね006.gif


続きはコチラ…
by AkaneChiba | 2016-08-20 23:49 | 映画全般 | Comments(0)

6月 インド映画 日本上映 2016

えー、そろそろ来月の話を。(2016.5.16初出-2016.5.28追記)

 今年、2016年は残念ながら、インド映画に関しては、目新しい作品の上映は、「インド人コミュニティが主催する上映会(基本は英語字幕、運が良ければ日本語あり)」くらいしかございません。
 残念ながら、新しい映画が入ってきてないのです。
 ですので、過去に上映された映画を特別に上映するとかのイベントなどでの上映とかになってる所が多いですかね?私はこういう情報は、関西に中心おいて、情報見つけたら掲載してます。関東まで手が届かない場合はご容赦を・・・(^人^;)

//--------------------
京都みなみ会館 オールナイト上映
★ きみたちオンナノコ&ぼくたちオトコノコナイト
<雨を跳びこせ!ナイト><あの頃、ナイト>
 http://kyoto-minamikaikan.jp/archives/26983
オールナイト上映のうち一本 6/18深夜 (19日 3:15~) 「きっと、うまくいく」 

うーむ・・・・オールナイトで、眠たくなってるあの時間に、これか・・・(^^;) 眼が覚める?かしらん?いい映画館なので、あそこの画面で見れるのは魅力です。(おばちゃんのあたしはちと辛い・・・orz) 学生さんとか是非、他の2本もいい映画なのでよかったら足を運んでみてください。
---------//

//--------------------
一般配給とは別の インド人コミュニティの上映の場合

 最近、残念ながら、2015-2016は日本に入ってきてるインド映画は、ちょっとお休みしてしまった感があります。ので、新しいインド映画を見ようと思うと、インド人コミュニティの為に主催されてるような上映会とかで無いと、新しいインド映画とかが、観れなくなってるこの1~2年になってしまっています。

 上記インド人コミュニティが主催する上映会は、英語字幕は「本国の作品が作られる時に作っている」ので、字幕の精度もプロレベルのものですが、こちらで日本語上映される場合の翻訳字幕は、一定の翻訳レベル技術・・・の水準に達してるどうかは保証できません。それを御理解いただいた上で、その御了解のもとに、足を運んでください。

 少しそのことを付け加えておlきます。字幕翻訳は、職業翻訳なさってる方々のお仕事の一つですから、もちろん専門職です。日本におけるインド言語の翻訳者・・・となると、そうそう数がいるわけではなく、また言語がやたら多いので、あまりにマニアックな言語になると、研究機関や大学などの人材紹介無しには訳せない言語もあります。「単にその地域に住んでた」レベルの人に訳せるものではなく、深いその地域の研究や文化や考察が必要になってくるものも少なくないのです。また翻訳だけでなく、字数制限があるのが字幕世界なので、字数制限+少ない文字数でそれを見る側が理解できるだけの「脚本作成能力」も、必要になってきます。そういう訓練を受けた人でないと、難しい世界でもあります。単にストーリーの意味を知るだけなら、DVDなどの英語字幕でも理解できる映画も数多くなりますが、地域の文化の特色を知った上で翻訳して+脚本作成能力・・・となりますと、相当に専門の技能が必要になることは、伝えておこうと思います。

 ちゃんとした中堅~大手映画会社が、しっかり配給してくださる作品でしたら、まぁまぁその辺の心配はないですが、中には3カーンレベルの映画でも酷い日本語翻訳になってしまった映画チェンナイ・エクスプレスの翻訳の人はちょっと気の毒だった・・・あれは本人のあずかり知らんところでなんかあったパターンですわ。映像見たら素人の私でもなんかあったな・・・と予測できるので・・・ ^^;)も、日本ではまだまだありますので、インド人コミュニティで上映する映画の翻訳に、中堅~以上の翻訳の技能の「質」があるかどうかは、別の問題になるので、あくまでも映画のストーリーを理解できる「目安となる」くらいの翻訳で理解いただけるといいですね。普通は翻訳者名が表記されますので、その時にはその翻訳者名をチェックして今後の映画をみる参考にしてみてください。
 面白いもので、パンチのある映画が得意の人、恋愛映画が得意の人、社会派な映画が得意な人・・・ってな風に、傾向がでますよ、案外(笑) 言語の専門家については、レアな言語に関しては専門職が少ないので、その方々がその言語の専門家であることを祈りますけれど・・・。そういう上映会で、そういう人材を見つけてきているかどうかは別の問題なので。(そこまでの人材をちゃんとどこでもマッチングできてるくらいなら、中堅~大手でどんどんインド映画が日本で配給上映されてそうな気はしますけど・・・まだそんな時代がやってきてるとは思えませんので・・・ ^^;)

 ま、上記のことを頭に置いて、インドの複雑さや、日本の現状などを知り、それぞれの翻訳を眺めるのも、映画の楽しみ方の一つですね(^^)/ 
---------------
 さて、他に、6月にはどんなインド映画がきますやら・・・・

 実は、「Housefull 3」(英語字幕)をSpaceBox Japan(インド人コミュニテ団体)さんが、どうやら大阪でもやってくださるようです。
 http://www.spaceboxjapan.com/movie_details.aspx?MovieName=Housefull3
 但し!これ・・・Housefull シリーズを過去に観ている「インド人」にはどっかん笑い!でウケるでしょうが、日本でのインド映画ビギナーには、ネタがわからない、インド流なスラップスティック・コメディなので、出ている俳優のファンで無い人には、なんでインド人が笑ってるか理解できないかもしれません(^^;)
 中味は総じて、ジャンク・コメディなので、ギャハハハ笑って楽しめる作品ではあると思います。

 実は、過去のHaousfullって・・・売りたいお屋敷物件を使ってスター様使ってコメディ映画を撮って・・・っていう裏事情のある映画なんです(笑) 「Housefull」 も 「Housefull 2」も(笑) 「Housefull 3」については、そこのところ事情はわかりませんけれど、1,2とも、主役はお屋敷w のプロモに映画撮ってみましたwwっていう、なんともインドらしい~~~一本になってます(笑) こういう映画は、音楽がよくないと客が入りませんので、スターと、楽曲は、楽しく見せてる映画となってます。 
 
 アッキーも、リティーシュも、アビシェークも、三人とも好きなので、またこの3人は、こういうコメディさせたら相当に面白く楽しく映画作るので、そこを見に行くにはいいかも?(^^;) ちゅーか、現時点での370本インド映画を見たワタシのインド流コメディへの耐性がどのくらいあるか、それを確認しに行く測り具合になる気はしますが(笑)  もちろん、ベタなコメディなので、インド流を知らなくても気軽に楽しめるとは思います(^^)v そうとう!難易度高いジャンクすぐるレベルのコメディなので、会場の雰囲気だけで笑ってください。スターの出演してるインド映画のネタがわかるインド人レベルに映画見てる人なら楽しいと思います。 誰でもわかるツボは、ろう人形辺りですかね?(笑) なんちゃってヴィクラムさんww
 
-------------------//
 
//------------
みんぱく上映会

 今年は、中央/北アジアの映画が来るようで、インド映画ではありませんが、こちらはなかなかに興味深いラインナップになってます。
映画で知る 中央・北アジア 6/12~7/18
http://www.minpaku.ac.jp/museum/event/fs
 チラシダウンロード→PDF 3.26MB
 他でやってて見損ねた一本、クルマンジャンをやりので、私はこれが楽しみですね~(^^)v

----------//

//---------2016.05.28追記---
<チャーリー 6/19>
 5月にも、関東で行われた「Charlie」 -2015 マラヤラム語映画、Celluloid Japan / DOZO Films による日本語字幕付き上映が、6/19にも イオンシネマ市川妙典で再度上映されます。 
 いま、本土でも名作を立て続けに生み出している、とても快調なマラヤーラム映画(マラーヤラム語)の2015年12月封切りの一本です。非常に評判のいい映画ですね。マラヤーラムという地方映画で40coreの興行収入というのは、とてもというか大ヒットしている一本ですね。『Charlie』 -2015 Wikipedia
 
★CELLULOID Japan - 「チャーリー」特別追加上映 
 6/19(日)ご予約フォーム
 →http://www.celluloidjapan.com/ja/movies/latest/1036

▼Charlie Songs JukeBox 見つけたので良かったら(^^)/

https://www.youtube.com/watch?v=K0eSCmqjp8M&index=2&list=PLMGbWqXdEZYNoxoC8_j0rTVDTuzdJX5G4

 関東の方にはチャンスが多く羨ましい限りですが、そのチャンスが活かせるのなら是非、いろんな言語のインド映画に触れてみてください(^^)/
--------------------//

//-----------------
ちょっとドキュメンタリーの御紹介。
これは、昨年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で優秀賞を受賞した仏シリア合作のドキュメンタリー映画。

「シリア・モナムール」
(仏題:Eau argentée, Syrie autoportrait 英題:Silvered Water, Syria Self-Portrait)
 6/18~順次公開 公式サイト http://www.syria-movie.com/

 イスラム圏の話は、政治や国際情勢も、理解するのは難しいのですが、見るのが辛いドキュメンタリー映像からでも、その断面を読み取ってもらえる手掛かりにはなります。 しかし、これは見慣れない人にはちょっとキツイ映像だわね(^^;) Live Leaksなんかのサイトを見て回ってるくらいのネットヘビーユーザーな人には、見慣れた映像かもしれませんが。
 夢ばかりの世界では無い、現在の現実の状況を覗いてみて、たまには頭をシェイクするのもいいかもしれません。

 それにしても、どうして!日本の邦題にすると、そんなタイトル表記になるんだ?「銀の水 シリアセルフレポート」でいいじゃないか。いい加減、広告会社、映画のタイトルに関する何か利権でもあるんか?やめようよ~~(^^;) どーしても!日本の映画業界の慣例が、全く持って時代に合ってないだけでなく、時には作品の質まで歪めてしまうのだけは、ほんとやめてほしい・・・orz 業界が邦画をダメにしてる自覚無さすぎるわ・・・。
-------------// 

他にも情報見つけたら、常時更新していきますね(^^)/
by AkaneChiba | 2016-05-28 16:34 | 映画全般 | Comments(0)

インド映画、2016春、日本で何がある?

 インド映画では無いですが、インドを題材にした映画が一本公開されています。

マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章 公式サイト トレーラー

 欧米でもずいぶん前からインド映画に興味があり、しっかりインド映画の製作畑とも仕事をしてきており、しっかりその存在を深く認めてきています。近年、資金やスタッフだけでなくしっかり映画を作るためのパートナー関係を結んで来ているのに、日本はそういうことを全然知らない状況が長く長く続いてきました。欧米の映画ですが、この映画は前作の「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」も、日本でも評判は良かったようで、今回第2段で、あのホテルの若い彼は今度は結婚(もちろん!インド式結婚です)をするみたいです。インドの風景を楽しみたい方や、インドの結婚式を欧米側がどのような視点で見てるかを見るのも、楽しいかもしれません。うちのおやじは早速みてきたみたいで、うちのオヤジでも気兼ねせずに見れたようです。昔のような楽しい歌も踊りもあるハッピーエンドな映画見てるのがうれしかったようで、うちの親父(もう爺年代ですが)にも受けが良かったです。私も仕事終わらせたら観に行こうと思ってます。(仕事終わらなくて苦しんでますが・・・苦笑) 親父の世代がいうんですよ、昔懐かしいスターが歌って踊ってなハッピーエンドな映画はいいなぁ~と。映画上映の選定の基準にそういう映画をもってこれる価値観は、今の日本の上映にはあまりないのかもしれませんけどね。


<さて今年の日本でのインド映画は?>
 えー、インド映画は今年もあまり、日本でちゃんとした配給でやってくれそうなところが、あまりありそうにございません。なので残念ながら、インド映画を観たい人は、諦めて川口あたりでやってる『在日インド人コミュニティの為の上映会』各種団体いくつかありますので、そちらの方で大概は英語字幕が付いてますので、それで楽しまれることをお勧めします。そちらだと時間を置かずしてあちらの封切り日とあまり遠くなく、映画を見れますからね。
 で、そういう映画は、現在テルグ映画、タミル映画、他地域の映画などもありますが、今度はスリランカの映画もはじまったそうで。関東にお住まいの方にしか頻繁にはこの機会は享受できませんが、興味があればそういう団体をお探しになってみてください。私が気に入ってる団体さんは、Uttama Villainやってくださったところですね。大阪には来ないのでなかなか観に行けませんが、いい内容の映画をチョイスしてくださいますよ。楽しまれるなら、ちゃんとその団体さんのルールに沿ってご迷惑にならないように楽しんでくださいね。日本の観客やその上映基準の為の上映ではありませんので、そこはお忘れなく。インド人塗れだと指笛一つも映画中に飛んだりしますので、それを享受できるくらいの価値観で見てくださいね(^^)v 他にもいくつかそういう団体はありますので、特に川口スキップシティ辺りではそういう上映が頻繁に行われていますので、そちらで情報をゲットしてみてください(^^)v (私が名前知ってるだけで4団体くらいありますね。全部関東ですが)
//---
 あ、追記。ちなみに封切り日が間を置かずして上映できる利点も、この手のインド人コミュニティ上映会の良さでもありますが、突然の上映日の延期・・・というのもあります。本国で公開日がずれることもしょっちゅうありまして、また相互の遠い国とのコミュニケーションやらの点でのトラブルも多々あります。ので、上映日の延期とかは受け止めれるおおらかさは必要です。払い戻しなどのルールなどは、各団体さんの規約等に応じて交渉してください、ちゃんと主張するのもコミュニケの一つです(会場当日にチケ代払う選択が出来るところもありますので)。こういうときは、主宰者側団体は、多分日本で場所借りてるのでそのキャンセル料を払わなければならないとは思いますが、場所によっては結構な値段のキャンセル料を払わねばならないのが日本の会場貸切システムなので、主催の側はそのリスクも考慮しないといけないでしょう。観客の側は、まぁおおらかに構えていただければと思います。 (主宰者側がどういう本国側の代理人と信頼関係を築けているかで、かなりその辺りの差異が出ます。) 
---//

 さて別のとある団体さんですが、 a0308487_19463249.jpg今回珍しくヒンディ映画が大阪でも4月に上映してくれます。例の「Bajirao Mastani」をやってくれた団体さんが、今度は本国インドで4月に封切りされる「Ki & Ka」という映画を関東で3回、大阪でも1回上映してくれます。興味があればそちらの団体様に申し込んでみてください。ヒンディ映画なので、英語率も高くわかりやすいストーリーではないかと想像できます。内容はラブコメ・ドラマ映画ですので楽しんでください。

Ki & Ka トレイラー(英語字幕付き)


  ストーリーは、女性の地位と男性の社会的立場との間を逆転させた設定をテーマにしている様子です。主夫な話ですね(笑) インド人にとっての女性の地位は、それでも高くありませんので(活躍できてる女性は中流以上やエグゼクティブの子弟ぐらいで、田舎に行くとやっぱりまだまだの社会)、キャリアな女性に焦点を当てててそこに逆転劇にしたドラマになっているようです。日本でもこういうコメディホームドラマは何度か作られていますが、インド的にはさらに日本以上になかなかあり得ない設定なのかもしれませんね。日本もまだまだだけどね(笑) タイトルのKi & Kaは、ズバリ、女と男ですね。女の と 男の ・・・って感じかしら?Hers and Hisかな?ラルキと発音するのは女性のことで、ラルカと発音するのは男性のことで、その母音をとったんですね。よく歌の歌詞にも「~ラルカ~ラルキ~」とよく出てきますよね。監督は「Paa」や「Shamitabh」の監督です。「マダム・イン・ニューヨーク」(English Vinglish)のプロデューサーにも名前を連ねている方でもあります。どんな映画の傾向の方なのかは想像がつきますね。

 a0308487_1945124.jpgこの映画の主演は、インドでは人気の二人ですが(インド人にはウケる二人)、日本では人気があるスター・・・とは言い難いです、現実では(^^;) 私のようなファンにとっては楽しみ映画ですが。
 どういうことかといいますと、カリーナ・カプールというこの女優さんは、インドではひじょーーに人気のある女優さんなんですが、日本人の眼から見たら(いえインド以外の海外の人の眼から見たら?)、国際的な女優というには「しんどい」側面があります。日本では、アイシュワリヤ・ラーイ・バッチャンを先頭に、ジュヒー・チャウラプリヤンカ・チョープラディーピカ・パドゥコーンカトリーナ・カイフ・・・とこれらの美人には反応がいいのですが、カリーナだけは・・・映画は過去に日本でも5本も紹介されていますが(「家族の四季 愛すれど遠く離れて」「スタローンinハリウッド・トラブ」「ラ・ワン」「きっと、うまくいく 」「エージェント・ヴィノッド」とどれも日本語DVDあります)、日本人でカリーナのファンというのはインドに在住してたことのある人くらいしか日本で見たことがありません。しかも、どちらかというと「ネタ要員」(笑)。Kareena Kapoorのフルモグラフィーも立派なもので、ベテラン女優さんなのですが 「インド人はカリーナが大好き」ですが、「日本人は別になんとも思ってない・・・」ってのが現実だと思います(^^;) こんだけ日本で紹介されててそれほど注目浴びてない女優も珍しい(笑) 美人の基準の違いはお国柄の違いということですねきっと(笑)そうそうインド映画好きにはご存じのことですが、日本でも上映されたインド・オブ・ザ・デッド(原題:Go Goa Gone)のボリス役のサイフ・アリ・カーンは、カリーナの旦那様です。あ、オレもカリーナをネタ要員につかってるわ(^^;)

 ですがインド人が大好きな女優ですから、その経歴も立派なので監督や脚本、スタッフがしっかり!揃う映画であることは間違いありません。そして相手役はこれまたデビューしてまだ4年ちょっとなそれでも名門の一族のArjun Kapoor(アルジュン・カプール)。先輩の名前の通った女優と一緒に若手がでることで、映画で若手の人気を育ててもらう・・・という流れがちゃんとインド映画にはありまして、これはそういう映画だと理解すると、楽しく見れるラブコメ・ドラマになっていると思います。役者がどちらもネームバリューがあるので、しっかりスタッフが揃っている映画・・・と理解して楽しんでもらえるといいかなぁ~と。映画自体は、見ごたえのある作品になってるのではないかと思われます。

 ちなみに、私はアルジュン・カプールについては、a0308487_2013860.jpgかなり推しています(踊りは下手ですw 芝居はそこそこいい表情できます、どちらかというと、困った奴だなぁ~もうちょっとがんばれよ~という母親的な視点で生温かく見守っているww・・・という視点です・笑)。ただし、最近は太り過ぎててアカン路線に入りかけているので(笑)、その昔、元!デブだったカリーナ・カプールと(笑)、やはりデブだったアルジュンがバッティングさせられたのは、アルジュンに向かって映画界が「痩せろよおまえら・・・」とイエローカード貰いかけてる警告なのかもしれません(笑) ハイヒールを履いて踊る一曲が紹介されていまして、彼の身長は結構タッパがあるので、どんなヒール特注したんだろう?とか、思ってたりします(笑)。あ、そっち向けの人用ヒールかしらねw
a0308487_19463265.png


日本は大手がしっかりしてほしい
by AkaneChiba | 2016-03-07 22:39 | 映画全般 | Comments(0)

印映感染記マニア編

 ここに至るまでに、300本ようやっと超えてインド映画を観てきましたが、00年代に入ってからのインド映画と、それ以前のインド映画ではひじょーーに大きな差があって、今もてはやされてる映画は00年代に入ってからの映画で、それ以前の映画は技術的にも手法も内容もB級扱いされることが多かったのは事実です。また世界的に評価が高くなったのは00年代半ばからで、いまそれが結実しています。(日本だけがその世界の波から5年遅れてると知るべきだと思います。) 昨年のPK、今年のBaahubaliBajrangi Bhaijaan などは、インド映画史上、驚異的な興行収入を更新中です。
 00年代入ってからのインド映画はB級を払拭!立派なA級かつ永久クラスの出来栄えが市場を席捲するようになりました。未だにハリウッド拝んでる日本はちょっと視野が狭いのも事実。米国市場もインド映画に相当前から資金や技術相当提携して事業を進めているのですが、そのことも知らない映画業界人がいるのなら彼らをプロとは言ってはいけないでしょう。実際、国際映画祭をあちこち周ってるだけで世界の映画を知った気になってる日本での映画方面の仕事する人が多すぎました。広告会社がぶりよつなタレント的評論家とかろくなのいませんし・・。広告メディア業界が日本はダメなのでどーしてもその枠を超えれてないのが現状です。

 ところがですねぇ!その00年代入ってからの作品でも、やはりそれ以前のインド映画の知識がないと、そこわからない~~っていうオマージュネタとか踏みまくってて音楽とかもそうで、そういうことに気がつくとどんどんと過去の作品を次々見ていくという「インド映画沼」に引きずり込まれる現象に・・・(^_^;)。その沼にはまった状態が、私の2013年から2年半のこの300本という形になってしまったわけで・・・orz

「インド映画感染記」と題して300本の映画の簡単な感想を、mixiの方で書いているのですがmixi外にはほとんど出していません。。(気兼ねせずに好きなこと書きたいのでクローズドなSNS向けでやってます)
 ここブログでは、メジャーで世間にわかってもらいたい作品のみとりあげていますので、実は上記に書いたようなB級と言われ続けた作品などは、焦点当ててないんですね。もちろん米国ハリウッドだってB級C級作品は山ほどあって、日本だって山ほどあって、インド映画だって山ほどあります(笑)  そういう話も時々こちらブログでも取り上げればと思います。というかそこに焦点当てないと説明解説出来ないスターとかもいまして、これが結構、メジャーな場面のブログの説明だと困る(^_^;) マニア編と称して、そういう映画などもたまにこちらで紹介したいと思います(^^)v 
 基準は、無理して買う価値は無いけれど(笑) でもそのスターが好きなら、まぁ暇があればみてみよか・・・レベルの頭に何も残らない(笑)そういう映画の話・・・というところでしょうか(笑)

---------------------

印映感染記マニア編 アッキー!x3 「Khiladi」シリーズ その1
印映感染記マニア編 アッキー!x3 「Khiladi」シリーズ その2
印映感染記マニア編 インド映画の検閲
印映感染記マニア編 I Love 脇役、悪役、カタキ役!
B級ってのはこれぞ!「Haatim Thai」
印映感染記マニア編「Keemat: They Are Back」1998
印映感染記マニア編「aiyyaa」 2011

by AkaneChiba | 2015-10-22 03:50 | 映画全般 | Comments(0)

インド映画感染記 忘備録 更新まとめ

 今までに見た映画のリストをここに、メモしておきます。
-------------------------
<更新記録>
-2017.2.14 南に手を出し爆進中w もうすぐ500?!
-2016.8.15 とうとう400タイトル達成。2016年はボリは不作な空気。映倫の規制が厳しいのか?2016年後半に期待。
-2016.3.29 やはり一か月に10本ちょっとくらいしか観れないもので時間つくるの大変です。ネットやメディアで見るのもお金かかりますし・・。2カ月で20本ちょっと。
-2016.2.29 それでも丸3年で350本越えってところでしょうか?
-2016.1.28 見始めて丸3年ってきっちりわりますと、2月末までなんですよね、ほんとは。
-2015.12.31 計344本。他の国の映画も見てるので今年は140~150本くらいですかね?
-2015.10.20 秋はIFFJなどインド映画が目白押しなので320本超えましたね。
-2015.5.28 現在で2年超えで、250本てところですね。ここまで見るの大変だった(><、)。
-2015.5.23 今年は前半それほどの作品がヒンディになくゆっくりペースで過去作品振り返ってます。2015は秋以降、超大作がテルグもヒンディも控えてます。
-2015.04.08 3月アホほど見まして名作の合間に特にアクシャイ・クマールの出世作Khiladiシリーズを網羅。腹抱えて笑いまくりましたww
-2015.01.06 一年弱で120本程。月10本ペースが私の時間の限界か
-2014.10.27 200本超えました。2014だけで100本超えました。

------------------
<『忘』備録  -観賞リスト>
インド映画感染記 忘備録5 2017年 更新中

インド映画感染記 忘備録4 2016年 112本

インド映画感染記 忘備録3 2015年 117本

インド映画感染記 忘備録2 2014年 128本

インド映画感染記 忘備録1 2013年 99本

-----------------------------------
<上記リスト内の記号について>
 exはインド映画(インド製作)以外の映画でわりとインド映画に関係ありそうなモノや、関係無いのも(笑)インド版でメディア手に入れてカットされてないのちゃんとみたとかの再観とかです。
 現代的な感性で観れる面白いのには★をつけます(古い名作も含む)。★☆をいくつもつけて評価するのはここではやめときます。インド映画のマニアックさを理解してみる面白さは☆をつけておきます(古い映画や手法なので現代の人がみると・・という視点で面白い)。exは何度も見てるわけですからもちろん文句なく!面白いということです。インド映画初心者には★辺りから名前の聞いたことのあるタイトルで選ぶといいのではないかと思います

過去ブログでの関連リンク
by AkaneChiba | 2015-10-20 17:54 | 映画全般 | Comments(0)

インド映画感染記 忘備録3 2015年

インド映画感染記 忘備録 更新まとめのリストURLはコチラ  

<2015年>
------12月中-----
344. Dil Dhadakne Do -2015 ★ アニールの父役がほんと安定感。いい映画でしたよ。特にプリヤンカにはこの映画で、美人なだけじゃなくいい女優だということを再度認識させられますよ。
343. Ghilli -2004 ☆これもOkkuduのリメイク、Vijay版 タミル。インド沼恐るべし・・・orz 
342. Okkudu -2003 ☆Tevarのオリジナル、テルグ。Mahesh主演のロマンスアクション
341. TEVAR -2015 アルジュンとソナクシ。アルジュンの単独アクションでどこまでやるかを練習させてるような作品ってとこだな。親父がプロデューサーだし。アルジュンはほんとにスタッフに周囲に育ててもらってる感じがするよ。映画の中身は別にないです、全編アクションです。
ex. GUNDAY Making of film -2014 Gundayでアルジュン再確認のために再見
340. Holiday -2014 ★アッキーのこれ!なんで去年のうちにみとかんかったんや、勿体ない・・・orz
339. Bajrangi Bhaijaan -2015 ★★ う~ん涙映画ですけど・・・あざといっ!_(^_^;)
ex. 2States -2014  再見。アルジュンの良さがちゃんと濃縮してる一本やね。
338. Hero Panti -2014  タイガー・シュロフ堂々のデビュー。プラカーシュラージ萌え映画?
337. Luck -2009 イムランどうでも、ヒロインのシュルティ・ハーサンがお見事でした!
------11月末まで----
336. I  -2015 ★Vikramさんの筋肉映画(笑) やっと見た。話よりMVシーンが気に入った。
335. Mr.BOND 1992  アッキーのラブコメスパイアクション?若いがど突っ込んでいいかww
ex.  FOUJITA 2015 レオナール藤田の映画。絵画を見てる人には映像美が美しい。
334. マルガリータで乾杯を 2014 インド映画でこの主題でやることに意味があるんだろうね。海外映画祭に出す気満々の映画だったわ(笑)
333. Aagadu 2014 マヘッチ映画。テルグだとこういうものだよなぁ・・。 
332. Jolly LLB 2012 ★★これは名作!シニカルなブラックな。そして音楽の歌詞がいい!!
ex.  Arundati 2009 これも妄想観賞ではなくちゃんと日本語観賞。
ex.   Racha 2012 見てないと思ってたけど、これ見てたわ(笑) 楽しいチャラン様映画
ex.  The Virgin People 2014 バーバヤガの3人の魔女って気がした
331. Ctiylights 2014  音楽が良いし2014に製作費少なくてもヒットした理由がわかります。
ex. Magadheera 2009 ★ 久々に妄想観賞ではなく日本語観賞。やっぱおもろいわぁ~
330. Dil Aashna Hai 1992  シャーの映画
329. English Babu Desi Mem 1996 ええ話やったのにクライマックスのコツボで全部持ってかれたww
328. Ishqzaade 2012 ★ これは思わぬ佳作良作でした! 
327. Raavanan 2010 ★ さすがヴィクラムさん!!
326. Raavan   2010 ★ アイシュはどっちも出てるのが見どころ?
ex. Khiladi シリーズ 再見(笑) ばかだーーーww(>▽<)ww
ex. エージェント・ヴィノッド  2013  日本語翻訳これ気に入らなかったです。
325. Shingham Retuarns  2014 Aata Majhi Satakili 覚えたでww
------10月末まで--------
324. PIKU -2015 ★ アミタブ、イルファン、ディピカの絶妙なテンポのやり取りのセリフ映画。
ex.   Baby -2015 ★ これIFFJで日本語で観れてうれしかったわぁ~。アクションスリラーGJ!
ex.   Bang Bang! -2014 ★★ 大画面リティックはイケメンが正義だと教えてくれる!(>▽<)
323. ヨイショ!君と走る日 Dum Laga Ke Haisha -2015 ☆ これはハートにくるラブコメ
322. Army -1996 シュリデヴィ主演の、ロニット・ロイさんの映画(イミフ)
ex.   銃弾の饗宴 ラムとリーラ -2013 ★★ 名作です!
321. 復讐の町 Badlapur -2015 ヴァルンくんの今後が楽しみです
320. 女戦士 Mardaani -2014 ラニー姐さんかっこいい!
319. 国道10号線 NH10 -2015 アヌシュカの演技力注目。ところで胸あんなに出かかったっけ?(笑)
ex.   Kingsman -2015 ★いやぁ~この監督アッパレ!悪役の胸に印映見慣れてる人にはあの文字が!w
318. Kurukshetra -2000 未だ私のサンジュー熱は醒めてません。
317. Tarazu  -1997
316. Kaash  -1987
ex.   Touring Talkies -2012 「移動映画館」★再見 IFFJプレイベントで、ほんとにこれは珠玉の出来映え!
------9月末まで--------
ex. Tashan  -2008 ☆ 再見。これは通好みの映画だわ・・・私は好きだこれww
315. Lai Bhari -2014 マラーティ語。神話なりがわからんと単なるヒーロー譚で終わっちまう・・・。
314. Bhool Bhulaiyaa -2007 ダンスの男性の方が素晴らしかった。豪華キャスト過ぎて崩壊してるけどね(笑)
ex.  チェイス ★ 日本語吹き替え版は、腐女子脳にこびりつくセリフの数々(笑)
313. Umaro Jaan 1981 ☆ レイカー万歳!!!
ex.  ミッションインポッシブル ゴースト・プロトコル(原題:Mission: Impossible – Ghost Protocol) 目的はもちろん!アニール兄貴!!ww ほんとにエロおやじだったww
ex.  ラ・ワン Netflixにて見てみる。 一応、みることでインド映画好きの客だよと思わせるために(笑)
ex. たとえ明日が来なくとも  再鑑賞 悔しい、やっぱちょっと泣くww
-------8月末----------
312. Lingaa 2014
311. Baasha 1995
310. Padayappa 1999 ☆ これ相手役の女性が素晴らしかった。
309. Arunachalam 1997 
ex. Dilwale Dulhania Le Jayenge 1995 ★「勇者は花嫁を奪う」2015みんぱく上映翻訳リニュ版
ex.   JEANS   English字幕バージョン
308. Hum Saath-Saath hain
307. Mr.&Mrs. iyer 2001 ★アパルナ・セン とその娘と、ラフルボース
-------7月末----------
306. Kandukondain Kandukondain 2000 ☆ あら、アイシュの秀作!
305. My Autograph 2006  す様俺の女遍歴・・・って映画か(笑)タミルのリメイク
304. Hum Aapke Hain Koun..! 1994  テンション高いマドゥリとサルマンの結婚映画
303. HUCHCHA 2001 ヴィクラムさんのSethu..のカンナダ、リメーク
302. KANCHIVARAM ★「カーンチワラム サリーを織る人」 2008 タミル映画 プラカーシュラージさん主演
-------6月末-----
301. Sethu 1999 ☆「神さまがくれた娘」のVikramが名挙げたタミル映画。撮影出来たロケ場所は必見。
300. Fandly 2014 ★マラーティー語映画。カースト話。人権差別問題を知った気になって社会派ぶってる方には大きなしっぺ返しが(笑)
299. Dum Maaro Dum 2011 あら、案外面白いわ。啓蒙映画っぽい?
298. KEMPE GOWDA 2011 Sudeep映画。萌え汁でまくる映画だww 
-------6月末-----
297. Chance Pe Dance  2010 この苦労を彼がしてきたかどうかの疑問が沸く(笑)気軽に楽しめる
296. SHAMITABH 2015 アミターブxダヌーシュ プロットの一本。プロの一本
295. Filmstaan (2012)2014★おお!名作じゃん!映画に印パの国境は無い。
294. Mirchi 2013 ★Prabhas君テルグの快作!さすがガンジーの国ww
293. Vaagai Sooda Vaa 2010 ★ タミル これは秀作、賞獲ったのもうなづける
292. Ragini MMS 2 2014 主演はサニー・レオネはPenthouse Pets 年間賞ももらってるアメリカのインド系のポルノ女優。
ex. Asoka 2001 ★ 以前もみたけどやっとDVDゲットできたので再観賞。
291. Hey Ram 2000 ★☆なんですかっ!この名映画はっ!(驚)芸術領域すぎ、カマルが何をインド映画でやりたかったのかじっくり唸ってしまう一本。
290. Band Baaja Baaraat 2010 ★これは良いラブドラマ。結構掘り出し物な良作。
289. Annath -2002
288. Humpty Sharma ki Dulhania -2014
287. ISHQIYA 2010 
-----5月末------
286. Parineeta -2005 ★ヴィディヤ・ヴァラン、サイフ・アリ・カーンの佳作!
285. Chali Mera Bhai -2000 サルマン&サンジェイのラブラブマサラ
284. Wanted -2009 翌年の Dabanggの原点
283. Uttama Villain -2015 ☆カマル・ハサンの新作 秀作!カタカリ舞踊と音楽が一級品!
282. Million Dollar Arm -2014 ★(印米共同製作 ディズニー 米映画)
281. Yaadien -2001 リティック 音楽モノ。意外にびみょうぉ~(笑)
280. Mother India -1957 ★インド映画の数々の伝説を生んだNargisの名作。
279. Speedy Shigh -2011 (Breakaway)
278. Suhaag 1994 アッキーおぱんつむんむん映画ww そこっ!
277. Vikramarkudu 2006  Ravi Teja主演 SSラジャマウリ監督の作品。
------4月末まで----
276. Roudy Rathore 2012 ☆Vikramarkuduのリメイク 監督はプラブディーヴァ
ex. 聖者の食卓 Himself He Cooks -2011(ベルギー)★ドキュメンタリー
275. LADIES and Ricky Bahl -2011 ランヴィール、アヌシュカのコンゲーム
274. BABY -2015 ★2015前半のアクシャイ珠玉のスリラー。 
273. Zinda -2006  Old Bayのリメイク、サンジェイ・ダット版。タブー話はさすがになかったw
272. Double Dhamaal -2011
271. Go Goa Gone 邦題「インド・オブ・ザ・デッド」 楽しかったぁ~♪(^^)v ★
270. Black Friday -2004 1993年ボンベイ連続テロを追ったドラマ
269. Gumrah -1993 シュリデヴィ+サンジェイ のメロドラマ 
ex. Dil Se..   ★別の盤でみました。映像はフィルム修正されてそこそこの映像。映画はいつみても最高!
ex. Laga Raho Munna Bhai  ★ ブログ記事用に再観賞。
ex. Munna Bhai MBBS ★
------3月末--------
268. Haider -2014 ★ シャヒドのハムレット
267. Chatur Singh Two Star -2011 サンジェイのナンセンスコメディ
ex. pk -2014 ★3つくらいつけるよ。何度観てもこれはお見事!!
266. Dostana -2008 ジョンとアビーとプリヤンカ
265. Khiladi786 -2012 Khiladiシリーズ完観賞!!アッキーお腹いっぱいww
264. 8 X 10 Tasveer -2009 ★一流サスペンススリラー。スリラーでもインド流が快感
263. Khiladi420 -2000 420は420条詐欺に関する法のこと。
262. Sabse Bada Khiladi  -1995 ☆腹よじれるツッコミどころ満載火サス(笑)
261. Khiladiyon Ka Khiladi -1996 ☆噂になってたレイカーとエロさ爆発ww
260. Garam Masala  -2005 Diwari映画なので最初から最後までドタバタ
259. Dhadkan  -2000 ☆ スニール、シェルパ、アッキーの三角関係
258. Zulmi -1999 これも嫁と共演
257. International Khiladi  -1999 アッキー嫁と共演
256. Mr. & Mrs.Khiladi -1997 ジュヒーとアッキーのコメディ
255. Main Khiladi Tu Anari -1994
254. Tees Maar Khan -2010 ファラー監督のアッキー&カリーナ 
253. Tashan -2008 ☆これは隠れたスタイリッシュアクションの逸品!
252. Aashique 2 (-2013) メロドラマっすな。音楽いい。
251. Finding Fanny 2014 ★大阪アジアン映画祭にて。話もツイストして車もツイストすると大変なことにww!
250. DESI BOYZ アッキーとジョンのマジックマイク(笑)
249. Youglaar またこれ古い、フェローズ・カーン監督のムケッシュカンナー、サンジュー他盛りだくさんスター映画
248. Leader テルグ映画  Youngistaan のオリジナル
247. Ilaaka 1989 サンジュとミトゥンの映画、ミトゥンが若いっ!!

------2月末まで--------
246. Sarphira 1992
245. Jeeva 1986
244. KNOCK OUT 2010 イルファン主演で「フォーン・ブース」(2002)リメイク 
ex. Happy New Year  -2014 ★DVDで再観賞。SRKには珍しく社会色ない映画でしたねw
243. Maqbool 2003 ★ シェークスピアのマクベスの翻案 ずらりと並んだ俳優陣が渋いっ!
242. Guzaarish 2010 ★ 名作!!日本でも絶対に買えってば!!!
241. OMG ~Oh My God~ -2012 ★三つくらつけたい!これムチャクチャ気にいった!  

------1月中--------
240. 「ミルカ」 Bhaag Milkha Bhaag -2013 ★ 日本語版、インド版両方観賞
ex. マリーゴールドホテルで会いましょう  インドの街並みを観たい方にオススメ
ex. Knight & Day Bang Bang!のオリジナルのトムクルーズを観賞
239. KILL/DILL -2014 ☆チン様がおばかで可愛い映画。Ali Zafer君イケメン(笑)
238. Rock Star -2011 ★ 音楽いいなと思ったらラフマン、納得。
237. Kites -2010 ★ 北米TOP10にはいった名作。リティックの魅力満載
236. KICK -2014 サルマン流。ポーランドロケが話題
235. pk -2014 ★☆ インドの興行収入遥かに塗り替えた。名作!!日本で上映する器量あるか?
234. Bang Bang -2014 ★ リティックかっちょえー!カトちゃんかわぇぇ映画w
233. Happy New Year -2014 ★楽しい~~シャー様豪華スターのDewali 映画
232. Amar Akbar Anthony -1977 ☆ヴィノッド+リシー+アミターブの娯楽名作。イイ時代です
231. Jaan-E-Mann ★ -2006  これ埋もれたラブコメの良作!
230. Mujhse Shaadi Karogi  -2004 
229. Shaan -1980 ☆ シャシーカプールとアミターブ・バッチャン 脇もアクションも豪華!
228. QUEEN  -2014 ★
-----------------

  @@忘備録2 2014年はこちら
by AkaneChiba | 2015-05-28 16:24 | 映画全般 | Comments(0)

インド映画感染記 忘備録2 2014年

インド映画感染記 忘備録 更新まとめのリストURLはコチラ  


<2014年>
------11-12月末まで---------
227. Ek Villain -2014 ★ やっと日本語字幕有で観ました。音楽いい。 
226. 2States -2014 ★2014年のインドでも誰も予想してなかった一番意外なロングランヒットに繋がった佳作
225. apna asmaar イルファン・カーン出演。障害を抱える子供の話
224. Youngistaan -2013  昨年、京都のエキストラに行ったので友人も私もどこかに映ってますw やっとDVDをゲットしましたのでじっくり観賞。生ボリスター様を目の前2メートルのところで見たのは良い思い出(笑)
223. Luck by Chance -2009 
222. チェイス(Dhoom:3) ★-2013 アーミル日本に来てくれてありがとう!
221. Keemat -1998 サイフ若いとムチャクチャ顔、綺麗(笑)お馬鹿映画
  ex. Dilwale Dulhania Le Jayenge  1000週記念に再観賞
  ex. グレース・オブ・モナコ ウダイの名前とキッドマン見るためだけに(笑)
  ex. チェンナイ・エクスプレス ~愛と勇気のヒーロー参上~ 日本語訳はオリジナルとは別物 
  ex.  クリッシュ(Krrish3) 日本語版。年末はお家マサラ観賞。おかしかったぁ~ww
220. aisha
219. I AM
------------9-10月末まで↓--------------------
ex. Barfi! さらに1回劇場で。計5回劇場で。
218. Patiala House  -2011
217. Zindagi Na Milegi Dobara  -2011 ★ ロードムービーな青春群像の名作
216. KHILADI 
215. JAAGRUTI 
214. Son of Sardaar -2012 日本でもやった「あなたがいてこそ」のヒンディリメイク
213. マドラス・カフェ Madras Cafe 2013 ★スリランカ内戦に関わるスリラー
212. ”ロメオ”ラージクマール R...Rajkumar 2013 ★ 
211. 略奪者 Lootera 2013 ★
210. Raanjhana 2013 ★この映画に出会えて私は幸せです。ダヌーシュに完敗w(^^;)w
209. pied piper 2013 ★これはイイ映画。単館ミニシアターでじっくりみたい
208. DON 1978 ☆アミタブ・ジーのDON
207. Yeh Jawaani Hai Deewani 「若さの向こうみず」2013 ★
206. Ramaiya Vastavaiya 「ラームが村にやってくる」 2013 ★
205. Yaariyan  2014 みてもた・・・なんやこれ?
204. Yaariyan 2008 https://www.youtube.com/watch?v=tU-cNjnfCCY
203. No Plobrem  2010 ☆これはギャグ的にツボったorz 親父ーズ世代のファンの為の一本
202. Department -2013 
201. Special26 -2013 ★ この監督が2015に「Baby」をします
200. Mughal-E-Azam ★インド映画史が誇る大河ロマンスペクタクル 
199. BOSS -2014 
198. BODYGUARD -2011
  ex. Ra One 英語版再観賞
  ex. KARAN ARJUN DVDゲットしたので再観賞
197. Tere meri kahaami
196. Daag:The Fire
195. Paath Shaala
194. Sadak (1991)
193. Rudraksh  2004
192. Tathastu  2006 この辺はリメイクものやな。
191. Plan 2004
190. DUS 2007
189. Sarhad Paar : The New Dawn 2007 秀作 
188. Zila Ghazibad 2013 ☆この辺、ずっと一人Sanjay祭中でそればっかw
187. POLICEGIRI 2013
186. Zanjeer 2013
185. Jai ho 2013
184. 7 Khoon Maaf 2011 ★
183. EMI: Liya Hai To Chukana Padega  2008
  ex. Mission Kashimir るんばば るばぁ~ るる ばば るばぁ~♪
  ex. Agneepath  やっぱこれは何度見ても腰抜かすわ(^^;)
  ex. INFERNAL AFFAIRS 久々に引っ張り出して来た。
------------7~8月末まで↓--------------------
  ex. BARFI ! 4回も劇場で観賞しました
  ex. MAHAANTA
182. めぐり逢わせのお弁当 The LunchBox 2013 ★
181. Barfi! 2012 ★
180. Dhoondte Reh Jaoge 2009
179. Grand Masti  馬鹿だーーー(笑)www 
178. Shootout at Lokhandwala ★
  ex. JUNG 話はパクリだが、とにかくカーチェイスのところがカッコよすぎるサンジュー。
177. Highway 2013 ★ 良佳作でしたね!
  ex.  バードシャー テルグの皇帝 実は昨年ネットで1回、大阪アジアン映画祭で1回、今回1回
176. あなたがいてこそ Maryada Rammanna 2009 ★ これ、4回映画館に、1回家で
  ex.  ダバング 大胆不敵 2010 まぁ何回もみました。★
175. マダム・イン・ニューヨーク Engilish Vinglish ★
174. Dhoom2 ★ リティック堪能~
173. Dhoom ★
172. Krrish3 ★ 笑ってくださいww
171. Ram-Leela -2013 ★ さすがYRFんとこ・・・・・・天晴れw(^^;)w
  ex.  Ek Villain -2014 ★ 字幕なしで観たので番外扱いに。 
170. Humshakals  http://www.imdb.com/title/tt3036740/
169. All The Best  -2009  映像の色は綺麗だったな。
168. Sholay  -1987 ☆ 機関車シーンはお見事
167. Mr.India  ☆
166. Bombay to Nagoya
  ex. DEWANA 再観賞 DVD手に入れて
------------5~6月末まで↓--------------------
  ex. Sahibaan 再観賞
  ex. THANEDAAR 再観賞
165. GUNDAY 2014 ★
164. Vishnuvardhana 2011 ☆
163. Jeans 1998
162. 1947 ★
  ex. DAUD  再観賞
  ex. Dabangg  日本語字幕で大画面で観賞
  ex. Student of the Year マサラで再観賞何回?(笑)
161. Fire
160. Water ★
159. レッドマウンテン
  ex.  My name is KHAN  大画面再観賞。やっぱ大画面で見る意味あるわぁ~(^^;)
  ex.  家族の四季 再観賞
158. NEHLLE pe DEHLLA 2007公開 ☆
157. モンスーン・ウェディング 2001 Monsoon Wedding ★
156. ミモラ 心のままに 1999 Hum de Chuke Sanam ★
155. LAGAAN 2001 ★
  ex.  アナと雪の女王 (日本語吹き替え)
  ex.  舟を編む
-------------3月~4月末まで--------------------
  ex.  Paheli   再観賞
154. MUNNA BHAI M.B.B.S 2003 ★
153. Chalo Dilli (邦題:デリーに行こう) 2011 ★
152. Saajan 1991 ★
151. Mahaanta 1997 マドゥーリとサンジャイの最後の共演
150. Lamhaa  2010  http://en.wikipedia.org/wiki/Lamhaa
149. Dandupalya 2012
148. Kambakkht Ishq (邦題:スタローン in ハリウッド・トラブル)2009 ★
147. Hindstani (邦題;インドの仕置き人)1996 ☆ http://en.wikipedia.org/wiki/Indian_%281996_film%29
146. Khoobsurat http://en.wikipedia.org/wiki/Khoobsurat_%281999_film%29
145. Chandni Chowk to CHINA 2009 ★ http://en.wikipedia.org/wiki/Chandni_Chowk_to_China
144. HUM KiSiSE KUM NaHin 2002 ☆http://en.wikipedia.org/wiki/Hum_Kisise_Kum_Nahin_
143. MISSION KASHIMIR 2000 (邦題:アルターフ 復讐の名のもとに) ★
142. Agent Vinod 2012 (邦題:エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ) ★
141. Mallanna 2009 Tamil版 Kanthaswamy ★http://en.wikipedia.org/wiki/Kanthaswamy
140. Namak  1996
139. Naam 1986
138. Blue 2009  『Into The Blue』2005 のリメイクです
137.  Sutudent of the year 2012 早速見た。★
 ex. Youngistaan 2014 
136.  Taxi No 9211 http://www.imdb.com/title/tt0476884/
135. Musafir (2004 film)
134. Kaadhal Kondein 2003  http://en.wikipedia.org/wiki/Kaadhal_Kondein
133. Mera Haque  1986  サンジュー祭、続行中(笑)
132. Amaanat 1994 サンジュー&アクシャイ ☆
131. Naam O Nishan  1987 http://www.imdb.com/title/tt0361941/ 
    http://www.youtube.com/watch?v=V3F9Ov30jb4
130. Aladin 2009 ★アミタブ・ジーとサンジャイ・ババでの リテイシュ映画
129. Sahebzaade 1992 http://en.wikipedia.org/wiki/Sahebzaade
128. Rocky 1981 Sanjay デビュー作 http://en.wikipedia.org/wiki/Rocky_%281981_film%29
127. Shabd 2005 ★http://en.wikipedia.org/wiki/Shabd_%28film%29
    http://ia.rediff.com/movies/2005/feb/01leena.htm
126. Shorts 2012 http://www.youtube.com/watch?v=3-ALmZhYeg8
    http://en.wikipedia.org/wiki/Shorts%28Bollywood_film%29
125. Thanedaar  1990 http://en.wikipedia.org/wiki/Thanedaar
124.  Do Matwale 1991 http://en.wikipedia.org/wiki/Do_Matwale
  ex.  Sanjay Dutt DHAMAKA 映画ではありません サンジューのSongクリップ集
123.  Insaaf Apne Lahoo Se 1994  http://www.imdb.com/title/tt0349618/
    YouTube https://www.youtube.com/watch?v=F0zi09drPwc
122. Anthony Kaun Hai 2006 YouTube http://www.youtube.com/watch?v=X4CRITAnguk
121. Hum Tumhare Hain Sanam 2002 ☆ちょっとカーンさんたちに戻った(笑)
120. Kanoon Apna Apna 1989 ☆http://en.wikipedia.org/wiki/Kanoon_Apna_Apna
119. Vaastav  1999 ☆http://en.wikipedia.org/wiki/Vaastav:_The_Reality 
118. Daud 1997 ☆http://en.wikipedia.org/wiki/Daud_%28film%29
118’. 50/50  上のDaudのテルグ題が このタイトルだそうで。両方みたので敢えて「’」で
117. Garv 2004 http://en.wikipedia.org/wiki/Garv これは、サルちゃんの一本。
116. Hathyar 2002
115. Khal Nayak 1993 ★ http://en.wikipedia.org/wiki/Khalnayak
114. JUNG   2000 ☆このサンジャイかなりかっちょよいっすよ。悪い役ですが。
113. Safari 1999 ジュヒーとサンジャイ クロコダイル・ダンディのサンジャイ版
112. Aatish: Feel the Fire (1994) ☆http://en.wikipedia.org/wiki/Aatish:_Feel_the_Fire
111. Kartoos  (1999) Nikita(邦題:ニキータ)のインド版サンジャイ・ダット
110. 「神さまがくれた娘」 http://www.u-picc.com/kamisama/ お勧めですよ! ★原題; Deiva Thirumagal http://www.imdb.com/title/tt1857670/
  ex.  American Desi (2001) ☆アメリカのインド若者をテーマにつくられた米国映画
------------1~2月末まで↓--------------------
  ex. Time Bandett 1983 古いビデオひっぱりだし 
109.Parzania (2005) 印・米合作  http://en.wikipedia.org/wiki/Parzania
  ex. Precious 2009
108. Chamatkar 1992 ☆ http://en.wikipedia.org/wiki/Chamatkar
107. Hum 1991 ☆アミタブジー、ラジニ、ゴヴィンダと超豪華な80年代名残の一本
106. Bombay to Bangkok  2008 ☆http://www.imdb.com/title/tt1159917/
105. Trimurti 1995 ☆http://en.wikipedia.org/wiki/Trimurti_%28film%29
104. Anjaam 1994 ☆http://en.wikipedia.org/wiki/Anjaam
103. Maya Mesaab 1992  
102. Yes Boss ☆1997
101. Bombay Talkies 2013 ★インド映画百周年記念に向けてつくられたオムニバス
100. The Dirty Picture 2011 ★

----------------

 @@忘備録1 2013年はこちら 
by AkaneChiba | 2015-05-27 16:28 | 映画全般 | Comments(0)

インド映画感染記 忘備録1 2013年

インド映画感染記 忘備録 更新まとめのリストURLはコチラ  


<2013年>
-----------12月末まで--------- 
99. Chandramukhi 2005 ★http://en.wikipedia.org/wiki/Chandramukhi
98. Sivaji2007 http://www.imdb.com/title/tt0479751/ http://www.masala-movie.com/sivaji/
97. Muthu 1995 ★再度15年の時を18年の時間を越えてスクリーンで。
96. Netaji Subhas Chandra Bose: The Forgotten Hero 2005 http://www.imdb.com/title/tt0349878/
95. Ram Jaane 1995 ★http://www.youtube.com/watch?v=8rJBiBpolKM
94. Puthiya Theerpu 1985
93. Singh vs Kaur 2013 http://www.imdb.com/title/tt2714664/
92. Guddu 1995 http://www.imdb.com/title/tt0172519/
91. Dushman Duniya Ka 1996 http://www.imdb.com/title/tt0116153/ http://www.youtube.com/watch?v=5LC_46b9tpE&feature=share
90. Rang De Basanti  2006 ★http://www.imdb.com/title/tt0405508/
89. JOSH 2000 ☆http://www.imdb.com/title/tt0151150/
---------10~11月末まで--------------
88. FAUJI 1988 SRK出演 TVドラマ 全13話
87. Force 2012 ★ジョン・エイブラハムのアクション
86. Makhi -Eega- 2012 ★ 日本題「マッキー」 
85. Chennai Express 2013 ★
84. Magadheera  2009 ★http://www.nthwall.com/te/movie/Magadheera-2009/8291803849
83. フェラーリの運ぶ夢 2012 Ferrari ki Sawari ★http://www.imdb.com/title/tt2122340/
82. テーブル21番  2013 Table No.21 ★http://www.imdb.com/title/tt2229842/
81. ワダラの抗争 2013  Shootout of Wadala ★
80. HouseFull2   2012 http://www.imdb.com/title/tt1980986/
79. 魔女伝説 -Ek Thi Dayan-
78. 移動映画館 2013 - 原題 Touring Talkies ★
77. Aag 1948 http://en.wikipedia.org/wiki/Aag_%281948_film%29
76. Billu 2009 ★
75. Chalte Chalte ★
74. Chaahat 1996 ★
73. Shadow 2013 http://en.wikipedia.org/wiki/Shadow_%282013_film%29
72. Straight 2009 ★Vinay Pathak 主演
71. Bheja Fry 2  2011 ★ http://www.imdb.com/title/tt1939654/
70. KOYLA 1997 ★
--------9月末まで Devdas凄すぎてしばらく他の映画観れなくなった----- 
69. Krrish 2006 ★http://www.imdb.com/title/tt0432637/
68. Baadshah 2013 ★ NTR Jr. の今年?早いっww
67. Devdas 2002 ★
66. Shakti - the power - 2002 ★ 
65. Khamosh Pani 2003 ★ 英題: Silent Waters 仏独印パ共同製作。http://www.imdb.com/title/tt0357283/
64. Koi... Mil Gaya 2003 ☆英題:I... Found Someone
63. Delhi Belly 2011 ★
---------8月末まで ちょっとマサラ上映で時間無かった-------------
62. Kahaani 2012 ★http://www.imdb.com/title/tt1821480/
  ex. La Tulipe noire 1964 (邦題:黒いチューリップ)
  ex. zorro 1975 (邦題:アランドロンのゾロ)
  ex. WHO AM I? (1998 原題: 我是誰) ★
61. Border 1997 ☆
60. スタンリーのお弁当箱 2011 ★公式サイト http://stanley-cinema.com/
59. Paredes 1997 ☆http://www.imdb.com/title/tt0119861/
---------7月末まで↓ ここがシャレになってない数やな ---------
58. Lage Raho Munna Bhai 2006 ★http://www.imdb.com/title/tt0456144/
57. Shree 420  1955★ http://www.imdb.com/title/tt0048613/?ref_=fn_al_tt_2
56. 火の道 2012★ Agneepath  公式サイト http://agneepaththefilm.com/
55. RACHA 2012  http://en.wikipedia.org/wiki/Racha_%28film%29
54. Baazigar 1993 ☆http://www.imdb.com/title/tt0106333/
53. Prince 2011 ★http://www.imdb.com/title/tt1455816/?ref_=fn_al_tt_9 
  ex. Life of Pi 2012 http://www.lifeofpimovie.com/
52. Rock On (2008)★ http://www.imdb.com/title/tt1230165/
51. Phir Bhi Dil Hai Hindustani 2000 ★
50. Kabhi Haan Kabhi Naa 1993 ★http://www.imdb.com/title/tt0110222/
49. Fool N Final 2007 http://en.wikipedia.org/wiki/Fool_N_Final
  ex. 華麗なるギャッツビー Great Gastby 2013 アミタブ見るためだけに3Dにて(笑)
47. DAVID 2013 ★タミル映画
46. Karz  1990 ★リシー・カプールの。
45. DOR 2006 ★シュレーヤス・タルパデ出てますね
------------6月末まで↓--------------------
44. Peepli [Live] 2010 ★
43. Tere Bin Laden 2010 ★こんなんまでつくっとるんやっ!(笑)
42. Kaal 2005 (←C級底辺映画。さすがいろんな映画作られてるw)
41. Gajini ★http://en.wikipedia.org/wiki/Ghajini_%282008_film%29
40. Swades 2004 ★ http://www.swades.com/index1024.html
39. Arundhati 2009 ☆http://www.imdb.com/title/tt1361809/
38. Dabangg 2010 ★http://www.imdb.com/title/tt1620719/
37. Jodhaa Akbar 2008 ★ インドの威信をかけた超大作 リティック&アイシュ
36. Rab Ne Bana Di Jodi 2008 ★ダンスでつなぐ夫婦の切ないラブストーリー
35. Chak de!India 2007 ★女子ホッケー監督のシャールク
  ex. Inside Man 2007 ★スパイク・リー監督NY映画 OPにDil Seの「Chaiyaa Chaiyaa」が使われてる。
34. Veer-Zaara 2004 ★
33. Mohabbatein 2000 ☆
32. Karan Arjun 1995 ☆
-------------5月末まで↓---------------------
31. Dil To Pagal Hai 1997 ☆
  ex. Phantom of the PARADISE
  ex. Love Actually
30. Ashok 2006 ☆
29. Darr 1993 ★
28. 3idiots 2009 ★邦題:きっと、うまくいく
27. Pather Panchali 1955  ★邦題:大地の歌
26. Salaam Bombay! 1998 ★
25. Sikandar 2009 ★
24. Paheli 2005 ★IMDb
23. Deewana 1992☆
22. Bombay ボンベイ 1995 ★
21. Raju Ban Gaya Gentleman ラジュー出世する(1992)★
20. Jab Tak Hai Jaan 命ある限り 2012★
19. DON2 闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 2011★
18. Ek Tha Tiger タイガー 伝説のスパイ 2012★
17. Kabhi Alvida Naa Kehna さよならは言わないで 2006★
16. Kuch Kuch Hota Hai なにかが起きている 1998★
-------------3月~4月末まで--------------------
15. ディル・セ 心から Dil Se…(1998)★
14. インド国産アニメ映画 『Hanuman』 (2005年・ヒンディー語)
13. ONE 2 KA 4 2001★
12. Baadshah(2001)☆
11. DUPLICATE ☆
10. Asoka 「アショカ大王」2001 ★
9.  Main Hoon Na 2004 ★
8.  My Name is KHAN「マイ・ネーム・イズ・ハーン」(2010)★
7.  Kabhi Khushi Kabhi Gham「家族の四季 愛すれど遠く離れて」(2001)★
6.  ROBOT 「ロボット」 2010 ★
5.  KAL HO NAA HO 「たとえ明日が来なくても」 (2003) ★
4.  DON 2006 ★
3.  Dilwale Dulhaniya Le Jayenge 「シャー・ルク・カーンのDDLJラブゲット作戦」 (1995)★
2.  RA・One 「ラ・ワン」 (2011)★
1.  Om Shanti Om 「恋する輪廻」(2007) ここがインド映画熱の出発点!!★
-----------
0. Mr. India (1987) ☆http://www.youtube.com/watch?v=ZRNR7y-Mo60
00. ムトゥ踊るマハラジャ(ここで時間止まってたよ、15年ww)★
--------------//
by AkaneChiba | 2015-05-26 16:30 | 映画全般 | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

6月 7月 インド映画 日本..
at 2017-05-15 00:30
雑記 再掲SI〇〇Jについて..
at 2017-05-12 00:55
5月 インド映画日本上映 2..
at 2017-04-23 02:27
違いのわかるムービー:初心者..
at 2017-04-14 02:42
『バーフバリ 伝説誕生』(=..
at 2017-04-12 00:49

検索

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52
> ふんさん コメント..
by AkaneChiba at 13:10
あなたが誤解を招く文章書..
by ふん at 12:10
> 高田世界館スタッフ・..
by AkaneChiba at 00:14
akane様 初め..
by 高田世界館スタッフ・西山 at 16:53
「熱い解説を!」さん(で..
by AkaneChiba at 19:33

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ