遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Coming Soon--才能の南インド1 『Baahubali』 

ちょっとだけ、今年の南インド映画の先取りをしてみようと思います。、もちろんインドでの話です。
------------------
 あたしは今のところボリウッド中心に観ていますが、もちろん他の地域の映画も大好きです。日本人だからどこの地域とか拘らないで、よかったらどんどんウケ入れちゃうのよね(笑) で、日本でも上映してくれた「マッキ―」「あなたがいてこそ」S.S.Rajamauli 監督の次の作品が、物凄いらしい~~~!!とインド人の妄想に妄想が膨らんで(笑)、やたらめったら派手なプロモーションが繰り広げてられいます(笑)。この監督の作品は、一作品ごとに監督の力量がどんどん大きくなっていって、今回の映画は3年かけてCG遠慮なくつかって、大スペクタクル歴史巨編という趣の映画になっております。

  力の入れようが半端ないこの『Baahubali』 (英題;The One With Strong Arms)。正式名称は『Baahubali ~ The Beginning』 となっていて、え?ビギニングゥ~~?(ー▽ー;)。もしや続きもの?インド映画ではなっからこういう続ける気満々で作られる作品なんですか?こういうのは実は初めてなんじゃない?でもコケたら次は無いわよ・・・ほんと大丈夫かしら・・・一抹の不安・・・・ 
 インド映画で、ボリウッドの大手でも無けりゃぁWebサイトがあるとかあんまり見ることも無いんですが、この映画はOfficial Siteをしっかり作っておられます。Eegaも当時あったんだよね。テルグ語のまるっこい字が並ぶサイトでかわいかったんだよ(^^;)  Official Web http://www.baahubali.com/  しかも今回既にグッズ・ショッピングまであって(驚)どんだけ力入れてるんだよぉ~~~と、目を丸くしている(@@;) だ、だ・・・大丈夫ですか?(笑) テルグ映画いま力あるなぁ・・・(^^;)

『Baahubali』  S.S.Rajamouli監督 -2015




 インド観客の妄想に妄想を呼んだ(笑)映画のトレーラーが発表されて、2日で100万回アクセスがありましてちょっとそれは騒ぎになってましたね。そのさらに二日後くらいには200万回をあっさり超え、インド映画宣伝ネット配信のYoutube動画も乱立して、数言語で紹介がされています。始めはタミルとテルグだけの上映だったようですが、他にも数言語どうやら吹き替えがなされて上映がされそうです。

 結構こういうCG多様化した映画は、この近年ずっとインド映画は頑張って作っているのですが、粗さもまだまだありまして、それでも面白いのでタミルのラジニ様の 『ロボット』(原題:Enthiran、英題:The Robot)なんかも2010年に私たちを楽しませてくれました。2014年には全編モーションピクチャーでKochadaiiyaan などをやってみたりと、タミルも相当頑張ってますよね。Kocha~はラジニ様だから人入ってるけどヌルヌルCG過ぎたので、映画の評価は結構悪かったんですよ(^^;)。 ボリウッドは『Ra One』2011にありましたが(インド・スタッフの訓練兼ねて国外のCG会社と合同事業なことはどうもやっていた様子)、他にもアバター系の作品が作られてるという噂もあり、また普通に実写映画そのものはその手のCG処理も通常化しているのですが、AVATARのような作品・・・・まではまだまだ遠かったのが実情でした。
 この「Baahubali」は、インド版の アバター+300+ロードオブザ~ な歴史スペクタクルロマンな映画をどうやらつくってみたみたいで、いろんな事がインド初な部分もあるかもしれません。どこまで壮大な作品が出来ているか、私たちも楽しみにしてみましょう。

 が、モーションピクチャー系の映像を既に「マッキー」(Eega)2012の中で見せてくれているこの監督の、次回作がこの『Baahubali』3年の月日を経てこの夏に公開されるとあって、テルグ/タミルの人が大盛り上がりか???と思ったら!なんと、この映画、評判が評判を呼んで、ヒンディ吹き替えもKaran Joharがプロデュースでされることも決まっており(彼が出てくるとちょっとビックビジネスになる)、この監督の才能をインド国内の人は高く評価しているのだなということが良くわかります。ボリウッド作品はインド中で各地域の言語で吹き替えされて上映されますが、他の地域の映画は人気があったりすると北でも上映されヒンディで吹き替えたりして作られることがあるようです。いわばそれは出世?みたいなものなのでしょうか?
 またこの監督の作品は今までにも、他地域やボリウッドでリメイクがなされてきており、2001年の監督デビューから ここまでまだ11本の監督なのですが(地方映画は数こなして製作するタイプなのでこの監督は少ない方だと思います)、10年代に入ってからの南の才能の一人として、もっと評価されていい方だと思います。結構彼の映画はリメイクされまくってるよね(笑)
 
 またこの監督の配役はなかなか良くて、ラジャマウリ監督の起用は、お金のかかるスターを真っ先に使うような映画は作りません。あくまでも作品主体にありきなので、そこに合う役者を起用します。それもあって作品が評判を呼ぶことで、スターダムにのし上がるスターも現れ、晴れてヒンディデビューした Ram Charan、マッキーの Sudeep など、インドにある才能をインド中あるいは海外に知らせることになってもいます。
 じつは、「Magadheera」(2009)で、こういう歴史ものフヒィクションファンタジーな作品は一度作っているのですよね。(これも面白かったよーーー!字幕は無いけどCM付きでネットでフリーで落ちてたのでよかったら探してみてください。) 多少インド流などうしてもダンスなセオリーで作られてるのはテルグだからしょうがないのですが、それでも面白かったことでその時の評判が観客の頭にあるのだと思います。ここでRam Charan様の人気が不動になったわけですわね。

a0308487_332942.jpg 今回のキャスティングは、主演 Prabhas あああ!Milchiって映画の主人公だっ!名作らしいんだけどまだ観れてない~~~。(見ました!面白かったです。さすがガンジーの国(笑) 日本も映画界リベラル自称するくらいなら、こういう映画見つけて日本で配給するくらいの眼があればいいのにww) プラバス君は人気あるよね。私にはそれがどの程度の熱狂度なのかがわかりませんが、ファン層が熱い系なんですよ(^^;) 身体大きいので全体像カッコいいんですよ。

a0308487_3321310.jpg そして、も一人敵役?に、Rana Daggubati 君!!!!(愛してますう~~vvv ) ヒンディ、テルグに出演しているノッポのかっこいい彼が出ています。2015の「Baby」にもなかなか素敵な警官姿で単細胞警官チームの役をやってますが。(2012の 「Department」でいい役どころやってますよ。これサンジェイもバッチャンもかっちょええしw)。検索しててワロタww 検索窓に 「rana daggubati」 と入れたら、予測検索に「rana daggubati height」って(笑) 彼、でかいもんなぁ~~~(笑)

a0308487_3401042.jpg ヒロインは、テルグの女神さま Anushka Shetty 日本では「神さまがくれた娘」Deiva Thirumagalで彼女が出演しています。このBaahubaliの評判が聞こえたからかどうかよくわかりませんが、似たような歴史3D映画(舞台設定もにたようーな感じで)Rudhramadevi という映画がBaahubaliに先駆けて、Rana君だったり、Allu Arjun というスターだったりと、一本映画が封切られました。どうみても資金ノウハウあるうちに似たようなコピーもんでつくって(スタッフの訓練も兼ねて?)先に上映しちまおうとはぁ~(笑) 商魂たくましいその辺がインドだなぁ~と(笑) 映像もTVものにありがちなやっつけSFXwwでしたけどね(笑) なんでもAnushka様の神々しい姿が観たいっ!というファンの為の一本だろうということだそうで(某事情通より・笑)  他にも 美しいTamannaah や、いつもの名わき役Nassarさん、そして Eega以来再びラジャマウリと一緒に Sudeep様も出演。とても豪華な顔触れになっています。
 Officialサイトでは、各主な出演者のWallpaperがありますので、存分にPC等の壁紙に楽しんで見てください。

 この週末には、Music Lunchも催され、まぁインド流のダラダライベントでしたけど(笑) ツイッターのインドのキワードトレンドで 1位を取るなど、インドの方にも興味津津だったようです。


  この夏、インドは南がどうも熱い熱い映画プロモートとなりそうな気配ですね(^^)v その評判に違わない作品であることを期待して待ちたいと思います。

  @@北が夏場これといってなぁ・・・。コンスタントな佳作良作はあるものの、サルマンの映画が7月真ん中にあるくらいかなぁ。例のタイガーの監督さんだからそこそこ面白いとは思うけど。今年はアッキーがコンスタントに強い年という印象。シャーや大作は年末までお預け?
a0308487_4214975.jpg

by AkaneChiba | 2015-06-16 04:24 | Tollywood | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

多忙にて
at 2017-11-22 22:55
東京国際映画祭の中のインド映..
at 2017-10-14 23:21
ネットで日本語で見れるインド..
at 2017-10-11 02:06
ネットで 日本語で見れるイン..
at 2017-10-11 02:04
IFFJ 2017 映画紹介..
at 2017-09-30 03:35

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

> あかん人さん ご無..
by AkaneChiba at 17:48
ご無沙汰しております。 ..
by あかん人 at 19:33
this looks v..
by rajesh at 20:33
युकिकोさんブログ..
by AkaneChiba at 23:51
その節は、お声をかけてい..
by युकिको at 15:00
> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ