遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

映画『Jab Tak Hai Haan』(邦題:命ある限り) -2012 

命ある限り Jab Tak Hai Haan 
http://www.yashrajfilms.com/microsites/jthj/fullpage.html

命ある限り [DVD]

Happinet(SB)(D)

スコア:


これは文句なく!背景観る映画です!!
とにかく背景映像が、雄大で素晴らしいっっ!!!!
思わず「ラダックってどうやっていくの?」と一応ネットで検索したがなー!検索だけww (金無い暇ないから無理w) レーについての解説はブログ検索すると、日本語でも、その地方を観光として案内してくれてるサイトは見つかりますので、映画を観た後にでも、検索してみてちょ(^^)v

カトリーナ・カイフが、美人で若くて波にのっててダンスもセクシィ~♪と、そういう眼福さは、ラブロマンスというと敬遠しがちな殿方にも、堪能してほしい。ちゅうーか日本の殿方、そういうとこ話の筋で好き嫌いでどうこういうのではなく、ラブロマンスも数観て勉強してほしいもんだ。
 そういや後から知ったが、カトリーナは、映画の中ではパンジャビ語が出来ないの・・だが、、ヒンドゥ語が苦手なの・・・って地で行く話だった(NRIという存在っす。母国語喋れない人増えてるらしい)とは、ちょいと驚きです。(今は彼女もそんなことないみたいですが)

それと、これを飛行機の中で観た人はお気の毒・・・カットされまくりだったようで、その扱いは一体なんなの?とは思う。気の毒に、ちゃんとした作品を見せてもらえないカットされまくる理由は、やっぱり国際事情に配慮してるストーリーになってるからか?その辺の社会を読む人であること大事で、彼の映画はそこ読む意味でも、殿方には偏見持たずに実は観てほしいよねぇ。美男子に釣られる女性ばかりにクサする人も結構いるけど、そうじゃないよねぇ(笑)。

 それに、そんなことに囚われてると、インド映画の「音」の良さを「聴き逃す」し(笑)。



 音響の良い上映館で観ると、ロンドンシーンなんかは、背景回るシーンで、ちゃんと音が少し回ってる風なのがわかるんだよ。やりすぎない程度になんだけど。そういう職人たちの細かさを逃しちゃぁ~ダメだ。どこの映画でもやってるだろうことなんだけど、上映館のインド映画に対しての「上映方法への理解の無さ」を、各映画館巡りして散々に身に染みただけに、そんなことまでわかってしまった、日本の上映施設や小屋掛けの問題を改めてがっくりきたんだよなぁ・・・。インド映画はミュージカルなんだよ!日本には逆立ちしたって作れないミュージカルつくってるんだよ(><、)、そこは素直に日本映画界もスッキリ認めて、自分たちのモチベーションに昇華して変えていってくれ~~~!と心より願う。

 映画の中で、黒澤明監督を連想させるようなセリフになってた理由も、この映画の撮影中が、ちょうど黒澤100年に当たってたこともありますが、インド映画ってクレーンでアップとか多用してるんだけど、撮影技術とかそういう点でも黒澤監督への「リスペクト」を持ってんだよね。このチョプラ一家の他の映画の撮影隊の映像とかいくつかみて、いやまぁなるほどなぁ・・・と。なので、単にラブロマンスだから女性向け・・・と切り捨ててしまいがちな視野で観てしまいがちな殿方は、出来る限り、「そんなこと関係無く何でも見る」という眼を持ってほしいとあたしゃ思うのだが・・・どうだろう?(Devdasとか見たらひっくり返るよなぁ・・・ありゃ凄かった・・・orz)

 ラブ・ロマンスな部分の筋立てはさておき・・・というか、セリフも含めて「それ、あたしらシャールク萌えなファンがシャールクに向かって言いたいセリフが並んでるやん(><)」なので(笑)、アヌシュカなんかのセリフを心の中で反芻しながら観れる点もいいかも(笑)。 「ここは誰?僕はどこ?」なピヨピヨ状態は、ごめん、あたしは笑いが止まらなかった・・・(^^;) おれ、絶対、あの部分訳すなら、Who am I? Where is here? でなく、Who is here? Where am I?って訳すだろうなぁ・・・いやそれやったらお笑いになっちゃうからアカンが(^_^;) どーしても、ストーリー摺れしてるあたしは、お笑いにしかならん話。それをまぁ、よぉ~まとめたなぁ~と(笑)

 宗教的慣習と持病の肩でキスシーンとダンスがいまいちだったのは残念(相手がでかいとリフト出来ないww)ですが、シャールクのいつも必ず入ってる流れるワンカットで芝居追っていくシーンとか、役者冥利に尽きるシーン描いてもらってるよねと満足し、教会で神に真正面から喧嘩売ってるあたりが彼らしい~~筋立てで、そこもやっぱりニヤニヤしちゃう(笑) なんじゃかんじゃいうても、そういうことを映像の中で表現して主役がそれを演じるってことは、それに伴うリスクを背負う気持ちが無けりゃ出来ないわけで、あたしゃそのRockな彼の側面大好きですぜ(^^)v イスラム圏でもスターなかれが(本人もイスラム、嫁ヒンドゥ)が、キリスト教会で神に向かって、神って契約?するもんなん?ちゅーって喧嘩売ってるんですから、ニヤニヤが止まりませんわ(笑)  ああ、だから飛行機内の映画はカットされまくったのかしらん??面倒くせぇ~~~世の中だなぁ~(^^;) 

 で、もう一人のヒロイン、美・人・じ・ゃ・な・い・ですが(笑)プロポーション抜群のアヌシュカ・シャルマが、緑の中で元気いっぱいに跳ねまわる姿、アキラ役のシーンは「さすが!!!(><)」!と監督大絶賛。何本か見たインド映画の中で、緑の草原でスターが踊って跳ねまわる~~っちゅーインド映画のお家芸を観てきましたが、その教科書みたいな映像で加えて、アヌシュカが、美人じゃないところがかえってひじょーーに良い!という映像美になっておりまして・・・。Love me ? Hate me?っていうTシャツ着てるシーンなんかは、そういう論争がインドにゃあるのね?と思いながらも、あたしゃ彼女はRab neのときより、こっちの方が好きでございますともさっ!たぶん監督はもう歳だったから、全部が全部監督が撮ったとは思わないのですが(ロンドンシーンとかの一部音楽なところとかは息子?じゃないかと思ってるんだが)、草原ダンスシーンはやっぱ巨匠監督の撮影部分じゃろうと思う。(思うだけ。確認してないけど・笑) 

 ま、そういうところ、隅々まで「映画を作る」人たちが結集してる「インド映画の教科書」のようなラブストーリーと評したブログを見ましたが、あっぱれ!その表現はお見事でございます(>人<)パチパチパチパチパチ!

 ヤシュ・チョプラって、物凄くシャールクのことが気に入ってるみたいで、昔の映画で、お手手つないで演技指導してた何かのMakingみてさ(笑) 思わず笑っちゃったww まるで可愛い孫を愛でてるような愛に満ち溢れてたと考えるのはワシの穿ち過ぎ?だろうか・・・(^^;)
by AkaneChiba | 2013-10-01 23:18 | Bollywood | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

4月 インド映画日本上映20..
at 2017-03-24 04:28
Item Girl Hot ..
at 2017-03-21 21:39
Item Girl Hot ..
at 2017-03-21 02:57
「バーシャ!」デジタルリマス..
at 2017-03-10 00:01
マサラ上映「バーシャ!」準備..
at 2017-02-24 23:25

検索

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52
> ふんさん コメント..
by AkaneChiba at 13:10
あなたが誤解を招く文章書..
by ふん at 12:10
> 高田世界館スタッフ・..
by AkaneChiba at 00:14
akane様 初め..
by 高田世界館スタッフ・西山 at 16:53
「熱い解説を!」さん(で..
by AkaneChiba at 19:33
ありがとうございました!..
by 熱い解説を! at 23:31
どもども(^^) 悪役..
by AkaneChiba at 00:17
Amrish Puri様..
by 玻璃 at 21:22
玻璃さん、こんにちわ~..
by AkaneChiba at 16:19

ファン

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusso..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ