遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「クワンティコ」の美人の名前は『プリヤンカ』Priyanka Chopra

//--追記2017.09.20--- 9/23からDlifeでシーズン2が放送されます。それについてのリンクはこちらで少しだけ紹介--//
--------------------------
 そういや、ここではあんまり女優さんについて触れてませんね。インド女優の美しさは本当に古くから、半世紀以上前から折り紙付きです。が、せっかくですから今、キャリアが世界レベルでトップパフォーマンスにある女優を紹介しましょうか。
a0308487_22322283.jpg 日本でも米国のABC製作ドラマ「クワンティコ FBIアカデミーの真実」が始まりまして、主人公の美人女優はだれ?めっっちゃ美人や!とお思いの方もすでにいろいろネットで検索なさってることと思います。

 今はやりのインド映画の女優さんなんだねと、おっしゃる方もおられるようで。インド映画のみならず、いろんな場面ですっかり貫禄のトップ女優/歌手でもある国際派スターPriyanka Chopra(プリヤンカ・チョープラ)といいます。
a0308487_22323240.jpg 美人ですよね。それもそのはず、20歳の時に2000年のミスワールドの覇者でもあります。そら、美人でっせ(笑)。
 日本でもインド映画をお好きな方はすでに彼女のことはご存じで、そのセクシーな美貌に参った殿方のファンのみならず、映画好きな方には彼女のダンスや演技の力量を買っている女性ファンも多く人気の実力派女優です。
a0308487_01032809.jpg ミスワールドで一年のお役目のあと、2002年にインドの映画界に、2003年ヒンディ映画デビュー。数年ののち2008年には映画「Fashion」でFilmfare主演女優賞を受賞。日本で紹介されてる映画では、「クリッシュ 」「Agneepath -火の道(←東京l国際映画祭上映のみメディア無)バルフィ!人生に唄えば 」「ラ・ワン」「闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 」「DON ドン -過去を消された男- 」と実は結構沢山紹介されています。




 女優としてだけでなく、ユニバーサルミュージックとも契約するシンガー・アーティストとしても数曲発表しています。日本でも音楽シーンでラジオで紹介されているのを聞いたことがありますので(DJさんは彼女が女優業やってることは知りませんでしたが)、洋楽向きの方にはご存知の方もおられるかもしれません。
Priyanka Chopra - Exotic ft. Pitbull
他の曲はこちら→In My City ft. will.i.am I Can't Make You Love Me

 とにかく!音楽MVでの彼女は、美人でセクシーで(音楽専門ではないので音楽で売れるかどうかは別にしてw) スタイルも抜群で、アイテムガールとしては申し分ありません。日本でのインド映画ファンの方にはすでに十年前から知られている彼女でして、先に紹介した作品からもわかるように、女優歴としては13-4年。インド映画に不可欠でもあるダンスで、しかも現代のダンスがこなせてハスキーな地声で歌える稀有な存在です。インド映画は基本はプレイバックシンガーなので、一応自分でも歌うことができるというのは、インド映画ではなかなか貴重な存在のスターであるとも言えます。(あまり数多くは歌っていませんけどね)。世界に通じる美貌とプロポーションとダンスと歌・・・というタレント性で、現在米国での人気のドラマの主演にあるのも、納得のいくキャリアではないかともいえます。
a0308487_01254562.jpg 役柄としてはインドでは様々な役をやっていますので、昨年はインド伝統な映画から、美貌で男を惑わす役柄、あるいはキャリアウーマンな女性や、2013年にはBarfi!であどけない自閉症な少女の役をこなし、従来の美人なだけな「Desi Girl」とは思えない枠を超えた演技を披露しており、女子ボクサーや不屈の女性警官など、最近は骨の太い役柄にも挑戦しています。
a0308487_01040989.jpg インド映画の女性は総じてみな美しいのですが、映画の内容が伝統的なタイプの女性像をずっと作ってきていた向きもつよく、男性中心の映画主人公やそのスター性も、男性のそばにいて華やかに華を添える女優の性格付けの映画作りをしてきていました。が、インド伝統の枠を超えて国際的な舞台で活躍できる現代の自立した女性としての存在をようやっと輩出したといえるのが、このプリヤンカではないでしょうか? 最近ではインド映画の女性でも現代の欧米的な映画の女性像を色濃く受けてマーシャルアーツもできるようになってきていますが、それをこなすような気丈な役柄が似合う女優でもあり、また自立した現代の女性としての強さも兼ね備えているワールドワイドな点でも、インドの他の女優にはない存在だと思います。後を続かんとばかりにDeepika Paduconeなども先日ヴィン・ディーゼルと共演のワイルドスピードの続編の撮影しており、インド映画の女優がハリウッドの地位につくのはまだこれからではありますが、最近ハリウッドでの進出をする女優(年齢の高い俳優ではなく若い旬の女優として)が認められていく機会が増えるのは、本当に喜ばしいことです。
 今、日本でも放映中の「Quantico」は米国ABC製作のドラマで、プリヤンカはここで主役を張って、インド映画ではあまり描写されることはないHot Seaneもガンガン挑戦していますので(インド映画ではそういうシーンはわりと描写もソフトですけどねw)、セクシーさをここ最近さらに磨きをかけてることもあり、今絶好調なのではないでしょうか?彼女を見ていると彼女のキャリアに結婚の文字はなさそうでw(インド女優にはこの選択肢は珍しい)、インドの枠を超えて世界で人気の女優でもあります。彼女はインド映画上映圏内と米国が活動拠点というところでしょうか? インドで上映されたディズニー映画のジャングル・ブックのヒンディ版吹き替えなんかもやってますが、声だけ聴いてもとてもセクシーです。今年の初めでしたかアカデミー賞だかの映画賞の(TVのエミー賞だったかな?どっちだ?)プレゼンテーターとしても舞台に立ってましたので、そのうちハリウッドの映画に出ていただいて、とにかく芝居もダンスできますのでボンド・ガールをやっていただきたいと切に願ってるのですが(日本だって浜美枝がボンドガールなんですよ!!)、ボンドガールに手が届くレベルにある女優であることは間違いはないと思います。

 まぁ今旬のセクシーさを見ていただくには、映画のダンスシーンしかございませんので、彼女の出演作品の中からいくつかご紹介。
☆Ram Chahe Leela - 映画「Goliyon Ki Rasleela Ram-leela」(2013)より
 いや、もぉ~、髪を拭いたタオルを腰前に差し込み胸のボタンと付け直すところで、あまりの色っぽさに殿方目が釘付けにならなかった人はいないでしょう(笑)女性の私が見ても「すっげー、いい女だ・・・」と呆けて画面に食いついてしまいましたがなww え?もっとセクシーで艶っぽい彼女が見たい?って?しょうがないなぁ~

☆Asalaam-e-Ishqum - 映画「Gunday」(2014)より
 彼女を前に二人の男が鼻の下のばして彼女のパフォーマンスに見とれてしまうシーンですが、いやもぉ、口半開きで見とれてしまう気持ちわかりますぜww ちなみにインド映画は基本、楽曲はプレイバックシンガーなので、彼女はこの映画内では歌っていません(笑)。 え?彼女が歌っているのも見たいって?しょうがないなぁ・・欲張りだなぁ~~ww

☆Dil Dhadakne Do' Title Song -映画「Dil Dhadakne Do」(2015)より
 一緒に唄ってるのはFarhan Aktarは自身のRock Bandも持つ俳優でもありシンガーでもあります。ハスキーな女性の声はプリヤンカの声ですね(数人で歌ってる曲かな?)。この声で実は先日、IIFA Awards 2016 Spainでの彼女のパフォーマンスショーで、上の「Ram Chahe Leela」をジャジーな編曲にアレンジして自分で歌ってセクシーなライザミネリのキャバレー風パフォーマンスを見せてくれるというのをやってまして、その映画の監督の前で歌っておりましたな(笑)『どぉ?アタクシ声もセクシーでしょ?歌えるのだから次の映画で使ってねん、監督♪』といわんばかしの(笑)パフォーマンス見せてたのは笑ってしまいましたがww でも、お見事でございましたww

a0308487_22321891.jpg  現在も、この米国ドラマ「Quantico」はシーズン2撮影中だそうで、彼女の快進撃はまだまだ止まりそうにはありません。インド映画での出演もしっかり時間をとっているようですので、彼女のキャリアがどこまで達するか、さらに注目してみていきたいと思います。ハリウッド映画を数本や是非、007のボンドガールで、出ていただいて、ついでに主題歌も歌ってくれちゃったりなんかすると、インド映画ファンのみならずインド映画以外の多くの映画ファンの方に認識していただけるようになるかと、ひたすら願っておりますです、はい(ー人ー)。 
a0308487_01462069.jpg
  @@その美貌で殿方だけでなく案外「つよさ」もセクシーさもあるので女性にもウケがいいのは珍しいかもしれません。女性は男惑わす美人は嫌いですが(笑)、男にこびない強い美しい女性は好きなので、その枠にはまってるかなぁ?という気がします。放送中のドラマしばらく楽しみですね。
by AkaneChiba | 2016-07-20 01:56 | 女優 | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

多忙にて
at 2017-11-22 22:55
東京国際映画祭の中のインド映..
at 2017-10-14 23:21
ネットで日本語で見れるインド..
at 2017-10-11 02:06
ネットで 日本語で見れるイン..
at 2017-10-11 02:04
IFFJ 2017 映画紹介..
at 2017-09-30 03:35

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

> あかん人さん ご無..
by AkaneChiba at 17:48
ご無沙汰しております。 ..
by あかん人 at 19:33
this looks v..
by rajesh at 20:33
युकिकोさんブログ..
by AkaneChiba at 23:51
その節は、お声をかけてい..
by युकिको at 15:00
> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ