遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

IFFJ 2017 映画紹介 その1

 今年もどうか上映素材と翻訳だけはしっかりしたものを出してください。日本の業界を呆れさせないレベルのものをお願いしたいのですが…。皆さんには、上映素材や翻訳が不幸になってないことを祈っておりますんで、楽しんでください。
-------------
<IFFJ 2017>

IFFJ 2017 →公式サイト  Facebook  Twitter チラシPDF
タイムテーブル→スケジュール
期間:東京 10月6日(金)~10月27日(金)
   大阪 10月7日(土)~10月27日(金)
場所:東京 ヒューマントラストシネマ渋谷
   大阪 シネリーブル梅田
詳細は、IFFJ公式サイト、他チケット購入は「ぴあ」等でも取り扱いしております


<ラインナップ> …順不同
スターのラインナップから紹介してみましょうか。  

◆まずはサルマン・カーン 
Sultan
 YRF公式 Wikipedia IMDb Trailer

//----
 2016年のサルマンは、これ一本でしたっけ?オリンピックイヤーでもあったので、またその五輪では、インドで女性レスラーがメダルをもたらしもしまして、その予想もできてたこともあったんでしょうね。インドは女性選手がレスリングやバトミントンでメダル頂いてましたね。この2016年はスポーツや選手にまつわる映画が、かなり作られた年となりまして(同年年末にはアーミルのDangalで、サルマン映画とほぼ半年違いでネタ被ってしまってます ^^;)、そういうネタ被りはまとめて起きるボリウッド界(^^;) その一本がサルマン扮する落ちぶれたレスラーのレスリング役という、年齢に応じた役どころで、その彼の肉体を見せてくれていますね。歌うシーンなんかもちょっとご褒美(^^♪
 相手役は、アヌシュカ・シャルマ。美人では無いタイプですが、女優としては芝居も歌も出来るので(というか本人のモチベーション意識が、他の2世3世ボリ女優に比べて高い)、もうちょっとそこにインドの人が気づいて、ファン増えてほしいんですけどね。そういや、この映画の宣伝でサルマンが結構不謹慎な喩え話をしたので、女性団体からヒステリックに文句言われた映画となってましたね(笑)。
 この映画も、公開当初、日本でもインド人コミュニティ上映会で上映されましたので、見られた方も多いと思います。サルマンらしぃ~映画となってます。また、監督はサルマンを大好きで監督を目指した方で、Yrfはそういう監督も育てておりまして、あのGundayは彼の作品です。(Yrfから傑出した監督の一人は、シャールクのFANを、そしてもう一人がこのサルマンの「Sultan」を監督した年となりました。監督の後押しも、サルマンやシャールクは、yrfを通じて行ってるというわけです。) 今年2017年には、あの大ヒット映画タイガーの2である「Tiger Zinda hai」が彼Ali Abbas Zafar監督の手によって監督されることとなっています。いうまでもなく、年末の目玉映画となって興行成績も初日3日で、多くの人が見に行くだろうことは容易に想像がつくので楽しみですね(^^)
------//


That What is All About 
 
: The Journey of Prem Ratan Dhan Payo
 (2016) IMDb  
//--
 2015年のサルマン・カーンの「Prem Patam Dhan Payo」ヒット作のメーキング映像。驚いたのはこういう映像でもIMDbにデータあるんですね(笑)。このドキュメンタリー映像は、サルマンの映画、しかも典型的なインド映画のメソッドを紹介しているところにありますね。この映画の監督さんが、サルマンの若いころの代表作でもあるいわばインドの伝統的な結婚映画の大ヒット作を出した方で、Prem~でも、その古き良き時代の香りの融合した豪華な一本になってましたね。この年は「Bajirangi Bhaijaan」という大ヒットを出したサルマンでしたが、この丁寧な造りの古き良き香りのする「Prem~」という映画は、若い世代の作り手にも向けたこの監督流の「教科書」となる映画なのかもしれませんね。その映画のメーキングという珍しい上映は面白いかもしれませんね。
---//


◆中堅スターも頑張ってます
Udta Punjab Wikipedia IMDb Trailer

//--
 2016年は年明け早々あるエロバカ映画が公開されたのですが、かなり当局映倫を任すべく頑張ったボリウッドなのですが、カットされまくってまして、男性の下品なジョークは映倫通るのですが、なかなか女性の直接的なセクシーな姿は映像にならないインド。しかもこの年は決してそういう「性的な表現」だけではなく「麻薬」などの表現も厳しく、この映画は、女性の性的被害と麻薬がセットになってたため、映倫の一番の「的」になってしまった映画がこの「Udta Panjab」でした。
 話が麻薬・セックス犯罪を話の根幹にしてる(でも痛烈なコメディでもあります)ので、当局が相当神経を使ってしまいカットされまくることになり、公開までに製作側と検閲当局とで相当の交渉を重ねて、ようやっと公開に漕ぎつけれたという背景を持ってます。
 また麻薬で沈められ性搾取される若い女性の役をアーリア・バットが渾身のお芝居でやっており(そういう役柄の芝居を嫁入り前のアイドルなスター女性がするというだけで大騒ぎするタイプの国でもある(^^;)、その辺りが余計当局に引っかかったのだと思います。女性の性に関する問題は深刻な社会問題なのですが、そういうのを映画で表現するのがとても難しいインドの映画界でして、一方的だったり暴力的な描写に関してはかなり規制を引いています。インドの若手スターがそこに挑むだけでも大騒ぎすることを懸念しただろう当局がいろいろ横やりを入れたようです。でも若手スターなんで別に脱ぐようなシーンもありませんけどね。インド基準は厳しいということです。
 この映画は、Netflixでも見れるので、大画面で見るもよし、ネットで見るもよし、楽しんでみてはいかがでしょうか。 主人公はシャーヒドですが、シャーヒドはこれっくらいぶっ飛んでる役作りの方がワタシャ似合うと思います(^^;) 優等生じゃないほうがいいw
---//


Happy Bhag Jayegi IMDb Wikipedia Trailer

//----
 結婚めぐる狂騒曲。主人公は結婚が嫌で逃げ出してしまうのですが、その逃げるときに間違えたことで、なんと!‥‥(笑)。Diana Pentyがヒロインでなかなか美人で楽しいです。アブハイ・デオルがいい味だしてるので、しっかりいいコメディになっています。ベテラン脚本家、ベテラン監督、ベテラン俳優陣ががっつりそろっての楽しい一本。これは映画館でみる価値ありですよん(^^)v
 というか、私が今回発表されてるラインナップの中で既に見ているものの中では、これが一番安心してみれたタイプの映画かもしれません、ハートドラマな結婚騒動コメディで、周囲の俳優が安定したキャラで見せてくれてることもあって、結構私は、この映画はいち推しさせていただきます(^^)b
----//

 
Ae Dil Hai Mushkil Wikipedia IMDb Trailer

//--
 これも既に日本では、某上映団体が封切りすぐに日本に持ってきていますので、インド映画ファンでみた方も多いと思います。出てるメンバーは豪華なので、興行成績はひじょーーに上げましたが、果たしてあなたはランビール・カプールはラブロマンス映画の対象として見れますか?(-_-;)。私はこの映画、正直面白くなかったです(^^;)。ランヴィール・シンには萌えても、青髭ランビール・カプールには萌えません(^^;)
 まぁアイシュが相変わらず美しいということと、アイシュの夫役に「あっ!」ってサプライズがあるというだけで、お客がお足を運びましたかね(笑)。ラブロマンスと音楽バラードが気になる方には、是非、映画館にどうぞ(^^)/ 
---//


◆若手頑張ってます
Dishoom Wikipedia IMDb Trailer

//---
 ヴァルンとジョンの刑事アクションドラマ。ヒロインはジャクリーン・フェルナンデス。犬っころのような新人刑事のヴァルンと、ベテラン刑事のジョンとのコメディ・アクションを、頭使うことなく!楽しんでください。こういうのは単純に面白くっていいですね(笑) 
 これは大画面でなんの気兼ねも無く、アクションもダンスも思いっきり軽快で、そしてこの二人なので当然!上半身は脱ぎます!w ので、筋肉に萌えるもよし、腐に萌えるもよし、勢い全開のジャクリーンを見るもよし、楽しく過ごせる2時間ですよ(^^)。これはどうせなら大画面で見たいかなぁ~w
----//


Badrinath Ki Dulhania Wikipedia IMDb Trailer

//---
 この監督の前作はアーリアとヴァルンで、二人ともまだ新人をカップリングさせて二人とも2~3作目で、新人監督で…という映画でした。その後ヴァルンもアーリアもぐんと成長し、その成長した二人でこの監督もリベンジしなおし焼き直した一本というところでしょうか。こういうのが、シリーズ化するんですかね?
 これは英語字幕で封切り直後に日本で上映されてるので、私は見てます。英語字幕で見たので、セリフがなかなかイイ映画だったのですが、英語ゆえに細部がよくわからなかったかな。日本語字幕で見れるなら楽しいと思います。アーリアとヴァルンのカップリングは私は似合わないと思ってますが、インドは似合ってると思ってますよね。でもヴァルンは自分より背の高い女優相手に十分ケミストリーだせる演技力持ってるので、インド人的大衆価値観で彼を見てあげないでくださいね。アーリアにはこの映画は似合ってましたが、ヴァルンは既に次の段階のレベルの俳優に昇ってることを、この映画を見てて思いましたので、早くヴァルンに「イイ脚本」の素晴らしい映画で独り立ちできる日を望んでいます。インド人固定観念強いから、それに囚われない作品にバンバン出てほしいですね。
 ヴァルンはばどらぷーるが良かったよなぁ~。既に彼はあの域になってる俳優ですよ。アーリアは若手の中でもうまいけど背伸びしてるうまさ。自然とその域に達して先を歩いてるヴァルンが、アーリアの個性に合わせるのに、ちょっと苦労してた感があったかな?
----//


Befikre Wikipedia IMDb Trailer

//--
 今、中堅~若手でラブ・ロマンスといえば、ランヴィール・シンをおいて他にいないでしょう(笑)。Bajirao Mastaniの成功で中堅若手から一躍、頭一つ抜けた、ボリウッドいちチャラ男、Charming Idiots Ranveer Singh!彼が、アディチャ・チョープラ監督のメガフォンで送るラブ・ドラマ。文芸路線でその地位も頭一つ抜けたのですが、また少しチャラ男を演ずることで若手感の方向にシフト逆走?しかし他より一歩頭を抜けるということは、若手をリードする側にもならねばならなくなった、この映画でのRanveerということでしょうか?
 この映画は、Vanity Kapoorを見るドラマかもしれませんな。ランヴィールのアホっぽい加減がいい具合でファンには嬉しいですが、映画の内容としては、ま、こんなものでしょうか?
 昨年の2016年というのは、インド映画界は相当に「検閲」の嵐に見舞われましてそこにアディチャも挑みたかったようですが、成功してるとは言い難かった一本になってしまいましたね。音楽も二人のダンスもとても素敵なので、ぜひとも「あえてやる!」彼らを楽しんでみてください(^^)v 
-----//


Akira IMDb Wikipedia OfficialTrailer 

//-----
 ソナクシはこの年は、Force2とこのAkiraでアクションに挑戦です。映画の内容は、女囚サソリかニキータか?ってな感じですが、子供の頃にアシッドアタックに遭いそうになり、身を守るすべを学んだ気の強い女の子という役どころです。
 この世代位の女優となると、最初は美しい男性に乞われるだけのヒロインという役どころですが、キャリアも積まねばならないので、いろんな役どころをします。まさしく、この映画はソナクシの成長過程のそういう役どころの一本ですね。
----//


@@情報量が多いので、その2に続きます

by AkaneChiba | 2017-09-30 02:57 | インド映画全般 | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

多忙にて
at 2017-11-22 22:55
東京国際映画祭の中のインド映..
at 2017-10-14 23:21
ネットで日本語で見れるインド..
at 2017-10-11 02:06
ネットで 日本語で見れるイン..
at 2017-10-11 02:04
IFFJ 2017 映画紹介..
at 2017-09-30 03:35

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

> あかん人さん ご無..
by AkaneChiba at 17:48
ご無沙汰しております。 ..
by あかん人 at 19:33
this looks v..
by rajesh at 20:33
युकिकोさんブログ..
by AkaneChiba at 23:51
その節は、お声をかけてい..
by युकिको at 15:00
> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ