遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

映画『若さは向こう見ず』(原題:Yeh Jawaani Hai Deewani) -2013

さて、この映画の上映が8/15から関東の一部でされると聞いて、この映画について書かせてもらいます。
a0308487_18111825.jpg というか、なんで大手がこれ買わないんですかっ!眼が節穴ですかっ!!(>_<) これ今の日本のインド映画のブームからいえば、絶対、人の入るレベルの映画じゃないですかっ!年配層の方々にも、そして若い世代の方々にもっ!!「Barfi!」くらいのレベルで大手上映館で一緒の扱いしてもおかしくない「いい映画」でして・・・・

 私には日本の広告事情は、これっぽっちもわかりません。わかりませんが!昨年のBarfi!に対して、関東の新聞とかタレントつかった広告がとても酷い宣伝をしたことを私は忘れられません。確かに時期もしんどかったこともあるとはいえ、あのときの扱いを見て!日本の広告関連会社はインド映画に対してひじょーーーに愚かしい選択をすることを、再度実感したのですが、今度はその宣伝すらもしないまま・・・・・とても素晴らしい映画が、日本の片隅で葬り去られようとしている現実に、ショックを隠しきれません・・・orz。
というか、2014のIFFJで、絶対に!その後の中堅~大手映画会社が買い付けするのなら、この「若さは向こう見ず」Yeh Jawaani Hai Deewani (通称 YJHD) でしょうっ!!(><)っと、絶対キチンと配給されると信じていたのですが・・・・・・・・・・・。

  そういうクオリティの映画なのですっ!

 そのことに試写会等で気がついたのか、映画を見てその質に気づいた方々かしらね?ネットの映画関連ポータルサイトでは、どことも一押し評価になっています。

☆日本語トレーラー

https://www.youtube.com/watch?v=uSV5m061jAI

ストーリー: 主人公ナイナ(Deepika Padukone)はハメを外すことが出来ないお堅い優等生。しかしそんな自分の殻を気にもしている。高校の同級生だったアディチ(Kalki Koechlin)たちとトレッキングツアーの旅にで、カビール(Ranbir Kapoor)と、アビィ(Aditya Roy Kapoor)四人で旅を過ごすうちに、そんな自分の殻を破って青春を満喫する旅に。ナイナは次第にカビールに惹かれるころには旅の終わりが。そんな青春の一ページの大切な思い出・宝物を心にしまい・・・




 この映画の見どころは、映しだされる映像の美しさとセリフ映画です。青春映画ですから彼らの若さが、映画のポスターの絵のように、シャンパンゴールドがキラキラと散りばめられているのを、見た後に感じる納得の映画です。各人の事情が上手に積み重なっていく様は、監督や演出家たちの実力を、何気なくではありますが、決して派手な目立つものではないのですが、自然にすーっと物語りの中にながれているので、観終わったときに心の中に残る感動も、心地よいモノになっているのだと思います。別にコテコテに大仰な展開になどしなくても、映画というのはこういう映像と演出の積み重ねで頁が重ねられていくものなのだなと、いつも思います。
 但しっ、ダンスシーンは派手ですっ!!そこはインド映画(笑)、ありがとうございます、ありがとうございます、見てて楽しいです、眼福です!!(>▽<)
 出演陣の豪華さも良いのですが、ランビールのダンスも見事ですが、音楽も素晴らしくホーリー祭(色ぶっかけ祭)のときの絵も見ててたのしかったり、マドゥリのダンスなんかもインド映画ファンにはツボります。あとほんのちょことゲストさんも私個人にはツボ(笑)なのですが、これは個人の好みとして、別に置くとしてぇ・・・(笑)。
 他にもゴシップ的に、この主人公ナイナ演ずるディピカと、カビール(バニー)演じるランビールはその昔ホントの恋人同士でしたので(笑)、その二人に競演させるようななんちゅーか、そういうところも、ボリウッドってなぁ~~~(^^;)。カルキも今年、あいち女性映画祭にゲストでこられますし、もう一人の男性役のアディチョ・ロイ・カプールの映画「愛するがゆえに」も、この「若さは向こう見ず」と同じに上映されるので、そちらも音楽が良いので、是非楽しんでください。 「若さは~」の映画の音楽は・・・ああ!Pritamでしたかっ! 
a0308487_19105999.jpg

 IFFJ2014年の一番人気の映画でしたし、というかこれ、そこそこの中堅~大手が買ってちゃんと宣伝して配給してもおかしくないレベルの珠玉のなのに、もしかしてDVDスルー前のハクづけ上映なんじゃないか?ってなくらいの範疇みたいな上映情報で、ひじょーーに!不安に思っております・・・(^^;) でてるキャスト豪華だし、ストーリー抜群の青春群像だし、Dharma製作だと絶対脚本いいし、音楽もダンスも素晴らしいし、なんちゅーってもUTVだから映像凄い綺麗だし、しかも大当たり年の2013年のインドのBox Office 上位4位内入ってるんですけど? (他の上位3位が Dhoom:3Chennai ExpressKrrish3 と超!!!娯楽なストーリーでしたが、この映画はストーリーから何から「イイ映画」の部類の映画ですので、映画を好きなお客さんがしっかり入りますし、一度見たらそれでいいっていうようなタイプでもないので、何度観ても心に涼やかな風が通り抜ける映画となっております。
 もちろん、100カロールクラブ入りしてますし、歴代のインド映画興行収入の10位にあるビックタイトルなんですけどね・・・(^^;)

 というか映画を配給する人は、映画の内容の質の高さを見抜く目が無いとダメなはずなんですけど(株の銘柄と一緒ですよ、こういう眼利きは・笑)、2013年の映画のずば抜けてイイ映画ですから、Gol◎en Asia さんが同じ年の『ミルカ』(←日本人タレントでてたからねぇ~)を買うのなら、この『YJHD』も買い付け候補に挙がって無かったわけがないっ!とは思うんですよね・・・っていうレベルのクラスの映画ですよ! _(^^;) 
 しかも、この映画、客層が年齢層高い層の御年輩の映画を見る目のあるお客たちだけでなく、女性だけじゃなく男性も含めて、年齢層幅広く集客が見込めるだろう「マダム・イン・ニューヨーク」とかのような層から、さらに客層が若い人にも広がるだろう・・・っていうレベルの映画ですぜ?ですぜ?(^_^;)

//-----------------//
<上映情報> 「若さは向こう見ず」 「愛するがゆえに」
☆ 8/15~ 渋谷シネクイント
スケジュールはコチラ http://www.cinequinto.com/schedule/index.html

☆ 9/12~ キネカ大森 http://www.ttcg.jp/cineka_omori/comingsoon

他、地方は順次。。。ということですが、大阪はまだ決まって無いそうです。(大阪だったら、シネリーブル辺りが名乗りあげてもおかしくない客層や品質の映画ですけど・・・マジでお願いしますよ・・・・ ;_;)
 前にも書きましたが、IFFJでみた友人(男性)の第一声「どーしてこんなイイ映画を、日本の配給が買わないんだー!!」とのたまった映画通さん。大阪でもどうにかして見れる方法無いですかね?

a0308487_19581968.jpg
 
 
 @@ ごめん、ここは正直に言う、もちろん!!どれも素晴らしく面白い映画で・す・け・ど・! 『女神は二度微笑む』がそこそこの中堅どころで公開されるくらいなら、もし!同じ日に封切とかで、『YHJD』公開とかなら、間違いなく!!!!私は「YHJD」に行ってますね。「女神~」は後回しにしてでも真っ先に「YHJD」に足運んでる!!映画大好きな人だったら、絶対その選択間違えないっていう映画ですわ!_(^_^;)  (ほんまに、日本の配給は眼が節穴か・・・いい加減、インド映画に偏見あり過ぎじゃ・・・orz。こんなこと素人の一観客に書かせないで、プロの仕事してください~~映画会社は・・・)






某I●●Jは映画祭という形で映画を上映してくださいますが、単なる映画の見本市と思ってもらって、私ら一般の映画ファンの反応を業界の人がこっそり見る程度の場にしてもらって、買い付けはもっと早くに中堅~大手さんが当然本国としっかりやっといてください。I●●Jに任せとくと日本での映画ファンを舐めてるとしか思えないような、バーコード無のDVDとかを売ったりされてしまいます。もっと日本の市場のことを知ってる方にしか、このような名作を扱ってほしくない・・・ってのが映画ファンの切実な願いです。I●●Jは別にインド映画の日本代理店でもなんでもないですから。4年もやってて日本でのビジネスの仕方を理解しないなんて、相当ダメすぎますでしょうに・・・。インド映画の買い付けは、あちらで3つくらい正規代理店ルートありますよね?ヒット作品になると言語の話があるので、テルグとか他地方とかヒンディとかで、代理店が3つくらいあうんですよ。中堅~大手さんは、そういうところで真っ当な商売してくださってると思いますけど、もう少しインド映画に理解があるようしっかり映画を好きなファンの方に顔の向いた、実際裾野増えてるんですから、インド映画に偏見捨ててしっかり商売してください。お願いします~~。映画を選択する仕事をする人の眼をもっと世界広げていただけますよう心から願います(実際、ハリウッドだってディズニーやFOXとか、どれだけ近年インド映画にビジネスしてると思います?ハリウッドですら動いてるのに、日本だけ動きが悪いとか、あまりにも選択の幅が狭いというのは日本のセンスが恥ずかしいです・・・。泣)
by AkaneChiba | 2015-08-07 20:01 | Bollywood | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

多忙にて
at 2017-11-22 22:55
東京国際映画祭の中のインド映..
at 2017-10-14 23:21
ネットで日本語で見れるインド..
at 2017-10-11 02:06
ネットで 日本語で見れるイン..
at 2017-10-11 02:04
IFFJ 2017 映画紹介..
at 2017-09-30 03:35

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

> あかん人さん ご無..
by AkaneChiba at 17:48
ご無沙汰しております。 ..
by あかん人 at 19:33
this looks v..
by rajesh at 20:33
युकिकोさんブログ..
by AkaneChiba at 23:51
その節は、お声をかけてい..
by युकिको at 15:00
> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ