遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『チェンナイ・エクスプレス』と『Chennai Express』は別物

 クラッシックの音楽の世界は、楽譜が全てだ。作曲者の意思をそこから読み取る作業を通して、演奏者/指揮者はその時代の息吹を、観客に伝える。そういうものだから、たったの一音でも飛ばしたり変えたりすることは許されない。その上で指揮者は指揮者なりの芸術的感性をその上に載せて観客に披露する。作曲者の意思は絶対であるものを、そこを自由にアドリブを書き加える世界になるなら、それはクラッシックではなく、ジャズのような世界に変わっていくかもしれない(単にリズムの種類の問題とは違う)。

 翻訳はどうだろう?いろんな国の言葉を誰しもがその意味を理解出来るよう「手助けする」のが「翻訳」の目的であって、元の作品の意図するところの意思は曲げることは許されないはずだ。ところが昨今報道のニュース記事ですらも、どーせ外国語が読めないだろう読者に対して「まるっきり嘘の/正反対の訳」をするような「ロクでもない記事」なんかを書く連中が、報道でも闊歩している。社の意向に沿った論調であっても、原文を当たって読める人材が増えた現代では、そんなまやかしは通用しないのに、未だそういう行動で、世論を操れると思ってる、愚かな奴らが、報道内部に散見されるのは、自分で自分の首を絞め購読者数を減らしていることにしかならない。読者は馬鹿でも愚かでも無い。そのことに気がつかない「言論を弄ぶ輩」たちは、早かれ遅かれ、駆逐されて行くであろう・・・。





 さて、映画の話は、どうだろう?映画の規制はひじょーーに複雑でこのところやたらめったら人権系の用語とかジェンダーについてのチェックをいれるというような規制があり、そういう規制や縛りに雁字搦めにされてることは知らないわけじゃない。それを頭を使ってなんとか潜り抜けてその作品にして表現の自由を確保しようとしてる映画という世界が一方であるわけで。それを翻訳するときに、翻訳者は、作品の意図を曲げてまで作品を翻訳するだろうか?いやいや、いくら安かろうがどうだろうが、仕事として引き受けたからには、最低限度の作品の意図を変えない製作者の意思を尊重する翻訳をするよう努めるのは、当たり前のことだと私は思いたい。

 が・・・・・・・・!!! まぁ映画の世界なんて酷い訳のものもわりとゴロゴロ転がってたりするのも無いわけではないんだが。古いどうでもいいような中味の映画だと、酷い英語訳もないわけじゃぁ~ない。 それでも、英語や欧州系の言葉だったら、習ってる人も少なくないので、おかしな訳をしたら(いくら字数制限があるとはいえ)、聴きとれる人間の裾野があるので、あまりに酷い訳だとそれは赦してもらえなかったりするだろう。映画の翻訳というのは、単に直訳するのとは違って「脚本に直す」というセンスも求められるものであるのだが、日本の映画産業の業界のおかしな因習や理屈が通じない旧体質さで、そんなに収入のある世界でも無いのも実は現実らしい。(日本だけやで、そんな愚かな業界体質持ってるのなんて・・・。今の日本は文化に関しては、ひじょおーーーーーに!三流後進国以下の意識しか持ってない現実があります。そのことにちゃんと気付け、ジジババども・・・・日本が本当に好きなら慢心するな・・・orz)だからかどうか知らないが、せっかくの人気作品でも、時に酷い翻訳をみないこともないわけではないんだが・・・・。

 今回、残念ながら、インド正規ライセンスのDVDで私は見ているので、しっかりした英語翻訳がついてる盤で、この映画を既に見ているのだ。 なので、日本語訳がどうなるか、ひじょーーに楽しみにして一応上映されると観に行ったら・・・・・・・・・・・・・・・・・・打ちのめされた・・・・orz 酷いよ・・・あの短い台詞のあの訳はないだろぉ・・・・(落涙)・・・最後のシーンにかかってる台詞なのに、それを変えちゃうなんてあまりにも・・・酷い・・・

そういう「私でもわかるブツクサいいたくなる翻訳」って点が、6箇所くらい、チェックいれてしもたよ、おれ・・・(/_;), ゆっとくけど私はまだインド映画を好きになって1年と10ヶ月で、200本ほどしかインド映画観れてないニワカだよ?ニワカ?そのニワカの私ですら「それはアカン/無いだろっ!!!(苦笑)」と言わせるような翻訳って・・・・・・ダメダメだろう・・・・・orz
仕事が安かったのかもしれないし、全然ヤルキなかったのかもしれないし、あるいは規制規制の言葉狩りにでも合ったのかもしれないけれど・・・・それでも!!私のようなニワカにすら、ダメ出しされるような仕事してちゃぁ~~~~ダメだろぉ~~~~~・・・・orz  どんなに少額でも最低限度のプロの仕事をしてくれよ・・(翻訳家にしても黒歴史にしかならない仕事/キャリアだよなぁ・・。なんか企業側がいろいろやってそうな裏事情ありそうだ・・・orz)

この映画の現在出ている上映されてる日本語翻訳は私は残念ながらオススメしません(キッパリ!)
おそらくシャールク映画というかヒンディ映画を全然っ!知らない人が翻訳してる可能性が高いので、インドの正規版で、DVDなりブルーレイなり英語字幕で手に入れて、観ることをオススメします。

例えばコチラね。Chennai Express DVD
http://ratna-bollywood.shop-pro.jp/?pid=65740683

英語辞書を片手に映画をみるのも、悪い話ではないと私は思います。そんなに複雑な脚本の映画でも無いので、是非、英語字幕でトライしてみてください。

そういうわけで、Chennai Express の映画評をネタバレ含んだ内容で、再度書く(現在執筆中)ことにしたいと思います。再度書きました。

 日本でどんな風に海外映画が扱われるかを知る意味では、日本DVDスルー版と、インド正規版とを比べてみるのは悪い話ではないと思います。そしてそれらを日本に紹介してくれる企業の姿勢も、消費者である私たちがその企業のスタンスを知ることができることになることは、とても大事なことだと思います。


  @@映画を愛するモノの風上にも置けないようなもので金とるなっ、日本の映画業界っ。商品を消費者に届けてるっていうプライドが、あんたらにはないんかっ!!(>_<)
by AkaneChiba | 2014-12-08 00:00 | そのほか | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

8月 インド映画 日本上映 ..
at 2017-08-02 23:47
宝塚星組「オーム・シャンティ..
at 2017-07-25 00:30
印活 日本の記事や、現地の記..
at 2017-07-16 18:53
マサラ上映7月『バーフバリ ..
at 2017-06-24 00:47
映画『Amen』 -2013..
at 2017-06-13 00:31

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

this looks v..
by rajesh at 20:33
युकिकोさんブログ..
by AkaneChiba at 23:51
その節は、お声をかけてい..
by युकिको at 15:00
> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52
> ふんさん コメント..
by AkaneChiba at 13:10
あなたが誤解を招く文章書..
by ふん at 12:10

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ