遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

人の評判ほど当てにならんもんは無い(笑)

 ここのサイトはインド映画初心者向けの方がきっと来ていると確信してその基準で書いてます。それを前提に。

<映画評を鵜呑みにしない>
 まず、映画評ですが、誰もが「いい映画だね~」というのは、まぁ間違いなくインド映画は外しません。ところが、新作等の噂話「この作品、評判もうひとつらしいねぇ~」とかいうのは、まぁっ!まず!十中八九!!!!アテになりません!_(^^;)。
 そんなの信じて見るのやめたら、後で絶対に後悔する作品が、インド映画にはゴロゴロ落ちています(笑)。というのは、これは変な傾向だと思うのですが、映画は必ずしも涙のハンカチだからイイ映画だとは限りませんし、インド映画はハリウッドリメイクのものもあるので、そういうリメイクは、IMDbのような欧米中心のサイトの評価では、わざとその評価を低く下げるような「お約束」をしているものもあります。
 こういうのは、白人社会のアジアへの蔑みなんかも半分はいっていますので、そこをまずは差し引いて見る目が養われます。あと中国と仲が悪こともあって特亜寄りの価値観の方は特亜にネガティブでポリティカルな部分がある映画をディスる傾向にあります(今の日本のメディアは本当にやばいです)。

 また、インド人のネットなんかで書いてる評価は、小難しい映画をインテリジェンスで好む傾向にあり、あと、宗教文化やカーストやらそういう差別的な価値観や、肌を晒すセクシーさなんかに対して否定的だったりする文化など、そういうのが絡み合うので、私たち日本人の眼で見る価値観で見ると、彼らにとっては低評価でも私たちの目から見れば「なんだこの映画はっーーーーー!!(>▽<)」っと喜ぶ映画が実はごろごろあるんですよね(笑) インド人はインド文化に誇りを持ってますので、愛国的インテリジェンスが評価されるインド色が強い映画は好まれますが、欧米的な映画だと途端に評価を下げる方もいますね(笑) 私らは外国人なので、それがインドだろうがなんだろうが楽しければいいので、映画見る価値観に判官贔屓になることも無い利点もあります。
 なので、必ず、自分の目で見て確かめてから、評価を考えることが大事になってきます。




 他にも興行成績の伸び方なんかで、前宣伝の盛り上がり具合で、同じ日に公開日とかの映画だと、せっかくの名作が他の人気作に埋もれちゃうなんてことがざらにある話なんですよね(笑) 私は後からDVDなりネットオンラインなりで、追いかけてますので、過去の作品については、そういう前評判などを知らないまま、先入観なしに見ることが出来ています。そこが、インド映画初心者にとっては、実はかなりのプラス面
 スター制度の通ってる映画世界なので宣伝もすごいし、また多くの大衆観衆がいる世界なので、かなり広告屋宣伝を鵜呑みにする傾向もあります。インテリジェンス層と下層階級との価値観の違いはとんでもなくあるので、一概にこうだとは言い切れない多様さを持っています。

 加えて日本語でインド映画批評をして下さる方は、いわばインドの専門家ですから、観慣れてる分、重厚な社会派な作品を好む傾向にあったり、またその方面の学問に連ねる方たちも少なくないようなので、そういう方々はインド文化については詳しいのはリスペクトすべきところが山のようにありますが、エンタテイメントなだけの映画等には、価値観がお固かったりするので評価が厳しかったりスルーされたりもします(笑)。しょうがないですよね、職業ですから(笑) 
 私は、とことん俗っぽく「面白かったら、なんでもいい!細けぇーーーことはいいんだよっ!ゞ(>▽<)/」タイプのとても一般的な映画ファンですのです、中味が全然っ!なくっても、その画面の良さだけで唸っちゃったり、喜んじゃったりする映画が大好きです。
 映画は一般大衆の観客のものなので、何も小難しいだけが映画じゃありませんし、無条件にその「楽しさ」だけを連ねてる映画も沢山あるので、こればっかりは見てみないことにはわからないと思います。
 人の噂はあてにしないで、まずは自分の眼で確かめてみてから、評価してみてはいかがでしょうかね(^^)v ネガティブ批評のモノは、疑ってかかっていいかもしれませんよ?(笑)


<DVD購入の際に>
 インド映画の泥沼にはまりだしますと、別に英語字幕でも全然構わなくなってきます(笑) 字幕無くてもわかる映画も沢山あって、セリフや脚本で見せる映画だとそういうのは困りますが、大方のインド映画は、英語字幕が付いてれば、なんとかわかるものだらけです(笑)
 で、海外向けオンラインで課金されてるのだと、英語字幕でみれるので、新作も楽しめます。

 そこで、DVD購入して見てみようとする方には、「インド品質」ってのが頭に入ってないといけません。
日本のDVDメディアの品質とかは、世界のどこよりも品質がいいんですよ。インドあたりだと、プラスティックケースの質や、メディアそのものの質の低いのはざらにあって当たり前、新品なのにディスク面に傷がある~~なんて普通でして、観れるだけでマシ(笑) 見れれば問題ないので、擦り傷程度で文句言ってるような購入者だと、インド映画を(世界の商品そのものを)見る資格が無いかもしれません(笑)
 そのあたりはおおらかに「見れればいいさ~」を基準に、日本並みの高い品質を求めるのはお門違いだと思います。それでも大手は品質がかなり向上してきているので、インドの経済成長の躍進を見守りながら、その品質がどこまで質が良くなってくるかを楽しみに待ってみようと思います。
 メディア止めてる円盤の真ん中がへこまないから、あれ?っとみたら、型抜けてないとかザラですからね(笑) プラスティックの一定の品質がまだまだなのと、おそらく精密機器の精度が金型の精度が甘いんだと思います(笑)。工業機械は日本は相当に精度高いのが当たり前になってるので、そこに至るまではインドはまだ長い時間かかるかもしれませんね。

 私の気にいってるサイトに、インド雑貨購入サイトのブログがありますが、そちらの商品品質に関する店長のブログは面白いので、一度覗いてみてください(^^)v (参考ブログ ティラキタ駱駝通信より「邪悪なミッキーがきた」)こういう価値観などを参考にして、ながーーい眼でインド映画メディアの購入については、おおらかに構えて探してみてください。

 もちろん輸入代理店なんかでは、メディアエラーで観れないモノ等は、交換してくれるお店もあるので、そこは良いお店を自分で探してみてください。店頭販売だと偽物(笑)と気付かずに買っちゃう場合もあるので、日本レベルの品質ではなく、世界基準の商品を買う自己責任意識が求められますので、判断が難しいのもあります。騙されても映像がちゃんと見れるならそれでいいやぁ~(笑)くらいのゆるさがインドDVD販売関連には必要な意識かもしれません。 

 比較的品質がいいのは、ボリウッドものの有名スターの作品で、大手会社が関わってるものは、東南アジア向け市場欧州向け市場(リージョンコードがあるので、そこは自分で確認を)なものは、製品品質多少マシですね。本国インドの正規品だと、欠陥品率、あたり率(笑)が高くなるのも、まぁその辺ぜんぶひっくるめて「インドらしさ」を堪能出来れば、インド映画入門の門の端くらいには立てたかもしれません(笑)

<例えばそんなetc>
a0308487_3123089.jpg 2006年の話をしましょう。サルマン・カーンの「Jaan-E-Mann」という映画があります。これ名作なので、サルマンの映画ですから、さぞや人が入ったのだろうと思って調べてみたら、シャールクが昔のDON(ディリップ・クマールやアミターブ・バッチャンの)をリメイクすると言うので、この年のインド映画はその話題でもちきりだったのと封切り日が同じ日だったので、このDONに全部かっさらわれてFlopしてしまったそうです。あら、なんと不運な(笑)

 さて、2014年の一本で、以前にも書きましたがIMDBに政治カルト集団が嫌がらせをしたので評価が最低になってしまっている映画に「GUNDAY」がある話を描きましたが、中味は面白いマサラムービーになっています。痛快で男の熱い友情と、眼に眼福なイケメンがの雄乳(笑)がツボになる映画となってますww
 他にも、KILL/DILLも音楽はいいのですが、評判はいまいちでしたが観てみると、いやいやなかなかどうして、9曲も音楽詰まってる映画なんてのはなかなか無い映画だな~と頭使わず無条件に楽しかった一本になってました。ストーリーだけをみる映画観賞眼の無い人には、ダンスが面白くないのかも知れませんが、ランヴィール・シンが一作前の「GUNDAY」で変な団体に言いがかりのいちゃもんつけられたので、パキスタン系俳優/シンガーのアリ・ザファー君と共演の形をとり、大スター様のゴヴィンダを配置して地固めせねばならなかった配慮があるのではないかと、私は読んでいます。

 リティックの「Bang Bang!」は、シェークスピア翻案の映画「Haider」シャヒド主演と同じ日に封切りでして、世界中どこでも文芸作品は客の入りは地味なものです(笑)それよりもリティックの魅力、「裸」(笑)満載!!ハリウッド・リメイク(これはFOXオフィシャル・リメイクです。)で、映画の初日に人が入りました。
「イマイチらしいよねぇ・・・」なんて噂話を聞きますが、とんでもないっ!!むちゃくちゃ面白いですよっ!(笑) 男の裸なんか見ても楽しくないわ―って男性には、そりゃぁ~ウケは悪いかもしれませんがね(笑) 映画観客の世界は女性で周ってる日本で、この映画リティック日本に紹介したら、キャーキャーいうのは間違いないですよね(笑) この映画普通に女子会で流したら、キャーキャー言いながら見そうww 

 もうひとつ、この「Bang Bang!」について解説を付け加えるのなら、ダイヤモンドをめぐっての争いになるアクションですが、このダイヤの名前が「コーイヌール」!!インドのマハラジャが持ってた巨大なダイヤで、植民地になった時、イギリス王室に献上されたダイヤのことです。世界の歴史に名前が出てくるダイヤモンドなんですよ。だからですかね?ダンスシーンの中で、実は軽ーっく英国をディスっています。時計台の前で踊ったり、小チベット文化のところを映してたりするのは、英国への嫌味がほんのり軽くあるのかしらと(笑)。

 他にも、そんな例は、山のようにあるインド映画の世界を、余計な先入観にとらわれたり、必ずしもインド流に日本人が無理して同じ視点に立つことは無くてもいいので(ってかそれは無理ww)「今のあなたの価値観の眼で」観てみることをオススメします。

そういうわけで、この興行収入についての表をwikipediaから掲載。
a0308487_0152191.jpg
ほら?Bang Bang! そんなに成績悪くは無いでしょう?
人の噂話など、ほんっとにっ!アテにならないことを、あなたの眼で確かめてくださいね(^^)/


  @@政治/思想的理由で、映画の評価をわざと下げる人たちがいることは、ちょっと知っておくほうがいいですよ。意外にそんな人材が表舞台で闊歩してて、その人たちの言うことを真に受ける信者みたいな人たちもいます。そういう人たちは明らかに表看板は美辞麗句を並べてるだけの、表現の自由を冒涜している人たちです。私はこの世の人類最大の大罪/愚行は、焚書と文革だと思っております。
by AkaneChiba | 2015-01-17 18:37 | 映画全般 | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

マサラ上映7月『バーフバリ ..
at 2017-06-24 00:47
映画『Amen』 -2013..
at 2017-06-13 00:31
今夜のRanveer CL決..
at 2017-06-03 01:12
6月 7月 インド映画 日本..
at 2017-05-15 00:30
雑記 再掲SI〇〇Jについて..
at 2017-05-12 00:55

検索

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52
> ふんさん コメント..
by AkaneChiba at 13:10
あなたが誤解を招く文章書..
by ふん at 12:10
> 高田世界館スタッフ・..
by AkaneChiba at 00:14
akane様 初め..
by 高田世界館スタッフ・西山 at 16:53
「熱い解説を!」さん(で..
by AkaneChiba at 19:33

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ