遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2016年インドの楽しみな映画は?

 昨年はBで始まるタイトルの映画の年でしたね(笑) Baahubali旋風に、サルマンのBajrangi Bhaijaan、年末のBajirao Mastani と。盛大にFlopした Bombay Velvetも Bで始まるタイトルでしたね(笑) さて、今年2016年はどんなタイトルが待っているのでしょう?
List of Bollywood films of 2016
Bollywood Movies Calendar 2016

 Akshay Kumarの「AIRLEFT」は1/22公開です。アッキーは年に数本の映画を撮る人ですが、必ず一本はシリアス映画を撮ります。今回もその年の初めのころに公開のシリアス路線ですので楽しみです。既に映画評がでまして評判は上々。実話ベースでもあり、そろそろあの50歳前後の世代は踊れなくなってアクションも無理をしなくなっているのも事実で、その中でもしっかりアクションのできるアッキーのシリアス映画ですから、期待大きく見れると思います。というかレビューむちゃくちゃ評価高い、でたばっかりでもこれは評価高いww インド万歳な旗を振るのはインド映画のお約束ですからそれも入ってるかもしれませんね(笑)
 やはり、御大シャールクは気になります。「FAN」や「RAEES」は脚本路線なので(ここ数年、中味無い話の映画ばっかりやってたんでそろそろいつものシャーに回帰するでしょうね。)、「Dilwale」の中味の無さ(カッコよさはもちろんありますがww)を払拭する良い作品であってくれると嬉しいなと思います。
 ところで、FAN や RAEES を監督が誰なのかと調べてみてちょっと驚いています。もしかしてシャールクは「監督やスタッフに光を当てる方向にシフトした?」のではないかと。RAEESの監督Rahul Dholakia監督Parzaniaは2007年に賞を貰っていますが、地味な社会派でして、実力はあっても社会派っていうのは世界中どこでも商業ベースに乗らないので(それは日本でも欧米でもインドでも同じw)実力派でありながらそこそこ頭一つ抜けないタイプの監督です。うーんなんちゅーか啓蒙映画みたいなのに昔シャーでてましたが、あのような枠でメガフォンを撮る監督なので、さてストーリーのテコ入れとかどのようにされるでしょう。アクションはかっこいい見せ方できる監督だったけどなぁ・・ビバーシュのテロリスト風の見せ方旨かったかからなぁ・・・。前作はもやっと結末でして、日本でいうと日活や松竹系の監督ですかね?(昔の大映???)。 このRaeesの前の作品は彼は「Lamhaa」という映画をとっています。サンジェイダットの映画でシリアス路線ではありますが、インドはフェイクドキュメンタリー手法のタイプの映画をわざわざスターで作って少しエンタテイメントにシフトさせてしまうことがありまして、そういうタイプの映画を前回作っていました。
 そこで、FANの監督がこっちはちょっと驚く監督です。2010の「Band Baaja Baaraat」、そう!Ranveer Singhの鮮烈デビューとなったあの映画の監督です!Maneesh Sharma監督関わった作品を見るとこれは期待できそうです。

 また、若手世代の中で頭一つ抜けNEXT LEVELにあがったRanveer Singhの次回作がYRFのAditya Chopraが久々に「Befikre」でメガフォンをとるといわれていますが、2015のBMに賭けた彼は2016に映画を入れていません。良いシナリオの映画しか目指さないつもりだと思います。私も彼はそうすべきだと思っています(ステージショーを彼はこなすでしょうが)。そのRanveerRohit Shetty監督の映画のオファーを断った?というようなゴシップ記事も流れており、ファンから言わせるとそれで大正解だと思っています。あの監督ストーリーはむちゃくちゃへたくそな人ですから、アクションはいいけど話はてんでダメ(笑)。Rohit監督の話は後に回すとして、Ranveerの映画はBefikre (Aditya Chopra監督)が公表されていますが、リリース日は決まっておらず、少し待たねばならないかもしれませんね(2016年9月?)。Adityaはプロデューサー業とストーリー書きにこのところシフトしていて、Rab Ne Bana Di Jodi以来、久しぶりにメガフォンをとるといわれているので楽しみです。というか、AdityaといえばShahrukhが同義語で語られるほどの存在であり、そのAdityaにメガフォンをとってもらえるのは実力も野心も十分にある若手には目標そのものでしょう。ポスト・シャールクの座に彼は昇り詰めることが出来るでしょうか?誰もが目標にするシャールクを目指す若虎をこの後とても楽しく眺めれるのは幸せの限りです。多分あともう一本くらいはSLB監督は踊れる人材は好きですから、芸術感性を伸ばしてもう一本くらいディピカが踊れる現役のうちに、SLB、Deepika、Ranveer の組み合わせはあるかもしれません。
 
 さて、シャーはどうも自分のネームバリューで製作者に光を当てる方向にシフトしたようです。監督で映画を見ることはとても大事です。私はRohit映画は好きなものが一本もありません(^^;)。なのにまたDilwaleで組んだのか・・・と少しSRK映画にがっくりしてしまった2015でして。B級レベルの範疇で頭に何にものこらないレベルのギャハハ映画の範疇でなら好きになれた監督なんですが、売り上げ上げてしまってる現状みるとどうにも映画業界の黒さが気になって彼がのさばってる映画ビジネス状況では、いつまでたってもインド映画はB級といわれてしまいまいかねないので、早く大Flopや大きなスキャンダルで(酷っw でもあの監督はマジで背景黒くてヤバイと思ってますww) 目立たないところに移動してもらえたらと願ってます(笑)。A級の端のところに位置してくれていれば、その時にはきっと初めて好きになれる監督です(笑)。

 監督というところで注目の映画が実は一つ。Ghayal Once Again。ダルメンドラ一家の80年代からインド映画界の大ベテランSunny Deolのシリアス・アクション映画が2/5封切です。何が注目なのかといいますとSunny Deol本人が監督も兼任しています。え?監督もするんですか!Sunnyさん!!知らなかった・・・。1999年に兄弟のBobby Deolと共演の映画で一度メガフォンを獲っていますが、それ以降一度も無いということは、1999のはこれはさすがに話題性だけの為にやったのかも知れません。ですが、この2016の映画でやるのですから、大ベテランが中途半端なものはしないでしょうし、何しろインド映画史に燦然と輝くダルメンドラ一家(大衆な娯楽インド映画史そのもの)ですから、さてストーリーもSunny本人が書いてるようなので、ひじょーーに気になります

 あと、今年はGreat Grand MastiHousefull 3 のような、とことん!!中味の無い映画なのにスター様がそろうというだけでなぜか一定の集客力があるようなシリーズ・コメディなんかも控えています。ってかGrand Mastiシリーズまだやるのかよ、あのお下品で一度で十分!二度と見ないおバカ映画w(>▽<)。 あ、イケメンJohnが戻ってくる?Rocky Handsome(3/25)これはなかなかよさそう。ポスターもかっこいいですし。(脚の短いのを誤魔かしてくれてますがww)。

 1/29で話題になってるのは昨年は切ないラブドラマでMadhavan君が大変身した「Saala Khadoos」や、2/9 今美しさずば抜けていますSonam Kapoorの「Neerja」のシリアスもの(これはかなりオススメ!!!1986年の実話が元になってますし、今年の2016年の賞候補に早くものったと思う内容でした)。2/14のAditya Roy KapoorKatrina Kaifの「Fitoor」。2/19には、2010年お見事な一作目だった社会派コメディ「Tera Bin Laden」の2作目「Tere Bin Laden dead or alive」と、話題性も含めて堅調なスターたちの出足になりそうです。

 a0308487_563134.jpg4/1には両Kpoor家の二人、デブ先輩Kareena Kapoor Khanとデブ後輩Arjun Kapoorスターを並べた「Ki and Ka」のロマコメww。二人とも過去は重量級ドスコイサイズだった二人のカップリングです(笑) ってか既にFirstLookの写真が出てるんですが、どうにもおばはんに嫌そうな顔をしてるこれまた少し太ってしまってるアルジュンと、いわば、どっちもどっち(笑)スターを並べて、アルジュン君を箔付けする狙いがありそうです(笑) 私はこれは突っ込みどころ満載でぼやきながら、しょうがねぇなぁ・・・wwといいながら見ると思います(笑) もちろん!中味は期待してません(キッパリ!・笑) この二人でケミストリーは無理だろうww 話題性だけだよなw
 4/15はシャールク「FAN」なので、そこで盛り上がりを見せるでしょう。そういや長らく映画に出てなかったアイシュワリヤが昨年秋から一本映画を出して復帰してきています。今年はカンヌに出す映画と、ディワリ時期の映画を2本の予定になっています。
 
 さて、2016の夏は相当大変なことになりそうです。
 7/8に、シャールクのRaeesサルマンのSultan 対決。これは他でもないマスコミラインが大騒ぎするでしょう。Sultanの監督はGUNDAYAli Abbas Zafar監督。これは監督対決としても面白いものが見れるかもしれませんね。そして8/12には こちらはインドが誇るもう一人の巨匠監督Ashutosh Gowariker監督(Lagaan、Swades、Jodhaa Akbarの監督!)で、Hrithik Roshanによる「Mohenjo Daro」!この辺りがまた一番の盛り上がりポイントになるのではないかと思ってもいます。特にこのリティックの映画は、モヘンジョダロがどこにあるかわかるなら、その意味合いも理解できると思います。 アッキーの映画もありますが、そこに埋もれて8/25に 超新人3年目、ダブル回し蹴りのTiger Shroffで「A Flying Jatt」、コレオグラファー出身の監督Remo D'Souzaが実力アクション新人をつかってのヒーロー物をつくります。ダンスとアクションに重点の置いた映画であることは一目瞭然ですが、いろんな意味で気兼ねせずに楽しめそうで期待できます。

 秋にはKaran Johar監督がなんとアイシュでメガフォンをとるみたいですし、Ek VillainMohit Suri監督キモオタアルジュンで映画をするようですね。12月大トリは、Aamir Khanの「Dangal」です。さては、他の大スターたちは冬にアーミルとぶつかるのを避けたな(笑)(あれ?新しい情報ではDangalは8月リリースになってますねぇ~。リティックのとかぶる?) 2014年のpk が凄すぎたのでその後のアーミルということで期待が高まりすぎて期待だけで集客できる・・・というマーケティング傾向がインド映画にはありまして、2015のアクシャイやサルマンは正にそのような興行成績になっていまして(前作が評判すぎて、その次に初日に人が入るんですよね)、年に何本も映画を出している人は、初日の興行成績の良い映画は、その前作が作品の出来がいいというような傾向があるので、ビジネスだけで映画を判断するのはなかなか難しいです(笑)
  そうそう、プリヤンカは、インドの誇りになるような女性警官の映画を一本撮ります。女性の警官モノは今までもありましたが、プリヤンカの見せる警官服はどんな警官像を見せてくれるのかは少し気になります。型どおりの警官の正義の話とかはしてほしくないんですけどね(笑)
 あれ?Baahubaliのその後のは?と思って調べたら、え?2020年とかリリースになってるぞ?まじか?(笑)2017年2月ごろといわれています。今年じゃなかったのかww

 どうやら今年の冬はアーミル映画がオオトリで待っているので、他のスターさまは夏に逃げたので(笑)その対決となりました。一番気になるのは8月にそこにリティックの映画になってることです。リティックでこの監督なら超大作でしょうから、7月のシャールクvsサルマン対決の決着でもめてる間に、リティックが掻っ攫っていったりしそうな気がします。アーミル単独牙城ってのは、ちょっとなんだか個人的には飽きてきそうですが、シャールクもアーミルも恐いボスなところを演じる見たいですから、2016は悪役の年にでもなるのでしょうかね?(笑) 

 そうそう悪役といえばKhalNayak、サンジェイがこの2月にシャバにでるそうで出ました(笑)、一時的?それとも残りの刑期免除?(笑)サンジューが出てくると、その代わりにサルマンが拘留されそうなのでなんともヤキモキします(笑) まぁ稼ぎ頭のサルマンが拘留は何年後かには避けられないでしょうから、その時までに何人かでまとめてでもいいので、サルマン・クラスに稼げるスターを育成しておかなければインドの国の政策としてはマイナスでしょうから(笑)、でも世界を巡るムスリムへの風当たりもきついですから、その辺はなんともよういいません(3カーンはムスリムです)。若い世代が育ってくれることを願うしかないですかね(^^;)
 むしろ、タミルやテルグの方がぶっとんだ面白い作品を見せてくれるかもしれませんし。
 2016は、さてどんな年になりますでしょうか?楽しみですねww
a0308487_21375081.png
   @@RanveerのMy name is Ranveer ChingやDo The RexのCMみたいなあんなアーティスティックな作品を見たいのですが、インドにはまだその冒険をする力は無いのでしょうかね?
by AkaneChiba | 2016-01-23 21:39 | インド映画全般 | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

東京国際映画祭の中のインド映..
at 2017-10-14 23:21
ネットで日本語で見れるインド..
at 2017-10-11 02:06
ネットで 日本語で見れるイン..
at 2017-10-11 02:04
IFFJ 2017 映画紹介..
at 2017-09-30 03:35
IFFJ 2017 映画紹介..
at 2017-09-30 02:57

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

> あかん人さん ご無..
by AkaneChiba at 17:48
ご無沙汰しております。 ..
by あかん人 at 19:33
this looks v..
by rajesh at 20:33
युकिकोさんブログ..
by AkaneChiba at 23:51
その節は、お声をかけてい..
by युकिको at 15:00
> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ