遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

映画「Shivaay」(-2016)

さて、2016年のボリウッド映画、本格シーズン(秋~冬)の最新の映画の話です。
<2016年後半本国インド>
 今年、インド映画地方の映画はとても良い作品が生まれていますが、ボリウッドは2016年は近年稀にみる「不作」の年(^^;)。一見して興行成績は上げていますが、それはビジネスルートが広がっているからでもあり、昨年まで映画にお金を使いすぎたかして(確かに2015年はそのクオリティはひじょーーに高かった)、今年のボリウッドは話題性だけは盛り上げていますが面白くない辛気臭い作品がずらっと並んでしまった2016年の前半になったのも事実です(^^;)ドラマ系がありきたりの材料過ぎて、数年かけて海外の映画賞に出して本国外旋してる良い映画以外は、正直!ありきたりでつまらないです、おもんないです、スターたち(^^;) (マニアックなベテランの方がいい作品作ってるかも?)
 反してアクション映画は質はそこそこあり、ボリウッドでまだまだ新人ですがタイガー・シュロフのカンフー・アクション・スタントは将来の楽しみを感じさせました。a0308487_22014527.jpg製作費がしっかりかけられるはずの大スターたちのアクションは今年は少し小休止といったところで、みな年齢も50前後になってきて若いころのような無茶が出来なくなってもいます。そういう点でも!若手がアクション頑張ってるのを大スターが後押ししてる年でもありました。

<一本!質が違う!>
 そんな不作年2016年の中一本だけ!そんな賞レースや興行成績レースなど眼中になく、撮りたいものを2年かけて作った(インド映画は製作期間が短いので年跨ぐのは稀)…という異彩を放ってる大型アクション作品が公開されました。それがベテランスターAjay DevganShivaayです。

★「Shivaay」2016 Wikipedia IMDb Trailer

 っていうか、すごい映画だぞこれ!!w( ̄□ ̄;)w どっか大手配給これ本気で買わないか?( ̄▽ ̄;) これ一本で普通に日本で興行できる大型雪山アクションです。アジャイはカーアクションもずっと凄いのやってきてるので、そっちも見ごたえ十分ですし(^^;)
a0308487_22014476.jpg 内容は雪山アクションです。大型アクションを何を2年かけてかと言いますと、今回Ajayさんはプロデューサー業・監督業、主演俳優と大活躍です。ストーリーももちろんここまでくるとオリジナルの大型タイトルなのでいつもみたいなリメイク・リメイドでもありません。俳優Ajay Devganがその自分のキャリアの積み重ねの集大成として、ここで大型作品を一本撮ったというものになっているのです。撮影から編集など製作期間に2年ですが、その前のプロジェクト計画段階から合わせると数年越しのタイトルだそうです。

 2015年はインドではテルグ映画でVFX駆使しインドのCG映像もここまで来たか!という「Baahubali:The Biginingというとんでもない作品世界にだしましたが、これはもちろん映像を「描いている」部分も大きく、それ故のあのぶっったまげる映像wになっている…という点があります。IT産業中心地ハイデラバードならではの大型作品となりました(日本は2017年春公開)。
 ですが2016年のボリウッドの中でも異彩を放ったこの一本「Shivaay」は、もちろんVFX使っていますが、生身のアクションスタントしっかりした映像の撮影無しには成し遂げられない映像の数々!!!を収めており、従来ハリウッドなどで2年くらいかけて作るレベルと全く遜色ない!大型アクション映画になっているのです。
a0308487_22015153.jpg




<アクションスター、アジャイ・デーヴガン>
 Ajay Devgan(IMDb)は日本ではわりと早くに紹介されていまして、あの謎の邦題になった「ミモラ 心のままに」(日本公開2002) 原題:「Hum Dil De Chuke Sanam」(1999)の誠実な婚約者の役をやっている彼です。a0308487_22014479.jpg 日本でも公開されたのは他には「マッキー」(日本では2013公開)で父役の声でもクレジットされています。この映画はテルグ語映画「Eega」(2012)でしてそれのヒンディ語の吹き替えされたものが「Makkhi」です。他にも日本でのインド映画祭などでは「Son of Sardaar」やら紹介されていますが、彼の主役の映画で日本興行というのは私の知る範囲では知りません。というか多分無いよね‥(^^;)
 1991年にデビューし(1985年には映画には出ている)現在まで100本を超える映画にその名がクレジットされているベテラン俳優です。1969年4月2日生まれ、2016年現時点で47歳。奥様はあの「Kayol」で2児の父。Action Coreographer、アクション監督、殺陣指導の一家に育ち、テコンドーの黒帯で(インド映画はテコンドーの人多いなぁ(^^;)技が映画向けには見栄えが派手なんだろうね)、彼自身も若いころはアクションもできる俳優として面白いアクションで話題になっています。a0308487_22015109.jpg彼のLeg Split つまり「180度開脚」で、2台のバイクに跨るというスタントなどで話題になり、アジャイさんといえばバイクや車、馬、そして消防車まで(笑)二台並走しているのを跨ぐ…というのが彼のお決まりのポーズとなりました(笑)。先に紹介した「マッキー」ではエンディングにハエが2匹のハエに跨って踊ってるシーンがありますが、あれはアジャイさんのパロディです(笑)。(そういや180度開脚でトラック跨いでたのは、ジャン・クロード・ヴァンダムもやってなかったっけ?ww 少林寺の技では「一字馬」という修業があるそうです。キック技は開脚できないとカッコよく決まらないので、アクション俳優には必須ですね。)
 またお芝居もできる方で若いころから誠実な役どころのロマンスヒーローなどもやってますので、先の「ミモラ」は芸術肌のサンジェイ・リーラ・バンサーリ監督の作品でして、そういう作品にもしっかり出演しています。シェークスピアのオセロをインドで映画化した「Omkara」(2006)などがっつり骨太い作品や、若いころのようなロマンスアクションから、最近でも中味の全くないwコメディ映画「Golmaal」シリーズ(カーアクションが良い映画)などこなすオールマイティ俳優です。
a0308487_23231690.jpg 最近は漢臭さと渋さがいい個性になっていて、90年代の若いころとは違う漢の色気がムンムンと漂う風貌で、2011年の「Singham(タミル映画「Singam」のリメイク。主演はSuriya)の無敵な警官とか「Action Jackson」(2014) とか(頭に残らないおバカなアクション映像面白いよねw)など、荒唐無稽なアクションもインド映画だからしかもアジャイさんだから全然オッケー!wだったりな映画も楽しいです。またいろんな映画に出てるのでアジャイの映画はリメイク/リメイドも非常に多い。ハンサム度は若いころは『違い違うそうじゃないっ』感(酷w)があるので、アクションもできる若手俳優として同じ時期の頃から映画界にいるアクシャイ・クマールの方が西洋風ハンサムなので(笑)、ウケ狙いなアッキーは女性の浮名も多くフェロモンまき散らすヒーローでしたが、アジャイさんは朴訥とした系な役柄も多かったようでキャラの立ち位置とは正反対のようだったようです(笑)プライヴェートはどうだったんでしょうねw
 アクションに関するランキングとか見つけました。▽Martial artists in the Indian film industry 彼は3番目に名前出てますね(笑) 


<監督として、俳優として>
 そんなアクションを知り尽くした彼が、メガフォンをとって、プロデューサー(つまり自分で資金を出してる?)業、監督、俳優、スタントをこなし、しかも雪山アクションはスタッフと計6か月超えるロケで相当なものを熟しています。
https://www.youtube.com/watch?v=KTaraT9vn80

 俳優としてのアジャイさんはすでに私も何本も映画を拝見していますが、監督としてのアジャイさんの力量は全く知りません。俳優としては、そこに立ってるだけで相当に画面に強烈な印象を与えることが出来る人なのですが。アジャイさんのファンってやっぱり野郎共中心になるのでしょうかね?
a0308487_22015134.jpg 彼は寡作タイプではなくわりと多作でストーリーが駄作でも(アクションがあれば)構わず出るのですが、昨年一本マラヤラムのシリアス・ドラマをリメイクやったな…と思ってたけど(これもよかった!)、それ以外でもこの2年派手なアジャイさんのおバカなエンタメ映画が無いな~と思っていたら、2年もかけて大型雪山アクションを撮ってたんですね(撮影は2014年から)。インドで2年もかけて映画を撮るというのはあまりそうそうあることではなく、アジャイ自身も初めて2年もかかったと言っていました。この2年、他の映画のプロデュース業もして海外の映画コンクールにも出しています。ベテラン勢の役割も自分の映画だけでなく後進を育てる方向に目が向いてもいますが、彼もそこに乗り出しているようです。

 この2016年はアクションの基本に立ち戻ったアジャイさんの生身のアクション・スタントで、ダイハードも真っ青!Intermissionまでアクションに息つく暇がありません!!その後もやっぱり息つく暇がありません(^^;) 
a0308487_22014427.jpg ストーリーはシンプルです。異国ブルガリアで児童売春グループに娘を連れ去られたインド人Shivaayが、娘を奪還するために暴れ回ります。映画のストーリーは娘を探し当てることだけですから難しさはありません。娘役の女の子を言葉のろうあ者に設定にしたのは、さすがに欧州の子役ではヒンディがしゃべれないからだろうと思います。アジャイ父ちゃんシワーイ凄すぎ。父ちゃんの娘への愛にも涙する(T^T)あたりちゃんとインド映画の家族愛の要素も外してません。

 これシヴァーイと呼んでますが読み方がわからない西洋人がシワーイと発音するシーンがありますね。おそらくはヴァとワの中間みたいな発音になるんでしょうが、Vの発音が旧東欧圏だとファとかフとか濁らないですよね。インド人のことなど何も知らない欧州の人間っていうメタファが入ってるシーンかもしれませんね。
a0308487_22015062.jpg 名前が「Shivaay」なのは神話の破壊神シヴァからとっているわけで、この辺りはインド神話を少し知ってるといいかもしれません。雪山の夜に山頂に腰かけ骸骨の躯のそばでインド独特のチラム(喫煙器具)でたばこ(神話ではガンジャ)を吸うシヴァ神の画はよく知られた構図でして、シヴァの武器は三股の槍とコブラ(大蛇)を傍らに小鼓があります。映画の中で主人公の名前がなぜShivaayなのかを見せるシーンで、なるほどとインド好きには理解できるのだと思います。(やっぱりインド俳優は何が何でも脱ぐんですwワロタw 女優は脱がんが男は脱ぐwそれがインド映画だw)

 アクションの力量は疑うことのない一級品ですが、恋愛シーンも(ありえないんですが(^^;))物凄く美しい絵を描いてるのでなんというかこのアジャイ・デーヴガンという監督としての力量においても、背景の素晴らしい景色など含めて映画の中の画というのを理解してる人だなとも思いました。過去の彼の監督した作品も一つほどあるそうですがそれはまだ見たことがないので今度見てみようと思います。
a0308487_22492126.jpg
 雪山のロッククライミングで使うピッケル?でしょうか、あれがあると無敵なくらい強いですが、その辺の武器?もインドのヒンドゥー的なところに由来してるのでしょうか?ってか使い方がまるっきり逆だしww そういう発想も面白い一本よね。何かの映画でそんなのあったっけ?(ハリウッドの雪山アクションのそういやみ損ねてるなぁ‥)


<情報全く直前まで遮断!>
 この映画のMaking映像は、You TubeのAjay Devgan Official サイトに多数アップされています。
Shivaay - Last Day shoot in Bansko Mountain in Bulgaria

 実は、この映画についての話題というのは、情報解禁日まで完全に情報をバッチリシャッタアウトしていまして(これもインドには珍しい話)、トレーラーが出るまでの間は映像のスチール写真ひとつ漏れてきていませんでした。今年の「Fitoor」という映画でワンシーン、カメオで冬山にいるアジャイさんのシーンがありまして「あれ?」と思ったらこの映画の宣伝も兼ねてたんですね(笑)。映画の撮影関連のMaking情報が出るようになったのは、今年の2月からです。子役やファンとの間のよくある映像紹介やロケ地が寒いとこだよ~ってくらいの軽い紹介映像だけだったのです。徹底した情報管理を上手にこなしていたので、8月初旬にトレーラーが公開された途端!さすがにその映像に度肝を抜かれました(^^;)

 その映像は息つく暇もないほどのテンポでアクションがどんどん進むので、アジャイさんをインド人だと紹介しないで日本に持ってきても、ハリウッド映画だと信じちゃうい人いるんじゃないか?っていう気もします。
a0308487_22015166.jpg インド人はシリアスより、ラブドラマや明るい映画が好きな傾向があるので、興行成績は100cr越えたところですが、これだけのアクションのクオリティの高いスリラー・シリアス・アクションを近年インドで私は見たことがありません(^^;)。
 またこの映画アジャイさん映画ならカーアクションは必見だと思ってたら、案の定ちゃんとアジャイさん過去の映画ネタ踏襲しつつ(さすがにそれはワロタw)、まったく目が離せない展開の連続なんです。
 2014年のリティックの「Bang Bang!」も相当なアクションスキルで観客を楽しませてくれましたがアレを超えた気がしますし「Bang Bang!」はハリウッドのリメイクだったので、その点でアクションもどぉーーしても評価が下げられてしまいます。 ですが、この映画は全くのアジャイさんのオリジナルで、あんだけリメイクやってきてる俳優だったのも、このためにスキルやスタッフ含めて磨いていたのではないか?とさえ思います。

▼Bollywood Hungama [Talking Films](英語インタビュー) 
I Have A Thought Of Making Shivaay's Sequel | Full Interview

 アジャイさんの俳優として監督としてプロデューサーとして、この映画のインタビューもあちこちあるので少し探してみてください。いろんな逸話もいろいろ生まれている感じです。
 これまだまだ上映掛かってましてずっとロングランでもおかしくないですし、見始めると最後まで吸い込まれていきます。2016年の文句なく!インド一番のアクション映画だと、インド以外の国の人に知ってもらいたい一本でした。
 アジャイさん、このあとしばらくはこれ以上のアクション作品を作れるかどうかわかりませんわ…凄すぎて…(^^;) インド価値観の世間の評価はどうかわかりませんが、インド映画の生身のスタント・アクションで、ハリウッドと遜色ないレベルのものをこうやって見ることが出来て、私は至福です。盤でたら間違いなく!DVDではなくブルーレイで買います_(^^;) そしてここまでのものを作れるインド映画界が羨ましくて堪らない一本でした。

 ほんっと!!!これ!!日本の配給、大手さん買ってくれません??日本でも大画面で見たいです(弱小映画祭とかは勘弁して。大手に買ってほしい…)。歌も踊りもありません、ありませんけどそんなの必要のない!ハリウッドの配役で他の人が出ててもおかしくない一本ですので誰もが見れますよ。こういうのをしっかりチェックかけて、日本に引っ張ってこれる営業ができるなら、日本の洋画界も少しは活性化するのにねぇ~(^^;)

 とにもかくにも!アッパレなアクションのタイトルとなりました(^人^;)
a0308487_22491218.jpg
 @@ピッケル?ってのぼるためにあるんじゃなくて、降りるために使うんですか(^^;)しかもピッケル?がインド映画特有の武器=鎌 に見えてしょうがない件ww

by AkaneChiba | 2016-12-03 23:54 | Bollywood | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

6月 7月 インド映画 日本..
at 2017-05-15 00:30
雑記 再掲SI〇〇Jについて..
at 2017-05-12 00:55
5月 インド映画日本上映 2..
at 2017-04-23 02:27
違いのわかるムービー:初心者..
at 2017-04-14 02:42
『バーフバリ 伝説誕生』(=..
at 2017-04-12 00:49

検索

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52
> ふんさん コメント..
by AkaneChiba at 13:10
あなたが誤解を招く文章書..
by ふん at 12:10
> 高田世界館スタッフ・..
by AkaneChiba at 00:14
akane様 初め..
by 高田世界館スタッフ・西山 at 16:53
「熱い解説を!」さん(で..
by AkaneChiba at 19:33

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ