遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

映画「Baahubali:The Beginning」(2015)感想 (邦題:「バーフバリ 伝説誕生 」-2017)

 大劇場でみたくてしょうがなかったの、日本で上映がある事を願って、ずっと見ないでガマンしてきましたが、とうとう誘惑に負けてみてしまいました・・・orz
とにかく凄かった・・・・・・・_ノ乙(、ン、)_

 アバターと、300と、グラジュレーターと、ロードオブザリングと、そういうものを、ぜ~~~~~~んぶ!突っ込んで、インド流(テルグ映画流)なものを作ったら!!これになったっ!!!(>_<) っていうような、映画です(笑)映画を見られた方々が口々に「インドでこれだけのものが見れるなんて、とても誇りに思う」というような感想をあちこちで目にしましたが、本当にそれにつきます(^^;)

「Baahubali :The Beginning」
 ・・・Official Site IMDb Wikipedia

https://www.youtube.com/watch?v=3NQRhE772b0

//------
ストーリー: Mahishmati王国の後継者争いで子供のころに崖の上雲の上の王国から、崖下の下方の土地に捨て子だったShiva(Prabhas)は、やがて逞しく成長し自分の村に落ちていた仮面を拾いその仮面の女性を求めて崖の上(滝の上)の王国にかけ上る。a0308487_052317.jpgそこでは、Deva (Rana Daggubati) が治める現王政勢力とそこを追われた正当な後継者一族との争いの世界だった。a0308487_0522919.jpgShivaこそが25年前王位を簒奪を図ったDevaの父Pallvalathevan (二役/Rana Daggubati)の計略により 王国を簒奪されたAmarendra(二役/Prabhas)を父に持つ Mahendra Baahubali その人だったのだ。25年前のその時何があったのかを先代の父に仕えていた将軍がその詳細を語りだす。今の王国が二人の王位継承者の競い合いから起きた一部始終を・・・
---------//・・・この映画は後編はインドで2017年公開予定です
 
 ストーリーはひねってません、単純にヒーローものでわかりやすいです。インドの架空の王国話となっています。見せるのはその映像そのものです。
a0308487_0523127.jpg




<各賞獲りまくりの2015年の超大作>
 以前にもこの映画について何度も書いていますが、本当に化け物級の大ヒット映画となってしまいました。様々な賞を獲り、世界中であちこちで上映がなされ、欧州で上映、中国でも、そしてドイツではブルーレイが発売がテルグ語版で出されるそうですが、台湾では現在上映中、韓国の映画祭でもBaahubaliBajiragi Bhaijaanが上映されており絶賛されています。日本はやっぱり、ここでも世界の流れから取り残される事態ですが・・・orz 上映の噂はもちろん有りますが、まだ上映時期については話が出てきません。早く観たいものですが。映画祭だけの上映とかにされたりしたら、絶対私だけじゃなく、いろんな映画ファン暴れ狂いますぜ(苦笑)。ちゃんとこれは本当に大手シアター(ミニシアターなんかじゃなく)で、しっかり上映してほしいです。それだけの迫力ある作品でした。これを上映できないのなら、日本の映画市場は、世界からもっともっとそっぽを向かれて、それを見ることが叶わない観客のもと、日本の邦画すら「見て学ぶ」ことができない世代の素養が失われていくと私は危機感を感じます。願わくば映画業界の興行を差配できるエグゼクティブクラスの人間が愚か者でないことを心の底から祈りたいのですが・・・・ (しかもノーカットでないと、ファン暴れるぞww)
 この映画に関しての興行でのいろんな記録と逸話を生み出す結果となりましたので、ネットでぐぐったらいろいろ出てきますので(もちろん英語中心に)、皆さんも探してそれらの記事を読んでみてください。

<出演者うんぬん>
a0308487_1132667.jpg 主演のPrabhas君は、ガタイの良い背の高いハンサムな青年です。テルグ映画ですから、お髭は必須ですかね(笑)今回は先代の王の役どころもダブルロールでやっているので風格も十分。私が見た映画はさわやかヒーローでして、御歳36歳キャリアも体も絶好調のこの年にこの大役ですね。あら本人のWebSiteがあるわww FBやTwitterはみんな持ってるけど、個人のWebSite持ってるインド俳優ってそんなに多くないのよね。そういう方向に目が向いてないビジネス意識なんだと思いますが、これからは自分のサイトをもつ役者もどんどんそういう役者が増えてくると思います。
a0308487_0522920.jpg ライバル役のRana Daggbati君は、ヒンディ、テルグに出演している31歳。こちらも背の高いハンサムでございます。(「Baby」2014等でヒンディ)。彼の方が少しハンサムですらっと南っぽさは少し差し引かれますが、今回の役どころは悪役ですから、お髭で文武にたけた狡猾なライバル役をやっています。私はかなり彼に入れ込んでおりましてデビュー映画見てからずっと注目しまくっています。 二人とも映画一家の出身でして、プロデューサー等の息子たちです。Rana君のキャリアはまずプロデューサー業から始めたようですがすぐ役者になっていますね。
a0308487_0523083.jpg SS.ラジャマウリ監督の映画ですから、「マッキー」Sudeep様や、「あなたがいてこそ」の恐いお兄ちゃん役やってたPrabhakarさんとかは、さらに恐くなって出演してるのとか、むちゃくちゃツボりますね。他にもNassarさんとか、テルグ映画を見てる人にはおなじみの顔がズラリとならぶラインナップになっています。
 他にも、出演陣の豪華さも凄いのですが、 妙なトリビアを入れるとするなら、この中で日本に来日したことのある人いるのよね(^^;) この間、Rana君東京に数日来てたみたいで銀座からツイッターで呟いてました。追いかけたかったのですがさすがに関東にはなかなか行けません。あと、この映画で捨て子主人公を育てた母代りの役をやってるRohiniさんも、昨年春にシンポジウムで来日してくださいました。 あれこれと、テルグ、タミル、ヒンディと、それぞれにみな出ているので、日本で何らかのインド映画を映画祭などでみてると、知った顔がわりと出ている配役でもありました。


<経済ニュースにも・・・>
 日本語のBaahubaliについての記事はもう見つけることが出来ませんが、製作段階で、この映画のCG、SFXを支える企業としてAMDのサイトや、IT関連ニュースでこのBaahubaliについては記事がでていました。(参考:2014年9月にインド映画とIT企業の話に、この監督のマッキーEegaについて書かれている記事) IT企業にとってインド映画の伸びしろをとても有効な投資兼ビジネスであることを、証明もした大ヒット映画ともなりました。

▼AMDの英語記事や、その監督のインタビューです
SS Rajamouli’s Baahubali - Experience AMD's VFX Collaboration on the Telugu Epic


AMD Graphics Help Deliver Amazing Big Screen Wonders to Baahubali: The Beginning
AMD Presents: Baahubali Director’s Panel
 まぁ!とにかく、それを証明するかのような映像の数々に、大興奮の150分強でした。確かに!


<私の個人的な感想としては・・・>
 この映画の面白いところとしては、決して「テルグ映画風味」は削がずにそれを前面に推しているところが私はとてもうれしかったです。多分、欧米CG慣れした人には誤解を受けるかもしれないなぁ・・という一部映像などを懸念はしていますが、テルグ映画に限らずインドのTV等で神様昔話物語みたいな、子供向けの番組とかがあるんですが、製作費の関係で少々チープに見える背景に手前に撮影したカメラの動かない映像の合成なのとかはインドのテレビなんかでよく見かける映像なんです。そういうのを、あれはわざと踏襲してるなぁ・・・と思う演出シーンもあって、この辺りの「インドものを観てきている観客向けに」何を目指したのかが、何となく納得のいく映像に思えたのは、私がインド映画にハマっているからなのでしょうか?

 あと、やっぱりこのSSラジャマウリ監督って、やっぱりただものじゃないわぁ~~。この監督一体どんな絵コンテ描くんだ?っていうもの凄いアクションシーンの数々を見させられて、凄すぎて興奮と笑いが止まりませんでした(^_^;)
 これ私、映画館で観たらぜーーーったいに!!!凄いものみた興奮で笑いすぎて息できなくなって、死んでしまうかもしれません(^^;) 映画館でもちろん!観たいけど、まずは映画館で観ないでよかったのかもしれません。自制できないわ・・・ 夜中にこれ見て息できずに笑いすぎて咳き込んで悶絶状態のクライマックスまで・・・息できなくて死ぬかと思った・・・・orz・・・ゼエハァ・・・ あまりの凄さに大興奮でした。

 残念ながらメディアで販売されてるのは、インターナショナル版のヒンディ版でして、ヒンディだと、別人が吹き替えしてます。役者本人の声では無いんですよ。(インドの独特の吹き替えシステムで、そのまま海外に出してしまうので・・・。日本はオリジナルの役者の声を望むのですがね。) ネットでのPayViewシステムなら、テルグ語で見れるかもしれませんが(というか、やばそうな画像は落ちてそうだがww)
 願わくばテルグ語版メディアを手に入れて、友人たちとどこか少し大きめなスクリーンと良い音響でみれる場所で、みんなでワイワイ言いながらこれを観賞できたらなぁ・・・と望んでおります。ヒンディ版だったのが、ほんとに、ほんとに!!!声が勿体ない!! どーしても!テルグ版で、プラバース君も、ラナ君も観たいです・・・(/_;),,。 ドイツ販売のはほんとにテルグ語版なのかしら?

 とにかく、凄すぎて・・・・これ以上書く気にはなれません。勿体なすぎて・・・(^^;) 
 2015年のインド映画史上、これほどの作品を見れるとは一つだに予想をしていませんでした。
a0308487_0523260.jpg

  @@私にとっても2015年のインド映画の中で一番面白いと思った映画はやはり「Baahubali :The Beginning」ですね。 インド映画史上、3位につけてる興行収入(テルグ、タミルだからどうしてもヒンディものが前に出てしまう向きがありますが)。2位はやはり同じく2015年のBajrangi Bhaijaanですけど、確かにいい映画ですがそこは、サルマンの人気と子供と、やりすぎ演出過剰なくらいのストーリーなので(まぁそこまでやっても嫌味にならないのがサルマンがスターだからかもしれませんが)、映画の出来としては私は、こちらのBaahubaliの方が、スタッフの力量含めて、大歓声と拍手を素直に贈りたいと思います。
by AkaneChiba | 2016-05-05 16:07 | Tollywood | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

多忙にて
at 2017-11-22 22:55
東京国際映画祭の中のインド映..
at 2017-10-14 23:21
ネットで日本語で見れるインド..
at 2017-10-11 02:06
ネットで 日本語で見れるイン..
at 2017-10-11 02:04
IFFJ 2017 映画紹介..
at 2017-09-30 03:35

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

> あかん人さん ご無..
by AkaneChiba at 17:48
ご無沙汰しております。 ..
by あかん人 at 19:33
this looks v..
by rajesh at 20:33
युकिकोさんブログ..
by AkaneChiba at 23:51
その節は、お声をかけてい..
by युकिको at 15:00
> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ