遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

マサラ上映とかで観客戻したい映画界

 恋する輪廻は、文句なく!マサラ上映向けの映画なんですが、元祖日本でのマサラシステム映画は「ムトゥ踊るマハラジャ」やらのラジニ様映画。バーシャとかその時の模様の話とかその記録はかの有名インド映画ファンサイトで見れます。しかしインド映画だからっちゅーて何でもかんでもマサラ上映向きかといわれるとちょっとなぁ・・・(最近のボリウッドものは欧米化してるので踊りにくいのです。タミルやテルグなんかはそういうマサラなムービー多いですが)。映画の楽しみ方にLive感覚で楽しんでた時代もその昔はあったのを、私たちの時代になると他のことに気をとられて忘れていった・・・だけのことなんだがな。日本は映画が大衆娯楽の中心ではなくなっただけで、映画が大衆の娯楽の中心にある国では映画産業育ってるってことか。

 あ、ちなみに日本語Wikipedia恋する輪廻オム・シャンティ・オムのん今年初めには無かったんよね?気のせいだろうか?今できてる(笑)ちゅーか遅ぇーよ、中味薄いよ(笑) 俺が書いてもいい?って思うくらいつけたしたいぞw。 日本は本当に映画の中味見ないで配給決めてるよなぁ・・・といっつも思う(^^;) ちなみにドイツには熱烈なボリウッドファンがいますので、欧州のインド映画ファンサイトを巡るのには、この映画は欠かせない逸品なんです。日本の人がそういうこと知らないだけで。あたしも今年知って調べて、海外サイト追いかけてようやく知ったんですけどね(^^;)

 さて今、日本では映画館で客を入れるために新聞とかが記事にしたりとかしてマサラ上映をとり上げたりしてますが、映画に人が入らなくなったのは映画も含めてメディア業界の人たちが、大衆がどう思うかどう最前線で行動するかってのを置き去りにして、スポンサーから金撒きあげることばかりに頭使って慢心してきた結果だと思っています。



 向いてる方向を完全に「視聴者や観客ではなく、スポンサーを見てる」から方向間違ってる話で、日本のメディアが報道含めて何もかも面白くない理由はそこにある。 だってTVとかって「自分たちが思ってる記事にするためのインタビューの撮り方」をするんだもん(^^;) 台本最初にありき・・・なんだよねぇ。台本なんか無い社会に生きてるから、面白いのにさ(笑) 人って傲慢だよねぇ~自分の思う通りに他人が動いてくれると思ってるんだもん、そんなわけあるかいっ(笑)

 また、映画に人が入らなくなったのを、文明の進歩で駆逐されるツールの責任にばかりする人もいるけど、実際その側面もあるけど、単に面白いと思えるものを作ってきてないから人がそっぽ向いただけの話であって。責任を何かのせいにして映画界の人がお客を戻すための努力を業界全体でやってきたのか?っていう話になると、シネコン導入し全国それが一巡したあたり・・・ぐらいで、慢心しちゃったんじゃないか?って思ってる。シネコンは確かに映画に私が映画館に戻ったキッカケになったけど、糞みたいなものしかやって無くって・・・・、よっぽどで良品でない限りガックリして家路につくことも多かったのよ。大阪は特にダメ(;_;)

 なぜ面白くないものばかり作ってきちゃったのかは、ホントはね、その組織や構造をちょっと分析すりゃ理屈でわかるものを、自分たちに都合悪いことには目を閉じてきた視野の狭さ/閉鎖性が、映画に限らず「メディア全般の業界」にあるんだよ。自分たちの首を自分で絞めてしまっているだけなんだよね。日本がなんであんだけオタ同人イベントとかに集客力があるのか考えればすぐに答えがでることだよ(笑)。そして私たち観客側はその理由を既にもう生身の体験として知っている。 車が売れないと嘆く車メーカーがなんで売れないんか?って言ってる話を聞くと、オレラ、売れなくて当然だろっ?何言ってんだ経営者の馬鹿共?(^^;)って思うのだけど、それと大差が無いんだよなぁ・・・映画の話もね(^^;)。

 ちなみに、有名な音を一つ。これで1979年


そして 2000年6月


ツールのせいにしている内容なポップスの曲ながら、まぁ時代や世相を見事に切り取ってる名曲だよなぁ・・・。固有名詞が変わっただけながら、この二つを並べてみりゃ、人がツールのせいにしてることがよくわかる。これ数十年経っても人は同じことをきっと云ってるよ、きっと(笑)。(だからこそこの曲の名曲っぷり凄さっプリがよくわかるんだが)

 ま、マサラシステム/マサラ上映というスタイル面白いことは確実だが、付け焼刃の映画集客の為に記事にしたって話だと、映画そのものが面白くなけりゃ人は来ないワケでして、そこを映画の興行屋/配給屋は誤解をしてると、読み誤ってると思うかなぁ。 今回マサラで作ったものを、みんなで楽しんでほしくて勿体ないのであちこちにメールしてみたりもしたんだが(そう行動的にさせる何かがこの作品の出来にはあったんだけどw)、一部の熱い客と思われてるかも知れんのだが、いろいろ反応が「映画を愛してる人がいる」ってところで、波長が合えば、キターーー!なノリになるところがあって、観客が何を求めてるかを、映画館側は思う以上に理解してないもんなんだなぁ・・ってのは思ったかも。 ま、今年、一つ面白い上映館さんがあって、そこアクセル全開wフルスロットルなノリの上映館さんで、何度も足を運ばせていただきましたけどね(^^)v ってか遠いんだよ、電車賃思えば遠いのに、そこに足を向けさせる・・・これは小さな町のお店とかの企業努力の賜物ですね。観客のあたしもそこに呼応したんだよ。

 で、小さな上映館や製作側は見てもらいたい為に必死に頑張ってる感はあるんだが、必ずしも面白い映画が配給会社が買い付けし、興行/上映されてるとは言い難い日本。ちょっと映画の買い付けに関してはひじょーーに偏り過ぎてて改めてそのことを、今年インド映画をそれと認識して初めて知って、頭固すぎる日本の映画業界・・・と愕然とした。またこの間、映画談議してて「インド映画むちゃくちゃ面白いのになかなか上映環境不遇だし認知されないよね~」なんていってたら、「シネコンレベルの上映館でハリウッドクラススターペネロペクルスで日曜昼間観客4人」と答えが返ってきた(^^;)(まぁ派手ではない地味な映画だったらしいが)そこまで映画観客数酷いのか・・・・(苦笑)。 まだ、コアファンついてる分だけインド映画の方がマシだな(笑)

 映画館で映画をみる一番の難点は、値段にあるという人もいるけど、あたしゃ配給興行の縛りの問題が一番大きいと思っている。値段はどうとにでも企業努力で変えれるものだと思うんだわ。金持ってる年寄りからとって若いのに安くしたげればいいって話をこの間たかじんの委員会で津川氏が仰ってたが、そこだけが日本での映画の問題じゃないんだよねぇ。字幕世界同時配給仕入れる映画偏った宣伝方法大阪の物凄く変な上映状況風営法、他・・・さまざまに日本の社会構造の「高齢化/老朽化/硬直化」の結果がそこにあると思っている。日本の映画の集客の問題は、そのまま日本の社会構造の問題が反映されてるよね。 (あんま知られてないけど奈良市なんか上映館無いんだよね・・・寝倒れてる県だからしょうがないけどさぁ・・・橿原市にあるだけなのさ)
 そういうことに気がついて商売・ビジネスの在り方を、東京集中な配布方法では無い、地方の現場を観に行くことのない配給会社とか、ちょっと現場をもっと知らんといかんと思います。

 都会なんか、英語字幕なら世界同時公開で上映できるだろうし、シネコンの一つくらいシアター開けて有名どころじゃない映画でも一日数本「字幕とか無し、パンフとか無し」で流すくらいの度量あるなら、人は返ってくるかもしれないと思う。英語で宣伝すりゃ東京みたいな外人の多い地域だと一定集客あるだろ?香港だかみたいに、字幕とか関係なしに「映画流す」みたいな自由度があれば、いいのにねぇ。大画面と音響が、シネコンの一番の売りなのだから、そこで観る良さ再認識してもらわないと。ってか映像、気にかける映写技師はいても、音響気にかける上映技師は、日本少ねぇ・・・・・・・・・・・・・・orz  音楽に関しては耳音痴な日本人多いんでなかなか分かってもらえないけどねぇ。

 ま、難しい話は別にして、マサラ上映についてだが、マサラ向き映画となるとどうしても南インドな映画になるのは至極当然のことなんだが、日本で上映された昔の同じ映画ばかりでされてもちょっとなぁ・・ってのもある。その時代にそれを体験できなかったのはしょうがない話で、思い出や伝説はその時の中にあるから輝くわけで(^^)v DVD発売記念もあってムトゥがこの間されたが(おもしろそうだったよなぁ・・関東に行く金と暇あったら行ってるよ。でもない ^^;)、テレビの取材の人とかその過去の昔からやってきた人のとことかに取材に行けばいいのに(映画会社だかが自分とこの手柄にしたいのか?)そこにはいかんよなぁ・・・何故だ?あたしなんかマサラを知ってまだ数カ月でしかないのに調べたぞ?知ったぞ?(^^;) っちゅーか、そーゆー閉鎖性ちゅーか、メディア業界の姑息さ?みたいなもんが、この業界の会社が全く観客の側を向いてないってのを感じさせるっちゃー感じさせるわけで。 

 インド映画の魅力をもっと日本の人にわかってもらいたいっていう企画としてマサラ上映があるのなら私は嬉しいなぁ~。ただ何でもかんでもマサラにすりゃ客が来るとかってのはちょっと勘弁こうむりたい(^_^;) 
「きっと、うまくいく」をマサラ上映した様子とかどうだったのかだけは気になりまして、あれ一か所しか踊れんし落差がなぁ・・・ストーリー映画だし。無理矢理マサラ上映に向いてるかどうかはちょっと疑問。

 マッキーについては、クラッカーどころは満載だったので、この映画は効果音大げさにやってる面白さがあるので、クラッカーなマサラ映画ともいえると思います。(パシフィックリムは見損ねたんだが、インド映画では無いながらオタにはツボなノリな映画だったようで、きっとクラッカー鳴らし所がいっぱいの声援映画だったんじゃないかと・・・但しオタ限定なノリ。あ、世界閉じてる ^^;)

 次回は、マサラシステム/上映に向いてる映画ってどんなのあるの?とか、まぁ、ちょっとまとめてみます。マサラだけでなくても、観客が映画館で映画をみることが意味がある・・・って思える映画を、そういう商品を、上映館は配給会社はどう観客に届けるか・・・って、至極当然のどこの企業でもやってるビジネスを見なおす姿勢が、日本の映画業界全体に必要なんだと思います。
 各地方、上映館レベルを興行/配給する会社の側が、どこまで理解してるんだろうねぇ~(^^;)どんだけ現場にいってるんだろうねぇ(^^;) 


   @@商品の売れ行きは営業の頑張り次第で、営業と広告は別だからなぁ・・広告だけに頼りすぎてるから、商品売れないんだと私なんかは思うんだけど?違うかしら?(^^;)
by AkaneChiba | 2013-11-17 01:25 | イベント | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

多忙にて
at 2017-11-22 22:55
東京国際映画祭の中のインド映..
at 2017-10-14 23:21
ネットで日本語で見れるインド..
at 2017-10-11 02:06
ネットで 日本語で見れるイン..
at 2017-10-11 02:04
IFFJ 2017 映画紹介..
at 2017-09-30 03:35

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

> あかん人さん ご無..
by AkaneChiba at 17:48
ご無沙汰しております。 ..
by あかん人 at 19:33
this looks v..
by rajesh at 20:33
युकिकोさんブログ..
by AkaneChiba at 23:51
その節は、お声をかけてい..
by युकिको at 15:00
> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ