遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

この夏のインド映画、短評 2014

さて、この辺で、殆ど日本でのインド映画今年の上映、出尽くしたので各映画について個人評などを。

今年の私にとっての一番のインド映画は「バルフィ!人生に唄えば」です。当たり前で、王道ですが(笑)。次点に「あなたがいてこそ」 そして「ダバング」が続きます。楽しませてくれたダントツは、マサラしまくった「スチューデント・オブ・ザー・イヤー」ですかね(笑)。「神さまがくれた娘」「デリーに行こう」もしっかりみました。

 日本に入ってくるインド映画事情はひじょうに日本がビジネスが下手なこともあって、いろいろ複雑な思いをしてきているインド映画ファン。しかしボリウッド映画品質がワールドワイド品質なことだけはみな了解していて、そのことを素直に受け止めないガラパゴス日本興行や配給の世界だったのも、昨年のOSOに始まり「きっと、うまくいく」のボリ4の成功に気をよくして、このところマッキー等のインド映画ラッシュで少しは配給会社などの側が、インド映画の実力を理解してくれたんだっ!カンヌでも招待国がインド映画になってただろーーー!と、ちょっと浮かれ気分になっちゃってたんで、配給側の方針がしっかり立ち位置が変わって前向きになっているのかしらね?って喜んでいたので、そうではないだろう大手では無い買い付けしている「ダバング」とか、他のテルグ映画などが日本の観客に受け入れられますよう・・と願って、インド映画ファンは、そっちの後押しは随分やっていた。ちょっとそういうところは判官贔屓はいってるけどねw

 大手さんなら、向こうでも大手の映画である「バルフィ!」をちゃんと宣伝してくれるから・・・と、どこかしら油断をしておったのが、少なくとも私だけじゃなく大方のファンの本音であると思うが・・・(^^;)

ちーーーと油断してたわよ(^^〆)凸。 




 一発目の宣伝がスポーツ新聞にすら歪曲した記事になった先行試写会の宣伝文句が酷く、その日インド映画ファンが喧々囂々。過去に酷い日本の広告会社の宣伝で痛い目あわされてるという思いがあるのですよ。その後の一連のTVとかの宣伝とかの話では、バルフィは宣伝されていたようですが、マダム~や弁当のオマケのような宣伝にはなってなかったよね?雑誌の紹介なども真っ当な評価なので、こりゃ大丈夫だろうと・・・最初のだけがケチついただけ・・・だよね?と。
 しかし、上映館内トレーラーがあんまりみてない・・・・という映画ファンの噂を耳にしたときに、え?嘘だろ?単に偶然じゃないか?と思っておったのだが・・・(最近大手シネコン映画いってる暇がなかったからなぁ・・)。どうやらそれはマジ話なようだ・・・_ノ乙(、ン、)_
 大手シネコン、おれら観客舐めとんのか?ビジネスする気あるんか?そら、どらえもんかてわるかぁ~ないが、もう夏は終わりだろうが、子供が学校へ行くんだからそこをとって代わる大人が観に行く映画を推して宣伝しとるのフツーじゃろが、配給会社/宣伝会社は何をやっとる?大手シネコンでかかってる他の映画に比べても、この「バルフィ!人生に唄えば」の作品レベルが、CG誤魔化し映画なんかより、作品の質が抜きんでてるのはわかってるだろうに?アクションやCG映画ももちろんいいけど、感動作推し映画の宣伝もあって当然だろうに。

 そこで、今年のインド映画の日本の上映。 去年の山やそれに並ぶだけの「品質」の作品が、今年来てましたか?って話で言えば、あんだけ奥様方を足運ばせてる「マダム・イン・ニューヨーク」ですら!もちろん!いい映画だけど、インドでは良作・佳作の部類であって、インドの興行成績を揺るがせた作品ですか?っていうのでは、話が違ってくる(^^;) BoxOffice Mojo 最初週の公開資料 → コチラ http://www.boxofficemojo.com/movies/?page=weekend&id=englishvinglish.htm
 そんなことは、調べればすぐわかることでもあるが、映画を買い付けた側からの宣伝側は、お客に入ってほしいから、なすべきことはしっかりやったようだが、そこをシュリデビヴィ来日にまで結びついてるわけなのだが。そうなのだ、今年のインド映画の宣伝の傾向は、昨年の「きっと、うまくいく」に気を良くした連中がそれを踏襲してるわけではないことを、あたしらファンももっとしっかり気がついておくべきだったんだよ・・・orz。

 ここで、そういうインドの興行という点での話をちょこっと、補足。
昨年の「きっと、うまくいく」(3idiots -2009)は、今まで総合のボリウッド興行のレコードを3位(昨年2013の以降のタイトルには少々レコードにからくりがあるので昨年のタイトルをはずすと、実質一位かもしれない)というビックタイトルである。特記しておくがここに、ダバング(2010)、ダバング2ともランキング入りしている。

では、2012年のランキングをみてみよう。
http://www.bollymoviereviewz.com/2012/07/top-10-bollywood-movies-in-2012-by-box.html
昨年ボリ4で日本に来たうちの2本で、2012は「タイガー伝説のスパイ」(Ek Tha Tiger)が堂々の1位。その時と同じ年の作品「バルフィ!人生に唄えば」(Barfi !) が、実は「命ある限り」(Jav Tak Hai Haan)を押さえて一つ上にいる。(「闇の帝王DON ベルリン奪還作戦」DON2は2011の作品)
 同年2012に、Top20内に「スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!」(Student of the year)があり、10位にある「Son of Sardaar」は、今年日本で公開された「あなたがいてこそ」(Maryada Ramanna 2010)をヒンディ版でリメイクしたものだ。

 インドでもビッグヒットの映画もあれば、イイ映画だけど、日本で言えばミニシアターのような単館上映向け映画もあるわけで、「マダム・イン・ニューヨーク」(English Vinglish 2012)はそういう存在だと思っていただけるとわかりやすい。というかこの作品は諸外国でウケのイイ映画だ~とそういうわけで。(ただしいろいろ賞はあれこれ取っております) 日本での御大インド映画解説のブログでは、結婚の印のネックレスについての扱いなどをちらりと仄めかしてくれていますが、 それでもインドを知らない人でも理解が出来るストーリーになっています。ので、今回の日本上映でそこそこお客が入ったとて、これはちゃんとビジネスをした広告をした結果だとは、しっかり思える結果だとは思うのだが。

 それと合わせて宣伝されていたもう一つの映画「めぐり逢わせのお弁当」(The Lunch Box -2013)だが、こちらにいたっては、イルファン・カーン(ハリウッド知名度がある)のこっちでのネームバリューの基礎もあってのことなので、宣伝をかけたことにより、お客がコチラも入っている。・・・・のだが・・・。

 宣伝文句に「今のインド映画は唄わない踊らない」と言い方で宣伝をしている。今までのインド映画らしくない映画だといって宣伝しているわけだが・・・・・。 ちょっと待て??果たしてそうか?映画内容は、ひじょーーにインドを貫き通した作品だったぞ??。つまりは、インド映画ファンは漏れなく観に行っただろう作品ではあるけれど、アホみたいな紋切り型のTV宣伝にのせられてミニシアター系映画館のチケットを買った「御年輩のインド映画流が????な方々」には、歌や踊りが無いからといって果たしてこの映画がわかるのだろうか???という疑問が、映画を見終わった瞬間に私の中でわき上がった。これは相当難しい映画だ。インドについてかなりの知識を要する映画だからだ
 インド映画好きなら、簡単には主人公の名前はSaajanというが、インド映画好きならニヤニヤできてしまう、サンジェイ、マドゥーリ、サルマンの懐かしの名作「Saajan」と言うメロドラマ映画の名曲が映画の中に登場する。この映画は、いわばインド版シラノ・ド・ベルジュラックであり、顔の見えない相手への文通ラブレターがキーになっている映画でもあるので、あの名曲が流れることでインド映画ファンはニヤっとできるあたりの大きなツボがあるが、映画の中味の本質はそこではない。ダッパーワーラーの唄う讃歌の意味がわからない者にこの映画の「もやっ」っと結末を理解することが出来るのだろうか?なんだかんだと言いながら、全くもってひじょーーに難しいインド流を貫きとおした映画である。
 すくなくとも180本見たとはいえ、インド映画一年生の私には、これはかなり難解な映画に思えたのだ。ストーリーは追えるがそういうことではないのだ。終わった後にどう思うのかで頭と知識を使わせる映画になっているからだ。むしろこれなら、昨年のDAVIDの方がまだわかりやすかったし、あれなら日本人でも理解する人材は出てくるだろうに・・・
 そうなのだ、そういう難しい映画もインド映画にはあることを紹介するのならわからなくもないのだが、そこをすっとばして、とにかく興行に人を入れることだけ考えて、皆、判で押したように「イイ映画でした~」といってるが、ホンマか?それ?(^^;)凸 DON2のオチすらわからんような狭い浅い日本の今のインド映画の観客に、これがホンマにわかるんか???わかってないだろオレら?(@@;)

 なのに!!今回のインド映画の大トリを務めるボリウッドの2012の傑作、しかもわかりやすさでいうなら、今年紹介された映画の中で一番!!!わかりやすいだろう映画「バルフィ!人生に唄えば」の宣伝が、おかしなスポーツ新聞のタイトルに無残な紹介されて、翌日ツイッターでファンは皆怒ってて・・・って・・・マスメディアの連中は、ひたすら馬鹿なのか?配給会社が何にもわかってないのか?それとも観客へのイヤガラセかなんかなのか?(^^;)宣伝会社の、あるいは、配給会社の担当者、ほんまにビジネスする気あるんか?(追記:パブさんは宣伝頑張ってたそうですとのコメいただきました。うーん、あの一発目の記事であんな方向にいったのは一体なんでだったんでしょうか?マスコミ記事を書く側の思惑裁量次第ってこと?その辺事情が複雑そうでなぁ・・よぉ~わからん)

 話は、バルフィそのものに戻すが、上記のように「バルフィ!人生に唄えば」はいわば、シャールクわずかに押さえてひとつ上の価値を持つ映画でもあることは、映画を見ればおわかりいただけるであろうか?http://en.wikipedia.org/wiki/Barfi!
  というか、インド映画ファンがあんまりバルフィ!推しになっていなかったのは、大手がしかもTOHOでやってくれるので、みんな「そんな大手がやってくれるのなら、宣伝も大丈夫だろう」と安心してタカを括っていたからです。くっそーー、やっぱりしっかり大手でも、観客のオレ等がちゃんと監視してないとテキト-なことやりやがる客を馬鹿にしてるよな・・(^^;) というか、一番、期待度高い、しかもそれだけの品質のある「バルフィ!」素晴らしい傑作なんだから、インド映画がどうこうではなく、しっかり広告会社や配給会社が宣伝してくれると、 ダバング 大胆不敵」の方にばっかりわかってもらいたくていてたもんで・・・、ちょいっと油断してた・・・(^^;)

 とにもかくにも、今年の一番の誰もがわかりやすく誰がみても共感できる素晴らしい映画は「バルフィ!人生に唄えば」ですよ。インドとか関係なく。


 <補足>私のバルフィ!の評として、踊る踊らない基準でインド映画らしく無いなどと言ってる広告屋もおりますでしょうが、見終わったらやっぱり、この上なく「インド映画のメソッドで描かれてる映画」であることを明記しておきます。インド映画の定番パターンの一人の主人公、二人の異性、ラブストーリー、オマージュ満載、そしてどんでん返し・・・・この上なく、「ザ・インド映画」のメソッドで描かれた傑作映画となっておりますです、はいww(^^;)ww (後日映画評は別途かきます)



☆2014年前半分は、既に各映画評を書いています。

2月▽エージェント・ヴィノッド
 ・・・一週間上映東京だけ。私はDVD観賞。
 コチラ→http://osolove.exblog.jp/19680686/#AVINOD
2月▽神さまがくれた娘
 ・・・映画評はコチラ→http://osolove.exblog.jp/19575069/
4月▽デリーへ行こう
 ・・・映画評はコチラ→http://osolove.exblog.jp/19577245/
5月▽スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!
 ・・・映画評はコチラ→http://osolove.exblog.jp/19883797/


2014年 後半は、夏に一気に上映が重なりました。
6月▽「マダム・イン・ニューヨーク」
 ・・・これは前半に入れとくべき一本かもしれませんが、大阪はかなり遅れて上映始まってるので、後半枠です。映画評としては、とてもすっきりした一本の映画ですが、各細かいエピソードは自分にも跳ね返って身に覚えがあるような部分があるので、女性にはうける映画には違いないですが、インド人でなくてもという点で私はわりと普通レベル評価。特に反応したのは、サルマン・カーンのところと、アミターブがとなり逢わせた彼のナマ実況映画翻訳・・・は聴いてみたいぃ~~~(笑) あの光景はインド映画ファンなら誰もが憧れるシチュエーションかもしれませんわ(笑) そういう部分まで反応できると面白い映画かもね

7月▽「ダバング 大胆不敵」
 ・・・サルマン・カーンの大ヒットタイトル。これを見るから、今のサルマンがわかるという一本でもある。ダバングのその後にインド映画の流れに与えた影響は大きいエポック映画でもある。そのあたりは優秀なインド映画ファンのサイトで紹介されてます。頭使わずに豪快にすかっと!楽しんでほしい映画でもあります。
字幕が少々パンチ不足。豪快な漢のアクション映画に見合った強さが欲しかった。ムンニねえさんの踊りのシーンの曲に出てくる、シルパの色香に、カリーナのかわいさとありますが、カリーナとは言ってないのよね。ベボ=カリーナの愛称で歌ってるよね(これは、「スタローン in ハリウッド・トラブル」 とかも見てるとわかる)。他にも高位カースト=バラモンだし、いろいろそういう細かいところが直訳と言うわけにはいかないご様子でした。

8月▽「あなたがいてこそ」
 ・・・太秦の3本のインド映画祭りの中でも特に、これは気にいりました。先のダバングやバードシャーは既に見ていたタイトルだったので。バスター・キートンの映画を土台に、SSラジャマウリ監督の小品といえど才能が詰まってる素敵な一本でした。これは関東最終日楽日には観客席から自然と笑いや拍手が涌きおこるという幸せな観賞日ともなったそうで、映画マニアやインド映画ファンしか観に行かなかったかもしれない作品でありながら、そのファン達が満足した一本ともなったようです。音楽も素敵でした(^^)v 役者のネームバリューでつくる映画もありましょうが、そういうことではない映画を楽しむ一本として、そしてこの監督のファンが日本でも増えてくれることを願っています(^^)v

8月▽「バードシャー テルグの帝王」・・・後日記載

8月▽「めぐり逢わせのお弁当」・・・上記に記載。これを日本の観客が見るにはまだ観客の熟成が出来ずに早すぎた・・・映画評はコチラhttp://osolove.exblog.jp/20141347/

8月▽「バルフィ!人生に唄えば」 ... 一番!誰にでもオススメできる映画。映画評はコチラ。 http://osolove.exblog.jp/20130765


    @@やっぱり日本の映画会社って興行や宣伝って、どうなの?って品質だってのだけは、痛感させられた今年もやっぱりそうだったインド映画の日本上映でしたわ・・・_ノ乙(、ン、)_  せめて「バルフィ!」のような名作の映画に人だけでも入ってくれることを願ってやみません。
by AkaneChiba | 2014-08-25 04:03 | そのほか | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

マサラ上映7月『バーフバリ ..
at 2017-06-24 00:47
映画『Amen』 -2013..
at 2017-06-13 00:31
今夜のRanveer CL決..
at 2017-06-03 01:12
6月 7月 インド映画 日本..
at 2017-05-15 00:30
雑記 再掲SI〇〇Jについて..
at 2017-05-12 00:55

検索

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52
> ふんさん コメント..
by AkaneChiba at 13:10
あなたが誤解を招く文章書..
by ふん at 12:10
> 高田世界館スタッフ・..
by AkaneChiba at 00:14
akane様 初め..
by 高田世界館スタッフ・西山 at 16:53
「熱い解説を!」さん(で..
by AkaneChiba at 19:33

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ