遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

映画「One 2 Ka 4」 -2001

 えー、シャールクの名作は山のようにあり、またインド映画ファンの元祖といえば日本ではシャールクファンが古くからおられますので、名作映画はその方々に御解説いただくとして、あんまり注目されないところのシャールク映画の古いのを、ちょっと紹介してみましょう。a0308487_163938.jpg以前には、そういう隠れた一本としてKOYLAという映画を紹介しましたが、あちらはひじょーーにインド映画のてんこ盛りミンチカツコロッケごってり映画!ww でしたし迫力も肉汁がつまりにつまった映画でした。が、こちらの映画は興行成績こそ振るわなかったですが、シャールクとジュヒーの魅力満載の一本が、この「One 2 Ka 4」(-2001)です。

 正直いい映画?ではありませんし、いろんなパクリも満載で、ストーリーの「それで、いいんか?!もやっと感!!!ww」も詰め込まれてる映画なんですが、私は実はこれはひじょーーに気にいってまして(笑)90年代のインド映画の香りをまだまだ引き摺ってるシャールク映画の一本でございます(笑) 1991年のマイケル・キートンの「One Good Cop」のリメークでもあるそうで。(キートンのこれは見た覚えが無い・・・日本未公開?)
a0308487_16393939.jpg




//----
ストーリー:Javed(Jacky Shroff)とArun(Shah Rukh Khan)は、特別捜査官。KKV(Nirmal Pandey)の麻薬捜査組織を追いかけるもなかなか尻尾を掴ませない。Javedは妻を亡くして4人の子持ち(一人姪)で捜査官の敏腕上司として部下に信頼も厚い。その下で独身の短気な勇み足になりすぎるArunを、時に諌め、時に導いてきた。ArunもJavedを兄貴のように信頼して慕うが、どうしてもJavedの子供たちにはからかわれてばかりで打ち解けれない。a0308487_1893512.jpg 同居人にはいつもどなりちらして、町のお調子者カセットテープ売りのGeetha(Juhi Chawla)にもリッキーマーチン似のハンサムと迫られたり翻弄されたりしている。人とのコミュケーションに柔らかさや機転や寛容さが無い短気直情タイプのArun。JavedはKKVの権力の裏には内通者がいると考えて、エンカウンター(狙撃)してしまえばいいと直情的にいきがるArunを諌めながら、毎日の捜査をする日々。ある日、タレこみから捜査に向かうも窮地に追い込まれArunは苦手とするJavedの4人の子供たちの面倒を見なければならなくなり、打ち解けられないことから女性のGeethaに助けを求め、子供4人と大人3人で生活をし始める。刑事としての捜査は方向性を見失って空回りの日々で、Arunも窮地に追い込まれていくが・・・自分の今までの生活ぶりから、次第に4人の子供たちと触れ合うことで、何かが人間的に欠けていたArunの意識が変化し始め・・・。
------//

<いろんなものが変な映画ww>
 まず、音楽があのA.R.Rahman なのに、何故か変!!(笑) おおさかぁ~むらいやぁ~♪ってあのフレーズは一体なんなんだよっ!!!(>▽<) って突っ込みたくなる一曲が登場し、他のロマンスメロディのところに、歌舞伎か能か、鼓の「よぉ~~~っ!」ってな囃子がはいってて、ラフマンが日本にでもきて、なんか能や歌舞伎かなんかみていったんですか?京都にでも来たの????!!!www って突っ込みたくなるフレーズが入ってる曲があるという、ワケのわからない一本にもなっています(笑)

★正式トレーラーがネットに無いので、映画から一曲紹介 Osaka Muraiya

https://www.youtube.com/watch?v=lAzlzNMo_rc
 それっ!マイケル風のスーツきてるシャー様MVな、マドンナ風ルックなジュヒーやんww そこでもうツボってしまい(その映像を知ってるって歳がばれるな・笑)突っ込んでもたがなww

 2000年の「Mohabbatein」のアイシュとアミターブとの共演の感動もののあと、2001年には歴史もの大作「Asoka」 そして家族愛の名作「Kabhi Khushi Kabhie Gham... 」と波に乗ってこの時絶好調のシャールクですが、その感動作に挟まれる形で、2001年3月にこの作品は封切られています。中味は珍しくシャールクの刑事もの(唯一???これだけじゃないか?)で、警官服なんか着ません、特別捜査官みたいな位置にいるので、背広か皮ジャンです。そしてリーサル・ウェポンのように(笑)ド派手なアクションで拳銃をぶっ放してます(笑) 大作に挟まれてしまったアクションドラマなのでいまいち評価はありませんが、それはしょうがないことと思います。が!!!!シャールクのまだ少々むっちり感のある色気とラブシーンの秀逸さから、わたくしはこれにハマってしまいまして・・・(^^;)。ミーハー根性うずく腐女子脳な私には、大好物!!な映画になってしまいました(笑) ちょっとシャールクこの時二重あごなんよなぁ・・・ちと太りすぎですがww

a0308487_17555399.jpg 先輩上司刑事な兄貴分の相棒は、ジャッキー・シュロフ。1995年にTrimurti以来5年振りの共演。このTrimurtiという映画も、ムッチリ感のあるころの若いシャールクの魅力と、ジャッキー・シュロフが兄の役どころで、「バイヤ~」と髭のジャッキー兄貴に抱きついてるシャー様に、頭の中が「腐」でいっぱいになってしまってww 全然話が違うものに見えてしまう・・・・という悶絶できる大好物困ったシロモノでして・・・(笑)  そこから5年で刑事ものですから(笑) つい、腐った脳の私は期待してみてしまいそうになりました(笑) が、今回はそんな話ではありませんが(笑) まぁ腐った頭はどこかにすっ飛ばして、なかなか見ることのできない「刑事」のシャーという珍しい一本となっています。(警官モノは山のようにあるインド映画ですが、シャー様に安易に警官服は着せたくない気は確かにするww 軍人制服はあっても警官服は私は見たことないです。もしその姿あるなら教えてください。)

 この映画、あちこちにいろんな洋画のネタをパクっていまして(笑)a0308487_18123331.jpg リーサル・ウェポン、アランドロンの刑事もの、コン・エアー、香港映画や他、どっかでみたことあるようなアクションや構図が満載です(笑)でも、でも!何故か面白いのですw。残念ながらマイケル・キートンのオリジナルは私はみてませんので、それはどうと比較できないのですが・・・。ジュヒーなインド服なのはまぁいいとして、シャールクのファッションセンスも何なんだ?それが00年のインドの基準なのか?ってファッションセンスだったり、あの電話の留守電機械とかwww あれってどうなの?どうなの?と言いたくなるようなザルな小道具ww、いろいろとストーリーも辻褄合わないところもあるんですがww まだ辻褄の合わなさはこの時代でもてんこ盛りのインド映画ですのでそこは大目にみてやってください(笑)
a0308487_17555595.jpg 悪役も大物ではなく小者感が満載なので、いろいろツコミどころがあるのですがww それでも雨のアクションシーンから最後までシャールクがかっこよく犯人たちを追いつめるので、映画の前半はコメディ・ホームドラマで、後半はシリアス・アクション・スリラーとなってる映画です。スリラーというには設定無理からで甘いのですが(笑) 珍しさでいえば、ジュヒーの後半の役どころも珍しいかもしれません(笑)

a0308487_17555563.jpg 映画としては、変が満載wwの作品なんですが、一方で挿入歌のI am Sorryで魅せた豪華な作りこんだセットで手の込んだプロフェッショナルなものを見せたりもしてるワンカットシーンや、シャーも相当高いところ登ったロケ地で撮影してたり、ジュヒーが出産後復帰しての少しふっくらとした魅力も満載で、キスシーンとその後に繋がる屋敷でのシーンは、幸せでむねでいっっぱいになる様がとても良い演技をしてます。火に見立てた木の周りをまわって結婚式風の真似事とかそういうのを見て、女性としては「シャー様にあんなことされたら悶え死ぬ(はぁと)」とか思いながら見るんでしょうかねww
 Dil To Pagal Hai での名シーン「アルトゥン、、」(訳するなら「それで?」かな。英語の「and 」や「Then」あたり?)と言いながら、シャーにマドゥリが近づかさせる有名なシーンがあるんですが、このOne 2 Ka 4 では、「アルトゥン、、、」と言いながら、逆にシャーがジュヒーに迫っていきますww もぉ~垂涎もののワンカットwwwwwwwwww キャーーーーーーーー!!\(≧▽≦)/ ミーハー魂に火が付くほど燃えてしまうラブシーンをガッツリ堪能して!楽しんでいただけたらと思います。 各シーンの演出とか、ほんとみたことあるような作りしてるんだけど、そこを再現できてるのもインド映画の力を感じる部分ではありましたね。 ああ、出だしのオープニングで既にもう、シャールクのむっちリタオル一枚の見えそうで見えないところで、食い付きますかねww すいませんすいません・・_(^^;) 
a0308487_18131197.jpg

 シャー様大好きな人向けの「悶え用映像満載」の映画。名作しか映画じゃないと思ってる人には、微妙過ぎるマイナス評価ではあるかもしれませんが、なんとかまぁ普通作品とは言い難い「変!!」な一本でございました(^^)v  

  @@こういうのが大好物なんですよ、あたし・・・(^^;) だからサンジューとかアッキーとかあの辺も観倒す羽目になってるわけで・・・。役者が楽しそうに演技してる映画は好きです。
a0308487_1639564.jpg

by AkaneChiba | 2016-05-25 01:43 | 俳優 | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

4月 インド映画日本上映20..
at 2017-03-24 04:28
Item Girl Hot ..
at 2017-03-21 21:39
Item Girl Hot ..
at 2017-03-21 02:57
「バーシャ!」デジタルリマス..
at 2017-03-10 00:01
マサラ上映「バーシャ!」準備..
at 2017-02-24 23:25

検索

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52
> ふんさん コメント..
by AkaneChiba at 13:10
あなたが誤解を招く文章書..
by ふん at 12:10
> 高田世界館スタッフ・..
by AkaneChiba at 00:14
akane様 初め..
by 高田世界館スタッフ・西山 at 16:53
「熱い解説を!」さん(で..
by AkaneChiba at 19:33
ありがとうございました!..
by 熱い解説を! at 23:31
どもども(^^) 悪役..
by AkaneChiba at 00:17
Amrish Puri様..
by 玻璃 at 21:22
玻璃さん、こんにちわ~..
by AkaneChiba at 16:19

ファン

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusso..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ