遅まきながら2013.2月にインド映画に恋をしてしまいました。


by Akane

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

10月 インド映画日本上映 2017 マサラもあるよ

 9月10月全部同じアーティクルに掲載してましたが、あまりに情報量が多いので、10月は別に分けました(^^;)。何しろ10月も映画ファンにとっては、あちこち映画祭シーズンでして、あれやこれやと興味は尽きないことと思います。
--------------
--◆映画祭情報10月◆--
<山形ドキュメンタリー映画祭 2017> 10月5日-12日
→ 山形ドキュメンタリー映画祭 公式サイト
 隔年で行われている山形ドキュメンタリー映画祭ですが、ドキュメンタリーはインドも多くつくられています。毎回インド方面の映画は必ず一本はありますね。

☆「あまねき調べ」(原題:Up Down & Sideways)

 映画の内容はどういうものかは、上記サイトをご覧ください。ここいつも地味ですがいい映画を持ってきてくれてますよね。インド映画もドキュメンタリーは力を入れて作っていることが多いので、他のタイトルに並んで、楽しんでみてください。



<高田世界館 ダバング大胆不敵 マサラ上映>
 あの高田世界館さんが、10月21日に3度目のマサラ上映を行うそうです。それもあのインド映画史のエポックメーキングとなったサルマン・カーンの代表作!「ダバング 大胆不敵」!!  
 この映画は、インド映画大好きなサラリーマンが自ら買い付けをして日本に持ってきたという稀有な来歴のある映画でして(過去に様々なインタビュー記事などもネットに残っております。)、日本では2014年に上映されましたが、のっけからプレス向け試写会でもマサラ上映をしたという、そして2014年、前年の「恋する輪廻」のマサラ上映の余韻もそのまま引きずって、各地でマサラ上映されまくったタイトルでもあります!私も、新宿、心斎橋、京都、塚口…とぎょーさんマサラ上映報告の記事書いてますね(^^;) 恥ずかしながら何回か前説なども務めさせていただきまして、ああお恥ずかしい(≧///≦;)。
 この映画、大画面で見るべき映画でして…銀幕のスターが画面にアップで映るとなんと気持ちよく「キマる!」という映画でもあります。主人公チュルブル・パンディ役の「サルマン・カーン」を日本の俳優に例えるなら、インド版の勝新のような魅力にあふれた俳優で、インドで一番人気のあるスターなんですよ。彼の映画は古くから日本でも紹介されてるのですが、残念ながら日本での知名度があまり無いのは残念です。インド一の悪童スターサルマン・カーン=チュルブル・パンディの「漢」の魅力が画面からダダ漏れにこれでもかーー!っっとあふれ出す、どこか昔の銀幕スターを思わせる痛快な一本になっておりますので、是非!大きな画面でその魅力と、マサラ上映の楽しさとを一緒に堪能してみてください(^^)/ 

またその時に作ったダンスマニュアルとかもありますのでよかったらご参考に(^^)/
★「ダバング 大胆不敵」マサラ上映、ダンスマニュアル
 http://osolove.exblog.jp/19832395/




<IFFJ 2017> 10月6日ー27日
 今年もやるようです。そろそろしっかりした運営でまともな翻訳と上映素材でよろしくお願いしますよ(^^;) → IFFJ公式サイト

ラインナップ:Sultan、Ae Dil Hai Mushkil、Badrinath Ki Dulhania、Udta Punjab、Shor Se Shuruaat、M.S. Dhoni: The Untold Story、Meri Pyaari Bindu、Befikre、Raman Raghav 2.0、Akira、That's What It's All About、Vazandar、Mantra、Happy Bhag Jayegi、Sarkar3、Dishoom 計16本

 マラーティ一本、ヒンディ15本。中には、インド人コミュニティによる日本上映した作品や、Netflixで既に公開されてる作品もありますね。私は半分は既に拝見してます。またこちらの項目は別アーティクル準備中です。
 私の個人的なオススメとしては、ラブコメドドラマ「
Happy Bhag Jayegi」 アクション刑事もの(コメディ含)「Dishoom」、シャヒドやアーリア必見の「Udta Punjab」等ですね。2016年はボリウッドは、スポーツものがかなりテーマになってまして、五輪イヤーであったことも含めてインドのスポーツ事情が分かると、映画も楽しいかもしれません。(インドはスポーツに関してはかなり独特な土壌なので、頑張って世界の他のスポーツを根付かせるような映画を作ってみたりしています。そういう経緯もあって2015-2016はインド映画はスポーツだいざいのものが、多く公開されていました)
 2016年は中堅ベテラン勢が、若手をがっちり支えて売ろうとしてるような、そういう映画が地道に作られていたので、そういう点にも着目ですね。ヴァルン・ダワン、アーリア・バットの勢いはなかなかですよ。


<東京国際映画祭2017> 10月25日-11月3日
→ 東京国際映画祭2017 公式サイト
 毎年、日本の大規模国際映画祭の花形!これが来ないと映画ファンには一年を過ごした期にはなれないというTIFF、2017.まだ詳細は発表されていませんので、しばらくゆっくりその情報が出るのを待ちたいと思います。 9/16 特別招待作品などの情報出てきましたね→コチラ
 去年はチケット販売のサーバーがバグって大騒ぎになってましたが、今年は落ち着きますでしょうかね?(^^;)


@@上記情報は、順次新しい情報が入り次第更新します。


引き続き巡回中、気になる映画祭
# by AkaneChiba | 2017-09-15 00:59 | インド映画全般 | Comments(2)

ICW Japan 9月23日-29日 新しいインド映画祭?

 なんでも一つ新しい映画祭が立ち上がったようです。ラインナップがむちゃくちゃ渋いですね!。関東しかこの無茶苦茶渋いラインナップが見れないのが残念ですわ。映像素材は気になりますが、SpaceboxJapanさん絡みだと、今のところボリウッドは上映素材はいいのをもって来てくれてますから、映画の内容、上映素材の質とともに、楽しみな映画祭になってくれるといいなと望みます。

<インディアン・シネマ・ウィーク・ジャパン>
 ICW Japan 9月23日-29日
 関東:キネカ大森、関西:イオンシネマ茨木にて
▽ICW Japanサイト→ https://icwjapan.com/ Facebook  Twitter
 
 今年初めて行われる映画祭のようです。映画素材の提携は、インド人コミュニティ上映でいろんな映画を日本に紹介してくださってるSpaceBox Japanさんのようです。主宰もかな?



<チケットについて>
関東と関西ではチケット購入方法が違うようです。
◆関東 キネカ大森にてチケット販売 
http://www.ttcg.jp/cineka_omori/topics/detail/54335
◆大阪は Spacebox Japan でご予約を。
Spacebox Japan サイト
詳細は、各サイトにお問い合わせを。


<ラインナップ>
「Lingaa」
 IMDb Wikipedia OfficialTrailer 2014 タミル

 2014年、ラジニ様、アクション・ドラマ・御大神様聖人様ムービー(笑)スケールのデカいのはラジニ様ゆえかしらん?w とにかく文句なく、ラジニ様命の方々には、ラジニ様を崇拝していただける一本ですね。私はマレー盤のしか見れてないのでカットされてたのかな?大阪ではこれしか上映が無いのですが楽しみです。


「Pink」
IMDb Wikipedia OfficialTrailer 2016 ヒンディ

 昨年話題のアミターブ・ジーの法廷もの。うらぶれた老弁護士のアミタブ・ジーも文句なく素晴らしいですが、あまり昨年のボリウッドはあまり面白く無いものが多かった中でも、そこはさすがアミタブ様の映画。重い題材な法廷ドラマスリラーものは脚本の良さが不可欠ですし、その脚本のクオリティと、インドの女性の立場の社会に切り込んだ珠玉の一本となっています。ここ数年のアミタブさまの映画の中では私はこれが好きですね。本国でも興行成績も相当よかった一本となりました。アミタブさまの映画ってコンスタントに一定数集客力はあるけど、興行成績はむちゃくちゃ上がるというわけでは無いので、ここ数年の中でも興行も良かった一本となりました。


「Soodhu Kavvum」
 IMDb Wikipedia OfficialTrailer 2013 タミル

 今回、タミル映画を他4本の様子ですが、どれもなんか渋そうな映画を見って来てくれてますね。このNalan Kumarasamy監督 他にも面白そうな映画を撮ってそうな方ですね。2013年当時の製作費2croreで、興行成績50croreとはこれまた優秀なヒット作ですね。トレーラーのBGMもかっちょええw サウスの映画は製作費が豊富では無いので、2時間ぐらいにスッキリまとめた良い脚本の映画を、コンスタントに輩出していますが、これもブラックコメディ・フィルムとなっています。あーーーこういうの大好きーーーみたいーーーー!(><) 手際のよい誘拐ビジネスをしている主人公たちが、ある狂言誘拐に巻き込まれて…というような内容のお話のようです。ネットで見かける評判も相当高い!!!どうして関東しか上映ないんだーー(><、)


「Indru Netru Nalai」
 IMDb Wikipedia OfficialTrailer 2015 タミル

 あ、アルヤさんがでてるw カメオかな?なんと!インド映画に珍しくSFではないですか!Wikipediaを見るとSFコメディとなっております。タイトルからもわかるように「今日、昨日、明日」なのでタイムマシンものですね。これもまたIMDbの評価も高い!ネットで検索すると、このタイトルほんとに評価高い!!むっちゃみたい!!!タミル映画もCGが多様される時代になってきてると、映像にお金を支払えると面白いものが作れそうで羨ましいです。タイムマシンものでは昨年「24」というタミルスター・スーリヤによるものすごい映画がありましたが、その一年前ですか。誰ですかこんなラインナップ引っ張ってきた人は!!あー、どれも見てぇぇ~~_(_ _;)


「Maya」
 IMDb Wikipedia OfficialTrailer 2015 タミル

 Wikipediaを見ると、Neo-Noir ホラー映画となっています。フィルム・ノアールというのは退廃的な暗い雰囲気の「犯罪映画」のことを指しますが、それをスタイリッシュにモダンに演出したものを「ネオ・ノアール」と言います。この映画はタミル版、ネオ・ノアールのホラー映画ということのようです。Neo-Noirに分類されてる映画にはこんなリストもあるようです。あ、あんな映画やこんな映画があるある!インド映画はこのところしっかり欧米スタイルなホラー映画を作ってきていまして、スリラーやホラーは映画を作るスタッフを育てるので、こういう映画がコンスタントにしっかり作られているのはインド映画の今の実力を示してますよね。
 ところで、インドでは悪の女性の代名詞は「マヤ」というんですよね。ラーマヤナから来てるのかな?


「Demonte Colony」
 IMDb Wikipedia OfficialTrailer 2015 タミル

 こりゃまたホラーが二つも。典型的なホラースリラーですかね。特殊メイクも見ものなのかな?魔法陣とかそういうのは、キリスト教系オカルトホラーのテイストですから、インド映画でそういうテイストってのは、どんなふうに受け入れられてるんでしょう?このところサウスもので、ホラーに限らずスリラーものをよく見るんですが、いづれも演出他、教科書通りなものでありながらまんまと騙されちゃったりしてまして(^^;) 演出の技量の確かさに毎回やられた!ってなってます。
 デモンテってなんでしょう?土地の名前?だとイタリアになるみたいですが人の名前や土地の名前の固有名詞のようです。スラングだと激しいとか野性的…ってのもでてきますね。「悪魔」のラテン語か何かの活用かなんかかしら?とも思ったんですが、フツーに「デモンテ・コロニー」デモンテ地域?みたいなタイトルですかね。
 そういや他の映画でもそうですけど、南の映画ではよく「Colony」ってキーワード出てきますね。「ひとつの集落」が一種の仲間として繋がっていて(おそらく住む場所もその地域で同カーストなのだろうと思います)、そういう集落単位で起きる事件やドラマなどの映画もよく見ます。
 二つもホラーをチョイスしている理由が何なのかはわかりませんが、ま、何か特徴的な着眼点とかでそういう映画が比較できるのかな?



<何がいいかな?>
 残念ながら私あまりサウスは詳しくないので、まだまだ勉強中ですが、サウスは予算の無い分アイデアや映画への情熱、あるいは若い才能あるスタッフの訓練などの場にもなってます。そして勢いがある面白い映画も次々生まれています。製作費が少ないのでインド映画の常である3時間近く…というような長い映画では無く、2時間くらいで終わる映画もたくさん作っていますので、脚本のしっかり練られたすっきりした作品がみられることも多くそれも魅力でもあります。
 上のラインナップからだと私が興味持ったのは、誘拐の話とタイムマシンの映画ですね。有名どころは見ちゃってるので、あまり見ることのできない映画に興味がわきます。
 関東に居られる方にはこちらの今回初の映画祭は、なかなかツボな良いラインナップのものを拝見できるかもしれません。どうか皆さんで足を運んでいただいて、次回には関西でも除上出来るよう
評判をお聞かせ願って、どしどし感想聞かせてくださいね(^^)/

 タミル語だったら翻訳できる人多そうだから、ヒンディは上映権が高いけど、タミルで大スターではないマニアックなところならいい脚本の映画を持ってこれる気がしますね。ただそれを選別する人の眼が相当に、サウス映画通でないと持ってこれないのかな?この映画祭の日本とのパイプのアドバイザーさんに、このチョイスについて聞いて見たいですね(^^)v


研究会・上映会
# by AkaneChiba | 2017-09-12 19:48 | インド映画全般 | Comments(0)

『カンフー・ヨガ』は12月 インド映画他、雑談

 9~10月は映画祭シーズンインド映画もいくつか拝見できます。11月にはTIFFですし、どうやらこの辺でもデカい一作が来そうな気もしますね。昨年に引き続き京都ヒストリカBaahubali2やってくれないかなぁ…(願望)。さて、日本で上映されるという噂のインド映画や、実際上映される映画についての雑談をしてみましょうか。
-----------------

<映画「カンフー・ヨガ」>2017年12月日本公開
 (中題:「功夫瑜伽」英題:「Kung Fu Yoga 」 マンダリン;「Gong fu yu jia」)
IMDb Wikipedia OfficialTrailer  日本Facebook 日本公式Twitter 日本Trailer
 今年2017年正月、中国とインドで公開されたジャッキー・チェンの映画。中国・インドの合作で、インド映画ファンにもおいしい一本となっています。ライバル役に「ダバング 大胆不敵」の悪役のボリウッドスターSonu Sood(ソヌ・スード)、ジャッキーも踊るダンスシーンのコレオグラファー(ダンス・振り付け監督)に「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」監督Farah Kahn(ファラー・カーン)も一部参加(多分クレジットはされてないと思う。その時の模様の映像は前に見た)と、インド映画界がずっと望んでいた『ジャッキーと映画を撮りたい!』という望みが叶った映画でもあるのです。



 企画が持ち上がったのはモディ首相が就任したころかしらね?一応、中印関係を大人の対話しましょうねという挨拶したかしないかぐらいの頃での友好ムードのあったころでしたし、それから数年今はちょっと両国の関係は微妙になってますが、インド国内の映画ファン昔からブルース・リーやジャッキー・チェンが大好きでインドでも上映もなされていたようで、インド映画界は香港映画界とも良い交流をずっとしてきてもいます。ワイヤー・アクションなどのアクション指導なども、香港・中国映画界から招聘しインド映画にそのノウハウを還元するということも積極的にやってもいます(技術畑の人材交流も盛んです)。香港でのインド映画の上映も盛んになされていて、以前から中国全土で有名どころのインド映画が上映されてます(日本だけですね、インド映画に疎いのは)。
 今年はアーミルの「Dangal」(インドでは2016年枠、中国では2017年から公開)が中国本土で興行成績が記録的な大ヒットになったようで、インド国外でのアーミルの興行成績も驚異的な数字に伸びてもいます。もちろん中国本土では上映できるインド映画はそのスターも内容も限られてもいますが(香港はわりと自由に上映できてるけど、本土はそういうわけにはいかないようです)、民間レベルの映画ビジネスでの交流では、印中の間というのは悪い関係ではない様子。ま、政治は別の話ですからね(^^;) (それでも政治は別の話でも、中国にとってマイナスになるような内容の映画を出すインド映画への警戒はありまして、そういう横槍で中国系の記事では、インドスターを叩くような記事なんかが書かれたりしてたこともありますよ。シャールクは中国にいちゃもんつけられてたことがありましたね・笑)
 政治の絡むことの無い中味が超娯楽で楽しめる映画でなら中印の合作もこのようにして出来る…というこのジャッキーの1本かもしれません。リティックの「Krrish」(2007)などは程小東がアクション監督として招聘されてますし、そういう長い間の中国映画界との交流の下地が出来上がっててついに御大「ジャッキー」とのインド映画のコラボが出来た…というところでしょうか?
 シャールクはジャッキーに会いたかったらしく、この中印合作映画でソヌさんやファラー女史がジャッキーと一緒に仕事できたのが羨ましかったようで自身のツイッターでそれについて触れていたこともあります(笑) 過去の共演のオファーを出したけど実現しなかったとかというような噂話も残ってますね(笑) そういやこの映画インド公開前にもサルマンもジャッキーにあったみたいで、仕事で別のところにいたシャールクちょっといじけてた?(笑)
 気兼ねなくジャッキー・チェンのファンもインド映画のファンも楽しめる一本となってるので、この12月公開のジャッキーの映画を楽しみにしたいと思います(^^)v 意外に日本での公開早かったな(^^;)


<中国で上映されたインド映画「Dangal」 >
 中国では、Baahubaliの前編は実はアタリませんでしたが(^^;)。でも後編はもっと大きな会社がプロモートしたらしく興行成績はどうなったのでしょう? 先にも書きましたように実は昨年のアーミルの映画「Dangal」が、中国で相当な興行成績を上げ大ヒットとなりました。以前から、中国は「スポーツに対しては公平な目を持つ」と言われてて、スポーツ分野で活躍している日本選手でも、中国では一定の尊敬を集めています。スポーツや文化においては、政治の壁は一般人には無く、強いアスリート選手はその人気は「アジアの誇り」として受け入れられています。スポーツ部門でアジア人種が体格的に不利であることを中国の人もよく理解しているんだと思います。それでもスポーツは中国にとっては国威発揚と表裏一体なので、日本の選手団は政治を背景にした中国側からの嫌がらせとか、中国などのスポーツ競技会会場では受けることもありますが、欧米諸国に負けずに成績を残したアジアの一流アスリートへの一般の人気は、ひじょーーに高いのです。
 そういう『スポーツに対して公平な目を持つ中国一般人』という土壌で、女子レスリングのスポ根、頑固親父と娘のサクセス・ストーリーという『Dangal』という映画は、べたべたの演出ながら中国人の琴線に触れたようで大ヒットとなりました。インドと中国は政治的にはかなり微妙な関係があり、今現在もブータンでインド軍と中共軍のにらみ合い(2017年春から夏現在まで)も現在進行形で起きてるような不安定さはありますが、政治と文化は別のところにありますね。(というか政治向きのことは、中国は言論統制が酷いですから中国民は実情知らないかもしれませんね)
 その中国でインド映画の「Dangal」がウケているニュースを聞いたとき、中国ってそういうわかりやすいベタさ、お涙頂戴とか、大いに通用するんだなぁ~という、日本に入ってきている中国映画などの芸術性の高さや高尚さとは一線を画した「わかりやすいエンタメ」がビジネスになるのだと、改めて大衆文化なんだと思いました。
 映画は面白いですし、ちゃんと父娘の確執や物語にもなってますし、定番な話ながらも演出も音楽も一級の作品になっています。またやりすぎというくらいインドの映画は演出が過剰でもありますので(笑)、そのインド流の演出過剰さもわかりやすさも人気につながったのかもしれません。 

 私は個人的にはこの映画はもちろん「面白い」と思いましたが、2016年はずば抜けてスゴイ映画は、他に2本優秀な作品が輩出されてるので(「24」と「Shivaay」)、「Dangal」が最高というほどには入れ込んではいません。スポ根が食傷気味の人にはベタ過ぎに映るかもしれませんし、インド価値観の女性の扱い方のテーマが、世界に遅れること10年は古い気がするので、まだそこをテーマに照準充てて作ってるのか…感が私には感じられたのです。世界中どこでも誰しもが考える社会における女性観のテーマでありながら、欧米ではまだその先を進んだ作品を輩出しています。でもまだ、東アジア、インド、西アジアでの「社会での女性の位置」がその、欧米で表現されているところにまで達していないところを見たので、私にはこの作品は今一つとなってしまったのです。頭の固い封建的な頑固おやじの役どころをアーミルは好演してはいますけどね(笑)。
 この映画の中国での盛り上がりもあって、日本でもいろんな記事が書かれていましたが、正直そこはちょっと気に入りません。アーミルの映画ばかり日本でインド映画を見たいわけでは無いからです。アーミル以外にも!優秀な映画は沢山あるので、わざわざ権利料の高いアーミルだけに固執する「日本」にはなって欲しくないという気持ちがあります。この数年のアーミルの映画の良さはどれも素晴らしいですが、アーミルの役者としてのパフォーマンスの話をすると「今まで以上に超えている」と感じるものはなく、元の映画そのもののストーリーの質の高さが、映画のヒット要因になっているように思います。(そういう意味では、「PK」「Dhoom3」「3idiots」と大ヒットではありますが、彼の芝居が一皮むけたのはまだもう一つ古い時期かなぁ‥と思うので。)

 中国であたってるからと日本に持ってきたとしても、中国人と日本人は大きく思考も好みも違うますので、中国と日本を同じカテゴリにくくるだろう『インド映画売り込みの側の東アジア部門担当の営業マン』に、日本と中国を一緒にされると、日本はハナハダ迷惑至極です(^^;) ベタなドラマですから当然ヒットはするでしょうが「PK」や「3idiots」を超えるとは到底思えないのです。そろそろ日本でのインド映画の上映もアーミル頼りはなく他のスターの作品も、しっかり面白い作品を日本に引っ張ってきてほしくありますね。なので日本で盛り上げようと記事をいっぱい書いてるのを見ましたが、同じ高い権料でインド映画を買うのなら「Dangal」よりいい映画他にもなんぼでもありますので、それを探していただきとぉございます。

 アーミルばっかりじゃなく、他のスターの映画ひっぱってきてよ~~(^^;) そこが本音です(笑)。私たちは中国人とは違います。自由な民主主義の国にいるということは、価値観や視野が広く保てるのです。今更スポ根でお涙頂戴は必要ありません(^^;) 同じお涙頂戴で、同じ高いお金を出すなら「Bajirangi Bhaijaan」を持ってくるくらいなら、誰もが納得する範囲になれると思いますけどね(国境を跨った話なんで今の左派映画人とか好きでしょ?w 映画左派がこれ否定したら私、大笑いしますよw 左派なんてファッションでやってるんですか?ってねw)。せっかくなんで、近年のサルマンの一番出来が良かった作品の「Bajirangi Bhaijaan」あたりを一般公開してくれませんかね?それでも2年前の作品なんですよ‥(^^;)


<買い付けの噂のある映画、噂になるだろう映画>
 サルマンの映画はなかなか日本では理解してもらえないのは残念で、「Bhajirangi Bhaijaan」(2015年、Baahubariと並んで世界で話題になったインド映画)などは、日本も買ったのではないか?という噂もあったのですが(ここ数年のサルマンの大名作ですよ)、どこかに話は消えてしまいましたね(^^;)
 というわけで2018年の2月ラジニ様のロボットの続編「2.0」が本国インドで公開されますが、ぜひとも!!!日本でも「2.0」を公開お願いしたいと願います。え?またラジニ様?という方もおられるかもしれませんが、私の目的は違います、敵役の「アクシャイ・クマール」!!! アッキーの再評価をラジニ映画を通じて、日本の映画ファンに再度知っていただきたいと、そう心から願っていますので…。というかアッキー映画の紹介、このブログでも結構してるよね?年4本ほど発表してるし、そのうちの一本は必ず脚本の良い映画をやってるので、今年も「Jolly LLB2」「Toilet : Ek Prem Katha」と絶好調ですね。
 もちろんアーミルはいい役者ですがアーミル映画ばっかり買うのもどうかしてますし、近年1~2年に1本しか映画を取ってないスタンスの彼で、必ずしも毎回面白いと断言できるとも言い難い「インド独特の事情」も合わせ持ってるインドスター。それだけに一人のスターだけに売り上げを過信しすぎると大損をしますし、売れてるからとあちらの国側が間違いなく!値段を釣り上げてくるでしょうから、それをペイできるとは言えないと断言します。寧ろそのタイトルを選ぶなら、他にもっと!日本人が好みそうなしかも優秀なストーリーで、もっとお安いタイトルが他のスターで引っ張ってこれる…という現実があるからです。株だっていろんな銘柄の株を買って、そのリスクを分散させるものです。映画っていうのもそれと同じです。いろんなスターの映画をチョイスして、映画の興行収入のリスクヘッジを出来るノウハウを持っていなければいけません。(←配給会社の映画を見ないで買い付け判断するアホの上司幹部説き伏せる喩えにでも、お使いください(^^;))

 なんでも「Queen」(2014)を日本が買ったとか買わないとか噂を聞きつけたのですが、この9月にミニシアターが主催する映画祭のラインナップの内の1本に入っているようです。話は音楽も素敵な若い現代の女性の為の自分探しの旅:ロードムービーとなってますので、まだの方は是非!ご覧になってみてください。
 ただ私はもぉwおばさんなので(笑)自分探しの旅wなんて青臭いことゆってられない現実に塗れてるのでw、同じ主演女優(カンガナ・ラナウト)の映画なら「Queen」より「Rangoon」(2016)買って…(^人^;)と私は思ってます。何しろ製作費が全く違う上に、日本人俳優も出てますしカンガナだけでなく、サイフやシャヒドを見る価値がある映画になってもいます。…とそう思ってるうちにNetflixで日本語字幕で配信されていますね。
 「Queen」のような自分探しの旅映画で、そのジャンルで飛びぬけた演出やストーリーで欧米市場をもあっと驚かせた…というような作品なら「Queen」持ってくるってのも悪くないでしょうが、インドという国には必要な主張の「女性の自分探しの旅を、頭の固いインドで女性の自立を社会に示す」過程の一本であっても、世界市場をめぐる範疇でこの映画を考えたとしたら別段「ああ、そんなものよね(^^;)」で終わってしまう「自分探しの旅モノ映画」(^^;) イイ映画には違いないですが「インドが世界の枠に追いついた」だけで「世界を越えて唸らせる映画では無い」のがちと残念です(音楽いいけどね)。そしてその発表年にはもっと他に「世界を唸らせるだけの映画」を何本もあの国では輩出しています(^^;)。そういう『さらに優秀なタイトル』に視野を広げないでそこそこ無難な映画に手を出すバイヤーの選定眼や、それにOKだした人の「映画を見る眼」がなんだかもったいなく感じることも最近ではありますね。

 中国話に戻って、中国と日本が、同じ営業先のカテゴリーとしてインド側に考えられているのなら、それは本当に勘弁してほしいです。中国は言論統制の国です、日本は言論の自由がある国ですので、自由主義の価値観は欧米側の方が受け入れやすいです。中国では、バーフバリもそうですが、PK(2014)もいうほどいきませんでした。理由は簡単です。王国勃興は中共にとっては困る思想ですし、中共に都合のいい宗教批判のPKであっても「複雑な脚本の機微」が大衆にはウケず、頭を使うものは大衆は好みません。でも!日本は観客側に「それを理解できるだけの自由な思想を持つ国」でもありますので、日本では当然昨年「PK」はウケましたし、ハリウッドを見慣れている日本人には映像の勢いや面白さは今年「バーフバリ」でハートをつかむこととなりました。これは日本は欧米価値観に近い「価値観」で、映画を選択していることの表れでもあると思います。

 大スター映画で同じヒンディ映画として、DangalよりもBajirangi Bhaijaan …これが出来ない日本の買い付け会社であるなら、そのバイヤーはプロをやめるべきだと思います(^^;) これらはみな少し古い2013、2014、2015までの作品で、2016年でDangalですが、私が2016年の中から選定して大手でスターものでもってくるなら「Dangal」は選びません。「Shivaay」か「24」の2択です。…だったのにインド人コミュニティ上映や、他の映画祭に手をつけられてしまってひじょーーに残念でしょうがありませんです(^^;)。今からでもいいので「Shivaay」や「24」を良い劇場で大画面で見ることは叶いませんでしょうか?(あまりにも勿体なさすぎる…orz)。 たった一人のスターにだけ固執せず、優秀な作品を日本に引っ張ってこれるインド通な中堅~大手映画会社さん…というのが日本には本当に心底欲しいです。いないわけではないはずなんですけどねぇ‥(^^;) 間を介するバイヤーはダメです。バイヤーはどんなもんでも売り切ったら終わりですから(^^;) そして現在、日本に売ってるインド映画のバイヤーはあまり質がいいとは言えない状況のようです…舐められてる?(苦笑)

 そういうわけで、もし中国で当たったからと「Dangal」を考えてるような日本バイヤーがいましたら悪いことは言いません、そのお金をしっかりプールしておいて、他のもっと優秀な人気のある作品のためにお金を置いておきましょう。そして今のインドにはそういう作品を輩出できるだけの力が、がーーっつり!あることは疑う余地がないことを宣言しておきます。Bajirangi Bhaijaan(2015 ヒンディ映画)は ほんとにどうして噂あったのに、出てこないんですかね?これは本当にもったいないと思うのですがねぇ…まぁ同年のBaahubali(2015 テルグ映画)が凄すぎたので、後回しにされちゃったのかもしれませんがね…。


バーフバリ2の日本での上映は?
# by AkaneChiba | 2017-09-03 00:45 | 映画全般 | Comments(0)

9月 インド映画日本上映 2017

 さてイベント/映画祭の季節がやってきます。引き続き公開中の映画も。インド映画だけに限らずアジア映画もこの時とばかりにいろんな国の映画が見れる秋の映画時期ですね。おや?新しいインド映画の映画祭が立ち上がった??
追記:9月10月情報があまりに増えたので、10月は別のアーティクルに分けました(^^;)
-----------------
<公開中 インド映画>
 ★「裁き」(Court -2014) Wikipedia IMDb Trailer
 マラーティ/ヒンディ/グジャラート/英語
 
 先月から上映始まっています。大阪は9/2~ 神戸・京都も順次公開。やっと大阪で見れるので、なんとか時間を作っていくわ。


--◆映画祭情報 9月◆--

<あいち国際女性映画祭>
 9月6日~10日
 さて、まず秋の映画祭の第一弾として、恒例のあいち国際女性映画祭(公式サイト)から、インド映画をここもやって下さいますが、東京国際で昨年上映した「ファイナルラウンド」や「ブルカの中の口紅」が見れるようです。
 9月を皮切りに始まる映画祭は『愛知』から~なので、そこはしっかりチェックですね。

★「ファイナル・ラウンド」-2016 タミル語 111分
(英題:Final Round [原題: Irudhi Suttru ])
Wikipedia →IMDb →AIWFF2017のページ
 
 この映画はヒンディ版でもタミル版でも上映されてますので、両方トレーラー乗せときますか。
Saala Khadoos ヒンディ版


Irudhi Suttru  タミル版 Trailer



★「ブルカの中の口紅」-2016 ヒンディ語 116分
(英題:Lipstick Under My Burkha [原題: Lipstick Waale Sapne ])
 →本国公式サイト →IMDb →AIWIFF2017のページ
 Trailer

 他にも、愛知のこの映画祭は、近い地域国の映画も他ありますので、インド映画以外にも目を向けてみてくださいね。


<アジアフォーカス福岡国際映画祭> 9月15日-24日
 なんと!アジアフォーカス福岡国際映画祭では、どうやらシャールクの「FAN」が上映されるようです!lこれはウレシイ!!!(><) →アジアフォーカス公式サイトのFANの紹介

★「FAN」 -2016 ヒンディ語 Wikipedia Official Site IMDb

https://www.youtube.com/watch?v=nkS_Ar0Yad0

 こちらアジアフォーカスは毎年映画祭の予算も規模も大きく、他にも魅力的な映画がいっぱい紹介されてますので、是非!このインド映画以外でも、楽しんでください。今年はタイ特集のようですね。いきてぇ~~~(><、)

 ちなみにこの映画については、私もこのブログでも2回も紹介しています。(▽
映画「FAN」-2016 /▽・FANとインド音楽について よかったらご参考に(^^)/


<インディアン・シネマ・ウィーク・ジャパン>ICW Japan
 9月23日-29日  
関東:キネカ大森、関西:イオンシネマ茨木にて

------追記:情報出ました!2017.08.31
 ICW Japan 公式サイト → https://icwjapan.com/ Facebook  Twitter

 今年初めて行われる映画祭のようです。映画素材の提携は、インド人コミュニティ上映でいろんな映画を日本に紹介してくださってるSpaceBox Japanさんのようです。


ラインナップ:
Lingaa(←こちらのみ大阪と東京)、
他東京上映のみ→ Pink、 Soodhu Kavvum、Indru Netru Nalai、 Maya、 Demonte Colony

 ラインナップを見る限り、むちゃくちゃ内容渋いです!南インド映画メインですが、タイトル選別のセンスは、ちょっとチャライ他の映画祭とは一線を画してる気はします。問題は上映素材とかがどうなのか、映画祭に向けての告知やその準備期間が、大丈夫なのか?というくらい情報が遅いのが気になってはおりますが…(一カ月切ってるわけでして…しかも他の映画祭などのイベントの時期に重なるとか…)。映画マニアは他の場所に足を運んでいそうなので、特にインド映画に特化したファンが足を運ぶかどうか?がカギになるミニ映画祭と、上のラインナップを見て思いました。
 
私も一応上映映画のトレーラー集めて、Wikipediaとかアーティクル起してみましたが、このラインナップについての公式サイトの映画紹介は、かなりしっかり充実してますね。
 誘拐のとタイムマシンのが私は見たい~~(><、) でも関東行けないぃ~~(苦笑)
 

<プリヤンカのドラマが!>
 ちょっとインド映画関連で、プリヤンカの「クワンティコ」がシーズン2がアメリカで放送されてたのは知ってましたが、日本でもDlifeで9月23日~シーズン2が放送されます!祝!(>▽<)
 
 プリヤンカ姐さんについては、以前にも「クワンティコ」美人の名前はプリヤンカの記事で紹介させていただいてますので、良かったらそちらぞどうぞ。
 前回もセクシーで美しく強い女性を好演してくれていましたが、美人なだけでなくしっかりアクションもこなすボリウッドそしてハリウッド女優なので、日本でも映画はかなり前から紹介されてるのでファンも多いです。どうぞシーズン2もCIA捜査官?となった彼女の活躍を楽しみにしてみてください。
 そういやドゥエイン・ジョンソンとの映画でもこの間出てましたね。Baywatchでしたか。ハリウッドでのインド女優は、なかなかまだその地位や認識は広いわけではありませんが、今や全米人気TVドラマのヒロインスターですから、今後の映画の活躍も楽しみです(^^) 最近なぜかインドの地方助成・認知度広める貢献も兼ねて、ヒンディ以外の映画のプロデューサーなんかもやってます、ベンガルとかマラーティーとかSikkimese?。本人出演の作品は軸足はインドよりアメリカがメインになっていますね。去年は音楽シーンでもこんなのにも参加してますね。益々の彼女のワールドワイドの活躍を楽しみに、ドラマを見たいと思います(^^)


余談…<したまちコメディ映画祭>
 http://www.shitacome.jp/2017/program/
 あああ!今年はしたこめにはインド系とかない。「きっと、うまくいく」はここからの上映がきっかけでしたがね。マッキーもやってくれたんだっけ?今年は日本の映画が中心っぽくってそれも気になりますね。話題の高橋一生君!(このブログ管理人もマジで直虎ハマりました、一生君に政次にメロメロです…(^^;)の映画もあるし!! でも小松政夫さんのコメディ賞とか気になります!!ま、インド映画に関係ないので、余談ですけどね(^^;) 映画をあちこちに見に行ける時間と資金が本当に欲しい…


国連UNHCR難民映画祭2017 9月30日-11月12日
 ドキュメンタリーなどが中心で
西アジア~アジア地域を見る映画祭もあります。
国連UNHCR難民映画祭2017

 開催都市:東京、札幌、名古屋、大阪、福岡、広島 で、順次回るようです。こちらは、映画の製作は欧米系になってるものも多いので、その方面から見た現地を取材などして撮った映画というのが多いようです。シリアの辺りの話など、西アジア~アジア方面などの映画もありますので、是非チェックしてみてください。
 インド映画を知るのは、その周辺諸国やそこから西の地域の中東に渡る部分も、映画としてしる機会の入り口にもなりますので。


<ちょっとインド映画以外で>
 大阪アジアン映画祭で話題にもなった、「十年」順次公開中です。

 

 インド映画ではなく香港映画ですが、内容がセンシティブなので、中国では上映禁止になっている映画です。「本国で上映が出来ない」という映画界が本来持ってる反骨心を映像化できている香港映画界。言論統制のひかれている中国で、言論・表現の自由を標榜するということはこういうことも多々あるでしょう。そこを反骨で貫くのは映画人の誇りともいえる行動でもあると言えます。


つづき…
# by AkaneChiba | 2017-08-29 01:24 | インド映画全般 | Comments(0)

8月 インド映画 日本上映 2017

 ああああああ!!Netflixにはインターミッションのシーンがないっ!o(><、o)
訳のわからないところでショック受けてるモレですδ(^^;) ちゅーか一応いろいろ見てるんですが(翻訳誰かも気になってw)、有名どころは大方英語字幕で見てしまっているので気がつかなかったのですが、さっき一度見たおバカコメディを日本語字幕で見たら…ないっ!!Intermissionシーンが!!しかもあれ重要!!!っていうストーリーの転換点に繋がるワンシーンがすっ飛んでおった…_ノ乙(、ン、)_ ダメだ、Netflixインターナショナル版にしちゃってるのでカットするのはわかるんだが、やはりIntermissionシーンを削ったらダメだっ!o(><o) 作り手はそこまで丁寧にちゃんと脚本に中に演出含めて取り入れてるんだから、それを尊重しないインターナショナル版はやっぱりダメだっ!o(><o)
---------------------
 …と興奮状態から気を取り直して…(^^;) 8月のインド映画上映の予定をば…

<インド映画上映>
 公開中の映画が、順次回っております。というか目新しいのがございません(^^;) 他のアジア映画は面白そうなの色々あるんですが…。まぁアジア映画とインド映画は同じカテゴリーの枠で割かれちゃう日本なので、東アジアの映画が強いと、インド映画は角に追いやられてしまいます(/_;),というわけで、夏場に新しいインド映画を見たい方は、是非、インド人向けコミュニティの上映の方をチェックしてみてください。では、巡回一般上映中のインド映画の件↓

☆「バーフバリ 伝説誕生」
もまだ好評、巡回中ですので是非お見逃しなく!8月中は、鹿児島 ガーデンズシネマ、兵庫 シネ・ピピア、岡山  シネマ・クレール とまだやってますので、まだ劇場で見てない方は是非にでも!!

 バーフバリ2続編については、一応、ツインさんからは今年中の話が出てるようなので、しばらくお待ちを。私は勝手な予想ですが、これはまず映画祭上映とかからきて全国上映になるのじゃないかと思ってますがどうでしょう(^^;) 昨年みたく京都ヒストリカやってくれないかな?後編が来るとかはないかな?(^^;) 東京国際ぐらいバーンと言って欲しい気持ちもあるが、さてさて(^^;)

 ★「裁き」(Court -2014) Wikipedia IMDb Trailer
 マラーティ/ヒンディ/グジャラート/英語
 先月から上映始まっています。順次巡回で、社会派映画なもんだから、関西回ってくるの遅い…o(><,o) 大阪は9/2~ 神戸・京都も順次公開。
 先月、関東から始まっていまして、せっかくの映画内容なのに、わざと今の日本の政治に無理矢理からめるような共謀罪がだとか映画宣伝評とか見てて、映画そのものの良さを見てくれない日本の馬鹿な評論家/映画関係者に少し腹を立てています。そういうところで余計な先入観をもって私はこの映画は判断してほしくないのですが…。
 ついでに言えば、そういう評論を書いてる人はインド映画を全然っ!わかってないし、インドの政治も全くっ何にもわかってないです(^^;)。そんなことインド映画初心者数年の素人の私に言わせてる時点で、そいつらが如何にいい加減でそれでお金をもらって仕事してるって、日本の映画業界ってどんだけレベル低いのよ(^^;)ってのが、私だけじゃなくインド映画が大好きなファンの総意ですよ。(そんなレベルの低い仕事してるから、勘違いした素人が映画界に足突っ込むんだよ…いい加減にしろよ、エンタメ方面に本当に日本はプロがいない)
 って、わけで、映画は是非見に行って欲しいですが、日本でこの映画について書いてるインド映画をさっぱり知りもしない評論家もどきの余計な余談に惑わされずに!ww 楽しんでください(^^)v 

//----ちょっと知って欲しいこと--------
 この映画は硬直したインドの裁判制度や法、それらのシステムの社会的な問題などに切り込んで、インドの言語を数言語に跨って脚本を書いている社会派の物語です。インド映画において、数言語に跨って…というのはかなり重要な点です。近年インド映画は地方のTV局などやその言語ごとの部門などが、現地語メインの映画を作ったりなどしており、優秀な作品などは海外の映画祭コンペティションなどに出しています。決して現地だけで消費されるということでは無い海外出品を意識した映画は、このようにインド言語を数言語跨って(もちろん英語も)脚本が書かれており、その言語を持つコミュニティの文化や背景が映画の内容に投影されています。つまりストーリーの書き手や製作者はそういう社会やコミュニティの背景を理解して作っているのです。それだけの「教養と知識量とそれを映画に落とし込む技量」が彼らの映画にあるということなのです。 そうですとてもしっかり練りこまれて知的でもあり、頭がいいだけでなくとても優れた作り手がインドには存在するのです。
 インド映画が難しいと言われるゆえんは、こういうことが見る側の外国人の私たち側に「インドについての知識がない」ところと、それを理解して解説できる人物・専門家の母数が日本ではそんなに多いわけでは無い…ところにもあります。つまりそれだけインド方面の専門家(単に何年も住んでて言葉知ってますレベルじゃなく、その方面の学問を修めたメソッドをお持ちの専門職の方々)でないと翻訳や解説が難しいという点があります。それはインド映画だけでなく、マイナー言語の文化の映画はみなそういう専門言語方面の学問を修めた方々で、さらにビジネスの世界に必要な存在の優秀な翻訳家の方もおられます。
 それゆえこういう社会派の映画というのは決して簡単ではなく、だからこそ皆さんに丁寧に見ていただきたいし、そしていろんな疑問を持っていただきたいし、そしていろんなことを自分で調べていただきたいし…と思うのですが。
 皆さんも安易な宣伝映画評に流されることなく、自分の眼で映像に散りばめられたものを見ながら、あれこれと疑問や??を自分で見つけて調べてみる…という行動をなさってみてくださいね(^^)/ インド映画はそういう知的好奇心をくすぐる楽しみ方を教えてくれるとてもよいテキストでもあることを、お伝えしておきますね(^^)/
------------//
 お金をもらってテキトーな宣伝評を書いてる方々の能力では、その辺まではお分かりいただけないようで、せいぜい社会派ぶって巷で話題の共謀罪と絡めて喋る程度にしか文章の書けない方々…ということなのだとそう思ってネットなどでのこの映画の宣伝なんかを悲しい思いで見ておりました(^^;)。ちなみに共謀罪ではありませんしテロ等準備罪ですし(笑) 底の浅いポーズだけ社会派ぶった日本のなんちゃって映画評論の方には、インドという国や映画や文化は決して解説などできないのではないでしょうかね? 逆に、インドの歴史と政治と現代の体制をちゃんと真正面から知ったら、いわゆる社会派と言われてる今のサヨクとかw 発狂するんじゃないですかw? 昔の左翼は知識人でしたが、今のサヨクは単なる洗脳信者でして全然っ中身無いですし(笑)。  
 
  

☆「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」
 宝塚大阪上映記念でしょうか?宝塚劇団で 梅田劇場再演 ということで現在劇場でも上演中です。それを記念して、映画の上映も一週間ほど、シアターセブンで上映なさってくださいます。まだ見たことの無い方は、是非!劇場でこの映画の良さに触れてみてください(^^)v 宝塚の方もとてもよくできていたので面白かったですよ。
 是非、この機会を逃すことなく!大きな画面で見る、キラキラ光る極上シャンパンゴールドな映画を、楽しんでください(^^)/ 



<インド人コミュニティの上映会>
Jab Harry Met Sajal  Trailer Wikipedia

 アヌシュカ・シャルマ主演で、あのシャールクカーンの映画が、封切り日と同じ日に8月4日神戸 8月5日汐留 にて上映されます!!
 Spacebox Japan →詳細 https://www.spaceboxjapan.com/

//--追記-- 8月13日 東京追加されました! 9月2日は福岡と大阪!! 詳細は上記Spacebox Japanさんにてお調べください! この映画、久々にシャールクのラブロマンス戻ってきたー!と大喜びしてしまったいっぽんで、凄く良かったですよ(^^)v 英語字幕ですが、これは是非!インド映画好きな方は見に行ってくださいっ! ----//

 これもまたこのところシャー様が「若手俳優やスタッフ支援」の為にひと肌も二肌も脱いでるタイトルでございます。確かな演技力のあるアヌシュカと、このところ快調なImtiaz Ali 監督の支援をするそういう映画なのだと思います。が!なんだか久々に、シャー様のラブロマンス映画を見る気がします(^^;) というのも、前作も、前々作も、その前の作品も、またそのまた前の作品も!ロマンスは映画の主題ではない感じでしたので(^^;) というかシャー様のガッツリ、ラブロマンスがメインの映画って、考えて見りゃどれだけ長い間やってない?「命ある限り」以来じゃないか?(^^;)
 ということで、むちゃくちゃ期待しておりますが、がーーーーーーーーーー!!!仕事でワタシャ行けない!!!!(><、) お行きになられる皆様には、是非にこの機会逃さず楽しんでください。
 
@@とりあえず夏の予定、さらに増えたら順次紹介していきますね(^^)v


さて、秋の映画祭情報が上がって来てますね。
# by AkaneChiba | 2017-08-02 23:47 | インド映画全般 | Comments(0)

宝塚星組「オーム・シャンティ・オーム 恋する輪廻」梅田芸術劇場 初日

a0308487_23121863.jpg さて今年1月、宝塚星組公演「オーム・シャンティ・オーム 恋する輪廻」から大阪での再演梅田芸術劇場での初日公演7/22を観劇してきました(^^)/。こちらはインド映画ファンからの立場としてのブログを書かせてもらっていますので、宝塚ファン視点でないことはご容赦ください。そういう考え方もあるというくらいのところで、ご判断いただけると幸いです(^^) 

----------------------

<インド映画ファンと宝塚舞台化>

a0308487_22200559.jpg インド映画ファンにとっては伝説にも金字塔にもなった『On Shanti Om』(邦題:恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム)が、本場インドで発表されてから9年の時を経て宝塚で舞台化されました。映画は2007年製作後順次インド他アジアで公開。日本では福岡の映画祭上映で2008年特別上映。それから5年後2013年日本でようやっと一般全国公開が行われるまで、日本では映画マニアにとってしか知らない存在の「伝説の映画」だったのです。ですが2013年の公開で、それまでの映画人生が変わるくらいの衝撃になってしまった方(私もその一人w)も続出した名作となったクオリティの映画だったこともあって、公開後長い間全国で上映され、また公開時にシネマライズ(現在閉館)で「マサラ上映」を毎週金曜の夜に行っていたこともあって、全国にそのマサラシステムの再ブームと、その後のインド映画「きっと、うまくいく」のロングラン上映もあいまって、日本の映画興行にインド映画ブームの位置づけになる影響力を大きく与えたタイトルとなりました。

 それだけにこの映画への思い入れも、日本でも熱い熱いファンも多く、当時からそのドラマティックな展開やミュージカル部分などの類似点などもあって、ファンの間でも「これ、宝塚で舞台化したらいいんじゃない?」「宝塚ファンなら、絶対この映画気に入るよね!」なんて話を、ファンの間ではSNSなどで大っぴらに囁き合ってたことのある映画だったんです。それが本当に実現しまして(夢は信じれば必ずかなう?w)、2016年後半に舞台化のニュースが駆け巡った時、インド映画ファンが大いに沸きあがりました。

 と、同時にこの映画への思いれの強い方々にとっては「変なゆがめられた改編でおかしなことになるのは怖い…」という思いも同時にありました。以前その前に「ボンベイ・ドリームス」というインド映画音楽(インド映画ファンなら誰もが敬愛する偉大な作曲家A.R.ラフマーンの楽曲)を使ったロンドン・ミュージカルが、かのアンドリュー・ロイド・ウェーヴァーの演出で上演され(ロンドンでは2002年)、その日本版が日本でも上映された(2015年)のがでありました。ところがこの舞台、その舞台の俳優さんのファンたち「演劇ファンには好評」だったのですが、インド映画ファンには「ボロボロの酷評…(^^;)」という悪夢があったという経緯がありまして…(^^;)。(まぁ元のロンドンのミュージカルそのものもちょっと、インド映画ファンから見たらかなり残念な出来になってたという経緯があります。ロンドン映像見ましたが確かにイマイチ…ラフマーンの曲を使ってるだけのイギリスミュージカル過ぎたので、インドファンにはがっかりだったと思います。イギリス的にはどういう評価かは知りませんが)それを日本でやったのですから演劇ファンには好評でも、インド映画ファンには酷評になったのは無理もないことだと思います。

a0308487_22190038.jpg そういうことがあって、インド映画ファンにとっては、この制作発表とに不安と期待をないまぜにして、2017年の正月の紅ゆずるさんの星組トップスターお披露目公演の演目として、これを見ることとなりました。トップスター襲名の公演にこの題材を使っていただいたのは非常に嬉しいことでもあります。で、初上演がなされると!今度はかなりインド映画ファンに大好評だったんです。ヅカファンにも少しお笑い要素のあるキャラクターの持ち味の紅ゆずるさんに、ピッタシの題材だとこの映画のタイトルの話も受け入れられた様子で、かなりホッっとした覚えがあります。また振付にインド舞踊の有名な野火先生をアドバイザーとしてお迎えしたり、どうやら製作側はかなり調べものをして、ファンの個人ブログに至るまでリサーチをかけまくっていたようで(^^;)、この映画の元のクオリティとそれに続く熱いファンの思いも汲み取っていただけた素晴らしい演出の舞台となったようで、普段口うるさい映画ファン(笑)から文句の一つも出なかった…という驚くべき結果になっておりました。

<チケットゲット~前日まで>
 生憎、私は関東までなかなか足を運べない者ですので、きっといつか関西こっち本拠地でも再演してくれるはず…と信じてじっくり待っていたところに、この梅田公演の情報がやってきました。
 色めき立った関西インド映画ファンは、チケット争奪戦に先行予約枠とかで情報交換等しておりました。何しろ宝塚チケットは、その御贔屓スター様のファンのためにあるチケットですから、ヅカオタクでもない者が門外漢でゲットするのが困難だろうという予想もあり、a0308487_00255967.jpgあまりいい席参戦ではヅカファンの方には申し訳ないのでB席狙いで私もチケ争奪戦に乗り込み第23希望まで公演日入力をして静かに待っておりました。こういう初日や千秋楽チケットは、おそらく転売狙いも入り込むこともあるので、あまり期待はしていなかったんですね。そした…ら!初日初回公演がゲットできてしまい一緒に行く友人と「初日だよ。争奪戦あんまり熾烈ではなかったのかしら?(^^;)」とちょっと不安にも。かと思えばインド映画仲間の知り合いは、先行予約で行ける日の希望をいくつも出して全部外れる…という様子だったそうで(^^;) う~ん、これは天の神様のおかげだろうかしらん?ありがとうございます(^人^;)。

レポート続きはこちら!ファラー監督に!!!
# by AkaneChiba | 2017-07-25 00:30 | Visit to Japan | Comments(2)

印活 日本の記事や、現地の記事の話

インド映画関連の雑談など(笑)。普段あんまりフィルターかけるような話ではないところをば。映画を楽しむのは何も本編だけじゃありませんゆえw

<マサラシステムの元祖の方のお話>
 もうここで何度も言う必要がないくらい皆様がご存知のマサラシステムの祖てつのすけさん(下記では本名で取材受けておられます。)は、今までも多くの取材を受けてきた方でもあります。私も何度かご一緒させていただいたこともあり、リスペクトしてやまない偉大なる大先輩と心の中で勝手に「師」と仰いでおりまする(^人^)。映画愛、ラジニ様愛に溢れるそのインタビュー記事をどうぞ皆さんも読んでみてくださいませ(^^)/


<インドは難しい>
 インド映画の楽しみ方の一つに、スター様のゴシップ記事なども割と楽しく、こういうのはいいも悪いも映画の宣伝にもなるし、かといって炎上商法で不謹慎なこと言って話題集めしたりもあるので、真に受けることなくテキトーwに楽しむのも、インド映画の楽しみ方でもあります。ハリウッドだっておんなじで、俳優に女が何人いてようとそんなもん当たり前の世界ってくらい開き直ってみるのが面白いですけどね(笑)インド映画の世界だとそういう部分では不倫とかやっぱり世間的にはうるさいのかしらね?(笑)

 とも思えば、ファンって自分勝手な価値観をぶつける人も少なくなくって、普通に活動してても気に入らないと文句をぎゃいのぎゃいのいう連中も少なくないようで。なんかA.R.ラフマンのロンドンコンサートで、そういう輩がつけたイチャモンがタミル語の曲がもちろんあってそれ歌ってて、ヒンディ語の曲が少ないんで金返せとか言い出した集団がいたそうだ。ひでぇ…(^^;) 何語でもいいじゃねえかよ、それが嫌ならコンサート行かなきゃいいだけだろう(^^;)。しかも彼はタミル映画などからヒンディ映画などで出世した人物なんだから、言語がいくつもに渡って何が悪いっ!(^^;) まぁそんなことがあって、タミルの人が怒ってるということがあるそうだ。
 インド映画やインドの文化はむちゃくちゃでカオスで面白いので大好きだが、こういうところはインドの悪いところで私は好きじゃない(^^;) どこの国にも長短良い悪いもあるけれど、セコイつまらぬ自分の思いだけに囚われてる心の狭いファン(南北の確執や、北の南への偏見とかもかなりあるんだろうなぁ)、いやこんなやつらはファンなんていっちゃイケないよな。誰かはラフマンがヒンドゥからムスリムに改宗してることとかが根底にあってその対立の意識もあるんじゃないかと仰っておられましたがね。宗教や文化やそして人間はとかくその違いというのは難しいもんだと思いますです、ハイ(^^;)
 実際はどうであれ、映画人たちの理想・建前はそういうすべての文化・宗教・人種・地位・差別・他様々な違いを乗り越えた「世界」を実現することを、願いを込めて映画を作っているのは、いろんなインド映画を見てて思いますけれどね。建前だけでもそこを目指しているという業界。実力があれば技術面などで、比較的カーストの縛りからは逃れられやすい業界でもあるので、他の職種とはかなり違うバックボーンを自分たちで作り上げていってる様子でもあります。
 日本のように社会派気取って体制だけが悪いに決まってるっていうような偏った映像の作り方とはそこが大きく違いますね。映画の業界が狭すぎて頭が凝り固まり面白いものが作れない上に、広告商社や興行元締め?みたいなのの悪しき慣習の影響力が大きすぎて資金が現場に回らず疲弊していく、その上反体制過ぎたが為に文化侵略までされまくって、どこに日本人いるの?っていうような状態になってる日本の邦画とは大違い。インドはそこがバランスよくそれらの文化や存在や宗教やらが配分されてるあたり、見ていてとてもカオスでもありながらいいバランスだなと思ってみています。
 でも、ぶっ飛び具合は良くも悪くもすんごい両極端なんではあるけどね(笑)


ほかにもまだまだゴシップ話?
# by AkaneChiba | 2017-07-16 18:53 | 他地域インド映画 | Comments(0)

マサラ上映7月『バーフバリ 伝説誕生』『恋する輪廻』

 あーーー忙しくて、日記なんぞ書いてられない~~(@@、)  パキスタン映画「娘よ」を何が何でも見に行きたいのに、どーしても時間が取れずに四苦八苦(苦笑)
---------------
 なんだかんだといってるうちに、キネカ大森と、塚口サンサン劇場が、早々に「バーフバリ -伝説誕生」でマサラ上映、塚口は翌週には「恋する輪廻 -オーム・シャンティ・オーム」を、宝塚舞台大阪公演を前にマサラ上映をするという。
 ええ、ええ、私は初日の宝塚公演のチケットゲットしましたよ(^^;) できましたよっと(^^;)
 しかし毎週そんな遊んでられるのか?オレ?(^^;)ってなくらい、今、忙しく…早くしごとを終えてしまいたいっ!(><)


<マサラ上映>
★キネカ大森 2017年 7月1日 19:00開始
「バーフバリ 伝説誕生」絶叫爆裂マサラ上映


詳細はコチラ!
http://www.ttcg.jp/cineka_omori/topics/detail/52706

どうやら、コスプレしてきた人には少し割引があるようですよ(^^)v
カタッパは無理でも、女性ならサリー着てきてシヴァガミ女王はありですかねw。
私?関東に行けるチャンスがありませんが、あったら間違いなく鎧つけていってますww 皆様も楽しんでください(^^)/


塚口サンサン劇場 …待ってました!

2017年 7月8日
「バーフバリ 伝説誕生」重低音マサラ上映

詳細はこちら というか、詳細の発表まだですね。http://www.sunsun.info/movies/
塚口サンサンブログ https://ameblo.jp/t-sunsun/ でも情報は出るので、そちらもこまめにチェックしてみてください。 
 2017-7 発表されました!!。
塚口サンサン劇場のツイッターはコチラ→ https://twitter.com/sunsuntheater


a0308487_02201506.jpg このところウーハー重低音上映づいててイベントの多い塚口サンサン劇場さん、お忙しいことと思いますが、是非、バーフバリの方も盛り上げ宜しくお願いしますっ!
 もし私行けそうにないときは、バーフバリの鎧やバラ鎧とこん棒コスプレお預けしにいきますぜww っていうか、せっかく作ったバーフバリ鎧をデビューさせるチャンスなんだが…(^^;) そして絶対に、あの戦車のシーンでいつもより余計に回しております~~~って海老一染之助・染太郎師匠の名台詞を叫びたいっ!ww 皆様はどんなツッコミwかけるでしょうか?カタッパのスライディング土下座をできるスペースはあるのか???ww なぎ倒される戦闘シーンを見て「まるで人がゴミのようだっ!」(違う映画w)と叫ぶ御仁も出てくるのかっ!w 関西の柔軟な柔らか頭の皆様方の、アイデア満載のバーフバリマサラ上映、盛り上がってくれるといいなぁ~♪


2017年 7月15日
「恋する輪廻 オーム・シャンティー・オーム
1日限定《重低音マサラ上映》
 宝塚の今年の正月東京公演が、大阪でも見れます。その宝塚歌劇団、大阪梅田劇場公演を記念しての映画上映でしょうか? 8日、15日と、2週続けて…体力が(^^;)

 そしていつもの↓OSOのマサラ・マニュアル…ご参考までに(^^)/
http://osolove.exblog.jp/18314164/


@@バーフバリ、マサラ上映向けにはマニュアルもレクチャーもいらんだろうと思うのですがどうですかね?誰かが名乗りあげてやってくれるのかな?関西人独特の自由なツッコミ、しかもツッコミタイミングが絶妙な地域なので楽しくなるといいのですが。 写真はバーフバリ上映記念して4月に今年作った自前VR作戦(違w)。これ着て初日なんばの普通上映、オレは行ったんだいっ!(^^;) 作ってる最中の写真もリンク先にあるよん♪

a0308487_01361947.jpga0308487_02202432.jpg
# by AkaneChiba | 2017-06-24 00:47 | マサラ上映 | Comments(0)

映画『Amen』 -2013(マラヤラム映画)

<インド映画 雑感>
 このところインド映画の認知度が日本でも高くなって嬉しい限りなのだが、上映そのものは増えても、基本の映画の買い付けが「下手」なので偏る傾向がありすぎる。インド人コミュニティの上映会(関東中心、時々、大阪近辺や最近は福岡も)では、最新の話題作が(英語字幕で)見れたりすることもあって、日本語字幕に拘らなければ、そういう映画をチョイスすることが出来るし、上映権利料の高い大スター作品等は、NetflixiTunesのようなネット配信でも(場合によってはおかしな日本語ではあるが日本語字幕もある)見ることが叶うので、『どーせ、日本の配給なんてインド映画のことなんぞ相手にしてくれないんだから、ネット配信でいいやぁ~』という心境もある。ネット配信は、まぁ大画面で見るべき映像や音楽の迫力を削がれてしまうのは仕方がないが、日本配給会社とインド映画を橋渡しするブローカーの質が低く日本の業界を理解しないで好き勝手するので、日本の業界がそっぽ向いてしまっている…というのが、まぁ今までの様相を見てきての私の所感だ。
 実際、そうやってグローバルビジネスに対して、日本の業界は上映機会がガンガン奪われていく傾向に抗うことすらできていない。映画やエンタメ業界の言い訳は40年前くらい前から変わってなくて、TVが出来た時もレンタルビデオが出来た時も映画館に人が行かなくなったと、それを新しく出てきた「ツール」の責任にしてきた。新しい商売に対応した「ビジネスモデル」を考えて行く「経営者脳」があればいいだけなんだが、古くからある映画産業の一発当たれば大儲けみたいな山師的性格が災いしてどうにも、映画内容を製作するその柔軟な発想を、ビジネスに向けることはできないようだ。
 それでも上映権料の高い映画もあれば、安いが地味でいい映画(映画祭などに出品するような)などは、昔から地味に取引されてきたり、外国語大学の映画上映会などの文化交流の一環としてのものもあるので、本当にインド映画がお好きな方は、そういうところにも足を運んでおられる。(私は地方住みなので、なかなか関東のような機会に出会えませんけどね。) しかし面白い映画はやはり上映権料が高いエンタメ映画になるので、そういうものは研究上映ではないし、映画祭や一般上映枠ということにもなろう。
 私は最近は、ここ十数年の並みいる「ボリウッドの有名どころ」を大方見てしまったので、個々の役者や監督別、派生してヒンディ語以外の別言語のオリジナル作品というインド映画の沼にどっぷり浸かってしまっている(笑)。実はそういう地方言語の映画は上映権料が高くなくTV番組枠で無料で広告付きでYouTubeのような無料配信で流れていて、英語字幕もそこそこつくので、案外そういうところでボリウッドの有名どころの作品のオリジナルがみれてしまっていたりする。最近、サウスの映画でもタミル/テルグ映画の大スター映画辺りは、ちゃんと権利料発生するネット課金範疇でしか見れなくはなっているが、もっとマイナーな言語の映画となると、宣伝も兼ねてTVでCM付きで配信されている。困るのは元の言語ではなく、南言語映画のヒンディ語映画吹き替えも結構あってこれには参る(^^;) 役者の声はやはりオリジナルで見たいものだし、時折北側の人の南への「偏見や色眼鏡」が透けて見えるような扱い…を感じたりもすることもあるので、出来るだけ初見の時は英語字幕がなくともオリジナル言語の映画で見るようにしてはいる。 各地方TV局が地元の映画を契約してネットで配信していることも多いので、言語ごとのその地域のTV局のネットのチャンネルを登録しておくと楽しく映画が見れるかもしれない。
 ま、そんな方面で私がこのところご執心なのが、マラヤラム映画のNew Age/New Generation という枠ではある。それについては以前もこちらでそれを紹介してるので、時間があったら、良かったら映画みていただきたい。映画の上映権料もボリウッドほど高くないとは思うので、ミニシアター向けのロングランを目指したい小規模~中堅配給会社には、是非しっかりしたバイヤーを見つけて交渉案件にするには悪くない作品群だと思う。(頼むから札付きの噂のあるいい加減な映画祭なんぞに扱わせないでくれ・懇願)名作もいっぱいあるからなぁ~(^^;)今のサウス。サウスの「イイ映画」はインテリジェンスも高い作品が多いので、南インドの文化に詳しいしっかりした監修・翻訳は必要にはなるんで(マラヤラムとかカンナダとか、サウス映画の集積地はタミルだけど)、いい加減な扱いも出来ないし、でも確実に「映画好き」にはたまらない一本でもあるものも少なくないので、どんどん今後も注目していただければと心より願う。
 そういうわけで、ボリウッドはネフリでみりゃいいやぁ~の心境になっちゃってるので、最新はよっぽどの話題作とかしか紹介しないだろうし、こちらのブログでは最近はちょっとマニアックな傾向かもしれないな(笑)。それと映画についての一言評は、実はmixiの方で今までの500本以上全部見た映画の簡単な感想を書いているので(それこそ名作からどぉ~しようもないジャンク映画までw)、興味のある方はそちらを参照していただきたい。(mixiは登録必要。「インド映画感染記」というタイトルをつけて遡ってみていけるよう毎回前回のリンクを貼っている。) 
 さて、今回はそのこのところご執心のマラヤラム映画から…  

---------------
<本題、マラヤラム映画のNew Age作品の一本>
 2013年のマラヤラム語の、ロマンティックコメディミュージカル。 
a0308487_19200767.jpg
 Fahadh Faasil主演、サブにIndrajith Sukumaran(プリトヴィラージの兄ちゃん)、奇才Lijo Jose Pellissery監督の秀作です。IMDbの評価も高いです。このマラヤラム映画のキリスト教文化の世界観を表現してるものも多く、海外のファンにもマラヤラムの映画は注目をされていて、そういう理由もあってきっと海外でもうけてるんだと思います。


『Amen』(-2013) マラヤラム語 Wikipedia IMDbTrailer


あらすじ+教養がないので解説が欲しい
# by AkaneChiba | 2017-06-13 00:31 | Mollywood | Comments(0)

今夜のRanveer CL決勝のスタジアムにいる!! 

がーーーーー!!ランヴィールが、ピコ太郎と一緒に、CL決勝前の写真に写ってるぞーーーーーーー!!!!!(><、)

…ぜぇぜぇ…はぁ…orz …す、すいません、取り乱してしまいました(^^;)


 ちなみに思いっきり余談だが、ユーヴェのブッフォン!(GK)、インド映画脳には「アクシャイ・クマール」になんとなく似てる気がする(笑)。ずっとアッキーって誰かに似てるよねぇ~~(考え中)と思っていたのだが、久々にブッフォンみて「ああ!!( ̄O ̄;)」 というか、ワシャの驚きはブッフォンいまだ現役なのかすげぇっ~~!(・o・)

えー、ピコ太郎しか知らない日本の方へ…(^^;)
 今回2人のゲストとして呼ばれた一人は、ピコ太郎氏(それも物凄いことだが…(^^;))、そしてもう一人のゲストが、ツイッターフォロワー400万、Facebookだと900万のランヴィール・シン Ranveer Singh は、インド映画、ボリウッドのスターです。そのもう一人のボリウッド俳優の大スターが彼だったようです。


ランヴィール、こんなこともやってみちゃってますww


 で、何が凄いって、毎年いろんなゲストがここ呼ばれるのですが、選ばれまくった中から一人なんですけど、ボリウッド・スターはこの位置に呼ばれることがままありまして、2014年にはディーピカちゃん(今年呼ばれたランヴィールの彼女でもあり、インド映画女優、今年はハリウッドにもデビュー)も、このビックイヤーに触っております。(アビシェークもいったことあるらしい。)


<ランヴィール・シンって一番勢いのあるインド俳優です!>
 今、彼は役作りのためにおひげでその素敵なお顔が見えにくくなってますが、甘いマスクのハンサムで、今ノリに乗ってる超人気ボリウッドスターと言っても過言では無いと思います。残念ながら、日本では彼の映画はあまり紹介されていませんが(小さな映画祭やインド人コミュニティ上映でしかない)、2015年の冬の「Bajirao Mastani」ではインドの映画賞も獲りまくり、名実ともに若手スターから、トップスターへ仲間入りした逸材です。

 その素晴らしいハンサム具合は肉体ごと(笑)これが一番わかりやすいかしら?フェロモン振りまきまくってるので、私も黄色い声援あげてます💛💛 日本でのファンの間でのニックネームは、チン様とか、ランチンさんとか言われてますが、理由は彼は俳優としてイケメンな役柄だけではなく、CM映像でも面白いものを見せてくれるのでそのCMの役柄「Ranveer Ching」というネタから、そんな風にファンに慕われている、イケメンで甘いマスクでロマンスな路線なんですが、かなりアーティスティックなファンキーやトリッキーさも見せてるタイプのスターです。(実力派とか技巧派とかそういうインド俳優はたくさんいましたが、現代のヒップポップなどのようなものが似合うタイプのファンキーさを見せてる彼のようなタイプは、インドではかなり珍しいかもしれません)
 そして彼の挑戦的な姿勢は、映画ではまだ堅実に足を踏み入れているので(デビュー7年目)そのうちものすごい役やるだろうなと思ってみてますが、確実に堅実に足場を固めています。 ですがCMでは冒険する傾向が強いので、なかなかインドでも物議を呼ぶようなものに積極的にも出る人でもあるので面白いですよ。その代表がこれ↓ そうです、コンドームのCMという(笑)なかなか挑戦的なインド的には賛否両論な題材のCMですが、そういうものに果敢に挑戦する、しかもむちゃくちゃカッコイイCMであるっていう辺りも(歌ってるRAPも本人。あっ!RAPだからピコ太郎はずせなかったんだな(^^;))、彼のキャラ+そのスタッフのセンス他、注目していただけると楽しいと思います。

 少しでも彼のこと、ハンサムだなぁ~とか、誰だ?とか興味を持っていただけるのでしたら、どうか映画を輸入盤やネット購入ででも!見てみてくださいね(^^)/
 「Ranveer Singh」で検索してみたら、彼の映画については色々わかるよ。


<おまけ>-----6/3 14:48 追記
 ランチンさん、さすが役者(笑) 前日練習でピッチ外の芝生に立ててるわけですが、ショートコメディ風に遊んでますww

 他にも、フィーゴと一緒にピレスとも一緒に映っちゃったりと、ゲストだけど、ある意味宣伝マン・アンバサダーとしての役割果たしております。ランチンさん、ユーヴェ推しだったのかっ(驚)。彼ジダン好きだと言ってた記憶があるのだが。彼が気になる選手はだれでしょう?
 彼のツイッターはこちら↓

私のブログでランチンさんのことは
# by AkaneChiba | 2017-06-03 01:12 | インド映画スター | Comments(0)

カテゴリ

全体
当ブログについて
当ブログ管理人に連絡はコチラ
マサラ上映
マサラマニュアル
マサラ上映報告
インド映画全般
映画全般
Bollywood
Tollywood
他地域インド映画
Hollywood他
インド映画スター
俳優
女優
監督・スタッフ
10年代
00年代
90年代
~80年代以前
Old Movie
上映館
ハートに直撃
映画美術
小道具・衣装
新・インド映画音楽
古典・インド音楽
音楽
楽器
暴走妄想w
イベント
ワケ
そのほか
Visit to Japan
Intermission
Kollywood
印映感染記マニア編
Mollywood
映画技術
未分類

最新の記事

10月 インド映画日本上映 ..
at 2017-09-15 00:59
ICW Japan 9月23..
at 2017-09-12 19:48
『カンフー・ヨガ』は12月 ..
at 2017-09-03 00:45
9月 インド映画日本上映 2..
at 2017-08-29 01:24
8月 インド映画 日本上映 ..
at 2017-08-02 23:47

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月

タグ

記事ランキング

ライフログ


あなたがいてこそ [DVD]


アラジン 不思議なランプと魔人リングマスター [DVD]


神さまがくれた娘 [DVD]


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]


マッキ― [DVD]


マイネーム・イズ・ハーン [DVD]


命ある限り [DVD]


マダム・イン・ニューヨーク [DVD]


ラ・ワン[ Blu-ray]


スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え! No.1!! [DVD]


バードシャー テルグの皇帝 [DVD]


闇の帝王DON ベルリン強奪作戦 [DVD]


家族の四季 愛すれど遠く離れて [DVD]


タイガー 伝説のスパイ [DVD]


アルターフ 復讐の名のもとに [DVD]


たとえ明日が来なくても [DVD]


エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ [DVD]


スタンリーのお弁当箱 [DVD]


クリッシュ [DVD]


チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~ [DVD]

最新のコメント

> あかん人さん ご無..
by AkaneChiba at 17:48
ご無沙汰しております。 ..
by あかん人 at 19:33
this looks v..
by rajesh at 20:33
युकिकोさんブログ..
by AkaneChiba at 23:51
その節は、お声をかけてい..
by युकिको at 15:00
> KBOKさん コメ..
by AkaneChiba at 22:25
たまに拝見しています。 ..
by KBOK at 15:38
こばわーうのこさん(^^..
by AkaneChiba at 00:41
こんばんは バーフバリ..
by うのこ at 22:30
honey_akbさん..
by AkaneChiba at 01:52

ファン

最新のトラックバック

めぐり逢わせのお弁当 ~..
from 黄昏のシネマハウス

ブログパーツ