遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

映画『Ek Tha Tiger』(邦題:タイガー 伝説のスパイ)-2012

タイガー 伝説のスパイ Ek Tha Tiger
Official Site http://www.ekthatiger.com/

タイガー 伝説のスパイ [DVD]

Happinet(SB)(D)

スコア:


ボリウッド4の4作品で、うち2作品が「Yash Chopra製作」の映画だ。つまり金出してますってこと?
インド映画における「製作」の位置づけがまだわからんのだが、資金引っ張ってきたよってことだよね?企画から何からもしましたってことなのかな? 命ある限りは、監督本人の遺作となってしまった。タイガーは、アディティヤ・チョプラ製作になってる。監督は カービル・カーン。その辺のスタッフ、資金、事務所?事情とかもいろいろと面白そうだなぁ。誰かその辺解説かいてないかしらん?というか私はまだそういうのが、ボリ知って半年ではわからなさすぎる(^^;) 

 あたしがChopra一家が気に行った理由に「背景の映像がいつも雄大で素晴らしい」というのがある。
撮影隊がしっかり映像を撮ってくるので。でもまぁインド映画にはブルースクリ-ン前でスターが撮って、映像合成してるのも仰山あるんだけど、その合成具合がお笑いなのもまぁわりとあって、映像技術の発達と、「どこまで本人がそこでやるか」ってのは、今の映画の良しあしのバロメーターにもなってる。そこを量りながら観るのにうってつけな一本でもあるのが、この映画ともいえるかもなぁ。
 詳細は探し出せてはいないのだが、大阪で見た時に、初日ちょっとイベントやってて(この日は立ち見になった)、この映画を紹介してくれた在阪領事の方かな?が、「この映画はいろんな点でインド初!なことを盛り込んだ映画なので堪能して下さい」みたいなことを仰っていた。 アクションもそうだが、映像の編集も最近のインド映画によくみられる短いカットつないで展開させちゃう手法で、目がチカチカする人もいるかもしれないが。ロケーションの数が膨大なようで、あちゃこちゃ行ってるのは羨ましいし、観る側を楽しませてくれるぞw。金かけてるなぁ~~~(笑)なんて見ながらおもっとったんだが・・・・

 あれ?サルマンの映画って、確か・・・やっぱ父ちゃんとこのカーン一家んとこの映画つくり中心なことやってるよね。カーン一家の2世タレントだが、3カーンで一番映画稼いでるのは彼じゃないか?もしかして?と思う。(TVとかはギャラ別にして) ひじょーーに出てる作品が大衆的なので数、たくさん出てるので追いきれてないが。 プレームと言われるちょっと甘い役だというが、筋肉むっきむきなんで、育ちの良さもあって3カーンの中では一番スポーツできるんじゃないの?と思うんだが、ぼっちゃんなんで基本あんま努力してるようには見えない困った奴でもあるんで問題もいっぱい起こしてる、よくある2世3世俳優なんかにありがちなカワイイ男かもしれない(失礼か・笑)  芝居はいまいちな彼だが、キャラ立ちはしてるので、人気の理由もそこにあるか。

Dabangg (2010)の警官キャラいいよねぇ~。 あれはキャラ立ってて見た目だけで彼、当たり役だと思うので、甘い役ヒーロー路線より演技力もっと磨いて灰汁のある芝居を見せてほしい。顔、姿かたちは、これがボリウッド基準か!と見せてくれるところが良いんだわ。

 他にもあの手の風采だったら画面の中に映るアクシャイ・クマールとかもわたしゃ姿かたち好きだが、まだアクシャイいうほど観てないので、それをああだこうだと言いながら早く評価できるようになりたいわww



Ek Tha Tiger の面白さは、まぁサルちゃんのプライベートな困ったちゃんぶりはさておきそれを横に置いても監督たち一家が「映画を作る」ので、その「一家」たちの頑張り具合が映画を支えているともいえる。
 いろんなパクリ具合が「ザ・ボリウッド」らしくアクション・エンタなところは真似しまくってるネタをするのがこの人、主演映画にありがちか。映像手法についてはよくわからないが、インドのジェームスボンドな設定プロットでキャッチコピーにしとったが、そういやあのシーンどっかでみた構図よな・・・なぴょんぴょん飛んでる主人公観てて、2つくらい前の?007だっけ?あの黒人さんが飛び移って行く見事なOPシーン?というのを頭に思い浮かべていた。
 対パキスタンな話にしてるが、ちらりと国際会議の場に、ロシアに、シリアとプレート画面の中のテキスト置いて、ロケ地に選んでるのが、イスタンブールやらキューバやら アイルランド?な音楽で、スコットランド・アイルランドなバグパイプ、には、ちょーーっとニヤリニヤリとさせてくれる。

 ああ、初っていうのも、その辺の「国のチョイス」も初ってのもあるかもしれないなぁと。社会主義や共産圏、あるいは世界の自由主義圏とは反対側のところに近い筋につながるのを画面内に表現したのは、インド的には結構冒険?な「初」なのかもしれないと思ってみてた。サルちゃんとこ一家だけで映像作ってたのをその辺の縛りを超えたのもあるかもしれないし(別にいろんな監督で出てるからそんなに縛りがあるわけじゃないと思うんだが、製作状況とかどんなふうなんだろうな?)、なんでも製作過程上?か何かは知らないが、製作側も良くある話だが、揉めたゴシップでその辺をオープニングタイトルで現してるよなんてことがどっかで読んだな・・・
 何がいろいろ「初」だったのかは、そのうちいろんな英語サイトとかで仕入れることにするよ。日本語で情報落ちてるといいんだけど、まだそこまで日本はインド化進んでないよな・・(遠い目) 3カーンって何?ってレベルがまだまだ現状だもんな(笑)

 この映画で、ひとつだけ残念だったのは、ラテンを演奏してるのだが、いまいちリズムが悪い。エンディング曲はインドのリズムになっててお家芸な水を得た魚のごとくよかったのだが。他のラテンを演奏してるのに、全然ラテンじゃなかった点が気になった。優等生のラテンちゅーんがあって、クラッシック畑の演奏の人にラテンリズム刻ませたら、なんか違う・・・・っていうあれに似た演奏だったのが気になったところ。唯一のラテンらしかったのは、ストリートのトリオかカルテットのシーンだけで・・・・インド映画ってあんなにリズムがよいのに、こんなところで弱点だったなんてっ!と、インド映画はミュージカルなのに、リズムもいいのに、ラテンを解するところまではまだ勉強中というところか?そんなこたぁ~ないと思うんだが。(でも、昔の数十年前のオールドムービーでは、ビックバンドなフルバンの音は素晴らしかったよね?)

 ま、とりあえず、ブラジルの五輪もワールドカップもあるわけだし、どこの国でも国内だけに目を向けたところで、世界は南米に目を向けるのは既定の事実だから、彼らかて目を向けざるを得ないだろうて。海外に出てるインド人が南米文化を融合させて、国内に引っ張り込めると、またこれはこれで面白い「音楽」が出来ることを期待しよう。そういやバトミントンとかって公式種目にあったっけ?あるな。どんなスポーツに強いの?クリケットとか?(そういや実在の陸上選手のインド映画を今年公開してたな-Bhaag Milkha Bhaag-。あれ観たいんだよね。話はおそらく単純だろうが、彼関わるところの映画の音楽が、とてもセンス良いよね。あの手の世界大会とか、五輪のようなのにインドはどこまで関心あるんだろう?)
 ま、だからだな、エンディング曲は「水を得た魚」のごとくそこが際立って慣れてる出来の良さを感じたりなんかも(笑) 

NRIとかがニューヨークあたりの異文化が混在する音と、もちろん南米の音と、都会の洗練さと、インドのリズムを混在させて、マッシュアップさせるんじゃないかと思ってたりもするんだけどね。まだ10年くらいはかかるかな?でも彼らはすぐに追いつくと思うんだけどなぁ。音楽だけは・・・極めるとラテンに行きつくと、昔知り合いがゆってましたが、聴くだけ人間でもそれはわかるわぁ~~(^^;)

一応、ラテンな音もインドには無いわけじゃなく、ゴア地域の西洋音楽入りまくったラテンな音ってインドと南米よりもポルトガル風味のマリアッチ(どっちかっていうとマリアッチとファドの間の生煮えなぬるい南の音楽)融合してて面白いんだけど、なんちゃってマリアッチ、日本で言うたらマラゲーニャとかうたってるモト冬樹のあそこみたいなアレ(笑)なテイストが、なんか融合していくうちに→ ゴアトランスミュージックになっとって(この辺が意味不明なんだよなぁ・・・カオスちゅーか ^^;)  たぶん、土地柄、薬な話になるんじゃないかと・・・は思うが(不定外人の溜まり場になるような場所?はその手の話は日常茶飯事なのは、どこの国も一緒 ^^;)
まだまだ、タブーな話のところまで、そうそう大スターが映画の世界になるわけじゃなく、まぁそこ越える映画がインド映画にバンバン出てくると、本当にハリウッド超えるかなぁ・・・とは思います。

ま、サルちゃんは、大衆娯楽エンタで庶民に大人気~!なところの路線突っ走って、ちょっと悪めの灰汁のあるキャラってくれ!って思って気にいった超娯楽エンタ映画 Ek Tha Tiger でございました(^^)v 

ってかもうちょっとこの映画も評価してあげていいんじゃないかと思う。何がっていうかっていうと、やっぱり!日本映画にゃ出来ないロケと、街中を走りまわるアクションとか面白かったよなぁ・・・。007シーン風なテイストいっぱいだったかしらん?
by AkaneChiba | 2013-10-01 04:42 | Bollywood | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

東京国際映画祭の中のインド映..
at 2017-10-14 23:21
ネットで日本語で見れるインド..
at 2017-10-11 02:06
ネットで 日本語で見れるイン..
at 2017-10-11 02:04
IFFJ 2017 映画紹介..
at 2017-09-30 03:35
IFFJ 2017 映画紹介..
at 2017-09-30 02:57

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

> あかん人さん ご無..
by AkaneChiba at 17:48
ご無沙汰しております。 ..
by あかん人 at 19:33
this looks v..
by rajesh at 20:33
युकिकोさんブログ..
by AkaneChiba at 23:51
その節は、お声をかけてい..
by युकिको at 15:00
> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ