遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

If you have wanted to sell ”Indo's Movies" to Japan.....

If you have wanted to sell ”Indo's Movies" to Japan.....
インドの方で日本にインド映画を売りこみたいと思ってる方に...

The following content is the thing that should be written in English. But, I do not have that ability.
ホントはこういうことを英語で書ければいいのですが、私にはそこまでの能力がありません。もしこれを目にとめたインドの方がいるのなら、日本語のわかる方にしっかり文意を伝えてもらえるといいなと思います。
---------------
<日本でのある映画上映のとん挫>
 さて少し驚く出来事が、この数週間の間に起こりました。
私もこのブログでとりあげた『Baahubali』というテルグ映画。上映前からとても人気ゆえに、日本で少々騒動が起きてしまいました。

 日本でインド人向けの上映会を催していた2団体(タミルとテルグで)が今回の「Baahubali」上映をもちろん正規ビジネスで企画していたそうで、ずっと計画を練ってきていたようですが、そのことを日本人の方が英語にて2団体上映についてツイート上で話したことがキッカケで、本国が「これなら日本で商売が出来るかも?」というどうも本国側に欲をかいた思惑が出来てしまったようで、準備を進めてきた2団体の上映会が飛んだ…という事態が起きてしまったようです。ツイッターの映画公式アカウントにファンが観たいです~と気軽に話しかけてるまでは、リップサービスでみなさんに情報お届けできますよ~とか返してくれてた程度のころは、まだそういう色気も無かったようなのですが…。

 上の2団体も今回のビジネスはかなり大きな金額のものだったので(今までで一番expensiveだったそうで ^^;)、私が前回お邪魔させていただいた団体さんの方は、慎重に自分たちの公式サイトに発表する前に準備なさって会員の方にメールなどを送って慎重に準備を進めておりました。もう一つの団体さんはあまり上映に関して情報は表に出していませんで(やはり過去に上映がブッキングしたことがありそれ以来、慎重になっておられたご様子)、私は友人から鍵付きのSNS内でそちらの方の上映の報も聞き、インド映画ファンの仲間内はみな2団体の公式発表があるのを待っていました。同時に会員に登録している方の団体の上映に行く算段で、仕事の合間に交通機関や宿の手配をしようかとネットで調べ回っていたところ…会員登録した団体が、上映会について計画がストップしているアナウンスが発表され…OMG!!!と、驚くほかありませんでした(^^;)。
 その後、どうしてそうなったのかを、他の方から「事の顛末がツイッターに落ちてるよ」とお教えいただき、覗いてみて再度びっくり…。
  先日は、その後の経過についてある方がツイートで経緯を軽く説明して下さっていましたので、ご一読を~。





<日本でインド映画を見るには相当の努力が必要な環境>
 日本でもインド映画を日本で観れないけれど、インド本国や、インド映画が上映されている近隣国(マレーシアや香港等)現地まで観に行く方もおられます。また、課金ネット配信でみたり、また輸入DVDをしっかり出るのを待つというファンもいます(私は貧乏人なので後者… ^^;)。どうしても最新のインド映画を見たい日本人ファンはこれらの方法をとっています。大半はDVDメディアやネット配信されるまでそれを待っているのが現状です。
 ただ、それ以外にももう一つだけ方法があります。先に書いたNRIと言われる海外に住むインド人コミュニティの方々が正規のライセンス商売を本国としてその地のインド人向けに上映会を催していることがあります。日本にもそういう団体がいくつかあり、そこに日本人の方がお邪魔させていただいて観賞させていただくという方法があるのです。もちろんこれはインド人の方々の為の上映システムなので、私たち日本人はあくまでも「そこにお邪魔させていただいている」という意識を持った上で行かねばなりません。そういう上映会ですから、基本は運が良ければ英語字幕がありますが、現地語基本の上映会ですんで、そんなところにお邪魔させていただく日本人となると、ホントにもぉ~コアでコアでマニアレベルですね(笑)

 今回、残念なのはファンである日本人ファンがせっかく楽しみになさっていたインド人コミュニティの方の邪魔をしてしまう結果になったことは至極残念でなりません。と同時に、インド製作側が日本事情を理解しようとしまいままビジネスを考える色気を出しすぎたことで、この二つがこのような残念な結果になってしまったのは言葉もありません。数百人の日本在住のインドコミュニティの方々の落胆を思うと・・・。その映画を見たい気持ちは誰もが同じ気持ちですが、自分だけの枠にとらわれてしまうと時に大事になってしまうくらい・・・まだまだ日本でのインド映画上映に関するビジネスは、センシティブで大変に苦労が伴うのだと、私たちファンは知らねばならないのだと思います。


<国を越えて商習慣の違いや、南北の違い>
 北のボリウッド映画はそれでもまだ世界の市場に映画を輸出しているので、欧米に沿ったビジネス習慣で話が出来る様子ですが(日本は、欧米基準+日本流の商習慣)、南のインド映画はまだまだ世界市場と商売をし慣れていない感があり、映像や音響品質が一定では無いことは、昨年のテルグものを拝見させていただいた時に感じました(北のボリウッドもの高品質との差は歴然とありました、見た目では無く音響音質等で)。

 ビジネスは一つ一つの信用の積み重ねです。ボリウッド映画の00年代に入ってからの目覚ましい進化は、そこを欧米品質と変わらないものを生みだすために普請した進化の過程でもあり、それは積みあげたビジネスの積み重ねの結果でもあります。南の映画はまだまだこれから北の後を追っていかねばなりません。北と南はしばしばインド内の複雑さを表わす国内での地方性の良いライバルとしてのせめぎ合っている対立や反骨心などを内包していますが、外国から見たインドを見た時、それらを一つにまとめて「インド」として考えてしまいます。テルグは中央に対しての反骨心とそのバイタリティを見ているのはとても楽しいですが、その粗さもまだまだ内包しています。(その粗さも南の映画の魅力になっていますし、私はそれも好きですよ ^^v)

 本国製作側は、ヒンディ版でKaran Joharプロデューサーで契約もしているようなので、彼が出てくるとビックビジネスで欧米圏な海外(日本の配給はこちらの価値観)にしっかり出す気満々になって来ますから、(テルグやタミルとかだけなら東・東南アジアだけにとどまることも)、日本での上映はもしかしたら叶う可能性は無いとは言いませんが、日本での上映はどんな映画でもハリウッドで半年後、インド映画になると何年後になるか…(苦笑) 

 せっかくあちらの封切りと同時近くでリアルタイムでインド人コミュニティの方が観たいと思われたその映画が今回とん挫して、今後その後日本に来たとしても、インド人コミュニティの方はおそらく別の手段でその映画をDVDのようなものを見ていることでしょう。それを観に行くのは日本の日本人のインド映画ファンだけでしょう。気の毒としか言いようのない今回の事態に心も痛みますし、日本もインドも両方ともお互いに「他の国を知る」という行動が少しでもなされることがあるよう、在野の文化交流だけでなくビジネス商習慣等含めて、道が開かれることを心より祈るばかりです。


  @@その「Baahubali」本日7/10に封切られ、1st dayで 約38カロール。テルグ映画ではお見事なダッシュでは無いでしょうか?週末あっさり80超えしそうですね。100超えもすぐ?また、ボリウッドのセレブたちもプレミア上映に赴いて、ツイッターなどで軒並み絶賛しております。インド映画の誇りだとまで仰る超有名プロデューサーもおりましたね。
by AkaneChiba | 2015-07-07 02:49 | ワケ | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

8月 インド映画 日本上映 ..
at 2017-08-02 23:47
宝塚星組「オーム・シャンティ..
at 2017-07-25 00:30
印活 日本の記事や、現地の記..
at 2017-07-16 18:53
マサラ上映7月『バーフバリ ..
at 2017-06-24 00:47
映画『Amen』 -2013..
at 2017-06-13 00:31

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

this looks v..
by rajesh at 20:33
युकिकोさんブログ..
by AkaneChiba at 23:51
その節は、お声をかけてい..
by युकिको at 15:00
> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52
> ふんさん コメント..
by AkaneChiba at 13:10
あなたが誤解を招く文章書..
by ふん at 12:10

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ